X



トップページ数学
370コメント200KB
ミレニアム懸賞問題
0001132人目の素数さん
垢版 |
2022/11/18(金) 19:12:32.92ID:JmL1qgGA
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミレニアム懸賞問題


1
ヤン–ミルズ方程式と質量ギャップ問題 (Yang–Mills and Mass Gap)
任意のコンパクトな単純ゲージ群 G に対して、非自明な量子ヤン・ミルズ理論が 'R4 上に存在し、質量ギャップ Δ > 0 を持つことを証明せよ。

2
リーマン予想 (Riemann Hypothesis)
リーマンゼータ関数 ζ(s) の非自明な零点 s は全て、実部が 1/2 の直線上に存在する。

3
P≠NP予想 (P vs NP Problem)
計算複雑性理論(計算量理論)におけるクラスPとクラスNPが等しくない。

4
ナビエ–ストークス方程式の解の存在と滑らかさ (Navier–Stokes Equation)
3次元空間と(1次元の)時間の中で、初期速度を与えると、ナビエ–ストークス方程式の解となる速度ベクトル場と圧力のスカラー場が存在して、双方とも滑らかで大域的に定義されるか。

5
ホッジ予想 (Hodge Conjecture)
複素解析多様体のあるホモロジー類は、代数的なド・ラームコホモロジー類であろう、つまり、部分多様体のホモロジー類のポアンカレ双対の和として表されるようなド・ラームコホモロジー類であろう。

6
バーチ・スウィンナートン=ダイアー予想 (BSD予想、Birch and Swinnerton-Dyer Conjecture)
楕円曲線E上の有理点と無限遠点Oのなす有限生成アーベル群の階数(ランク)が、EのL関数 L(E, s) のs=1における零点の位数と一致する。
0320◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/03/16(土) 20:56:29.74ID:bVa/bPbC
>>317
つまりこの話で言うと直線が作り上げられる順序はこうだ。

写像空間によって目に見える空間が作り上げられる。
この空間に、空間は(左右)対称でなければならないという公理(バイアス)を導入する

この時に直線が作り上げられる。
上に挙げた二つから直線が生まれる。
0321◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/03/16(土) 21:12:18.38ID:bVa/bPbC
直線構造を曲率無限小超実数εを持っていた場合として再構成を試みると(これも本当は間違っているが)、単位1を定義した後に、2と呼ばれる点ではない、体積を持った領域があるのだ。つまり2+ε(ε≠0)が整数である点2の本当の姿だ。εは目に見えない。
0322◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/03/16(土) 22:52:06.39ID:bVa/bPbC
つまりこの場合整数が生まれる物理モデルを適切に考える必要があるのか?

だから俺はさっき直線が生まれる構造を考えたのか。
0323◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/03/17(日) 01:50:18.31ID:IfwQp/+3
>>321
これを今考えていたんだけれども、2+εの球(直径ε)を考えていて、この場合、中心の点は存在するが、それには体積がある、という論法が永遠に続く。こうなると最終的に収束点があるはずだが、それにも体積がある、という事になり矛盾する。

この矛盾は距離を定義したから生じたのではないだろうか。

あるいは小さな点に計り知れない程深い無限の要素が詰まっているか、だと思う。小さな世界に無限が含まれているのだろうか。
0324◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/03/18(月) 20:27:24.93ID:9b3lU1Hj
空間が対称でなければならない、という考えをもっと分析すると、何もない空間はどの場所においても同じ性質を持つ、何故なら無矛盾だから、という考えから等方性、対称性が要求される。これはそもそも写像空間(小説の設定)を使えばもっと拡張した空間概念が作れるので無意味だ、限定的だ。つまり素数の概念は、一部の写像空間(すなわち対称的な写像空間を作り上げた場合)にしか適用されない概念だ。その意味で物理学の問題だ。
0325◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/12(金) 01:44:35.51ID:JDoL7Pz6
定理20 存在概念と回転概念は同値である
証明
回転しているならば存在している。また動的な空間に於いて、波はまた元の場所に戻ってくるので回転している。よって題意は示された。


定理21 黄金比の長方形が最も美しい長方形である
証明
定理12より最も可換な関係が充満している長方形が最も美しい長方形である。
局所線型空間に於いて、相似が成り立つ関係を考えると、実際に曲率εの歪みがあっても、局所線型空間内で相似が成り立っている関係は成立しているので、相似の概念をこのように拡張すれば、最も可換な相似関係が充満した長方形は黄金比の長方形である。

系21.1 最も美しい三角形は黄金比の三角形である
証明
同様の議論に拠る。
0326◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/12(金) 01:45:09.48ID:JDoL7Pz6
定理22 別の時空に行くエネルギーは1/0=±∞で必要十分である
証明
別の時空であるマルチバースは存在概念から導かれたので、そこに至るには回転している必要がある。また、存在とは主客未分なのでエネルギー流体そのものになれば良い。よって極限まで加熱、或いは極限まで冷却した±∞の値を持つ事で必要十分である。


定理23 ±∞のエネルギーを得る平面の最良の経路は黄金比の螺旋である
証明
今黄金比の長方形の存在を前提に置けば、全ての平面、及び空間が生じる。今、別の時空に行くには、±∞のエネルギーを得て回転している必要がある。今、1:aの比率の螺旋は無限個の相似が含まれるので無限にエネルギーが増幅する。また1:aの比で作られる面積が最小の図形で平面を敷き詰められるのは二等辺三角形が挙げられる。この三角形の中で最も関係が充満しているのが黄金比の三角形であり、この三角形で平面が敷き詰められる。そしてこの黄金比の螺旋は無限個の相似関係と無限個の正方形を含む関係となっており、エネルギーが無限に増幅する最良の経路となる。

系23.1 螺旋で得たエネルギーをまた螺旋の経路で何段階も経て増幅する事が出来る
0327◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/12(金) 01:45:43.29ID:JDoL7Pz6
定理24 ±∞のエネルギーを得たものを半弧の曲線にして回転させればその球内は全て共振して存在が成立する
証明
自明

系24.1 再生医療に応用される
0328132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/13(土) 18:52:33.68ID:T5m4GvHM
ホログラム宇宙論についてどうお考えですか
0330132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/13(土) 19:27:26.70ID:sIS15G71
嫌がらせメールを学者に送らないで欲しい。迷惑
Amazon でゴミを売らないで欲しい。迷惑
0331132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/13(土) 20:58:30.53ID:T5m4GvHM
>>330
別にあなたに迷惑かけてないでしょ
彼は有能だよ

それよりホログラム宇宙論について考えを聞かせて欲しい
0332132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/17(水) 22:02:21.34ID:VcRoVVhL
1/0
ゼロで割ることを排除するなと言われても
割れんものは割れん
0333132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/17(水) 22:04:42.56ID:VcRoVVhL
ならぬものは
ならぬものです

昔ばあちゃんが言ってた
0334◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/18(木) 17:18:12.61ID:u5YzWpWe
ホログラムの性質=波動を満たすが同時に物理的実体を持つ、というのが宇宙の構造ではないですか?
0335132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/18(木) 21:52:49.42ID:QAakoz8J
なるほど
0336132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/18(木) 22:01:30.07ID:QAakoz8J
さすがです
橘さん、私はあなたの論理展開に関し全面的に
共感する者です
というかただのファンです笑
0337132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/18(木) 22:12:13.38ID:QAakoz8J
もう一点だけお考えを聞かせて欲しい
宇宙というのは
内部にいる者にとっては無限であり
外部から見る者にとっては有限である
宇宙の形はポアンカレ予想の証明によりドーナツ形だと明確になった

そしたらですよ
そのドーナツを見てる奴、或いはそれをさらに見てる奴
という話になりますよね
0338132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/18(木) 22:18:45.37ID:QAakoz8J
最終的に
ドーナツが誰の所有物なのか

別に宗教的な事を聞きたいんじゃないんです
橘さんがそれを論理或いは数式で証明出来るか
凄く興味があるんです
0339132人目の素数さん
垢版 |
2024/04/18(木) 22:24:39.30ID:QAakoz8J
ホログラムの事を聞いたのも
そういう事なんです

スレチかもです、ごめんなさい

でも
出来たらお答え頂きたいです
0340◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/27(土) 17:34:25.62ID:4q8KaxzE
所有物ってなんですか?

