ローラシア獣類の優秀さを認識し、崇拝するスレ

1名無虫さん2014/10/17(金) 19:59:46.33ID:ngzTY1hN
現代陸上の生態系の頂点に立つトラが属し
海でも生態系の頂点に立つクジラ類を輩出し
哺乳類で唯一空に進出したコウモリが属する
過去でもヒエアノドンはディアトリマを滅ぼし
北アメリカとつながった南アメリカに進出し
ティラコスミルスや午蹄中目を壊滅させた
数々の生存競争を打ち勝ってきたローラシア獣類を崇拝するスレ

685名無虫さん2016/09/10(土) 06:08:26.01ID:???
キリン、単独種ではなく4種 研究で確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000025-jij_afp-sctch

キリンはこれまで、亜種を含む1種類のみと考えられていたが、
研究の結果、4種に分けられることが新たに分かった。ドイツの研究者らの
研究チームが8日、発表した。この結果を受け、一部が保護の対象となる
可能性も出てきた。

最新の研究によると、キリンは4種に分けることができるとされ、
それぞれの種が交尾で交わることはないとみられるという。
また、異なる種間での遺伝的差異は、
「少なくとも北極グマとヒグマとの差ぐらいある」としている。

686名無虫さん2016/09/12(月) 23:37:01.52ID:???
ホッキョクグマとヒグマ程度の差なら、まだ交雑可能だし亜種レベルで分けても問題ないだろ。

687名無虫さん2016/09/29(木) 11:49:00.68ID:I3xWzmKr
むしろホッキョクグマに独立種面させておく必要があるのかと

688名無虫さん2016/10/07(金) 22:16:02.93ID:???
ないと思う。
ホッキョクグマってのは極地環境に適応したヒグマの特殊な亜種に過ぎない。

まあ本来の「種」の定義からいくとF2以降の雑種が繁殖能力を失わないオオカミ - コヨーテ - キンイロジャッカルや
ニホンザル - タイワンザル - アカゲザル - カニクイザルなんてのも別種にしとく必然性が無いとも言えるが、所詮
「種」の分類なんてのは人間が恣意的に決めてるのでやむをえない面もある。

ただホッキョクグマという「種」は背後にヒグマの膨大な遺伝子プールが存在しているからこそ長期にわたる環境変化
を乗り越えて存続し得ているんだと思う。
極地の縮小する温暖期にはその遺伝子はヒグマの遺伝子プールに吸収され、逆に極地の拡大する寒冷期にはヒグ
マの遺伝子プールから極地環境により適応した形質を持つものがホッキョクグマとして放出されるというのを繰り返し
てきたのではないか。

689名無虫さん2016/10/08(土) 11:50:03.90ID:???
交配が出来れば同種。人間が勝手に細かく分けただけ。
隔絶されたら別々に進化が始まるが未来永劫ずっと隔絶されている保証はない。

690名無虫さん2016/10/10(月) 15:29:01.96ID:???
将来的に遺伝子医療の発達でチンパンジーと人間が交配可能になったときに、その子供の人権はどうなると思う?
俺は人間として扱うべきだと思う。そうじゃなきゃハイブリッド軍団を作って無茶する奴が出てくると思うんだよね

691名無虫さん2016/10/11(火) 00:47:02.70ID:???
オオカミは今コヨーテと雑種混合が絶賛進行中で
このままだとコヨーテの血をひかないオオカミはいなくなるかもしれない

692名無虫さん2016/10/12(水) 17:14:06.04ID:???
>>691
オオカミの個体群にはコヨーテとの雑種は混じらないよ
雑種が交じるのはコヨーテの個体群だけ
なぜならオオカミとコヨーテの雑種ではオオカミの個体群で子孫を残せないから
これは交雑によるイヌの遺伝子がオオカミの個体群に残りにくいのと同じ

693名無虫さん2016/10/13(木) 00:42:32.99ID:???
>>692
「残せない」じゃなくて「残りにくい」って意味だよね?

694名無虫さん2016/10/14(金) 01:41:20.81ID:???
>>693
何が言いたいのか不明だが
一般論として遺伝的に近い種では稀に遺伝的な交流が起こりうるが
それでも生態的な隔離があれば超長期的には生殖的な隔離が生じうる

695名無虫さん2016/11/22(火) 22:58:47.34ID:???
>>692
狼の中では雑種はモテないって解釈でOK?

696名無虫さん2016/11/24(木) 21:58:46.05ID:aXaxjE1O
なんで反芻する偶蹄類の中でも特に小型のダイカー類やホエジカ類が、同じ科の大型種より雑食傾向が強いんだろう
小型なら葉についた虫とかを器用によけられるだろうし、小型だから少ない餌で済むから選り好みしても生きていけそう
でも誤食どころか積極的に捕食してるみたい。体が小さいと反芻能力が大型種より弱いのかな?

697名無虫さん2016/11/24(木) 23:27:48.60ID:YNStk5Dy
キリンはハト程度の鳥を食べることがあります。
シカもスズメ程度の鳥を食べている動画を見たことがあります。
草食動物の中には人間が知らない(見たことがない)獲物を食してることがあります。

698名無虫さん2016/11/25(金) 00:50:48.49ID:J3SPqmKt
さすがにストレスとか飢餓で自分の子供を食べてしまう偶蹄類はいないかな?

699名無虫さん2016/11/27(日) 15:59:31.63ID:???
デザートがてらに食べるのと副食並に食べるのでは違う。

700名無虫さん2016/11/27(日) 20:58:52.72ID:WXtZRFur
ファッシズム政権は、残酷な結末しかない。
安倍晋三はどんな殺され方をするんだろう?
https://twitter.com/tok aiamada/status/605899171313246209

『みんなで行こうアホノミクスの向こう側』
『アホノミクス完全崩壊に備えよ』
『どアホノミクスへ最後の通告』(浜矩子・著)


抑制のない成長に基づく経済政策は終焉

日本国民はどう対処すればいいのか。
新しい政権は民意を反映し、
食糧、住宅、健康、教育、最後に防衛です。
国民の意志を裏切ることは、
極端な場合、自殺や殺人にまでつながります。
民衆の指導者は
職業的政治家ではない人々から見つかるのです。

世界平和の脅威は、
イスラエル、イラン、アメリカです。
イスラエルの役割は跪いて、
パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に
反対の声を上げなければなりません。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したい
という衝動(世界を支配する)をコントロール
するのは、マイト レーヤの任務です。

非常に間もなく
マイト レーヤをテレビで見るでしょう。
彼は「匿名」で働いております。

701名無虫さん2016/11/27(日) 21:19:26.15ID:???
マイトレーヤってアッー!言えばじょうゆうだっけ?
懐かしいな。

702名無虫さん2016/12/06(火) 19:59:50.32ID:???
>>696
草食動物が肉を栄養にすることは基本的に可能
肉食動物はセルロースを消化できないから草食は無理
ただし進化の過程で草食性を獲得したことはいくらでもある

703名無虫さん2016/12/10(土) 18:47:22.08ID:???
>>796
大型になるほど消化器官が大きくなって、
植物の消化に有利という一面もあるらしいです。

704名無虫さん2016/12/30(金) 06:30:55.58ID:???
草食獣がデカくなるのはそのためか

705名無虫さん2016/12/31(土) 13:56:01.17ID:wa1UQkaC
705

706名無虫さん2017/01/06(金) 20:40:03.40ID:???
>>703
反芻獣みたいに胃が分かれていて一部で有用細菌飼ってるのが今のところ最強だろ
馬みたいに腸を長くしてると腸閉塞で死んだりする

707名無虫さん2017/01/07(土) 22:13:09.92ID:???
反芻胃にしたって体がでかい方が有利。

反芻胃ってのはプラント工場みたいなもんなんだから。

708名無虫さん2017/01/08(日) 23:13:53.99ID:???
実際、偶蹄類も色んな系統で大型化してるしな。

ラクダ、カバ、シカ、キリン、イノシシ、ウシなどなど。
植物食や植物食中心の大型哺乳類の大半は今や偶蹄類が占めてるといえる。
あと偶蹄類の眷属たるクジラも大型動物だが動物食かつ水生なので別としよう。

709名無虫さん2017/01/11(水) 20:45:41.17ID:???
でも恐竜も哺乳類も大型動物が絶滅したあとで小型の祖先形から始まったんじやないのか

710名無虫さん2017/01/12(木) 21:19:32.04ID:d5IVcoZm
710

711名無虫さん2017/01/13(金) 19:56:23.87ID:???
>>709
その通り。しかも祖型は虫なんかを食べる動物食、あるいはせいぜい雑食だ。
そこから植物食を専門とする種が出現し、大型化していくわけだ。

712名無虫さん2017/03/10(金) 15:18:59.40ID:???
日本に2万年ころ前まで居たトラってアムールトラなのでしょうか?
NHKでは「トラやヘラジカなど、現在ではシベリアで生息している動物が日本でも暮らしていたのです」とアムールトラであったような言い方ですが、南方系(ヨウシトラ?)という情報もあり…
亜種名までは分からないんですかね

713名無虫さん2017/06/04(日) 09:03:16.53ID:???
アフリカ獣類や異節類をゴンドワナ獣類と呼ばないのは、
アフリカ大陸や南アメリカ大陸が分離した後に現れた種だからなんですか?

714名無虫さん2017/06/04(日) 13:04:23.86ID:???
>>712
アフリカ獣類と異節類が単系統かどうか議論があるし、確かに両大陸分離後の登場だからね。
オーストラリアの立場もあるし。
オーストラリア、南米、南極という生息パターンだった有袋類の方がよっぽど東ゴンドワナ獣という言い方にふさわしそう。

715名無虫さん2017/06/07(水) 06:34:59.05ID:5125TTFP
>>712
ペルシャが最も近縁だったのがアムールだったというように遺伝子を詳細にみないと
なんとも言えないかと。20世紀まで生きてたペルシャはともかく
古代日本のトラまで遺伝子が採取できるかは少々疑問だ。

716名無虫さん2017/06/08(木) 21:43:27.60ID:tHaD9/2/
>>715
ペルシャって言ってるのはヒョウのこと? (ペルシャヒョウ・アムールヒョウ)

もしトラのことを言ってるんだったらカスピトラのことだよね?

717名無虫さん2017/06/11(日) 11:41:02.39ID:???
うん。すまない。カスピトラってほうが一般的だね。別名ペルシャトラっと。

718名無虫さん2017/06/20(火) 00:18:48.10ID:???
ローラシア大陸はユーラシアと北アメリカに分裂するがこの二つの大陸は何度か陸続きになり、
なったため、広い大陸で動物の行き来があったため生存競争に強い種が進化できた。

一方、ゴンドワナ大陸はローラシアと比べて早い時代から分裂が始まり、
アフリカ・南アメリカを含む西ゴンドワナ、南極大陸・オーストラリアを含む東ゴンドワナになるが、
新生代になるころにはアフリカと南アメリカ、南極とオーストラリアは完全に分裂したため、
それぞれの大陸で哺乳類は孤立して進化していくことになった。

719名無虫さん2017/07/29(土) 17:11:07.81ID:???
ゆうて いみや おうきむ
こうほ りいゆ うじとり
やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ

720名無虫さん2017/07/29(土) 17:23:08.43ID:???
>>719
すげー懐かしい

721名無虫さん2018/02/08(木) 12:13:38.30ID:Tcf02bsH
知り合いから教えてもらった副業情報ドットコム
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

72AQ8

722名無虫さん2018/05/25(金) 22:15:30.47ID:FFXjRJh6
コウモリもローラシア獣類

723名無虫さん2018/06/02(土) 09:29:27.78ID:???
コウモリの祖先の化石が発見されないかなあ。

724名無虫さん2018/07/01(日) 07:52:25.45ID:???
難しいだろうねえ…。
蝙蝠の化石自体が極めて少ない。

森林性の小型動物とか化石になること自体が難しい。

おかげで鳥類や哺乳類の祖先の化石も長い中生代を通じて極めて少ない部類なんだわ。

725名無虫さん2018/07/01(日) 09:05:48.91ID:???
というか723の言う祖先てのがどういうのを指してるのかが分らんな
飛ぶ前の奴か?

726名無虫さん2018/07/06(金) 17:05:21.98ID:g3VIb8ss
>>724 哺乳類の中では大型な方の人間でさえ、化石で残りやすい歯とかは小さいもんな
ましてこれが体長10cmとかの生物だったら....
生息数が多かったらそれなりに見つかるかもしれないけど、いかんせん骨が小さすぎる。
数多の小石の中から化石を判別できる目があるか以前にそもそも骨が残ってるのか。

727名無虫さん2018/07/10(火) 21:39:09.13ID:???
現生の形態になった直後と思われる蝙蝠の化石なら既にみつかってるんだ。
飛ぶ前の、飛ぶ機能獲得中ってのは確かにみつかれば面白いとは思うけどね。

728名無虫さん2018/07/13(金) 02:21:58.35ID:TT3Fc249
ペガサス野獣類といって奇蹄目と食肉目が蝙蝠に一番近いんだっけ
バクをものすごく小型化したものと五本指の馬の中間みたいな奇蹄類の共通先祖、最古の食肉類ミアキス、
これらとの最大公約数に少し色を付けたものがまだ飛べないコウモリの先祖の姿ってことなんだろうけど、正直想像がつかない
まあ多分5本指ではあったんだろうな

729名無虫さん2018/07/13(金) 14:39:51.56ID:???
ぶっちゃけ、どの哺乳類も恐竜絶滅直後は
形態としてはネズミやトガリネズミ、オポッサム、ネズミカンガルー類とかに
近いものだったに違いない。

今いる目レベルのグループの共通祖先はどれもそんな感じだろう。
それらが分岐して数百〜1千万年ほどで、けっこう形態に差異が出てきた(目として成立した)とみるべきだろうな。

730名無虫さん2018/07/21(土) 21:14:40.11ID:fOHHTEUZ
アフリカンゴールデンウルフの発見により
オオカミがアフリカまで生息していたことが判明した

731名無虫さん2018/09/04(火) 02:57:30.01ID:XtvHW58p
偶蹄類の角って、シカみたいな生え変わるのと、それ以外の一生もののとどっちが本来の姿なんだろう
シカみたいに毎年生やしてたんでは守りや同種のほかの個体への威信が切れる期間が出来たり、生やすことに体力を取られるから
ずっと生やしている個体が有利になった?
あるいは角に毒素とかを集めることで、シカは悪いものを年に一度捨てられるようになった?
あるいは相同器官ではないのかな?

732名無虫さん2018/09/04(火) 16:55:43.75ID:???
鹿はとりわけ原始的な系統ってわけでもないし、あっちの方が派生的じゃないのか?

733名無虫さん2018/10/11(木) 00:22:52.40ID:3+qJAwMt
ヨウシトラはホラアナライオンやアメリカライオンに近いと聞いたけど。

734名無虫さん2018/10/27(土) 14:22:20.36ID:TijzEAMg
アメリカライオンやアメリカのチーターが絶滅した理由

735名無虫さん2018/10/27(土) 16:19:05.35ID:???
大体、ホモ・サピエスのせい。

新着レスの表示
レスを投稿する