聖書における生物の創造以外の部分(及び生物の創造を含む科学に基づかない主張)について議論するスレ2

1神も仏も名無しさん2018/06/02(土) 10:34:11.37ID:ZhktITiG
聖書の記述において生物の創造と関係ない部分
(及び、生物の創造に関する部分を含んでいても科学に基づかない主張)
についてはこのスレで議論してください


(前スレ)
聖書における生物の創造以外の部分(及び生物の創造を含む科学に基づかない主張)について議論するスレ
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1519565869/


(生物の創造に関する部分について科学的に議論したい場合はこちらでどうぞ)
創造論と創造科学とID論と進化論Part104
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1521290163/

385神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 21:17:08.67ID:emGKuvyK
>>337
ヒクソスの侵入時期に聖書をあわせる必要はないし
追放時期=モーセの出エジプトでもないので関係ない
これでわかるか?
ヒクソス侵入といってもそれが即ヨセフにつながるわけはないし
高い地位についただけであってセム系の王が誕生したのはもっと後だったろう
「侵入時期」などわかるはずがない
それは「ヒクソス政権の誕生時期」だろ

386神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 21:26:13.90ID:emGKuvyK
実際の伝承でもアブラハムはメソポタミア出身
聖書でも「カルデアのウル」で生まれたと書かれている
識字率の高かったシュメールで当時最先端の教養を受けた都会人だったのがアブラハム
測量銀を用いて正確な契約をしてることからもそれが見られるし
エブラタブレットでも多くが商業記録

387神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 21:57:54.98ID:HYzUtr16
シュメールの神と聖書の神は両立しない。

シュメールの洪水があったからって
ノアの洪水があったことにはならない。


>聖書が「洪水時代から始まったことにしたい」と考えて
>それを取り入れるにしても実際それは「あった」んだよ

↑これの方が意味分からんぞ。
聖書が「誤りなき神の言葉(という設定)」だってこと忘れてるのか?


明日休み?
いや、まじで友達でも呼んでリアルの知人に話してみろって。

388神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 22:02:14.46ID:HYzUtr16
ていうか、
もうめんどくさいからネタ本ばらしてよ。

389神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 22:24:00.16ID:bctHbeSZ
鬼怒川の堤防決壊の洪水があったのは事実だけど「鬼怒川の堤防が決壊し、東京が滅んだ」なんて書いたら嘘だろ。
ノアの洪水はそういう意味で「嘘」だよ。
モデルになった洪水があったのは事実だとしても「ノアの洪水は嘘」としか言えない。
40日の雨?
150日水が残った?
生物が死滅した?
そこらへんはすべて嘘だね。

390神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 23:20:00.61ID:emGKuvyK
>>389
メソポタミアの場合は誇張なく「滅んだ」が正しいからな

391神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 23:30:53.63ID:psfShGAW
後付け解釈ですね

392神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 23:35:08.79ID:emGKuvyK
聖書も全治洪水では矛盾がでてくる

4:22チラもまたトバルカインを産んだ。彼は青銅や鉄のすべての刃物を鍛える者となった。

鍛冶職人の始祖トバルカインも滅んだとしなければならないのか?

393神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 23:40:51.38ID:emGKuvyK
https://www.bible-history.com/maps/2-table-nations-3.jpg
ノアの子孫、セムハムヤペテの民族の広がりも通じなくなる
実際これは周辺民族の広がりに等しく、実際この通りに民族があった
世界すべて覆われたなら「じゃあアメリカインディアンは?」となるだろ

394神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 23:48:41.55ID:zu7sFYZT
そうですね、聖書の記述は正しいとするならば聖書の記述は正しいですね

395神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 00:09:46.47ID:7ixSqp8u
6:5主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。
6:6主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、
6:7「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。
  わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。
6:8しかし、ノアは主の前に恵みを得た。

当然これは神の人、「アダムの民」のみを滅ぼすということである
「ユダヤ人」と考えてもいいかもしれないが、割礼もないので厳密には違うだろうが
とにかくそういうことでいい

