数学の本第77巻

1132人目の素数さん2018/06/02(土) 10:34:44.29ID:p7c+vC1c

747132人目の素数さん2018/07/15(日) 11:49:38.93ID:8DpfaIpB
数学マニアの人で、よく勉強していて、勉強の
方向性が立てば、1〜2年ぐらいで論文を読める
ようになりそうな人もいるよね。
もったいないとは思うけど、そういう能力も
含めて研究能力だわな。

748132人目の素数さん2018/07/15(日) 14:24:46.98ID:o5fyNuBN
勉強の方向性はあっちだ 岡

749132人目の素数さん2018/07/15(日) 16:29:07.45ID:aUCkgxPC
杉浦光夫著『解析入門I, II』を読み終わった後すぐに Michael Spivakさんの
微分幾何学の本は読めますか?

750132人目の素数さん2018/07/15(日) 16:35:15.39ID:aUCkgxPC
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t579251107

↑ブルバキ全37冊ですが、汚いのに高値ですね。

この本って多変数の微分積分はどの巻に書いてあるんですか?

751132人目の素数さん2018/07/15(日) 16:38:03.98ID:aUCkgxPC
勉強の方向性についてですが、幅広く同時に勉強するのと、一つの本を集中的に
勉強するのとどっちがいいんですか?

加藤っていう人は、学生時代に松坂和夫著『代数系入門』、『集合・位相入門』を
1週間くらいで読破したとか書いていましたが。

752132人目の素数さん2018/07/15(日) 16:41:02.50ID:3hAvYjJB
>>750
ネットオークションを書くスレではない。禁止

753132人目の素数さん2018/07/15(日) 17:16:09.81ID:6uY5M+BV
変質者は反応するから喜ぶんだぞ

754 ◆QZaw55cn4c 2018/07/15(日) 17:21:38.54ID:toSjovsu
>>752
反応した時点で負け

755132人目の素数さん2018/07/15(日) 17:36:41.55ID:WO1Rkv9v
>>753
一回だけ明示的に禁止といった

>>754
おめーも同類だろ

756132人目の素数さん2018/07/15(日) 17:39:37.79ID:WO1Rkv9v
>>754
仲いいからおめーから注意してくれ(笑)

757132人目の素数さん2018/07/15(日) 19:09:45.72ID:aUCkgxPC
本屋の数学書コーナーに行くと統計学の本が大きな面積を占領しています。

なんか違和感を覚えますよね。

758132人目の素数さん2018/07/15(日) 20:23:51.37ID:zDDZ2DPB
>>747
読むのはどうってことないだろ
問題はお勉強マニアになっても書けないケースが多いってことなのだから

759132人目の素数さん2018/07/15(日) 20:51:49.59ID:bbo4IB22
>>747はいろいろと突っ込める話ではあるな

760132人目の素数さん2018/07/15(日) 21:19:07.24ID:zDDZ2DPB
>>757
おまえの方が違和感強いんだけど

761132人目の素数さん2018/07/15(日) 23:47:08.31ID:TE9zUrrS
不要な改行で間抜けに行間空ける人ってほぼほぼ馬鹿か発達障害なのは何故?

762132人目の素数さん2018/07/16(月) 00:10:08.09ID:ru0lB1X5
>>757
人工知能が流行りだから仕方ない

763132人目の素数さん2018/07/16(月) 07:41:35.24ID:y+mjGuTo
脳の中のスパース性が文面にダイレクトに写像されている

764132人目の素数さん2018/07/16(月) 09:53:56.01ID:TK0dZODU
つーか統計学の本が数学書コーナーにあるのは変だとは思う

765132人目の素数さん2018/07/16(月) 10:42:55.29ID:BZtYiORt
数学科って頭のおかしい人ばっかなんですね

766132人目の素数さん2018/07/16(月) 10:58:16.29ID:tASfK6kl
我は高次元生命体である。

767132人目の素数さん2018/07/16(月) 11:22:47.90ID:D1PIdvKP
アスペに反応してる(笑)

768132人目の素数さん2018/07/16(月) 12:12:15.22ID:DpKf44cB
>>750

多様体要約の巻に、証明抜きで、結論のみが書いてあります。

769132人目の素数さん2018/07/16(月) 13:21:51.05ID:QkhLOzQZ
>>768

確か、ブルバキって微分積分の現代的な本を書くのが目的だったんですよね。
それにもかかわらず、証明抜きというのはどうしてなのでしょうか?

