高校数学の質問スレPart398

1132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:19:18.04ID:BoJlALsC

2132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:19:35.15ID:BoJlALsC
受験数学は全然できなくて無問題
あんなのは所詮公式と解法パターンの丸暗記競争だから
ルービックキューブと一緒でやり方知ってりゃ10秒で解法が組み上がる
大学行ったら数学や物理は勿論、化学だって高校数学なんか全く役に立たないよ
そうはいっても国公立の理系は少なくともセンター数学を受けないと入れない
国立、特に下位駅弁からは同レベルの理系単科私大等と比べて突出した才能が出ない一因でもある
俺も文系からの理系学部進学組みだけど高校で理系だった奴は暗記重視で本質を理解している奴はいなかった印象がある
何でも覚えようとしちゃうのね。理解しようとしないで
今でも私大なら理系学部で入試に数学を課してない所があるはず(理由は前述のとおり)
但し記述式の国語があるから地頭勝負になるけどね
数学や理科といった暗記科目で挽回の効く東大理系前期なんかよりある意味難関

3132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:19:53.88ID:BoJlALsC
理系思考の残念な点

・なんでも数字に置き換えて簡略化するから、複雑な物事を考える力がない
・論理性に頼りすぎてきたからアバウトな考え方ができない
・できるだけ小さく狭いミクロでものを考えるので、マクロで考える事ができる文系ほど論理的思考が 得意でない
・裏切りの少ない数学や論理性を信仰してきたから思い込みが激しく騙されやすい
・上記の理由から頭が固い
・上記の理由や世間から外れたところにいる時間が長いせいで常識、常識的な事を知らない
・上記の理由やそれによるプライドが凄いせいで成長しない、成長が遅い
・文盲だったり視野が狭いせいで、自分の何を指摘されてるのか理解できない

4132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:20:10.44ID:BoJlALsC
理系も内心では理解してるからな、実際に社会を動かすのは文系だと

立法や行政を担うのは殆どが文系だし
民間で技術職は現場のトップが精々だが文系のエリートなら経営に携われる
理系が何か開発してもそれを商業化して利益を得るのは文系

結局理系ってのは文系のエリート層の肥やしになるだけの存在
それがわかってはいるけど認めたくないから文系の下位層を見て文系全体を貶し自尊心を保つ

5132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:22:44.38ID:egD6BX0x
削除依頼を出しました

6132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:22:48.51ID:MxKVVcoK
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す

7132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:29:24.82ID:BoJlALsC
>>6
今どこにいますか?

8132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:33:19.90ID:MxKVVcoK
残り992レスは長いよ。
頑張ってね

9132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:34:17.17ID:BoJlALsC
>>8
どきにいるんですか?

10132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:35:27.57ID:MxKVVcoK
北白川
ときどき駒場

11132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:38:21.89ID:TN2DCvpM
誤字しててワロタ
落ち着けよw

12132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:42:43.02ID:LuN8b5Nb
また劣等感が負けたのか

13132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:43:40.71ID:0txw85LD
代数の基本も知らない馬鹿w
複素関数てw
こんな工学馬鹿が居座ってるゴミスレw

14132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:49:47.80ID:BoJlALsC
>>13
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ、という問題がわかりません

15132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:52:18.83ID:BoJlALsC
わからないんですね

16132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:53:21.86ID:0txw85LD
必死で反論考えて
ドヤ顔で一致の定理とかwwwww
馬鹿丸出しwwwwwwwwwwww

17132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:54:18.75ID:BoJlALsC
>>16
数理論理の基本なのにわからないんですね

18132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:54:36.24ID:0txw85LD
浅はかな知識で必死に論破しようと頑張ったんだろうなぁwwwwwww

馬鹿のくせにwwwwwwwwwwww

19132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:57:02.75ID:BoJlALsC
>>18
数理論理わからないんですね

20132人目の素数さん2018/10/18(木) 01:57:05.49ID:0txw85LD
ほんでもって軽〜く論破されたら

顔真っ赤にして 死ねを連呼してスレ埋めとかwwwww

馬鹿な上にガキ丸出しwwwwwwww

雑魚すぎて草ボーボーに生えるうううwwwwwwwwwwww

21132人目の素数さん2018/10/18(木) 02:01:11.67ID:BoJlALsC
>>20
数理論理わからない雑魚なんですね

22132人目の素数さん2018/10/18(木) 02:02:07.11ID:MxKVVcoK
>>14
あなたの投稿を見ていると、今はもう亡くなった小説家倉橋由美子の作品を連想するよ。
彼女の作品の中には、唐突に関数解析や確率論の定理がそのまま引用されて記述されたのがあって、
そこに、文学をする彼女の一面の嗜好がほの見えて微笑ましかった。

23132人目の素数さん2018/10/18(木) 02:07:43.63ID:7YqgJU0i
最初眺めてたときは、え?劣等感の人なん?って思ったけどホントに劣等感の人やったんや。
よくわかるなぁ。

24132人目の素数さん2018/10/18(木) 07:31:41.09ID:6VznJh/d
 モンテカルロ法について質問です。
 50%の確率で倍になるギャンブルを、外れたら倍賭して5回まで付き合うとします。
 (勝ったら、元の金額に戻ります。5連敗したら、諦めて元の金額に戻します。)

 5回戦までの勝ち負けの全パターンの表を作ったのですが、よく見ると2勝後に3連敗したりとか、現実では勝負が続いていく展開が現れて、どこからどこまでが勝ち負けの全パターン、1セットになるのかよくわかりません。
 そもそも途中で諦めても、利益になるのでしょうか?
 
 教えてください。

25132人目の素数さん2018/10/18(木) 08:32:20.27ID:k/6s0tvu
前スレの終わり方なんなんアレ?
数学やってる人ってキチガイなん?

26132人目の素数さん2018/10/18(木) 09:27:54.24ID:xeV4UKcA
数学できる人に嫉妬したキチガイじゃないかと。
割とよく出る。

27132人目の素数さん2018/10/18(木) 11:33:41.00ID:0g6hG1dE
分からない問題スレにも書いたのですが流れてしまったのでお願いします

トランプの束がある
2〜10までの数字が描かれたカードが各スートに1枚ずつと、ジョーカーのカードが24枚ある
全てを混ぜて無作為に切り直して12枚のカードを無作為に引いたとき
その12枚のカードのうちジョーカー以外にいずれも違う数字が書かれている確率はいくらか

28132人目の素数さん2018/10/18(木) 12:08:14.77ID:7YqgJU0i
>>27
(Σ[r=0,10] 4^r C[10,r] C[24,12-r])/C[60,12]
これ計算するしかない希ガス。

29132人目の素数さん2018/10/18(木) 13:19:33.01ID:cQ1vGY5k
なぜ導関数f'(x)>0となるxの値の範囲では元の関数においては増加すると言えるのですか?

30132人目の素数さん2018/10/18(木) 13:38:28.78ID:N0Jt3sC4
わからないんですね

31132人目の素数さん2018/10/18(木) 13:40:24.07ID:3a9oKFtg
なぜ導関数f'(x)>0となるxの値の範囲では元の関数においては増加すると言えるのですか?

32132人目の素数さん2018/10/18(木) 13:41:58.24ID:Kl3fGADQ
わからないんですね

33132人目の素数さん2018/10/18(木) 13:43:50.89ID:DLjjpSPR
なぜ導関数f'(x)>0となるxの値の範囲では元の関数においては増加すると言えるのですか?

34学術2018/10/18(木) 14:08:51.94ID:X/1WtQOV
吸う方が体重は増加するんだよな。くうと痩せるよな。

35132人目の素数さん2018/10/18(木) 16:29:39.09ID:b+uk8Znx
>>33
背理法
もしこういう減少してるdがあったら、中間値の定理からこういうcがって
そのcでの微分係数がマイナスになっているはずなので仮定(導関数f'(x)>0となるxの値の範囲)に矛盾
なのでその範囲のいかなる点も減少していない
同じようにf'(x)≠0もわかる

36132人目の素数さん2018/10/18(木) 19:38:55.77ID:FYz9O7aq
感心しました

37132人目の素数さん2018/10/18(木) 23:11:48.60ID:Ze76/Hib
複素解析wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

38132人目の素数さん2018/10/18(木) 23:50:25.92ID:BoJlALsC
>>37
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ、という問題がわかりません

39132人目の素数さん2018/10/19(金) 07:05:52.57ID:5IG2LUn0
一致の定理




40132人目の素数さん2018/10/19(金) 09:05:47.08ID:CCMLJmZ2
>>39
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ、という問題がわかりません

41132人目の素数さん2018/10/19(金) 11:59:14.33ID:PBuLzGEJ
三次関数のX軸との共有点の数を特定する方法を教えてください
三次関数版 判別式Dを教えてください

42132人目の素数さん2018/10/19(金) 15:14:51.10ID:K/b7TzGZ
>>41
まず二次関数版 判別式Dは二次方程式の解の公式より導かれるものということは大丈夫ですか?
まず三次方程式の解の公式を調べてみましょう

三次関数版 判別式Dができると思いましたか?

43132人目の素数さん2018/10/19(金) 15:41:24.79ID:XakhjzTd
Step1. 極値が存在するか調べる
→ 極値が存在しなければ共有点は1個

Step2. 極大値と極小値の符号を調べる
→ (極大値)×(極小値)が正なら共有点は1個、0なら共有点は2個、負なら共有点は3個

44132人目の素数さん2018/10/19(金) 16:50:35.95ID:BexAa1Re
>>41
一般の形をした3次方程式の判別式は、ま、あまり使い道がない。
最高次の係数を1にし適当な変数変換をすると一般の3次方程式は
x^3+3px+q=0 という形に変形することができる。
この形にしたとき、この方程式の判別式は -27(4p^3+q^2) となる。
ま、これでも高校のうちはあまり使い道はないだろうな。
それでも2次の時と同様、4p^3+q^2=0 はこの方程式が重解を持つ条件になる。

45132人目の素数さん2018/10/19(金) 17:15:58.89ID:iOWNm/b1
収束半径(キリッ ドヤッ)

46132人目の素数さん2018/10/20(土) 09:34:11.67ID:1j42OaVp
>>41 >>44
は自演なw

唐突に3次元の解放なんて調べたら出てくることをわざわざねぇww

47132人目の素数さん2018/10/20(土) 09:35:08.26ID:1j42OaVp
前スレ2年半かけて消費かwwww
よくこんなスレ立てるよなぁwww

48132人目の素数さん2018/10/20(土) 09:52:17.43ID:1j42OaVp
受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw

49132人目の素数さん2018/10/20(土) 09:59:06.12ID:Zj5TvFgz
>>48
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ

50学術2018/10/20(土) 10:09:18.04ID:ZeTpAvUB
大学数学なんて憧れますわ、履修見て将来に楽しみを取っておきました。院数もあるんだろうな。

51132人目の素数さん2018/10/20(土) 10:10:05.25ID:Zj5TvFgz
>>49
答えがつきませんね

わからないんでしょうか

52132人目の素数さん2018/10/20(土) 12:15:40.26ID:1j42OaVp
受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw

受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

53132人目の素数さん2018/10/20(土) 12:16:47.00ID:1j42OaVp
受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw

54132人目の素数さん2018/10/20(土) 12:22:42.25ID:Bxuo292x
>>49
受験数学だけでなく大学数学がわかるはずなら、これに回答がつくはずなのですが、つきませんね

55132人目の素数さん2018/10/20(土) 13:09:04.19ID:1j42OaVp
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw 👀
受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw

受験数学だけできるとか恥ずかしすぎwww
>>3は全くその通り
受験数学しかできず大学数学で通用しない奴は
ほぼ全員暗記思考のただのオタクw 👀 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

56132人目の素数さん2018/10/20(土) 14:02:34.31ID:Bxuo292x
わからないんですね(笑)

わかるなら答えが出てくるはずですからね

答えの代わりにコピペが繰り返される、それはつまりわからないということですね

57132人目の素数さん2018/10/20(土) 16:47:20.03ID:xr8mdpHY
やめたれw

58132人目の素数さん2018/10/20(土) 18:17:37.03ID:fS3acjDv
完全性定理より明らかという答えがとっくに出ています

59132人目の素数さん2018/10/20(土) 18:17:59.49ID:fS3acjDv
複素関数wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

60132人目の素数さん2018/10/20(土) 21:46:23.77ID:Bxuo292x
>>58
説明して見てください

61132人目の素数さん2018/10/21(日) 02:35:11.38ID:TPLNoF//
コピペされたら論破されるのか?

62132人目の素数さん2018/10/21(日) 08:09:31.48ID:TjxB6vqj
>>60
完全性定理より明らかです

63132人目の素数さん2018/10/21(日) 08:21:38.19ID:QPcJtEfa
完全性定理にもいくつかバリエーションがありますね

どのような完全性定理からどのようにして示されるのか、詳しく説明してください

64132人目の素数さん2018/10/21(日) 08:33:28.72ID:TjxB6vqj
>>63
完全性定理より明らかなので説明は不要ですね。
あとはあなたが頑張って理解すればよいですね。

65132人目の素数さん2018/10/21(日) 09:14:01.11ID:QPcJtEfa
では、完全性定理の内容を述べて見てください

66132人目の素数さん2018/10/21(日) 09:34:31.17ID:TjxB6vqj
それはあなた自身の問題なのでご自身でどうぞ

67132人目の素数さん2018/10/21(日) 09:42:52.23ID:QPcJtEfa
わからないんですね

68132人目の素数さん2018/10/21(日) 09:52:46.64ID:TjxB6vqj
わかりますよ

69132人目の素数さん2018/10/21(日) 16:52:27.09ID:fYS9HkJX
大学数学で挫折した恥ずかしい奴が、大学入門レベルを何か自慢げに言ってるなw
きめぇwwww

70132人目の素数さん2018/10/21(日) 17:05:44.37ID:Y0w2tPRn
      ,r- 、,r- 、
    /// | | | l iヾ
   /./ /   \\ヽ、
   /o゚(>) (<)゚o:゚。:゚:゚:。
 r-i./ `⌒,(・・)⌒´ ヽ.l-、
 | | |   .|r┬-|   | | ノ
 `| |ヽ    `ー'U  ノ|.||
  | | | |\ `ー-‐'' /| || ||
   ( ̄ (___  )
     ̄{・ ・   (
      {      )
     / /\_つ)))))
    ⊂ ノノノノ

71132人目の素数さん2018/10/21(日) 17:54:53.19ID:8ktDrJAT
標数0の世界しか知らないとかWWWWWWWWWWWWWWWWWW

72132人目の素数さん2018/10/21(日) 17:55:38.06ID:Utg35Ocr
ここの回答者は完全性定理がわからない、情けないですね

73132人目の素数さん2018/10/21(日) 18:30:25.55ID:E6u7T7I7
やめたれw

74132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:31:48.47ID:8ktDrJAT
複素関数wwwwwww
馬鹿丸出しwwwwwwwwww

75132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:40:48.02ID:HFx3QM6F
完全性定理すらわからないとか恥ずかしいですね

76132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:50:54.63ID:8ktDrJAT
>>75
わかりますよ

77132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:52:23.46ID:8ktDrJAT
完全性定理より明らかですよ
理解できましたか?

78132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:53:43.62ID:8ktDrJAT
>ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ、という問題がわかりません

完全性定理より自明ですね。QED

79132人目の素数さん2018/10/21(日) 20:54:13.27ID:8ktDrJAT
理解できないんですか?

80132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:01:05.22ID:8ktDrJAT
そもそもある場合には0でないがある場合には0になるといえば
代数の基礎やってたら標数の話かなって自然に思いつくんですが・・・・
なぜ複素数で考えちゃったんですか?
代数の基礎の基礎も理解できていないということですね

81132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:01:49.82ID:8ktDrJAT
そんな無知なのに生きてて楽しいですか?

82132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:09:02.94ID:HFx3QM6F
>>78
完全性定理とは何か説明して見てください

83132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:11:05.85ID:8ktDrJAT
>82
なぜですか?

84132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:12:25.77ID:HFx3QM6F
あなたが分かってないからですね

85132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:13:22.92ID:8ktDrJAT
>>84
わかってますよ?

86132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:13:29.40ID:HFx3QM6F
80 名前:132人目の素数さん [sage] :2018/10/21(日) 21:01:05.22 ID:8ktDrJAT
そもそもある場合には0でないがある場合には0になるといえば
代数の基礎やってたら標数の話かなって自然に思いつくんですが・・・・
なぜ複素数で考えちゃったんですか?
代数の基礎の基礎も理解できていないということですね



代数の基礎の基礎より明らかだ、と言えば済むものを、標数が云々と随分積極的に回答していらっしゃいますね
その勢いで完全性定理も回答すれば、私はあなたがわかるんだなとわかります

87132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:14:47.38ID:8ktDrJAT
>>86
なぜ同じ勢いで答えなければならないのですか?

88132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:15:25.43ID:HFx3QM6F
そういう回答する暇があったら、完全性定理を分かってるアピールをしてくださいね

もちろん数学的にです

89132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:15:54.88ID:8ktDrJAT
>>88
なぜアピールする必要があるのですか?

90132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:16:19.58ID:HFx3QM6F
しないとあなたはわからないことが確定しますね

91132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:16:50.12ID:8ktDrJAT
>>90
なぜ確定するのですか?

92132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:18:03.67ID:HFx3QM6F
てかそもそも標数ってなんなんですかね
そんな用語聞いたこともないですね
完全性定理がわからないんですから、どうせ適当にでっち上げたんでしょうね

93132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:18:28.45ID:8ktDrJAT
わからないんですね

94132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:19:45.93ID:HFx3QM6F
あなたのでっち上げなんですから、わかるはずありませんね

自作の用語作って煙に巻こうとか、どれだけ恥知らずなんでしょうね

95132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:21:08.82ID:8ktDrJAT
>>94
わからないんですね(笑)

96132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:21:32.36ID:HFx3QM6F
釣られませんでしたね

つまらないですね

97132人目の素数さん2018/10/21(日) 21:22:12.08ID:8ktDrJAT
>>96
悔しそうですね

98132人目の素数さん2018/10/21(日) 22:49:53.37ID:BkN6gNKW
ax-1+a+2x二乗+x =2x二乗+ax+x+a-1 =2x二乗+(a+1)x+(a-1) どのような理論で(a+1)x+(a-1)になってるのかが理解できません。 どのようにしてこないな様になってるのかお教えください。よろしくお願いします。
別の問題だと 3x二乗+2yx-x+4y二乗-2y+1 =3x二乗+(2y-1)x+(4y二乗-2y+1) の二行目のカッコの部分です。わかるようでわか

99132人目の素数さん2018/10/21(日) 22:55:07.04ID:oxRvNiNY
えぇぇ⁉
劣等感の人って標数しらんの⁉

100132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:10:33.63ID:HFx3QM6F
そんな用語ないですからね、知ってるわけありません

101132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:21:36.91ID:8ktDrJAT
わからないんですね(笑)

102132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:30:24.91ID:s9slvy2l
>>98
2(a+1)=2a+2とかは分かる?

103132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:32:20.78ID:mh6OHE0m
高校数学だけの世界に逃げこもうとしてるんですよ

104132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:39:38.82ID:hLeBvSR0

105132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:42:11.16ID:HFx3QM6F
おかしいですね

代数とかいう簡単な分野のお話にはすぐ食いつくのに、数理論理学のお話には食いつかないんですね

これはすなわち、わからないということですね

106132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:50:54.03ID:khDCKkXV
本人が簡単な分野だと豪語してるんだしまさか代数で恥を晒したなんてことないわな

107132人目の素数さん2018/10/21(日) 23:54:43.00ID:hLeBvSR0
劣等感の人って数学科卒ではないの?
何学科卒?

108132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:01:40.54ID:Q8jFn3QE
完全性定理の説明が出てきませんね

これは、誰もわからないということですね

109132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:04:38.99ID:eCi0xQs6
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

110132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:09:24.70ID:Q8jFn3QE
完全性定理がわからないんですね

111132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:11:29.79ID:Lxr4xBdD
>>102
返信ありがとうございます。それはわかります

112132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:12:36.69ID:Lxr4xBdD
>>102
返信ありがとうございます。それはわかります。

113132人目の素数さん2018/10/22(月) 00:26:15.33ID:UNTU4EtW
>>111
同じようにx(a+1)=ax+xだから、ax+x+a-1=(ax+x)+(a-1)=x(a+1)+(a-1)

114132人目の素数さん2018/10/22(月) 01:41:11.97ID:Lxr4xBdD
わかりました!ご丁寧な説明ありがとうございました

115132人目の素数さん2018/10/22(月) 06:24:07.69ID:gMpLCmH0
複素関数wwwwwwwwwwww

116132人目の素数さん2018/10/22(月) 17:46:47.13ID:mcZCCFkv
summation 狽フ下にi=1とかk=0とかって書きますよねえ。
iとkの違いってなんですか?

117132人目の素数さん2018/10/22(月) 17:48:34.17ID:1D3drBs+
複 素 関 数 w

118132人目の素数さん2018/10/22(月) 17:55:00.24ID:I7zW03P6
完全性定理もわからないんですね

119132人目の素数さん2018/10/22(月) 18:14:20.71ID:1D3drBs+
>>118
わかりますよ?

120132人目の素数さん2018/10/22(月) 18:19:57.34ID:1D3drBs+
ふくそかんすう

121132人目の素数さん2018/10/22(月) 21:20:07.38ID:fuNSrUvz
>>116
初項が0か1かということを問題としていないのであれば好みの問題です

122132人目の素数さん2018/10/22(月) 21:36:49.07ID:I7zW03P6
>>119
説明してください?

1231162018/10/22(月) 22:03:26.50ID:mcZCCFkv
>>121
そうですか。教えてくださってどうも有難うございます。

総和(総加?)はΣであり、総乗はΠで表されますが、
総差または総減を表わす記号ってあるんでしょうかね?

124132人目の素数さん2018/10/22(月) 23:22:07.71ID:EQjDzRUv
>>123
Σの前に - を付ければ理屈の上では総差。
しかし、そんな「総差」に意味があるのか?
記号は記号でしかないのだが・・・

125132人目の素数さん2018/10/22(月) 23:27:54.34ID:lrmwGp1C
有界なコンパクトなものは基本的には交代和

自明な収束半径は1

126132人目の素数さん2018/10/23(火) 00:00:04.55ID:P6by8UWi
そういや添え字は高校でははよくkを使うが大学からはiを使うことが多いな
あれなんでだろ?

127132人目の素数さん2018/10/23(火) 00:56:00.07ID:ZsLPJPgb
j

1281232018/10/23(火) 12:46:19.95ID:nSZSIIR6
>>124
教えてくださいって感謝します。
そこいらの本にはあまり載っていない有用なことを教わりました。
数学において、数列の総和を求める操作は有効だけど、
数列の総差を求める操作は無意味と考えられているんでしょうかね。

129132人目の素数さん2018/10/23(火) 13:56:50.65ID:tcSq+Pcw
>>128
いや、「総差」が>>124での書いた意味のことだけなら、それは単に総和を求めて符合を換えただけなので
改めて記号を作る必要性は薄いなあ、というだけのこと。

それだけでなく、「差」というのは小学校の算数以来おなじみの、引く数と引かれる数があって初めて意味がある言葉なので
「総差」と書いたとき、>>124で書いた意味ではない何か別のことを考えていたのだとしたら
何から何を引いているのか、がはっきりしない。
数学の或る術語に対し、漢字(の熟語)上は反対語、逆語が作れるからといって、
その「反対語」「逆語」に自然に数学上の意味が生まれるわけではないからね。

130132人目の素数さん2018/10/23(火) 16:31:48.05ID:1yc8je1U
ものすごく阿呆な質問をしますが、(a+b)(a-b)と(x+a)(x+b)の展開の公式の使い分けをお教え頂きたいです。 xとaの違いなど..
しょっちゅう間違えます。よろしくお願いします。

131132人目の素数さん2018/10/23(火) 17:21:13.73ID:1yc8je1U
(ax+b)(cx+d)

(x+a)(x+b)はxに数字が付いとるか付いてないかで使い分けると言うことで合っていますでしょうか
御手数ですが此方も御教示お願いニします

132132人目の素数さん2018/10/23(火) 17:21:14.08ID:1yc8je1U
(ax+b)(cx+d)

(x+a)(x+b)はxに数字が付いとるか付いてないかで使い分けると言うことで合っていますでしょうか
御手数ですが此方も御教示お願いニします

133132人目の素数さん2018/10/23(火) 17:46:05.91ID:8syeyc78
>>130
使い分けなんてないんですね
全部同じ公式です

(a+b)(c+d)=ac+ad+bc+bd

これで全部ですね

でも同じ文字が含まれてる時は、簡単になる場合があります

(a+b)(a-b)=aa+a(-b)+ba+b(-b)=a^2-b^2
とかですね
真ん中の部分が打ち消しあって無くなってしまいましたね

同じ文字を含む場合というのは結構あるので、最終結果だけが公式としてあるんですね

134132人目の素数さん2018/10/23(火) 18:10:39.08ID:1yc8je1U
>>133返信ありがとうございます
a.....etcとxはそれぞれ何を表しているのでしょうか? aは数字、xは文字と言うことでよろしいでしょうか?

