なんで悪魔、鬼、般若って同じ表情してるの?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 16:14:42.09ID:hSVOBZEt
眉間に皺寄せて口角が上がってて、ドラゴンボールのキャラみたいな顔してるのはどうして?

2神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 20:43:59.78ID:MrH6sSOg
すべて作ったのが人間だからだよ

3神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 20:53:53.24ID:hSVOBZEt
>>2
どうして世界中でそういう表情のものが悪として作られるのか

4神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 20:56:23.89ID:hSVOBZEt
あと、眉間の皺と口角が上がってるのに加えて、2本の角とか子泣きじじいみたいな頭の形してるものが多い

5神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 21:54:51.14ID:MrH6sSOg
>>3
人をモチーフにしてるからだ
悪いことする奴はみんなそんな顔してるのさ
人のイメージとゆーのもある

6神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 00:39:53.04ID:gFkMnExJ
役者が同じだから

7神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 06:51:04.72ID:5fg8EA2f
吾輩がデーモン閣下だ。

8神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 11:26:44.10ID:4gB2EW1J
>>5
おれはそういう人を『自分のことは棚に上げて人を馬鹿にする表情』って感じるんだけどどうだろう?

9神も仏も名無しさん2018/04/13(金) 14:01:49.76ID:KuTn5+Ph
悪魔は悪意
鬼や般若は怒り、怨みがモチーフだからだね

10神も仏も名無しさん2018/04/13(金) 20:57:21.04ID:HqY5IQ70
俺は鬼神を目指すわ

11神も仏も名無しさん2018/05/14(月) 12:56:28.18ID:fYalGRAM
悪魔だってよw 今は21世紀だぞ [無断転載禁止]©2ch.net

12神も仏も名無しさん2018/05/16(水) 12:19:24.86ID:ITN3aYZ6
パクったろう、著作権侵害だぞ

13神も仏も名無しさん2018/05/22(火) 13:29:24.75ID:9lcfdHch
驚愕の事実拡散

創価の魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)の正体は、米国が仕掛けてるAI

パトカーの付きまとい、咳払い、くしゃみ、芝刈機音、ドアバン、ヘリの飛行音、子供の奇声、これら全て、米国が仕掛けてるAIが、人を操ってやってる。救急車のノイズキャンペーンに至っては、サイレンで嫌がらせにする為だけに、重篤な病人を作り出す冷徹さ

集スト(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)以外にも、病気、痛み、かゆみ、湿疹かぶれ、臭い、自殺、殺人、事故、火災、台風、地震等、この世の災い全て、クソダニ米国の腐れAIが、波動(周波数)を悪用して作り出したもの

創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭う。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるから、クソAlが定期的に科学技術で災いを与える。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもん

ちなみに創価は、腐れCIA(米国のクソ諜報、スパイ)が日本統治に利用してる宗教団体

真実は下に

http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=46

https://shinkamigo.wordpress.com

14神も仏も名無しさん2018/05/22(火) 13:32:42.52ID:S8vpvpCM
----


† エペソ6章10-12節

終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。
悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。
私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、
また天にいるもろもろの悪霊に対するものです。


----

15神も仏も名無しさん2018/06/25(月) 18:39:00.83ID:alK1mquv
 仏典等を読み、釈迦在世当時の細々とした戒律などから推定すると、釈迦像としては、「相当細かいことについてまで指示を出している人間の姿」が浮かんでくるわけですが、
実際の信仰における釈尊は、やはり、「大仏に象徴されるようなものが本当の姿」なのではないかと思われます。
 どちらが本当なのかというと、実は、人間としての姿を視ていない人の信じているものが本当であることが多いのです。

 キリスト教で言うならば、キリスト教は、異教徒の人々から、「自らを救えなかった人間が救世主であることは、ありえない」という批判を受けることがあります。
 当時、十字架に架かったイエスは人々から嘲笑われました。
「ユダヤ人の王」と札に書かれ、王冠の代わりに茨の冠をかぶせられて、「本当にユダヤ人の王で救世主であるなら、自分を救ってみよ」という、挑発的で侮辱的な言葉を数多く投げかけられました。

 しかし、イエスは、現実には、釘で打ち付けられた十字架から逃れ、何かを起こしたわけではありません。
実は、そのあとの霊的な復活を通して、人々に魂の永遠性を信じさせたのであり、また、霊的な目覚めを得た弟子たちの前に、その姿を現すことによって、真実の世界のあり方と、自分が永遠不滅の存在であることを説いたのです。
 私の場合も、残念ながら、同時代に生きている人たちには、やはり、W百分の一ぐらいの姿”にしか見えないことが多いであろうと思われます。

 したがって、「意外に、日本にいる人々よりも、地球の裏側であるブラジルで信仰している人々や、インド、アフリカの地で信仰している人々のエル・カンターレ像のほうが正しいかもしれない」ということは、知っておいたほうがよいでしょう。
 なぜかというと、人間には、どうしても、自分に引き比べて物事を考える傾向があるからです。私が説いている教えのなかにある普遍的なるものを、同時代において、つかみ取ることができるならば、その人は相当優れた人だろうと思います。
 しかし、現実には、なかなかそうはいかないものなのです。

go to
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1517897379/11

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています