all about 小津安二郎 2

1この子の名無しのお祝いに2017/11/14(火) 10:47:47.44ID:QUxbMOx/
前スレ
all about 小津安二郎 [無断転載禁止](c)2ch.net
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/rmovie/1471333387/
ということで、よろしくお願いします。

61この子の名無しのお祝いに2018/01/06(土) 11:41:56.53ID:65Zuvis8
>>58
親に全く相談もしないで、子持ちの男との結婚を勝手に決めてしまう娘をどう思いますか?

62この子の名無しのお祝いに2018/01/08(月) 13:27:15.29ID:pkAT6knh
突貫小僧とか爆弾小僧の劣化版だろ。
アプレとか。

63この子の名無しのお祝いに2018/01/09(火) 21:46:51.22ID:jcghmVoS
>>61
あんたも相当しつこいね

64この子の名無しのお祝いに2018/01/10(水) 11:20:25.46ID:QCMAKkew
>>38
邦画の娯楽アクションとしては良く出来ている方だが、いかにも70年代の大作らしく
無駄に豪華キャストで少し長過ぎるのが欠点。

65この子の名無しのお祝いに2018/01/11(木) 11:41:14.00ID:riAZgCPE
中井は「原節子さんの髪型あるじゃないですか、『シニョン』。あれはうちのお袋の髪型なの。最初に原さんが映画にお出になるときに、(小津監督が)メイクさんを呼んで『原くんの髪の毛は益子(中井の母親の名前)にしてくれ』って」と映画の舞台裏を明かしていた。
 中井は母親と小津監督の関係についてこう語る。
「いまの週刊誌みたいなのが昔にあったら、小津先生と母は噂になっていたと思いますよ。そのぐらい可愛がってくださって」
 いくらお気に入りだったとはいえ、主演女優の髪形にまで反映させるとは、相当な思い入れだ。
中井は「だから俺も聞いたことありますよ、母に。『なんかあったの?』って。そしたら『ない』って」と振り返っていた。
ちなみに、中井の父親は映画俳優の佐田啓二。冨士が「お父様の結婚も小津先生がお勧めになったのかしら?」と質問するも、「まったく違った」と中井は説明する。
「うちの父は当時、小津先生なんかに近づけなかったんですよ。母も京都出、父も京都出。(大船撮影所で)京都弁が話せるのが強烈に嬉しかったんでしょうね。母に引き寄せられるように食堂に行くんです」
 しかし、そこは小津監督の行きつけ。そこで中井の父親は、小津監督が来る前に食堂に行き、いざ監督が来るとバレないように勝手口から出て撮影所に戻っていたという。
「いよいよ結婚するってことになったとき、『どうしよう』となって。(母が父に)『言いに行って』となり、佐田啓二が小津先生のところに『益子さんと結婚したい』ってことを言った。
すると小津先生は『いいよ、もちろんだよ』って、そこから逆に小津先生と親父が親子みたいになっちゃった」

66この子の名無しのお祝いに2018/01/12(金) 20:59:40.57ID:y6rhSKy+
戦後も戦前のような軽い作品をもっと作ってほしかったな

67この子の名無しのお祝いに2018/01/13(土) 14:17:30.61ID:P7+D2gmf
カラー作品は色がきれいだね。

68この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 01:39:21.59ID:vBdGSvFF
年に1本くらいはBlu-rayだして欲しいね

69この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 17:20:27.92ID:qUKfH3hi
>>64
70年代?

70この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 19:44:16.69ID:CIeVhCL6
淀川長治
bot‏ @yodogawa0213 · 10月30日
この小津映画のオーバーラップなしの映画の囁きことは、日本そのものの香りを見せて、西洋人をびっくりさせたが、これは一種の映画の破壊でもあった。
映画のもともとは流れる物語、そのリズムに魅了があふれた。
黒沢映画のどの作品にも、そのリズムが美しかった。くわえてイマジネイションが美しかった。「生きる」のブランコに腰かけた老人、「羅生門」の雨、「夢」の狐の嫁入り。
映画はその始まりから美術のリズムその流れを見せた。映画がそのリズムを失った今のトリック映画の貧しさよ

71この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 21:42:36.05ID:qUKfH3hi
彼は兵庫県立第三神戸中学校やね。
港川新開地か。
戦前は中学生が映画館に出入りするところを見つかったら
一発で退学だったそうな.。
芸者置屋の跡取り息子か。
自分の美術の先生は神戸一中で三味線屋の息子だった。
あのあたりはそんな人が多い。

72この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 21:47:10.65ID:QRNytgKL
>>70
もう止めといてやれって
だれでも過去の過ちはあるから

73この子の名無しのお祝いに2018/01/15(月) 21:49:34.90ID:pRCVMKuZ
小津だけなら小津の特殊さということで終わる話だけど
後発の人たちがスタンダードにしちゃったんだろうな。
黒澤の真似は金と時間がないとできないだろうし

74この子の名無しのお祝いに2018/01/16(火) 20:43:31.40ID:H/ieySZY
.

