学歴無用論など単なる自己矛盾だと思う。

1名無しさんの主張2018/11/04(日) 18:59:54.21ID:9qEMcSyo
学歴無用論など単なる自己矛盾だと思う。社会が学校をつくったことと矛盾する
学歴を否定するなら、最初から学校をつくらなければよいだけではないか?
子供は社会に出たことが無いから勉強の意味も学歴の価値も分からない。全て社会が子供に勉

強をさせているだけだ。
社会が学歴を否定するなら最初から学校をつくらなければよいだけだ
子供に勉強させる必要もない。その結果、日本は教育能力のない国という評価になるだろう。
そういうと学歴は関係ないが、学校で知識や技能を習得することには意味があるという反論が

来る。
しかし、学歴は学校で知識や技能を習得した証明なのだから、”学校で知識や技能を習得する

”ということは”学歴を得る”ことと同じ意味なのだ。学歴は単なる肩書きではない。
学歴は不要だが、習得した知識に意味があるというのは、資格は不要だが、習得した知識に意

味があるというのと同じである。しかし、資格や学歴が無ければ、知識を習得したことを第三

者に証明できないのだ。そういう意味で学歴は必要なのだ。意見があればお願いします。

2名無しさんの主張2018/11/05(月) 18:10:06.60ID:???
永井産業

3名無しさんの主張2019/02/09(土) 14:35:34.85ID:Mf6GNRXE
-
も も も
-
の の の
-
ほ ほ ほ
-
し し し
-
ざ ざ ざ
-
お お お

4名無しさんの主張2019/02/10(日) 01:24:23.46ID:???
学歴は自己矛盾していると思う。
学校教育はその成果で評価されるべきだ。
つまり、学力の低い子を入学させて卒業時に学力の高い子に教育する、
それを実現するのが学校教育の機能であり、その能力であるはず。
しかし学歴社会では最初から学力の高い子だけを振り分けて入学させ、
それを学校の成果だとブランド化している。こんなバカげた話はない。

新着レスの表示
レスを投稿する