【ゴキブリの歴史は】仮面ライダーV3 Part10【人類より古いのだ】

【新番組予告ナレーション】
「仮面ライダーV3!新しいヒーロー“仮面ライダーV3”が遂に登場!
 新番組『仮面ライダーV3』、2月17日よる7時30分から放送開始。
 仮面ライダーV3!!」

【OPナレーション】
「仮面ライダーV3・風見志郎は改造人間である。
 謎の秘密組織“デストロン”に重症を負わされたが
 仮面ライダー1号・2号によって改造手術を受け
 “仮面ライダーV3”として蘇った!!」
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

296どこの誰かは知らないけれど (JP 0H0b-YcZY)2018/07/06(金) 22:36:59.80ID:vnQGAUQHH
バドーロボットはギャグにしか見えなかった (´・ω・`)

>>295
あとイナズマンとはまたちょっと違うけどアマゾン初期のムードも少し似てるよね
やっぱどことなく気だるいし画面のトーンも暗いし

まあ撮影時期が日照時間の少なくなる秋〜冬なんで、全体的にフィルムのトーンは低くなりますわね

へぇ

>>298
内田所長が「陽は西から暮れるから東へロケへ行け!」と指示したそうだねw

それって日照じゃなくて雨の事じゃなかったっけ。

雨でロケが出来ないってんで、
「雨は西からやんで来るんだから、東名高速を突っ走れ!雨がやんだ所で撮影しろ。とにかく走れ!」と。

それで浜松市までロケに行ったのか (´・ω・`)

いや、そもそも浜松ロケの時の話なんだがw
そこで雨が振って来ちゃったから「西へ行け」と言ったという事。

>>300
そもそも、その理論は完全に逆さまだし

携帯電話のない時代だから。現場がどこかで電話借りてかけてきて、所長がそれに怒鳴ってたんだろうなw

ドクトルG、キバ男爵の頃は春・夏・秋前半で、秋後半のツバサ大僧正から目に見えて雰囲気変わったよね。
昔から思ってたけど、これはスタッフが変わったからなの?

それまでのスタッフの多くが他作品(イナズマン?ライダーX?)に移ったので、若手スタッフ中心の現場に変わったと聞いたことがあるのを思い出した
でV3終了後にその若手らがイナズマンFに移行したからFはV3終盤とムードが似てるとかいう話
はっきりとはわからないけど長石監督の色みたいなのが強まったんじゃないかね

>>307
でも、V3後半の方が断然いいだろ?個人的にはFは少し凝りすぎの嫌いがあり、岡田所長に「学生映画みたいなん創るな」と檄を飛ばされたのもしかたがない気がする

無印イナズマン後半とFを同じ路線だと見なしてる人結構いるけど
全然別物だよな

>>308
東映ヒーローの保守本流のV3じゃイナズマンFみたいにあそこまで突き抜けるのは流石に無理でしょ
もし1話分だけでもああいう作風でライダーを作ったら、それこそ岡田社長に即怒られるよ
結果的にV3の方は程好くアダルトで丁度バランスがとれていい感じになった

ドクトル・ゲー時期のアジトの照明ってのっぺり明るいんだけど、キバ男爵以降は
初期ライダー並みに暗い照明になってるんだよね。毎日放送からの怪奇色強調指示の現れだろうが

>>294
V3後半も怪人は同じだけどスーパー1のジンドグマ編の雰囲気にすれば
明るさはある程度多く出来たかも

次の方どうぞ

風見さんドクトルGの頃とヨロイ元帥の頃では別人だよね。

観る度に感じるけどドクトルGが出てくるのが思ってたよりも遅く感じるよね
ゾル大佐にも感じるけど

>>315
ショッカー日本支部は当初重要視されていなかったので大幹部は置かれていなかったが、仮面ライダーの出現で作戦が滞り出したためゾル大佐を招聘したという設定。
デストロンも初期は大幹部不在だったが、これは日本支部が重要ではなかったのではなく対仮面ライダー(当初は1号と2号)に相応しい大幹部を選抜するのに時間を要したと見るべきだろう。
その間現場は改造人間を2体同時に派遣することで凌ごうとしたのが実情だと推測する。

>>316
戦力が整う前にダブルライダーに知られてしまったのはミスだったね。

最初に作ったダブルライダーに勝てない後発の改造人間ていったい…w

>>317
戦力が整う前にダブルライダーに知られてしまったのは大きなミス。
しかしカメバズーカと共にダブルライダーが生死不明となったのは棚ボタ結果オーライ。反面、新たなライダー「V3」を誕生させてしまったが戦士として未熟なのが幸いと大幹部派遣に時間を悠長にかけてしまったのが最終的に大きなミステイクだった。

>>317
戦力が整う前にダブルライダーに知られてしまったのは大きなミス。
しかしカメバズーカと共にダブルライダーが生死不明となったのは棚ボタ結果オーライ。反面、新たなライダー「V3」を誕生させてしまったが戦士として未熟なのが幸いと大幹部派遣に時間を悠長にかけてしまったのが最終的に大きなミステイクだった。

