聖書の信頼性について検証するスレ Part1

1神も仏も名無しさん2018/06/13(水) 21:03:21.37ID:f8/Uo4KK
聖書の信頼性について検証するスレ Part1

聖書は、『信頼に値する書物である』ということを様々な視点から検証していこうというスレです。

48神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 11:31:16.23ID:u9Cne2e7
私は貧しく、なんの取り柄もない人間だが、神の友人だ
私はいつも神とともにいる
あなた方の悪は目に余る
あなた方のために世界は滅ぼされるだろう

49神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 14:03:47.18ID:0ub81mbN
>>47
真実はお前の滅びのみ

ハレルヤ

50神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 14:04:49.81ID:0ub81mbN
>>48
妄想乙

51神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 15:09:49.49ID:KUGkU89O
>>41
別に神社の信仰者は天皇を拝んでる訳ではないから。
自然界の神々、
ご先祖さま、
昔の人々への感謝だから。
特定の何か人物だけへの信仰ってのはない。

その特定の何かだけに執着するのは、
庶民的な神社宗教にはないから。

52神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 15:25:10.16ID:KUGkU89O
>>44
この指とまれ!
仲間になれ!
信じないヤツは神から殺されても良いヤツだ。
この思考が犯罪集団、殺戮集団の思考なのが分からない。

目前の人間より、
見た事ない誰かを重視して、
目前の人間の裁かれて滅びるのを望む心理構造がまさに悪魔的な脳構造だと自己客観視できない状態。

愛はなく野蛮な意識、殺戮や憎しみに満ちた思考。

他の宗教的集団もそれをやれば、
宗教戦争となる。

こんな簡単な野蛮な教義が見抜けない。
狂気のカルト宗教の定義は、
その教祖やその救い主に平伏しない者は、この世から削除して良いと言う考え方だ。

53神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 16:46:20.57ID:u9Cne2e7
>>52
同意
幼児生贄、人肉食、ヤギの生き血を飲む、サタン崇拝、乱行、、、こういう儀式を陰でこそこそやって、陰謀を企み、この世界を悪魔の支配下に置こうとしている秘密結社に、誰が加わるか
死んでもお断りだ!
地獄に堕ちろ、くずフリーメイソン!

54神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 18:02:55.74ID:F1I3/iiR
>>47
地獄はゲヘナのことですか?
現在のローマ法王もゲヘナは否定してる

55神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 19:18:41.80ID:u9Cne2e7
>>54
地獄はないと思ってるのですか?
クルアーンには地獄のことが書いてありますよ
悪人にはふさわしい裁きを

56神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 19:23:02.17ID:atZRqCsq
日本に住んでるくせに神道がどんなものか知らない馬鹿がいるとか驚きだわ・・・

57神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 21:17:06.15ID:F1I3/iiR
>>55
ゲヘナは「ヒンノムの谷」のヘブライ語
地獄としてのヒンノムはエノク書に言及がある
つまりゲヘナを信仰する=死海文書グループとのつながりを肯定する、となる
だから今じゃ法王もゲヘナ否定

58神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:08:09.03ID:0ub81mbN
ゲヘナはイエス様も言及しとるがな

59神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:17:55.12ID:F1I3/iiR
それを否定する動きなんだよ
今の堕天使や悪魔、天使の概要はほぼエノク書によっている
そのエノク書自体がヨーロッパに存在しなく、ロシアかエチオピア版を使っている
なんとか関係を排除しようって流れなんだよ
エノク書を聖典としたのがクムラン教団
否定しなければエッセネ派→キリスト教のつながりが決定的になる

60神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:19:08.96ID:F1I3/iiR
エノク書読んで見ればわかる
エノクの予言の成就=キリスト
当時の人間はそう考えた

61神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:20:58.75ID:0ub81mbN
地獄を否定する奴はエホバの証人やらろくな奴がおらん

62神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:22:30.45ID:F1I3/iiR
プロテスタントが否定ぎみ
カトリックが肯定ぎみかな
教会が消えつつあるのはカトリック側

63神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 22:25:02.75ID:F1I3/iiR
https://ja.wikipedia.org/wiki/教会の危機
実情を知らずにカトリックが増え続けてるアジアはやばいな
いきなり谷底に落とされるかも

64神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 23:06:13.75ID:vNH1RaNa
>>51
聖書にだけ厳しく判断基準を厳しく要求する理由に全くなってないよ。
神道の信仰対象なんてどうでもいい。

65神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 23:31:27.47ID:L0eIH7fG
聖書よりも古事記や日本書紀のほうが信頼性や信憑性があると主張し神道を信じてる人もいる。

しかし一般的には聖書のほうが信頼性がある(一例としてイエスが実在したことを否定する学者はほとんどいない)
と考えられているので、逆に聖書のほうがいちゃもんをつけられやすい。

66神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 23:50:44.80ID:KUGkU89O
>>64
別に神道がどうだか神話の類いで終了。
ジンギスカンが源義経か?
ああそう?で終了。
イエスキリストがどうだら、
ああそう?
終了。

問題は宗教裁判や宗教戦争、
キリスト教の異常さはカルト。

これは、はい終了にはできない問題。

キリスト教と言う野蛮で殺戮ばかりして来た気違い狂気の宗教は批判しなきゃならない。

67神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 01:09:29.18ID:WKl98e2d
キリスト教は狂気の宗教という考え方そのものが宗教戦争のきっかけになり得る

キリスト教会で刃物振り回して暴れないでね、君の思想はかなり危険

ていうかスレ違い、写本の信頼性から何故そんな話しの流れになるの?
頭がイカれてるのかな。マジ怖いこの人

自分でスレ立ててそっちでやってね

68神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 04:11:33.32ID:JRJZoH+/
>>67
聖書の信頼性は、
気違い狂気のキリスト教の姿が一番の信頼できない理由。

オウム真理教の麻原が直接書いた手記か?
直接説法した説法か?
その信頼性を考えると言っても、
気違い狂気のカルト宗教に対して、
信頼性も何もない。
当たり前の事だ。

気違い狂気のカルト宗教として、
魔女裁判で拷問や強姦し財産を没収した歴史事実。

その狂気のカルト宗教がキリスト教にはある。

つまり、聖書の信頼性は魔女裁判と聖書から派生したユダヤ教、キリスト教、イスラム教の流血の史実を見れば明らかだ。

その事実を棚に上げて、
指摘する私をナイフを持って暴れるなと個人的な侮辱をしている。

聖書とキリスト教に対する批判と個人的批判または侮辱は別次元の物だ。

キリスト教会と
クリスチャンは、
反対者、異端者、異教徒(魔女も含む)
を残虐に拷問し強姦し財産を奪って来た。

アフリカやアジアやアメリカインディアンを虐殺して来た。
それは聖書の信頼性がない事実、史実である。

神と神からの言葉を信じる信仰者達の行う野蛮で残酷な悪事が、
その聖書なる物を信頼するに値するか否かの信頼性の答えだ。
上に名無しクリスチャンが批判者を悪魔呼ばわりして、
神に憎まれ殺されて地獄で苦しめと呪っている。
これが即ち、中世の魔女裁判の本質である。
クリスチャンの本性である。
自分自身の信じる物に異質な者は、
相手が無抵抗でも抹殺して良いと言う気違い狂気のカルト宗教な本性が如実に示されている。

69神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 04:15:37.90ID:JRJZoH+/
>>67
気違い狂気のカルト宗教の事実を語ると何故か、
気違い狂気のカルト宗教を信じてない人間を気違い狂気の危険人物と逆転して考えてしまうクリスチャンの脳構造こそが、
気違い狂気の危険性の塊なのだ。

エゴイズムについて心理学的に真面目に考えるべきだ。

また、歴史的文献学的な検証ならば、
お前が板違いだ。

学術板や文献板に行け!

