こんな勝新はいやだ

1この子の名無しのお祝いに 2006/07/13(木) 01:00:22ID:zUoJ/C91
アニメ声

267この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:17:04.42ID:7W0jSSd4
  @雨の中 傘もささず 濡れながら 泣いていた
      可哀想な 混血児マリー

  A言葉さえ わからないで 友達も 誰もいない 
      可哀想な 混血児マリー

    *ある日 ママが「マリー」と呼んで 「わたしはもうすぐ死んでゆく」

  B許してね というママに 死なないで と泣いていた 
      可哀想な 混血児マリー

    *わたしのママは どこにいるの 誰も教えてはくれないの

  C雨の中 傘もささず 濡れながら 探し歩く 
      可哀想な 混血児マリー
      混血児(あいのこ)マリー

268この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:19:18.67ID:NjhTB6kX
  @雨の中 傘もささず 濡れながら 泣いていた
      可哀想な 混血児マリー

  A言葉さえ わからないで 友達も 誰もいない 
      可哀想な 混血児マリー

    *ある日 ママが「マリー」と呼んで 「わたしはもうすぐ死んでゆく」

  B許してね というママに 死なないで と泣いていた 
      可哀想な 混血児マリー

    *わたしのママは どこにいるの 誰も教えてはくれないの

  C雨の中 傘もささず 濡れながら 探し歩く 
      可哀想な 混血児マリー
      混血児(あいのこ)マリー

269この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:19:54.29ID:7W0jSSd4
43 <駐車場>
 
 立花は車に乗る。尾形を後ろに載せる。
 尾形「(立花に)気いつこうてもろうてすまんな」
 土を放りこまれるイメージショット。 
44 <高速道路上の車内>
 バックミラーに映る立花の顔。
 土を放り込まれるショット。
 音楽が始まる。
 尾形「どないしたんや」
 立花「アホらしうなってきたんや」。音楽が止む。

 立花「あんた、いくらパクっても出てきよるわな」
 尾形「そら、甲斐性があるよってにな」

 尾形「けど、なんやな、人間それぞれ生きる場所があるんと違うか。おまはんなんか、一匹狼になったほうがええのんと違うかい。」
 立花「そりゃどういう意味や」
 尾形「狼は狼の生きる場所があるわな」
 立花の脳裏に思い出されるイメージショット。
 音楽が鳴り始める。
 いろんなイメージショット。
 立花、にやりと笑う。

270この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:20:05.01ID:7W0jSSd4
43 <駐車場>
 
 立花は車に乗る。尾形を後ろに載せる。
 尾形「(立花に)気いつこうてもろうてすまんな」
 土を放りこまれるイメージショット。 
44 <高速道路上の車内>
 バックミラーに映る立花の顔。
 土を放り込まれるショット。
 音楽が始まる。
 尾形「どないしたんや」
 立花「アホらしうなってきたんや」。音楽が止む。

 立花「あんた、いくらパクっても出てきよるわな」
 尾形「そら、甲斐性があるよってにな」

 尾形「けど、なんやな、人間それぞれ生きる場所があるんと違うか。おまはんなんか、一匹狼になったほうがええのんと違うかい。」
 立花「そりゃどういう意味や」
 尾形「狼は狼の生きる場所があるわな」
 立花の脳裏に思い出されるイメージショット。
 音楽が鳴り始める。
 いろんなイメージショット。
 立花、にやりと笑う。

271この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:20:46.84ID:7W0jSSd4
43 <駐車場>
 
 立花は車に乗る。尾形を後ろに載せる。
 尾形「(立花に)気いつこうてもろうてすまんな」
 土を放りこまれるイメージショット。 
44 <高速道路上の車内>
 バックミラーに映る立花の顔。
 土を放り込まれるショット。
 音楽が始まる。
 尾形「どないしたんや」
 立花「アホらしうなってきたんや」。音楽が止む。

 立花「あんた、いくらパクっても出てきよるわな」
 尾形「そら、甲斐性があるよってにな」

 尾形「けど、なんやな、人間それぞれ生きる場所があるんと違うか。おまはんなんか、一匹狼になったほうがええのんと違うかい。」
 立花「そりゃどういう意味や」
 尾形「狼は狼の生きる場所があるわな」
 立花の脳裏に思い出されるイメージショット。
 音楽が鳴り始める。
 いろんなイメージショット。
 立花、にやりと笑う。

272この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:21:02.02ID:7W0jSSd4
43 <駐車場>
 
 立花は車に乗る。尾形を後ろに載せる。
 尾形「(立花に)気いつこうてもろうてすまんな」
 土を放りこまれるイメージショット。 
44 <高速道路上の車内>
 バックミラーに映る立花の顔。
 土を放り込まれるショット。
 音楽が始まる。
 尾形「どないしたんや」
 立花「アホらしうなってきたんや」。音楽が止む。

 立花「あんた、いくらパクっても出てきよるわな」
 尾形「そら、甲斐性があるよってにな」

 尾形「けど、なんやな、人間それぞれ生きる場所があるんと違うか。おまはんなんか、一匹狼になったほうがええのんと違うかい。」
 立花「そりゃどういう意味や」
 尾形「狼は狼の生きる場所があるわな」
 立花の脳裏に思い出されるイメージショット。
 音楽が鳴り始める。
 いろんなイメージショット。
 立花、にやりと笑う。

273この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:21:55.84ID:7W0jSSd4
43 <駐車場>
 
 立花は車に乗る。尾形を後ろに載せる。
 尾形「(立花に)気いつこうてもろうてすまんな」
 土を放りこまれるイメージショット。 
44 <高速道路上の車内>
 バックミラーに映る立花の顔。
 土を放り込まれるショット。
 音楽が始まる。
 尾形「どないしたんや」
 立花「アホらしうなってきたんや」。音楽が止む。

 立花「あんた、いくらパクっても出てきよるわな」
 尾形「そら、甲斐性があるよってにな」

 尾形「けど、なんやな、人間それぞれ生きる場所があるんと違うか。おまはんなんか、一匹狼になったほうがええのんと違うかい。」
 立花「そりゃどういう意味や」
 尾形「狼は狼の生きる場所があるわな」
 立花の脳裏に思い出されるイメージショット。
 音楽が鳴り始める。
 いろんなイメージショット。
 立花、にやりと笑う。

274この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:26:35.34ID:7W0jSSd4
<警察の捜査一課>
 吉川が立花に捜査中止の事情を説明している。
 立花「(課長にくってかかっている)課長、大淀組捜査打ち切りの件、理由をはっきり説明しておくんなはれ」
 西野「はっきり説明しないほうがキミのためにいいんじゃないかな」
 立花「そりゃどういうことです」
 西野「さあね、そいつはキミ自身がようく考えればわかることだ」
 立花「わからんさかい、聞いとりまんねん」
 西野「そうか。じゃ言ってやる、まず第一に被害者に対する脅迫的言行、被害届の強要、第二に行過ぎ捜査、つまり普段から、いいかな、組織暴力と密着しているキミの思考だ。このまま続行すればわが署の名誉にもかかわることにもなりかねない。と、署長が判断された」
 立花「それはみんな課長の命令でやったことじゃないですか。なら課長の責任はどないなりまんねん」
 西野「冗談じゃない。僕はそんな非常識なことを命令した覚えはないよ」

 

275この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:26:56.81ID:7W0jSSd4
<警察の捜査一課>
 吉川が立花に捜査中止の事情を説明している。
 立花「(課長にくってかかっている)課長、大淀組捜査打ち切りの件、理由をはっきり説明しておくんなはれ」
 西野「はっきり説明しないほうがキミのためにいいんじゃないかな」
 立花「そりゃどういうことです」
 西野「さあね、そいつはキミ自身がようく考えればわかることだ」
 立花「わからんさかい、聞いとりまんねん」
 西野「そうか。じゃ言ってやる、まず第一に被害者に対する脅迫的言行、被害届の強要、第二に行過ぎ捜査、つまり普段から、いいかな、組織暴力と密着しているキミの思考だ。このまま続行すればわが署の名誉にもかかわることにもなりかねない。と、署長が判断された」
 立花「それはみんな課長の命令でやったことじゃないですか。なら課長の責任はどないなりまんねん」
 西野「冗談じゃない。僕はそんな非常識なことを命令した覚えはないよ」

 

