釈迦のように悟ってしまった

1神も仏も名無しさん2018/07/25(水) 08:23:21.97ID:LT7oTdce
人間の生きる意味とか真理がわかってしまったんだが
その通りに行動してたら回りから非難浴びる浴びる…

157神も仏も名無しさん2018/08/09(木) 09:56:09.58ID:cvUUNGt0
>>156
他人の心情までどうこうしようと言う気はないため、そう思われるのでしたらそれでいいと思いますよ。

158照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/10(金) 15:56:20.43ID:vM/VKX45
上げとこう

159神も仏も名無しさん2018/08/10(金) 16:34:10.48ID:J0Q1qlo7
上げマンですね。

160照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/10(金) 17:44:45.58ID:rVlgUls0
アゲマンだといいな(^_^*)

161神も仏も名無しさん2018/08/10(金) 23:39:38.66ID:1jczM23k
ありがとうございますです。

162照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 05:49:09.52ID:flL2Piu2
ブラフマン
アートマン
アゲマン

163照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 05:52:20.80ID:flL2Piu2
クンダリーニングス

164照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 11:55:27.57ID:WdxaMH4/
真魚さん、
私はこの身をもっともっと焦がしたい。
せっかく女性に生まれたからには、今よりもっと女性としての幸せや快感を求めたいという気持ちが消えません。

この気持ちは自分をあるがままに受け止めるという意味では、少しもおかしいとは思えないのです。

執着と解放のバランスについてご意見あればいただきたいです。

165神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 12:11:17.34ID:XiHsa61Q
わたしを見つけなさい。
きっとメガBIGBOYが君をめくるめく女の喜びへと導くであろう(笑)

166照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 12:25:51.68ID:WdxaMH4/
>>165
手掛かりはありますか?

167神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 12:31:48.96ID:XiHsa61Q
今下呂市のコンビニの駐車場でトラックの中で休憩中(笑)
もうすぐ出発だけどね。

一般的な話をすると、好きな男がいたら笑顔で相手の目を見つめればいいと思うよ(笑)

そうすると男はその女性に好印象を持つ。

168照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 12:38:41.29ID:WdxaMH4/
リアルな位置情報ありがとうございます😆💕

169神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 12:41:40.63ID:1SnM5Mxc
.
【創価学会は朝鮮族支配のカルトです】

オウムに人材と資金提供していたようです。
犯罪教団のお手本であり創価学会は、現世利益を看板にしてし、多額の財務金を出させ、さらに、おびただしい数の出版物を半強制的に買わせます。

こうして集めた巨額の資金で、学会は、東京の信濃町や八王子を中心として全国的に土地を買いあさり、池田大作の豪華専用施設をもつ道場を何百もした。
こうしたやりたい放題を続けるために、創価学会は、批判者や脱会者に対し、脅迫、尾行、見張り、嫌がらせ、怪電話、怪文書、暴行、傷害、盗聴等々、あらゆる犯罪的手段を用いて攻撃します。

創価学会を私物化した池田大作の野望は、日本の国家機構を乗っ取り、絶対支配者となる ということです。
同時に、創価学会は、司法界、官僚、警察、マスコミ界等へ、池田大作私兵を送り込む作業を長年にわたり組織的に続けています。m

創価学会は撲滅するべきです【浪速建設 一級建築士 岸本晃】代表

170照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/11(土) 13:13:46.64ID:WdxaMH4/
↑こういうプロパガンダも全く無意味だということ、論理的に考えたらすぐわかると思うんですけどね(^_^;)

まあ、創価学会員は脱会して教えを広めるべきです。

学会自体を解体してはいけません。今はまだ。
解体なんていうことになれば、どうあっても国民は不審に思いますから。

171神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 13:31:17.04ID:APYvZlsg
>>164
私の周りにいる方の傾向では女性の方は男性の方と比べて完全性を求めるみたいです。

執着…言い換えると自他分離ですが、まずは自分と親、もしくは自分と子とで「違う人間である」ことを認識することがまずは第一歩かと思われます。

172神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 13:33:58.16ID:APYvZlsg
>>167
なに言ってるの?

173神も仏も名無しさん2018/08/11(土) 13:49:37.14ID:APYvZlsg
>>169
そう言う集団で動いてるのって目的があるうちは一直線だけど
目的がなくなると一気に暴走しだすって特徴があるんよな。

だからそこ(目的)をうまく刺激すると使ってるもりが容易に使われてしまう、って特徴があるよ。

174神も仏も名無しさん2018/08/12(日) 08:14:28.86ID:7OuTvoH2
曇りですなあ。でもしこたま暑いより熱中症で倒れることなくてよいのかも。

175照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/12(日) 17:52:55.96ID:y7sW1dWb
泳ぎに行って来ました(^_^*)
気持ちよかったですよ〜

久しぶりのビキニ👙
ちょっと恥ずかしかったけど、彼がすごく褒めてくれました🤗

176神も仏も名無しさん2018/08/12(日) 20:07:59.84ID:eJ5L1D4Q
なんだ彼氏居るのか。
サイナラー(笑)

177神も仏も名無しさん2018/08/12(日) 21:23:07.78ID:7OuTvoH2
>>175
暑いですから水浴びもいいかもしれませんね。
それはさぞかしよかったんですかねえ。

178神も仏も名無しさん2018/08/13(月) 09:24:03.67ID:sTx6u7ta
釈迦より悟ってしまった

179神も仏も名無しさん2018/08/13(月) 10:02:37.71ID:4zFtyoS0
>>178
そうなの?

180照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/13(月) 15:42:18.80ID:3ZB6dU8W
>>178
どういう境地なのですか?

181神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 07:39:14.66ID:nt6kx5Nc
究極自分以外はどうあってもよいのかな、と僕は考えてますね。
ですから無理して自分以外を取りに行くこともないですし、興味がなければバッサリお付き合いもしなくなります。

182照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 11:28:37.15ID:gC7KoYV1
真魚さんおはようございます^^)

進化論についてどう思われますか?
私は直感的に進化論は、完全ではないにしろ正しいと感じてしまうのですが。。

183神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 11:49:50.38ID:nt6kx5Nc
>>182
進化論って人間がお猿さんから進化してるって理論でしたっけ?

184照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 11:51:37.65ID:gC7KoYV1
>>183
簡単に言えばそういうやつです。
ダーウィンの進化論
https://ja.wikipedia.org/wiki/進化論

185神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 12:11:59.23ID:nt6kx5Nc
>>184
進化後の生物は何かしら進化前生物の特徴は備えていますから、考えとしてはそのような考えもままああるのかなとは思います。
一方で進化の過程でその中間的な生物が存在してないのはなんでなのかな?という疑問はあります。

186照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 12:27:20.66ID:gC7KoYV1
>>185
環境の変化に対応するという自然の指向性から種には変化が生まれ、
環境の安定とともに進化や変化も安定するポイントがあり、
特定の環境下では中間的な形質の種が存続しづらい、というのが主な理由だと思っていますが。

187神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 12:52:29.56ID:nt6kx5Nc
>>186
一般的にそうした進化もばらつきをもちながらなされるではないですか?

それに進化前、進化後、ともに安定点からのばらつきがあるなら、その中間点の生物が存在してもいいのかなあと思ったものです。

また安定点があるにしてはやけに魚類と鳥類とか、そういう個体生物にバッチリ別れてるのが不思議だなあと思っているのです。

188照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 13:02:59.63ID:gC7KoYV1
なるほど。
少し考えが変わりました。

造物主が一瞬ですべての生物を作り出したのではなく、
言わば「宇宙の意思」として、進化という過程を経ながら魚類や鳥類といったものが、
予定調和的に形作られていっているのではないか。

4次元的に考えれば時間に始まりも終わりもないでしょうから。
最初から、特定の環境で特定の形質になることが運命付けられている、という言い方もできるかもしれません。

例えば大日如来が宇宙の始まりから存在しているのであれば、魚や鳥も最初から存在している(存在が予定されている)、
と言えなくはないでしょうか?

