ヤハウェ🇮🇱イエス・キリスト☆エルサレム△☆💎YHWH 78

1CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/03/26(月) 15:59:30.42ID:JqtO3Dhs
ハレルヤ

84CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/11(水) 07:03:55.73ID:Dq0MS7FO
それでは、これらの事について、なんと言いましょうか。
もし、神がわたしたちの味方であるなら、
だれがわたしたちに敵対し得るでしょうか。

ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたち
すべての者のために死に渡されたかたが、

どうして、御子のみならず 万物をも
賜わらないことがあるでしょうか。

だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのですか。
神は彼らを義とされるのです。

だれが、わたしたちを罪に定めるのですか。
キリスト・イエスは、死んで、否、

よみがえって、神の右に座し、また、わたしたちのために
とりなして下さるのです。

だれが、キリストの愛からわたしたちを
離れさせるのですか。患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、

飢え、裸ですか、危難、剣ですか。

「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、
ほふられる羊のように見られている」と書いてあるとおりです。

しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、
わたしたちは、これらすべての事において

圧倒的勝利者なのです。 わたしは確信します。

死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、
力あるものも、 高いものも深いものも、その他どんな被造物も、

わたしたちのアドニーである キリスト・イエスにおける
神の愛から、わたしたちを引き離すことはできません。」

85CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/11(水) 16:04:26.99ID:MTj5EpGy
ヤハウェなる神の啓示 使徒の働き 新約聖書より

「神は人をかたよりみないかたで、 神を礼拝し、また義を行う人はどの国民でも

受けいれて下さることが、ほんとうによくわかってきました。 あなたがたは、
神がすべての者のヤハウェなる イエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、

イスラエルの子たちにお送り下さった御言葉をご存じでしょう。

それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土に
ひろまった福音を述べたものです。

神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。

このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に
押えつけられている人々をことごとく いやしながら、巡回されました。

わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさった
すべてのことの証人です。

人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、
全部の人々にではなかったが、わたしたち証人として あらかじめ選ばれた者たちに

現れるようにして下さいました。

わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲み、食事をしました。

それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、
人々に宣べ伝え、 またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。

預言者たちもみな、イエスを信じる者はことごとく、その御名によって罪のゆるしが
受けられると、 あかしをしています」。

ペテロがこれらの御言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、

聖霊が下られた。」

86CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/12(木) 06:29:14.48ID:yZxbZ4+S
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

87CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/12(木) 06:31:11.44ID:yZxbZ4+S
神の御旨によるキリスト・イエスの使徒パウロから、

エペソにいる、キリスト・イエスにあって忠実な聖徒たちへ。

わたしたちの父なる神とヤハウェ・イエス・キリストから、恵みと平安とが、

あなたがたにあるように。

わたしたちのヤハウェであるイエス・キリストの父なる神を賛美しよう。

神はキリストにあって、天上でもろもろの霊の祝福をもって、

わたしたちを祝福し、みまえに清く傷のない者となるようにと、

天地の造られる前から、

キリストにあってわたしたちを選び、わたしたちに、イエス・キリストによって

神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとするところに従い、

愛のうちにあらかじめ定めて下さったのです。

これは、その愛する御子によって賜わった栄光ある恵みを、

わたしたちがほめたたえるためです。

わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、

すなわち、罪過のゆるしを受けました。

神はその恵みをさらに増し加えて、あらゆる知恵と悟りとを

わたしたちに賜わり、御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、

わたしたちに示して下さったのです。

それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかなりません。それによって、

神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって

一つに帰せしめようとされたのです。

わたしたちは、御旨の欲するままにすべての事をなさるかたの目的の下に、

キリストにあってあらかじめ定められ、神の民として選ばれました。

それは、早くからキリストに望みをおいている

わたしたちが、神の栄光をほめたたえる者となるためです。

あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、

すなわち、あなたがたの救いの福音を聞き、また、彼を信じた結果、

約束された聖霊の証印をおされたのです。」

88CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/12(木) 15:55:10.09ID:hl7pcB65
ヤハウェなる神の啓示の啓示 パウロが書いた

ピリピのクリスチャンに宛てた手紙

89CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/12(木) 15:55:56.79ID:hl7pcB65
「神の霊によって礼拝をし、キリスト・イエスを誇りとし、
肉を頼みとしないわたしたちこそ、割礼の者なのです。

もとより、肉の頼みなら、わたしにも無くはありません。
もし、だれかほかの人が肉を頼みとしていると言うなら、

わたしはそれをもっと頼みとしています。 わたしは八日目に
割礼を受けた者、イスラエルの民族に属する者、

ベニヤミン族の出身、ヘブル人の中のヘブル人、
律法の上ではパリサイ人、 熱心の点では教会の迫害者、

律法の義については落ち度のない者です。

しかし、 わたしにとって益であったこれらのものを、
キリストのゆえに損と思うようになりました。

わたしは、更に進んで、わたしのヤハウェである

キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、
いっさいのものを損と思っています。

キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったのですが、
それらのものを、

ふん土のように思っています。それは、わたしがキリストを
得るためであり、律法による自分の義ではなく、

キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く
神からの義を受けて、キリストのうちに

自分を見いだすようになるためです。

すなわち、キリストとその復活の力とを知り、
その苦難にあずかって、 その死のさまとひとしくなり、

なんとかして死人のうちからの復活に達したいのです。 」

90CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/13(金) 06:40:39.23ID:sKjITkP0
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

91CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/13(金) 06:41:56.19ID:sKjITkP0
「わたしたちは、御旨の欲するままにすべての事をなさるかたの

目的の下に、キリストにあってあらかじめ定められ、

神の民として選ばれました。

それは、早くからキリストに望みをおいている

わたしたちが、神の栄光をほめたたえる者となるためです。

あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、

すなわち、あなたがたの救いの福音を聞き、また、彼を信じた結果、

約束された聖霊の証印をおされたのです。」

エペソのクリスチャンへの手紙

92CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/13(金) 16:09:07.73ID:uafCoUCV
「神の霊によって礼拝をし、キリスト・イエスを誇りとし、
肉を頼みとしないわたしたちこそ、割礼の者なのです。

もとより、肉の頼みなら、わたしにも無くはありません。
もし、だれかほかの人が肉を頼みとしていると言うなら、

わたしはそれをもっと頼みとしています。 わたしは八日目に
割礼を受けた者、イスラエルの民族に属する者、

ベニヤミン族の出身、ヘブル人の中のヘブル人、
律法の上ではパリサイ人、 熱心の点では教会の迫害者、

律法の義については落ち度のない者です。

しかし、 わたしにとって益であったこれらのものを、
キリストのゆえに損と思うようになりました。

わたしは、更に進んで、わたしのヤハウェである

キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、
いっさいのものを損と思っています。

キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったのですが、
それらのものを、

ふん土のように思っています。それは、わたしがキリストを
得るためであり、律法による自分の義ではなく、

キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く
神からの義を受けて、キリストのうちに

自分を見いだすようになるためです。

すなわち、キリストとその復活の力とを知り、
その苦難にあずかって、 その死のさまとひとしくなり、

なんとかして死人のうちからの復活に達したいのです。 」

ピリピのクリスチャンへの手紙

93CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/14(土) 06:06:23.13ID:n9SWjOoo
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

94CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/14(土) 06:07:40.95ID:n9SWjOoo
ヤハウェなる神の啓示、使徒の働き 新約聖書より

「兄弟たちよ、もしあなたがたのうち、どなたか、この人々に
何か奨励の御言葉がありましたら、 どうぞお話し下さい」と言わせた。

そこでパウロが立ちあがった。 そして手を振りながらこう言った。

「イスラエルの人たち、ならびに神を敬うかたがた、どうか お聞き下さい。
この民、イスラエルの神は、わたしたちの先祖を選び出し、エジプトの地に滞在中、

この民を大いなるものとし、 御腕を高くさし上げて、彼らをその地から導き出されました。
そして約四十年にわたって、荒野で彼らをはぐくみ、 カナンの地では七つの異民族を打ち滅ぼし、

その地を彼らに譲り与えられました。 それらのことが約四百五十年の年月にわたったのです。
その後、神は裁き人たちをおつかわしになり、預言者サムエルの時にまで及びました。

その時、人々が王を要求したので、神はベニヤミン族の人、キスの子サウロを四十年間、
彼らにおつかわしになったのです。

95CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/14(土) 06:08:38.97ID:n9SWjOoo
それから神はサウロを退け、ダビデを立てて王とされました。
彼については、こうあかしをなさ いました。

『わたしはエッサイの子ダビデを見い出した。彼はわたしの
心にかなった人で、わたしの思うところを、ことごとく実行してくれるであろう』
と、このように仰せられたのです。

神は約束にしたがって、このダビデの子孫の中から救い主イエスを
イスラエルに送られましたが、 ご来臨される以前に、ヨハネが

イスラエルの全住民に悔改めのバプテスマを、 あらかじめ宣べ伝えていました。
ヨハネはその一生の行程を終ろうとするにあたって、こう言いました、

『わたしは、あなたがたが 考えているような者ではありません。
しかし、わたしのあとからいらっしゃるかたがおられる。

わたしはそのかたのくつを脱がせてあげる値うちもない』。
愛する兄弟たちよ、アブラハムの子孫のかたがた、ならびに皆さんの中の神を敬う人たちよ。

この救いの御言葉はわたしたちに贈られましたが、エルサレムに住む人々や
その指導者たちは、 イエスを認めずに死刑にし、それによって、

安息日が来るたびに朗読する預言者の御言葉が成就しました。

まったく死に当る理由が何も見いだせなかったにもかかわらず、
ピラトに強要してイエスを殺してしまいました。

そして、イエスについて書いてあることを、すべて成し遂げてから、
人々はイエスを木から取りおろして 墓に葬り去りました。

しかし、神はイエスを死人の中から、よみがえらせてくださったのです。

その後イエスは、ガリラヤからエルサレムへ一緒に上った人たちに、
幾日ものあいだ現れになり、 彼らは今や、人々に対してイエスの証人となっています。

わたしたちは、神が先祖たちに対してなされた約束を、ここに宣べ伝えているのです。

96CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/14(土) 06:09:57.28ID:n9SWjOoo
神は、イエスをよみがえらせて、わたしたち子孫に
この約束を、お果しになりました。それは 詩篇の第二篇に、

『あなたこそは、わたしの子。きょう、わたしはあなたを生んだ』
と書いてあるからです。

また、神がイエスを死人の中からよみがえらせて、いつまでも
朽ち果てないものとされたことについては、こう言われました。

『わたしは、ダビデに約束した確かな聖なる祝福を、あなたがたに授けよう』と。

だから、ほかの箇所でもこう言っておられます、

『あなたの聖者が朽ち果てるようなことは、お許しにならないであろう』。
事実、ダビデは、その時代の 人々に神の御心にしたがって仕えましたが、

やがて眠りにつき、先祖たちの中に加えられて、 ついに朽ち果ててしまいました。
しかし、神がよみがえらせたかたは、朽ち果てることがなかったのです。

だから、愛する兄弟たちよ、この事を承知してください。すなわち、
このイエスによる罪のゆるしの福音が、 今やあなたがたに宣べ伝えられています。

そして、モーセの律法では義(神の御前に正しい者)と認められることが
できなかったすべての事についても、 信じる者はもれることなく、

イエスによって義と認められるのです。

97CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/14(土) 06:10:42.95ID:n9SWjOoo
だから預言者たちの書に書いてある次のようなことが、
あなたがたの身に起らないように気をつけなさい。

