神は存在する〜小さなヨハネの半生をめぐって〜 2 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1神も仏も名無しさん2016/07/08(金) 23:24:41.24ID:v9BTJGPX
 
前スレ

神は存在する〜小さなヨハネの半生をめぐって〜
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1123019453/
2005/08/03(水)  哲学板

296神も仏も名無しさん2018/03/20(火) 19:16:43.70ID:PwgF72dU
金正恩
トランプ
平和だ!安全だ!
ハルマゲドン
Armageddon

297神も仏も名無しさん2018/03/21(水) 21:15:30.41ID:Do6Wcspx
金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
Armageddon
ハルマゲドン
サタン悪魔
ヱホバ神
エホバ金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
Armageddon
ハルマゲドン
サタン悪魔
ヱホバ神
エホバ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

298神も仏も名無しさん2018/03/22(木) 09:15:56.35ID:CvP5fRL0
小さなヨハネさんは、現在「ピッピ・シェアトゥ 」というハンドルネームで
このスレで活動しています。
http://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/psy/1515049491

299神も仏も名無しさん2018/03/22(木) 10:38:32.92ID:b9llrTkD
金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
Jesus Christ
イエス・キリスト
Armageddon
ハルマゲドン
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
ハルマゲドン
Armageddon
イエス・キリスト
Jesus Christ
平和だ!安全だ!
プーチン
トランプ
金正恩

300神も仏も名無しさん2018/03/22(木) 12:40:22.05ID:b9llrTkD
Satan
金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
Armageddon
Jesus Christ
ハルマゲドン
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
ハルマゲドン
Jesus Christ
Armageddon
イエス・キリスト
平和だ!安全だ!
プーチン
トランプ
金正恩
Satan

301神も仏も名無しさん2018/03/22(木) 12:46:01.88ID:b9llrTkD
Satan
金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
Armageddon
Jesus Christ
ハルマゲドン
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
ふしぎの国のアリス
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
ハルマゲドン
Jesus Christ
Armageddon
イエス・キリスト
平和だ!安全だ!
プーチン
トランプ
金正恩
Satan

302神も仏も名無しさん2018/03/22(木) 14:38:37.89ID:b9llrTkD
Satan
金正恩
トランプ
プーチン
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
Armageddon
Jesus Christ
ハルマゲドン
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
メイム叔母さん
ふしぎの国のアリス
メイム叔母さん
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
ハルマゲドン
Jesus Christ
Armageddon
イエス・キリスト
平和だ!安全だ!
プーチン
トランプ
金正恩
Satan

303神も仏も名無しさん2018/03/23(金) 11:44:21.13ID:FlVWy4Yl
オバマ
Satan
金正恩
トランプ
プーチン
エルサレム
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
ふしぎの国のアリス
メイム叔母さん
Armageddon
ハルマゲドン
Jesus Christ
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ

304神も仏も名無しさん2018/03/23(金) 14:58:37.95ID:FlVWy4Yl
d

305神も仏も名無しさん2018/03/24(土) 00:58:43.77ID:K5z10K6A
ボルトン キター

306神も仏も名無しさん2018/03/29(木) 22:14:11.33ID:MXg7+oV1
test

307神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 18:23:30.68ID:yGDxINmD
>>283ですが、シリーズ後作の2冊の抜粋も追加させて頂きました。

『新しき啓示』(神が「神との対話」の世界へのスタンスを述べた後作の書)

◆聖なる書(宗教)は色々あっても、基本的なメッセージは同じだということだよ。違うのは、人間の解釈の方だ。
P21

◆あなた方の世界は今、大きな問題にぶつかっている。
あなた方は信念(神や自分に対する考え方)のレベルで問題を解決しなくてはならない。
行動のレベルでは解決できないのだよ。
行動ではなく、信念を変える努力をしなさい。信念を変えられれば、行動は自然に変わってくる。
P41

◆地球の平和はあなた方が信念を変えた時にだけ達成できる。
しつこいようだが、そこを肝に銘じて理解していなければ、何をしても地球を癒すことは出来ない。
あなた方が癒そうとしているのは、信念が生み出した傷なのだ。
P71

◆この対話の中で私が言う「組織的宗教」とか一般的な「宗教」とは、排他的な教義を教えている宗教のことだ。
言い換えれば、「私達の信じているものだけが、唯一の真の宗教だ」と主張する宗教のことだ。
こういう宗教は問題だ。
全ての宗教が問題なのではない。
P82

◆世界は新しい霊性(スピリチュアリティ)を生み出さなければならない。
古いもの(宗教)に完全にとって代わるのではなく、古いものを新たにする霊性だ。
古いものを縮めるのではなく、拡大する霊性だ。
古いものをくつがえすのではなく、その中の最善のものを支える霊性だ。
P266

◆その霊性は、伝統的な宗教の教えを頭から否定するのではなく拡大し、もう適切でなく有効でもないと皆が考える一部を変えるものだ。
P278

◆人類は大きな危機に直面している。
その危機とは、イデオロギーの対立だ。信念の危機だよ。
P278

◆「(他の宗教・人種・国などより)優れている」という人間の考え方は、あらゆる知的存在が生み出した中で、最も有害な概念だ。
P302

308神も仏も名無しさん2018/04/05(木) 18:24:38.19ID:yGDxINmD
『神へ帰る』(神が死後の世界の事も詳しく述べた後作の書)

◆魂は霊的な世界(あの世)を通って完全な知に到達し、物理的な世界(この世)の道を通って完全な体験に到達する。
どちらの道も必要で、世界も二つある。
P68

◆希望は「死」においても「生」においても素晴らしい役割を果たす。決して希望を捨ててはいけない。
希望は神聖化された思考だよ。
P192

◆あなたは(死後)「一つであるもの(神)」へ戻り、(また来世)「一つであるもの」から分かれて現れる。
これを未来永劫、永遠に、さらにその先まで何度も繰り返す。
P266

◆全ては完璧なタイミングで、完璧な方法で起こる。
「神の王国」において、不完全ということはあり得ない。
「この地上」は神の王国だよ。神の王国の一部でない場所など、どこにも無い。
P276

◆全ての人、全ての事に神を見て、全てを完璧だと見なさい。
P278

◆「神の愛」への信頼は、人生の日々を生きる時に役に立つし、死を迎える日にも同じく役立つのだよ。
私はあなた方を愛している。あなた方すべてを深く愛している。
P436

◆あなたがここ(この世)から去った時、以前亡くなっていつまでも心の中に残っていた人達ときっと再会出来ることを知っておきなさい。
それから後に残していく人達のことも心配しなくていい。永劫の中で、その人達とも何度も再会し、何度も愛するから。
P464

◆本当は皆天使だ。あなたが対立相手だと思っている人、敵だと想像している人達でさえそうなのだよ。
全て神聖な理由と目的が有って、あなたの世界に現れている。
だから闇をののしらず、闇を照らす光となりなさい。
起こる事は皆、想像する中でも最高に素晴らしい世界と経験に導く道を開くのだから。
P482




 

309神も仏も名無しさん2018/04/06(金) 19:55:43.52ID:2bFVVB4n
ヱホバ神

310神も仏も名無しさん2018/04/07(土) 20:54:00.32ID:8ov0P4U8
Satan
エルサレム
Armageddon
ハルマゲドン
Jesus Christ
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
Jesus Christ
ハルマゲドン
Armageddon
エルサレム
Satan

311神も仏も名無しさん2018/04/08(日) 23:46:49.45ID:tyDHgAvA
エホバ

312神も仏も名無しさん2018/04/09(月) 11:01:04.64ID:3rxURjVn
ヱホバ

313神も仏も名無しさん2018/04/10(火) 19:02:29.49ID:2CkqclSM
Armageddon

314神も仏も名無しさん2018/04/12(木) 13:24:45.24ID:YQ88A9v3
出不精

315神も仏も名無しさん2018/04/12(木) 21:15:30.86ID:YQ88A9v3
ヱホバ

316神も仏も名無しさん2018/04/17(火) 20:18:23.40ID:mWxwH+hD
ハルマゲドン

317神も仏も名無しさん2018/04/22(日) 10:29:10.46ID:OBt9LDNK
Satan
金正恩
習近平
トランプ
プーチン
エルサレム
ネタニヤフ
アサド政権
平和だ!安全だ!
イエス・キリスト
ふしぎの国のアリス
メイム叔母さん
Armageddon
ハルマゲドン
Jesus Christ
サタン悪魔
Jehovah
ヱホバ神
エホバ
ヱホバ神
Jehovah
サタン悪魔
Jesus Christ
ハルマゲドン
Armageddon
メイム叔母さん
ふしぎの国のアリス
イエス・キリスト
平和だ!安全だ!
アサド政権
ネタニヤフ
エルサレム
プーチン
トランプ
習近平
金正恩
Satan

318神も仏も名無しさん2018/04/22(日) 20:44:26.81ID:OBt9LDNK
ヱホバ神

319神も仏も名無しさん2018/04/24(火) 13:27:50.86ID:FjZD15LP
エホバ

320神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 10:38:47.14ID:XYloLYVo
🌟 あなたに贈る言葉D

 壁を破ったとき、すべてが光となる

神の正義を樹立し、真なる宗教立国を行うまで、
私たちの戦いは終わらないのです。
二十一世紀を率いる若者たちよ。
どうか、私たちのあとに続いて下さい!
みなさんに期待しています。
もうすぐ壁は破れます。

山を打ち抜くとき、トンネル工事は必要です。
トンネル工事をしているとき、
それを掘っている人々には、自分たちの仕事が
値打ちを生んでいるかどうかは分かりません。
無駄な仕事をしているようにも見えます。
しかし、山を打ち抜き、トンネルが通ったときには、
それまでの無駄だと思われた努力が、
すべて「光」になるのです。

ーー『地球を救う正義とは何か』より

321神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:00:43.99ID:DeusY37d
大川隆法著  伝道の法