70神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 05:09:05.80ID:qH9o28ED
権力と癒着した腐敗した教会の指導者が異端狩りとして財産を奪うなどしたのは事実でも、大半のクリスチャンは世界平和を望み、殺害などには反対してきたのだ。
異端審問をやめさせたのも司教だったはずだ。
全てのクリスチャンが悪いわけではない。

極端過ぎる思想、歪んだアンチキリスト教こそ危険なカルト思想。

71神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 08:21:37.34ID:k1hhkIzJ
スレ主さんが批判否定はお断りと言っているので、他でやってね

72神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 19:43:37.74ID:JRJZoH+/
>>70
殺戮が止まないのはキリスト教の教義に欠陥があるからだ。
インディアンを殺して良いとか、旧約にも他の民族を虐殺し強姦して略奪して良いと書いてある。

キリストを信じない者は地獄に落ちるべきだと憎み差別して良いと言う教義が存在するからだ。

殺戮を本性とした、表面は綺麗事を言う教義。

欠陥教義があるから異常者がそれを容易に悪用出来る。

悪用する為に書かれてあるのがキリスト教。

それを根本的に批判すると殺しにかかる。
批判しなくても、
異教徒は殺して良いと言う教義がある。
つまり、
自分自身の都合に良いエゴイズムの宗教なのだ。

まさにカルト宗教。
他人と他人を信じるか信じないで殺したり憎んだりが起きる教義体系。

何々人は殺して良いとか、
何々民族は殺して良いとか、
そんな差別を平気で許可する教義体系が聖書。

それを誤魔化す偽善箇所がなきゃ、
余程の気違い狂気の性格じゃなきゃ、
誰も入会しない。

だから、偽善の甘い言葉をちりばめた、殺戮教義体系が作られた。

聖書の信頼性は、
神ならば、
こんな欠陥差別、殺戮歴史は作られない。

馬鹿でも分かる事。

神の定義が、
殺戮と差別を推進する犠牲者を製造する存在ならば、

言葉として破綻している。

事実と言葉と照らして虚偽。

虚偽を神とは言わない。

昔ならば、
これで拷問されて然るべきだと、
自称平和を望んでいるクリスチャンの群衆から石打ちや、
罵りやら捕らえて拷問の限りで殺されている。
容易に想像出来る。

疑問を持つ者は集団リンチや法的な拷問と処刑が待つ。

これが当たり前に許される教義体系がキリスト教と言う宗教には存在する。

写本がどうか?

悪魔の教義が
信頼性に値しない論証である。

73神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 19:49:09.72ID:JRJZoH+/
>>71
スレ主は神でない。
なんとか主を付けると支配者になれる脳構造はキリスト教の悪構造そのもの。

他人の権利、人権を救い主とか神とか、
言葉の上で自分自身を絶対視する為に使う欲望なんだよな。

エゴイスト、
我が最高者、
エゴイストが好む神とか救い主は同じくエゴイスト。

小学生でも分かる不当な差別と優越を大人が喜んでやり始めるカルト。

否定意見を排除するのは言論封殺。

まさにクリスチャンの本性の殺戮の構造そのもの。

74神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 20:18:19.41ID:XsMB9KNz
矛盾してる記述が散見できる時点で聖書の信頼性は無いも同じだよねぇ。
スレ主は、ただただ「聖書は正しいんだー!」ってオナニーするだけのスレにしたいみたいだけどさ。

75神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 21:59:15.71ID:34sfhaEa
神による大量殺人―「従わない者を殺す神」は本当に正しいのか?

聖書では、神の裁きによってたくさんの人々が命を落としている。
神の望みにそぐわないものは殺し、神に従順なものを救う、ということだ。
果たして、従わない人は皆殺す神は、本当に正しいのだろうか?

誰が善悪の基準を決めるべきなのか?

「従わない者は殺す」このような神の対応に、不満を感じる日本人は決して少なくはないが、その不満には、ある前提となる考えが存在する。
それは「神と人間の関係性」に関するものであり、そのような不満は多くの場合、神の立場と自分の立場を対等に見ていることに原因がある。

聖書が繰り返し語りかけていることは、「神は万物の創造者・支配者である」という事実である。
もし神が本当に万物の創造者ならば、神が造らなければ人間ははじめから存在すらしていない。
さらに、人間の命を含む、万物の所有権は、完全に神の側にある、ということになる。

私たちの社会では、所有権を持つ者は、その所有物に関連する権利を持っている。
だから、アパートの大家は、その家の規約を決定する権利を持っており、もしそのルールに従わない住人がいれば、適切な警告を与えた上で、そこの住人を追い出すことができる。

