一生観ないと思う邦画を挙げるスレ

1この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 17:54:19.12ID:oxVchI3c
題名だけで観る気も失せる10本

お受験
就職戦線異状なし
会社物語 MEMORIES OF YOU
病院へ行こう
国会へ行こう!
Last Dance 離婚式 
大安に仏滅!?
お日柄もよく ご愁傷様
お墓がない!
洗濯機は俺にまかせろ

2この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 18:37:16.67ID:NX9pvn3I
木村祐一の監督作品

3この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 20:32:54.38ID:9hw/Wd0C
三谷幸喜全作品

4この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 20:56:57.70ID:N9KBvqRO
井筒和幸と松本人志の全作品

5この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 21:20:27.25ID:1TogGlmH
北野武全作品

6この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 21:36:16.46ID:W1qHaKJ1
わろた
まともな会話できる奴居ないのかよw

7この子の名無しのお祝いに2018/06/13(水) 22:42:18.83ID:CHmuUreB
恋空
みたいなやつとか
最近のやたら少女マンガ映画化してるやつ
わざわざ悪くするな

8この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 00:41:53.70ID:px/5Cjdm
>>1
「会社物語」は見る価値あるよ。
クレージーキャッツの同世代の人たちにとっては胸詰まると思う。
ちゃんと‘庶民の戦後史’の映画になってる。

9独り言a.k.a元祖御用一般人 ◆rI5oCip.d6 2018/06/14(木) 01:41:31.84ID:XVoWQLcG
>>1
『大安に仏滅!? 』『お日柄もよく ご愁傷様』この辺、作品そのものは悪くない様な
話も聞くが、、和泉聖治は意外と悪くないのだけれど映画通には嫌われる。

まあ『相棒』とか観てても普通の監督ならリテイクするようなカットを平気で使ってたり
するからなあ、、芝居の背景で明らかに小道具のポスターがテイク中に剥がれている (その
剥がれる音もしっかりとマイクに入っている)カットをそのまま使っていたのには目を疑った。
たぶんリテイクを言い出すと和泉が「オレはテンポ良く撮りたいんだよ、余計な事を言うな」
と機嫌が悪くなるので誰も言えなかったのだろう。

滝田洋二郎は素の人柄は善いらしいがやっぱり凡庸だよね。あくまで回ってきた企画・シナ
リオの中で最善を尽くすだけの人。滝田は成人映画時代の方がたぶん良かった。
金子修介も所詮は同じかな? 
一倉治雄なども今はどうしているのやら、、『国会へ行こう』の脚本=高野和明は後に
小説家になった「高野和明」と同一人物らしいな。一倉は東映京都制作の『悲しきヒットマン』
はちょっと頑張ってた。当時の東映のロートル中堅ではあのキレはもう出なかっただろう。
一倉自身は東映ヤクザ映画には興味がなかった(アメリカ・フランス辺りのフィルムノワールが好きだった)
人らしいけど、それが良かった。

原隆仁なども『べっぴんの町』辺りはちょっと良かったらしいけど、観てないし、、

10独り言a.k.a元祖御用一般人 ◆rI5oCip.d6 2018/06/14(木) 01:42:34.54ID:XVoWQLcG
>>8
>>1で上がってる映画はみな80〜90年代の作品かな?

ただ当時は日本映画の興行絶望期でたまに作品的成功作があっても実際の劇場はほぼガラガラ
だったからなあ、、『会社物語』だって封切時に観た人は殆どいないよ。確か地上波放映は
されてるからその際に観た人はいたかな?
当時の日本映画など地上波放映の際にせいぜい「2時間ドラマ」と同列の感覚で観られるものに過ぎなかった。 

制作現場的にもカネもないスカスカの中で撮らないといけなかったし、、たまに「大作」が
あっても大抵は出資スポンサーの前売買取付の「ゆるい」映画だったし、、
現場はカネないし、たまにカネ掛けても「ゆるい」ものしかアガってこないし、たまに
佳作があっても劇場はガラガラだし、一般人には「日本映画なんて」とバカにされ、
80〜90年代の日本映画などロクなもんじゃなかった。

その頃の監督の大半が現在は「あの人はいま」状態、、
今だって「邦高洋低」なんて上辺だけで日本映画の現場の貧乏・作品のスカスカは何も
変わってないね。

11この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 06:50:41.72ID:i6fVx3IX
長文野郎うぜえ

12この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 14:27:11.99ID:px/5Cjdm
>>9
和泉聖治と滝田洋二郎は、現代の日本映画界における「若い頃のココロザシを捨ててしまった二大巨頭」だな。
実際に‘巨頭’になってしまってるし、当人らも自覚してるんだろうからタチが悪い。
末期の野村芳太郎もそうだった。
個人的には、塚本晋也なんかは逆に、
「ココロザシにこだわらず、もっとオープンになって、ホラー劇画の映画化とかも手掛けてみれば良いのに」
と思う。
「デスノート」など、塚本が監督していたら傑作になったに違いないよ。

13この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 15:21:44.18ID:q9cYlJJq
竹取物語 源氏物語 式部物語  天守物語
次郎物語 山下少年物語 南極物語 植村直己物語
アラスカ物語 アフリカ物語 タスマニア物語
キタキツネ物語 象物語 子猫物語 仔鹿物語 ラッコ物語 ハチ公物語 子象物語-地上に降りた天使

題名に○○物語とあるだけで、自然と拒否反応が起こる。
学校で無理やり見せられた、文部省(当時)推薦のあの退屈で退屈でたまらなかった映画ども!
人生で最も短く貴重なガキの時間を、2時間も奪いくさったクソ映画の数々!
大抵は、ひたすら眠気を誘うだけの説教調の人生訓話か、動物を虐待して無理やり脚本に近い映像を
撮った似非愛護映画の二種類に大別される。
上記の映画のうち4本ほどは、題名から見せられた記憶があり、学校か町内会の地元の公民館などで
観せられたように思うが、もちろん真面目に見ていないのでストーリーなど全く覚えていないし、今更
再見したいとも思わない。ということで、多分一生観ないと思われ。

14この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 16:15:21.19ID:fXmFKmYW
最近のフェミ映画全部。もう日本、ハリウッド映画は終わった。何十年も前に。

15この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 20:10:58.84ID:9N2VRAZ3
ぷっ

16この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 20:11:02.62ID:nXPpje6+
>>13
例外 座頭市物語

17この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 20:21:48.80ID:px/5Cjdm
>>13
「式部物語」「天守物語」は、騙されたと思って見てみろ。
両方とも、なかなかのカルト映画だ。
前者は杉本哲太の狂いっぷりが見ごたえあるし、後者は映画全体が狂ってる。
監督としての坂東玉三郎は‘日本のビスコンティ’を目指してたんだと思うが、
思いばかりが先走っていて、どうにも硬さが抜け切れていない。
ビスコンティのような突き抜けた清々しさがない。
だからこそ、見てる方も緊張せざるを得なくなって、それが結果的には‘一種のサスペンス’になっている。

「キタキツネ物語」は、俺は大好き。
監督の蔵原惟繕は、日活アクション時代の「憎いあンちくしょう」の頃から‘壮大な大自然の中を駆け抜ける主人公’を描き続けていて、
「南極物語」や、末期の「海へ」も同じ流れの中にある。
わざとらしいくらいに擬人化された主人公のキタキツネは、往年の裕次郎とダブる。
なお、同作のヒットの後に柳の下のドジョウを狙って公開された「象物語」は、
同じ蔵原が監督したTVの動物ドキュメンタリーを再編集しただけの愚作。

18この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 20:36:43.76ID:px/5Cjdm
>>13
「アフリカ物語」も、それ以前からアフリカに執着していた羽仁進監督の作品だから、
‘筋’は通っている。
元々は、アフリカ現地を一度も取材しないままに空想だけで書き上げた寺山修司の脚本を映画化するはずだったんだけど、
羽仁の方は現実のアフリカを撮りたかったんで、撮りながら脚本をどんどん改変していって、
結果、どうにも収集のつかない凡作になってしまった。
確かに「見る価値」はないが、それは凡作だからであって、大自然賛歌のお説教映画だからではない。
月刊シナリオに掲載された寺山のオリジナル脚本の方は、いかにも寺山らしくて、それはそれで面白い。

19この子の名無しのお祝いに2018/06/14(木) 21:40:45.04ID:iNVF+DCV
アフリカ 浮気 離婚 嫁の妹

20この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 05:27:37.72ID:UO/S/ATT
東京物語は年取って見たら名作
瀬振り物語は藤田さんで抜く体験できる名作

21この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 07:51:41.04ID:/AtAs4Y+
美空ひばり主役映画
顔の四角いタヌキ顔が渡世人になったり品のないお姫様になったり
当時はスーパースターだったのだろうが
今冷静に見るとなぜこんな人に人気が出たのか不思議でならない

22この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 09:14:44.86ID:D8ys59cM
https://www.youtube.com/watch?v=WpoXGsHoDAU

「アフリカ物語」キャティは今54歳 どうしてるのか・・・

23この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 10:46:49.95ID:gvXxs2M4
>>20 東京物語とか小津作品はそれこそ元ネタになってる
作品が多いんで観といて損はないぞ。

24この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 11:38:40.89ID:S5YDd0fN
万引き家族は絶対行かないと思う。

25この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 19:55:44.53ID:b4HgARw8
君の名は

26この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 22:30:45.69ID:0rnGiYli
>>24
俺も
万子家族なら行ったな

27この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 23:53:42.39ID:XerOTqh6
>>21
同感
顔と声質が映画の役とまるで合っていないので違和感が先立つ
古い映画を漁ってる時に自然と鳥系の入った題名の作品を警戒するようになったので、「小鳥の春」に出会うのが随分遅れてしまった

28この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 02:50:05.98ID:a3NzEvPB
みうらじゅんのように、誰も見に行かない映画をみて、何年も寝かせてからネタにするという方法もあるぞ

29この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 10:45:15.27ID:vzOZksQ7
>>28
そう言う話じゃないんじゃ?

30この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 10:51:48.55ID:uJKgbnZu
じゅんさんの究極の隙間芸 ホントいろいろ考えるよな

31この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 11:20:43.09ID:a3NzEvPB
みうらはおかえり、はやぶさを見に行ってネタにしてたな

ときめきメモリアルの映画版に興味がある
内容はゲーム関係なくて、東映の映画でフジテレビ製作、色んな意味で当時の日本映画らしい

32この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 19:20:20.52ID:git9ERbo
ひばりの子供時代の映画を見てると北朝鮮の子供の演技みたいで気分が悪くなる

33この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 19:35:56.95ID:23/+f9ac
黒澤明の映画

以前BSで、黒澤の最高作だという「七人の侍」を観てみたが、台詞がさっぱり
聞き取れず、宮口精二の剣豪がなぜ心変わりして戦さに参加する気になったのか
とか、百姓が嫌で侍のフリをするようになった三船が、なぜ百姓を助ける為に
村に向かう志村の一行に着いて行こうとするのかなどの理由が、サッパリわからず
閉口した。あと三船がやたら大袈裟な、所謂クサい芝居をするのも鼻について
困った。宮口が一人で敵の陣地に向かい、銃を奪ってくるのだが、その銃を
使う訳でもない。全部奪ってくるなら宮口も三船も死なずに済んだろうが、あれは
一体何の意味があったのか?台詞が聞き取れれば理解出来るのかどうか?
国内盤のDVDには日本語字幕とか付いてるんすかね?

34この子の名無しのお祝いに2018/06/17(日) 20:51:38.68ID:Tihq4FiU
東宝のブルーレイには付いてたぞ

35この子の名無しのお祝いに2018/06/18(月) 00:08:19.75ID:bJmLhsHG
>>33
レンタルしたDVDにも全台詞の字幕付いてたよ
左卜全の台詞が全く聞き取れなかったから助かった

種子島の件はそのレス見るまで考えもしなかった
三船宮口が同行したのは稲葉同様に志村の人柄で片付くと思う

36この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 00:31:05.45ID:SDyOlId5
井筒なんとかって反日糞爺の撮った映画

37この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 00:31:37.69ID:EkhH9euH
そういうのいらないからどっか行ってね

38この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 00:34:55.73ID:SDyOlId5
お宅が自国に帰れよ

39この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 03:47:21.54ID:Ez1zsALa
>>1
会社物語はいい映画だったぞ

40この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 06:46:07.41ID:MeL1lbAn
ネトウヨwww

41この子の名無しのお祝いに2018/06/20(水) 12:01:00.51ID:JbE9YsF+
こんなとこにもネトウヨか

新着レスの表示
レスを投稿する