  第6章  信じられる世界へ

  あなたにも、世界を幸福に変える「光」がある

  「教えの発祥の地」としての責任と義務

 最近を振り返って、いちばん難しかったのは、二〇一五年春のハッピー・サイエンス・ユニバーシテイ(HSU)の開学でした。
文科省の判断を押し切って開学したわけですから、「国家 対 宗教」の戦いでしょう。
 おそらく、いまだかって、文科省が認可しないのに大学を開いたところはないと思います。
しかし、幸福の科学そのものが、ある種の共同体になっていますし、全世界百か国以上で活動している団体ですので、「エル・カンターレの認可があるものを、さらに認可するところはない」と考えました。
 内容的には、私たちが信じているとおりにやったほうが、よいものができると思います。決して、他の人々の意見を聞かないというわけではありませんが、W認識の低い人たち”の意見を聞いて内容を劣化させることは、学生の未来を危うくするでしょう。
そう考えて。内容には手を加えずに、もっとよくする方向へと進みました。
 これは一つのチャレンジではありますが、幸福の科学は、W弾圧”ぐらいで、それほど簡単につぶれるような宗教ではありません。
 むしろ、政府としては、W国家が潰れる”ことを心配なされたほうがよいのではないかと思います。
 しかし、日本国政府が潰れても、幸福の科学は潰れません。たとえ、日本が海の底に沈もうとも、世界百か国以上で活躍している同志たちが、この光を、未来永劫、掲げることを誓ってくれています。したがって、何ら心配することはないと、私は思っているのです。

322神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:01:40.19ID:DeusY37d
 ただ、この日本の国は、幸福の科学の教えの発祥の地として、大いなる責任と義務を背負っていると考えています。この日本が、エル・カンターレ信仰の中心地として、可能なところまで突き進むことが大事であると感じているのです。
 なお、ささやかではありますが、二〇一五年は私の著作として、ちょうど二千書目となる『正義の法』を全世界で発刊することができました。また、ほんのわずかではありますけれども、二千四百回以上の講演・法話等を積み上げてくることができたのです。
 恥ずかしながら、思いは、まだまだ届かないレベルではありましょう。しかし、志は、三十五年前の大悟、三十年前の立宗、二十五年前の宗教法人格の取得のときから、いささかも衰えてはいません。私たちは、このレベルで納得し、満足するわけにはいかないのです。
 私が、最初の頃より説いている教えを見ればわかるでしょう。それは、天地創造からの教えです。天地創造からの教えを説ける宗教が、日本に何万もある宗教の一つとして認められるだけで良いのでしょうか。そんなはずはありません。それで許されるわけがないのです。
 確かに、幸福の科学は、国内を見渡せば、戦後に生まれた宗教の一つとして、ある程度の大きさにまでなりました。おそらく、一定の市民権を得つつある段階だと見られていることでしょう。
 二〇一六年は、幸福の科学にとって大悟三十五周年、立宗三十周年に当たるだけではなく、暦の上では、「革命が起きる年」に当たります。そうであるならば、その革命は、我々が起こさずして、いったい誰が起こすというのでしょうか。
 われわれは、三十年間、組織として蓄えた力を発揮し、法輪を転じ、転じ、転じて、国内と全世界に、いよいよ、その存在を明らかにしなければならないときだったのではないかと思うのです。
 

323神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:02:45.63ID:DeusY37d
  はるかなる天上界より与えられた「世界を変えるだけの権威」

 幸福の科学の教えを、活字として読んでいるだけの人たちは、その内容を自分個人のものとして消化しているかもしれません。
しかし、書かれていることをそのとおりに受け取ったならば、ユダヤ教も、キリスト教も、仏教も、イスラム教も、日本神道も、すべて幸福の科学の流れの中に吸収されていくでしょう。そうした大きな大きな教えになっているのです。
 そして、それが嘘か本当かを、いよいよ実証すべき時が迫ってきているのだと思います。
 われわれは、この運動を、決して、自分たちの権力や名誉のためにやっているのではありません。あるいは、多くの人たちから尊敬されたいがためにやっているわけでもありません。
 私たちの目指す革命は、かつてよくあったような、いわゆる「暴力革命」ではなく、「幸福の革命」です。つまり、多くの人々を幸福にしえてこそ、本当の世直しができ、「世界を変ええた」と言えるのです。
 今、幸福の科学では、いろいろなジャンルへの挑戦が続いていますが、まだ、どの世界においても、最終地点までは、はるかに届いていないかもしれません。
 しかし、やがて多くの人たちは知るでしょう。「今日という日が、どういう日であるか」ということを。
 もし、この日本の幕張メッセで行われている講演(本章)が、誰によって話され、誰に向かって話されているかを、世界の人々が信じたならば、あるいは、知ることができたならば、ローマ教皇でさえ、もはやその冠を脱がざるをえないでしょう。
そういうところまで来ているということを。私は明言しておきたいと思います。
 われわれには、まだ世界を変え切るだけの力はないかもしれません。しかしながら、われわれには、世界を変えるだけの権威が与えられています。この権威は、この地上を離れた、はるかなる世界から与えられたものです。
 『旧約聖書』の「創世記」を読めば、「神が天と地を分けられた」と書いてあるでしょう。その神の名を、「エル」と言いますが、それは、「エル・カンターレ」の「エル」なのです。日本人の多くは、その内容をまだ十分には理解していません。
しかし、その大きさは、あとになるほど、はっきりと分かってくるようになるはずです。

