【万物の理論】電子はブラックホールであり、それ自体が量子的にもつれている

1ご冗談でしょう?名無しさん2018/10/25(木) 16:21:49.61ID:igxRDfew
電子がブラックホール電子であるという事実にいい加減気付くべきだ。
80年も前にアインシュタイン達が着目したのに、ずっと放置されてきたこと自体がナンセンス。

ブラックホール電子について知らない奴は英語版のwikipediaを読んでくれ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_hole_electron

アインシュタイン達は電子の質量を持つブラックホールを計算し、そのシュバルツシルト半径を算出して議論した。では違う方法から考えよう。
(以下に続く方法はとても物理的、数学的計算とは言えず、数秘術的(数字遊び)であることを最初に断っておく。)

最初に結論を述べると、円周率を全く計算に使っていないにもかかわらず、
円周率をある虚数解の係数値として、5桁以上の精度で導出できる。

『古典的電子半径を持つブラックホールの質量はいくつになるだろうか?』

答えは以下だ。
https://ja.wolframalpha.com/input/?i=(2.8179403227*10%5E(-15))%3D(2*(6.674*10%5E(-11))x)%2F((299792458)%5E2)

これだけでは、x≈1.89739×10^12という莫大な質量となり全く観測と違うではないかということになるだろう。
そこで俺は弦理論のような独自理論に則り、この世界の3次元空間を1つのヒモとして考え、これら8つのヒモが絡まって1つの宇宙を構成するとした。
厳密には3次元空間を構成するのは3つのヒモで、それらが絡まって1つのヒモなのかもしれないが、そこに言及すると無限に拡張されてしまうので置いておく。

つまり、上で計算したブラックホール電子の質量はあくまでも、これら8つのヒモが絡まっている空間から巨視的に見た時にのみ観測できる質量ということだ。
これらのヒモは弦理論と同様に量子的にもつれている。
であるからして論理的に、ブラックホール電子それ自体が、8つのブラックホール電子ともつれていると推測できる。
ブラックホール電子自体がもつれているのだから、それらの持ち得る質量は1つのヒモによって構成される空間から見た場合には、その存在確率に応じて変化すると考える。
仮にこの存在確率を同程度であるとした場合に、1つのヒモが構成する三次元空間から見たブラックホール電子の質量は1/8乗根であるとしよう。

16ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/23(金) 19:48:04.24ID:???
この気違い、8乗根を八元数って呼んでるんか。

17ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/23(金) 20:04:48.95ID:???
>>16
き違いだからしょーがない

18ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/23(金) 21:31:23.15ID:???
こういう人って受験がどうとか、そういう自分語り本当好きだよね
この人はIQの話だけどさ

19ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 01:52:45.72ID:???
>2 に触発されて、私は次のような計算を試みた。

https://ja.wolframalpha.com/input/?i=200000%3D3000000%5EX

予め言っておくが、200000や3000000は、何気なく頭に浮かんだ数字である。

お気付きだろう、虚数部の因数分解後の係数値は6.2832*nであり
6.2832*n=2Π*nなのだ
しかし、『計算に円周率などまったく用いていない』

円周率が虚数部の係数値に現れていることになる。
果たしてこれをただの偶然だと思うだろうか?
私はそうは思わない

20ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 08:08:36.92ID:???
>>19
指数関数が周期 2πi の周期関数だから当たり前なんだけどな。
知障の考えは分からん。

21ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 12:47:30.31ID:???
数秘術者をからかってるだけだろ

22ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 13:24:07.05ID:Y8Os0iHv
煽りながらもそこに突っ込むのなら俺が触れる意味もある
その指数関数の当たり前を誰も本当には理解できていないのが本質的問題なんだよ
アティヤの論文でもアルキメデスまで遡っているのはそういった数学の本質的部分の理解に
大きな論理的な見落としがあるからこそ、わざわざアルキメデスまで遡ってでも分かるように書かれている

アルキメデスはどうやって円周率を計算し、そして今俺たちはどうやって円周率を計算している?
例えばベンチマークで用いられるsuperπではどうやって円周率を計算しているんだ?
答えは調べれば俺でも分かる、ガウスールジャンドルアルゴリズムで計算されている
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