276この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:27:06.96ID:7W0jSSd4
<警察の捜査一課>
 吉川が立花に捜査中止の事情を説明している。
 立花「(課長にくってかかっている)課長、大淀組捜査打ち切りの件、理由をはっきり説明しておくんなはれ」
 西野「はっきり説明しないほうがキミのためにいいんじゃないかな」
 立花「そりゃどういうことです」
 西野「さあね、そいつはキミ自身がようく考えればわかることだ」
 立花「わからんさかい、聞いとりまんねん」
 西野「そうか。じゃ言ってやる、まず第一に被害者に対する脅迫的言行、被害届の強要、第二に行過ぎ捜査、つまり普段から、いいかな、組織暴力と密着しているキミの思考だ。このまま続行すればわが署の名誉にもかかわることにもなりかねない。と、署長が判断された」
 立花「それはみんな課長の命令でやったことじゃないですか。なら課長の責任はどないなりまんねん」
 西野「冗談じゃない。僕はそんな非常識なことを命令した覚えはないよ」

 

277この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:27:46.97ID:7W0jSSd4
24 <取り調べ室>

 立花「お前のスケ、いいタマやね」
 杉浦「ああ、あんなスケ、一生だけんやろ」
 立花「極道はえらいもんやね。若いもんがつとめに行っとる間、親分はそのスケを可愛がっても、ええんかい」

 立花「これは(パイプを示し)親分のやないか。真由美の枕元に置いてあったんやぞ。・・・・杉浦、なにもお前ひとりで罪背負うことないやないかい。おい」
 杉浦「確かにそのパイプは親分のや。そやけどな、わしがこっから出られへんのに、そんな話、信用できるかい」
 立花「ほな、もうひとつええもん、見したろうか。わしにまで、こんなもん、くれよったんやぞ」
 赤いパンティを杉浦の頭にかぶせる。
 杉浦はそれをじっと見て放り投げる。
 杉浦「おんどれ、桜の代紋しょっとる思て、なめたまねさらすなよ」
 立花「代紋しょってなかったら、どないすんねん」
 杉浦「二度としゃべれんようにしたるわい」
 音楽が始まる。

278この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:28:02.92ID:7W0jSSd4
24 <取り調べ室>

 立花「お前のスケ、いいタマやね」
 杉浦「ああ、あんなスケ、一生だけんやろ」
 立花「極道はえらいもんやね。若いもんがつとめに行っとる間、親分はそのスケを可愛がっても、ええんかい」

 立花「これは(パイプを示し)親分のやないか。真由美の枕元に置いてあったんやぞ。・・・・杉浦、なにもお前ひとりで罪背負うことないやないかい。おい」
 杉浦「確かにそのパイプは親分のや。そやけどな、わしがこっから出られへんのに、そんな話、信用できるかい」
 立花「ほな、もうひとつええもん、見したろうか。わしにまで、こんなもん、くれよったんやぞ」
 赤いパンティを杉浦の頭にかぶせる。
 杉浦はそれをじっと見て放り投げる。
 杉浦「おんどれ、桜の代紋しょっとる思て、なめたまねさらすなよ」
 立花「代紋しょってなかったら、どないすんねん」
 杉浦「二度としゃべれんようにしたるわい」
 音楽が始まる。

279この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:28:37.04ID:7W0jSSd4
24 <取り調べ室>

 立花「お前のスケ、いいタマやね」
 杉浦「ああ、あんなスケ、一生だけんやろ」
 立花「極道はえらいもんやね。若いもんがつとめに行っとる間、親分はそのスケを可愛がっても、ええんかい」

 立花「これは(パイプを示し)親分のやないか。真由美の枕元に置いてあったんやぞ。・・・・杉浦、なにもお前ひとりで罪背負うことないやないかい。おい」
 杉浦「確かにそのパイプは親分のや。そやけどな、わしがこっから出られへんのに、そんな話、信用できるかい」
 立花「ほな、もうひとつええもん、見したろうか。わしにまで、こんなもん、くれよったんやぞ」
 赤いパンティを杉浦の頭にかぶせる。
 杉浦はそれをじっと見て放り投げる。
 杉浦「おんどれ、桜の代紋しょっとる思て、なめたまねさらすなよ」
 立花「代紋しょってなかったら、どないすんねん」
 杉浦「二度としゃべれんようにしたるわい」
 音楽が始まる。