この時、住人を追い出した大家に対して、文句を言う人間は誰もいない。
なぜなら、私たちは、「大家と住人の関係性」を理解しており、彼らの立場が対等でないことを知っているからだ。

しかし、これと同じようなことが、万物の所有者である神と、その住人である人間との間に生じると、人間が不平を言うのはなぜだろうか?
それは、住人である人間が、大家である神との根本的な関係性を理解していないからだ。

神は所有権を持つ大家・万物の支配者であるために、善悪の基準を決定し、人間を裁く権威を持っている、これが聖書の教えているところである。

76神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:00:42.72ID:34sfhaEa
聖書の神の属性と目的―愛と義

神に倫理基準を定める権利があるからといって、神が人間を乱暴に扱うわけではない。
むしろ神は、どんな人間よりも、自身の属性にしたがって、完全に公平な裁きを与える存在である。

聖書で啓示されている神の属性は、「聖なる神」「義なる神」「愛ある神」であり、全ての物事は、この神の属性に基いて、忠実に実行されていく。

たとえば、神が義であるということは、正しく生きる人々には必ず祝福を与え、悪いことを続ける者には必ず罰を与えることを表している。
私たちは、このような神に対して、不満を抱くどころか、むしろ社会で完全に公平な裁きが行われることを切望しているのではないだろうか?

また、神は愛であり、どんな人間よりも、私たちのことを深く愛している。
その愛ゆえに、神は多くの場合、悪を行う者たちにすぐに裁きを下すのではなく、悔い改める時間をしっかりと与える。
また愛ゆえに、全ての人の罪の身代わりとして、独り子であるイエスを与えた。

77神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:02:37.93ID:34sfhaEa
裁きの事件の背景

聖書に記されている神の裁きが批判されるもう一つの原因としては、誤解が挙げられる。
つまり、出来事の背景が十分に読み取られていないのだ。
そこで今回は、際立った二つの裁きを取り挙げてみる。

ノアの大洪水

聖書に記されている裁きの中で、最も大規模なものは、「ノアの日の大洪水」である。
聖書の記録によれば、当時は「ネフィリム」と呼ばれる人間と堕天使の混血種がおり、彼らの影響も悪く働き、地上は暴虐で満ちるようになった。

そして、その悪のレベルが、「回帰不能点」を越えたため、神はやむを得ず、全地球規模的な裁きを下すことを決定した。

しかし、聖書の記録によれば、ノアが方舟の建設を命じられてから、大洪水が生じるまでは、120年間もの期間があった。
その間に、人々には、ノアの警告に心を留めて悔い改める時間が十分に残されていたのだった。

しかし、改心した人は誰もおらず、方舟に入ったのは、ノアとその家族の八人だけだった。
それほどまでに当時の世は、神に対して反抗的だったのである。
もし神が大洪水を起こさなかったら、地上から正しい人は、一人も残されなくなっただろう。

78神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:04:17.43ID:DBImcgQm
ボスポラス決壊

79神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:04:21.17ID:34sfhaEa
各事件の背景〜ヨシュアによるカナン征服

カナン人に対する征服戦争の背景は、唯一の神ヤハウェが、カナン人の罪を裁くために、イスラエル人を用いた宗教的なものである。

当時のパレスチナの地域に住んでいたカナン人は、偶像礼拝に端を発した不道徳と性的堕落で極めて堕落していた。
例えば、彼らが行っていた礼拝には、性的な行為や、殺した子供を生け贄として捧げる人身供犠のような悪魔的な儀式も含まれていた。

聖書の歴史と一般の歴史の双方は、彼らが不道徳や堕落のとりわけ卑劣な記録を作り上げてきたことを、一貫して証言している。

それでも神は、すぐには彼らを罰せず、400年もの長い間、彼らに時間を与えた。
しかし、最終的に、彼らの罪が極みに達し、回帰不能点を越えたので、イスラエル人を用いて裁きを与えたのだった。

80神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:06:02.47ID:34sfhaEa
結論

聖書の神は、万物の創造者であるため、倫理基準に関する絶対的な決定権を持っている。
そして、その基準は、聖・義・愛という神の属性に基づくものであり、神は常に完全に正しい方法で、その権威を行使される。