135132人目の素数さん2018/10/23(火) 18:30:01.94ID:8syeyc78
普通は、(a+b)(a-b)のaやbは文字で、(x+a)(x+b)のaやbは数字です

でも、本来は別に文字だろうが数字だろうがどっちでもいいんです

抽象論が難しいなら問題解くといいですよ
難しい理屈よりも解けばわかるということもあります

136132人目の素数さん2018/10/23(火) 18:36:51.44ID:5CGYhsW+
全部数字だろ。。。
同じ文字の場所に同じ数字が入るってだけで。

137132人目の素数さん2018/10/23(火) 18:38:37.79ID:8syeyc78
質問者はそういうことを聞いてるのではないですよ

138132人目の素数さん2018/10/23(火) 18:48:39.48ID:1yc8je1U
ありがとうございました。色々解いてみます。
ご丁寧にありがとうございました

139132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:04:44.67ID:RchKnNWY
複☆素☆関☆数☆

140132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:06:43.08ID:pCOy/RUp
完全性定理がわからないんですね

ところであなたは物理板でかけ算は可換がどうのとしつこい人ですよね

141132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:19:44.99ID:CrxoB+Ql
大学数学に挫折したまぬけが高校数学で上から目線になれる場所ですね
だっさい生き方、どうせ何も知らない人には「大学で数学の研究をしてる」
とかいってんだろ?
てめーなんて一生かかっても何の成果も出せねーんだから働けよ

142132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:21:09.18ID:pCOy/RUp
↑完全性定理がわからない負け犬

143132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:33:17.48ID:RchKnNWY
物理板なんて見てもいませんがw
敵が多いんですね(笑)

144132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:34:32.74ID:RchKnNWY
ふつーに標数pの話かな?って想像つくよなあ
それを複素関数ってwwwwwwwwww
どんだけアホなのwwwwwwwwww

145132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:40:02.93ID:pCOy/RUp
完全性定理わからないんですね

146132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:42:05.29ID:CrxoB+Ql
お前は完全性定理の入門しか分からないだろうが
さっさと働け

147132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:51:22.78ID:pCOy/RUp
わからないんですね(笑)

148132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:00:11.31ID:RchKnNWY
一致の定理

wwwwwwwwwwwwwww

149132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:05:23.66ID:pCOy/RUp
わからないんですね(笑)

150132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:08:51.51ID:CrxoB+Ql
完全性定理って確か入門なら小学生でも理解できるレベルじゃなかったっけ?

151132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:11:47.67ID:pCOy/RUp
小学生でも理解できるなら説明できるはずですね

説明してみてください

152132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:17:03.95ID:CrxoB+Ql
何でも証明できるって思ってるところが頭固いな
完全性定理は哲学も絡んでくるから数学的とはいえない

153132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:17:36.08ID:RchKnNWY
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す

154132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:18:32.51ID:RchKnNWY
ふくそすー☆

155132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:33:21.40ID:pCOy/RUp
>>152
私はそんなこと言ってませんね

はやく完全性定理の説明をしてくださいね

156132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:51:01.08ID:1yc8je1U
さっきは返信ありがとうございました。
もう一つ、試験に近いことをお聞きしたいのですが、使用する式の指定が無い問題で略した公式を使わずに、すべての問題を(a+b)(c+d)=ac+ad+bc+bd
の式を使った回答をすると不合格になるでしょうか(歴史の単語を平仮名で書くような感じで)

157132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:59:56.90ID:pCOy/RUp
ならないですね

でも、多分問題こなしていくうちにあなた自身が公式の使い分けできるようになると思いますよ

(x-y)(x+y)=xx+xy-yx-yy=x^2-y^2
とやるよりも、見ただけで、あ、あの公式だ、x^2-y^2、こうやるほうが絶対早くて簡単ですからね

158132人目の素数さん2018/10/23(火) 22:46:55.22ID:ElTAaqzH
ていうか劣等感さんは数学科卒じゃないんでしょ?
じゃ同値類とかわからないんじゃないの?
完全性定理の証明とかに出てくるけど。

159132人目の素数さん2018/10/23(火) 22:50:44.13ID:RchKnNWY
教養の線形代数と微分積分でいっぱいいっぱいのゴミw

160132人目の素数さん2018/10/23(火) 22:58:38.41ID:pCOy/RUp
>>158
超実数の構成とかにも出て来ますね

161132人目の素数さん2018/10/23(火) 22:59:14.17ID:pCOy/RUp
>>159
超準解析を用いて微分してください

162132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:04:37.65ID:pCOy/RUp
ウルトラフィルターとかもここの人たち知らなそうですね

163132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:14:43.16ID:pCOy/RUp
てか完全性定理の証明で同値類とか出て来ますかね

164132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:22:20.15ID:xS8rsyai
私の知ってる証明ならでるな?
劣等感さんの知ってる証明だといらないの?
モデルの集合はどうやって定義するの?

165132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:22:42.30ID:hiLOIu/n
>>136
それは違う
変数の時もある

166132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:23:48.89ID:hiLOIu/n
けんかしている人たち
邪魔だからよそでやってくれる?

167132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:36:45.82ID:1yc8je1U
>>157
わかりました。御丁寧な回答ありがとうございました!

168132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:39:31.73ID:pCOy/RUp
>>164
モデルの集合は完全性定理では使いませんね

169132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:41:40.25ID:RchKnNWY
ふくそかんすう♪

170132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:43:09.92ID:pCOy/RUp
完全性定理もわからない、超準解析もわからない負け犬さんです

171132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:44:18.36ID:RchKnNWY
複素関数わはははっw

172132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:46:01.29ID:RchKnNWY
ふつーに標数がらみの話ってわかるよなあ?wwwwwww
複素関数てwwwwwwwアホかwwwwwwww

173132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:48:55.59ID:5UHUU60f
>>168
どう定義するん?

174132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:52:14.62ID:pCOy/RUp
>>173
モデルの集まりなんて対象は考えませんよね?

175132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:52:17.46ID:RchKnNWY
王道では勝てないウスノロの間抜けがニッチな分野で自尊心を保とうとすることはよくありますねw

176132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:53:03.52ID:RchKnNWY
複素関数ぷぷぷぷぷぷー

177132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:54:40.10ID:pCOy/RUp
絶対あなた物理板にいますよね

一つの話題に固執して揚げ足とり続けるところがそっくりなんですけど

178132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:54:55.16ID:RchKnNWY
馬鹿のくせにしゃしゃり出てきて瞬殺wwwwwwww

その後必死になってスレ埋めwwwwwwwwwwwwww

179132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:55:23.35ID:RchKnNWY
はははっフクソカンスウ♪

180132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:57:24.64ID:pCOy/RUp
代数しかわからない間抜けの末路ですね

181132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:58:11.69ID:RchKnNWY
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

182132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:59:03.27ID:pCOy/RUp
代数しかわからないんですね

183132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:59:31.68ID:RchKnNWY
FUKUSO
KANSU

pupupupupupu

184132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:06:53.08ID:+DVApYNB
>>174
モデルって
・termに対応させる元(とその集合)←これ
・function symbolに対応させる function
・relation symbolに対応させる relation
の三組だよね。
↑同値関係使わないでどう定義するん?

185132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:15:04.21ID:uQ7+CZ2C
対象の集合は普通に集合ですよ

同値関係関係ないですよね

186132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:17:26.94ID:yg/1mEaf
関数 f(x) と g(x) について

f(x)+g(x) 関数の和
f(x)g(x) 関数の積
f(g(x)),g(f(x)) 合成関数

と呼ぶのはわかるのですが,上記を融合したもの,例えば

f(g(f(x)+2f(x)) のような関数は f と g の何と呼べば良いのでしょうか?

187132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:18:31.28ID:uQ7+CZ2C
何にでも名前がついてるとは限りません

でも合成関数でいいんじゃないですか
fの中になんか入ってるわけですからね

188132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:23:38.43ID:+DVApYNB
>>185
>対象の集合は普通に集合です

なんか話つうじてないね?
じゃ言語L上の公理系Sが無矛盾完全な公理としてSがモデルMを持つの証明どうすんの?
Lの項tに対してどんな集合のどんな元を対応させるん?

189132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:26:56.91ID:MKZsmT3b
>>186
3fとgとfの合成関数

数学はどう定義するかは重要だが
あんまり名前そのものは重要じゃない
多項式と言おうが整式と言おうがどうでもいいわけで

190132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:38:42.48ID:yg/1mEaf
>187,189

なるほど.合成関数の一種,という感じでいいのですね.
ありがとうございました.

191132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:39:09.91ID:uQ7+CZ2C
>>188
項そのものを対象と考えますよね

192132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:47:51.66ID:+DVApYNB
>>191
だってたとえば数論だったら3+2という項と1+4というのは項としては別物だけどモデルのなかでは同じにしないといけないよね?
2+3と1+4同じじゃないやん?

193132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:51:39.83ID:uQ7+CZ2C
完全性定理で用いられるモデルにとっては、2+3や1+4という文字列そのものが対象ですよ

194132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:53:20.46ID:uQ7+CZ2C
いつもの煽りの人が来ませんね

わからないんでしょうね

195132人目の素数さん2018/10/24(水) 00:58:26.50ID:+DVApYNB
>>193
ごめん意味わからん?
“2+3”や”1+4”が項だよね?
これは違う項だよね?
これのモデルMでのinterpretationを”2+3”^M、”1+4”^Mと書くとして
“2+3”≠”1+4”だよね?
でも”2+3”^M = “1+4”^Mだよね?
だから”1+4”と”1+4”^M、”2+3”と”2+3”^M 同一視できないよね?

196132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:02:53.20ID:uQ7+CZ2C
>>195
>“2+3”≠”1+4”だよね?

>でも”2+3”^M = “1+4”^Mだよね?

≠はメタの意味、=は対象言語内の意味ですね
=^Mなわけです


モデルといってもいろあろありますからね
通常のモデルであれば、あなたの言ってる通り、対象は何らかの数でなければなりません
しかし、完全性定理で示されることは、モデルの唯一性ではなく存在性です
完全性定理で示されるモデルと、通常の数論のモデルは異なるのです

197132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:07:30.38ID:uQ7+CZ2C
だから"1"+"1"=2ではなく、"1"+"1"="1+1"なんです

198132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:10:00.46ID:+DVApYNB
>>196

ともかくその “項そのものを対象” とするという方法で “モデルの唯一性ではなく存在性” 示してみてよ?
L=(T、F、R)が一階術後論理、Sを無矛盾完全なLの公理としてTそのものを”対象”とするモデルの存在証明してみせてよ?
どうやんの?

199132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:11:53.76ID:uQ7+CZ2C
ググってください
すぐ出て来ますよ

200132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:11:57.86ID:+DVApYNB
>>197
????
”1+1”≠”2”はいい。
”1”+”1”って何?

201132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:13:15.87ID:+DVApYNB
>>199
でないよ?
そんなのモデル理論の定義に矛盾してるやん。

202132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:20:09.13ID:uQ7+CZ2C
t^M="t"
(f t1 t2 ... tn)^M="f t1 t2... tn"

これで対象を定義します

203132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:23:35.65ID:+DVApYNB
>>202
じゃあ
“1+1”^M = “1+1”
“2”^M = “2”
だよね?
だったら”1+1”^M = “1+1”≠”2” = “2”^Mになるよ?
でもN├”1+1 = 2”なんだから”1+1”^M = “2”^MじゃないとNのモデルにならないよね?
どうすんの?

204132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:30:02.20ID:iHuXh2WT
>>202
この人、ダメ。もう破綻している。

205132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:31:59.72ID:uQ7+CZ2C
1+1=2が証明可能なら、"1"+"1"="1+1"="2"ですよね

206132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:34:59.54ID:uQ7+CZ2C
Sの無矛盾極大な公理系S*をモデルにしますから、Sから証明される論理式φは、S*内に含まれています
S*を元にモデルMを構成しますから、M|=φとなります
φ∈S*ならM|=φと定義しています

207132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:36:57.19ID:uQ7+CZ2C
定義ではないですか
まぁ結局そうなります

208132人目の素数さん2018/10/24(水) 01:44:32.00ID:+DVApYNB
>>205
そもそも
>”1”+”1”
まずなにこれ?
“+”は関数記号であって関数ではないよ?
“1+1”というのはLの言語として意味あるけど”1”+”1”って何?

>”1+1"="2"
ちがう。
あくまで”1+1”と”2”は意味論までいって初めて同じになるもので統語論上、つまり文字列としては別物。
構造論Mをあたえて”1+1”^M、”2”^Mになって初めて同じになる。
項を表す文字列をある集合の元として、関数記号は関数として、関係記号を関係として割り当てていくのがモデル理論。
その際、等号記号は相当関係にうつらねばならない。
だから”1+1”と”2”は項としてはちがうけど、”1+1”^Mと”2”^Mは同じにならないといけない。

209132人目の素数さん2018/10/24(水) 04:42:40.50ID:6YT5FGdl
また劣等感が負けたのか

210132人目の素数さん2018/10/24(水) 08:53:59.72ID:uQ7+CZ2C
>>209
いいえ?

おそらく私を言い負かそうと数理論理勉強し始めた人でしょうね
混乱が見られます

211132人目の素数さん2018/10/24(水) 08:54:26.36ID:fTz3T2ut
じゃあ答えてあげたら

212132人目の素数さん2018/10/24(水) 08:55:35.22ID:fTz3T2ut
それにしても劣等感さんも賢いなあ
どこの大学に勤めてるんだろう

213132人目の素数さん2018/10/24(水) 09:48:52.27ID:yy4yFEWP
>>208
イコールの意味も放棄すればいいんですかね

eq(1+1,2)という記号列があったら、eq("1+1","2")も真となる

こう考えれば別に問題ないですね

214132人目の素数さん2018/10/24(水) 11:38:08.63ID:kX0iUtMb
うざいからほかでやれ

215132人目の素数さん2018/10/24(水) 15:31:43.25ID:rpF32u/S
結局完全性定理の証明もわかったつもりになってただけか。

216132人目の素数さん2018/10/24(水) 15:33:15.12ID:yy4yFEWP
わかりますよ?