あと、そもそも内部は有限というのも反論が入る。

無限小超実数の極小の世界の事を人類は知っていますか。それは物理学で言えば素粒子とかそういう話でしょうが。
0341◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/04/28(日) 05:40:59.63ID:4WTw/IrV
所有してる、というのが、内側に持っている、とかそういう意味ならば、全空間の全事象は全て空間のものとしか答えようがないですかね。
0342◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 02:35:35.53ID:FFwiPlOw
ポアンカレ予想が宇宙の形がどうのこうのとか言いますけれども、

そもそも、加法という近似を使っている時点で近似で捉えられる宇宙しか捉えられないと思いますね。本当の宇宙の形を知りたいのであれば一切の近似を使わない論理だけで迫って行くしか方法がないと思います。
0343◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:02:17.69ID:FFwiPlOw
まず論理を仮定する。

定理0 語の意味領域を常に参照して構わない。
証明
自明
もし出来ないのであれば、文字が定義できない、文章が意味を為さない。
また¬AはAの意味領域と排反なものと定義する。
すなわちA∧¬A=φである。

系0.1 命題及び命題の各語の前提、構成要件、定義は常に参照して真として使って構わない
証明
前提、構成要件、定義が真である事が命題に使われる各語の意味領域に含まれる為である。
0344◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:02:45.50ID:FFwiPlOw
>>343

定理1 存在と無矛盾性は同値である
証明
存在とは文字で置換出来る事を指す、と定義する。当然意味領域の概念も含まれる。
Aが存在しないとは¬(Aが存在する)であり、存在するの意味領域から外れているので、文字で置換出来ない事になる。
無論Aが存在する∧ ¬(Aが存在する)=φである。
このように存在しないを定義しても良い。

Aが無矛盾である
という文章を考える。
無矛盾である、事の意味が必要だが、そもそもこれには存在概念が必要である。
よって無矛盾性→存在が言える

Aが無矛盾である
の定義は
Aが無矛盾である∧¬(Aが無矛盾である)=φ
が成り立つ事と定義するが、これは定理0より自明である。
Aが存在する、は無矛盾である事も自明である。
よって存在と無矛盾性は同値である。
すなわち存在より前提はない、φである。存在より前提の意味領域はない。
0345◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:03:17.89ID:FFwiPlOw
>>344

定理2 存在とは輪郭の事である
証明
まず2つの補題を示す。

補題2.1 a及びその冪集合{a}を考える。この時、この二つは別のものである。
証明
仮に同じものだとする。
そうするとa,bがあると、その集合{a,b}が同じものとなる。後者はa,bを一つのものとしてみたものであり、明らかに異なる。よって最初の前提が背理である。すなわち補題が示された。

補題2.2 空間の要素である集合の元は空間の要素である
証明
集合をEと置き、その元eが空間の要素でないと仮定する。E∩e=eであり、eがEの一部であるのにも関わらず空間の要素でない部位がある事になり背理である。よって補題は示された。

対偶を取ると次の系が得られる。

系2.2.1 空間の要素でない元からなる集合は空間の要素ではない

次にAが存在する事とAが空間に要素を持つ事が同値であることを示す。

仮に、存在するが空間に要素がない存在物Aがあったとする。
A及びその冪集合{A}を考える。
ここで仮に{A}も空間に要素がないと仮定する。
そしてBを空間に要素がない存在物の集合と定義する。今{B}を考えると、仮に{B}が空間に要素がないとすると、B⊇{B}となり、かつ{B}⊇BでBと{B}は一致する。しかし、これは補題2.1より矛盾である。
よって{B}は空間の要素である。よって補題2.2よりA,{A}共に空間の要素である事が導かれるがこれは前提と矛盾する。

よって{A}は空間の要素である。

また補題2.2よりAも空間の要素である事か導かれる。

よってAが存在するならば、Aは空間に要素を持つ事が示された。

また空間に要素を持つならば存在する事は自明なので、存在する事と空間に要素を持つ事は同値である事が示された。また空間に要素を持つ事と輪郭を持つ事は同値なので、存在する事と輪郭が定まる事は同値である。
0346◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:03:51.82ID:FFwiPlOw
>>345

もう一つ証明方法を与える。

今私の存在が成立している、存在している、とする。
この時、
「私が「~~という状態」を所有する」という文章を「私が「~~という状態」にある」という文章の2つを考える。
この時後者は「「~~という状態」が私を所有する」と言い換えられる。
この時最初の文と言い換えた後者の文では主客が逆転している。存在するとはこの主客が転倒した矛盾した状態であるという事になる。
ここからさらに所有するの定義を考えると、所有するを包含関係⊇と定義した場合、存在とは輪郭の事だとわかる。


