ラマナ・マハルシ他[不二一元論]アドヴァイタ総合16 [無断転載禁止]©2ch.net

1神も仏も名無しさん2017/01/28(土) 23:37:38.40ID:wOb3mQdl
インド古典のヴェーダやウパニシャッドから発展し
中世のシャンカラ(Adi Shankara 8世紀)が思想と学派をまとめたとされる
インド哲学のアドヴァイタ・ヴェーダーンタ(純粋不二一元論)の分野について
難しい言葉の議論でなく、むしろ瞑想や体験など実践的な視点で
結局‘真我探求’って何?とか、本当に‘梵我一如’(真我実現)を会得できるの?
とかを、初心者〜覚者の分け隔てなく、自由に語りあおうという主旨の
「アドヴァイタ関連・雑談その他なんでもOK」の総合スレです

関連書籍やサイトなど >>2-5

前スレ
ラマナ・マハルシ他[不二一元論]アドヴァイタ総合15
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/psy/1411253168/

96神も仏も名無しさん2018/03/29(木) 22:08:09.62ID:H2bQKbru
過疎ってるね…

97神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 08:07:08.59ID:XzDfbUI9
>>78
執着してるってことすら夢幻だよ

98神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 14:19:28.01ID:K3SOAwep
>>20
世俗的な話をしてるのか宗教的な観点から話してるのかによるでしょ

99神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 14:21:21.74ID:K3SOAwep
真我と神は同義語なんかな

100神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 15:03:18.01ID:GKCcM9lr
ラマナが10人を覚醒させ、その10人がまた10人を覚醒させると100人
あっという間に地上は覚者だらけになるはずなのに

101神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 00:09:22.73ID:Fc7yQA7V
それはあなたの思い込みです

102神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 00:11:33.02ID:Fc7yQA7V
マハルシは沈黙こそ雄弁とおっしゃっています
マハラジも日の出を昼と勘違いして知識を言いふらすなと言っています
教えが自分の中に浸透するまで時間がかかります

103神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 21:04:00.74ID:Fc7yQA7V
他人のことに目を向けている暇があったら自分の事をすべきです
あなたが何をしようと神の思い通りにしかなりません

自分にかせられた義務を遂行するべきなのです

104神も仏も名無しさん2018/04/17(火) 20:19:52.97ID:2Cb3vpFH
現実のことは神に明け渡すしかない

105神も仏も名無しさん2018/04/21(土) 17:46:38.71ID:BXVPoMJx
>>68
ラメッシは、人間に自由意思はないという立場で、
受胎(conception)の時にすでに運命が決まっており、
何が起こってもそれはその個体の運命と言う立場。

>The organism is not the doer, that whatever happens is part of
>the functioning of Totality, and that that's the destiny of this organism.

>"There is no way I can control the consequences. Life is an impersonal
>flowing and I cannot control either my life or anybody else's life."

>However much we think and believe that we're living our own lives,
>the fact of the matter is that our lives are being lived.

>The choice is not really his. The choice is made for him at birth,
>at conception.

106神も仏も名無しさん2018/04/21(土) 18:38:08.61ID:BXVPoMJx
>>95
本で読んだ知識だけど、
無我と言っても、何にも意識が集中していない状態は
熟睡しているときと同じでignoranceな状態(鈍性)らしいよ。

107神も仏も名無しさん2018/04/22(日) 10:35:53.91ID:TkHC8uEO
>>95

>>106の補足
>無我
真我に溶け込んで無我になるのか、
その前段階で親しみのある神のイメージに溶け込んで無我になるのか、
他の瞑想の対象に溶け込んで無我になるのか、
目の前の仕事に没頭して無我になるのか、
その辺の一番大切な説明や手順が抜けてるか見落としてるんじゃないかな。

>自己は存在しない
このスレやこのレスを見てうなずいたり
反発する気持ちが生じるということは
自己(自我=心)が確かに存在している証ですが、
心は思考と感情の束と言われており
実体がなく非実在であるものの、
目的地にたどり着く途中までは
samskara(過去の個々の印象)やvasana(samskaraの
蓄積により形成される潜在的な傾向、性向)が詰まった乗り物で、
その乗り物をきちんと管理して「自己が存在しない」境地を
目指しましょうということではないでしょうか。

ダルマを固く守るとか
自我意識や執着、欲望、憎悪などの心を形作るものを
生贄として差し出すとか、目的地にたどり着くまでの
霊性修行で済ませておかないといけないことが
たくさんあるでしょうから、
結論(到達点)のお話しがそのまま聞く人や読む人に
当てはまるわけではないと思います。

不二一元論はスピリチュアルのかけらも存在しない大本に
戻る(融合する)ことを目指した教えではないでしょうか。

108神も仏も名無しさん2018/04/22(日) 11:26:44.12ID:+hPVOfwc
きたあああああ

109神も仏も名無しさん2018/05/19(土) 16:58:07.61ID:N3JvzsxB
>>108
何が来たのか気になる

110神も仏も名無しさん2018/05/23(水) 13:44:41.40ID:jk6A6UNQ
>>107
何が言いたいのさ
無駄な言葉を並べる必要はないわ

111神も仏も名無しさん2018/06/14(木) 20:55:48.28ID:NVtU+xOS
意識が大事なんだよね

112神も仏も名無しさん2018/06/14(木) 22:04:40.34ID:yc4at9xp
悟りは理解の問題ですよ。

ラマナの発言で重要な部分がありますが
例えサマーディを何年修練したとしても
ヴァーサナを非拘束にしない限り解脱には繋がりません。

ラマナはこの部分を根絶と表現しましたが
正式なアドヴァイタの表現ではないので注意しましょう。

113神も仏も名無しさん2018/06/15(金) 15:58:47.16ID:Nfrrbrah
ヴィーサナってなんですか?

114神も仏も名無しさん2018/06/15(金) 21:48:37.08ID:viY6RN2y
それは起こる。

私の場合、完全に体験が先だ。
それは避けられない。

私が言える事は最悪の出来事が恩寵になりえるという事だ。

逆説的に言えばあるがままを受け入れる、或いは去来するものを恐れてはならないという言い方になる。

マハルシやマハラジの言わんとする事は同じでありどちらも真理を示唆している。

115神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 14:03:57.42ID:3VC7Xush
私はエゴを退けて利他行為をしたときに起きました。
崖からすべり落ちたかのような瞬間、
天地がひっくり返りました。

116神も仏も名無しさん2018/06/16(土) 19:47:47.48ID:Vxk7Tj/V
>>115
エゴを自分の意思で退ける事が可能だろうか?

利他行為とはどの様な行為だったのだろうか?

そして精神的に死にはしなかったか?

ぜひ聞かせて欲しい。

117神も仏も名無しさん2018/06/17(日) 02:53:40.24ID:c6HB/FZb
>>116
可能です。

全財産を手放しました。

精神的臨死体験だと思います。
でもそれは究極の幸せを知ることでした。

118クバの化身2018/06/18(月) 08:31:12.14ID:XnbiclOn
心理学で、普通という権域があるが
このバイセクシャルのホモ豚は普通ではない🎵

119神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 08:53:05.35ID:bd1EFL07
>>117
物質的な何かを手放す事とエゴの終焉は全く別の話しだ。

120神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 20:33:25.51ID:GVUb4Kq2
>>119
瞑想だけじゃないんですよ。道は。

121神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 20:48:45.78ID:lzmqXVc1
>>112
あなたはサマーディがどのような状態なのか?どんな体感をするのか
ご自分の体験にもとづいて説明できますか?

体験してるのならできますよね?