217132人目の素数さん2018/10/24(水) 15:49:36.97ID:ioSDI8AG
>>215
痛々しくて可哀そうだよね

218132人目の素数さん2018/10/24(水) 16:22:05.51ID:yy4yFEWP
>>208
やっぱイコールの解釈を放棄してるようですね

イコールをイコールとして解釈するときは、同値類が必要になるようです

219132人目の素数さん2018/10/24(水) 16:37:24.95ID:AvZ5S/J6
チャーチ数とか使うんだろうなってのは分かるけど、高卒が大学数学齧っただけだから消化不良。
眺めさせて貰います。

220132人目の素数さん2018/10/25(木) 00:10:06.54ID:jauY2dI3
うすんかそくふ

221132人目の素数さん2018/10/26(金) 22:00:08.79ID:dS/WoDsR
因数分解の下記の形式の問題をイメージで覚えたいのですが、よくわかりません。なぜこうなるのかの様なことをお教えいただきたいです。

例えば7+9は9の小さな隙間に7の先っぽを入れて16!みたいなのです。
因数分解だと
2ab-3bcだとb二つを引きちぎってくっつける
a(x-2)-(x-2)だとaと-を引きちぎって箱に押し込む感じです。

前書きが長くなりましたが、
(a-b)x二乗+(b-a)xyの解説をよろしくお願いします

222132人目の素数さん2018/10/26(金) 22:55:30.89ID:qr/y9lb6
>>221
数学できない人にありがちなんですけど、もう少しドライに考えられませんか?

そのようなイメージはなんの意味もないものですから

因数分解の基本は同じものを前に出してくることです
(a-b)x二乗+(b-a)xy

同じものは、a-b、xとかありますね

とりあえずa-bに注目しましょう
a-b=Aとおくと
(a-b)x二乗+(b-a)xy=(a-b)x二乗-(a-b)xy=Ax二乗-Axy=A(x二乗-xy)

これで第一段階ですね
共通していたAが前に出てきました

まだ同じものがありますね
xです
xも前に出してきましょう

=Ax(x-y)

あとはAを元に戻して

=x(a-b)(x-y)

これが答えですね

223132人目の素数さん2018/10/27(土) 04:28:43.70ID:3cx08q2G
ありがとうございます

224132人目の素数さん2018/10/27(土) 13:37:12.29ID:3cx08q2G
(a-b)2乗+c(b-a)の途中式(a-b)(a-b)-c(a-b)
=(a-b)[(a-b)-c]

二つ目の(a-b)はどこにきえたのでしょうか

225132人目の素数さん2018/10/27(土) 13:38:58.88ID:3cx08q2G
-自己解決しましたcにa-bを掛けるんですね失礼しました。

226132人目の素数さん2018/10/28(日) 07:14:47.48ID:m9FXyY88
関数同士を等号で結ぶと
やがて交点が求まるのはなぜですか?

227132人目の素数さん2018/10/28(日) 08:04:02.74ID:Lt8rWxZs
大学数学が難しすぎて理解できない人が高校生相手に
簡単な問題を解説してるスレはここですか?

228学術2018/10/28(日) 11:16:27.84ID:wp+hJex4
大学数学か。溜息だな。窓べりで。

229132人目の素数さん2018/10/28(日) 15:34:41.20ID:K1UxpT4s
>>227
そもそもそういうスレッドではないのでしょうか 1さんの最初の投稿にテンプレートが書かれていなく、また最近見始めたので雰囲気が掴めてませんので暗黙の了解のようなものがあれば申し訳ないです。
個人的にはよく質問させて頂いており、助かってます。 その内高度なものも質問できるように頑張ります。

230132人目の素数さん2018/10/28(日) 15:36:03.00ID:K1UxpT4s
質問前提やとダメですね。お世話にならないように頑張ります

231132人目の素数さん2018/10/28(日) 17:26:18.71ID:yrDQG8Nz
>>226
y=f(x)
y=g(x)

これの交点を求めるからですね

232132人目の素数さん2018/10/28(日) 18:11:07.03ID:RmZSNuxA
>>226
ヒルベルトの零点定理って奴じゃないの

233132人目の素数さん2018/10/28(日) 21:00:30.07ID:aPY642R1
複素関数w

234132人目の素数さん2018/10/28(日) 23:28:32.69ID:VFaeol37
なぜm:nに内分する点はna+mb/m+nになるのですか??

235132人目の素数さん2018/10/29(月) 00:19:55.41ID:XlgdcaOR
>>234
点Aの座標をa,点Bの座標をbとおく。
線分ABを,m:nに内分する点をPとし,
その座標をpとおく。
このとき,AP,BPの長さはそれぞれ,
AP=p−a,BP=b−pと表され,またAP:BP=m:nだから,
AP:BP=(p−a):(b−p)=m:n
よって,
m(b−p)=n(p−a)
整理して,
p(m+n)=na+mb
m+n≠0より,
p=na+mb/m+n
示された。(終)

236132人目の素数さん2018/10/29(月) 01:20:45.66ID:faNbwzFX
多分、 a、b を m:n に内分する点は (ma+nb)/(m+n) になっていてほしいんだろうな。
その気持ち、分る。

237132人目の素数さん2018/10/29(月) 01:34:52.21ID:s+gLkx3J
加重重心と見るなら (ma+nb)/(m+n) の表記のほうがよいとも言える

238132人目の素数さん2018/10/29(月) 01:49:18.78ID:PHJtqPSw
(a-b)^3=-(b-a)^3は成り立つのに、(a-b)^2=-(b-a)^2となると、途端に成り立たなくなる理由を筋道立てて説明してください。
お願いします。

239132人目の素数さん2018/10/29(月) 01:57:23.45ID:XlgdcaOR
>>238
前者について
右辺=−(b−a)^3
  =−(b−a)(b−a)(b−a)
  =(aーb)(b−a)(b−a)
  =(aーb)×{−(aーb)}×{−(aーb)}
  =(aーb)^3=左辺で示された。

後者について
右辺=−(b−a)^2
  =−(b−a)(b−a)
  =(aーb)(b−a)
  =(aーb)×{−(aーb)}
  =−(aーb)^2≠左辺
よって,後者は成立しない。

240132人目の素数さん2018/10/29(月) 02:05:04.44ID:ABwbUOS+
a=bなら成り立つ

241132人目の素数さん2018/10/29(月) 07:55:36.31ID:bDSputIZ
上の矢印は書き方がわからないので省略します a,b,pはベクトルです
p=na+mb/m+nの右辺を
n/m+n × a + m/m+n × b と変形すると

係数をもったベクトルa,bの和によって
線分ABをm:nに内分する点へ向かう位置ベクトルpが定義されるように見えますが
実際そうなりますか?

242132人目の素数さん2018/10/29(月) 08:28:02.92ID:faNbwzFX
>>241
a;+(m/(m+n))(b-a) ということ。

これは、a の終端となる点A、bの終端となる点Bに対し、線分ABをm:nに内分する点をPとすれば
ベクトルAP↑はベクトルAB↑=b-a と方向は同じで、長さは m/(m+n) 倍されているということ。
よって P の位置ベクトル p =Aの位置ベクトル + ベクトルAB=a+(m/(m+n))(b-a)=(n/(m+n))a+(m/(m+n))b

243132人目の素数さん2018/10/29(月) 22:31:44.37ID:jbtzPDhx
原点を重心とする正三角形が、原点を中心とするだ円に内接しているとき
このだ円は実は円だと言えますか?

244132人目の素数さん2018/10/29(月) 22:44:00.01ID:t+sbQC0C
いえる

245132人目の素数さん2018/10/29(月) 23:04:02.53ID:jbtzPDhx
どのように証明できませでしょうか

246132人目の素数さん2018/10/29(月) 23:14:53.78ID:t+sbQC0C
三角形は単位円に内接するとして良い。
もし長軸も短軸も辺と平行でないなら対称性から楕円は原点から距離1の6点を通る。
単位円もこの6点を通る。
異なる5点以上を共有する2つの2次曲線は一致するからこの場合は済。
辺がいずれかの軸に平行なら高校の数学の範囲内で簡単。

247132人目の素数さん2018/10/29(月) 23:28:06.25ID:59VF2v6C
>>243
楕円は、長軸・短軸について線対称。
楕円上の点で中心からの距離が等しい点、つまり円周との交点は、両軸について線対称な位置(長方形の頂点)にくる。
一方、正三角形は3回対称である。

248132人目の素数さん2018/10/29(月) 23:31:25.41ID:t+sbQC0C
あれ?どっちの軸についても正三角形が対称なわけないから場合わけ必要ないか。

249132人目の素数さん2018/10/29(月) 23:35:58.87ID:xAcCtbWJ
数IIBまで難なく学習できた人間が
数IIIになるや否やいきなり壁にぶち当たることはありえますか

250132人目の素数さん2018/10/30(火) 00:31:25.27ID:uOG4gP+Q
iいろいろ教えて頂き感謝します

251132人目の素数さん2018/10/30(火) 13:08:45.50ID:t5mlYc9c
>>249
学習と錯覚してただけさ

252132人目の素数さん2018/10/30(火) 13:51:54.64ID:zfiQJdw2
>>249
難なく出来てきた人だからこそ
基礎理論が難しすぎるため「成り立つ」ばかりで証明は高校ではほとんどやらず、
応用(≒計算)は簡単な数Vは気持ち悪いところがあるかもしれない。

253132人目の素数さん2018/10/30(火) 19:13:00.34ID:qHMMGAs1
集合A、Bの間に成り立つ関係を記号⊂、=を用いて表せ
A={5nI n=1.2},B={xI (x-5)(x-10)=0}
の途中式
A={5,10} (x-5)(x-10)=0を解くとx=5,10
ゆえにb={5,10}
の理屈がさっぱりわかりません。ご教示お願いします。
また、

=2√5+5/4-5=-2√5-5
これは
4-5のマイナスが2√5の2、-5の5に影響していると考えて間違いないですか?

254132人目の素数さん2018/10/30(火) 19:31:58.96ID:DihLoioR
>>253
Aは5nにn=1と2を代入したものを要素に持つ集合なので
実際に代入してみてA={5,10}
Bはxが(x-5)(x-10)=0を満たすものを要素に持つ集合なので
(x-5)(x-10)=0を解くとx=5,10よりB={5,10}

>また、
以降は冒頭の=が何かわからないがこれをとって2√5+5/4-5を(2√5+5)/(4-5)として考えると
分母と分子の両方に-1を掛けただけ
影響とかそんな小難しいことを考えると何か暗記じゃなくてちゃんと考えて数学をやっているように思うのかもしれないが
計算するときにいちいちこのルールは正しいのかと考えるのは数学じゃない
どんな時も成り立つように演算法則は整えられており
その小中学校で習った簡単な計算法則に従って計算するのが数学
ゼロで割るような例外はその法則を習うときにちゃんと勉強する

255132人目の素数さん2018/10/30(火) 20:28:06.09ID:UcQptMRm
【兵庫】「買うお金なかった...」 女子高生が参考書25冊を万引 「指数・対数が面白いほどわかる本」など自分で使うため/明石

256132人目の素数さん2018/10/30(火) 20:32:19.01ID:qHMMGAs1
>254
ご丁寧にありがとうございます

257132人目の素数さん2018/10/30(火) 21:33:05.29ID:RES2vvhb
教えてください

6000円はある金額の1.36%です。
ある金額はいくらでしょうか?

よろしくお願いいたします

258132人目の素数さん2018/10/30(火) 21:44:01.22ID:Gc4ehpm3
数3は言うて2が出来てれば何とかなるみたいなところあるから

259132人目の素数さん2018/10/31(水) 00:33:18.26ID:vI+lL7t9
-4x+1<7-3x<x-1
これを解いたら

-4x+1<7-3xから
-x<6
x>-6

7-3x<x-1
-4x<-8
x>2

共通範囲を求めてx>2とありますが

x>-6はどこへ消えたのでしょうか

260132人目の素数さん2018/10/31(水) 01:02:58.54ID:wBJXegjm
x>2>-6 なので、元の不等式は当然ながら満たされている。

261132人目の素数さん2018/10/31(水) 01:11:59.28ID:sfgoKj6G
ふくそかんすうwwwwww

262132人目の素数さん2018/10/31(水) 04:26:56.59ID:YCLvlOkI
>>241
yes

263132人目の素数さん2018/10/31(水) 09:19:48.62ID:0i7aR22E
>>257
スレチ
高校数学じゃなく小学校の算数

264132人目の素数さん2018/10/31(水) 09:43:11.57ID:OiTnUYsK
母数が1万の集団の、概ねの分布を調べたいときは何%を抽出して調べればいいですか?
あと母数が150の集団の、概ねの分布を調べたい時には何%調べれば良いですか?

265132人目の素数さん2018/10/31(水) 13:06:43.26ID:r0MWiigz
【え! 総人口250万人減少?】 早く移民で水増しないと、■■■が原因だと、無関心層に気づかれる
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1540952533/l50

266132人目の素数さん2018/10/31(水) 15:00:19.31ID:vI+lL7t9
>>260
ありがとう

267132人目の素数さん2018/11/01(木) 00:19:10.28ID:nUS3/sME
ふくそかんすう♪

268132人目の素数さん2018/11/01(木) 00:57:01.57ID:26ynr2R8
数理論理学がわからないなんてかわいそうですね

269132人目の素数さん2018/11/01(木) 01:33:32.01ID:nUS3/sME
ふっふくそかんすう?????