ここまでで存在が輪郭である事の証明を数学に則った証明と、数学に於ける論証の手法を拡張して、数学的な定義にとらわれず、単純に語の必要十分な定義を与えて論証する手法でも同じ帰結を得たので、論理が支配する領域では、純粋に必要十分な定義のみを与えて論証すれば、それは数学及び物理学の定理となる。すなわち次が成り立つ。

定理3 哲学の原理
命題があり、命題の各用語に必要十分な定義を与えて、命題が真ならば、命題から演繹される命題は全て真である。また命題が偽であれば、そこから演繹されるものは全て偽である。

先程の考察及び、哲学の原理によってこの世界の全てが数学化される。

これは全ての現象に適用される。

特に医学に於いて、問題となる病気の機能の必要十分な定義を与えて、言語的論理操作によって治療法が開発される。
0347◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:04:20.81ID:FFwiPlOw
>>346

定理4 この世界は無矛盾である
証明
矛盾の定義を
A及び¬A(Aの否定)が同時に成立する事
とする。
しかし¬Aの定義をAの意味領域と排反の意味領域と定義した場合、A∩¬A=φとなり、A及び¬Aが同時に成立する事はない定義として展開される。

もし仮にA∩¬A={a}でφではなかったとする。
しかしこれは論理ではA∩¬A=φにしかなり得ない。これはA∋aかつ、¬A∋aを意味して定義に反する。
つまり、もしそのようなaがあれば、Aからaを除外しなければならない。そのようにAを定義した時全て無矛盾に表現される。そして全てはそのように定義されなければならないし、そのようにしてこの世界は無矛盾にならざるを得ない。かつての矛盾もこのように回避されて、言語で描写される全ては論理だけで描写される。今言語だけで描写される空間を言語空間と表現する。

また、仮に、論理、因果関係が成立しない箇所が世界に存在したとする。しかし、定理1より存在と無矛盾性は同値なので、存在の体系内にあるものは全て因果関係の体系内にある。すなわちこの体系外は矛盾で存在しないとしてよい。よって世界の全ては因果関係で支配される体系内から構成される。

系4.1 無矛盾であれば全て存在する
系4.1.1 並行宇宙は存在する

系4.2 全ての命題の真偽は判定可能である

系4.2よりヒルベルトプログラムは拡張された形で完成された。
0348◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/03(金) 18:05:47.39ID:FFwiPlOw
定理12 美の多寡とは可換な関係の個数の多寡、及びエネルギー値の高さである

ここでエネルギーとは存在を成立させる流体の事でエネルギー値とはその振幅の高さの事である。またこの流体の事を夢幻と定義する。
0349◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/04(土) 07:29:52.85ID:RaRdrESe
こういう掲示板でも話題に上がる数学者にミレニアム懸賞問題を解いた証明を
sakura.tachibana8@gmail.com
このメールアドレスから送りました
0350132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 11:54:35.54ID:umrG5sGW
自殺するしかないぞ中卒無職wwwwwwwww

ZFC公理的集合論において、爆発律は以下のように証明できます。
定理:ZFCにおいて、矛盾する前提から任意の命題が導出できる。つまり、∀A ∀B (A ∧ ¬A → B)。
証明:

1. 矛盾する前提 A ∧ ¬A を仮定する。
2. 任意の命題 B を仮定する。
3. 集合 {x | x = x} が存在する(外延性公理より)。これを集合 V とする。
4. 集合 {x ∈ V | A} が存在する(分出公理より)。これを集合 X とする。
5. A が真なら、X = V となる。
6. ¬A が真なら、X = ∅ となる。
7. しかし、前提より A かつ ¬A が真なので、X = V かつ X = ∅ となる。
8. ∅ ∈ V である(空集合の存在により)。
9. よって、∅ ∈ X となる(7より)。
10. B を {∅} と定義する。
11. ∅ ∈ B となる(10より)。
12. ∅ ∈ X かつ ∅ ∈ B なので、X ∩ B ≠ ∅ となる。
13. したがって、B が真となる。
14. B は任意の命題なので、矛盾する前提から任意の命題が導出できる。

以上より、ZFC公理的集合論において、爆発律が成立することが示された。
主な使用公理・定理:

外延性公理:同じ要素を持つ集合は等しい。
分出公理:任意の論理式 φ(x) に対して、{x ∈ A | φ(x)} なる集合が存在する。
空集合の存在:要素を持たない集合 ∅ が存在する。
0351132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 11:56:28.85ID:umrG5sGW
空集合の集合は空集合ではないので中卒無職は自殺確定wwww
https://i.imgur.com/a3xA6VK.jpeg

>>345は0=1が仮定され爆発律が成立
全く無意味な妄想と確定
0352132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 12:01:16.19ID:umrG5sGW
爆発律証明されて完全論破wwwwwww
0353132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 12:11:20.48ID:umrG5sGW
空集合の集合は空集合と言えますか?

