【不安障害治癒】「無我」の教え Part.2 【仏教、悟り】 [無断転載禁止]©2ch.net

1神も仏も名無しさん2017/03/06(月) 00:30:14.23ID:GZ8BVcEL
仏教、 無我の教え、悟り、森田療法により神経症(不安障害)は治せる
という話をしている無我さんのスレです。

※前スレ
【不安障害治癒】「無我」の教え【仏教、悟り】
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1462873365/

724神も仏も名無しさん2018/07/03(火) 00:02:40.65ID:OL18+/qa
そもそも悟りってなんなんですか?
人生が映画のマトリックスの世界みたいな虚構(幻想)だって気付いちゃうこと?

だったら今現在生きている世界の意味が薄まってっちゃうんだよね?
無我さんは、無我以外のことを話している時は、なんか醒めきってて、精神的な不感症にしか見えない。
神経症が治るとしたら意味があるが、それ以外に対しては、むしろ失うもんのが多くないか?

725神も仏も名無しさん2018/07/03(火) 00:32:32.36ID:ijv9RJL9
以前無我の話の例えで、
大きな水源があり、一人一人の人間はその末端の波紋であるみたいな話をしてたけど(うろ覚え)、
ワールドカップなど大きなイベントで集団でニコニコして応援してる人の群れを見ると
何かその話を思い出す。

726神も仏も名無しさん2018/07/03(火) 21:33:31.59ID:HYEp9D18
そもそも無我と普通の人の感覚は別のフェーズの話のはずなんだ。
なのにさ、一方で無我から見て芸術は薄っぺらいとか言ったり(言動全体がそれを示している)、普通の人の感覚や生活を軽く見たり(こちらも言動全体がそれを示している)、余りにも尊大すぎないか?

普通の生活をして子供を育てている人間の方が、はるかに人間らしいし、深みもあるだろう。

普通の日常を送ることの出来なかった情けない自分への良い訳を無我に押し付けてるだけだろ?

727神も仏も名無しさん2018/07/05(木) 07:19:29.00ID:eQ0FpQxG
こういう入門書みたいなのも
無我さんの言う「宗教体験のない学者が書いた駄文」なのだろうか?


https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51iQNGZeB8L.jpg
 http://amzn.asia/69nY3cI
W

728神も仏も名無しさん2018/07/06(金) 03:16:21.16ID:+HhALEaT
>>679
>(読んで普通に理解できるような仏教書は本物の仏教書ではないということです。)

ほう、スッタニパータやダンマパダや雑阿含経は本物の仏教書ではないと。
無我の理屈なら唯識唯識三年倶舎八年と言われ、
説一切有部(大乗仏教から小乗仏教と批判された部派)の教義を世親がまとめた阿毘達磨倶舎論こそが本物中の本物の仏教書だなw

729神も仏も名無しさん2018/07/10(火) 23:06:40.54ID:CVIQ0c5Q
オン カカカ ビサンマエイ ソワカ

730神も仏も名無しさん2018/07/14(土) 17:33:56.72ID:1VDMtS7T
スッタニパータやダンマパダは難しいと思うけど....
内容が8割方までわかるまで瞑想して何年もかかった
しかももっとも重要な部分は未だにわからないし

731神も仏も名無しさん2018/07/14(土) 22:01:15.26ID:PAm/s6Gq
>>730
瞑想の深度と内容の理解はリンクしてます?
知的ではなく、感覚的に分かるんですかね?
瞑想はどんな感じでしてます?

732神も仏も名無しさん2018/07/14(土) 23:46:29.90ID:1VDMtS7T
>>731
一般的に言われる小悟に到達しました
ですから 例えば 常によく気をつけ なんてフレーズも最初は何かが起こった時の自分の心構え的な意味だと最初期は思ってました
でも瞑想が進んでいくうちに24時間 自分に気づいておくように という意味だとわかったりします 心構えなんて全然見当外れでした
その他にも馬車の大群が目の前を通っても瞑想中は気づかない そーんなことあるわけねーだろ 仏典は大袈裟だと思ったりしましたが
実際にそれに近い経験をすると ああ そういうことか とわかったり

733神も仏も名無しさん2018/07/22(日) 00:24:50.61ID:3XljyVnU
>>732
小悟って感覚的にはどうなるんですか?
瞑想は無我さんみたいな、自分を外から見るような座禅?