324神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:03:51.11ID:DeusY37d
2 「信じることができる世界」を生きるには

  天地の初めより人類を導きし者の法

 私は、二〇一六年の法シリーズとして『正義の法』を発刊しましたが、この本は、二〇一六年以降の日本の大きな羅針盤となり、この国を導く力となるでしょう。
 しかし、ほかに「正義の法」を説ける人が、今、世界にいるでしょうか。日本の首相に説けますか。最高裁長官に説けますか。国連事務総長ならどうですか。ローマ教皇なら説けるでしょうか。あるいは、ダライ・ラマならどうですか。誰なら説けるというのでしょうか。
 説けるのはただ一人です。私は今、世界に必要なものを説いています。世界に必要なものとは、「『何が正しいか』を人々に教えること」なのです。
 しかし、これは、この世的な学問の集積や仕事の積み上げで教えられるものではありません。
はるかなる天上界より、幾千年、幾万年、あるいはそれ以上の長い年月にわたって、人類を導いたる者でなければ説けない法です。決して、威張りたいのではなく、事実だから、そう述べているのです。
 今、世界では、いろいろな宗教が混乱を起こし、一部では宗教戦争の様相も呈しています。また、別なところでは、「宗教 対 無神論・唯物論」の戦いも起きているでしょう。
「何が真実であるか」ということが、今ほど大切なときはないのです。

325神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:05:02.50ID:DeusY37d
 もちろん、私は、紛争や戦争を頭から肯定するものではありません。しかしながら、そうした紛争が、「何が正しいか」が分からないために起きているのであれば、それを教えるのが私の仕事だと確信しています。
 もし、天地の初めより人類を導きし者が、「あなたがた人類は、この問題について、このように考えなさい。未来の方向は、こちらにあることを知りなさい」と指し示し、人々がそれに納得することができたならば、どうでしょうか。
そのとき、地上的で浅はかなる争いは姿を消していくであろうと、私は思うのです。
 今こそ、私たちは、「悟りの力」の霊的な意味を示さねばなりません。
それは、この世的な学問や研究の正しさ、あるいは、近代・現代の原理としての、「疑って疑って疑って、疑いきれないものこそが真理である」という科学やジャーナリズムの方法論を乗り越えていくものです。
そのように、もう一段、高次元の正しさがあるということを、多くの人々に知ってもらうことが大事なのです。
 その意味で、本法話の内容は、当日、本会場や衛星中継会場に来られた方々だけに理解してもらえばいいわけではありません。
時差はありながらも、海外で数百か所、あるいは、それ以上の会場に中継されましたが、本来、この「信じられる世界へ」という法話は、英語で話されるべき内容でしょう。
 しかし、日本語で話された以上、日本人の信者には、とてもとても大事な仕事があるのです。

326神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:06:06.75ID:DeusY37d
  すべての物事を、この世だけで完結して見てはならない

 やはり、「正義の法」を立てるに当たっては、「何のために『正義の法』を立てるのか、それを説くのか」という理由が必要でしょう。
 今、「正義の法」を説くのは、「信じられる世界」を建設するためなのです。
 私たちには、もっともっと、「信ずることができる世界」を生きる権利があります。信じることができるものが、「目に見えるもの」「触れるもの」「自分の肉体に関係するもの」だけであるというのは、あまりにも寂しいのではないでしょうか。
 また、宗教としてのかたちを取っていながら、内容において、宗教本来の使命を忘れたものも数多くあるわけです。例えば、イスラム系の紛争を取り上げてみても、おそらく、極めて難しい問題があるでしょう。
 もちろん、世界の多数の支持するところは、先進国の空爆によって、戦争が終結することなのかもしれません。しかし、彼らはキリスト教国であるにもかかわらず、キリストの教えには従っていません。この世の人間が作ったルールに則って攻撃しているのみです。
 一方、攻撃されているほうは、イスラム教を信じている人々です。アッラーの神に向かって祈りを捧げている人たちの上に、爆弾やミサイルが落ちているのです。
 こういう状況のなかで、「神はどう見ているのか」と考えるのは、人間として当然のことでしょう。
 ただし、その前提として、一つ言っておかねばならないのは、「すべての物事を、この世だけで完結して見てはならない」ということです。これは、今、世界各地の宗教において、忘れられつつある価値観だと思います。
 要するに、この世が便利になりすぎたのでしょう。この世が豊かになってきたため、キリスト教であっても、唯物的な発明や科学、実用性のある学問や仕事論などに重きを置き、信仰は教会の中に置かれているわけです。

327神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 15:08:12.24ID:DeusY37d
  世界の宗教には「時代性」と「地域性」の限界がある