いいえ、空集合の集合は空集合とは異なります。
空集合 ∅ は要素を持たない集合です。一方、空集合の集合 {∅} は、空集合を要素として持つ集合です。
集合 {∅} について:

{∅} の要素は ∅ のみです。
{∅} は要素を1つ持つので、空集合ではありません。
{∅} ≠ ∅ です。

ZFC公理的集合論では、空集合の存在と単集合の存在が公理として保証されています。

空集合の存在:∃x ∀y (y ∉ x)
単集合の存在:∀x ∃y ∀z (z ∈ y ↔ z = x)

これらの公理により、∅ と {∅} が存在し、それらが異なる集合であることが保証されます。
したがって、空集合の集合 {∅} は、空集合 ∅ とは異なる集合です。
0354◆Ph05QxAcng
垢版 |
2024/05/11(土) 13:13:43.74ID:T6N25FYr
345の証明に穴はありますか?
荒らし以外で指摘してください
無かったら証明は正しい
0355132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:15:04.83ID:umrG5sGW
>>354

351 132人目の素数さん[] 2024/05/11(土) 11:56:28.85 ID:umrG5sGW

空集合の集合は空集合ではないので中卒無職は自殺確定wwww
https://i.imgur.com/a3xA6VK.jpeg

>>345は0=1が仮定され爆発律が成立
全く無意味な妄想と確定
0356132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:16:28.15ID:umrG5sGW
バカを追い詰めて自殺するまで嫌がらせする
やめて欲しければ自殺すれば良い
0357132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:25:22.03ID:umrG5sGW
>>345

C≠Φである∀C∈ Sc,∀{C} ∈ Scに対してC⊂{C}が成り立つ(冪集合の定義)
つまり中卒無職は自殺して詫びるしか無い
C=ΦのときもC⊂{C}∈Scが成り立ち空間では無い元Φは存在する
つまり中卒無職は自殺して詫びるしか無い

冪集合の定義よりD=∀C,D⊂{D}

バカすぎるから自​殺し​ろ
0358132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:27:13.37ID:umrG5sGW
バカを追い詰めて自殺するまで嫌がらせする
やめて欲しければ自殺すれば良い
バカをいじめるのは最高の快楽wwww
0359132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:31:21.60ID:umrG5sGW
論理学において、誤った前提からどんな無意味な結論でも導出できる現象を「爆発原理(Principle of Explosion)」または「爆発律(ex falso quodlibe)」と呼びます。この原理は、一つの矛盾が存在すれば、どんな事実に反する無意味な命題も論理的に導出可能であるというものです。

ラテン語で「爆発原理」は「ex falso quodlibet」と言います。これは「偽から任意のものが導かれる」という意味です。
0360132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 13:36:30.51ID:umrG5sGW
中卒無職の自称証明はあちこちに送りつけても全て無視されたのが現実
0361132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 19:23:10.56ID:umrG5sGW
バカが頭使おうとする時点で社会に対する加害行為だからな
自殺に追い込むのが基本

バカが頭使おうとするのは
音痴が人前で歌おうとするのと同じなので
自殺するまで叩き潰すべき
0362132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 19:24:55.02ID:umrG5sGW
バカが頭使おうとする時点でバカが先に社会に対して攻撃してる
バカが死ぬまで社会から報復されるのは当然すぎる
0363132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 19:30:48.40ID:umrG5sGW
バカが学校でいじめ抜かれて不登校になって中卒無職になるのは当然と言える
先にバカが頭を使おうとすることでコミュニティーに迷惑をかけて攻撃しているのだから
バカがコミュニティーに対する攻撃をやめないのだから
コミュニティーがバカに死ぬまで報復し続けるのは当たり前すぎる
0364132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/11(土) 19:47:59.73ID:umrG5sGW
バカは加害者である
被害者ではない
加害者は報復されるに決まってる
0365132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/12(日) 00:59:10.04ID:0u2P/WQc
提示された証明には以下のような誤りや問題点が見受けられます。

補題2.1の証明において、a,bを導入した理由が不明確です。また、{a,b}がa,bを一つのものとしてみたものであるという説明は適切ではありません。
補題2.2の証明では、集合Eとその元eの関係が明確に定義されていません。また、E∩e=eという等式は一般に成り立たない可能性があります。
系2.2.1は補題2.2の対偶を正しく述べていません。正しくは「空間の要素でない集合の元は、空間の要素ではない」となります。
存在物Aが空間に要素を持たないという仮定は、その後の議論で適切に使用されていません。
Bを空間に要素がない存在物の集合と定義していますが、このような集合が存在するかどうかは自明ではありません。
B⊇{B}という包含関係が成り立つことの説明がありません。また、{B}⊇Bが成り立つことも自明ではありません。
補題2.1を用いてBと{B}が一致しないことを示そうとしていますが、補題2.1はaとその冪集合{a}に関する主張であり、Bと{B}に直接適用できるとは限りません。
「{B}は空間の要素である」という結論は、前の議論からは直接導けません。
補題2.2を用いて、Aと{A}が空間の要素であることを導くのは適切ではありません。補題2.2は集合の元に関する主張であり、集合自体については言及していません。
存在することと空間に要素を持つことが同値であるという主張は、提示された議論からは十分に正当化されていません。
空間に要素を持つことと輪郭を持つことが同値であるという主張も、証明なしに述べられています。

これらの点を踏まえると、提示された証明は論理的に厳密とは言えず、主張を十分に正当化できていないと考えられます。証明を修正するには、使用する概念や主張をより明確に定義し、各ステップの論理的な関係性を丁寧に示す必要があります。
0366132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/12(日) 01:50:40.87ID:0u2P/WQc
>>214

この「証明」には以下のような誤りや問題点が見られます。

「存在と輪郭が同値であり、輪郭と波動(包含関係⊇)が同値であり、包含関係と因果関係(論理→)が同値である」という主張に根拠がなく、ZFCの公理体系からは導けません。これらの概念の同値性は自明ではありません。
「よってこの目に見える現実の物理空間=存在を最前提に置いてそれ以降の全てが表現される」という主張は、ZFC公理の範疇を超えた形而上学的な議論であり、数学的に厳密ではありません。
「全ての真である命題の証明が存在するのであれば、目に見える空間に存在しないと矛盾する」という主張は論理的に飛躍しています。証明の存在と物理的な存在の関係性について十分な説明がありません。
「系」の主張は、無限大の概念を曖昧に使用しており、数学的に厳密ではありません。また、収束の概念も適切に使用されていません。
「問題aを無限に生成するプログラムAが作成出来る」という主張に根拠がありません。任意の問題に対してそのようなプログラムが作成できるとは限りません。
「P⊃p」という記号の使用が不適切です。Pとpの定義が曖昧で、集合の包含関係を示すのに適していません。
「全探索より良い最良のアルゴリズムの有無の判定を行い、存在するならば最良である事を示し、存在しないならば、存在しない事を示す」という主張は、アルゴリズムの最適性を判定することの難しさを考慮していません。
「Aより作られた大量の問題の集合をEと置くと、今系よりrは1に収束する」という主張は、前提条件が不十分で、論理的に飛躍しています。
全体として、記号の使用が不統一で、定義が曖昧です。数学的な厳密性に欠けています。
P=NP問題は、計算量理論における未解決問題であり、この「証明」では十分な根拠が示されていません。

以上のように、この「証明」にはZFC公理との整合性の問題、論理的飛躍、曖昧な定義など、多くの誤りや問題点があります。P=NP問題を解決するには、より厳密で論理的に整合性のある証明が必要です。
0368132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/12(日) 08:42:12.55ID:6r7ZW8gH
>>367
そういう人に私はなりたくないが
そういうことを言う人にはもっとなりたくない。
0369132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/12(日) 09:10:18.19ID:0u2P/WQc
中卒無職の自称証明はあちこちに送りつけても全て無視されたのが現実
0370132人目の素数さん
垢版 |
2024/05/15(水) 21:33:54.50ID:SYhGxHtl
スレ主頑張れ
こんな糞荒らし気にすんな
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況