>>287
ダブルライダー編が転換点になったと思う

確かに吸血マンモスから暗くなった

敵が単に変わっただけの変化じゃなくて物語自体が暗い物語になってきた

旧1号のシナリオ使い回しで暗さの土台を作り、そこから怒涛の暗さのライダーマン編ですよ

原始タイガーのバイクをケツの穴に挿してみたい

>>285
まともな反論もできないクソバカKYの知的障害者のガキはいい加減死ねよwバカガキの貴様は自分が最後を締めないと
気が済まないんだろうけど、誰が見てもお前の方がバカでくさくて惨めで臭くてゴミムシ以下のカスだからwww
もう反論してくんなよゴミ人間www

ライダーマン編で明るい話もやってほしかった

328どこの誰かは知らないけれど (ガラプー KKa5-gBN6)2018/07/12(木) 01:23:12.68ID:AAXB6Q2IK
>>326
>まともな反論もできないクソバカ
>バカガキの貴様は自分が最後を締めないと 気が済まないんだろうけど

全部ブーメランだと気付かぬ池沼おじさんウザいよ
皆楽しくV3の話をしてるのに迷惑です。いい加減スレチだから止めてください
あとさ、何度も○ね○ね書き込んでるけどそれ普通に犯罪だからな。いい歳してそんな事もわからないボケは二度と来んな

同期のウルトラマンタロウも年明けてから少し暗い感じになった。あっちはタイラントが転機か。
それぞれ続編のXやレオもそんな感じだったし、1974年がもうそういう年だったんだな。一つの時代の終わりを感じる。

オイルショックという特撮番組にとっての致命傷とも言うべき事象を如実に反映しているという事だな。
画面を見ても前半に対して明らかにフィルムのトーンも暗めだし。

ただ「タロウ」の方は年明けからの最終クールはタロウが怪獣を倒さずに終わるケースが多く、
ドラマの内容も「親子愛」(ゴンゴロス、エレジア、モットクレロン、)「兄弟愛」(オニバンバ、ベロン)
「他者(動物、怪獣、老人)への愛護精神」(ピッコロ、オルフィ、ガラキング)と、よりストレートなテーマを打ち出している。
狂乱物価と呼ばれるほどの物価高騰による殺伐とした世の中においてせめて「一服の清涼剤」たらんという
当時の円谷なりの矜持だったかもしれん。

それとXもレオもノストラダムスとかオカルトとかの影響も大だよね
レオの最初の主題歌なんてモロにそんな感じだし

>>331
映画ノストラダムスの大予言 都会の洪水場面にウルトラマンレオの看板が…
日本沈没では大阪を さまよう本郷の場面に仮面ライダーV3の人形が…

ダブルライダーをしばらく戦線離脱させたカメバズーカの功績はデカい
後続が役に立たなすぎて結局意味はなくなったけど

前作リメイク郡も
ライダーマン編への繋ぎと考えるとかなり良いよね
ガルマジロン=高木は結城のもう一つの可能性とも言えるし
でもカタツブラー回だけはちょっと‥

>>334
同じ事でも2度目をやる以上は前よりブラッシュアップするしね。
実際バショウガン回は良い暗さだった。

>>332
どっちも観たことないけど面白そうだね
藤岡さんのシーンにV3人形ってのは偶然なのか?わざとなのか?

>>336
偶然っぽいけど…
ただ公開時に劇場で小さい ざわめきが有ったのは確か♪

ショッカー怪人達の声にも一緒に行った友達共々メチャクチャ喜んだ♪

最近に成って海底探索シーンに、新1号の主演的スーツアクター大杉さんが海上船員役で登場してた事を知り驚いた♪

同時期のエスパイも大野剣友会が参加してるからそのへんなかなか面白いよ

>>338
藤岡さんが推薦したんだろうか?

そうかもね。アメリカにいたときも向こうに大野の人たちプッシュしたとか言ってたし

>>291
こういう暗さは昭和ライダーでは意外と少なくて
2期と3期では暗さが強調されることがあまりなかった
スカイとBLACKは初期はやや暗さを出そうとしていたけど
結局上手く行かなかった

本郷 筑波 南 オダギリ 各期のファースト役者は すべからく黒歴史扱いを行なった

父よ母よ妹よ

これ↑だけ許せん
虐待受けて育った俺としては親には死んで欲しいからな

>>343
じゃあ、許さなきゃいい
誰も困りはしないwww

虐待されてたつもりは無いけど、今思うとネグレクトすれすれな所はあったなとは思う。

じゃあ「シルバー仮面」の歌でも歌っときなさいな。
あっちは親は出て来ないからw

淋しい時には呼んでみる 兄よ妹よ弟よ〜

新着レスの表示
レスを投稿する