734神も仏も名無しさん2018/07/22(日) 20:13:42.52ID:u9XZquUI
>>733
あくまでも私の表現ですが 自分という塊 コア 中心というものは無かったということがわかって力が抜けるという感じでしょうか
瞑想は色々試しました 自分が消滅する瞑想 ヴィパサナのような観察の瞑想 今は只管打坐(っていうかそれしかできなくなった)って感じです
私は鬼和尚タイプですが無我さんが仰られることが 訴えられることが良くわかります 一部でも真実をハッキリ見てしまうと自分の存在を前提とした価値観は吹っ飛んでしまう

735手ぶらの乞食2018/07/22(日) 20:40:49.37ID:KVQOH6m2
何も心にとどめてはならない。

手ぶらで行きなさい。

736神も仏も名無しさん2018/07/22(日) 22:54:49.56ID:3XljyVnU
>>734
>一部でも真実をハッキリ見てしまうと自分の存在を前提とした価値観は吹っ飛んでしまう

これって芸術その他の感じ方も含まれますか?
日常や芸術は薄くなったりしました?

737神も仏も名無しさん2018/07/24(火) 11:10:20.32ID:s3lzDD2z
>>736
なんと言えば良いか迷いますけど 泣いたりわらったり怒ったり泣いたり感動したり 人間らしいこのようなことが一時的に生起するただの現象だと心のそこから納得してしまったら
自分だと思っていたものがこういう反応の集まりだとわかってしまったら タネを知っている手品を見るようなもので とてもタネを知る前のような新鮮さで物事に向き合うのは難しくなります

738神も仏も名無しさん2018/07/26(木) 01:24:10.03ID:jan6JTAd
>>737
全てが『一時的に生起するただの現象』だとした時に、
例えば目の前で起こる出来事や生きていることそのものが、全て『幻想』や『夢』みたいに感じたりしませんか?

また、それにより、虚しさみたいなものはないですか?

逆に『一時的に生起するただの現象』、出来事や生きていることそのものが、
移り行き消えてしまう一回性を持った、愛おしいものに感じるように変わったりする人もいますか?

739神も仏も名無しさん2018/07/26(木) 01:25:25.98ID:jan6JTAd
小悟以後に日常は薄くなったとして、ほかに何か大切なものが、残るんですか?

740神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 01:23:45.16ID:CE1XSnbZ
>>738
虚しさに関して言えば これまでの人生や なんとか偉くなろう 良くなろう 向上しよう 充実しよう そうして突っ走ってきたことの方が虚しく感じます もう頑張らなくても良いんだ って感じです
仰る通り 今の私の段階では日常は夢にも感じます 意識したから現実は現れて 意識しないと例え親が死んでも次の日に忘れてしまうでしょうね
>>739
全てではなく中途半端な状態だから小悟なんだと思います ですから今の状態ではまだいくつかこれは捨てられない ってものが残っています 最後まで到達したとき 花一輪に全宇宙を見て感動するのか 今以上に無価値に感じるのか まだわかりません

741神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 02:02:11.97ID:CE1XSnbZ
何故か話が脱線してしまった...
言いたいのは無我さんが言っていることは絵空事ではなく本当にあり得ることだということです そしてそれは頭では決して理解できないということ 何かしらの行動が必要だということ
それから変化を恐れる必要はないということです 変化の後ではそれまで無理して保っていた自分を保てなくなるかもしれません しかしそれが凄く自然に感じます
今の自分から変わってしまうのは不安を感じるとは思いますが その自分に飽きたら挑戦する価値はあると思います
ただ重度の神経症に画期的な改善方が将来できたならば きっとそっちの方が手っ取り早い気もしますが....