189神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 13:03:16.77ID:534wsf4e
中間のは居たけど滅びた。
鳥に似た翼竜という恐竜が飛べるやつ。
あれは鳥との生存競争に敗れた。

魚に足が付いたようなサンショウウオは少ない。絶滅してないけど希少になってる。
中間種は弱いんでしょうね。

190神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 13:11:19.91ID:gs2WoFYk
こんにちは

私は、人類に限っては進化論は無理があり過ぎると考えています。他の種族の進化論と比較しても、あまりにもお粗末で雑な検証です。進化論自体には異論は有りませんが、人類はその中から除外した方ががスッキリするでしょう。

191照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 13:17:25.59ID:gC7KoYV1
>>190
こんにちは。
つまり外的な要因で地球上に存在している、という意味にとれますが間違いないでしょうか?
具体的にどういう要因が考えられますか?

192神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 13:31:26.44ID:gs2WoFYk
>>191
申し訳ありませんが、深夜にでもレスさせて頂きます。
議論をしても双方明確な答えは見つからないとも思えますので、私の戯言程度にお願いしときますねw

193照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 13:31:44.83ID:gC7KoYV1
「宇宙の愛」が人類を形作った。
なんとなく今イメージしているのは、進化の過程自体は物理法則のようなもので必然的に起こる。
そこに「カンフル剤」「ホルモン剤」のように宇宙の意思、愛が作用する。
みたいな感じです。

論理性には欠く直感ですが。。

古代宇宙人説などは目的意識がはっきりしないのでなんとも言えません。
地球以外の知的生命体の存在する距離は途方もなく遠く、われわれが通常考えうる類の動力では
いくら文明が進歩していたとしても、わざわざそんなところにまで年月までかけて足を伸ばして
実験(?)的なことをする意味がわからない、というのが素直な意見です。

194神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 13:31:55.84ID:nt6kx5Nc
>>188
思考実験としては面白そうですね。

195照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 13:35:14.37ID:gC7KoYV1
>>192
わかりました。ご意見ありがとうございます^^)

またいつでもいらしてください^^)/

196神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 13:44:52.35ID:nt6kx5Nc
>>189
なんで絶滅したんだろう。
そしてなんで現在にそういう中間生物はいないんだろうねえ。

197照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/14(火) 13:52:37.75ID:gC7KoYV1
物質と反物質の戦いも、物質が勝利した理由はどこにもありません。
とするとそこに何らかの意思が介入している、とは考えられないでしょうか?

>>196
生物は多様性の中で進化します。基本的には環境という「縁」によって進化のプロセスが決定しているのでしょう。
数多の選択肢の中から最終的に特定の「形質」が選ばれるのは、「縁」による必然とも言えますし、
それを全部ひっくるめた上での「意思」とも考えられると思います。

198神も仏も名無しさん2018/08/14(火) 15:00:27.78ID:9WcnDRnR
進化するということはやはり我々はモンキーパッチなのですね

199神も仏も名無しさん2018/08/15(水) 00:08:20.95ID:sGbfDe1c
>>193
こんばんは。
「理論性に欠く直感」はとても重要な思考であると思いますよ。
物理学や科学などは、理論性に欠く直感から生まれた後に、理論付けされて証明された限られた事象を照らしているに過ぎないと思うからです。
ですから、私には人類の起源に付いても理論付けが少々、強引に感じられるのです。猿から人ではなく、人は始めから人であったと思うのですよ。そこからの環境に適合する為の進化なんだと思います。
古代宇宙飛行士説に触れられていましたが、可能性としては有かと思いますよw宗教的な思考では「神仏」とは、人ですか?人とは違う生命体ですか?

200照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/16(木) 11:55:41.37ID:NvMHWIE4
>>199
>「理論性に欠く直感」はとても重要な思考であると思いますよ。

そうだと思います。
真理は論理ではなく、それを超えたところにあるもの、
考えるものではなく感じるもの、
とも思います。

人類の起源は議論を進めれば進めるほどほど面白くなりそうなので、
是非とも追求していきたいですね^^*)

201神も仏も名無しさん2018/08/17(金) 20:09:45.48ID:xOL4yzN6
社kのように悟ったら、やっぱキリスト教だよねって気分になるよ

202照隅9 ◆1KaWk8ZRnVxd 2018/08/17(金) 20:13:03.88ID:t9m2WZi0
>>201
そうなったらそうすればいいですよね^^)

203神も仏も名無しさん2018/08/17(金) 20:55:21.18ID:xOL4yzN6
虚栄を張って見せたい
欺く
油断さす
そのために、ファッションとしてだけれど

204神も仏も名無しさん2018/08/17(金) 22:00:17.37ID:9w7oAxuC
>>201
やっぱキリスト教ってどんな気分なん?

205神も仏も名無しさん2018/08/17(金) 22:40:16.31ID:xOL4yzN6
キリスト教を否定しないのは負けだと思っていたのですが
負けてもいいという気になったんです。事実今のままじゃ勝てそうにないって分かって。
2ちゃん見る時間がもったいなくて、どうすれば2ちゃんが気にならなくなるのかを考えてるんだけど
戦って勝とうとしないキリストって賢いんじゃないかなと。

206神も仏も名無しさん2018/08/18(土) 00:23:41.02ID:8tbHmo6P
> まあ 金持ちのむすこは、答えをそのまま教えてもらって医科大に入れる。 まあ 医者として医院を継げるし、お家安泰な仕組み。

  まあ お寺も僧なんだろうか? 苦労して山登りして頂上で見上げる景色と、登山電車に乗って来て観る景色は 同じ七日も? 』

医者は命の責任がある。
その責めを負う。
総合的な判断をして、治療を始めるが、
結果的には、患者さん全員を生かす、と言うわけではない。
患者さんの生命力で生き返る、また、その生命力をもってしても死に至ることがある。
なりたい仕事に慣れれば、これもまた、一生の杭が無い。
江戸時代、医者には、医者の視覚は不要だった。
なりたい人が修行して、開業していたのである。
流派があった、と言うから、免許皆伝の巻物をいただいてたのかもしれない。
馬に乗るのには、国家資格が求められるのだろうか。
歩くのに国家資格が求められるのだろうか。
近代国家と言うか、現代国家と言うか、管理社会である。
そこに適性など求められない。
学力でふるい分けられるだけである。
車の自動運転が代表するが、AI化されたとき、医者も又、学力が見劣りするからと言う理由で、AI化されるのだろう。弁護士、司法書士、行政書士も、やがて消滅する、と聞く。
男性と女性を分けるY染色体が、徐々に小さくなっていってる、と言う。
数十年後にはY染色体は、消えるな、きっと。
雌雄での存在は、不必要になる。
にとも、単為生殖に戻る、のだろうね、この先は。
人類の月移住、火星移住が、喰いつくされた地球からの大脱出になる。
宇宙人である地球人が、宇宙人付き人になり、宇宙人火星人となるのだろう。
この先が、楽しみだ、と、言える人もいれば、それはもう人類とは呼ばない別のものだ、と言う人も出てくるだろう。
まだやって来ない明日、未来は、繁栄と絶滅の二者択一の選択問題、と言えるとまs打良いのかもしれないが、無駄な悪あがきはよしなさい、と言う声を聞く預言者が出てきたりして、

まさに世は末世、終末思想がはびこる、鴨。 ヘイ!カモーン!

207神も仏も名無しさん2018/08/19(日) 00:55:53.17ID:A6+RAaRZ
僕はコンスタンティヌスが「正当」と定めたカトリックはどうなんだろうと思うけど、それを熱心に信ずる人はいるだろうねえ。

新着レスの表示
レスを投稿する