【三昧】火葬の科学 〜三十三番炉〜【火葬場】 [無断転載禁止]©2ch.net

1愛と死の名無しさん2017/09/21(木) 11:10:30.86ID:uKWaBWFk
野焼きから最新式斎場まで、火葬についての話題はこちらで。
諸行無常

質問する前に、自分で調べられることは自分で調べましょう。
調べ方やよくある質問は>>4-6

前スレ http://itest.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1395417751/

230愛と死の名無しさん2018/06/09(土) 11:28:08.54ID:qrTLJ+g4
>>228 >>226
四国の者だがうちの集落は今は壊滅集落になってしまい簡易火葬場と墓地は崩壊してしまった
うちも近所も誰も住んでいないが家はあるので適度に掃除に行かないとたぬきや不審者が
住みついてしまうんだわ
しかし市内から少し離れた集落の自治会とかはお金があるので三昧整備したり
冷凍保管庫付きの小さい町営火葬場クラスの焼き場を設置してるとこもある
当然、使用できるのは自治会員のみだけど

バーナーはよくわからん

231愛と死の名無しさん2018/06/10(日) 07:51:12.09ID:/YQIkVsf
中国先生のブログとか読むと、灯油式ロータリーバーナーだと大体4時間くらいかかるみたいですね。
冷却も考えると翌日収骨ってのは理にかなってるかも

但し、田舎だからできること

232東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/10(日) 13:31:24.47ID:ikWecKnA
ロータリーバーナーでも冷却も含め3時間くらいじゃないかな。
この旧近江八幡の煙モクモクの写真を撮った時刻を見ると13時24分になってた。
http://azuma.xrea.jp/crema/ohatiman/img/019.jpg

旧近江八幡の写真は、収骨も終わり会葬者も全て帰った後に撮ったもの。
まぁ、三昧よりは近代的な炉だけど。
http://azuma.xrea.jp/upload/img/4972.jpg

233愛と死の名無しさん2018/06/11(月) 08:27:24.41ID:bkhvbgmp
>>225
>>230
>>231
>>232
バーナー故障中で、普通にワラとマキ使って火葬したのでは?
それなら翌日収骨も理解できますね。
詳しくはわかりませんが、経験ある人が夜通しおんぼう役をしてくれたのでは?

234愛と死の名無しさん2018/06/11(月) 08:30:31.49ID:bkhvbgmp
>>232
数年前の田舎の町営火葬場での叔父の火葬も3時間位だったような気がします。
当時は火葬場に興味がなかったんでじっくりと観察したわけではないのですが、いま思えば古い火葬炉でバーナー式だった気がします。

235愛と死の名無しさん2018/06/11(月) 13:14:29.95ID:t0m5fXI/
【気の弱い方、注意″】 2010年 3万人増加△  <累計死者200万人!>  2011年 26万人減少 ▼▼
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1528680727/l50

236東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/11(月) 18:46:01.15ID:sJU44zmO
>>233
お日様のあるうちは火葬しない等、昔ながらの風習を重んじてるんじゃないですかね。
土葬や三昧というのは、昔ながらの葬送風習の一つの事柄でしかないのかも知れません。
それ以外の事柄が多いんだと思います。
だから面倒なので、今時の葬送スタイルを選ぶ人が増えたんだと思います。

237愛と死の名無しさん2018/06/12(火) 06:31:19.86ID:dRm/+lOV
>>236
> 面倒なので、今時の葬送スタイルを選ぶ人が増えたんだと思います

沖縄周辺の洗骨葬もそうだよね。年配の人は未だにあれを望む人がいるという。
でも、掘り出した骨を洗うのは女性の役割で、特に若い女性は絶対やりたくないという人が多いそう。

238愛と死の名無しさん2018/06/12(火) 08:58:21.35ID:4u8xlvuN
>>236
言われてみれば、西日本では夕方4時頃に荼毘開始の風習があったような気がしますね。
そして夜中に荼毘が終わり、遺族宅を訪問して報告、精進落としの酒食を振舞ってもらい帰宅、翌朝遺族が収骨して清掃でしたっけか?

それで火力が弱いんで大部分の御骨が残るんで、喉仏など主要な御骨だけ拾って西日本特有の小さい骨壷に納めて、残りは残骨置き場に廃棄でしたっけか?

残骨置き場に集積した御骨は最終的にどうなるのでしょうか?
溜池に廃棄?

239愛と死の名無しさん2018/06/12(火) 11:00:19.95ID:C6WOhUbh
>>238
四国の者だが昔は夕方焼いて翌朝収骨だったけど今は焼き場の都合で早朝とかも
あるだろうけどうちの祖父が亡くなったとこは田舎なので当日の火葬はうちんく
のみだったのでゆっくり出来た
釜のタイプは台車と炉が一体型で自分や男衆が棺桶担いで台車に置きましたよ
あと収骨ですが2時間ぐらいで焼けたので隠亡さんがすでに炉前で収骨皿に乗せた
お骨を代表者が喉仏と言われる骨を2人で入れるだけでそのあとに皿の骨を隠亡さん
がささっと骨壷入れました
分骨分はあらかじめ小さい骨壷に納められてます
台車の上で煙を上げてぷすぷす言ってる祖父の残骨灰は一度供養塔に回収された後に
業者が肥料に加工して引き取るようです
ちなみにホームセンターの肥料コーナーに骨灰って肥料があります

240愛と死の名無しさん2018/06/12(火) 14:08:28.58ID:I7oRcSH1
福井だったかな、参拝墓と埋葬墓の両墓地の習慣のある地方。
埋葬墓は墓石もなく、精々卒塔婆がランダムにささってる程度で誰が何処に埋まってるかわからない状態で、すっごい山奥にある。
一方で参拝墓は寺院や集落近くの参拝しやすい場所に。
それで埋葬墓には基本的に埋葬時にしか行かないとか。

ある意味合理的ですよね。

241東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/12(火) 20:37:15.35ID:BH66BicX
埋め墓は近くにもあるけど、お墓と気付かない人も多いと思う
https://goo.gl/maps/99RokxKtBmx

242愛と死の名無しさん2018/06/13(水) 18:37:44.78ID:homCDwGv
土葬って今はどれぐらいの頻度であるのですか?
四国でも島嶼部に埋め墓があったと思います。
たしか、猫島の佐蜩だったかな?

243東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/14(木) 00:36:55.29ID:AXD/N3I0
>>242
平成28年度の衛生行政報告例では、死胎を除いた土葬の数は128です。

244愛と死の名無しさん2018/06/14(木) 07:55:34.06ID:eBqyZ6G/
東北大震災の時、津波被害者の遺体は仮土葬されましたね。
火葬場のキャパを完全に超えてましたし。

245愛と死の名無しさん2018/06/14(木) 10:59:14.55ID:x9IuBajN
>>243
土葬が許可されるのは土地持ってる金持ちとか、やんごとなきお方ぐらいでしょうか?。
燃やすにしても埋めるにしても、田んぼや山持ってる人は自分ちの敷地でいろいろ処理できますもんね。

246愛と死の名無しさん2018/06/15(金) 13:14:06.68ID:aqjJxWw+
>>245
大阪や東京みたいに条例で土葬禁止と決められてなければ基本的にOK(墓埋法)
ただ、お墓以外に埋めたら死体遺棄になります。(こっちは刑法)
個人でお墓を作ればそのあたりはクリアできそうですが。

話変わりますけど、ウチの自治体の火葬場が老朽化で休場してるんですよね。
そうなる前に何とかできないかというのは素人考えですが、色々と事情があるんでしょうな。駄文レス失礼。

