宗教と寄付

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 02:30:28.43ID:JWJlvkuu
宗教がらみの寄付について様々な議論をしたい

寄付に対する見方
寄付する理由
寄付しない理由
寄付?なにそれおいしいの?といったことなどいろいろ語りましょう

2神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 12:25:17.57ID:JWJlvkuu
ちなみに私は寄付は一切しておりません。
気が向いたときに小銭を寄付する程度です

3神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 12:55:38.48ID:zpTqgutf
創価学会の「功徳」にはとても金がかかる

創価学会は様々な名目で信者に金銭を供出させている。学会員は多額の金を教団に貢ぐほど、
より大きな現世利益が得られると、洗脳されて金を出しているが、その実態は搾取的である。

・ 財務・・・毎年年末に実施される。一口一万円からで上限はない。高額であるほど称賛
  され、学会内での立場が良くなる。そのため一度に一千万円以上、財務する者もいる。

・ 広布基金・・・新年勤行会などの行事の際、年に数回集められる。金額の指定はない。
・ 書籍購入・・・『人間革命』などの池田大作の著書を「功徳になるから」と買わされる。

・ 新聞購読・・・聖教新聞、創価新報、大白蓮華、公明新聞などの機関紙をとらされる。
  中でも聖教新聞は「池田先生からのお手紙」なので複数部とると功徳があるとされる。

・ 民音チケット・・・学会の外郭団体、民主音楽協会が主催するコンサートチケット購入。
  地域ごとにノルマがあり、担当に選ばれた学会員が自腹を切って買わされることもある。

4神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 12:56:08.36ID:zpTqgutf
創価学会の「財務」

創価学会は様々な名目で信者から金を集めているが、特に金額が大きいのが年末に実施
される「財務」である。その総額は、毎年二千億円〜三千億円以上に及ぶとの推定もある。

財務の金額は一口一万円からで上限はない。十万円以上の財務を「二ケタ」、百万円以上
を「三ケタ」、千万円以上を「四ケタ」と言い、高額ほど功徳も大きいとされている。

財務に向けては決起集会が開かれ、地元の学会幹部が「財務をすると倍になって福をもた
らす」「財務の金額が少ないと罰を受ける」などと煽り、高額財務をするように仕向ける。
一方、本部に勤務する職業幹部の財務は、二万円程度でいいという慣例になっている。

本部職員が少額の財務でいいのは「池田先生の近くにいる福運」なのだと説明されている。
多くの末端学会員は「財務が福をもたらす」と信じて大金を供出し続け、疲弊している。

※ 末端学会員から搾り取った金から幹部が高給を得る。これが創価学会の実態である。

5神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 19:38:27.22ID:5DEvXpuT
創価とか幸福の科学とか統一教会とか
新興宗教はどこも銭ゲバ

6神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 20:37:46.60ID:E+y0znGJ
幹部豪邸

7神も仏も名無しさん2018/03/25(日) 12:49:55.92ID:0KhfKNpk
新興宗教はカネメのインチキ宗教ばっか
とくに創価は勧誘がしつこくて迷惑

8神も仏も名無しさん2018/03/26(月) 09:52:08.66ID:oUHF+nQ8
>>1
したい人が家族の同意を得てすれば良い

以上

9神も仏も名無しさん2018/04/26(木) 10:54:12.05ID:rnEU5+AH
1

10神も仏も名無しさん2018/04/28(土) 01:03:27.16ID:Lq7B7GLg
2

11神も仏も名無しさん2018/04/28(土) 01:13:45.84ID:D0AM472c
>>8で終わってね?

12神も仏も名無しさん2018/04/29(日) 14:15:22.94ID:I5ubL0SV
1

13神も仏も名無しさん2018/04/30(月) 05:28:18.57ID:GtJdWqCa
2

14神も仏も名無しさん2018/05/01(火) 13:52:51.70ID:gOrfpvPM
3

15神も仏も名無しさん2018/05/03(木) 06:53:53.25ID:J1wYE8MZ
4

16神も仏も名無しさん2018/05/04(金) 06:19:02.70ID:5bTLQySZ
5

17神も仏も名無しさん2018/05/05(土) 06:37:39.12ID:EwdoxCNe
6

18神も仏も名無しさん2018/05/08(火) 03:13:30.50ID:tCIy9vpD
0

19神も仏も名無しさん2018/05/10(木) 07:41:52.98ID:TEznRgZK
0

20神も仏も名無しさん2018/05/14(月) 04:11:02.07ID:uwrNM/3B
0

21神も仏も名無しさん2018/05/16(水) 11:31:38.20ID:iNfrfjFk
0

22神も仏も名無しさん2018/06/25(月) 11:00:55.62ID:nxWFZMCM
4 日々、自己変革をして生きよ

  「空を飛べなくなった。野、ガモ」の話

 百年以上前の人になりますが、デンマークのキルケゴールという哲学者は、こんな話を紹介しています。

 その国のある地方には、毎年、渡り鳥の野ガモが飛んでくる所があり、親切な老人が餌付けをしていたそうです。
ところが、栄養のある餌をもらえるものだから、野ガモたちの一部は、寒くなったら南の方へ飛んでいくという習性を忘れ、だんだん太っていき、飛べなくなってしまったといいます。

 ところが、ある日、その親切な老人がコロッと亡くなってしまったのです。それで大変なことになりました。
実は、太った野ガモたちは空を飛べなくなっていたため、「さあ、困った。どうしよう」ということになったのです。彼らはすでに渡り鳥の習性を失ってしまっていたわけです。

 そして、雪解け水が洪水のように流れてきたときに、溺れて死んでしまったということです。

go to
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1489627937/46

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています