◇幼かりし日、好きだった光景◆

1ラーヴィッシュ ◆TTPSd955aI 2005/08/26(金) 09:19:37
                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|_,,.. .-‐'''""~ 
    .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..   , -'"  :.:.:...:::. ....  ," .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,.
   .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:.. , -'"    ... ,.:.:.:...:::.. . ,'   .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: 
.,.:, .. ..    .,. :,..:..  , -'"    ... ,..  ... ,..  .. ,'   .,.:,..:..   .,.:,..:..
  .,.: ,..:..   .,.:,..:., -'"  ... ,..          .  ,' .,.:,..:..   .,.:,. .:..   .,.:,..:..   .,.:,. 
        , -'"        ...           ,'   .,.:,..:..   .,.:, ..:..   .,.  :,..:..  
   .,.:,..:., -'"... ,..       ..   ... ,..      ,"  .,.:, ..:..   .,.:,..:..   .,.  :,..:..   .
   , -'"          ... ,...  ... ,..   .   ,"  .,.:,..:..   .,. :,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..
, -'"               ...         ,"    .,.:,..:..   .,.:,  ..:..   .,.:,..:..   .

463大人になった名無しさん2012/01/14(土) 10:48:54.97
就活は人生前半の総決算とはよく言ったものだ。
受験戦争の戦利品たる新卒切符を握りしめ、いざ社会へと羽ばたこうと意気揚々。
そこで初めて気付く、社会に適応できない自分の性質。
藻掻けども足掻けども届かぬ社会への出発駅。
じきに失効する黄金色の切符がより悲壮感を引き立てる。
絶望が心を漆黒で包み、ある者は鳥になり、ある者は木に結わえられた飾りになり、
ある者はレエルの上で華となる。
焦燥し、されど矜持は捨てられず、塵芥の生に朱紅いピリオッドを打つのである。

464大人になった名無しさん2012/02/06(月) 00:20:49.04
ああ、私達はまた、また一日死へと進んでしまった。
死ぬとどうなるの?考えたって分からないから恐れる。
恐れて、逃げて、追い付かれて、喰われる。
筋肉を裂かれ、骨を割られ、臓腑を貪られる。
隠れたい、死へと進む黒い列の中から抜け出して、
死神の目が届かない場所に行きたい。
神よ、救いと祝福を。

465大人になった名無しさん2012/02/06(月) 23:59:21.21
ワーイ トーチャン カーチャン♪
(. .ー`)    J('ー` )し 
 (  )\('∀`)/( )
 ||  (_ _)   |│

ソロソロジカンダナ     エエ イカナクチャ
  _、_  !?
(. .ー`)    J('ー` )し 
 (つ )\(゚A゚;)/( )
 ||   (_ _)   |│

       シッカリナ   ガンバルノヨ
。゚ 。.゚ 。    _、_
・.。.:*・゜゚・   (. .ー`)J( 'ー`)し .゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。 トーチャン カーチャン!! イッチャヤダ!!
 。  ゚  ☆ + ,・*:.。. .。.:*・゜゚・゚。 *。.   .     ボクヲ オイテ イカナイテ゛!!!
゚・*:.。. .。〜*・゜゚・・*:...:: .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚.ウワアアァン トーチャーン!! カーチャーーン!!
゚。 +゚`, o。・*:.。. .。.:*・゜゚・。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。
                               。゚('A`゚)゜。
                               ヽ(o _)ヽ ≡≡≡

  >┴<   ⊂⊃
...-(・∀・)-         ⊂⊃    幸せだった日々
   >┬<       ワーイ         
       J( 'ー`)し ('∀` )    いくら金を積んでも手に入れられない思い出
        (  )\('∀`) )
        ||  (_ _)||
;;⌒::.;;.⌒⌒/   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /::. :; ;⌒⌒:.:⌒:;⌒;;⌒
..  ,::.;  /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; .:   ,,。,.(◯)   ::
  : :::., /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /,,;  (◯)  ::: ヽ|〃  ;;:
.  ,:.; /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; :ヽ|〃  ,,。,    ::;;,

466大人になった名無しさん2012/02/11(土) 17:41:34.47
わたしが逢いたい人は、もうどこにもいない。
すべては幻想、若者だった頃に抱いた理想の残り香。
理想という幻影を追い求めて、砕け散った欠片が今のわたし。
輝く光の御座は遠のき、最早見ることも叶わぬ。