75この子の名無しのお祝いに2018/01/17(水) 21:10:16.84ID:IfQaCKmS
中卒が高学歴で通用した世界だから

76この子の名無しのお祝いに2018/01/24(水) 17:34:58.93ID:lU93dQkJ
秋刀魚の味の岩下志麻の白無垢綺麗だったなぁ
晩春の原節子の花嫁衣装もカラーで見て見たかった

77この子の名無しのお祝いに2018/02/12(月) 23:58:15.76ID:Rj3pTS34
いろいろと役に立つ副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

31W9K

78この子の名無しのお祝いに2018/02/25(日) 09:13:52.28ID:onCA/2zo
カラー作品の秋刀魚の味とお早うはどっちが好きですか?

79この子の名無しのお祝いに2018/03/03(土) 16:21:57.64ID:oTDiTxgJ
お早うに出てた子役たちは元気にしてるだろうか

80この子の名無しのお祝いに2018/03/17(土) 00:15:28.63ID:SEHjdPSK
お早よう

81この子の名無しのお祝いに2018/03/21(水) 12:28:24.27ID:eaSoW3xN
2月下旬、ベルリンで「東京暮色」4k版が特別上映。小津映画大好きな2人(坂本龍一てブィム・ベンダース)が対談したね。海外では、暮色はとても人気がある。東京物語、晩春に次ぐらしい

82この子の名無しのお祝いに2018/03/26(月) 19:28:22.97ID:WXF8EKIL
>>80
お早う に出ていた子は、松竹で使い回しされていたような。

83この子の名無しのお祝いに2018/03/27(火) 00:04:41.58ID:Px4TRqQp
黄色いからすに兄が
名もなく貧しく美しくに弟が出演してたな

84この子の名無しのお祝いに2018/03/27(火) 18:57:34.41ID:WBkYXDQg
小津安二郎は「晩春」では原節子の花婿をださなかったが、「秋日和」では司葉子のダンナとして、佐田啓二を登場させた。佐田を気に入っており、「東京物語」も当初は佐田が三男の予定だった。

85この子の名無しのお祝いに2018/04/03(火) 16:08:57.31ID:SSPjLO6M
「黒澤や溝口と比べて欧米における小津評価が遅れたのは、小津映画を語る際に、小津はそう簡単に理解できる監督ではないという事実が強調されたからなのです…」(イムジェチヨル).

86この子の名無しのお祝いに2018/04/08(日) 22:45:30.07ID:M1G7GAKV
そんな事実ないはないと思うけど
誰がそんなことを強調してたんだろう?

87この子の名無しのお祝いに2018/04/12(木) 00:17:19.86ID:B5oo9yr/
おそらく小津は、ヨーロッパの映画祭に自分の作品を1本も出してないし、欧米の映画批評家が、小津を偉大な監督として認知するまで20〜30年を要した。また60年代の若い監督たちは、小津の様式上の戦略の斬新さが理解できていなかったということだね。

88この子の名無しのお祝いに2018/04/12(木) 00:20:35.18ID:B5oo9yr/
おそらく小津は、ヨーロッパの映画祭に自分の作品を1本も出してないし、欧米の映画批評家が、小津を偉大な監督として認知するまで20〜30年を要した。また60年代の若い監督たちは、小津の様式上の戦略の斬新さが理解できていなかったということだね。

89この子の名無しのお祝いに2018/04/16(月) 20:17:18.06ID:409sqk8r
昔は日本側にも欧米人には理解できないだろう
みたいな偏見があったらしいね。

90この子の名無しのお祝いに2018/04/20(金) 18:22:53.67ID:W1O344Iv
浮草が出るなあ
小早川家の秋が出ないかなあ

91この子の名無しのお祝いに2018/04/21(土) 19:25:06.47ID:imdhq77C
>>90
どういう意味だい?

92この子の名無しのお祝いに2018/04/22(日) 21:04:52.07ID:k6Kho9zV

93この子の名無しのお祝いに2018/05/04(金) 00:34:42.22ID:180zdIye
2018.4.21〜5.4 小津安二郎「「をんな」たちのいる情景」生誕115年記念。神保町シアター
宗方姉妹、彼岸花、東京暮色、秋日和、その夜の妻、東京の女、一人息子、淑女は何を忘れたか、風の中のめん鶏、晩春。

94この子の名無しのお祝いに2018/05/04(金) 16:33:32.59ID:Yt6AJF2l
戦後の小津作品
同時代の庶民はどう評価していたんでしょうか?
都市の知識人だと共感もできたでしょうが、地方の人たちには遠い物語だったと思います
都会への憧れとして見ていたんでしょうか?