742神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 18:28:00.02ID:PBNg9wbH
>>740
>虚しさに関して言えば これまでの人生や なんとか偉くなろう 良くなろう 向上しよう 充実しよう そうして突っ走ってきたことの方が虚しく感じます もう頑張らなくても良いんだ って感じです

それって『社会性』に属する側面ですか?
例えば日常(特に子育て等)や仕事や芸術等を通して深まって行くような人間性にも、虚しさを感じますか?
僕はホントに単純ですが、例えば子供を抱く親や、手を繋いで歩く姿に人間性を見ます。
またそれも深まって行くものかと。

743神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 18:30:47.26ID:PBNg9wbH
>それから変化を恐れる必要はないということです 変化の後ではそれまで無理して保っていた自分を保てなくなるかもしれません しかしそれが凄く自然に感じます

正直、変わるのは怖いですね。
無我さんも(本人は認めないけれど)明らかに異質だし、何か人間的なものを喪失してしまうような怖さを感じます。

744神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 18:31:32.72ID:PBNg9wbH
>何故か話が脱線してしまった

聞きたかったことそのものです
ありがとうございます

745手ぶらの乞食2018/07/27(金) 20:50:47.29ID:3c91nOc5
恐れるのも無理はない。

誰もが死を恐れる。

しかし恐れてはならない。

よく見なさい。

死ぬのは恐れだけだ!

あなたは残る。

746神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 21:19:11.51ID:o2r4ld6s
https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E5%8D%83%E3%81%AE%E9%A2%A8%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6&tid=963686022e7d488507c45c6984f08090&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1&st=youtube

747神も仏も名無しさん2018/07/27(金) 23:56:41.16ID:CE1XSnbZ
>>742
深まっていく人間性 という言葉が難しいですが、私の人生でいうと自分の経験を通して自分 他人の
心がよく分かる 共感力が高くなる 相手に寄り添えるという面
もう一つは自然や宇宙 物理でも数学でも何でもよいですが そういうものに対しての深い理解 直感を通して
の理解から認識が広がる それに心を揺り動かされる体験をする面
こんな定義かな と思います 視点がどこにあるのかが問題になると思います 私の視点は人並みに色々体験して
年齢なりに深まったとは思いますが これが何だというんだ 全く確かなことが何もない 嬉しい 苦しい 悲しい
楽しい こんなことの繰り返しに意味があるのか 人間の人生はこんな空虚なものなのか というものでした
そこから更に(自分としては)深めていった結果 今があるという感じです

748神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 00:33:10.04ID:OSrlkrqm
>>747
『空虚さの先』はあると思いますか、一度『幻想』や『夢』に見えた世界が、
一度きりのかけがえのないものとして、再び生きるような。

749神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 00:35:41.49ID:39NB7Wnm
>>742
加えて親子関係の愛情の面で言いますと 私は母親に愛されすぎて非常に生き辛さを感じていました
多くの家庭で同じパターンが繰り返されているでしょうが こうした方が良い しない方が良い 世間ではそういうことは非常識だ
その他諸々です とにかく干渉の迫力 執念が凄かった
母親に面と向かって あなたは死んだ方が良い と言ったこともあります 私も苦しく感じていましたが
高校生にもなると 母を見て母の苦しさ 落ち着かなさを可哀想に思うようにもなりました
私にとって深まるというのは母親のことを理解することです なぜ落ち着きがなくいつも心配で苦しそうにしているのか
原因がわかれば楽にしてあげられるのではないかと思ったからです 
深まった結果 常識 習慣 思い込み 偏見 遺伝子 環境 思い出 これらの相互作用が愛情の中身だと理解しました
ちなみにこんな書き方をすると心のない人間のように見えるかもしれませんが 至って普通のどこにでもある親子関係です
私にとっての愛情の深まりは上記のようなものです 愛情にのめり込んで浸ってしまうというよりは 愛情と言われるもののネガティブな面を
解消しようとした結果 瞑想を通して自分を知り 自分以外の人間のことも少しは理解が深まったのではないかと思います
人間が機械のように見える反面 毎週のように母親を遊びに連れて行ってますよ 親孝行のつもりです
そこは不思議と両立できます 

750神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 01:16:59.27ID:39NB7Wnm
>>748
空虚 虚しさ 言葉って難しいですね 今の状態はネガティブな感情は全くありません ただ楽なだけです
確かに飛び上がって雄叫びを上げて喜びを表現するようなことはもうないかもしれないです
逆に悲しみや怒りで我を忘れるようなこともないと思います
ただ それはこの瞬間の話でこれからどうなるかはわかりません