467大人になった名無しさん2012/02/14(火) 01:04:38.80
あの大震災の直後、非日常の世界は、今からすると懐かしい。
被災者の方々には申し訳ないのだが、
テレビ番組がすべて震災一色に染まり、CMがすべて企業の宣伝ではなくなったあの時期、
第三者視点での非日常性、それはかけがえの無いものだった。
西日本では、あの大震災も最早過去の出来事だ。
退屈でつまらない日常が繰り返され、ただ不況の痛みだけを感じる日々だ。
……生きているという感覚が、ない。

468大人になった名無しさん2012/03/06(火) 23:00:45.43
今日の君は昨日の君で、昨日の君は一昨日の君。
だから、明日の君は今日の君と同じなのさ。

469大人になった名無しさん2012/04/30(月) 04:24:49.67
友は、進んだ。
彼の、家族の元へ、一度も振り返らず。
親友だった。
苦楽を共にした、事もあった。
それが、私を見ずに、進んで行った。
彼は、生者、私を見られない。
存在を、感じられない。
志半ばで倒れた私を、彼は笑うだろうか。

470大人になった名無しさん2012/05/04(金) 22:24:36.41
小学生、中学生、世界はまだ平和だった。
何も考えず、自分の周りの世界だけだった。
何も考えず、バトルエンピツで遊んでいた。
けれど、ある時、突然それは起こった。
世界が急に広くなった。
隠れていた汚いモノを、知ってしまった。

471[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:04:53.36
花がね、見えるんだよ。
生命の花。

472[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:05:30.63
ボクはね、薄暗い草原を歩いていたいのさ。
風の音、草原の音、木葉の音、そして、ボクの足音。
静寂。

473[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:06:01.05
ヒトは嫌いだ。
動物は嫌いだ。
動くな。

植物は好きさ。
自ら動き出さない限りはね。

474[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:06:31.07
風が、吹いている。
嗚呼、あの街で結婚式をしているよ。
街の外れの小さな教会。
鐘の音、心が透き通る。

すべては無駄だった。
ボクのしてきた努力、それは砂粒だ。
白い砂粒を集めていたけど、黒い砂粒が多く混ざっていた。
風に運ばれて来たんだ。
これが悪意と云うものだ。

475[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:07:12.22
人生とは何か、考えた事があるか?
蜃気楼だよ。
在る、が、そこには無い。
ズレているのだよ。
ヒトの認識とボクの認識は。

火に灼かれた水、水に浸かった火。
非現実的?
現象は在るよ。

476[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:08:32.92
ある旅人が言った。
「これは金です。」
ボクは言った。
「それは幻です。」
旅人は泣きながら去って行った。

477[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:10:03.59
長い階段を踏み締める。
これが堕落である。

478[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:10:56.77
ある処に、古びた小屋があった。
旅人の目に、小屋は傾いて見えた。
ボクは言った。
「小屋は傾いていない。」
世界が傾いていたのである。

旅人は応えない。
何故ならば、旅人は、声を発する器官を失っていた。
思考も光も音も失っていた。
痩せた白い旅人は何も応えなかった。

479[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 03:20:34.13
ボクは、いつでも38番だった。
12の軍隊が3柱の姫それぞれにあった。
1つ飛ばした後にボクが在った。

480[-_-]ノシ ◆tbOcnDuze2 2012/07/07(土) 15:21:41.72
災いは、山と海からやって来た。
ボクには、片方だけ鎮める力が与えられていた。
だから、ボクは、山を鎮めた。

喩え幾万幾億のニンゲンが魚の餌になろうとも、
ボクの心は揺れない。
単なる自然淘汰だ。

481大人になった名無しさん2012/07/08(日) 01:59:45.06
貴様らのダンマリには反吐が出るよ。
沈黙は、たった今俺の口から出たのより酷い悪臭を放つ。
とても耐えられない。

482大人になった名無しさん2012/07/18(水) 01:13:16.71
The road splits here...
Let's be doubly sure as to which will see us to our destination.

