all about 小津安二郎 2

1この子の名無しのお祝いに2017/11/14(火) 10:47:47.44ID:QUxbMOx/
前スレ
all about 小津安二郎 [無断転載禁止](c)2ch.net
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/rmovie/1471333387/
ということで、よろしくお願いします。

146この子の名無しのお祝いに2018/07/09(月) 14:35:32.20ID:jopTMoPy
秋刀魚の味を見たら、岩下志麻が泣いてないのに
台所に行ってから弟が「どうしたんだい、姉さん泣いてたけど」といわせる
うまい時間差攻撃だと思った
若い岩下志麻の演技力を考えても、カメラの前で泣かせるより
観客の想像力の中で泣かせた方が効果的だ
それに対して、浮草で川口浩や若尾文子に泣かせたのは少々まずかったのでは
最高の映画だが、そこだけが少し心残りな気がする

147この子の名無しのお祝いに2018/07/10(火) 00:46:17.58ID:LcZ/11cZ
戦後の小津映画では、確かに「浮草」だけが異質。
唯一の大映作品で、カメラがさすがの小津も意見がいいにくい宮川一夫というせいもあるせいか、いつもの「小津調」とはかなり異なる画作り。

画面の構図だけでなく、豪雨の中での中村鴈治郎と京マチ子との口喧嘩や、川口浩と若尾文子のラブシーンなど、俳優がこれほど激しい文字通りの「演劇」をする作品は他にはない。

戦前の無声作品のリメイクだけに、他社のスタッフ・キャストを使う機会にいつもとは違うスタイルでやってみた結果なのかもしれない。
それでも、あれだけの作品に仕上がるのだから、やはり只者ではないと思う。

できれば、もう一作くらいこういうタイプの作品を見たかったが…

148この子の名無しのお祝いに2018/07/13(金) 18:48:55.60ID:yHTtTEF5
早春をみた
岸恵子が可愛い
このあたりがモノクロのいちばん撮影の綺麗な時期かな

149この子の名無しのお祝いに2018/07/17(火) 23:55:04.86ID:i8I89RYv
蓮實重彦bot‏ @shigehikohasumi ·
多くの時代劇を残した溝口健二と異なり、たえず現代劇を撮り続けた小津安二郎が、溝口以上に「神秘的」な映画作家とみなされていたのは何とも奇妙なことだ。

150この子の名無しのお祝いに2018/07/18(水) 00:09:23.00ID:5KwkVQbL
溝口は駄作も結構あるからなぁ。
小津ほど外れがほぼゼロという監督も珍しい。

151この子の名無しのお祝いに2018/07/18(水) 03:14:27.30ID:LsMHXQQx
>>147
「浮草」は、それ程異質でなないよ。すでに、戦前に映画化しているし、それのリメイクさ。異質なのは「東京暮色」だね。「東京物語」で家族物はピークに達した。それで変化を求めた。世間からは評価はイマイチだったが、今は世界的に評価は高い。

152この子の名無しのお祝いに2018/07/18(水) 08:35:55.61ID:xV44py5R
>>151
「浮草」はリメークだけに、あえていつもと異なる描写にしたのでは?
「東京暮色」は異質にみえるが、これは戦前の「東京の女」「非常線の女」と同傾向の作品だね。
評価が低すぎたせいか、以降は明るいコメディタッチの作品ばかりになったことが残念。

153この子の名無しのお祝いに2018/07/19(木) 22:49:47.75ID:deN9Xm6C
>>150
風の中の牝鶏
東京暮色
小早川家の秋

外れというかイマイチだなと思う作品もあるにはある

154この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 00:23:10.35ID:wu609pB+
>>153
評価は人によって異なる。
確かに牝鶏はイマイチかも知れんが、
暮色は傑作だし、小早川も秀作だぞ。
牝鶏にしても、それなりにみどころはあって、決して駄作ではない。

155この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 23:28:42.38ID:bI+Nw6pp
東京暮色は駄作だろ
話は面白くないし陰気臭いし無駄に長い
その上有馬稲子の演技が下手糞過ぎて見てられなかった
俺の中では小津のワースト作品

156この子の名無しのお祝いに2018/07/29(日) 12:51:14.54ID:96JvoNAY
お早ようは傑作

157この子の名無しのお祝いに2018/07/29(日) 23:42:51.03ID:96JvoNAY
最近出たモノクロ三本を見て浮草と松竹のカラー四本見ているけど
この時期の撮影技術の極めてる感じはすごいものがあるね
「小早川家の秋」も原節子最後の小津映画としてBlu-ray出ないかねえ