95この子の名無しのお祝いに2018/05/07(月) 22:54:07.18ID:5Yzq4OV/
>>94 この頃生まれていないのでよくは分からないが、「晩春」は興行的にもヒットしたので、庶民は満足したと思う。松竹の若手の監督は似たようなホームドラマに批判的だった。スタイリッシュな映画が多く、それなりにファンはいたと思うよ。

96この子の名無しのお祝いに2018/05/08(火) 02:57:46.99ID:kTZPXHl4
小津映画は、戦後は主に中流家庭を描くことが多い。小津より庶民的な家族を描いているのが、成瀬巳喜男ですね。どちらも好きです。2人ともユーモアがあり、小津の「お早う」、成瀬の「驟雨」は喜劇だよね。

97この子の名無しのお祝いに2018/05/17(木) 15:09:20.27ID:vzGvArPa
小津監督の作品はもちろん成瀬監督の作品も好きでよく観るけど、海外からの高評価の理由になっている技術的な素晴らしさがわからない
ただ「映画」として面白いから観る
こういう事を書くと必ず「おまえは小津を理解してない」などと批判するひとが現れる、と書くと現れない
まぁその程度の輩ということだが、制作側の技術思想まで汲み取ることに固執してるヒマがあるなら演技理論や評論家の文献でも読んだほうが勉強になるというものだ

98この子の名無しのお祝いに2018/05/21(月) 02:36:56.41ID:2g8PkSmt
最近の山田洋次は、小津安二郎への敬愛が深まったというか、小津映画に似せているね。「東京家族」はリメイクだが、「家族はつらいよ」も「小さい家」も。

99この子の名無しのお祝いに2018/05/21(月) 03:31:51.25ID:TzigOeJo
これっぽっちも似てねーよww

映画のタイトルもまともに書けない奴だから推して知るべきか

100この子の名無しのお祝いに2018/05/21(月) 08:36:24.46ID:JS2oy+tw
>>98
アイデアの枯渇だよ
パクッてるだけ

101この子の名無しのお祝いに2018/05/21(月) 22:09:35.45ID:2DUYLKhK
>>99.100
「家族はつらいよ」は、蒼井優の配役は間宮紀子だし。「小さい家」ではローアングル、妻の不倫する相手=吉岡は戦死するが、名前は「しょうじ」.これは「麦秋」の戦死した兄が「しょうじ」.東京物語の原節子の夫=しょうじ。ww

102この子の名無しのお祝いに2018/05/22(火) 00:39:31.07ID:P/3pKkFB
>94
九州生まれ・昭和一桁生まれの母は、
当時見て(何かは覚えてない) なんておしゃれな生活だ〜と思ったそうです。

以前東京物語のDVDを見せた時、熱海の旅館の外で流しの人が「煌めく星座」を歌ってるシーンを見て「懐かしい歌」と言ってました。

103この子の名無しのお祝いに2018/05/22(火) 01:12:33.32ID:nD91bOzE
もう亡くなったけど、大正生まれのうちの婆さんに聞いた話だと、毎年公開される小津映画はみんな楽しみに見に行っていたと。

何か小津作品だけは別格という意識が国民全体に確かにあった様子。娯楽が少なくテレビもない時代で、庶民は時代劇など単純な娯楽ものと、小津や溝口などの芸術作品を両方楽しんでいたのではないかと。

104この子の名無しのお祝いに2018/05/22(火) 03:07:03.61ID:Dk0ereSu
>>101
だから、何?としか思えないなw

105この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 16:09:57.17ID:eu9l/0bG
山田洋次は、若い頃は小津に対しては批判的だったに、どうしてこんなに変わってしまったのか。今頃、小津映画の良さを理解できて、それでオマージュのために似せているのかも?

106この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 16:42:46.39ID:LFOzu+kq
似てないしwwww

107この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 19:31:53.28ID:K7uXLHZ/
似てないどころか、小津作品を本当に理解しているのかどうか疑問。
理解しているのなら、「東京家族」なんていう、なんちゃら映画など絶対に作らないと思う。

108この子の名無しのお祝いに2018/05/25(金) 03:30:03.04ID:9Icsryr2
後期の黒澤作品が小津に似ていると言い続けている、かなりイタイ奴がいるのだが
>>105がそいつっぽいな

109この子の名無しのお祝いに2018/05/25(金) 20:24:03.07ID:+x/cB+zM
一般の観客よりはずっと理解してるだろう
できあがった映画は違ったものになってるんだろうけど

110この子の名無しのお祝いに2018/05/26(土) 17:54:23.33ID:y85lhwS5
確か黒澤が家で小津の映画見ててショックを受けたみたいなこと言ってたから
それから見直して認識を改めたんじゃないか?

111この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 03:01:15.97ID:2Q0NMAYU
黒澤が晩年、自宅で小津の映画を見ていたことは有名な話

だからといって自身が作る映画が小津に似る、なんてことはない
影響を受けるイコール似る、ではないことは
小津からの影響を公言しているヴェンダースやジャームッシュの映画を見れば分かる

新着レスの表示
レスを投稿する