 一方、イスラム教にあっては、祖師であるムハンマド以下、多くの者が血を流しながら立宗した歴史をなぞって、現在も原始的な戦い方を繰り返しているように思います。
 やはり、「いったい何を目的としているのか」ということを、もう一度、考え直さねばならないのではないでしょうか。
 確かに、モーセが出エジプトをなし、カナンの地に入ったときも、数多くの戦いが起きました。イエスが今のイスラエルの地を中心に活動したころにも、たくさんの血が流れています。ローマでもまた、数多くの戦いが行われたでしょう。
 また、その六百年後にイスラム教が誕生したわけですが、そのときにも、同じ部族同士で激しい戦いが起きました。さらに、新しい立宗がなされると、古い神々が取り壊されていったのです。
 そのように、いろいろなことが起きたので、地上的な現象だけを見たならば、「宗教など信じないほうが、よほど幸福だ」と思う人が出てくるのは、ある程度、しかたがないかもしれません。
 ただ、私は、あえて申し上げましょう。
 それらは、三千年前や、二千五百年前、二千年前、千四百年前に説かれた教えなのです。神の声を聴けた人がいたのは確かでしょうが、その人はあくまでも自分の立場で神の声を聴いていたということを、忘れてはなりません。
 やはり、ある国の、あるいはある部族の預言者として、また、メシアとして、神の教えを聴き、自分の立場で、要するに、自分が率いる民たちの利益のために、その教えを広げたのです。そのように、「時代性」と「地域性」の限界がありました。
 ところが、のちに世界が大きくなり、交通が頻繁になって、通信が地球の裏側まで届くようになったときに、誤解が生じたのです。人々は、まさか神が、「自分の部族や国民、民族だけのために教えを説いた」とは思わないでしょう。
しかし、「われのみを神とせよ」「わが部族の神だけを信仰せよ」と言った言葉を、「わが部族、わが民族を導く神だけが本物だ。あとの神は偽物で、全部否定せよ」というように解釈している人が大勢いるのです。

328神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:25:49.59ID:mrbCw4uU
 それから二千年以上の歳月が過ぎ、日本にも、仏の教えの一部は伝わっています。しかし、「最初のころの釈迦の教えがどうであったか」ということは、残念ながら、抜け殻のようで、はっきりしたことは分からないでしょう。

329神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:27:14.01ID:mrbCw4uU
 一方で、原始の釈迦の教えを忠実に反映しているかに見える、小乗仏教、あるいは上座部仏教、テーラバーダといわれる教えが、スリランカやタイなどには今も残っています。タイは独立を守っているため、その宗教様式も、かたくなに守っているのです。
 ところが、私は過去二回、講演のためにタイへ行こうとしましたが、残念ながら、二回とも行くことができませんでした。また、タイでも、私の本が翻訳されていますけれども、タイの人たちは、「『仏陀再誕』だけは困る」と言っています。
 要するに、仏教では、「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」の三つ(三法印)を旗印としていますが、
小乗仏教では、最後の「涅槃寂静」について、「仏陀が悟りを開いたならば、地上的な束縛を取り除いて、涅槃の世界、ニッバーナに還る。そして、もうこの世には帰ってこない」と説いているからです。
そのため、「仏陀再誕は困るのだ」と言っていたのです。
 しかし、私は、タイと同じく小乗仏教の国であるスリランカで法話をした際、スリランカの人たちに、「仏陀がこの世に還ってこなくて喜ぶのは、いったい誰ですか」と問いました。
 「仏陀が悟りを開いたならば、二度と地上には帰ってこない。つまり、地上の人たちを指導しない。それを喜ぶのは誰ですか。悪魔でしょう。仏陀の教えをそのように解釈したのは、いったい誰ですか。よく考えてみなさい」と述べたわけです。

330神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:35:55.71ID:mrbCw4uU
 「仏陀が悟りを開いたならば、二度と地上には帰ってこない。つまり、地上の人たちを指導しない。それを喜ぶのは誰ですか。悪魔でしょう。仏陀の教えをそのように解釈したのは、いったい誰ですか。よく考えてみなさい」と述べたわけです。
 すると、講演会に来ていた一万三千人のうち、九千人以上が。幸福の科学の信者になりました。(「大川隆法 スリランカ 巡錫の軌跡」)

 これは、「『仏陀が地上に還ってきてほしくない』というのは、悪魔の考えです」と私が述べたからです。
 もちろん、「悟りを開き、束縛を解いて、自由自在になる」というのは、仏陀の説いた教えのとおりでありましょう。霊的世界に還れば、肉体的束縛から離れて自由自在になるわけです。
そして、思いがすべてになって、意志の決定するところに自分の行動があるようになります。そういう意味で、「自由自在になる」ということを、悟りの境地として仏陀は説いたわけです。