158この子の名無しのお祝いに2018/07/30(月) 00:50:05.40ID:b6NVmPVB
東京暮色を駄作という感覚が分からん。

159この子の名無しのお祝いに2018/08/10(金) 01:27:07.68ID:zrGAhmzF
「彼岸花」「秋日和」「秋刀魚の味」「浮草」と初めて小津作品を立て続けに見てみたけど、
まだそれぞれ改めて見直していないせいか、「浮草」以外の三作品の内容が似ているように感じられて、
どの作品にどの俳優・女優が出演してたっけと、なかなか区別がつかずにいるわ。

それに加えて「彼岸花」「秋日和」「秋刀魚の味」は、当時としても上流階級の人々を描いているせいか、
家族間の会話でもあんな丁寧で上品な話し方をしていたのかなとか、現代の自分の感覚では理解しがたいところがある一方、
「浮草」はもっと市井の人々・庶民の生活が描かれてるので、物語にすんなり入っていけて、エンタメ的にも一番楽しめたというのが第一印象。

これって、何回か見直していくうちにそういう感想は変わっていくもの?

160この子の名無しのお祝いに2018/08/10(金) 02:29:57.41ID:wfyIUw7L
東京暮色は原節子のマスク姿が強烈に
印象に残ってるわ

161この子の名無しのお祝いに2018/08/10(金) 18:26:22.03ID:m9OqjjmJ
>>159
「浮草」は、戦前の小津安二郎の「浮草物語」のリメイクだから、庶民レベルだね。「晩春」から始まるホームドラマの結婚話しは、確かに似てはいるが、少しずつ違う。やはり、一番の傑作「晩春」をみて欲しい。若い女性が、一番泣く映画らしいよ。

162この子の名無しのお祝いに2018/08/12(日) 16:18:36.28ID:stdO21yY
『彼岸花』以降のカラー作品を順不同ながらも全作観終わった。
正直、観終わった直後は特に面白くもつまらなくも感じることがないのに、
何故だがまた次の作品を観たいと思わせられるこの感覚がすごく不思議。

とはいうものの、昔言葉や当時の風習が自分の年齢的に物語の筋を理解しづらくしていて、
(特に『浮草』における旅芝居のシステム・文化と専門用語、
『小早川家の秋』の関西弁、しかも昔言葉と造り酒屋の細々としたこと。)
白黒作品まで観てみようというモチベーションはイマイチ湧いてこない。
カラーで鮮明に映る昔の女優の綺麗さを観ることがモチベーションの一つになっていたので…
個人的には、若尾文子と司葉子が特にお気に入り。

163この子の名無しのお祝いに2018/08/12(日) 20:13:20.53ID:nKCT1ObX
>白黒作品まで観てみようというモチベーションはイマイチ湧いてこない。

これはわかるわ自分もそうだったから
でも白黒作品ばかり見てると今度はカラーは見せ過ぎで想像力が働かないから
逆に物足りなくなってくる
これもまた困ったもんだ

164この子の名無しのお祝いに2018/08/12(日) 20:54:26.77ID:ywADh8gq
白黒どころか、戦前のサイレント作品が異常に面白い。
「非常線の女」なんて最高だぞ。同時代の他の作品群と比較しても、小津映画は遥かにレベルが高い。

165この子の名無しのお祝いに2018/08/13(月) 03:16:29.71ID:PmbdCi4a
「非常線の女」より傑作に、「生まれてはみたけれど」のサイレント映画がある。これは
世界的にも有名だよ。小津安二郎をみるなら、サイレントからだろう。「東京物語」「晩春」「麦秋」と、最近では「東京暮色」が世界的に人気あり。

166この子の名無しのお祝いに2018/08/13(月) 08:13:17.71ID:bzkzvsDL
「生まれてはみたけれど」は、戦後の「お早う」と同系統の作品。子供たちの感情表現が絶妙。他のサイレント作品にもコメディタッチの良作が何本かある。

「非常線の女」と「東京の女」は、「東京暮色」に雰囲気が似てる。特に「非常線の女」は、「民衆の敵」や「暗黒街の顔役」などアメリカの暗黒街映画を思わせる傑作。

「東京物語」は「明日は来らず」、「東京暮色」は「エデンの東」を下敷きにしているそうだから、小津監督はアメリカの小説や映画を自己流に咀嚼して日本調に昇華させた名匠。

167この子の名無しのお祝いに2018/08/16(木) 00:24:14.88ID:r5miSRi3
「お早う」見てます 泉京子さんって美しい女性ですね

168この子の名無しのお祝いに2018/08/16(木) 07:55:44.22ID:X9XG0Ty1
>>155
頭弱そう

169この子の名無しのお祝いに2018/08/16(木) 15:07:52.16ID:iTurCOVO
わあ

170この子の名無しのお祝いに2018/08/19(日) 02:51:47.78ID:cnnYE85s
>>13
同感です

171この子の名無しのお祝いに2018/08/19(日) 07:53:36.82ID:qBr9yaKZ
大勢の子、孫、ひ孫に囲まれて死にたかった。
by

172この子の名無しのお祝いに2018/08/19(日) 20:13:08.81ID:QDzUquL7
監督にも好き嫌いあるからなぁ。小津は慎重だよね。何年も前から目を付けていて、それで選ぶ。当て書きだな。原節子は、1936年当たりから知られて、最初に撮るのは1949年の晩春だし。

173この子の名無しのお祝いに2018/08/21(火) 23:38:46.52ID:Izvpgti6
非常線の女は小津ファンにとっては楽しい映画だね。傑作というのとは少し違うと思うけど。
戦後は得意分野だけに絞っちゃったのが残念だ

174この子の名無しのお祝いに2018/08/22(水) 12:43:29.93ID:q+RbLDEV
「東京暮色」が低評価だったからなぁ。同年のベストテン作品見ても、決して見劣りしない。それがたしか19位だっけ?

小津は、しばらく「19位の監督です」と自虐ギャグ飛ばしてたそうだが、気持ちはよく分かる。
聞いた相手はリアクションに困ったらうな。笑うわけにもいけないしw

175この子の名無しのお祝いに2018/08/22(水) 13:42:59.32ID:EfYDgmnw
米が一位だな
ベスト10内には今では語られることもない作品も混じってるが
その年の女優賞の山田がフランキーとの対談で暮色には触れてないのが泣ける
まあ圏外だから圏内の作品しか語らんだろうが

176この子の名無しのお祝いに2018/08/23(木) 00:41:30.97ID:JiuBkk//
この時代は、今井正と木下恵介の評価がすごく高いよね。両者ともベストテンの1、2位を独占したことがある。

今や世界一の名作とさえいわれる「東京物語」や「七人の侍」でさえ、今井・木下の後塵を拝している。

それが今は…
今井正は完全に忘れ去られ、木下恵介を知る若者もほとんどいないという現実…

177この子の名無しのお祝いに2018/08/23(木) 02:01:21.69ID:lBkcT7M7
今井正を改めて見返したいとは思わんが、完全に忘れ去られてはいないし
木の下を知らないような奴は小津、黒澤も知らんだろ

てめえのいい加減な憶測でものをを言うなよwww

178この子の名無しのお祝いに2018/08/23(木) 09:25:56.24ID:5f36ecd3
いやいや、臆測じゃあないよ。
違うというのなら、周りの人たちに片端から聞いてみては?
今井正はほぼ全員知らないし、木下恵介を知っているのは50代以上。

少し前に、TV「アタック 25」で勝ち進んだ青年が、最後のパネルクイズで木下恵介を正解できなかったのはショックだった。

両者とも、よほどの映画好きでなければ知られていない。これは成瀬巳喜男も同様。溝口健二が少し有名なくらい。戦後は誰もが知っていた澁谷實なんか影も形もないし。

179この子の名無しのお祝いに2018/08/23(木) 11:03:49.44ID:lBkcT7M7
アッタマ悪いね、あんたww
同世代は同じことに興味が持ち同じことに無知だとでも思ってんのか

中高生でも熱心な映画ファンなら木下、山中、成瀬、清水を知っていたりする。
昔のように名画座やフィルムセンターに通わなくても
BS、CSで見られるし、もちろんソフトでも見られる

50歳台60歳台でも映画にさほどの興味を持たずに生きてくれば
小津の名も知らない

当然だろ

180この子の名無しのお祝いに2018/08/23(木) 12:37:04.17ID:WclGGmSs
最初から、特に映画に関心がない一般人のことを言ってるのに、勘違いしておられるようで。
邦画ファンがこれら名匠監督を知ってるのは当たり前ですよ。

旧作邦画に興味がない人でも、せめて小津・黒澤以外の名監督の名前くらいは常識になるのが本当だと思うね。
このへんは、日本が映画を自国の文化遺産ととらえていないことの証左ですね。

181この子の名無しのお祝いに2018/08/24(金) 05:01:37.68ID:u19a+Gg2
>>180
みっともない後出しジャンケンだなwwww
相変わらず言ってることは粗雑でお粗末そのもの

「一般人」の中に熱心な映画好きもいれば
「特に映画に関心がない」奴がいるという当然のことが分からないのはやはり頭が悪い


   >>旧作邦画に興味がない人でも、せめて小津・黒澤以外の名監督の名前くらいは常識になるのが本当だと思うね。

これも頭が悪すぎる
「常識」というものを理解していれば、旧作邦画に興味がない人が
小津・黒澤以外の名監督の名前を知ることが常識になるわけがないことくらいはわかる


音楽に興味がない人でもマタイ受難曲全曲を通しで聞くことが常識になるのが本当だと思うね。

絵画に興味がない人でもピエロ・デ・ラ・フランチェスカの名前と作品をしることが常識になるのが本当だと思うね。


あんたの言ってることはこのくらい愚かwwwwwwww

182この子の名無しのお祝いに2018/08/24(金) 07:42:43.61ID:ujCWsTHP
なんだこいつら

183この子の名無しのお祝いに2018/08/26(日) 03:55:00.59ID:cT5FIZGS

184この子の名無しのお祝いに2018/08/30(木) 21:09:53.22ID:iBPRVZwP
「彼岸花」で初めて浪花千栄子が役をやってるの見た
オロナインのホーロー広告でしか知らなかったから
本名が南口キクノだからオロナインの広告しましょうってのも安易すぎるだろw
味がありすぎる女優だし

185この子の名無しのお祝いに2018/08/30(木) 21:15:10.58ID:iBPRVZwP
ギリ。ギリギッチャンボ
銀の簪13本破れたいかきに血三杯
家三つ倉三つ
そういいまんのや

186この子の名無しのお祝いに2018/08/31(金) 02:16:25.08ID:SzfUPfqE
彼岸花なんかやたらと面白いなあ
テーマは古くて地味でありきたりなのにこんな面白いとはなあ

187この子の名無しのお祝いに2018/09/01(土) 23:08:50.60ID:IXVdEVAf
小津安二郎のミューズ原節子の映画が、9月4日より、スウェーデンのストックホルムで9作品上映される。「紀子三部作」、「白痴」「めし」「驟雨」など。

188この子の名無しのお祝いに2018/09/02(日) 01:30:19.95ID:prBsT3vJ
>>184
関西弁をはなせる脇役の浪花千栄子は、貴重だよね。「小早川家の秋」にも出ている。牢名主の「女囚と共に」とか。今、関西の脇役はいないんじゃないかい。

189この子の名無しのお祝いに2018/09/06(木) 10:12:31.44ID:syfpOV+c
「宗方姉妹」は寝てしまいました。

190この子の名無しのお祝いに2018/09/07(金) 14:09:53.09ID:ErT+R0ez
群像2018年10月号(9月7日発売)

定価(税込):980円

蓮實重彦「大震災で映画と出会った男 ―プロデューサー城戸四郎―」

特別対談

筒井康隆×蓮實重彦「同時代の大江健三郎」特別対談

一九二八年のモスクワの街に、日本人が大挙して現れる。歌舞伎の初海外公演がソ連邦の首都で行われる。そのなかに松竹の名プロデューサーがいた。蓮實重彦の評論「大震災で映画と出会った男 ―プロデューサー城戸四郎―」

191この子の名無しのお祝いに2018/09/14(金) 10:55:08.34ID:nmwkaKIy
10月 10・11・12 BSプレで
最後の リ・マスター版、 茶漬 ・早春・暮色 が放映されるの楽しみだなあ。
Digital Remasterは良くないと謂はれても流石にねえ。

192この子の名無しのお祝いに2018/09/15(土) 05:59:42.90ID:Ca3NtvYg
>>191
ありがとう
そういう情報有り難いわ
いつも終わってから気づくんだわw

193この子の名無しのお祝いに2018/10/14(日) 21:30:24.89ID:7rjZiRBE
>>189
高峰秀子の出来がいまいちだね。

194この子の名無しのお祝いに2018/10/15(月) 12:47:38.40ID:o+r5aoGx
>>193
そうなんですよ

195この子の名無しのお祝いに2018/10/18(木) 10:10:54.22ID:eeYij20P
とても簡単な在宅ワーク儲かる方法
暇な人は見てみるといいかもしれません
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

O1V

196この子の名無しのお祝いに2018/10/19(金) 13:08:13.21ID:jmrNBfko
O1V

新着レスの表示
レスを投稿する