『見よ、侮る者たちよ。驚け、そして滅び去るがいい。
わたしは、あなたがたの時代に一つの事をしよう。

それは、人がどんなに説明して言い聞かせても、
あなたがたにはとうてい信じられない事である』」。

ふたりが会堂を出る時、人々は次の安息日にも、
これと同じ話をしてくれるようにと、しきりに願った。

そして集会が終ってからも、大ぜいのユダヤ人や信仰深い改宗者たちが、
パウロとバルナバとに ついてきたので、ふたりは、彼らが引きつづき

神の恵みにとどまっているようにと、説きすすめた。

そして次の安息日には、ほとんど全ての市をあげて、神の御言葉を
聞きに集まってきた。

するとユダヤ人たちは、その群衆を見てねたましく思い、パウロの語ることに
口汚く反対した。

パウロとバルナバは大胆に語りはじめた、「神の御言葉は、まず、あなたがたに
語り伝えられなければならなかった。

しかし、あなたがたはそれを退け、自分自身を永遠の命に
ふさわしくない者にしてしまったのです。

だから、わたしたちはこれから方向をかえて、異邦人たちの方に行く。
ヤハウェはわたしたちに、こう命じておられます、

『わたしは、あなたを立てて異邦人の光とした。
あなたが地の果てまでも救いをもたらすためである』」。

異邦人たちはこれを聞いて喜び、ヤハウェの御言葉をほめたたえてやまなかった。

そして、永遠の命にあずかるように定められていた人は、みな信じるようになった。
こうして、ヤハウェの御言葉はこの地方全体にひろまって行った。

ところが、ユダヤ人たちは、信心深い貴婦人たちや町の有力者たちを煽動し、
パウロとバルナバを迫害させ、 ふたりをその地方から追放した。

ふたりは、彼らに向けて足のちりを払い落して、イコニオムへ 行ったが、
弟子たちは、ますます喜びと聖霊とに満たされていた。」

98CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/14(土) 15:52:43.11ID:qe5RvIRy
ピリピのクリスチャンへの手紙

「キリストのゆえに、わたしはすべてを

失ったのですが、 それらのものを、

ふん土のように思っています。

それは、わたしがキリストを

得るためであり、律法による自分の

義ではなく、

キリストを信じる信仰による義、

すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、

キリストのうちに

自分を見いだすようになるためです。

すなわち、キリストとその復活の力とを知り、
その苦難にあずかって、

その死のさまとひとしくなり、

なんとかして死人のうちからの

復活に達したいのです。 」

99CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:09:35.24ID:RN29CJEt
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

100CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:14:32.13ID:RN29CJEt
コリントのクリスチャンへの手紙

「兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、
それによって立ってきたあの福音を、思い起してもらいたい。

もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの
言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのです。

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことでした。
すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死なれたこと、

そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえられたこと、
ケパに現れ、次に、 十二人に現れてくださったことです。

そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れてくださいました。
その中にはすでに眠った者たちもいますが、大多数はいまなお生存しています。

そののち、ヤコブに現れ、 次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、
いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、 現れてくださいました。

実際わたしは、神の教会を迫害したのですから、使徒たちの中で
いちばん小さい者であって、使徒と呼ばれる値うちのない者です。

しかし、神の恵みによって、 わたしは今日あるを得ています。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、むしろ、わたしは

彼らの中のだれよりも多く働いてきました。しかしそれは、わたし自身ではなく、
わたしと共にあった神の恵みなのです。

とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、そのように、わたしたちは宣べ伝えており、
そのように、 あなたがたは信じたのです。

101CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:15:06.61ID:RN29CJEt
さて、キリストは死人の中からよみがえられたと
宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、

死人の復活などはないと言っているのは、どうしたことですか。
もし死人の復活がないならば、 キリストもよみがえられなかったでしょう。

もしキリストがよみがえられなかったとしたら、
わたしたちの宣教はむなしく、あなたがたの信仰もまたむなしいのです。

すると、わたしたちは神にそむく偽証人にさえなるわけです。
なぜなら、万一死人がよみがえらないとしたら、
わたしたちは神が実際よみがえらせなかったはずのキリストを、

よみがえらせたと言って、神に反する あかしを立てたことになるからです。
もし死人がよみがえらないなら、キリストもよみがえられなかったでしょう。

もしキリストがよみがえられなかったとすれば、あなたがたの信仰は
空虚なものとなり、あなたがたは、 いまなお罪の中にいることになるでしょう。

そうだとすると、キリストにあって眠った者たちは、 滅んでしまったのです。
もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みを

いだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で
最もあわれむべき存在となります。

しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、
死人の中からよみがえられたのです。

それは、死がひとりの人によってきたのだから、死人の復活もまた、
ひとりの人によってこなければならないのです。

102CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:15:53.57ID:RN29CJEt
アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあって
すべての人が生かされるのです。

ただ、各自はそれぞれの順序に従わねばなりません。最初はキリスト、次に、
ヤハウェの来臨に際して キリストに属する者たち、 それから終末となって、

その時に、キリストはすべての君たち、 すべての権威と権力とを打ち滅ぼして、
国を父なる神に渡されます。 なぜなら、キリストはあらゆる敵を
その足もとに置く時までは、支配を続けることになっているからです。

最後の敵として滅ぼされるのが、死です。

「神は万物を彼の足もとに従わせた」からです。ところが、万物を従わせたと
言われる時、 万物を従わせたかたがそれに含まれていないことは、明らかであす。

そして、万物が神に従う時には、 御子自身もまた、万物を従わせたそのかたに
従われるでしょう。それは、神がすべての者にあって、 すべてとなられるためです。

103CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:16:55.13ID:RN29CJEt
そうでないとすれば、死者のためにバプテスマを受ける人々は、
なぜそれをするのでしょうか。

もし死者が全くよみがえらないとすれば、なぜ人々が死者のために
バプテスマを受けるのですか。
また、なんのために、わたしたちはいつも危険を冒しているのですか。

兄弟たちよ。わたしたちのヤハウェ・キリスト・イエスにあって、わたしが
あなたがたにつき持っている 誇りにかけて言いますが、わたしは日々死に直面しています。

もし、わたしが人間の考えによってエペソで獣と戦ったとすれば、
それはなんの役に立つのでしょうか。

もし死人がよみがえらないのなら、「わたしたちは飲み食いしようではないか。
あすもわからぬいのちなのだ」となります。

まちがってはいけません。「悪い交わりは、良いならわしをそこなう」のです。

目ざめて身を正し、罪を犯さないようにしなさい。あなたがたのうちには、
神について無知な人々がいるからです。
あなたがたをはずかしめるために、わたしはこう言うのです。

104CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:17:36.32ID:RN29CJEt
しかし、ある人は言うでしょう。