 それについて、「涅槃(ニッバーナ)に入ることによって、仏陀がどこか暗い山の洞穴の中にでも閉じこもり、蓋をされてじっとしている」とでも思っているのでしょうか。
まったく恥ずかしい限りの誤解ですが、そのようなことがあるはずがありません。それでは、地獄の深い穴の中に入っているのと同じことです。
 やはり、地上の人たちが救済を求めても、涅槃から出てこずに、彼らを救うことができないならば、「悟り」とは言えないでしょう。それは、絶対におかしいわけで、唯物論であり、間違った宗教論だと思います。
 ここを突破しなければ、タイの国に未来は開けないはずです。

331神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:40:32.72ID:mrbCw4uU
3 信仰とは、全身全霊で受け止めて感じ取るもの

  学問における唯物論・無神論者たちとの戦い

 また、『正義の法』の第一章では、次のような映画の内容を取り上げました。
 「キリスト教国であるアメリカの大学において、WGod is dead"(神は死んだ)と書いてサインをしなければ、その科目を履修できないということがあった。つまり、そうしなければ、単位を取って、成績を上げ、出世を目指すこともできない。
そのとき、一人のクリスチャンの学生が教授のやり方に抵抗した。
その学生は、『私はクリスチャンであるので、どうしてもWGod is dead"とは書けません』ということで、教授とディベートすることになった」(二〇一四年公開「神は死んだのか」〔原題WGOD IS NOT DEAD"]」。

332神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:52:40.85ID:mrbCw4uU
 これは、映画の話ではありますが、おそらく、アメリカにおける学問の現状でもあるのでしょう。
 特に、科学の分野では、キリスト教の教えを根本から覆すようなことが数多く起きているわけです。
 例えば、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士は、神を否定しており、「神が宇宙をクリエイトしたというのは信じられない」というようなことを言いました。

333神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 19:58:36.84ID:mrbCw4uU
 例えば、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士は、神を否定しており、「神が宇宙をクリエイトしたというのは信じられない」というようなことを言いました。
 また、リチャード・ドーキンスという人は、「遺伝子が魂の正体だ。DNAが、親から子、子から孫へと移っていく。このDNAの転移こそ、魂の転生輪廻そのものだ」というようなことを言っています。

 あまりに愚かすぎて話にならないのですが、大学では、これを信じて、このとおりに答案を書かなければ、成績優秀では卒業できないし、よいところには就職できないのでしょう。
 たとえクリスチャンであっても、主流はそのようになってきており、そのために、あちこちで戦いが起きているのです。

 要するに、「君が教会や家庭で信じるのは結構です。ただ、ここは大学なので、そういう信仰など、証明できないものは持ち込まないでください」ということなのでしょう。不可知論、あるいは無神論を教えるために、最初にサインをさせられたりしているわけです。
 結局、現代の哲学者の多くが無神論者であるため、その内容を授業で教えるためには、神を否定しなければならず、それでサインをさせたりしているのだと思います。

 しかし、そうまでしてA評定の成績を取ることにより、よい進学ができ、よい就職ができ、よい結婚ができ、よい家庭が持てたところで、最終的に幸福になれるのでしょうか。
あるいは、真理に反して生きて、本当に幸福と言えるのでしょうか。神を否定するところまで傲慢になっておきながら、その生活が、その科学が、尊敬すべき立派なものであるはずがありません。
 たとえその大学が、世界の一流の「名門」といわれる大学であったとしても、間違っているものは間違っています。嘘は嘘です。教えてはならない限界があるということを、私は言っているのです。

334神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:06:23.77ID:mrbCw4uU
  すべては「神仏の大きな掌」の上にある

 これは、「信仰」が後れていて、「学問」が進んでいるために起きている現象ではありません。学問とは、頭脳の一部を動かして考えているようなものですが、信仰とは全身全霊で受け止めて感じ取るものです。
体が、魂が、全霊が、これを受け止めて感じ取るものが、信仰なのです。
 だからこそ、信仰は尊いのです。信仰が学問をその一部として含むことはあっても、学問のなかに小さく存在するものではないということを知ってください。
 「諸学問のなかにある宗教学という小さな分野が扱っているような実践活動が、宗教なのだ」と思っているならば、大きな間違いです。
 すべては、神や仏の大きな掌の上で動いているものにしかすぎないのです。
 信仰とは、この地球も、太陽系も、銀河系宇宙も、そして、それを超えた、
はるかなる数限りない銀河も、そこで栄枯盛衰を繰り返しているたくさんの文明や、そのなかに生きとし生けるもの、さらには彼らがつくり出したるものや考えたるものの、すべてを含んでいるものなのです。
 おそらく、これは霊的世界の証明よりも、さらに難しい内容を含んでいるでしょう。
 また、幸福の科学では、さまざまなかたちで、宇宙人の霊言や、「宇宙人リーディング」を行い、公開しています。
ときには、大いなる昔、何億年も前の出来事として、その宇宙人が地球に来る以前の話が出てくることもあるので、なかなか理解困難な部分については、教団内部向けに、経典や映像を公開しているわけです。