483大人になった名無しさん2012/07/18(水) 05:38:14.89
引きこもりは黙って引きこもってればいいのに

484大人になった名無しさん2012/07/18(水) 23:14:09.50
故郷へと向かう電車の中、揺られ揺られて、郷愁の海辺。

485大人になった名無しさん2012/07/18(水) 23:37:28.32
蝉の声、大きな津波と成りて、我を懐古の世界へと攫い去る。

486大人になった名無しさん2012/07/21(土) 00:32:51.23
暑さで意識が朦朧とした中、蝉の鳴き声を聞く。
茹で上がった素麺を氷水で冷やし、胡瓜や玉子焼きの刻みと共に食す。
夜、白い襯衣の姿に成り、麦酒を飲みながら野球中継を観る。
嗚呼、懐かしき昭和の親父の後姿。

487大人になった名無しさん2012/07/21(土) 13:27:16.43
神社の階段の下から見上げた
女子高生のお姉ちゃん達のスカートの中

488大人になった名無しさん2012/07/22(日) 08:16:23.55
遊んだ後の帰り道、夕暮れ

489( ´∀`)っ●〜*2012/07/22(日) 21:00:29.59
昭和を思い出すと、胸が重くなりますな。
懐かしさで。

490( ´∀`)っ●〜*2012/07/23(月) 20:23:57.43
昔の親父の背中はでかかったが、今では老いぼれですよ。

491大人になった名無しさん2012/07/24(火) 08:22:29.51
けっ、昭和なんざクソ食らえだ!

492大人になった名無しさん2012/07/24(火) 10:31:34.08
>>489
肺癌ですよ

493( ´∀`)っ●〜*2012/07/26(木) 21:38:21.51
>>492
勘弁してくれ、俺はまだ若いんだ!

494大人になった名無しさん2012/07/26(木) 21:38:51.62
小学4年生のとき
友達とちょっと遠くの公園までチャリで遊びに行く事に
なのでおこづかい頂戴って親に言ったら300円しかもらえなかった
皆1000円持ってきてるから1000円頂戴よ!って言ったら
だめって言われて、あとから親の財布から1000円くすねた。
財布に1000円しか入って無かったのに・・・
その当日の朝、靴はいてたらお母さんがきて
もう行くの?しょうがないから1000円あげるね
って言ってきた
でも当然そのその財布には何も入って無くて・・・
ごめんね。お財布に1000円なかったからあげられない。気をつけてねいってらっしゃい
って笑顔で言われた
10年以上経った今でも罪悪感で泣きそうになる

今も書きながら涙出てきた。
お母さんごめんなさい

495大人になった名無しさん2013/01/25(金) 00:15:22.63
夏山の雲
夕立
拾った子犬
久しぶりの雨がたたきつけるときの土のにおい

496大人になった名無しさん2013/02/18(月) 01:29:02.17
>>495
良いですなー・・・
子供の頃に戻りたくなったよ・・・

497大人になった名無しさん2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
冬、雪が積もり、白く真っ平らになった畑に沈む夕日。

498大人になった名無しさん2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
家へ続く道がまだ舗装されてなかった頃、9月下旬になると咲くひがん花
道の脇にずらーっと
道はずいぶん昔にアスファルト舗装され、ひがん花は変わらず咲くのだけれど、あの頃のひがん花がなつかしい。
あの頃の秋がなつかしい。

499大人になった名無しさん2013/10/12(土) 10:21:51.77
お寺の鐘が聞こえてくる
まだ6時なのにもう暗くなって
遠くからふっと香る金木犀

500大人になった名無しさん2013/10/21(月) 18:00:00.49
子どもの頃、よく行ったデパートの窓から下を眺めると、スレートの
屋根の上で一匹のニワトリが死んでいた。
そのニワトリが羽がなくなり、ひからびて骨になっていくまで、その窓に
行くたびにずっと見ていた。
あのニワトリは、思い出の時の流れの中に消えていったのだ。

501大人になった名無しさん2013/11/08(金) 14:00:29.46
セピア板に笛、体操服、上履き、椅子のスレが立っているけど
なんかエロい事がしたくなる気分になる誰もいない教室  

502大人になった名無しさん2014/03/21(金) 09:01:33.59
仮性包茎の男に出くわすことは稀じゃない。
というか、勃起する前も剥き出しテカテカなんて
ちんちんの方が全然少ない。
そっちの方が不自然だし、だから全く気にすること
なんてないのだよ。
でも、パンツを脱がした途端被った皮を剥く男、
多いよね?パンツを脱がせる前に、あらかじめ
手を突っ込んで剥いてる男だっている。
 思い当たる人、手上げて。

ほらね、いるよね、結構。
ほとんど無意識に剥いてる様子の男を見る度
あたしは、可愛いなぁと思ってしまう。
この「可愛い」という表現は、ある意味で虚しさ
とリンクしている。
見栄を張っているのだとしたら、それはちっとも
見栄になっていないし、第一、剥ける瞬間の
楽しみというのを、あたしから奪っているという
ことに気付いていない。
勃起し始めたちんちんから徐々に膨らみながら
皮を押しのけて出てくる亀頭を、あたしはとても
愛おしく思うのに、その楽しみを奪われたあたしは、
 ”先に剥くなや〜!”
と雄叫びを上げたいくらいがっかりだ。
もちろん、剥けた亀頭は白いものや毛が挟まって
いない清潔な亀頭であることが、大前提なのだけど。