「どんなふうにして、死人がよみがえるのですか。
どんなからだをして来るのですか」。

おろかな人だ。あなたのまくものは、死ななければ、
生かされないではありませんか。

また、あなたのまくのは、やがて成るべきからだをまくのではありません。
麦であっても、ほかの種であっても、ただの種粒にすぎません。 ところが、

神はみこころのままに、これにからだを与え、
その一つ一つの種にそれぞれのからだをお与えになります。

すべての肉が、同じ肉なのではなく、人の肉があり、
獣の肉があり、鳥の肉があり、魚の肉があります。

天に属するからだもあれば、地に属するからだもあるのです。
天に属するものの栄光は、地に属するものの栄光と違っています。 太陽の栄光があり、

月の栄光があり、 星の栄光があります。また、この星とあの星との間に、
栄光の差があります。

死人のよみがえりも、また同様です。朽ちるものでまかれ、

朽ちないものによみがえり、 卑しいものでまかれ、栄光あるものによみがえり、
弱いものでまかれ、強いものによみがえり、

肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのです。肉のからだがあるのだから、
霊のからだもあります。

聖書に「最初の人アダムは生きたものとなった」と書いてあるとおりです。
しかし最後のアダムは命を与える霊となりました。

最初にあったのは、霊のものではなく肉のものであって、その後に
霊のものが来るのです。

第一の人は地から出て土に属し、第二の人は天から来ます。
この土に属する人に、 土に属している人々は等しく、この天に属する人に、

天に属している人々は等しいのです。

すなわち、わたしたちは、土に属している形をとっているのと同様に、
また天に属している形をとるでしょう。

105CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/15(日) 07:18:44.08ID:RN29CJEt
兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておきます。
肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを

継ぐことがありません。

ここで、あなたがたに神秘を告げましょう。わたしたちすべては、
眠り続けるのではありません。

終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられます。
というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは

変えられるのです。

なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは
必ず死なないものを着ることになるからです。

この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死なないものを着るとき、

聖書に書いてある言葉が成就するのです。

「死は勝利にのまれてしまった。死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。

死よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。
死のとげは罪であり、罪の力は律法です。

しかし感謝すべきことには、神はわたしたちのヤハウェである
イエス・キリストによって、 わたしたちに勝利を賜わったのです。

だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、いつも全力を注いで
ヤハウェのわざに励みなさい。

ヤハウェにあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、
あなたがたは知っているからです。」

106CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/15(日) 15:50:42.06ID:nadCkC/j
ヤハウェなる神の啓示の啓示 パウロが書いた
エペソのクリスチャンに宛てた手紙

「あなたがたは以前には、肉によれば異邦人であって、
手で行った肉の割礼ある者と称せられる人々からは、

無割礼の者と呼ばれており、 またその当時は、
キリストを知らず、イスラエルの国籍がなく、

約束されたいろいろの契約に縁がなく、この世の中で
希望もなく神もない者でした。

ところが、あなたがたは、このように以前は遠く
離れていたが、今ではキリスト・イエスにあって、

キリストの血によって近いものとなったのです。

キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを
一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、

ご自分の肉によって、 数々の規定から成っている
戒めの律法を廃棄されたのです。

それは、彼にあって、二つのものをひとりの
新しい人に造りかえて平和をきたらせ、 十字架によって、

二つのものを 一つのからだとして神と和解させ、
敵意を十字架にかけて滅ぼされたのです。

それから彼は、こられた上で、遠く離れている
あなたがたに平和を宣べ伝え、また近くにいる者たちにも

平和を宣べ伝えられました。

というのは、彼によって、わたしたち両方の者が
一つの聖霊の中にあって、父のみもとに

近づくことができるからです。 そこであなたがたは、
もはや異国人でも宿り人でもなく、

聖徒たちと同じ

国籍の者であり、神の家族なのです。

またあなたがたは、使徒たちや預言者たちという
土台の上に建てられたものであって、

キリスト・イエスご自身が隅のかしら石です。

このキリストにあって、建物全体が組み合わされ、
ヤハウェにある聖なる神殿に成長し、

そしてあなたがたも、ヤハウェにあって共に建てられて、
霊なる神のすまいとなるのです。」

107CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/16(月) 07:09:47.21ID:hzx/rYel
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

ではみことばを引用します。

108CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/16(月) 07:11:12.33ID:hzx/rYel
「兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、
それによって立ってきたあの福音を、思い起してもらいたい。

もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの
言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのです。

わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことでした。
すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死なれたこと、

そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえられたこと、
ケパに現れ、次に、 十二人に現れてくださったことです。

そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れてくださいました。
その中にはすでに眠った者たちもいますが、大多数はいまなお生存しています。

そののち、ヤコブに現れ、 次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、
いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、 現れてくださいました。

実際わたしは、神の教会を迫害したのですから、使徒たちの中で
いちばん小さい者であって、使徒と呼ばれる値うちのない者です。

しかし、神の恵みによって、 わたしは今日あるを得ています。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、むしろ、わたしは

彼らの中のだれよりも多く働いてきました。しかしそれは、わたし自身ではなく、
わたしと共にあった神の恵みなのです。

とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、そのように、わたしたちは宣べ伝えており、
そのように、 あなたがたは信じたのです。」コリントのクリスチャンへの手紙

