愛媛 中村知事のスキャンダルを

1名無しさんの主張2018/05/22(火) 19:25:10.57ID:RRss1dHt
一生懸命に作るのは誰ですか?

2名無しさんの主張2018/06/09(土) 02:41:25.67ID:???
自分に暴力をふるい、 苦しむのをながめて楽しむ加害者たちを、共に生きるクラスの仲間とみなして自発的に
「寄せつけ」、 学級集団の大いなる共生に順応するよう「性格の問題」を直すのが、治療の目標であるとしている。
まるで集団レイプされている人に、「気持ちよくなれず、加害者を寄せつけないあなたは精神医学的に問題がある。
こころとからだの底から加害者と<共に響きあって生きる!>ことを受け入れようとしない冷感症を治療する」、
と言っているようなものだ。若林らがしていることは、旧ソ連の精神科医が共産主義に逆らう人を精神病とするのと同じである。
文章を読めば明らかに、若林らがE子を異常視する判定ポイント(精神医学的に正常と異常を分ける基準点)は、
E子の存在が深部から<学校のもの>になっているかどうかである。若林らは、こころとからだの深いところから
<学校のもの>になって共に生きようとしない、E子のまつろわぬこころを医療の対象とする。
学校の生徒でありながら、学級集団に染めあげられないE子は、精神科で治療しなければならない。
若林らの精神科医および精神医学指導者としての言動は、精神医学が学校の色に染め上げられた局面を鮮やかに示している。
それだけではない。学校が精神医学を染め上げる形から、逆に、学校のなかに濃縮した姿で現れる全体主義の本質を明らかにすることができる。
全体主義は、ただ外形的な服従を要求するだけではない。生活環境を集団化して涙や叫びや歌や笑いなどの共振密度を高め、
一人ひとりが自分を裂け開く<すなおさ>をどこまでも要求する。ほんとうに心を開いておまえそのものが流れ出ているかどうか、
といった自己裂開への執拗なこだわりが、全体主義を単なる独裁から分かつ、全体主義の本質である。
「トイレに閉じこめられたり、仲間はずれにされた時に、泣けばよいのだけれども、『私は泣かない、
それで、皆から同情されないと思う』」のは、泣くことがクラスの集団生活で要求される「すなお」な自己裂開であり、
個人が勝手に距離を取ることは加害行為よりも「悪い」ことであるからだ。ここでは、自他共振の擦りあいのうちから、
おまえがおまえである底のところから<おれのもの>になるべしそれをあかすがゆえに、しばしば身体開口部が濡れているかどうかにこだわるという、ポルノ的な裂開規範をみとめることが

3名無しさんの主張2018/07/02(月) 18:21:09.30ID:???
問題が起きて以来、逃げ隠れしていた加計が会見を開かざるを得なくなったのは、加計学園が獣医学部新設を進めるためについた嘘について申し開きするためだった。
15年3月、愛媛県に学園側が説明する時、学園側の人間が2月25日に加計理事長が安倍首相と面会し、
獣医学部新設について説明した際、安倍が「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」といっていたと説明していたのである。
愛媛県側に残されていた文書にはっきりそう書いてあった。そこで慌てた加計学園側は、話を前に進めるために嘘をついたといい出したのである。
首相の名前を使って相手に圧力をかけ、それがバレると嘘だったと臆面もなくいい出す輩が、
教育者の仮面をかぶっているのだ。しかし名前を騙られた安倍は怒りもしなかった。やはり加計との間であのようなやりとりが実際にあったのだろう。
そう思うのは私だけではないはずだ。そうした空気が蔓延することを恐れた安倍が、加計に
「あんたが出て釈明しろ」といったのではないのか。ようやく会見に出てきた加計だったが、
記者クラブへの通告は2時間前、時間は30分、地元記者に限るというさまざまな制限を付けた。
そこで加計は、部下が嘘をついた、安倍とはその日面会していない、当日の記録はないと全否定したのだ。
記者も核心を突く質問ができず、加計は間違いなく嘘をついているという印象が強く残っただけの会見だった。
ノンフィクション作家の森功は、昨年5月に文藝春秋で「安倍首相の腹心の友の商魂」を書いた際、
加計側から猛烈な抗議を受けた。その際、加計側は理事長の詳細なスケジュールを出してきたと日刊ゲンダイで話している。
それなのに15年の2月25日の記録が残っていないというのは考えにくい。すべては17年2月17日、
衆議院予算委員会で、森友学園に対する国有地払い下げに昭恵が関与しているのではないかと聞かれ、
思わず口走ったこの言葉が発端だった。「私や妻が関係していたということになれば、私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」
森友に続いて加計学園問題も追及され、いったんついた嘘に嘘を上塗りして、身動きが取れなくなってしまったというのが実態であろう。
6月2日、山口県下関市の割烹旅館「春帆楼」に昭恵が6人ほどのSPを従えて入っていった。
待っていたのは保育サービス業大手「ポピンズ」の中村紀子会長(69)と森まさこ参院議員(53

新着レスの表示
レスを投稿する