【京都】幻の「日本電波映画」を語ろう

1どこの誰かは知らないけれど2018/02/14(水) 12:14:20.61ID:VV+DaRRu
テレビ映画黎明期の昭和30年代、京都の地にて作品を量産。
現存するフィルムも限られ、不明点も多い、幻の製作会社を語ろう。

261どこの誰かは知らないけれど2018/05/19(土) 12:44:15.49ID:vipbGuuy
上映会とか、あるといいよね。

262どこの誰かは知らないけれど2018/05/19(土) 22:03:59.15ID:AJcwosNq
テレビ映画いいね。

263どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 05:42:45.02ID:UHncDuvY
『アゴン』が予定通り昭和39年に放送されていたら、その後の日本のテレビ映画の歴史は大きく変わっていたろうな。

264どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 09:05:46.15ID:iyaltj34
『アゴン』が予定通り昭和39年に放送されていたら、その後の日本のテレビ映画の歴史は大きく変わっていたろうな。

265どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 09:43:26.28ID:KrnEVWSU
『アゴン』が予定通り昭和39年に放送されていたら、その後の日本のテレビ映画の歴史は大きく変わっていたろうな。

266どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 13:44:56.69ID:tMGDAK5G
『アゴン』って製作中、少年誌とかでのパブリシティ展開はどの程度行っていたのかな。
昭和39年当時なら、子供達に相当なインパクトがあったはずで、放送を心待ちにしていたと思う。
製作の中止、放送見送りはショックだったのでは。

267どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 14:02:27.29ID:yRitPqUc
少年画報で小さく取り上げられてた
あとでマグマ大使見て「これアゴンじゃねえか!」って思った

268どこの誰かは知らないけれど2018/05/20(日) 22:14:26.35ID:vTr6QKCz
当時の月刊誌は読み物ページにもボリュームがあって良質な少年アイテムでしたね。
少年画報、冒険王、少年、ぼくら、少年ブック、、。

269どこの誰かは知らないけれど2018/05/21(月) 03:09:16.01ID:bOC5lZ+N
当時の月刊誌は読み物ページにもボリュームがあって良質な少年アイテムでしたね。
少年画報、冒険王、少年、ぼくら、少年ブック、、。

270どこの誰かは知らないけれど2018/05/21(月) 03:33:40.96ID:3Zb+4K6m
当時の月刊誌は読み物ページにもボリュームがあって良質な少年アイテムでしたね。
少年画報、冒険王、少年、ぼくら、少年ブック、、。

271どこの誰かは知らないけれど2018/05/21(月) 05:23:58.24ID:CeweltPk
「冒険王」以外の少年月刊誌は、昭和40年代前半に相次いで休刊になってしまったんだよな。

272どこの誰かは知らないけれど2018/05/21(月) 11:03:30.17ID:fiz3m2kR
少年画報は毎回、実験が楽しみだった。少年画報。たしか300円くらいか。
当時少年サンデーマガジンキングで50円くらいだから。換算すれば1000円くらいなのか。
とはいえ俺鍵っ子でお小遣ためて買ってたんだな。
月刊誌だし。で初恋の女の子のお誕生会に呼ばれてその子の団地に「少年」が定期購読されてた。
一人っ子だよ。雑誌本のリボンの騎士とか貸本大のキャプテンケンとかまであった

週刊漫画雑誌も、別冊の月刊・季刊を発売していたぐらい、当時は月刊漫画雑誌は
人気があったな。しばらくすると週刊に駆逐されてしまったが。
月刊の魅力は、ふろくの多さ。雑誌の厚みが3倍にふくれあがるほど、付録満載だった。
ふろくがこぼれ落ちるので、雑誌を紐で縛って売っていた。

273どこの誰かは知らないけれど2018/05/21(月) 18:32:33.80ID:EWifVcCi
雑誌にも夢が詰まってましたね。

274どこの誰かは知らないけれど2018/05/22(火) 11:58:24.82ID:2R92sxzb
日本電波の作品をリアルタイムで見た人って、このスレにいる?

275どこの誰かは知らないけれど2018/05/23(水) 05:57:48.16ID:cwMvWGvt
俺は大和企画名義となった『白獅子仮面』のみ、リアルタイム鑑賞。
水曜19時日テレだった。

276どこの誰かは知らないけれど2018/05/24(木) 06:39:39.19ID:/M0KpET8
「日本電波映画」社が製作会社としての機能停止してから、「大和企画」として再稼働するまで5年くらい空白期間があるね。

277どこの誰かは知らないけれど2018/05/25(金) 07:30:04.42ID:X57AomcK
見つかって欲しい日本電波の筆頭作品が『ジャングルプリンス』だと思う。

278どこの誰かは知らないけれど2018/05/25(金) 11:31:52.60ID:tDc0rlcZ
そんなの知らねえ

279どこの誰かは知らないけれど2018/05/25(金) 19:26:16.20ID:706Gzj5h
朝日ソノラマ「宇宙船」で知った。

280どこの誰かは知らないけれど2018/05/26(土) 07:12:02.68ID:unD4oKTw
「宇宙船」で特集されていた当時、日本電波のフィルムは普通に残っていたと思われる。

281どこの誰かは知らないけれど2018/05/26(土) 10:35:38.45ID:kWZ9X9CV
冒険王は、テレビまんがとのメディアミックス、
コミカライズの連載に大幅シフト変更して生き延びた
漏れが好きだったのは、吾妻ひでおの師匠で知られる
板井れんたろうのドタマジン太w

282どこの誰かは知らないけれど2018/05/26(土) 10:43:58.42ID:yYfIuSE0
漏れ・・・

283どこの誰かは知らないけれど2018/05/26(土) 10:53:20.27ID:JQCy/dtx
>>281
懐かしいwたこ焼き買う場面で「昔は十個百円だったのに」と嘆いていたのを覚えています

284どこの誰かは知らないけれど2018/05/26(土) 23:52:40.36ID:unD4oKTw
「ジャングルプリンス」の主題歌ならyoutubeにアップされてたね。

285どこの誰かは知らないけれど2018/05/28(月) 05:34:49.82ID:/NyaMqdh
秋田書店「月刊:冒険王」は、唯一昭和50年代でも付録満載の月刊誌として存在感がありましたね。

286どこの誰かは知らないけれど2018/05/28(月) 19:58:20.22ID:Fwi5NdJb
発売日、書店の店頭に積まれた少年月刊誌の姿にワクワクしたものだ。

287どこの誰かは知らないけれど2018/05/28(月) 22:16:45.66ID:hX+ZVOBw
そして友達との友情

288どこの誰かは知らないけれど2018/05/29(火) 18:24:39.86ID:C6i/45Gc
あの頃、あの時の興奮って、もう経験できないのかな。

289どこの誰かは知らないけれど2018/06/02(土) 13:43:41.28ID:YAt6MVM4
街角の個人経営の書店。懐かしぃ。

290どこの誰かは知らないけれど2018/06/03(日) 19:43:49.95ID:rTKre14o
うちは痴呆のド田舎だから、町の本屋で冒険王は
とってた。とるってのは、毎月の定期購読で本屋さんがカブで家まで届けてくれるんだよね。
コミカライズの他に赤塚不二夫とかジョージ秋山とか
描いてて、今から考えると豪華だったかもね。

291どこの誰かは知らないけれど2018/06/08(金) 06:04:30.98ID:Osa2AiVI
『日本電映』とも言ったね。

292どこの誰かは知らないけれど2018/06/10(日) 09:05:34.82ID:g+gfs0q4
『ジャングルプリンス』、第一話だけでも見てみたい! 何とか発掘されて欲しい。

293どこの誰かは知らないけれど2018/06/14(木) 06:15:03.88ID:eeRnhYei
京都というか、関西のどこかにフィルムが残っていると思う。

294どこの誰かは知らないけれど2018/06/15(金) 14:51:00.91ID:1iEX38y2
テレビ映画のフィルム発掘

295どこの誰かは知らないけれど2018/06/16(土) 12:40:37.16ID:OikNIJql
河原崎長一郎の夫人で現役女優の伊藤榮子(71)は、デビューが日本電波映画製作のテレビ映画
『姿三四郎』(フジテレビ放映)なので、 当時の日本電波を語ってもらえるかもしれない。

296どこの誰かは知らないけれど2018/06/19(火) 10:22:30.77ID:uvFyvBWy
よおやく宇宙Gメン終わったな...

297どこの誰かは知らないけれど2018/06/21(木) 05:56:47.00ID:yfy58Onj
『白獅子仮面』、CSで放送始まるね。
水木一郎Zの新録の歌で番宣やってたよ。

298どこの誰かは知らないけれど2018/06/26(火) 06:47:51.54ID:SD7sYwZh
テレビ映画

299どこの誰かは知らないけれど2018/06/29(金) 21:33:45.56ID:yIJ0dNfc
フィルム倉庫

300どこの誰かは知らないけれど2018/07/06(金) 06:56:49.92ID:yTvF3GFk
なぜ『白獅子仮面』って、製作協力に宝塚映画(東宝系)、京都映画(松竹系)の2社がクレジットされているのだろう? 
片方だけならわかるけど。

301どこの誰かは知らないけれど2018/07/11(水) 08:00:06.46ID:254N664o
『白獅子仮面』パイロット版のフィルムは現存しているのかな? 
面や衣装を変えて、2種類製作されたらしいけど。

302どこの誰かは知らないけれど2018/07/18(水) 06:36:57.10ID:2fzfRhnA
朝日ソノラマ時代の『宇宙船』が懐かしい。
モノクロ特撮テレビをよく特集してくれた。

303どこの誰かは知らないけれど2018/07/19(木) 18:50:43.51ID:AcFrtxfU
季刊

304どこの誰かは知らないけれど2018/07/24(火) 11:54:27.99ID:7LiT+Pps
CSで『ジャングルプリンス』放送して欲しい。

305どこの誰かは知らないけれど2018/07/25(水) 06:54:03.81ID:oCcN6tkU
『アゴン』はチャンネルnecoで放送したね。
どういうルートなんだろう

306どこの誰かは知らないけれど2018/08/01(水) 08:30:14.70ID:RJzSDCQZ
『白獅子仮面』面白いね。
1クール13回しか製作されなかったのはもったいない。

307どこの誰かは知らないけれど2018/08/03(金) 07:31:28.51ID:rEMkM1Vo
京都の映画界は独特の風土。

308どこの誰かは知らないけれど2018/08/03(金) 18:58:07.69ID:NYhNqTde
ベストフィールドさん

309どこの誰かは知らないけれど2018/08/04(土) 23:11:11.67ID:YOL0X2Hu
幻のフィルムを探索。

310どこの誰かは知らないけれど2018/08/14(火) 06:00:52.05ID:gwZ+Et6h
日本電波映画社は京都のヤクザが経営していたから、当時の関係者への接触も難しいらしい。

311どこの誰かは知らないけれど2018/08/15(水) 05:26:23.04ID:AqeIPxtm
白黒テレビ映画のネガ、プリントの発掘は、時間の経過と共にハードルが上がってしまう。

新着レスの表示
レスを投稿する