109神も仏も名無しさん2018/04/16(月) 10:06:40.45ID:jxEGsz5Q
先日、東京に新しい大仏ができることを「ひるおび」で見たが、釈迦はもう一説にはブッダではなくなってる。
邪神にとられたものを正常にもどそうとしている者の邪魔ををしてダメになるようにしてくる。
もしそのものが本当にまずいほうへいってしまうならそうならないよう薬師如来にお願いしてると告げてもだ。
結局個人的ないやしいライバル意識(嫉妬)でじゃましている。釈迦からもってこれるのは阿含教の7科37道品
と三福道だけだ。(しかも、それも改良加えないと部分的にいる部分がいるときダメにされてしまう、これは釈迦自身
なやんでいた。)また、阿含宗の桐山(スサノオノミコト)ともそうだったが、邪神の不動などに自分のところへ引き寄せるために嫉妬から
釈迦とこじれるように仕組まれている。
 だから、釈迦は心の支えにはならない。
大仏を拝むなら大日如来(宇宙)として心の支えに拝むといい、釈迦抜きで。しかし宇宙と言えども、
邪神不動明王などには(もう不動は悪いほうへ行ってしまった、というよりは何万年と神仏や人類を
だましてきたことが発覚している)だまされてることがあった。ちゃんとやった善行をなかったことに思わされてたりした。
だから拝むほうも現在宇宙が正常かどうか確かめてから心の支えにおがまなければならない。
宗教を拝むならここもたまにはだまされてることもまだまだあるが、ガブリエル、アポロン、月夜、降三世明王、
如意輪観音、アルテミス、元エロヒム他たくさんの神仏で構成されてる
KSAと呼ばれてる団体をおがむのが現在一番安心させられる。もっと成長し邪神にだまされない団体へと成長するだろう。
KSAは過激派などで同じ名前のものがあるが、それとは別のものです。宗教団体などは一切つくってありません。
各々が個人的におまいりすればいいと思います。

110CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/16(月) 15:48:26.87ID:2Fn7jfzI
「愛する人たちよ。

あなたがたを試みるために降りかかって来る火のような試錬を、 何か思いがけない

ことが起ったかのように驚きあやしむことなく、

むしろ、キリストの苦しみに あずかればあずかるほど、喜びなさい。

それは、キリストの栄光が現れる際に、

よろこびにあふれるためです。

キリストの名のためにそしられるなら、あなたがたはさいわいです。

その時には、栄光の霊、神の霊が、
あなたがたに宿るからです。

あなたがたのうち、だれも、人殺し、盗人、 悪を行う者、あるいは、 他人に干渉する者

として苦しみに会うことのないようにしなさい。

しかし、クリスチャンとして苦しみを

受けるのであれば、恥じることはありません。かえって、この名によって神をあがめなさい。

さばきが神の家から始められる時がきました。

それが、わたしたちからまず始められるとしたら、

神の福音に従わない人々の行く末は、どんなでしょうか。

また義人でさえ、かろうじて救われるのだとすれば、

不信なる者や罪人は、 どうなるでしょうか。

だから、神の御旨に 従って苦しみを受ける人々は、 善をおこない、

そして、真実であられる創造者に、 自分のたましいをゆだねなさい。」

ぺテロの手紙

111CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/17(火) 06:32:49.02ID:s8FQtGqc
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

ではみことばを引用します。

112CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/17(火) 06:35:09.73ID:s8FQtGqc
ローマのクリスチャンへの手紙

「すべて神の聖霊に導かれている者は、すなわち、神の子です。
あなたがたは再び恐れをいだかせる 奴隷の霊を受けたのではなく、

子たる身分を授ける霊を受けました。

その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのです。
聖霊みずから、わたしたちの霊と共に、

わたしたちが神の子であることをあかしして下さいます。
もし子であれば、相続人でもあります。

神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために
苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのです。

わたしは思います。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに
現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。

被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいます。
なぜなら、被造物が虚無に服したのは、 自分の意志によるのではなく、

服従させたかたによるのであり、 かつ、被造物自身にも、

滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る
望みが残されているからです。

実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの
苦しみを続けていることを、わたしたちは知っています。

113CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/17(火) 06:35:42.07ID:s8FQtGqc
それだけではなく、聖霊の最初の実を持っている
わたしたち自身も、心の内でうめきながら、 子たる身分を

授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを
待ち望んでいます。

わたしたちは、この望みによって救われているのです。
しかし、目に見える望みは望みではありません。

なぜなら、現に見ている事を、どうして、
なお望む人がいるでしょうか。

もし、わたしたちが見ないことを望むなら、わたしたちは
忍耐して、それを待ち望むのです。
聖霊もまた同じように、弱いわたしたちを助けて下さいます。

なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいか
わからないのですが、聖霊みずから、言葉にあらわせない

切なるうめきをもって、わたしたちのために
とりなして下さるからです。

そして、人の心を探り知るかたは、聖霊の
思うところがなんであるかを知っておられます。

なぜなら、聖霊は、 聖徒のために、神の御旨に
かなうとりなしをして下さるからです。

神は、神を愛する者たち、すなわち、 ご計画に従って
召された者たちと共に働いて、万事を益となるように

して下さることを、わたしたちは知っています。
神はあらかじめ知っておられる者たちを、

更に御子のかたちに似たものとしようとして、
あらかじめ定めて下さいまた。

それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためでした。
そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、

召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、
更に栄光を与えて下さったのです。

114CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/17(火) 06:36:29.34ID:s8FQtGqc
それでは、これらの事について、なんと言いましょうか。
もし、神がわたしたちの味方であるなら、
だれがわたしたちに敵対し得るでしょうか。

ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたち
すべての者のために死に渡されたかたが、

どうして、御子のみならず 万物をも
賜わらないことがあるでしょうか。

だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのですか。
神は彼らを義とされるのです。

だれが、わたしたちを罪に定めるのですか。
キリスト・イエスは、死んで、否、

よみがえって、神の右に座し、また、わたしたちのために
とりなして下さるのです。

だれが、キリストの愛からわたしたちを
離れさせるのですか。患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、

飢え、裸ですか、危難、剣ですか。

「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、
ほふられる羊のように見られている」と書いてあるとおりです。

しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、
わたしたちは、これらすべての事において

圧倒的勝利者なのです。 わたしは確信します。

死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、
力あるものも、 高いものも深いものも、その他どんな被造物も、

わたしたちのヤハウェである キリスト・イエスにおける
神の愛から、わたしたちを引き離すことはできません。」

115CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/17(火) 15:54:49.25ID:J1nMXAFX
ピリピのクリスチャンへの手紙

116CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/17(火) 15:55:12.29ID:J1nMXAFX
「キリストのゆえに、わたしはすべてを

失ったのですが、 それらのものを、

ふん土のように思っています。

それは、わたしがキリストを

得るためであり、律法による自分の

義ではなく、

キリストを信じる信仰による義、

すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、

キリストのうちに

自分を見いだすようになるためです。

すなわち、キリストとその復活の力とを知り、
その苦難にあずかって、

その死のさまとひとしくなり、

なんとかして死人のうちからの

復活に達したいのです。 」

117CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:03:08.42ID:aIvZxHCk
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

ではみことばを引用します。

118CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:06:41.80ID:aIvZxHCk
ヘブライ人への手紙

「律法はきたるべき良いことの影をやどすに
すぎず、そのものの真のかたちを そなえて

いるものではないから、年ごとに引きつづき
ささげられる同じようないけにえによっても、

みまえに近づいて来る者たちを、
全うすることはできないのです。

もしできたとすれば、儀式にたずさわる
者たちは、一度きよめられた以上、

もはや罪の自覚がなくなるのですから、 ささげ物を
することがやんだはずではありませんか。

しかし実際は、年ごとに、いけにえによって
罪の思い出がよみがえって来るのです。

なぜなら、雄牛ややぎなどの血は、罪を除き

去ることができないからです

119CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:07:30.75ID:aIvZxHCk
ですから、キリストがこの世にこられたとき、

次のように言われたのです、

「あなたは、いけにえやささげ物を望まれないで、
わたしのために、からだを備えて下さいました。

あなたは燔祭や罪祭を好まれませんでした。

その時、わたしは言いました、

『神よ、わたしにつき、巻物の書物に書いてあるとおり、

見よ、御旨を行うためにまいりました』」。

ここで、初めに、

「あなたは、いけにえとささげ物と燔祭と罪祭と
(すなわち、律法に従ってささげられるもの)

を望まれず、 好まれもしなかった」とあり、

次に、

「見よ、わたしは御旨を行うためにまいりました」

とあります。


すなわち、彼は、後のものを立てるために、


初めのものを廃止されたのです。


この御旨に基き


ただ一度イエス・キリストのからだがささげられた


ことによって、


わたしたちは聖なる者とされているのです。

120CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:08:22.72ID:aIvZxHCk
こうして、すべての祭司は立って日ごとに
儀式を行い、たびたび同じようないけにえを

ささげますが、

それらは決して罪を除き去ることはできません。

しかるに、


キリストは多くの罪のために


一つの永遠のいけにえをささげた後、


神の右に座し、それから、敵をその足台とするときまで、
待っておられるのです。


彼は一つのささげ物によって、聖とされた人たちを


永遠の完全者とされました。


聖霊もまた、わたしたちにあかしをして、


「わたしが、それらの日の後、 彼らに対して
立てようとする契約はこれであると、

ヤハウェが言われる。

わたしの律法を彼らの心に与え、彼らの思いのうちに
書きつけよう」と言い、

さらに、


「もはや、彼らの罪と彼らの不法とを、思い出すことはしない」
と述べています。

これらのことに対するゆるしがある以上、

罪のためのささげ物は、もはやあり得ないのです。

121CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:09:18.61ID:aIvZxHCk
兄弟たちよ。


こういうわけで、わたしたちはイエスの血によって、


はばかることなく聖所にはいることができ、


彼の肉体なる幕をとおり、わたしたちのために
開いて下さった新しい生きた道をとおって、

はいって行くことができるのであり、

さらに、神の家を治める大いなる祭司があるの
ですから、 心はすすがれて


良心のとがめは過ぎ去りました。


ですから、からだは清い水で洗われ、まごころをもって


信仰の確信に満たされつつ、


みまえに近づこうではありませんか。


また、約束をして下さったのは忠実なかたですから、
わたしたちの告白する望みを、

動くことなくしっかりと持ち続け、愛と善行
とを励むように互に努め、ある人たちがいつも

しているように、 集会をやめることはしないで
互に励まし、かの日が近づいているのを見て、

ますます、 そうしようではありませんか

122CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:10:20.44ID:aIvZxHCk
もしわたしたちが、真理の知識を受けたのちにも
なお、ことさらに罪を犯しつづけるなら、

罪のためのいけにえは、もはやあり得ないのです。

ただ、さばきと、逆らう者たちを焼きつくす
激しい火とを、恐れつつ待つことだけがあります。

モーセの律法を無視する者が、あわれみを受ける
ことなしに、二、三の人の証言に基いて

死刑に処せられるとすれば、神の子を踏みつけ、
自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、

さらに恵みの聖霊を侮る者は、どんなにか
重い刑罰に価することでしょう。

「復讐はわたしのすることである。

わたし自身が報復する」と言われ、

また「ヤハウェはその民をさばかれる」
と言われたかたを、わたしたちは知っています。


生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことです。


あなたがたは、光に照されたのち、苦しい大きな
戦いに よく耐えた初めのころのことを、

思い出してほしい。

そしられ苦しめられて見せ物にされたこともあれば、
このようなめに会った人々の仲間に

されたこともありました。

123CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/18(水) 06:11:13.57ID:aIvZxHCk
さらに獄に入れられた人々を思いやり、また、もっと


まさった 永遠の宝を持っていることを知って、


自分の財産が奪われても喜んでそれを忍んだのです。


だから、あなたがたは自分の持っている確信を
放棄してはいけない。


その確信には


莫大な報酬が伴っているのです。


神の御旨を行って約束のものを受けるため、
あなたがたに必要なのは、忍耐です。

「もうしばらくすれば、きたるべきかたが
お見えになる。遅くなることはない。

わが義人は、信仰によって生きる。もし信仰を捨てるなら、
わたしのたましいはこれを喜ばない」。


しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、


信仰に立って、 いのちを得る者です。

124CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/18(水) 15:49:16.96ID:mJyTY0u5
ローマのクリスチャンへの手紙

「すべて神の聖霊に導かれている者は、すなわち、神の子です。
あなたがたは再び恐れをいだかせる 奴隷の霊を受けたのではなく、

子たる身分を授ける霊を受けました。

その霊によって、わたしたちは「アバ、父よ」と呼ぶのです。
聖霊みずから、わたしたちの霊と共に、

わたしたちが神の子であることをあかしして下さいます。
もし子であれば、相続人でもあります。

神の相続人であって、キリストと栄光を共にするために
苦難をも共にしている以上、キリストと共同の相続人なのです。

わたしは思います。今のこの時の苦しみは、やがてわたしたちに
現されようとする栄光に比べると、言うに足りない。

被造物は、実に、切なる思いで神の子たちの出現を待ち望んでいます。
なぜなら、被造物が虚無に服したのは、 自分の意志によるのではなく、

服従させたかたによるのであり、 かつ、被造物自身にも、

滅びのなわめから解放されて、神の子たちの栄光の自由に入る
望みが残されているからです。

実に、被造物全体が、今に至るまで、共にうめき共に産みの
苦しみを続けていることを、わたしたちは知っています。

125CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/18(水) 15:50:07.05ID:mJyTY0u5
それだけではなく、聖霊の最初の実を持っている
わたしたち自身も、心の内でうめきながら、 子たる身分を

授けられること、すなわち、からだのあがなわれることを
待ち望んでいます。

わたしたちは、この望みによって救われているのです。
しかし、目に見える望みは望みではありません。

なぜなら、現に見ている事を、どうして、
なお望む人がいるでしょうか。

もし、わたしたちが見ないことを望むなら、わたしたちは
忍耐して、それを待ち望むのです。
聖霊もまた同じように、弱いわたしたちを助けて下さいます。

なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいか
わからないのですが、聖霊みずから、言葉にあらわせない

切なるうめきをもって、わたしたちのために
とりなして下さるからです。

そして、人の心を探り知るかたは、聖霊の
思うところがなんであるかを知っておられます。

なぜなら、聖霊は、 聖徒のために、神の御旨に
かなうとりなしをして下さるからです。

神は、神を愛する者たち、すなわち、 ご計画に従って
召された者たちと共に働いて、万事を益となるように

して下さることを、わたしたちは知っています。
神はあらかじめ知っておられる者たちを、

更に御子のかたちに似たものとしようとして、
あらかじめ定めて下さいまた。

それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためでした。
そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、

召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、
更に栄光を与えて下さったのです。

126CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/18(水) 15:50:45.87ID:mJyTY0u5
それでは、これらの事について、なんと言いましょうか。
もし、神がわたしたちの味方であるなら、
だれがわたしたちに敵対し得るでしょうか。

ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたち
すべての者のために死に渡されたかたが、

どうして、御子のみならず 万物をも
賜わらないことがあるでしょうか。

だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのですか。
神は彼らを義とされるのです。

だれが、わたしたちを罪に定めるのですか。
キリスト・イエスは、死んで、否、

よみがえって、神の右に座し、また、わたしたちのために
とりなして下さるのです。

だれが、キリストの愛からわたしたちを
離れさせるのですか。患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、

飢え、裸ですか、危難、剣ですか。

「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、
ほふられる羊のように見られている」と書いてあるとおりです。

しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、
わたしたちは、これらすべての事において

圧倒的勝利者なのです。 わたしは確信します。

死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、
力あるものも、 高いものも深いものも、その他どんな被造物も、

わたしたちのヤハウェである キリスト・イエスにおける
神の愛から、わたしたちを引き離すことはできません。」

127CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/19(木) 06:54:15.29ID:Tg1oFT/k
ヤハウェなる父である神と

イエス・キリストの御名を賛美しよう、

ハレルヤ🌄🌴おはよう

ではみことばを引用します。

128CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/19(木) 06:57:40.04ID:Tg1oFT/k
ヨハネによる福音書

さて、イエスは彼らに答えて言われた、

「よくよくあなたがたに言っておきます。 子は父のなさることを見てする以外に、

自分からは何事もすることができません。 父のなさることであればすべて、

子もそのとおりにするのです。なぜなら、父は子を愛して、 みずからなさることは、

すべて子にお示しになるからです。

そして、それよりもなお大きなわざを、 お示しになるでしょう。あなたがたが、
それによって不思議に思うためです。

すなわち、父が死人を起して命をお与えになるように、子もまた、

そのこころにかなう人々に 命を与えるでしょう。父はだれをもさばかれません。

さばきのことはすべて、子にゆだねられたからです。

それは、すべての人が父を敬うと同様に、子を敬うためです。子を敬わない者は、

子をつかわされた父をも敬わないのです。よくよくあなたがたに言っておきます。

わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、

またさばかれることがなく、死から命に移っています。よくよくあなたがたに言っておきます。

死んだ人たちが、神の子の声を聞く時が来ます。今すでにきています。

そして聞く人は生きるでしょう。 それは、父がご自分のうちに生命を
お持ちになっていると同様に、子にもまた、 自分のうちに生命を持つことを

お許しになったからです。そして子は人の子であるから、子にさばきを行う権威を
お与えになりました。このことを驚くには及びません。

墓の中にいる者たちがみな神の子の声を聞き、善をおこなった人々は、生命を受けるために
よみがえり、悪をおこなった人々は、さばきを受けるためによみがえって、

それぞれ出てくる時が来るでしょう。

129CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/19(木) 06:58:14.56ID:Tg1oFT/k
わたしは、自分からは何事もすることができません。ただ聞くままにさばくのです。

そして、わたしのこのさばきは正しいのです。 それは、わたし自身の考えでするのではなく、

わたしをつかわされたかたの、み旨を求めているからです。

もし、わたしが自分自身についてあかしをするならば、わたしのあかしはほんとうではありません。

わたしについてあかしをするかたはほかにあり、そして、その人がするあかしが
ほんとうであることを、 わたしは知っています。

あなたがたはヨハネのもとへ人をつかわしたが、そのとき彼は真理について
あかしをしました。わたしは人からあかしを受けないが、このことを言うのは、

あなたがたが救われるためです。ヨハネは燃えて輝くあかりでした。

あなたがたは、しばらくの間 その光を喜び楽しもうとしました。

しかし、わたしには、ヨハネのあかしよりも、もっと力あるあかしがあります。

父がわたしに成就させようとしてお与えになったわざ、すなわち、今わたしが
しているこのわざが、 父のわたしをつかわされたことをあかししています。

また、わたしをつかわされた父も、 ご自分でわたしについてあかしをされました。

あなたがたは、まだそのみ声を聞いたこともなく、そのみ姿を見たこともありません。

また、神がつかわされた者を信じないから、神の御言葉は

あなたがたのうちにとどまっていません。

130CHRISTIAN.MORNIG☆restaurant2018/04/19(木) 06:59:01.33ID:Tg1oFT/k
あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、

この聖書は、わたしについてあかしをするものです。

しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしません。

わたしは人からの誉を受けることはしません。

しかし、あなたがたのうちには神を愛する愛がないことを知っています。

わたしは父の名によってきたのに、あなたがたはわたしを受けいれません。

もし、ほかの人が彼自身の名によって来るならば、その人を受けいれるでしょう。

互に誉を受けながら、ただひとりの神からの誉を求めようとしないあなたがたは、
どうして信じることができるでしょうか。

わたしがあなたがたのことを父に訴えると、考えてはいけません。あなたがたを訴える者は、
あなたがたが頼みとしているモーセその人です。

もし、あなたがたがモーセを信じたならば、わたしをも信じたでしょう。

モーセは、わたしについて書いたのです。

しかし、モーセの書いたものを信じないならば、どうしてわたしの言葉を信じるでしょうか」

131神も仏も名無しさん2018/04/19(木) 15:03:24.33ID:APeHlN2J
牧師は、当然一週間、主日に備えて祈るんだろうけどその間お金を儲けることは難しい、、、いろんな理由をつけてお金を信徒から巻上げる算段をする牧師までもいる。
そりゃ、牧師や宣教師だって人間だから家族を支える為に必死だ。時には伝道集会や講演会などの理由・名目で献金を募りこっそりかなりな額の上前をはねる。
教会の役員をしていたので知ってるが、そのような悪事は既成教会より福音派などを謳うが実は個人商店化しカルト化した教会に多い。
宗教法人にすると公に会計書類を提出する必要も限りなく無いに等しいし(営利事業は別)、当然、有っても役員に現世的利益をちらつかせ、その目やその信徒さえ誤魔化せば良い。

これは忌々しきことだが現実で、神さまはそんなパリサイ化した指導者の状況を永遠に許すわけが無い。
少なくても牧師の衣を借るそのような教会関係者は無意味な事をしてる事に気がついていないか(気がつく義務は有る)、
気がついているとしたら、神さまは居ないから現世のうちに大胆に周囲を騙し、金を献金という名目で巻上げる、、、と腹をくくったか。
大半が後者だろう、神さまの前では言い訳は利かないのは当然だ。
キリスト教を騙り信仰を悪用した泥棒である。神殿の中で堂々と商売をしてるわけである。
自分だけは楽をして信徒には負いきれない重荷を押し付ける、自分の栄誉・宣伝のために意味の無い苦行などを強いるなど、あの手この手だ。

カトリック教会の修道士などは清貧を義務づける修道会も有るのはそういった現実的な意味も有るからだ。
現世と隔絶した生活、当然現世のままを享受するのは不適切と考える修道会が出てきてもおかしくはない。
社会的にもすばらしい業績を残すだけではなく、多くのものが信仰に導かれている。
一部の福音派と呼ばれる教会の中にはそれを非難しそんな肉的な行為で信仰に導かれるのではないと言う。
しかし、そんな戯言を言うのは、ただ、愛がないだけである。つまり、神さまから愛されていない、呪われた頭でっかちの牧師が言う事だ。

一度、献金した金品は法律的にも返還請求するのは難しい。
少しでも疑問が有るのなら、そういった牧師から離れその教会も去ることだ。
それは不信仰なことではなく、神さまに対しても素直なことである。
この日本でも、他にもすばらしい信徒の群れはたくさん有る。

132CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/19(木) 15:50:42.26ID:Ik/9zQ8x
ヨハネによる福音書

「そののち、イエスはガリラヤの海、すなわち、テベリヤ湖の向こう岸へ渡られた。
すると、大ぜいの群衆がイエスについてきた。

病人たちになさっていたしるしを見たからである。
イエスは山に登って、弟子たちと一緒にそこで座につかれた。

時に、ユダヤ人の祭である過越が間近になっていた。

イエスは目をあげ、大ぜいの群衆が

自分の方に集まって来るのを見て、ピリポに言われた、

「どこからパンを買ってきて、この人々に食べさせようか」。

これはピリポをためそうとして言われたのであって、
ご自分ではしようとすることを、よくご承知であった。

すると、ピリポはイエスに答えた、

「二百デナリのパンがあっても、めいめいが少しずついただくにも足りないでしょう」。
弟子のひとり、シモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った、

「ここに、大麦のパン五つと、さかな二ひきとを持っている子供がいます。
しかし、こんなに大ぜいの人では、 それが何になりましょう」。

133CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/19(木) 15:51:12.05ID:Ik/9zQ8x
イエスは「人々をすわらせなさい」と言われた。

その場所には草が多かった。 そこにすわった男の数は五千人ほどであった。

そこで、イエスはパンを取り、感謝してから、すわっている人々に分け与え、
また、さかなをも同様にして、彼らの望むだけ分け与えられた。

人々がじゅうぶんに食べたのち、イエスは弟子たちに言われた、

「少しでもむだにならないように、 パンくずのあまりを集めなさい」。

そこで彼らが集めると、五つの大麦のパンを食べて残ったパンくずは、

十二のかごにいっぱいになった。

人々はイエスのなさったこのしるしを見て、

「ほんとうに、この人こそ世にきたるべき預言者である」と言った。

イエスは人々がきて、自分をとらえて王にしようとしていると知って、
ただひとり、また山に退かれた。

134CHRISTIAN.DINNER☆restaurant2018/04/19(木) 15:51:58.07ID:Ik/9zQ8x
夕方になったとき、弟子たちは海べに下り、舟に乗って海を渡り、

向こう岸のカペナウムに行きかけた。

すでに暗くなっていたのに、イエスはまだ彼らのところにおいでにならなかった。

その上、強い風が吹いてきて、海は荒れ出した。

四、五十丁こぎ出したとき、

イエスが海の上を歩いて

舟に近づいてこられるのを見て、彼らは恐れた。

すると、イエスは彼らに言われた、

「わたしだ、恐れることはない」。

そこで、彼らは喜んでイエスを舟に迎えようとした。

すると舟は、すぐ、彼らが行こうとしていた地に着いた。

新着レスの表示
レスを投稿する