280この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:41:17.80ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

281この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:41:47.07ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

282この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:41:59.46ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

283この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:43:19.11ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

284この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:43:25.05ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

285この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:44:12.76ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

286この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:44:25.63ID:7W0jSSd4

<賭場>
 のぞき窓から男が外をのぞく。中では花札がきられ、男たちのつぶやく声がする。賭場である。
 フォーカスが合わずピンボケしているカメラがきちっとピントが合う。
 盆茣蓙の上に花札が巻かれる。
 賭場の場面である。(実際のやくざの賭場のようである)
 筆でなぞった後、文字がくっきりする赤いタイトルが出る。
 

287この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:51:47.83ID:7W0jSSd4

<警察の一室だが、アップなので最初はどこか判らない>
 足の指の間に水虫の薬を塗っているようだ。
 電話機の鳴る音。誰かが受話器を取る。
 
 

288この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:52:03.91ID:7W0jSSd4

<警察の一室だが、アップなので最初はどこか判らない>
 足の指の間に水虫の薬を塗っているようだ。
 電話機の鳴る音。誰かが受話器を取る。
 
 

289この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:53:18.09ID:7W0jSSd4

<警察の一室だが、アップなので最初はどこか判らない>
 足の指の間に水虫の薬を塗っているようだ。
 電話機の鳴る音。誰かが受話器を取る。
 
 

290この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:53:32.34ID:7W0jSSd4

<警察の一室だが、アップなので最初はどこか判らない>
 足の指の間に水虫の薬を塗っているようだ。
 電話機の鳴る音。誰かが受話器を取る。
 
 

291この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:54:06.08ID:7W0jSSd4

<警察の一室だが、アップなので最初はどこか判らない>
 足の指の間に水虫の薬を塗っているようだ。
 電話機の鳴る音。誰かが受話器を取る。
 
 

292この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:54:40.71ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

293この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:55:53.36ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

294この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:56:03.19ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

295この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:57:10.70ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

296この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:57:51.54ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

297この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 02:59:42.21ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

298この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:01:02.40ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

299この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:01:33.59ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

300この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:02:47.89ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

301この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:04:38.50ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

302この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:06:09.35ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

303この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:06:59.69ID:7W0jSSd4
7月2日に笑点終身名誉司会の桂歌丸師匠が亡くなられました。
桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。
回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに「ミスター笑点」と呼ぶに相応しい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。
心よりお悔やみ申し上げます。

304この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:08:05.61ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

305この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:08:28.57ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

306この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:08:41.04ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

307この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:09:07.55ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

308この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:09:17.60ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

309この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:09:34.20ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

310この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:09:40.83ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

311この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:10:24.60ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

312この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:10:48.61ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

313この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:11:13.50ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

314この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:11:19.30ID:7W0jSSd4
20
<信用金庫の支店長室>
 栗原[藤岡琢也]電話が鳴る。「はいはい、もしもし。(切れる)・・」
 栗原「(再び鳴る)はいはい・・もしもし。(切れる)」
 不安そうに週刊誌をめくる。部屋にかけてある額に近づく。
 再度、電話が鳴る。取ると、
 立花の声「(電話で)おい、いまからおんどれんとこへ行くさかい、待っとれ」
 栗原、不安になったところへ女給がお茶を持ってくる。
 栗原は「いらん!」と断るが手をはらうとコップに当たって落としてしまう。とまどう栗原。拾う女給。

315この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:13:23.20ID:7W0jSSd4
*'''森山珠子(もりやま たまこ)'''
:演:[[森光子]](特別出演) 
:各シリーズで1〜2回は登場する。大吉の姉で5人の娘の叔母。ハワイ在住。

316この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:13:32.73ID:7W0jSSd4
*'''森山珠子(もりやま たまこ)'''
:演:[[森光子]](特別出演) 
:各シリーズで1〜2回は登場する。大吉の姉で5人の娘の叔母。ハワイ在住。

317この子の名無しのお祝いに2018/07/06(金) 03:14:13.77ID:7W0jSSd4
*'''森山珠子(もりやま たまこ)'''
:演:[[森光子]](特別出演) 
:各シリーズで1〜2回は登場する。大吉の姉で5人の娘の叔母。ハワイ在住。

新着レスの表示
レスを投稿する