770132人目の素数さん2018/07/16(月) 15:10:42.07ID:pQGTt/Gy
理想としては一般のストークスの定理みたいに定義さえ与えれば自明に結論として定理が導かれ出されるような形式化

771132人目の素数さん2018/07/16(月) 15:42:14.41ID:pQGTt/Gy
>>750>>752
ネットで商売目的で宣伝してる上に妙な荒らし方してる気色悪いの相手にして個人情報サラサラを強いられるオク購入に伴うリスクを皆さんちゃんと考慮に入れましょう

772132人目の素数さん2018/07/16(月) 15:58:09.12ID:DpKf44cB
>>769

私は著者ではないから、正確な理由はわかりませんが、
多様体要約に載っていることを、きっちり証明をつけると、ものすごく大変だから、
いっそのこと証明抜きで要約の巻だけにしてしまおうとの
意思が働いたのではないかと、想像しています。

773132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:01:00.49ID:QkhLOzQZ
>>772

ありがとうございます。

結局、当初の目的は全く達成できなかったということですね。

774132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:04:40.77ID:QkhLOzQZ
杉浦光夫著『解析入門I』を読んでいます。

p.111定理3.3
f : U → R^m が C^k 級ならば、 f の k 階までのすべての偏導関数は偏微分の
順序によらない。

こんな自明ともいえる定理を生真面目に証明していますね。
こういうところが杉浦光夫さんの本が支持されている理由ですかね。

775132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:05:29.13ID:DpKf44cB
>>773

結果だけで証明は載っていないとはいえ、
多様体要約に載っていることに証明を与えるのは、数学学習者にとっては、
良い演習問題にはなります。

一度証明を与えた定理は、『辞書』のように使えますしね。

776132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:09:41.34ID:QkhLOzQZ
杉浦光夫著『解析入門I』を読んでいます。

p.111定義4

k ∈ N とする。 R^n の開集合 U で定義された函数 f は、 f の k 階までの
すべての偏導函数が存在して U 上連続であるとき、 U 上で C^k 級である、
または k 回連続微分可能であるという。

この定義ですが、なんか無駄があって嫌いです。↓の定義のほうがいいですよね。

定義:
k ∈ N とする。 R^n の開集合 U で定義された函数 f は、 f の k 階の偏導函数が
すべて存在して、 k 階までのすべての偏導函数が U 上連続であるとき、 U 上で
C^k 級である、または k 回連続微分可能であるという。

777132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:16:44.88ID:QkhLOzQZ
杉浦光夫著『解析入門I』ですが、

R ∪ {±∞} を R の閉包と同じ記号で表わしていますね。

これはよくないですね。

778132人目の素数さん2018/07/16(月) 16:32:16.10ID:aRBCRYrU
>>771
お前誰にレスしてんだ、馬鹿

779132人目の素数さん2018/07/16(月) 18:09:44.99ID:QkhLOzQZ
杉浦光夫著『解析入門I』を読んでいます。

p.113§4 無限小・無限大の次数の最初のところに、


R^n または R ∪ {±∞} の部分集合 D で定義された実数値函数 f を
考える。 a ∈ closure(D) とする(a = ±∞ でもよい)。
lim_{x → a} f(x) = 0
となるとき、 f は a において無限小であるといい、…


と書いてあります。

±∞ で定義された実数値関数なんてこの本では扱っていません。
おかしいですよね?

以下のように書くべきです↓


R^n または R の部分集合 D で定義された実数値函数 f を
考える。 closure(D) を R^n または R ∪ {±∞} における D の閉包とし、
a ∈ closure(D) とする(a = ±∞ でもよい)。
lim_{x → a} f(x) = 0
となるとき、 f は a において無限小であるといい、…

780132人目の素数さん2018/07/16(月) 18:11:43.23ID:QkhLOzQZ
杉浦さんの解析入門Iですが、証明はくどいくらい丁寧なんですが、
定義とかがいい加減なことがありますね。

781132人目の素数さん2018/07/16(月) 22:27:21.34ID:pQGTt/Gy
疚しい気持ちを持ってないと批判対象として引用符付けたとなんでもかんでも思い込むのは相当難しい

782132人目の素数さん2018/07/17(火) 16:01:17.48ID:MuZI6MUv
上江洲忠弘著『述語論理・入門―基礎からプログラムの理論へ』を読めば、

Coq/SSReflect/MathCompによる定理証明:フリーソフトではじめる数学の形式化
萩原 学
固定リンク: http://amzn.asia/6WkipIV

↑を読めるようになりますか?

783132人目の素数さん2018/07/17(火) 16:44:58.65ID:l55P1S3U
やめといたほうがいいような気がする

784132人目の素数さん2018/07/17(火) 17:30:35.98ID:cuL7h9YE
荒らしがなんかようか?

785132人目の素数さん2018/07/17(火) 21:55:53.13ID:/wactok4
杉浦禁止のスレッドにしてくれ。

786132人目の素数さん2018/07/17(火) 22:52:50.37ID:MuZI6MUv
なんか、前原さんの本や小野さんの本よりも、

上江洲忠弘著『述語論理・入門―基礎からプログラムの理論へ』

のほうが分かりやすいですね。

787132人目の素数さん2018/07/17(火) 22:56:28.82ID:MuZI6MUv
杉浦光夫著『解析入門I』を読んでいます。

p.113§4 無限小・無限大の次数

ですが、なんか簡単なことしか書いていないはずなのに、読みにくいですね。

788132人目の素数さん2018/07/17(火) 23:14:06.42ID:l55P1S3U
上原隆平『計算折り紙入門』

これからは折り紙やでぇ

789132人目の素数さん2018/07/17(火) 23:17:35.52ID:MuZI6MUv
Geometric Folding Algorithms: Linkages, Origami, Polyhedra
by Erik D. Demaine et al.
Link: http://a.co/eV9uKDN

↑これってどうですか?
著者の一人は、歴代最年少でMITの教授になった人だそうですが。

790132人目の素数さん2018/07/17(火) 23:47:35.15ID:l55P1S3U
>>789
問題提起が深いと思った。488ページもあるのか。

791132人目の素数さん2018/07/18(水) 08:30:32.41ID:9S1kkpjb
>>787
いちいち自分の読んだところ報告しないでくれ。
無意味に1行開けるのもやめてくれ。

792132人目の素数さん2018/07/18(水) 08:57:46.88ID:jXpR+1yF
変質者は、反応するから、喜ぶ
レスすんなよ...

793132人目の素数さん2018/07/18(水) 08:57:51.66ID:KY7EIgSi
ルールを守れない、他人のいうこと聞かないから荒らしなのだが

794132人目の素数さん2018/07/18(水) 09:44:58.45ID:tEuhEqGs
荒らしに餌をやる優等生の僕ちゃんNGID::l55P1S3U

795132人目の素数さん2018/07/18(水) 11:45:44.30ID:uzfKhAJK
origamiと言えばこんなのもあったな
BPS/CFT Correspondence III: Gauge Origami partition function and qq-characters
Nikita Nekrasov

796132人目の素数さん2018/07/18(水) 16:27:12.80ID:7XAVI17j
>>795
GJ!

797132人目の素数さん2018/07/18(水) 20:59:04.74ID:gy/FK0v2
>>791
それをマヌケといいます

新着レスの表示
レスを投稿する