270132人目の素数さん2018/11/01(木) 01:45:56.14ID:nUS3/sME
                 人
                (__)
             (__)
           . (´・ω・`) < 複素関数を考えると〜
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )

271132人目の素数さん2018/11/01(木) 02:18:22.06ID:26ynr2R8
数理論理学とか基礎の基礎ですよね

272132人目の素数さん2018/11/01(木) 11:24:30.39ID:XrfTuaGP
いい加減、けんかは別スレでやってくれ

273132人目の素数さん2018/11/01(木) 11:30:27.32ID:75+qDsYP
ここはもともと雑談スレだったんですよ

数年前までは賑やかでしたね

274132人目の素数さん2018/11/01(木) 14:34:51.79ID:DGlwDrwF
高校数学の質問スレじゃないのか?

275132人目の素数さん2018/11/01(木) 19:09:10.33ID:t36swLFc
質問スレだよ
キチガイはいつもいたけど

276132人目の素数さん2018/11/01(木) 21:53:09.20ID:CjvOOywH
高校数学に関する雑談なら構わんが
ケンカはよそでやってくれ

277132人目の素数さん2018/11/02(金) 11:04:11.02ID:cvLoeJgX
{a[n+1]}=p{a[n]}+q p≠1,q≠0型の数列を
等差数列型や等比数列型や階差数列型に変形させる方法を教えてください

278132人目の素数さん2018/11/02(金) 13:28:08.83ID:7b4Q6sr5
a_(n+1)とa_nをαと置いてα=pα+qを解くとp≠1より
α=q/(1−p)
よって、与えられた漸化式は
a_(n+1)−α=p(a_n−α)
と変形でき、a_n-α=b_nとおくと
b_(n+1)=pb_nとなり
b_nは初項a_1−α、公比pの等比数列となる。

279132人目の素数さん2018/11/02(金) 16:02:35.52ID:4PVU4xHE
面接で好きな科目を聞かれて、
数学と答えるとする。

当然、なぜ数学なのか、根拠が必要だが、
面接官を納得させる根拠がない。。

本音いうと、他の科目に比べて点数を取るコツを知ってるから。
コツというほどでもないが、要は公式を丸暗記して、数字をあてはめて慎重に計算すれば基本間違うことないから。
一方で、文章を含む証明問題は苦手。

いい加減な根拠で、好きな科目として数学をあげるのはよくないなと思った。
逆に英語とか、社会とか、生物とかが好きで、これらの根拠を説明しやすい。
たとえば英語は、英語はコミュニケーションの手段であり、海外の人と交流を図ることで、いろんな人の意見、価値観を知ることができるから、で十分説得性がある。

数学はどうしたらいいんだよ、バカ。

280132人目の素数さん2018/11/02(金) 16:41:05.62ID:lGNMZ9vH
それは数学が得意なだけで好きとは言えないし、数学好きに会社や大学が求めるのは現実の世界や文章から数式を導き出す能力。
計算問題は電卓やコンピュータが解けるけど、その解くための計算問題や数式を作るのは人間にしか出来ない。

281132人目の素数さん2018/11/02(金) 19:47:22.96ID:AGeFpwHq
複♪素♪関♪数♪

282132人目の素数さん2018/11/03(土) 03:15:27.06ID:l9NtmAGi
>>264について
統計で信頼できるサンプル数については高校数学では習いませんか?

例えば、正六面体のサイコロが1/6であると誤差x%で言えるには
何回程度試行すれば良いのか?みたいなのです

283132人目の素数さん2018/11/03(土) 05:34:56.24ID:59y/7pkS
>>282
習わんよ
いつの時代のおっさんだよ

284132人目の素数さん2018/11/03(土) 07:09:40.05ID:uYzCihC5
1対1をすべて終わらせたのに東大数学が解けません
なぜですか

285132人目の素数さん2018/11/03(土) 08:16:06.88ID:l9NtmAGi
>>283
でも標本調査って中学で習うだろ

286132人目の素数さん2018/11/03(土) 09:46:29.73ID:59y/7pkS
>>285
論点そらすなよボケ老人

287132人目の素数さん2018/11/03(土) 09:48:13.15ID:1SMyhtfQ
試験がデータの分析のレポートなんですが
代表値を出す事はともかくそれを見て考察を書けって主観に寄らないですか?

288132人目の素数さん2018/11/03(土) 10:21:45.31ID:lQkWTSFR
他人を納得させればいいだけ。

289132人目の素数さん2018/11/03(土) 12:11:37.11ID:4CQp9nuV
放物線の関数を微分した導関数
f'(x)のxに放物線上の任意の点のx座標を入れるとその点における接戦の傾きが出てくるのはなぜですか?

290132人目の素数さん2018/11/03(土) 13:01:28.10ID:1SMyhtfQ
>>288
定義からは言えないですがそれも数学なんですか?

291132人目の素数さん2018/11/03(土) 13:36:17.73ID:m+VWLZBN
>>289
導関数って何かわかってますか?

292132人目の素数さん2018/11/03(土) 13:42:42.72ID:DMnYj1Ui
三角形ABCの内部に取ります点Pを。
Aを通りBCに垂直な直線に関するPの対称点をP_1
Bを通りCAに垂直な直線に関するPの対称点をP_2
Cを通りABに垂直な直線に関するPの対称点をP_3
とします。
このとき3直線 AP_1, AP_2, AP_3 は共点といえますか?

293132人目の素数さん2018/11/03(土) 13:44:30.21ID:lQkWTSFR
>>290
それが統計です

294132人目の素数さん2018/11/03(土) 13:55:40.88ID:l9NtmAGi
>>286
逸れてるの?と言うかどうして
昔あった事をあなたは知っているんですか
おじいちゃんはあなたです

295132人目の素数さん2018/11/03(土) 14:14:08.11ID:wCQvianY
実際にセンターで出題された問題についてです
ある放物線Cとある直線mの交点を求めるために
関数同士を等式で結んだのが以下です


ax^2-2a^2×x=x/2a^2


また、これを解くと交点のx座標は「0と、〜〜である」という出題形式でした

解答をみると、この式に何らかの操作をして、ax(x-β)=0という形を導いて0以外の交点はβであると求めていましたが
書いてあるのは、変形した結果こうなる、だけであってその過程は省略されています
ax(x-β)=0のような形にこの式を変形する手順を教えてください

296132人目の素数さん2018/11/03(土) 14:26:06.49ID:jgxJ/Oma
面倒だから a を無視すると
x^2-2x=x/2 → x^2-2x-x/2=0 → x^2-(5/2)x=0 → x(x-5/2)=0

297132人目の素数さん2018/11/03(土) 14:27:00.14ID:poYElKDG
>>292
Hを垂心としてAHとBCの交点をHa、BHa→ = a BC→とおく。
同様にHb、Hcを定めてCHb→ = b CA→、AHc→ = c AB→とおく。
同様にPa、Pb、Pcを定めてBPa→ = (a+x) BC→、BPb→ = (b+y) CA→、PPc→ = (c+z) AB→とおく。
このときメネラウスの定理とチェバの定理よりQを上と同様にQa、Qb、QcとするときBQa→ = (a-x) BC→、CQb→ = (b-y) CA→、AQc→ = (c-z) AB→となるようにとれるが、このときP_1、P_2、P_3はそれぞれAQ, BQ, CQ上にある。

このPとQの関係はなんとか対称点だか共役点だかの名前ついてた気もするんだけど。

298132人目の素数さん2018/11/03(土) 14:58:52.49ID:lQkWTSFR
>>296
a があるから変形が分からなくなってるんじゃないのか?

299132人目の素数さん2018/11/03(土) 16:13:51.60ID:wCQvianY
式がわかりづらかったかもしれないので画像を貼ります
ここを理解しないとセンターで満点取れないかもしれないのでどうしてもここを理解したいです
解の公式を用いて答えを出すことはできたのですが解答がこうなっていることから
公式を用いるより何らかのコツを使って変形したやすく解を求められるのではと考えました
あるいは左から右の状態に変形する作業は公式を用いる以上に難解なものですか?
https://i.imgur.com/LbTIo1M.jpg

300132人目の素数さん2018/11/03(土) 16:24:13.73ID:59y/7pkS
>>294
学習指導要領の変遷なんぞネットのいくらでも転がってるだろ
じゃ1700年代は江戸時代ってことを知ってたら
1700年代に生きていた人間なのかよ
スーパーキチガイが

301132人目の素数さん2018/11/03(土) 16:31:35.11ID:/exZuT2u
>>
左の式の右辺の分母分子をa倍してから左辺に移項
その後axでくくれば右の等式を得る

302132人目の素数さん2018/11/03(土) 16:32:15.43ID:mM0+Meas
やっぱ釣りか

303132人目の素数さん2018/11/03(土) 16:42:34.48ID:lQkWTSFR
>>299
やっていることは右辺を左辺に移項し、
xの降べきの順に並べたあと(x^2の項、xの項というように並べたあと)
因数分解しているだけ。
ただし、 xで括ると、カッコの中は(ax-A) という形になるので、xの係数a を外に出している。
つまり、 ax-A=a(x-(A/a)) というように。
それを一挙にしているのが >>301 さんの解説。

304132人目の素数さん2018/11/04(日) 00:21:59.57ID:lsCi9juv
>>299
厳しいことを言うようですがちょっとこの程度の式変形が分からないようではセンター満点を狙うよりも前にやることがありますね。
他の方がおっしゃっているように右辺を左辺に移行し、axでくくっただけです。
コツも何も解の公式はルートがあり分数などがあると計算がやかましくなる(=計算ミスをしやすくなる)ので、
因数分解ができるのならその方が間違いが少なく時間も短縮できることが多いということ以上でも以下でもありません。
もちろん、あなたはまだ1年生や2年生かもしれませんし、
受験生であってもまだ2か月以上あるので努力次第で満点は取れると思います。

その忠告を踏まえたうえで聞いてほしいのですが、
まずこの式変形は解答や解説としてあまりよろしくありませんね。
どこがよくないかというと因数分解をした点ではなく、左の等式の時点で右辺よりa≠0が分かっているのだから、
次の一手は全体をaで割ることでしょう。
それを後回しにしても最終的な式はaを除いたx(x−(4a^4+1)/2a^3)=0にします。
より解が明白な形にできるのに先頭にaがあるのは完全に蛇足です。
分からない人が読むと何か特殊なことをしているのではないかと疑念を抱いてしまうのも仕方がないのかなと思いました。

305132人目の素数さん2018/11/04(日) 01:01:26.84ID:ymQ6EDay
ここの回答者って、因数分解みたいな簡単な問題だと詳しく解説つけるんですね

306132人目の素数さん2018/11/04(日) 01:07:42.20ID:eWVz10L7
間違った回答するよりは良いんじゃない?

307132人目の素数さん2018/11/04(日) 02:03:21.40ID:5H8a/veF
>>305
藝の見せ処

308132人目の素数さん2018/11/04(日) 05:40:07.17ID:R7RwQd09
ふくそかんすうw

309132人目の素数さん2018/11/04(日) 06:56:10.71ID:c4FnJJHj
>>301
>>303
>>304

起きてやり直してみたらできました!!

(ax+ay)→a(x+y)という操作は考えずとも反射的にできるのに
(ax+y/a)となっている状態からaを括弧の外に出すことなんて無理だろうと判断してしまっていたことがすべての原因でした

今まで僕が解いてきた数式のパターンから少し外れたものが出てくるだけでわからなくなっていたのは
そもそも括弧の外に文字(数でもいいのですが)を出すという操作の意味をよく理解していなかったことが原因でした

僕はこれを「共通因数は外に出すことができる」というルールに基づいた操作だとしか捉えていなかったので
(ax+y/a)において、axにはaという因数があるけど、y/aは…???積と捉えるとしてもy×1/a??と混乱するしかなかったのです

同様に(ax+ay+z)となっていても今までの僕はa(x+y)+zという和の形にはできても、
aと(zをも囲んだ括弧)の積にすることは何をどうしてもできない、と思い込んでいたので、変形することができなかったのです

「共通因数がなければ何も外に出せない」
そうした勘違いに気づかせていただき、ありがとうございました。

310132人目の素数さん2018/11/04(日) 10:19:25.31ID:R7RwQd09
複素関数とは・・・w

311132人目の素数さん2018/11/04(日) 10:51:25.34ID:dLSxwu4q
>>310
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ

示せないんですか?

312132人目の素数さん2018/11/04(日) 11:04:09.82ID:oTrpBxnn
>>305
明らかなことほど説明するに長くなるのは当たり前だが
それでも不満なら難しい問題でもお前が詳しく解説つければよい

313132人目の素数さん2018/11/04(日) 11:27:03.52ID:R7RwQd09
複素関数がなんか言ってるwww

314132人目の素数さん2018/11/04(日) 12:43:16.99ID:dLSxwu4q
>>304
これが明らかなことの説明には見えないですけどね

説教に見えます

315132人目の素数さん2018/11/04(日) 13:12:56.65ID:h7V8rcRD
複素関数で簡潔に説明してやれよ
間違った説明すんなよwww

316132人目の素数さん2018/11/04(日) 14:08:37.89ID:Bl3oi46w
説教に決まってるやろ

317132人目の素数さん2018/11/04(日) 15:45:14.45ID:h7V8rcRD
【民主党】(岡田克也)
>民主党の岡田克也代表は1日、都内で講演し、将来の労働力不足を解消するための大規模な移民政策について
>「日本の社会の在り方が変わる。それを受け入れるコンセンサスはなく、むしろ反対の声の方が強い」と述べ、
>否定的な見解を示した。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20040902AT1E0100901092004.html

【自由党】(小沢一郎)
>−−労働力不足をめぐっては、自民党と財界の一部に「移民受け入れ」を検討する動きがあるが
>「まったくダメだ。現在でも奴隷労働といわれる非正規労働者の問題が深刻なのに。
>発展途上国から単純労働者を受け入れることは、一種の奴隷制度ではないか。治安問題を心配する声もある、
>それに、そういう形での移民受け入れは人間の尊厳に対する冒涜であり、人道的にも認められない」
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_06/t2008062334_all.html

【社民党】(福島瑞穂)
>−−女性が働き続けるためには、子供の預け先や介護の問題があり、移民を受け入れざるを得ないとの議論もあるが
>日本が労働力不足を理由に、単純労働者(の移民)を受け入れることは慎重であるべきだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000581-san-pol

★★★そもそも外国人参政権は自民党の地方議員が中心になって進めてきた★★★
ab

318132人目の素数さん2018/11/04(日) 16:42:03.00ID:88Ym5OSP
数学と算数の違いは何でしょうか?

319132人目の素数さん2018/11/04(日) 17:38:06.07ID:On0JL75F
回答者が因数分解や幾何みたいな簡単な問題しか解けないのは当然だろw
大学数学で挫折したダサい奴なんだからwwww
高校数学で培った瞬発力と暗記しか取り柄が無いゴミだよw
それを指摘されたら「複素関数」ってww
複素関数は大学数学で最も簡単な分野

320132人目の素数さん2018/11/04(日) 17:40:01.26ID:On0JL75F
>>304
簡単な問題にはアホみたいに詳しい説明と感想を書くアホww
こいつもどうせ大学数学で挫折した恥ずかしい奴www

321132人目の素数さん2018/11/04(日) 18:43:03.14ID:OPU+00M+
ふくそかんすう???



wwwwwwwww

322132人目の素数さん2018/11/04(日) 19:15:01.91ID:dLSxwu4q
>>321
ある無矛盾な公理系τの任意のモデルに対してある論理式φが常に真となるならば、τからφがLKにおいて証明可能となることを示せ


わからないんですね

323132人目の素数さん2018/11/04(日) 21:28:08.58ID:BqlaiHKf
複素関数だって?

324132人目の素数さん2018/11/04(日) 22:36:43.73ID:OPU+00M+
複素関数の季節ですかな  www

325132人目の素数さん2018/11/05(月) 00:29:23.98ID:yRF6+AF1
二次関数とか不等式のあたりでもう無理

326132人目の素数さん2018/11/05(月) 11:56:22.09ID:+RWcILYQ
複素関数の秋

327132人目の素数さん2018/11/05(月) 13:26:51.22ID:B7ZIcqps
4とpとqをある順番に並べると
等差数列や等比数列になる時
pとqの組み合わせとしてありえるものを挙げなさいという問題の考え方がわかりません qはpより大きいそうです

328132人目の素数さん2018/11/05(月) 13:44:08.60ID:+zvifWBL
>>327
等差中項、等比中項を考えるんかな

329132人目の素数さん2018/11/05(月) 13:47:37.05ID:KfHmZBXG
>>高校数学で培った瞬発力と暗記しか取り柄が無い

うむ。

330132人目の素数さん2018/11/05(月) 13:58:15.38ID:Ds0GnrIk
>>320
やっかむ奴は見苦しい

331132人目の素数さん2018/11/05(月) 14:31:42.76ID:mAZpjsA9
>>320
だったらお前が難しい質問にも詳しい解説つければいいだけ

332132人目の素数さん2018/11/05(月) 15:57:23.85ID:rLQVlqQF
三角錐のある高さにおける切断面の面積と高さの関係式というか関数を教えてください
底面積が2、高さが6の三角錐を高さ3地点で切っても切断面積は1にはならないですよね?

333132人目の素数さん2018/11/05(月) 18:08:22.88ID:vFhIBBZm
池沼かよ

334132人目の素数さん2018/11/06(火) 05:33:47.29ID:4AdTy9FD
もうここでは何も質問しません
ありがとうございました

335132人目の素数さん2018/11/06(火) 09:45:32.55ID:WgjtWXHt
これの解き方がわかりません
考え方を教えてください

https://i.imgur.com/wq2ieeN.png

336132人目の素数さん2018/11/06(火) 09:48:24.93ID:LSQoOOLB
わからないんですね

337132人目の素数さん2018/11/06(火) 11:51:08.53ID:yjMoPgII
2268と1176の公約数がxの候補

338132人目の素数さん2018/11/06(火) 16:24:40.06ID:tZIrGDBj
学問としての数学を習得すれば受験数学もこなせますか?

339132人目の素数さん2018/11/06(火) 19:43:50.15ID:caB1yPYT
どちらかと言うと学問としてより道具としての数学の能力を受験で試したがってるような新学習指導要領

340132人目の素数さん2018/11/06(火) 20:19:24.66ID:lh3PWnCm
いつまでもいつまでもテスト対策と何かとを混同し続ける感覚は凄く有害

341132人目の素数さん2018/11/06(火) 20:21:46.82ID:lh3PWnCm
テスト対策というダメな近道よりかはずっと
道具としての応用数学

学問としての純粋数学
の方が親近性が高いのは言うまでもない。

なんかの勝負事と勘違いするのはタルタリアで卒業しよう。

342132人目の素数さん2018/11/06(火) 21:23:45.13ID:caB1yPYT
昨年度の国公立入試で〜は作図可能である事を○○○文字以内で論ぜよという小論文でたそうな
身近に接する問題への応用力の他に他人に伝える能力を問う時代かと思います

343132人目の素数さん2018/11/06(火) 22:45:14.29ID:H+GnPq30
任意の三角形Tは、適当な1方向にのみ拡大または縮小することで正三角形に変換できますか。
すなわち、Tを座標平面に適当に置き、x軸方向の適当なr倍変換で正三角形に変換できますか。

344132人目の素数さん2018/11/07(水) 18:34:06.68ID:/ij5xNwC
logxの微分について質問です
定義に従って(パソコンでの書き方にあまり詳しくないので変だったらすいません)
lim(h→0)1/h(logx+h-logx)
=lim(h→0)log(1+h/x)^x/h

ここまでは分かるのですが、
lim(h→0)(1+h/x)^x/hが自然対数eと等しくなるというのはどう証明するのでしょうか?
h/x=tと置いて、lim(h→0)のときlim(t→0)
という教科書に書いてある形式的な変形はわかるのですが、全ての実数xについて成り立つとこれで証明できていることになるのでしょうか?

345132人目の素数さん2018/11/07(水) 18:35:20.10ID:/ij5xNwC
>>344
間違えました

lim(h→0)1/h(logx+h-logx)
=lim(h→0)1/xlog(1+h/x)^x/h

346132人目の素数さん2018/11/07(水) 19:22:15.96ID:RoHljWgm
>>344
logx/xはsin/xと同じようにx→±0で1に収束するっていうのがヒントかな

347132人目の素数さん2018/11/07(水) 19:50:43.96ID:/ij5xNwC
>>346
すいません全然わかりません
lim x→0でlog{x^(1/x)}が1に収束するということですよね??
lim x→0 x^(1/x)=eになるということですか?

そしたらh→0のとき(1+h)^(1/h)=h^(1/h)となりませんか???

わかんない(ToT)

348132人目の素数さん2018/11/07(水) 21:53:48.11ID:8sMyRDnh
ここで颯爽と登場!!!



複素関数 www

349132人目の素数さん2018/11/07(水) 21:55:24.04ID:WM+Yo4cw
数理論理学わからないんですね

350132人目の素数さん2018/11/07(水) 22:01:56.69ID:8sMyRDnh
スレを監視してるふくそかんすうwww

351132人目の素数さん2018/11/07(水) 22:08:14.83ID:Q45Bi339
なんか数理論理どころか複素関数すらわからなそうですよねあなたって
すごい頭が悪そうです

352132人目の素数さん2018/11/07(水) 23:12:01.02ID:UwHnU5Cr
数理論理はわからなくても困らないけど複素関数はわからないと困るよね

353132人目の素数さん2018/11/08(木) 00:22:51.16ID:NkwF+CeW
>>344
eの定義式を変形してe=…の形で書くということは分かっていると思うので、
それをどうやればいいのかということですよね?

分子をtとおくと分母もtで表せます。
次に分子を分母のlogの中に入れます。
ところでその分数は1のままなので底=真数となるわけです。

354132人目の素数さん2018/11/08(木) 02:44:04.82ID:Q2uHYgbl
>>353
ありがとうございます
分からないのは

e=lim h→0 (1+h)^(1/h)=lim h→0 (1+h/x)^(x/h)

となるところで、自分が何がわからないのかをどうしたら数学的な形に書けるのか考えてみました
例えば、こう書いていいのかわかりませんが、
lim h→0 (1+h)^(1/h)

lim h→0 (1+h/x)^(x/h)
をそれぞれ二項定理で展開した場合、xがどんな実数でも本当に同じになるのかな?ということです

あと他の言い方をすると
y=xとy=1/xのグラフの関係性と
y=x/nとy=n/x(nは定数)の関係性を比べると
x→∞のときに、yが∞に発散、または0に収束する速さの関係がnの値によって全然違いそう?
発散する速さの関係が全然違うように見えるのにどうして同じeになるのか?
というのがわかりません

355132人目の素数さん2018/11/08(木) 07:47:43.10ID:K46ojNkr
>>354
h/x=tとすると

lim h→0 (1+h/x)^(x/h)=lim t→0 (1+t)^(1/t)=lim h→0 (1+h)^(1/h)=eですね

356132人目の素数さん2018/11/08(木) 11:51:40.73ID:454lve6Y
>>354
まず、h以外は定数とみるということを忘れているのではないでしょうか?

次に、極限値は最終的に何に近づくかです。
そして各々の収束速度は極限値に影響しません。
lim_(h→0) hとlim_(h→0) 2hという速度は前者が速く後者が遅いと一目でわかる例ですが、
両方とも極限値がゼロになるのでイコールで結べます。
求めるのは極限値であり各々の速度は問題としていないからです。
lim_(x→∞) 1/xとlim_(x→∞) 1/e^xではべき乗関数比べ指数関数の速度は恐ろしく速いということを習ったと思いますし、
実際後者の方がものすごく速くゼロに近づきますが、両方ともゼロに近づくのでこれもイコールで結べます。

一方、lim_(h→0) (2h/h)の極限値はゼロではなく2ですね。
これは速度比を極限値としているためこのような場合は速度を考慮しなければいけないということです。

357132人目の素数さん2018/11/08(木) 12:19:38.45ID:Q2uHYgbl
>>356
なるほど!
この場合発散する速さは関係ないんですね
ありがとうございます

358132人目の素数さん2018/11/08(木) 12:57:20.41ID:Q2uHYgbl
>>356
ちがった!すいません
極限値が同じであればいいということなら
(↓書き方が正確じゃないと思いますが)

(1+非常に小さい値)の∞乗

という形になればいいということですよね?
そうすると例えば、

lim h→0 (1+h/2x)^(x/h)=e

でもいいということになってしまいませんか?
もしかしてこれでもokですか?
これはダメかと思ってたので(先生にそういわれてその時はなにも思わずにそうなんだと流していました)、そうすると

(1+m)^n

としたときのmとnの関係が同じ形でないといけないのかなと思いまして
自分が極限について同じ条件にするという意味で知っているのが、発散する速さというものだけだったのでそれを比較してみました

と書いててようやく自分が何がわからなかったのかわかりました!頭悪くて申し訳ないです

mとnが逆数の関係でなければいけないのかということです
もし逆数でなければならないのであればそれはなぜでしょうか?

h/x=tと置いて、h→0のとき、t→0、1/t→∞なのはわかりますが、同時にt→0、1/(at)→∞(aは定数)ですよね?
そうすると極限値が同じであればいいのであれば

lim h→0 (1+ah)^(1/bh)=e(aとbは定数)

ということですよね?これは正しいのでしょうか?

359132人目の素数さん2018/11/08(木) 14:10:45.46ID:Q2uHYgbl
わかりたしあ!
eの定義がlim n→0 (1+n)^1/nなので
>>356で教えていただいたように、極限値が同じであれば定義を満たせるので

lim n→0 (1+an)^(1/bn)
=lim n→0 (1+an)^{(1/an)*a/b}
=lim an→0 (1+an)^{(1/an)*a/b}
=e^(a/b)

こういうことですかね??

360132人目の素数さん2018/11/08(木) 17:32:32.96ID:aJmsJS/y
>>359
理由が逆で「eの定義(から導かれたもの)と同じ形になるので極限値はeとなる」ですね。
計算も定義(から導かれたもの)と同じ形になっていることが見えにくいので、

lim h→0 (1+ah)^(1/bh)
=lim h→0 (1+ah)^{(1/ah)*a/b}=☆
ここでt=ahとおくとh→0でt→0より、
☆=lim t→0 (1+t)^{(1/t)*a/b}
=lim t→0 {(1+t)^(1/t)}^(a/b)
={lim t→0 (1+t)^(1/t)}^(a/b)
=e^(a/b)
としましょう。

eの定義ですが、高校ではlim h→0 (a^h -1)/h=1を満たすaとなっていることが多い一方で、
一部の高校参考書や大学ではlim n→∞ (1+1/n)^n(nは自然数)とすることも多いので混乱してしまうかもしれませんが、
今、どちらを定義としてどちらを導いたものとしているのかちゃんと意識しておいてください。

361132人目の素数さん2018/11/08(木) 18:17:01.70ID:LV8h28yD
ふ く そ 
か ん す う


362132人目の素数さん2018/11/08(木) 21:36:19.70ID:5/AwY4vj
>>361
1/zをぐるっと周回積分するとどうなるんですか?

363132人目の素数さん2018/11/08(木) 21:44:44.75ID:LV8h28yD
ふ♪ふ♪ふ♪ふくそかんすう♪♪♪

364132人目の素数さん2018/11/08(木) 21:47:18.74ID:S+ZaDDlY
当たりくじが4本入っている10本のくじから同時に3本引いて2本以上当たる確率
の答えが(4C2・6C1)/10C3 + 4C3/10C3 = 1/3なんですが、
当たり2本を引いて残り8本から適当に1本引く
(4C2・8C1)/10C3 = 2/5
では間違いな理由を教えていただけませんか?

365132人目の素数さん2018/11/08(木) 22:11:41.65ID:dc/zz6sd
当たりくじに1,2,3,4と番号を付けたら例えば
1,2を選んでから4を選んだ場合と
1,4を選んでから2を選んだ場合とを重複してカウントしている。

366132人目の素数さん2018/11/08(木) 22:18:01.58ID:LV8h28yD
〇〇〇〇〇〇〇♪

367132人目の素数さん2018/11/08(木) 22:34:48.96ID:+VLCnk6Y
>>363
こたえがないですね

わからないんですかね

368132人目の素数さん2018/11/08(木) 22:38:08.69ID:S+ZaDDlY
>>365
ようやく理解できました。どうもありがとうございました

369132人目の素数さん2018/11/09(金) 04:26:08.07ID:pccTTbYE
複素関数ってwwwwwwwwww

370132人目の素数さん2018/11/09(金) 06:10:02.25ID:IyqQo8g6
>>360
みなさん色々教えていただいて
ありがとうございました

371132人目の素数さん2018/11/09(金) 22:08:28.07ID:U3lq7ctg
>>369
認めたらどうですか?

あなた、複素関数すらわかってませんね?

372132人目の素数さん2018/11/09(金) 22:25:47.81ID:F9fjIYaL
これの2.複素数の三角不等式の証明で
www.geocities.jp/ikemath/_userdata/ho_pdf/print/351hozyu.pdf

βの共役複素数をβ'と書くとして

|Re(αβ')|≦|αβ'|
の証明を丁寧に書くとどうなる?

373132人目の素数さん2018/11/09(金) 22:31:43.25ID:F9fjIYaL
1.に書いてあった

374132人目の素数さん2018/11/09(金) 23:54:25.48ID:jJAz49dU
関数f(x)は次の2つの条件を満たす。
(A)0≦x<1のときf(x)=x
(B)すべての実数xに対してf(x+1)=-f(x)+1が成り立つ。
この時、方程式f(x)-1/4x-1/2=0の解を求めよ。



この問題、ムズいよな?
大数Cぐらいはあるよな?

375132人目の素数さん2018/11/10(土) 03:51:55.29ID:BFcbtHSu
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す


(*≧m≦*)プププw

376132人目の素数さん2018/11/10(土) 07:25:31.25ID:bWqW6Vvx
x^2-y^2を因数分解しなさいって問題で

x^2-y^2
=(x+y)(x-y)
=(√x+i√y)(√x-i√y)(√x-√y)(√x+√y)
※iは虚数
って書いたら不正解だったわ

なんで間違ってるの?

377132人目の素数さん2018/11/10(土) 09:17:08.90ID:ml+xhFf3
>>375
でも、あなた複素関数わかりませんよね?

378132人目の素数さん2018/11/10(土) 09:18:01.39ID:ml+xhFf3
>>376
普通因数分解は、多項式の場合を考えますから、√xとか出て来てはダメなんですね

379132人目の素数さん2018/11/10(土) 16:18:39.62ID:wdBneFpX
複素関数



m9(^Д^)プギャー

380132人目の素数さん2018/11/11(日) 10:58:27.31ID:6k3aKw6m
a - b - c
みたいに、各項が「-」で繋がっている式を何と言いますか?

381132人目の素数さん2018/11/11(日) 11:32:48.81ID:yrgdCql5
普通に標数0でないときの話かなって思うよなあ?
それを複素関数ってwwwwwwwww

どんだけ数学に関する常識に欠けてるのだろうwww
馬鹿丸出し過ぎて痛々しいwwwwwwwwww

382132人目の素数さん2018/11/11(日) 12:11:01.84ID:36lYVCcp
>>381
複素関数わからない人が何か言ってますね

383132人目の素数さん2018/11/11(日) 12:23:20.60ID:yrgdCql5
ふ♪く♪そ♪か♪ん♪す♪う♪

384132人目の素数さん2018/11/11(日) 13:08:00.60ID:yrgdCql5
自然に標数を思いつく常識もなく複素関数という
高専レベルの数学で止まっていることがバレバレwwww
こういうバカは永久におもちゃにしてやるからなwww

385132人目の素数さん2018/11/11(日) 13:15:38.79ID:gf+0u+wG
それだけが支えなんだから

386132人目の素数さん2018/11/11(日) 15:55:42.80ID:8Qg+79bV
>>384
でもあなた1/zの周回積分できないですよね?

387132人目の素数さん2018/11/11(日) 17:36:10.01ID:BZMtLu93
ドヤ顔で
複素関数




wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

388132人目の素数さん2018/11/11(日) 18:34:57.73ID:G3VQHxZh
>>387
でもあなた1/zの周回積分できませんよね?

389132人目の素数さん2018/11/11(日) 18:51:05.45ID:BZMtLu93
高専数学で時が止まってしまったのかwwwwwww
憐れwwwwwwww
複素関数ってwwwwwwwwwwwwwwww

390132人目の素数さん2018/11/11(日) 19:13:34.46ID:G3VQHxZh
>>389
でもあなた1/zの周回積分できないですよね?

391132人目の素数さん2018/11/11(日) 19:51:18.90ID:BZMtLu93
複素関数でいっぱいいっぱいの人生ってwwwwww

392132人目の素数さん2018/11/11(日) 19:52:44.86ID:G3VQHxZh
複素関数も数理論理もわからないのがあなたですね

393132人目の素数さん2018/11/11(日) 20:25:12.10ID:BZMtLu93
みんなが「あぁ、標数がらみの話か」と納得してるところに
颯爽と出てきて「複素関数では〜」とドヤ顔で講釈ってw
最高のコントだよなwwwwwwww

394132人目の素数さん2018/11/11(日) 20:36:37.61ID:G3VQHxZh
複素関数すら分からない人が代数なんてわかるんでしょうか?

395132人目の素数さん2018/11/11(日) 20:57:50.86ID:fmBsiRmo
JKが来てくれないだろ。
他所でやれ。

396132人目の素数さん2018/11/11(日) 21:17:41.04ID:BZMtLu93
一致の定理




397132人目の素数さん2018/11/11(日) 21:34:51.41ID:G3VQHxZh
一致の定理あなたわかりませんよね?

398132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:13:53.74ID:RQEENoQN
x^2-y^2を因数分解しなさいって問題で

x^2-y^2
=(x+y)(x-y)
=(√x+i√y)(√x-i√y)(√x+√y)(√x-√y)
※iは虚数
って書いたら不正解だったわ

なんで間違ってるの?

399132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:23:03.87ID:BZMtLu93
前スレ
>>978 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 00:59:28.70 ID:BoJlALsC [1/20]
>>977
>より進んだ数学の中には、多項式としては 0 ではないが、それを多項式関数と見た場合は 0 というようなものがある。

ありません
複素関数を考えるにしても、多項式、すなわち連結領域上の正則関数を考えるならば、一致の定理よりある部分で0なら全体で0です
多項式とは有限次元で打ち切りですから、収束半径は無限大、すなわち複素数全体で0となります

前スレ
>>979 自分:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:11:11.10 ID:MxKVVcoK [2/4]
>>978
標数2の素体上で多項式関数 x^2+x を考えると、これは常に0関数となります。 

前スレ
>>980 返信:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/18(木) 01:13:16.71 ID:BoJlALsC [2/20]
>>979
殺す


( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

400132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:26:00.13ID:G3VQHxZh
>>399
複素関数わからない人が何を言っても説得力がないですね

401132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:48:03.08ID:BZMtLu93
複素関数



wwwww

402132人目の素数さん2018/11/12(月) 11:29:00.53ID:FYU7hwZx
大学で勉強する前に自分で函数論の教科書を買って読んだら
複素積分でテイラー展開するのには感激したな
大学に入った時に買わされた教科書の大部分が不要で返金してもらうのが手間だったけど

403132人目の素数さん2018/11/13(火) 11:43:20.35ID:QenAOmB7
数学で「大なりイコール≧」「小なりイコール≦」を表す記号には
2種類ありますよね?
LaTeXで表現すると\geqと\geqq, \leqと\leqqです。=の部分が-のもの。
下の棒が1つの場合と2つの場合との間にはどんな違いがありますか。

404132人目の素数さん2018/11/13(火) 12:06:33.01ID:QenAOmB7
無限が数じゃないならば、実数だって数じゃないですよねえ?

405132人目の素数さん2018/11/13(火) 12:19:02.93ID:jJ0vev86
一つの場合は海外向け、二つの場合は日本向けです

406132人目の素数さん2018/11/13(火) 12:56:56.93ID:SA72XCQn
複素関数ワロタwwww

407132人目の素数さん2018/11/13(火) 14:42:07.18ID:J2Hn924H
高校レベルの微分方程式についてですが
質問していいですか?

408132人目の素数さん2018/11/13(火) 14:52:14.04ID:04Vqy5Jl
>>404
「数」ってのは?

409132人目の素数さん2018/11/13(火) 15:53:35.14ID:QenAOmB7
数学用語で「...で与えられる」は何を意味していますか?

410132人目の素数さん2018/11/14(水) 12:39:07.85ID:RTx7laqG
定義と同義

411132人目の素数さん2018/11/14(水) 12:42:51.00ID:RTx7laqG
>>398
因数分解は整数の範囲内で行うのが暗黙のルール
2の約数(因数)は√2とは言わないでしょう

412132人目の素数さん2018/11/14(水) 14:46:38.95ID:LzA25cvk
高校レベルの微分方程式ってあるのか?

413132人目の素数さん2018/11/14(水) 16:59:23.36ID:Tu7u5XRD
>>412
ふつうに数Vの教科書に載ってるんだけど馬鹿なの?

414132人目の素数さん2018/11/14(水) 17:31:42.97ID:n3fEx9gq
>>413
発展項目として取り上げている教科書もあるだけで現行の指導要領の範囲外ではあるけどな
理数数学は指導要領でも取り上げられているけど教科書がない

415132人目の素数さん2018/11/14(水) 18:23:18.48ID:Tu7u5XRD
>>414
教師おつ

416132人目の素数さん2018/11/14(水) 19:55:26.81ID:vQO7TMDz
>>415
一つ賢くなれて良かったね

417132人目の素数さん2018/11/14(水) 19:56:59.93ID:Tu7u5XRD
>>416
お前がね
こんなの常識すぎて意味がない

418132人目の素数さん2018/11/15(木) 13:30:45.10ID:CkaekSB8
馬鹿は常識に寄りかかる

419132人目の素数さん2018/11/15(木) 15:10:55.58ID:M4WY17OX
>>417
あなたの発言を否定するのには役立ったみたいだけどね

420132人目の素数さん2018/11/15(木) 16:24:36.71ID:OpGQF9k8
>>418
よう、馬鹿

421132人目の素数さん2018/11/15(木) 16:25:10.64ID:OpGQF9k8
>>419
日本語読めないキムチくんかな?

422132人目の素数さん2018/11/15(木) 17:35:05.60ID:GWRwjBVf
キムチとか何言ってんの?
複素関数馬鹿すぎだろ

423132人目の素数さん2018/11/15(木) 18:19:05.37ID:OpGQF9k8
キムチ図星かよw

424132人目の素数さん2018/11/15(木) 22:09:32.97ID:mSpb/gLd
微分方程式の質問をしていいかと尋ねたものです。
話の流れから、質問しても良さそうなので、質問します。

その前に、実は、この問題はここに書く前に、知恵袋に質問した問題です。
2人の方にお答えをいただいたのですが、私の頭が悪いせいで、答えが理解
できず、質問を重ねたら、放置されてしまい、私の中では解決していない問
題です。

そんな事情のある件ですが、お願いします。

問題は 「微分方程式 x(dy/dx)=(x+3)y を解け」です。
テキストに載っている解答の大部分は理解できるのですが、1箇所わか
らないところがあります。

解答の流れは 
(1) y=0 は解である。
(2) y≠0 のとき
  (1/y)dy=(1+3/x)dx より
  log|y|=x+3log|x|+C
|y|=e^(x+log|x|^3+C)
  y=±e^C・|x|^3・e^x
質問は、ここからです。
テキストの解答では
 ±e^C と |x| の絶対値を外して出てくる±をまとめて
Aとおいて y=Ax^3e^x を答えにしています。

|x|の絶対値が外れる理由がわかりません。

y=Ax^3e^x をAの値をいろいろ変えてグラフをかくと

https://imgur.com/a/6y9l4ck

の真ん中の画像のようになります。
一番左の y=x^3e^x のグラフを A倍したものの集まりです。

しかし、この中には
|x|の絶対値を外す前で C=0とした y=|x|^3e^x と y=-|x|^3e^x
は、入っていません。
一番左のグラフが、y=|x|^3e^x ですが、このグラフの関数は、
真ん中のグラフには現れません。
つまり、y=Ax^3e^x の Aをどのように選んでも、y=|x|^3e^x は表せません。

y=|x|^3e^x は、この微分方程式の解に入れなくてもいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

425132人目の素数さん2018/11/15(木) 22:11:19.59ID:mSpb/gLd
間違えました
誤 >一番左のグラフが、y=|x|^3e^x ですが、このグラフの関数は、
正  一番右のグラフが、y=|x|^3e^x ですが、このグラフの関数は、

でした。済みません。

426132人目の素数さん2018/11/15(木) 23:17:46.64ID:m+e3TG2J
x≠0, y≠0のとき以下が成り立つ
log|y|=x+3log|x|+C
<=>
log|y/x^3| = x + C
<=>
y/x^3 = ±e^C・e^x
<=>
y = Ax^3・e^x (A = ±e^C)

427132人目の素数さん2018/11/15(木) 23:25:10.48ID:m+e3TG2J
対数 真数条件

428132人目の素数さん2018/11/15(木) 23:27:03.76ID:/f6XkmRd
記述上、複号は任意なんだな。それを全部積分て位数Aに含めている。

429132人目の素数さん2018/11/15(木) 23:43:20.71ID:6uANSJfR
>>424
いえ、入ってます。

問題から離れて非常にシンプルな例で考えてみましょう。

y=|x|またはy=−|x|…☆
について、
y=xもy=−xも☆のどちらの一つを表してくれません。
しかし、
y=xまたはy=-x
としたとき、☆とグラフは同じですよね。

これと同様に、Aがある値をとったときy=|x|^3e^xを表すものはありません。
しかし、A=1とA=−1でy=|x|^3e^xとy=−|x|^3e^xを表せていませんか?

430132人目の素数さん2018/11/16(金) 00:11:43.05ID:ci2C7uoQ
高専生?

431132人目の素数さん2018/11/16(金) 00:22:35.03ID:lddt7QGN
高専の数学でいっぱいいっぱいの奴wwwwwww

432132人目の素数さん2018/11/16(金) 00:29:33.24ID:LBn7birX
でも、ま、それは当然かな。
暖かく見守ってやらなくちゃね(自明なことを執拗に繰り返さない限りは、だけど)。

433132人目の素数さん2018/11/16(金) 13:36:23.16ID:O0EEVdUr
劣等感は差別が好き

434132人目の素数さん2018/11/16(金) 13:39:31.45ID:iOODzE0M
劣等感さんって高専出身なん?

435132人目の素数さん2018/11/16(金) 22:22:03.88ID:aU4CKq6X
>>429
424 です。
早速の返事ありがとうございます。

y=|x|またはy=−|x|…☆

y=xまたはy=-x
とグラフが同じになるので
等しい関数と考えるということですか?

ここのところが、腑に落ちません。
例えば、何かの観察をして、この微分方程式ができて、
初期条件 x=0, y=1 から関数を定め、それ以外の x について
yを求めようとしたとき、
y=x^3e^x

y=|x|^3e^x
では x<0 のとき y の値が違ってしまいますが
問題はないのですか?

436132人目の素数さん2018/11/16(金) 23:58:36.08ID:RfAFNBlC
>>435
そういう微分方程式を解くときは、xの範囲を曖昧にするのが慣習なんです
あなたのいうように、どちらも解なわけですが、結局基本はy=Ax^3e^xな訳です
細かい調整は勝手にやってねって感じですね

437132人目の素数さん2018/11/17(土) 00:46:59.95ID:A1Nd7rYy
>>424
これ>>424の疑問はもっともだし、その参考書?の答えの方がおかしいんじゃね?
なんて教科書?

438132人目の素数さん2018/11/17(土) 00:54:45.61ID:7QGQU0he
3log|x|を左辺に移項してlogをまとめて答を出すと「テキスト」のと同じになるだろ

結果が異なるということは少なくともどっちがか間違ってるということだ

439132人目の素数さん2018/11/17(土) 00:56:43.77ID:PgBQ3r3q
>>437
>>438

わからないんですね

440132人目の素数さん2018/11/17(土) 01:15:28.46ID:A1Nd7rYy
いや、違う。
もひ、この問題を大学生以上の人に正しく解説するなら

y≠0の時
そのようなx=tの近傍において
中略
y=ax^3e^x
特にt>0のときはx>0に、t<0のときはx<0に一意に拡張される。
逆にa.bを任意に選び

y=ax^3 (x>0)
. bx^3 (x<0)
. 0. (x=0)

と定めれば与式を満たす。
故に上式が一般解である。

までやらないと少なくとも数学科では通用しない。
とりあえずy≠0とか仮定して変数分離して局所解出すのはいいけど、大域的につないで行くとき積分定数がずれる事が許される可能性はキチンと精査しないとダメ。
てかこの手の方程式ではかなりのケースでズレる事が許される。
受験数学でこんなのが出るとは思わないし、そもそも範囲外だけど敢えて受験数学の参考書に書くならこういう例出してはダメだ。
高校生に理解させるのはかなりムズイし意味もない。

441132人目の素数さん2018/11/17(土) 01:26:57.64ID:CC4o2O/6
そう。
これを意味の或る問題とするためには、例えば、
x>0で定義された微分可能なxの関数yは x(dy/dx)=(3+x)y を満たす。
y を求めよ。 但しx=1のときy=eとする。
くらいの制限をつけないとね。 

442132人目の素数さん2018/11/17(土) 10:15:59.37ID:WjrYN39r
【数学】小学校算数の「さくらんぼ計算」に戸惑う声 文科省の見解は?[11/15]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1542369780/

443132人目の素数さん2018/11/17(土) 11:29:46.58ID:EmyQfxMk
>>435
>とグラフが同じになるので
>等しい関数と考えるということですか?
細かいことですが関数をあるxに対して1つだけyが決まるものと定義すると、
y=|x|またはy=−|x|

y=xまたはy=-x
も2つずつあるので関数の集合ですね。
それと、初期条件x=0, y=1を満たすAもCもありませんので一応。

腑に落ちない理由は
・一般解を求めよという問題と初期値問題を一緒にしていること
・常に一般解に単に初期条件を代入すれば特殊解が出てくると思っていること
だと思います。

まず、1つ目の理由について。
一般解を求めよならy=Ax^3e^xでいいのですが、
ある初期値の時の特殊解を求めよという問いのときはこの形にしてだめだということです。
微分方程式の一般解と特殊解という関係でなくても、
ある問題の解答がy=|x|のとき、どんな関数かと訊かれたら、普通はy=|x|と簡潔に答える一方で、
グラフを書くときはxが非負ではy=xでx<0ではy=-xと分けて考えるのと同じです。
つまり、一般解を簡潔な形で書いたために、特殊解は求めにくくなっているということです。
ただ、y=Ax^3e^xは任意のxでなりたつy=f(x)のような統一された一定の関係性よりも
個々のxにyを対応させればそれでよいという現代的な関数の見方である集合論的に関数を見る側面が強い式なので、
こういうことまで高校生に知っていることを前提とするのは無茶だと思います。

次に2つ目の理由についてですが、
y=Ax^3e^xのように一般解を簡潔まとめなくても、例えば一般解はxが正にも負にも存在するのに、
ある初期条件ではxが負ではその特殊解が存在しなくなるため、
ただ単に初期条件を代入すれば良いわけではなく、しっかり考察が必要という場合があります
(例:dy/dx=-y/x^2、x=1でy=e)。
そういうことを経験していくと、一般解と特殊解の距離感が見えてくると思いますが、
高校生に、それも微分方程式が範囲外となっている学年に発展事項として出す例としては、
1つ目の理由の中で述べたことも含めあまりに不適切ですね。

444132人目の素数さん2018/11/17(土) 11:39:23.56ID:3iQTC1A6
高専の数学はここで質問するべきではない
よそで聞くか新しく高専数学質問スレを立ててほしい

445132人目の素数さん2018/11/17(土) 13:19:32.39ID:P1IuP98F
劣等感は差別が好き

446132人目の素数さん2018/11/17(土) 13:53:33.90ID:edRAjYQe
>>435
>とグラフが同じになるので
>等しい関数と考えるということですか?
細かいことですが関数をあるxに対して1つだけyが決まるものと定義すると、
y=|x|またはy=−|x|

y=xまたはy=-x
も2つずつあるので関数の集合ですね。
それと、初期条件x=0, y=1を満たすAもCもありませんので一応。

腑に落ちない理由は
・一般解を求めよという問題と初期値問題を一緒にしていること
・常に一般解に単に初期条件を代入すれば特殊解が出てくると思っていること
だと思います。

まず、1つ目の理由について。
一般解を求めよならy=Ax^3e^xでいいのですが、
ある初期値の時の特殊解を求めよという問いのときはこの形にしてだめだということです。
微分方程式の一般解と特殊解という関係でなくても、
ある問題の解答がy=|x|のとき、どんな関数かと訊かれたら、普通はy=|x|と簡潔に答える一方で、
グラフを書くときはxが非負ではy=xでx<0ではy=-xと分けて考えるのと同じです。
つまり、一般解を簡潔な形で書いたために、特殊解は求めにくくなっているということです。
ただ、y=Ax^3e^xは任意のxでなりたつy=f(x)のような統一された一定の関係性よりも
個々のxにyを対応させればそれでよいという現代的な関数の見方である集合論的に関数を見る側面が強い式なので、
こういうことまで高校生に知っていることを前提とするのは無茶だと思います。

次に2つ目の理由についてですが、
y=Ax^3e^xのように一般解を簡潔まとめなくても、例えば一般解はxが正にも負にも存在するのに、
ある初期条件ではxが負ではその特殊解が存在しなくなるため、
ただ単に初期条件を代入すれば良いわけではなく、しっかり考察が必要という場合があります
(例:dy/dx=-y/x^2、x=1でy=e)。
そういうことを経験していくと、一般解と特殊解の距離感が見えてくると思いますが、
高校生に、それも微分方程式が範囲外となっている学年に発展事項として出す例としては、
1つ目の理由の中で述べたことも含めあまりに不適切ですね。

447132人目の素数さん2018/11/17(土) 13:54:11.69ID:edRAjYQe
すいません二度同じ書き込みをしてしまいました
続きの説明はまた数時間後にします

448132人目の素数さん2018/11/17(土) 14:34:17.46ID:lj0Tffmu
>>447
なりすまし乙

449132人目の素数さん2018/11/17(土) 22:03:02.39ID:5gybjYJI
424 です。

詳しい解説ありがとうございます。
>>とグラフが同じになるので
>>等しい関数と考えるということですか?
>細かいことですが関数をあるxに対して1つだけyが決まるものと定義すると、
>y=|x|またはy=−|x|
>も
>y=xまたはy=-x
>も2つずつあるので関数の集合ですね。

聞きかじりで「2価関数(? 2値関数?)」なんて単語を聞いた気がしたので
y=+|x| , y=±x が 正の値と負の値、2つの値をとる関数と考えるのかな?
と、自分の中で理屈をつけました。

初期条件 x=0, y=1 は単純な勘違いです。 おっしゃるとおり、これでは、AもC
も決まりませんね。ご指摘ありがとうございました。

まだ、よく理解できない部分もあるので、もう少し自分で考えてから返事をします。

ただ、高専の数学とおっしゃっている方もいますので、
どの本に載っていたかを書きます。
数研出版の 改訂版クリアー数学演習V の169番(1) の問題です。
元の問題は 「微分方程式 x dy/dx=(1+x)y を解け。 (日本工大)」でしたが
そのまま質問するのもと思い (1+x) を (x+3) に変えました。

またあとで、よろしくお願いします。

450132人目の素数さん2018/11/18(日) 00:09:31.32ID:LN3kEmqf
合成数という単語は基本的に受験のときに出ませんよね?出たとしても注釈付きますよね?

451132人目の素数さん2018/11/18(日) 12:58:58.88ID:yFcTtAlF
高校で習わんのか?

新着レスの表示
レスを投稿する