247愛と死の名無しさん2018/06/15(金) 14:37:30.97ID:odUgc6NJ
煙やニオイで苦情が来てるとか、その地方の有力者の個人的事情なのか、自治体の財政事情なのか、

248愛と死の名無しさん2018/06/15(金) 14:39:53.51ID:odUgc6NJ
宮型霊柩車も火葬場ルートと周辺住民の苦情から棺収納型マイクロバスや洋式霊柩車が多くなった
斎場によっては宮型お断りも。

249東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/15(金) 16:10:21.79ID:Grc3l0ne
>>245
前スレの>>388を見ると、意外な事に東京都区内でも土葬が。
『多摩・島しょ地域における火葬場の需給及び運営に関する調査研究報告書』
http://www.tama-100.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=470&frmCd=2-5-12-0-0

pdfの21ページの記述
>区部についてみてみると、死体総数 75,761 体のうち埋葬が 5 体、
>死胎総数 2,157 体に対して埋葬が 1 体、
>死体と死胎を合わせた総数 77,918 体のうち埋葬が 6 件と、
>火葬率は 100%とはならなかった。

250愛と死の名無しさん2018/06/15(金) 16:23:09.58ID:iawlHGAP
宮型が廃れたのは住民の苦情もあるけど他にも理由があるぞ
価格を洋型等と比較したら高すぎる
湿気水気に弱い素材を使ってることが多く雨天時にカバーかけたり維持管理が大変
宮型は仏教式か神道式の葬祭にしか使えない
宮型お断りの斎場があるetc

わざわざ高い金払って宮型買うメリットがないのが現状
宮型は車両保安基準強化でいつ新造出来なくなってもおかしくない状態
しかもベースにできる車が今ほとんど無いので自然消滅もありえる
記録はお早めに(もちろん撮影する際は色んなところに迷惑かけないように)

251愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 00:18:19.46ID:XlzXnwrw
>>250
京都の白木宮型や、名古屋の総漆宮型などは上質感あるけど、いずれも管理が大変だと聞いた。
ベースに用いられたセンチュリーやセルシオ (→レクサスLS) は今もあるけど、モデルチェンジの度に衝突安全基準が厳しくなって、以前ほど容易には改造できなくなってるからね。

実は山梨県の某火葬場は、宮型はおろか洋型も禁止で、バン型かマイクロバス型しか駄目なので一般車と見分けがつかず、火葬場付近まで来たらヘッドライトを点灯させてるそう。

252愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 09:07:12.85ID:WcbWHiPs
そういや、移動火葬車ってありそうでないんだよね?。
小型トラック改造のペット向けにはあるから、人間用はバスや大型トラック改造で作ろうと思えばできる気がするんだがなぁ。
問題は、人目が気になる住宅街での使用と、大型車両で場所が必要なことかな?。
実際、車止めて死人を焼いてるという心理的嫌悪感は消せないからそこをどのように緩和するのも課題ですな。

253愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 09:56:33.80ID:9Cx1G7LG
前に火葬船みたいな構想をどっかが出してなかったっけ。

254愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 15:52:30.23ID:et357liw
>>252
火葬炉メーカや大学研究者で人体用火葬車を提案している資料はいくつか見たことがある。
20トン級低床トレーラーを用いれば再燃焼炉付台車炉と燃料槽、発電機を搭載して完全自立操業
出来るという設計案だったが、現行法令では不可能だし、費用対効果、大規模災害地へ出向いて
操業可能か?といった点から鑑みると無理な気がしたな。

厚労省の危機管理対策総合研究事業では移動式火葬炉の案は論外みたいな感じで
災害遺体の緊急搬送体制や火葬場が被害を受けなかった近隣自治体火葬場の広域連携受入体制
の構築を軸に進めていますね。

>>253
火葬船構想を推進している業者のHP
http://www.alphashipnavi.jp/kasousen/

255愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 20:29:18.53ID:UM4A4sKn
宮型霊柩大八車を中国先生のブログで初めて見た時はカルチャーショックを受けた。

256愛と死の名無しさん2018/06/16(土) 21:36:24.37ID:10QmUyDG
20トン級のトレーラーがあったら移動式火葬炉載せるよりトレーラーに遺体載せて各地のちゃんとした斎場で荼毘に付したいなって思う
あくまで一個人の意見ね

257愛と死の名無しさん2018/06/17(日) 22:21:40.15ID:oV1pljUe
四国では今でも霊柩大八車は現役ですよ。
うちの近所の墓地の簡易焼き場の倉庫においてあって、たまに整備で外に出してるのを
見たことがありますが宮型ではなく、ちょっと大きな大八車で飾りはないです。

ちなみに、簡易焼き場は墓地の利用者が使えるのですが、今まで使用されたことは
まだ無いようです。
施設は火葬練と簡単な葬儀や焼き上がり待ちをする建物と墓地、焼き場の管理者の
居住施設がございます。

258愛と死の名無しさん2018/06/17(日) 22:59:33.04ID:s/2y7SnF
火葬場のイメージと言うと、お墓の中にポツンとあるイメージが強いですね。
平成に建て替えられた所は小綺麗というか洒落ているというか。何か違うと思う自分は古い人間。

259愛と死の名無しさん2018/06/18(月) 11:43:54.88ID:JAx9nAgl
>>256
東日本の震災の時、10tトラックに棺を載せてきて瑞江葬儀所で荼毘に付してたのが未だに頭に染み付いてて。。
>>258
ホテルや美術館みたいなのが、何もないとこにポツンとあるならまだしも、墓地の中にあると違和感ありまくり。
煙突物件とは違う意味で一目で火葬場と分かる。

大阪の地震、大丈夫かいな

260愛と死の名無しさん2018/06/18(月) 12:42:14.70ID:VuV3XDW+
>>257
詳細な画像アップ希望です!
東博君の火葬場画像掲示板があります。

261愛と死の名無しさん2018/06/18(月) 12:45:43.52ID:VuV3XDW+
>>259
亡くなった方が3人居るようですが、揺れの時間が短かったので大したことはないようです。
宮城県沖地震1978よりはずっとマシって感じでは?

262愛と死の名無しさん2018/06/18(月) 23:05:01.89ID:Dldscjjk
>>261
熊本の時みたいに後から大きい地震が来る可能性もありますから油断は禁物ですよ。
同じ事が起きるとわかってるなら、それからどう対処するべきかを学ぶべし。
……。火葬場に全然関係ないですね。失礼。

263愛と死の名無しさん2018/06/21(木) 14:02:28.90ID:dcIuF6DI
簡易火葬場と言うと夏のイメージがあるなあ

264愛と死の名無しさん2018/06/21(木) 22:44:13.13ID:DGMQHpV2
そう言われると、戦記物や戦前文学に登場する火葬シーンは、7〜8月が多かったような気がする。
自分の場合は、祖父の火葬や群馬県の野焼場調査時に見せて貰った火葬中写真等が1〜4月
だったので、残雪期のイメージが強いな。

265愛と死の名無しさん2018/06/22(金) 08:24:36.30ID:fkg34XFu
寸志だめとか誰得だよ、まったく。本社連中の僻みにしか聞こえない。
ただでさえ給料安いのに。

266愛と死の名無しさん2018/06/22(金) 14:52:35.17ID:Q8wHFwtm
中国先生の火葬場探索が夏場中心だったから、尚更夏のイメージがあるね

267愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 01:58:31.35ID:EkekZbcN
そういえば泉南阪南共立火葬場が今年の9月から併用開始だったっけ

268愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 11:26:25.65ID:YK831O0E
質問があります
東日本の火葬場では拾骨の時、大体どの部分を骨壺に入れるのですか?
この地域ではお骨を全部骨壺に納めるとお聞きします
でも、あの大きさの容器だと腕や太ももなどの長い骨って入りきれないのでは?といつも疑問に思ってます

269愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 12:03:36.94ID:ES0bP1Q4
骨壷の場合は職員が会葬者が入れたのを箸なんかで崩すよ、
骨箱の場合は一見入らない感じがすると思うけど、全部何もしないで入ることの方が多いです。

270愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 14:12:27.80ID:U23QNu4u
>>268
基本的に骨壷に全部入れます。
荼毘は高温で行うのでしょうか、遺骨はかなり崩れて出てきます。
10円玉などを副葬品で入れますが、高温で溶けて癒着してたりしますがそれは血縁者みんなで分けてお守り代わりにします。
残った骨灰は職員がステンレス製ちりとりで集めて骨壷に入れます。

そして埋葬ですが、葬儀屋の人が墓前で骨壷の中身を布製の袋に全部移して口を縛って納骨します。
恐らく骨壷はお清めをしてから再利用するのかと思います。
お墓のない人は、そのまま仏壇に安置したり、無宗教の場合は普通にしまったりするようですね。

原則、遺骨は灰まで含めて全部骨壷に収めるのが東日本の火葬です。

271愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 20:51:00.38ID:VnkB6ihm
なんか来週来月でもない話を急に思い付いたかのように書いてる人いるな

272東博君 ◆TKTgvMKYyU 2018/06/23(土) 22:19:58.73ID:Wc7rZbcl
臨海斎場は骨壷に全部入れてるんだろうか。
収骨の時に全量をステンレスの容器に出すと聞いたような気がするんだけど、全部入るのかな。
>>270
葬儀屋の人が墓に納める事はまず無いと思う

273愛と死の名無しさん2018/06/23(土) 23:31:50.65ID:rrK2IGQm
>>268
そもそも、お骨壺の大きさが違うらしいよ
西日本(部分収骨)は主に五寸壺で、東日本(全収骨)は主に八寸壺を使う
だから大きくて納められないお骨も、砕けば納めきれちゃうらしい

274愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 07:26:26.10ID:tPG2/GvO
質問です。
東日本の火葬場では、拾骨の時、汚ー汁はどうしているのでしょうか?
私のところでは、それを飲みながら拾骨するというのが一般的です。

275愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 10:43:37.07ID:n7OUDxfk
>>270
ありがとうございます
ちなみに桐ヶ谷や落合でも拾骨方法は同じでしょうか?

276愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 16:16:32.71ID:UVgam2op
>>274
東日本で汚汁の出るような三昧は殆ど存在しない
そもそも火葬文化が明治まで殆どなく、土葬がスタンダード
明治に入っても火葬場が出来たのは都市部限定で、燃料は石炭や亜炭コークスが使われたと思われ
伝染病が流行った時、避病院付属の火葬場も火力の強い燃料が使われたらしく、汚汁そのものも燃焼させられたと考えられる
なお、避病院と付属火葬場は伝染病終息と共に解体撤去され記録も殆ど残っていない

277愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 16:16:58.10ID:UVgam2op
>>275
東京の事情は知りません

278愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 20:44:25.14ID:9UGCAurF
弘兼 憲史の漫画に出てくる火葬場はいまだに煙突物件だな。
いつも大きな煙突が二本ある火葬場だ。どこの火葬場をモデルにして
描いてるのかな?ちなみにビッグコミックオリジナルの前号に出てます。

279愛と死の名無しさん2018/06/24(日) 22:46:32.52ID:LOkmCz/W
ゴー by弘兼憲史

280愛と死の名無しさん2018/06/25(月) 11:55:05.87ID:LrER+wUA
北海道出身の者ですが地元ではお骨を全部骨壺に入れます。
おそらく八寸壺を使っているはずです。
田舎なので炉が1日1回くらいしか動かない事が多く収骨に時間をかけてもいいのです。
ちなみに5年前の時では既に六文銭は紙で代用していました。

新着レスの表示
レスを投稿する