旧約聖書に記されている大規模な裁きの多くについて、神の残虐性が批判されていることがあるが、それらは大抵、背景事情を十分に理解していない人々がもたらす誤解である。

81神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 23:04:18.67ID:DjzoxVHv
ヨブを試すためにその親族を殺したのは?
なんの事情もないぞ
最も正しきヨブ自身をも殺そうとしたし

82神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 23:26:45.32ID:DbRr5yMa
>>1
史実として信頼できるかどうか、ということなら全くナンセンス
そんなことはとっくに放棄している
聖書を通じて信仰が成り立つかどうかだけが問題だ

83神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 00:09:00.31ID:GNfxilQe
まずキリスト聖書とユダヤ聖書にわけろ

84神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 06:05:11.18ID:oVm1pRSa
>>82
史実である

85神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 07:11:20.61ID:BNabs301
>>84
聖書の記述のみで、「いつ」「どこで」が特定できれば「史実」と言ってもいいでしょう。
ところが、聖書の記述のみではどちらか一方だけしか特定できないことがおおく、両方特定できることなどほとんど無いのです。
特に「いつ」については全くアテにできません。
そのような片手落ちの文章が史実であるとは、狂人ならば別ですが、言えないのです。

86神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 07:32:30.21ID:oVm1pRSa
>>85
多くの聖書以外の古代文献も実際の歴史として受け入れられているではないか

87野菜名人2018/06/20(水) 08:23:01.43ID:fo/jjXXu
>>14
このサイトのコピー?
http://true-ark.com/reliability-manuscript/
>1980年になされた。
>この年、エルサレムにあるヘブライ大学で、モーセ五書の語彙のコンピュータ解析が
>行われた結果、五書は全て同一の著者(編纂者)によって書かれたものであることが確認されたのだ。

仮にこの研究が正しかったとしても
ヤハウェ文書(J文書)、エロヒム文書(E文書)、祭司文書(P文書)、申命記文書(D文書)の
四資料仮説への反証にはならんぞい

というのは、四資料を組みあわせて編纂した人がいるのだから
同一の著者(編纂者)が四資料を使うと編纂者の癖で統一されるではないか。

問題の立て方がそもそも低レベル

88神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 09:04:05.34ID:F2okRCGq
>>84
旧約の中でヨブ記 詩編、箴言 コヘレトの言葉 知恵の書 雅歌 エレミヤ哀歌等は 実話ではなく「詩歌」の部類に属する。

89神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 10:09:39.25ID:17wyuoC2
>>80
知能障害だな。
その馬鹿な如何様の神の理不尽な虐殺肯定論法が、
その侭、
人間がその論法を模倣して実行したのが、
他民族を虐殺し強姦し略奪した史実。

植民地支配という極悪は、如何様の空想妄想の神の模倣だ。

90神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 13:42:57.97ID:h/eThWPM
>>88
揚げ足とりに過ぎん

91神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 13:59:04.49ID:h/eThWPM
>>89
神の裁きとそうでないものの混同

単純な見極めもできないバカげた批判

92神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 14:16:47.23ID:GNfxilQe
>>85
じゃあインドの歴史は歴史じゃないな

93神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 14:24:58.32ID:dqpnaeer
従わない者を殺した方々
毛沢東、スターリン、ヒトラー、ポルポト、神(旧約)

94神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 14:28:09.32ID:dqpnaeer
火の柱 ・・・サントリーニカルデラの噴火
海の道 ・・・サントリーニカルデラの噴火による津波の引き潮

95神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 14:32:51.50ID:dqpnaeer
ソドムとゴモラ ・・・大規模地滑り

史実を後付けでああだこうだ難癖つけて偏狭思想で味付けしたしたのが聖書

96神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 15:52:07.90ID:GNfxilQe
南極の氷が溶けても地球は水没しないぞ?

97神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 18:42:45.86ID:g3KNC6xg
>>81
死イコール神の裁きではないのでは?
ヨブ記のテーマは、なぜ良い人に悪いことが起きるのか

98神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 18:46:59.30ID:g3KNC6xg
>>87
仮説だしね。そのなんとか文書は写本か何か見つかったのかな

新着レスの表示
レスを投稿する