396神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 00:19:26.05ID:/uT6Z5tx
【結論】聖書の記述は正しいとするなら聖書の記述は正しい

397神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 05:50:10.56ID:Q0vWiOIe
>>393

創世記 6:17
「わたしは地の上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、
みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶えるであろう。」

これで「(ノアとノアの家族と方舟の動物意外に)死に絶えてない」存在が確認できるなら
「聖書は正しくない」か
「神は嘘をついた(あるいは自らの宣言を実行できなかった)」以外の答えはないだろw

「現実と矛盾があるから聖書に書いてあることを否定する。
その結果聖書に矛盾はなくなり聖書は正しいといえる。」

とかどんなアクロバット擁護だよw


>>396

ちょっと違う。

上記の通りネアンくんが正しいと思ってるのは
「聖書の記述」じゃなくて「ネアン式聖書解釈」。

398神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 09:02:34.69ID:GoBQVi4j
時代について曖昧、規模について曖昧、場所について曖昧。
そんな聖書の何が正しいんでしょうか?
「聖書に書かれているから」と言うただそれだけの理由で「聖書は正しい」と主張しているとしか思えませんね。
その主張に対する疑問や反論が些細なものであれ一つでもあれば「聖書を全否定している」と大げさな被害者面するのも解せません。

399神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 10:33:02.57ID:O9GI6qrs
>>380
なんでそんな根拠のない妄想吐けるの?
神が創造したなんて言われてるものも時空を超えてーー!理屈で説明できるならわざわざ神を挟む必要なくね?

400神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 10:45:45.69ID:O9GI6qrs
道理や理屈で話せないなら妄想の垂れ流ししか出来ないじゃない

401神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 11:47:07.59ID:Q0vWiOIe
>>399
>理屈で説明できるならわざわざ神を挟む必要なくね?

その通りだよ。

信仰者がよくそういうから
それをそのまま言っただけで、
俺が「あってある」という理屈に
納得しているわけではないです。


>なんでそんな根拠のない妄想吐けるの?

彼等は「根拠がない」と思ってないのです。
あれで説明できてるつもりなのです。

402神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 16:31:59.98ID:7ixSqp8u
>>397
gen: 2: 7
主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。
gen: 6:17
わたしは地の上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶えるであろう。
gen: 7:15
すなわち命の息のあるすべての肉なるものが、二つずつノアのもとにきて、箱舟にはいった。
gen: 7:22
すなわち鼻に命の息のあるすべてのもの、陸にいたすべてのものは死んだ。


命の息を吹き込まれたのはアダムだけで
それ以外の人間種その他には命の息は吹き込まれていない
つまり魂もそなわっていない
ここらへんはヘブライ語も精査してみんといかんかもな
とにかくノアの洪水=シュメール洪水
「世界の民はノアから広がった」なんてことはない
この時神の民はノア一人になっただろうが、アメリカインディアンも当然存在してる

403神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 19:25:39.20ID:Q0vWiOIe
>>402
>とにかくノアの洪水=シュメール洪水

なにも説明できてないくせに「とにかく」じゃねぇよw


>それ以外の人間種その他には命の息は吹き込まれていない

なんだよ、「それ以外の人間種」ってw
「アダムに連ならない人間がいる」ってんなら
もうそれだけで聖書は嘘ってことじゃねぇかwww


>「世界の民はノアから広がった」なんてことはない
>この時神の民はノア一人になっただろうが、アメリカインディアンも当然存在してる

「当時の人はアメリカンインディアンの存在を知らなかった」で説明できる話じゃねぇかw
なんでそんな回り道して「聖書は正しい」にしなきゃいけねぇんだよ、あほかw

404神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 23:15:51.40ID:k+UXiJfr
「聖書は正しい。なぜなら聖書は正しいから」

405神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 02:21:18.56ID:F1I3/iiR
>>403
当時の人はインド人も黒人も知ってたでしょう

406神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 02:24:04.19ID:F1I3/iiR
>>403
アダムは「人間」という意味もあるが、狭義では「異教徒を含まない」人間

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_tarumudoco_nakamico2.htm
「イスラエル人はアダム(人間)と呼ばれん。然れど他の諸族はアダムと呼ばるることなし」(アブラハム・ゼバ法師)。

「一人のイスラエル人の魂は神の前において他の民族全部の魂より価値多く、また神によって悦ばるるところのものなり」(シェフテル・ホルヴィッツ法師)。

 「イスラエル人は人間と呼ばる。しかれども偶像礼拝者は汚れし霊より出でしものなれば、豚と呼ばるるなり」

 「聖書に「隣人」と記されたる個処はいずれも非ユダヤ人を含まざるなり」

407神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 02:40:44.40ID:M1NK/Irj
そうですね、聖書は正しいとするなら聖書は正しいですね

408神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 02:44:11.38ID:F1I3/iiR
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/seisho4.htm
http://cancertreatments.typepad.com/.a/6a00d8345258d569e20120a61c90cf970b-800wi
ノアの民族の分布とはつまりコーカソイドの分布である
それ以外は含まれない

「セムの子はエラム、アシュル、アルパクシャデ、ルデ、アラム」

エラムはシュメールの東、アシュールはアッシリアでシュメールの北
アラム人はシュメール西の非定住民族でモーセは「我らの先祖は流浪のアラム人」としている
では「シュメール人はどこから来たのか?」
おそらくシュメール人はコーカソイドではないのではないか?
もしシュメール人の出自がわれたらこれを思い出してほしい

ハムの子は「クシュ、ミツライム、プテ、カナン」

これもエチオピアエリトリア人、エジプト人、リビア人をあらわし、これらは同種であると顔つきや色、髪の縮れ具合でもわかる
そしてニムロド(サルゴン)がそうであったのも以前行ったとおり

ヤペテの子は、 「ゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メシェク、ティラス」

印欧語の広がりはよく知られており、これが一番よくわかる
ゴメルはキンメリア、紀元前10世紀には楔形文字で「ガメラヤ」と呼ばれた
古くゲルマン語系の民族が居住していたことでしられる
マゴグはスキティア人でギリシャ人にそうよばれた
マダイはメデア(メディア人)でイラン系
ヤワンはイオニアでギリシャ系

ゴメルから「アシュケナズ、リファテ、トガルマ」

アシュケナズはドイツ系でユダヤ人がそうよんでるとおり
ゲルマン語系はゴメルに由来する

ヤワンから「エリシャ、タルシシュ、キティム人、ドダニム人」

タルシシはスペインでフェニキアの支配を受けたがそれまでギリシャ文化圏
キッティムはキプロスにその地名があり、それもギリシャ系

明らかにBC10世紀より以前の民族の広がりを含んでいる
そして重要なのは「それ以上に別系統コーカソイドの広がりはない」ってことだ
これを限定するのはむつかしい、というか不可能だろ?

409神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 02:55:30.59ID:M1NK/Irj
そうですね、聖書は正しいとするなら聖書は正しいですね

410神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 03:19:50.30ID:F1I3/iiR
セムの系列にフェニキア人を入れてないのも古い歴史を踏襲してるとしか思えない
フェニキア人はヘロドトスによると紅海周辺から来たアラビア人
ノアの系図には「〜からツロが生まれた」などという記述はない(シドンはあるがハム系)
このフェニキアが海の民に関わり、海上交易を独占した
とすればソロモンの栄華はばっちしその時期に合致する
キプロスやクレタ島はBC13世紀には滅び、その後フェニキア土器が現れる
ヒラム王はタルシシ船団で巨大な財を築いたがこの時にはギリシャ交易網は途絶えていた
フェニキアがそれを独占し、地中海貿易で覇権を握った
その時期はソロモン王のBC10世紀

411神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 04:03:03.49ID:M1NK/Irj
そうですね、聖書は正しいとするなら聖書は正しいですね

412神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 11:37:09.67ID:lj+p/vY4
どんな屁理屈をこねようと、
聖書が語るのは世界規模の洪水であって
局地的な洪水ではないのでね。

「命の息を吹き込まれたのはアダムだけ」なんてアスペ読みまでして
「聖書は正しい」なんていう必然性は皆無。

413神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 13:02:45.06ID:FT81CTqS
ネアン君とか書いてる人もただ主観で聖書を全否定してるだけだよね
可能性があるとか高いとか書けばいいのに
進化論を全否定するキリスト教関連の人間と変わらない気がするが

414神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 13:06:07.12ID:9bJ1zhnu
114 神も仏も名無しさん sage 2018/06/08(金) 04:03:47.48 ID:JJJgyD8Q
>>113
(このスレが立てられる原因になってた人が進化論と創造論のスレで暴れ回っていた頃から)同じようなことを何回も言ってるけど
科学は全く完璧ではないし科学的知見は絶対的な真理でも何でもないよ

科学的な方法論の中身だって全ての科学者の間で1から10まで仔細完璧に共有された認識が存在するわけでもなければ
当然ある学説について科学者の間で意見が分かれることなんて日常茶飯事だし
大多数の科学者たちの間で概ねの合意が得られた考えが後に覆されることだって何度もある

で、それはそれとして

大酒を飲んだ後に宇宙を作りヌードル触手によって生物の進化を導いてこられたスパゲッティモンスター神や
ストリッパー工場とビール火山のある天国や
見えざるピンクのユニコーンや
不明な方向性を持った選択によって不明な意図を持つ部品を不明な方法で不明な時期にデザインした正体不明のデザイナーや
先週の木曜日に宇宙を創造した猫や
地球と火星の間を通って太陽の周りを楕円軌道で周回する小さなティーポットや
電気を餌にパソコンを動かしている妖精などは

検証されていないけれども私はそれを信じようと思う、というのは好きにすればいい話だけど
それらを信じてない相手に対しても事実だと主張するなら検証してみるしかないよ

415神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 13:17:15.96ID:lj+p/vY4
>>413

主観で聖書を否定してる奴なんかいるか?

きみが
『「世界規模の洪水」とか「復活」とか
「常識でありえないことを否定すること」を
「主観で否定する」と考えてる』のなら、
それはきみの個性だから自由だが一般的な感性ではないので、
それを基準にも語られても困る。

416神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 13:17:48.97ID:71q7pPyc
聖書が正しいとするなら聖書は正しいんでしょう、どこか別の架空の世界では。
現実世界では、聖書が正しいという主張はデタラメ扱いされますし、その根拠もはっきりしていますから。

417神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 14:46:39.64ID:FT81CTqS
>>415
書いてる人間が全員極端すぎる
デタラメだのないだの可能性があるとか書けばいいのに
もちろんデタラメな可能性もあるが
デタラメですむなら何千年も語り継がれる訳がない

418神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 15:38:12.52ID:lj+p/vY4
>>417
>デタラメですむなら何千年も語り継がれる訳がない

「何千年も語り継がれる」と
「デタラメでない」の間にはなんの因果関係もない。

そして、「可能性があるとか書けばいいのに」といいつつ、
同じ口が「語り継がれる訳がない」と断言する。

こういう時、俺たちは
きみのロジックが「でたらめ」だとはっきりいうことができる。
「でたらめの可能性」ではなく「単にでたらめ」である。

419神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 15:54:27.57ID:F1I3/iiR
>>412
どっちでも取れる
実際世界はすべて水に覆われたか?
覆われてないんだったらそれは「局地洪水」なんだよ
実際アブラハムは考古学でも言及される
「だからアブラハムは存在した」と同じ

420神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 16:07:19.31ID:lj+p/vY4
>>419
>実際世界はすべて水に覆われたか?