これらの無限反復の近似によって初めてπが超越数として無限に計算されている

俺が言っているのは、電子=ホロ量子マイクロブラックホール仮説を採用すれば
この指数関数の無限反復、入れ子構造の繰り込みが勝手にこの宇宙で成立するんじゃね?ってことなんだよ
これはただの偶然ではないし、もちろん>>19ですらも同様だ

指数関数の2πnの周期性は三角関数とπがあって初めて証明が成立する
ではπがなければどうなるんだ?
その円周率が無限反復でしか計算できなければどうなる?
そういう本質的部分の問題なんだよ

23ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 13:26:49.41ID:Y8Os0iHv
この思考実験はこっちに書いてないからコピペしとくわ

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/sci/1542896976/10 を
八元数に置き換えた思考実験をしてみるとすごく楽しいからやってみるといい

八元数に置き換えた思考実験においては
同じ8つの平行電流が成立する

式的には
F=μ0・I^8/2πR
となり、八元数であるからRは虚数距離iとなる

同様の過程でFをa倍すると
aF=aμ0・I^8/2πR
となって、透磁率をa倍にすると、Iをそのまま同じ数値にするには
Fもa倍にしなければならないことを意味する

しかし同じ8つの平行電流であるから
Fをa倍にするには、Iの実際の量を√a倍=a^(1/2)倍にする必要があるのではなく、
Fをa倍にするには、Iの実際の量をaの8乗根倍=a^(1/8)倍にする必要性がある
そうしないと平行電流間の力はa倍にはならない

更に、最初の式を見ると、虚数距離iが含まれるから
これを現実空間において変換して成立させるためには
両辺を2n乗して

(aF)^2n=(aμ0・I^8/2πR)^2n

とする必要性がある
すると虚数距離iであるRが-1となって負に変換され、^(2n)された部分が残る

(aF)^(2n) = (2π)^(-2n) ((a・I^8 ・μ0) / R)^(2n)

ここでn=1とすると

(aF)^2 = - ( 1/(4・π^2))・(a^2・μ0^2・I^16)

となる

a倍したFを虚数距離iであるRを消去して現実空間に適用させるためには
電流Iは同じ1アンペアであっても、その中身は8^(16)倍……(8^(2n))になって
そして、力の符号がマイナスとなる
またこれらの現実空間への変換は整数n倍毎にしか成立しない

当たり前だが八乗根とってることで延々と8^2nに
b+ciのノルムとして前の情報が保存されていくと共に
八元数であるから八元数同士の積にもノルムが保存されていく

24ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 13:27:49.06ID:Y8Os0iHv
>>23に対して、「bott周期性いいよね…」
ってレスしてる人がいたけど、俺はそんなもんは知らん
八元数だとどうなるかってのを
アンペアの定義を虚数空間に拡張することで自分で考えたら
似たようなものが勝手にでてきたに過ぎないし、整数倍も虚数距離iを現実に対応させるために
勝手にでてきたってだけなんだよ

そもそもこの宇宙が連続かどうかが確かでないのに

>距離1メートルの感覚で平行に配置された、
>無限に小さい円形断面積を有する、無限に長い2本の直線上導体のそれぞれを流れ、
>これら導体の長さ1メートルにつき、2×10^-7ニュートンの力を及ぼし合う一定の電流

なんて風にアンペアを定義してしまうことそれ自体に漏れがあると俺は考える
この宇宙が連続であることが自明でない限り、俺の拡張である

>距離iメートルの感覚で平行に配置された、
>無限に小さい円形断面積を有する、無限に長い2本の直線上導体のそれぞれを流れ、
>これら導体の長さiメートルにつき、2×10^-7ニュートンの力を及ぼし合う一定の電流

という定義の方が絶対に正しい
この宇宙が連続であると完璧に証明できるやつだけがこれに反論できる

25ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 14:56:33.81ID:???
>>2に書いてあることを素直に読むと、

電子=ホロ量子マイクロブラックホール仮説を採用してみた。
⇒円周率が勝手に出てきた!
⇒電子=ホロ量子マイクロブラックホール仮説は正しいに違いない!