あんまり脱線しすぎてもいけませんのでこのへんで
言いたいのはここを訪れて思い立って挑戦を始める人は 無我さんとも私とも違うその人だけの過程を経て
何かを理解する可能性があるということです
私は人生に納得がいかないので足掻きました 無我さんの他 少なくとも数人の方が同じように何かを理解した
実例を知っています それを言いたかったんです

751神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 01:21:28.15ID:OSrlkrqm
>>749
>ちなみにこんな書き方をすると心のない人間のように見えるかもしれませんが

いや、思わないですよ。
母親から離れようとか、悪く言えば放っておこう、見捨てようと思うような状況だったのかもと想像します。見当外れかもですが。

聞いて良いのか不明ですが、749さん自身は、人生を上手くやっているんですか?
恋愛、結婚、子育て、仕事等々。
僕は仕事はやっと落ち着き始めたくらいで、恋愛等はまだ難しい感じですね(笑)
なんかほとんど廃人だった以前よりは、いろいろマシな気がするんですが(^-^;

752神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 01:26:09.46ID:OSrlkrqm
>>750
>今の状態はネガティブな感情は全くありません ただ楽なだけです

きっと神経症及び、苦しみも無くなった(軽減した)という感じですね

>あんまり脱線しすぎてもいけませんのでこのへんで

いえ、脱線というか、貴重なお話だなと(^-^;

753神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 01:46:20.49ID:39NB7Wnm
>>751
うーん 他人から見て順風満帆かはわかりませんが 好きなように生きてきました 後悔することもほとんどありませんでした
やり残したことは1つぐらいでしょうか 深層意識のことは自分でもわかりませんが
憧れていること やってみたいことは全てやり終えることをお勧めします でも心身と相談しながら無理なくですね
飽きるぐらい恋愛して下さい 恋愛からは非常に多くのことを学べると思います 

754手ぶらの乞食2018/07/28(土) 07:40:02.72ID:znO198hj
>>749
あなたは輪廻を断ち切ったのだ。

母親の歪んだ愛情はおそらくその母親自身の幼少の頃の心の傷が今も癒されず脈々と息づいている事の表れなのだろう。

親から見捨てられたかの様な経験
かまって貰えなかった事への不満
近年取り沙汰される虐待やネグレクトは
子供にとって深刻な心的影響を及ぼす。

それらは世代間連鎖を生みネガティブな感情は輪廻のかたちをとって受け継がれて行く。

そして今、あなたは母親の中の傷ついた子供を癒してあげているのだ。

あなたの慈悲は世代を越えて広く行き渡る。

755神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 18:44:37.90ID:2Kldd2zv

756神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 22:05:58.58ID:VXWs1VIi
>>753
>憧れていること やってみたいことは全てやり終えることをお勧めします

『やり終える』って、ちょっとやってみるではなく、没頭してみろということ?

>飽きるぐらい恋愛して下さい 恋愛からは非常に多くのことを学べると思います 

したいんですが、なんかブレーキが強くて。
求める気持ちと怖さの狭間で身がすくんでしまう感じですね。

757神も仏も名無しさん2018/07/28(土) 22:38:01.78ID:GYxNz1zn
>>756
>『やり終える』って、ちょっとやってみるではなく、没頭してみろということ?

「生存は尽きた、清浄行はすでに確立した。為すべきことは、すでに為し終わった。もはやこのような状態に戻ることはない」

このように独白できるまでになれば『やり終えた』と言える

758神も仏も名無しさん2018/07/29(日) 01:50:45.34ID:4TN3s5N9

759神も仏も名無しさん2018/07/29(日) 20:49:42.17ID:UsB57Zln
>>756
そうです やり終えるんです と言ってもこれまでやり終えてきたのではないですか? 砂場で遊んだりゲームしたりその他にも昔は熱心にしたけど今はもう飽きてその当時ほど熱心にできないことが多いのでは? 悩みも解決したいことも移り変わってきたのではないかと想像します
恋愛は自分を大事に 傷つかないように立ち回ることがうれしs

760神も仏も名無しさん2018/07/29(日) 20:57:54.59ID:UsB57Zln
恋愛は自分を大事に 傷つかないよう立ち回るのが嬉しさ 苦しさ その他色々なものを生み出すと思います もう面倒だわ と思えるぐらい恋愛できると良いですね

761神も仏も名無しさん2018/07/30(月) 23:37:39.58ID:R7hRY6AA
ネルケ無方「人生の意味とは?」

https://www.youtube.com/watch?v=UTt_9q4OmbQ

762神も仏も名無しさん2018/07/31(火) 07:56:24.79ID:yJUfeSJc
それなりに欲に素直に生きることも良いと。
そして飽きて仏道に入るみたいな感じか。
確かに理想かも。

しかし、神経症で欲に素直に生きられないから仏道で進展をはかると。
しかし仏道をそれなりに体得すると欲は変化すると。
う〜ん、と。

763神も仏も名無しさん2018/07/31(火) 15:50:13.51ID:W4dUi3Mx
悟りって一つの方向しかないんですかね?
つまり、禅的な心身脱落みたいな身体から離れる方向性と、
クンダリーニ的な身体に徹底してこだわった方向性と、
いくつもあるってことはない?

764ポッタン師2018/07/31(火) 16:56:18.87ID:bYU27aJj
763.悟りは、一方向しかない。
なんでか。

765神も仏も名無しさん2018/07/31(火) 17:04:07.10ID:DkzrSnfE
>>757>>763
コピペするなよな
人間自体がコピペになるぞ

766神も仏も名無しさん2018/08/01(水) 01:47:35.65ID:e3Y7gf9m
>>763
その辺りは一生答えが出ないのではと思いますよ 私の感覚ではどの方法も ある一瞬の心身の状態を作り上げるために考え出された方法論だと思います
確かに身体のエネルギーに着目した方法 自分を観察する方法 禅的な方法 無我さんが進められる仏教書に触れる方法 哲学的問題を究極まで突き詰める方法 完全に神などに帰依する方法 自分を完全に捨てるような自己嫌悪による方法
思いつくだけでもたくさんあります たくさんりますが人との出会い 自分がこれだ!とピンとくる方法 これらの方がはるかに影響力は強いのではないかなと思います

767神も仏も名無しさん2018/08/02(木) 23:22:05.78ID:jf/ckeJX

768神も仏も名無しさん2018/08/03(金) 14:18:28.16ID:dVqPKl4I
>>759
やり終えるってかなり難しいことだと思うんだ。
749さんは能力や境遇で出来ない場合はなかったんですか?
一つだけやり残したことは何ですか?
聞いて良いか分からないけど(^-^;

>>766,764
方法論(到達するルート)はいくつもあるが、到達点は同じですかね?

769神も仏も名無しさん2018/08/03(金) 21:46:36.56ID:9/XSN/Qw
>>768
やり終えるの意味は 興味が無くなる という意味ですので失敗 成功はどうでも良いと思います まあ成功することは絶対にないんですが
ですから総理大臣になりたい! 勉強する 良い大学に入る そこで自分より能力もコネも比較にならない人達と出会って完全に諦めて興味が無くなった でも良いんです
私の場合はまだ死ぬのは惜しい気がする というのが一つ残っています ですから衣食住が維持できなくなるのはマズイ という感覚があります
到達点はどうなのかわかりません 自分で確かめるしかないと思いますよ

770神も仏も名無しさん2018/08/04(土) 03:03:19.42ID:Pk4uztOA
生に対する執着しか残ってないとしたら凄いですね。

771神も仏も名無しさん2018/08/04(土) 14:39:30.48ID:pH96zJ9p
恋に趣味に
自分なりにいろいろやり尽くして
はあー死んでもいいやー
→悟り?

772神も仏も名無しさん2018/08/04(土) 14:41:38.03ID:pH96zJ9p
恋も趣味も全然やらずじまいで、
欲求不満
でも私には仏道があるのだからーー
→偽悟り?

773神も仏も名無しさん2018/08/04(土) 21:13:41.69ID:VQ+em9Nt
恋愛や仕事、家族を持ったり、普通の日常を送れなかった人間の悟りは、確かに胡散臭いんだよな

774神も仏も名無しさん2018/08/05(日) 05:34:47.46ID:gP0VUbhc

新着レスの表示
レスを投稿する