いや、だからなんで現実に合わすんだよw

421神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 16:09:27.52ID:F1I3/iiR
まあノアは後だ
セムハムヤペテの広がり(聖書はここで「言語の広がり」とも言っている)も正確極まりないのだが
それを説明してもまず定説を覆す必要があるから
このスレはアブラハムのみでいい

422神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 16:14:24.51ID:lj+p/vY4
>>419
>実際アブラハムは考古学でも言及される

「研究の対象になっている」ことと、
「実在を裏付ける証拠がある」こととは別なわけだけど、
その『「実在してる」と言っている「考古学者」』はどなた?

っていうか、いいからネタ本を教えてってば。

423神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 16:16:49.29ID:lj+p/vY4
>>421
>まず定説を覆す必要があるから

だから、
その「定説を覆した」学者はどなたさん?
どの本読めばいいの?

424神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 17:30:40.21ID:j1o1o1f1
>>419
聖書は正しいという前提の元に聖書は正しいことを示そうとするとこういうことになる

425神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 17:44:56.24ID:F1I3/iiR
>>424
まあ「ノア以前まで真実だ」とするためにはそうなる
しかしその前に族長時代からイスラエル建国までの真実性をわからせる必要がある
これを理解させればノアの解釈も納得いくだろう
そしてエデンも真実となる

426神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 18:06:18.75ID:j1o1o1f1
そうですね、聖書は正しいという前提の元なら聖書は正しいですね(棒)

427神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 18:49:46.46ID:atZRqCsq
架空の物語りに実在の人物を登場させたって架空の物語が実際に起こったことになるわけがない。
聖書には「実在の人物が登場する」エピソードがいくつがあるが、だからといって聖書にかかれている架空の物語りが実際に起こったできごとにはならない。

428神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 21:20:45.95ID:F1I3/iiR
それは「未知数」だって
それよりまず、その実在の人物の証明をする

429神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 03:37:48.49ID:4U1TGNLn
なにいってだこいつ

430神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 20:40:38.01ID:DjzoxVHv
これでまともな議論は果たしてできるのだろうか

72 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2018/06/19(火) 19:43:37.74 ID:JRJZoH+/ [3/4]
>>70
殺戮が止まないのはキリスト教の教義に欠陥があるからだ。
インディアンを殺して良いとか、旧約にも他の民族を虐殺し強姦して略奪して良いと書いてある。

キリストを信じない者は地獄に落ちるべきだと憎み差別して良いと言う教義が存在するからだ。

殺戮を本性とした、表面は綺麗事を言う教義。

欠陥教義があるから異常者がそれを容易に悪用出来る。

悪用する為に書かれてあるのがキリスト教。

それを根本的に批判すると殺しにかかる。
批判しなくても、
異教徒は殺して良いと言う教義がある。
つまり、
自分自身の都合に良いエゴイズムの宗教なのだ。

まさにカルト宗教。
他人と他人を信じるか信じないで殺したり憎んだりが起きる教義体系。

何々人は殺して良いとか、
何々民族は殺して良いとか、
そんな差別を平気で許可する教義体系が聖書。

431神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 21:56:13.94ID:XsMB9KNz
「聖書が正しくない」という仮定から出発して、「聖書が正しい」と結論に至れば「聖書は正しい」だろう。
実際は「正しくない」「正しい」「どちらでもない」から出発してたどり着く結論は「聖書は正しくない」だ。

432神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 22:24:21.07ID:b4/CKG/o
>>430
このスレには関係ない話

433神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 14:20:58.87ID:GNfxilQe
>>431
まず「聖書が正しくない」から出発してる人は聖書や歴史背景を学ばないだろう

434神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 17:26:56.81ID:GNfxilQe
信じていなくても聖書(旧約)を読むだけで神の力が働き新しい発想に目覚める
ためしてみ

435神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 18:41:40.37ID:bEozzljQ
聖書のエロヒムや創造主や白黒ならいないほうがマシな存在でしょ
あれは人類の悪夢だよ

新着レスの表示
レスを投稿する