としか思えないけどな。
実は、円周率が勝手に出てきたのは、単に e^(2πi)=1 だからなんだけど。

>>22は、 e^(2πi)=1 に気付かなかったことに対する必死のごまかしと言い訳。

26ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 16:22:44.89ID:???
一応書いときます

>虚数空間を通じて相互作用しているって書いてる
「虚数空間を通じて作用する」の意味を聞いていますね

>どう相互作用しているのか?って部分は完全に数秘術
物理的に説明できないならオカルト板や創作版でどうぞ

>現実空間の距離+虚数空間の距離に積分区間が定まる
理由を聞いていますね

>>まさか3.0829がπの近似値じゃないんでしょう?
>は?そう書いてるだろ日本語嫁よ
>お前が「この程度では近似値とは言えない!!」
>とか言ってきたとしてもそんな主観は知るか
>お前が近似値として認める誤差を提示しろ
一生懸命予防線張ってますが,こんなの誰も物理におけるπの近似値だとは認めないのでは?
あと,なんで3と3.14とか3.141592とかではなく,3.0829なんですか?

>八元数の空間
やっぱり定義知らないのに適当なこと言ってたんですね
ソーカル事件は調べました?

>電子=ホロ量子マイクロブラックホール
完璧でなくていいので,意味に関して合意の得られている物理用語を適宜用いて定義してください

>8つの八元数の不変の点によって表される各複素平面で1セットが表される
>それらを射影した合成複素平面上でレムニスケートを描く
これも,完璧でなくていいので,意味に関して合意の得られている物理用語を適宜用いて定義,説明してください
「不変の点によって表される各複素平面」とか,「合成複素平面」ってなんですか?

>実際に8*e^(-π/2)=1.66303なんて都合の良い値がノルムに保存されている例を数秘術的に示した
この計算するだけなら僕でもできますね
何がすごいんですか?

27ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 16:31:22.18ID:???
向こうで何を書いてもず〜っとこうだから安心しろよ
>>25に答えられなくてすごく悔しいだろうけど、俺はちゃんと質問してるんだわ
答えはいつでも待ってるぞ

28ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 17:36:18.84ID:???
>俺はちゃんと質問してるんだわ

スレ主の質問ってどれ?

29ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 17:42:15.82ID:???
スレ主の質問(要求)は、自分のオカルトの物理的な箔付け

...というのは建前で、質問スレで嫌がらせするのが目的

30ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 18:26:30.81ID:???
>>27 もスレ主のコピペか。

これ ↓ 書いた時点で、このキチガイが指数関数の周期性に気付いてないのは明白。

「お気付きだろう、虚数部の因数分解後の係数値は6.28319*nであり
6.28319*n≈2Π*nなのだ
しかし、『計算に円周率などまったく用いていない』
加えて、2π=6.28318530717...であるからして、用いた数値の有効数字的に十分な精度で 」

>>22
>その指数関数の当たり前を誰も本当には理解できていないのが本質的問題なんだよ
議論のすり替えだな。普通なら恥ずかし過ぎて、首吊って死ぬレベル。

31ご冗談でしょう?名無しさん2018/11/24(土) 20:24:48.81ID:???
何故オカルト板にいかないんですか?

32ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/04(火) 21:48:02.41ID:???
物理ではない

33ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/15(土) 23:42:53.70ID:iMdwET4g
【衝撃】 ブラックホールがやってのける(吸い込む以外の)とんでもない10のこと 
http://youtu.be/O4g_1-zXGaE?list=UU6YKyjNmfwmXsAfW-8yY5CQ

34ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/15(土) 23:54:18.46ID:iMdwET4g
>>1
【超々大発見】ブラックホールは物質であり、電子は物質に対する反物質である【合理的解釈】

35ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 00:16:59.59ID:uvFY016Y
>>1
電子が物質(陽子+中性子)に対する反物質とすると・・・( ^ω^)・・・電子(素粒子)がホワイトホールの可能性?

36ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:27:01.11ID:HCpOxFzR
>>1
したがって『電子がブラックホール電子であるという事実にいい加減気付くべきだ 』は大間違いである

37ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:30:37.94ID:HCpOxFzR
>>1
しかし、我々に良いヒントを与えてくれた・・・( ^ω^)・・・それが電子(素粒子)がホワイトホールの可能性だ!

38ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:34:49.57ID:HCpOxFzR
>>1
電子電界の持つ反発力を計算してみてはどうだろうか?
反発力は超弦理論的に放出を意味していると思うので。

39ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:39:38.93ID:HCpOxFzR
>>1
そして『電子(素粒子)電界がホワイトホールの可能性をそろそろ気付くべきだ 』となる!

40ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:41:28.64ID:HCpOxFzR
電子(素粒子)電界の寿命について・・・( ^ω^)・・・これを計算すべきではないか?

41ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:42:28.52ID:HCpOxFzR
>>1
そして『電子(素粒子)電界がホワイトホールの可能性にそろそろ気付くべきだ 』となる!

42ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:44:31.21ID:HCpOxFzR
もし電子(素粒子)電界の寿命が無制限なら、エネルギー補充はどうなっているのか?

43ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:46:46.14ID:HCpOxFzR
>>1
【超々大発見】ブラックホールは物質であり、電子は物質に対する反物質である【合理的解釈】

44ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:51:43.04ID:HCpOxFzR

45ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:53:06.37ID:HCpOxFzR

46ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:54:18.46ID:HCpOxFzR

47ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:57:41.89ID:HCpOxFzR
ブラックホールBHの外周・・・( ^ω^)・・・無限に近い数の電子が渦巻いている?

48ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:58:30.83ID:HCpOxFzR

49ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 06:59:23.43ID:HCpOxFzR
>>1
【超々大発見】ブラックホールは物質であり、電子は物質に対する反物質である【合理的解釈】

50ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 07:00:49.73ID:HCpOxFzR
>>1
電子が物質(陽子+中性子)に対する反物質とすると・・・( ^ω^)・・・電子(素粒子)がホワイトホールの可能性?

51ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 07:02:55.94ID:HCpOxFzR
>>1
電子電界の持つ反発力を計算してみてはどうだろう・・・( ^ω^)・・・反発力は超弦理論的に放出を意味していると思う

52ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 19:45:29.14ID:zJ27lwFT
>>1
電子はもつれていないし、むしろ反発し合って、なんと分離しているのだ。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f3/Electron_shell_118_Oganesson.svg/200px-Electron_shell_118_Oganesson.svg.png

53ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 19:47:50.72ID:zJ27lwFT
>>1
電気は導線の表面を流れる・・・( ^ω^)・・・電子は反発し合うからだ

54ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 19:53:06.22ID:zJ27lwFT

55ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 19:56:26.82ID:zJ27lwFT
>>1
電子は反発し合うので・・・( ^ω^)・・・キミの理論は無理さ!

56ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:03:35.63ID:zJ27lwFT
>>1
『量子もつれ』というキーワードで東大の詐欺グループを思い出したぞ!

量子テレポーテーション詐欺
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/sci/1494817377/l50?v=pc#write

57ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:05:40.69ID:zJ27lwFT
まったく反論が無いのも詐欺の特徴である

58ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:11:03.75ID:zJ27lwFT

59ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:14:05.87ID:zJ27lwFT
エセ量子効果によって莫大な研究費用を寄付させる詐欺?
まったく反論が無いのも詐欺の特徴である

60ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:24:11.55ID:zJ27lwFT
D-Wave のアナログ量子コンピューターは "速くなかった" http://www7b.biglobe.ne.jp/~kcy05t/nidwave.html
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kcy05t/rzu/dwa/zsta2.gif http://www7b.biglobe.ne.jp/~kcy05t/rzu/dwa/zsta1.gif http://www7b.biglobe.ne.jp/~kcy05t/rzu/dwa/zjdb5.gif

61ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:37:08.30ID:zJ27lwFT
コヒーレントなレーザー連続光の電磁波には波長や位相があり
周期性を利用したのが量子テレポーテーションのトリックです
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3b/Circle_cos_sin.gif/300px-Circle_cos_sin.gif
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0c/Sin_and_cos.png/300px-Sin_and_cos.png

光量子は電磁波であるから、
もつれは等価的うなりに図解される
http://i.imgur.com/d4TQ8uh.jpg

さて量子もつれ伝送
OPO2とOPO3による等価的うなり
を発生させただけの連続光と思われるが
その連続光が実はトリックです
http://i.imgur.com/8z3DvE2.jpg

62ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/16(日) 20:46:45.11ID:zJ27lwFT
422名無しさん@お腹いっぱい。2017/09/10(日) 15:44:17.50ID:eo7UXepe
うへへ・・・うるさそうなファンが2個やめてください
マッキントッシュ MC2600 600W+600Wパワ-アンプ
http://i.imgur.com/nsv0nze.jpg http://i.imgur.com/0iA7382.jpg http://i.imgur.com/i8MPpaO.jpg

63ご冗談でしょう?名無しさん2018/12/18(火) 05:17:21.89ID:Ktnt53oE

64ご冗談でしょう?名無しさん2019/03/05(火) 18:22:58.39ID:Y7+Bz1cC
京大の望月研の人が書いた宇宙際タイヒミューラー理論の入門pdfをさらっと流し読みしたが、
望月教授がこれを量子力学に適用させたいんだなって直感が働いたわ

Kummer離脱不定性とエタール輸送不定性が量子もつれを壊すってことだろ

つまり、この宇宙を構成していると俺たち人間が通常認識できる3次元空間の実態が、
互いに素である3つの素数で構成されていることと等しいと考えたとき、

そしてそれがp, q, r=2,3,5であるとしたとき、
オイラー関数φ(p,q,r)=pqr(1-1/p)(1-1/q)(1-1/r)となって、
φ(p,q,r)の値は8となる

つまりこれら互いに素である8個の自然数によって、俺達の通常認識できる3次元空間が構成されていると考えられる
これに「Kummer離脱不定性とエタール輸送不定性が量子もつれを壊す」ってことを考慮に入れることで、

量子力学がこれら8個の互いに素である自然数によって、三次元空間が定義されるような状態になっていて、
またそれが無限に続いていく?んじゃねーかってことになるからな

この考え方はアティヤの微細構造定数の論文の考え方と同じになる
なぜって、互いに素である8つの自然数が8つの線形独立なベクトルとして、三次元空間を構成するってことになるから、
アティヤが今度は八元数で説明するわ〜って言ってたのと一致する上に、
「Kummer離脱不定性とエタール輸送不定性が量子もつれを壊す」ことで再正規化が起きるって説明ができるようになる

ではこれを現実における物理学に応用したときにどうなるかってことだが、 >>23でも思考実験で指摘したように、
3次元空間が互いに線形独立な8つの数で構成されると考えると、その宇宙(3次元空間)は確実にミクロで不連続になる
しかしマクロで見たときに連続であることは分かってるわけで、
ミクロで見たときに不連続になるが、マクロで見たときに連続になるような仕組みが必要になってくる
まぁいま一番一般的な概念から言えば、ER=EPRってことになる
では、このER=EPRを引き起こしている無限の入れ子構造がどこにあるのか?ってことが次に問題になるが、
素粒子物理学的にまだ観測できてない陽子や電子の崩壊を想像すれば、それが陽電子と電子であることは大体予想がつくわな

65ご冗談でしょう?名無しさん2019/12/12(木) 11:48:13.12ID:pKXLuiyk
状況証拠追加

電荷輸送の新しい理解により、エキゾチックな量子力学的体制が明らかになりました
https://phys.org/news/2019-12-reveals-exotic-quantum-mechanical-regime.html

>室温付近での電荷輸送は、材料中の原子振動による電子散乱の単純な標準図では説明できません。
>むしろ、輸送は、電子が個々ではなく集合的に電気を運ぶ微妙な量子力学的体制で発生し、電荷輸送の理論的限界に違反することを可能にします。

66ご冗談でしょう?名無しさん2019/12/18(水) 00:49:18.76ID:???
ブラックホールそのものを いつまでも複数粒子の塊とか理解しているから
無限重力井戸ではなく、ブラックホールの粒子が積算したサイズがあり、
ブラックホールが移動して速度があるとかいう話がでてくる、粒子であるからこそ
ブラックホールどおしが回転して粒子シミュレーションで示すような重力波が
発生するとか言い出す。
単一の粒子で全てがもつれ合い時間の差が存在しない点(無限井戸)であれば
力の及ぼす範囲はできたとしても、ブラックホールには相対論でいう時間がなく、
光は移動せず停止し、回転する速度や回転などないことになる。
単一でスピンしているならば、それは回転ではない。そもそも大きさがないので
回転という粒子現象で説明している物理学者は
ブラックホールは点や無限井戸だという説明を完全否定しているだけな。

新着レスの表示
レスを投稿する