122神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 20:51:00.30ID:lzmqXVc1
>>117
あなたの臨死体験は金が原因ですか?
安っぽい臨死体験ですね

123神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 20:55:52.25ID:lzmqXVc1
>>106
まったく違いますね
無我はよく「何もない、何も意識しない」と勘違いされますが
そうではありません

無我は、自分は無いという言葉の意味ですが
それは裏をかえせば、全体こそが我であるという意味です。

124神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 21:05:36.45ID:lzmqXVc1
>>106
たとえば、体のどこかを蚊にさされたとします。
貴方はかゆいのでその部分をかきますが、
その書いた部分は自我にたとえることができます。

蚊にさされるとかゆいので、まるで体の中で蚊にさされた部分が
すべてでもあるかのように、かゆい部分に意識が集中します。
それが自我が肥大した状態です。

ところが、そのさされた部分は時間がたつとかゆみがおさまります。
あなたはついちょっと前まで、かゆみに支配されていた感情がなくなり
しだいに刺された部分を気にしなくなります。
あなたは普段どおりからだ全体を意識して、もはや蚊にさされた部分を
忘れてしまいます。このときの刺された部分は「無我」だといえます。


125神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 00:15:09.36ID:DFad1vnQ
>>109
おすし屋さんでの待ち時間に暇つぶしに瞑想してたら
いわゆるワンネスの体験をしたというだけのことです
ちょっとおどろいたけど面白いですね

126神も仏も名無しさん2018/06/19(火) 21:03:37.16ID:9NXSz9E0
>>121
ラマナの教えを実践していて、わからない部分があるということでいいのかな?

127神も仏も名無しさん2018/06/20(水) 02:15:15.72ID:K4bx6EN/
>>122
これを聞いて、イエスは言われた。「あなたに欠けているものがまだ一つある。持っている物をすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」

128神も仏も名無しさん2018/06/25(月) 18:49:41.59ID:/e76//eh
財産をすべて手放してしまうと探求に没頭できなくなるのでは…?

129神も仏も名無しさん2018/06/25(月) 20:28:56.01ID:Ofxbb43o
宗教が問題にするのは心の執着であって
物質的な放棄を推奨する教えもあるし
それが有効でないとも言わないが

あくまで私達が生きているのは21世紀の日本であって
インドだとかアジアの奥地ではないのだから
本当に財産を放棄したら急事や老後に他者に迷惑をかけるだけだろう。

贅沢品に囲まれて暮らしていたり、収入に見合わないものへの
執着があるならまだしも、財産があることはダルマに反することもない。

ヴェーダンタは知識と行為の道であってラージャ・ヨーガとも違う。

130神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 00:00:29.04ID:BqnhRCpY
>スシローで覚醒 (爆草

131神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 10:41:16.40ID:8GHyiT6+
そうスシローでワンネスw 
つーかよくわからないんだけどワンネスって覚醒なの?

132神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 10:44:55.78ID:I/xTU5Ms
食べる者と食べられる者がひとつに溶け合って…
…消化?

133神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 12:02:29.57ID:Gvgcoztc
無所有の極みはジャイナ教裸行者
http://namokartirth.com/images/23.jpg

134神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 13:05:27.11ID:d2Brb42K
ジャイナ教徒って、腹出ててキューピーちゃんみたいだ。
何を食べているのかな

135神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 14:41:01.66ID:Eubb+MYZ
マハルシ以上に菜食主義を徹底してそうだね
タンパク質は豆類から?

136神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 19:13:36.07ID:miQjHaLm
存在するすべては意識です。

回転しているカッパ巻きも意識です。

137神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 22:17:12.77ID:PdA3nAvT
>>131
自己は非二元の気づきであって
ワンネスの感覚を伴う気づきではないので
それは主体と客体の境界がなくなった
ある種のサマーディと言うこともできるが、覚醒ではない。

もしラマナの方法を実践しているなら
(私が理解した範囲で言えることは)
彼の方法は尺取り虫のような性質の心を消耗させつつ
自己の直接的な体験から自己知識を得ることであって
何らかの集中を含む瞑想をしているなら
(ラマナの言葉通りなら)それは真我探求を困難にするかもしれない。

また現代人の一般的なヴァーサナは重い傾向にあるので
同時にカルマ・ヨーガにも取り組んだほうがいい。

いずれもあなたが本気であるならば。

138神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 22:21:09.00ID:8GHyiT6+
確かによく言われてるとおりの感じでした
全ての存在が私の空間の中にいるって感じで。

うっすらとそこにいる人達から光の流れみたいのが空間の中心部に繋がってて
光の柱みたいなものを形成してるようにも見えました
残念ながら食べるときにはもうほとんど元に戻ってたんですけどね・・

139神も仏も名無しさん2018/06/27(水) 22:25:45.29ID:8GHyiT6+
>>137
確かにそのときまでは瞑想による強烈なエクスタシーに没入することに熱中してました
たまたまそのときにラマナの方法が頭をよぎってはじめて少しだけ試してみたときなんですよ
それ以来、興味が出てきたのでいろいろ試してるところです。

アドバイスありがとうございます

140神も仏も名無しさん2018/07/02(月) 01:39:51.11ID:8sS+wSwG
>137
「取り組む」なんて「行為」が必要なのか。
表層的な観念だよと言えば、鉈でポアしないでね。

141神も仏も名無しさん2018/07/02(月) 12:49:10.31ID:qfDTlOQs
>>140
日本語では行為の道等の表現がされますが
カルマ・ヨーガの本質は態度です。

それはバクティに近いものであり
結果を求めて行為したり、自己の無知から生じる無駄な行為(欲望)を放棄することで
心のバランス、安らぎを生み出します。
もちろんダルマの遵守なども関係します。

これはインド哲学でいうところのトリグナに関係していて
サットヴァが優勢な心を養うものであり、後に続く知識によって
完全な自己知識やヴァーサナからの開放、非拘束化を可能にします。

理論については、仏教の八正道の初期プロセスや
キリスト教の幼子のような心といった表現などからも
その重要性を理解できると思います。

もしあなたが日常的に心の安らぎを感じていたり
結果を求めて行為せず、あるいはすでに“私”がいないならば
サットヴァ優勢な状態であり、この部分はクリアしていると思われます。

142神も仏も名無しさん2018/07/02(月) 13:03:04.59ID:qfDTlOQs
ちなみに食事に関してですが、トリグナの観点からはサットヴィックな菜食が
好ましいと思いますが、日本人のダルマの観点からは絶対ではありません。

自炊する立場であったり、金銭的、家族や仕事上付き合いのある方などの
理解と協力があるならば(あるいは他者との食事は普通し可能なときのみ)
自分の体に合う無理のない方法でやってみるのもいいでしょう。

ただしどちらにしても中毒性の高い飲食物は完全に避けたほうが良いです。

143神も仏も名無しさん2018/07/02(月) 16:16:48.15ID:2pPMT9jK
なんか変なの出てきたな
悟りを開いたって言う奴は嘘つきだからほっとけばいい
マハルシだって自分のこと賢者だとは言わなかった

144神も仏も名無しさん2018/07/04(水) 00:47:19.34ID:4c19SBcq
欲しがるという点において悟りを求めるのも1億ドルを求めるのも変わりはない
必要なのは熱意……ですね?

145神も仏も名無しさん2018/07/04(水) 05:41:12.80ID:eOY05mwe
>>144
ラメッシの本を読んでいるなら
ここで質問するようなことは何もないと思うけど

熱意が必要なのは、この道が恩寵の問題であるにも関わらず
自力、努力と呼んでいるものがこの恩寵と矛盾しないから。

分かりやすく言えば、神が生きる糧を与えることと
それを得る私達の労働という行為が相反するものではないのと同じ。

今までの古い習慣から離れたり心がそれに向かうために
原動力として熱意が起こらなければならない。

146神も仏も名無しさん2018/07/12(木) 21:33:22.38ID:bFTCeAZr
あなたの身に起こってくる苦痛は、心の癖によって起こるのです。 

新着レスの表示
レスを投稿する