寒い日、チヂコマッて、まだ皮の被ったままの
ちんちんが、あたしの視線で、あたしの温度で、
あたしの存在で、剥けてゆく様。
とても素敵なことだと思うの。

503大人になった名無しさん2014/04/05(土) 17:44:53.38
2014/04/05(土) 16:41:39.44 ID:Fg28+M+i0
祖父 安倍寛(東京帝国大学卒)、岸信介(東京帝国大学卒)
大伯父 佐藤市郎(海軍兵学校首席卒業)
大叔父 佐藤栄作(東京帝国大学卒)
父 安倍晋太郎(東京大学卒)
兄 安倍寛信(東京大学卒)
本人 安倍晋三(成蹊大学卒)
弟 岸信夫(慶應義塾大学卒)

安倍晋三だけが突然変異的に頭が悪い。

安倍昭恵は、小学校から聖心のエスカレーターに乗った森永財閥のお嬢様なのに、
聖心女子大学どころか聖心女子短大にも入れず聖心女子専門学校に回された底なしのバカ。

安倍晋三・昭恵はお似合いのバカップル。

504大人になった名無しさん2014/05/12(月) 14:00:03.75
友達とよく遊んでた地獄絵のあるお寺の階段
グリコパイナップルチョコレート

505大人になった名無しさん2014/07/20(日) 18:35:35.75
俺が幼稚園にいた時はみんなに馴染めなかった俺が1人でいる時によく一緒に
遊んでくれたのが園長先生だったな。がボール投げをしていて、いつしか他の子
も交じってきて友達もできるようになった。5年前の3月末にその園長も癌で
亡くなった時葬式に行ったらあの頃一緒に使って遊んでたボールが棺に入れられてた。
そのボールの手触りもあの時と全く同じで、何とも言えなかったよ。

506大人になった名無しさん2014/09/17(水) 09:34:17.21
王国クランベリーラーメン

王国クランべリーラーメン

王国クランべリーラーメン
駐車近代リカエらーめん

507大人になった名無しさん2017/11/08(水) 18:07:37.02
光景

508大人になった名無しさん2018/01/30(火) 01:34:04.23
セピアのように金が手に入る方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

11QF2

509大人になった名無しさん2018/02/02(金) 04:37:06.09
幼かりし日、好きやった光景

暖かい布団やコタツに入って、或いは親族や友達に守られてみた安心感と幸福感に包まれて見た光景は
(・ω・) も一度、あん時に戻りたいと思うぞよ。田舎の街並みや古い民家の柱や天井の梁でええんや。光景というかその時のシチュエーションが重要やの。

510大人になった名無しさん2018/04/17(火) 22:10:45.82
人間、どんなにどんなに一生懸命に努力したところで、
定められた運命を大きく変えることなどできはしないのだ。
せいぜい大河に投げ込まれた小石が立てる波紋のように、
運命という水面を一瞬僅かに揺らして終わるのが関の山である。
従って、宇宙の意思(神)が定めた運命に身を任せるのか、
あるいは無駄に近い努力をするのかで人間は悩むのだ。
多くの人間はその短い人生の半ばで諦めて前者を選ぶ。
後者を選んでいるつもりでも、実は前者を選んでいるという人間もいる。
結局のところ、宇宙全体の大きな流れの前においては、
人間という存在はあまりにもちっぽけに過ぎるのだ。

511大人になった名無しさん2018/05/14(月) 08:41:26.08
バスのドアから見える路肩やボディサイドに貼られた観光バスのマーク、
タクシーの丸い空車メーター(金属色に赤)や排気ガスが好きだった。

512大人になった名無しさん2018/05/15(火) 20:25:28.20
まだあったんかこのスレ

       ヒック  
  __   ξ     
  〉 〈  (:::><)    
  |  | /U__ 匚O  
  ..|酒| `⊃ ⊂)

513大人になった名無しさん2018/05/19(土) 00:24:51.94
俺もおっさんになっちまっただよー

       ヒック  
  __   ξ     
  〉 〈  (:::><)    
  |  | /U__ 匚O  
  ..|酒| `⊃ ⊂)

新着レスの表示
レスを投稿する