335神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:12:05.82ID:mrbCw4uU
 ただ、これらはいずれ、未来社会において、宇宙を学ぶための最初の教科書となるでしょう。
今のように、わざわざロケットを飛ばして行かなければ分からないレベルでは、この大宇宙の神秘を解明することは極めて困難であるため、宇宙創成に遡ってお教えしているのです。

 確かに、この内容が本当であるかどうか、その一部を解明するのにも、五十年から百年はかかるかもしれません。
おそらく、トータルで解明できるには、千年以上の歳月が必要になるでしょう。つまり、そうした千年以上先の人々のためにも遺すべき法を私は今、説いているのです。

336神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:18:54.47ID:mrbCw4uU
 もちろん、現代の人々に理解し切れないところもあるとは思います。しかしながら、そこを除いた部分に、理解でき、共鳴できるものがあるはずです。
そうであるならば、同様に、現代の人々には理解できないものであっても、後の世の人々には、とても重要な内容が含まれているのだと知ってください。
 そして、後の世の人々のために、それを大事に大事に伝えていくことを、心の中で強く願ってほしいと思います。

337神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:21:00.82ID:VbGOf5ro
聖書では、ヤハウェのそれより優先的に君がヨハネさ。
ギリシャではね。

338神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:25:07.99ID:mrbCw4uU
4 「信じ切る」という最終点を目指せ

 今、世界を見渡して、幸福の科学ほどアクティブ(活動的)な宗教は見受けられません。また、アクティブであるのみならず、その内容において、『聖書』の「創世記」も、古代メソポタミアの宗教も超えています。
さらには、仏教の大いなる昔のたとえ話や、古代エジプトの宗教、ギリシャ神話をも乗り超えて、もっともっと古い起源から、はるかなる人類の未来までを指し示しています。

 したがって、私たちの羅針盤は、目先のものだけを指すような小さなものではありません。
 もちろん、文明の進歩についても、ありがたいことだとは思っています。日本の地から全世界に、私の話を放映することができるからです。
 そうであるならば、モーセや仏陀、イエス、ムハンマドのとき以上の奇跡を、今、起こさなければならないのではないでしょうか。

339神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:30:23.67ID:mrbCw4uU
 私が悟りを開いてから三十五年になりますが、その間、私は大小さまざまなテーマを混ぜながら、法を説いてきました。そして、みなさんも、そろそろ本来の使命に取り掛からねばならない地点に達したのです。
 もはや、自分一人の小さな信仰でとどめてはなりません。自分たちの小さな組織の範囲内で活動していればよい段階は終わったのです。これからは、世界を担うつもりで活動してください。
 そのために大切なのが、本章のテーマにあるように、この世界を、「信じられない世界」から、「信じられる世界」へと転換していくことなのです。

 しかし、現代の医学に尋ねれば、宗教のほとんどは、「信じられない世界」のほうに入っていきます。医学的に見れば、「病気は治らない。人間はみな死ぬし、病気になるし、奇跡なんて起きない」。これが、医学のテキストでは常識でしょう。
 ところが、そうした常識のなかで、当教団を取り巻く環境では、数多くの奇跡が現在も起き続けているのです。

340神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:35:51.58ID:mrbCw4uU
 例えば、講演会場で私の話を聴いている人にも、「難病や奇病、死に至る病が治る」という奇跡が起きています。また、同じことは、衛星中継の会場でも起きているわけです。
 さらには、「幸福の科学のチラシを受け取っただけで、身体に変化が起きた」とか、「幸福の科学の映画を見ただけで奇跡が起きた」とかいう報告さえあります。

 今、どれほどの大きな力が、その背景に働いているかを知ってください。まさに、WGod is dead"ではなく、WGod is alive"なのです。神は生きています。今、働いているのです。今、みなさんの前に現れて、みなさんを導いています。
 あなたがたの前に立ちたるは、人間の姿を取った「大川隆法」ではありますが、これは、神の一側面であることを、どうか、忘れないでほしいのです。

341神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:41:11.81ID:mrbCw4uU
  最も尊い愛は「真理を伝える」という愛

 私は、たとえこの身に、いかなる弾圧が臨もうとも、「真理は真理」「善は善」「正しいことは正しい」という、その信念を決して曲げることなく、決して膝を屈するつもりはありません。
 常識が間違っているならば、その常識を打ち砕くまでです。
 では、それを、いつやるのでしょうか。今年ですか。来年ですか。五年後ですか。十年後ですか。死んでから後のことですか。

 そんなことを考えている場合ではありません。あなたがた一人びとりが、心のなかに一灯を輝かせる必要があります。一灯を掲げ、闇夜の中を進んでいく仕事があるのです。
 あなたがた一人びとりに、光が与えられています。
 私から受けた光は、あなたがたに必ず点火されているのです。
 その松明を頼りに、闇夜のなかを、ただひたすらに行進してください。全世界の闇夜を照らしきるまで、あなたがたの仕事に終わりは来ないのです。この日、このとき、この夜に聴いた言葉を、どうか忘れないでください。

 私は、今しばらく、あなたがたと共に、この地上にあり、この地上を照らし、法輪を転ぜんとする者でありますが、わが説く法は、五百年たっても、千年たっても、二千年たっても、三千年たっても、滅びてはならない「永遠の法」であるのです。
 どうか、この「永遠の法」を聴いた者として、その誇りを胸に刻み、日々の生活を切り拓いていってほしいと思います。
 そして、みなさんが理解した真理を、どうか周りにいる人たちへ、手の届く人たちへ、声の届く人たちへ伝えてください。伝え切ってください。それが、「愛」なのです。

342神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:45:52.68ID:mrbCw4uU
 人々に対する愛として、いちばん尊いものは、「真理を伝える」という愛です。真理を伝えることが、最も尊い愛であるのです。
 確かに、世界には飢えている人がいるでしょう。病気で苦しんでいる人もいれば、さまざまな苦労のなかにいる人もいるわけです。
 しかしながら、そうした苦労や苦難、逆境があるから、神がいないということではありません。そのような苦難のなかを、多くの人々が生きているからこそ、神は必要なのです。
 そして、神は実在します。
 どうか、もう一度、初心に戻って、信じるところから始めてください。
 スタート点は、「信じる」ことです。
 そして、最終点は、「信じ切る」ことです。
 信じるところから始まって、信じ切るところが、あなたがたの最終点になります。
 「信じ切った」とは、この世において、どういうことになるのでしょうか。それを、あなたがたの考えで、言葉で、行動で、示してください。
 これが、本章での、あなたがたへの問いかけです。

🌟 大川隆法著 『伝道の法「第六章 信じられる世界へ」』

343神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:50:04.65ID:mrbCw4uU
  すべては「神仏の大きな掌」の上にある

孫悟空 ?

344神も仏も名無しさん2018/05/02(水) 20:58:00.94ID:mrbCw4uU
🌟 あなたに贈る言葉D

 壁を破ったとき、すべてが光となる

神の正義を樹立し、真なる宗教立国を行うまで、
私たちの戦いは終わらないのです。
二十一世紀を率いる若者たちよ。
どうか、私たちのあとに続いて下さい!
みなさんに期待しています。
もうすぐ壁は破れます。

山を打ち抜くとき、トンネル工事は必要です。
トンネル工事をしているとき、
それを掘っている人々には、自分たちの仕事が
値打ちを生んでいるかどうかは分かりません。
無駄な仕事をしているようにも見えます。
しかし、山を打ち抜き、トンネルが通ったときには、
それまでの無駄だと思われた努力が、
すべて「光」になるのです。

ーー『地球を救う正義とは何か』より
🌟大川隆法著 『伝道の法』より

345神も仏も名無しさん2018/05/03(木) 02:11:02.23ID:ua9qw/Sh

3462832018/05/09(水) 22:17:18.20ID:tnDxkvbh
下記のサイトの後半部分に、『喜びから人生を生きる!(臨死体験が教えてくれたこと)』アニータ・ムアジャーニ著の抜粋を入れました。

4年越えで絶命寸前までいった末期ガン(ステージ4B)・多臓器不全からの臨死体験、
そして意識復帰と数日での大きなガン部位の消滅・臓器回復という奇跡的体験(何人もの癌専門医が詳細に病院での病状データを検証・確認し驚く)をした女性が、
臨死時の具体的な詳細を語った貴重な本です。
この本もベストセラーであり、かつ読んだ人全体から相当に高評価されている本です。

《10分ほどで読んで、分かる『神との対話』》
https://conversationswithgod.wixsite.com/kamitonotaiwa-matome

P284〜
訳者あとがき

臨死体験の本は数多く出版されていますが、本書が際立っている理由は、臨死体験後、末期癌から奇跡的治癒を遂げたことにあると言えるでしょう。
死を迎えようとした時、アニータはほとんど全身を癌にむしばまれていましたが、臨死体験後、
すべての癌が短期間のうちに一つ残らず消えてしまったのです。
この事実には、アニータが自らの体験を投稿した臨死体験研究会(NDERF)の代表者である癌専門医も非常にまれなケースだと注目しました。
さらに、もう一人のアメリカ人癌専門医コー医師も、この異例の回復ぶりに大いに興味を持って、
アニータと彼女の主治医に会うため、アメリカから香港へ訪れたほどでした。アニータのケースは、
癌専門医を対象としたコンファレンスで紹介されるなど、医学界でも注目を浴びたのです。
このような奇跡的治癒と医師による調査結果は、彼女の臨死体験が真実であることを示す証拠にほかなりません。

P19〜
「心臓はまだ動いていますが、奥様の意識はもうありません。助けるには手遅れです」と、医師は夫のダニーに告げました。

その時、自分は死ぬのだと悟りました。「ああ…… 私は死ぬんだ。死ぬって、こんな感じなの?
これまで想像していたのとは、まったく違うわ。とても安らかで、穏やかな気分…… やっとやっと癒された気がする!」
私は、たとえ身体の機能が止まっても、生命という大きなタペストリーの中で、あらゆるものが完璧であり続けると理解したのです。
すなわち、それは、人は死なないということでした。  

 

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています