【雑種】力士を呼び捨てにする礼儀知らずな市川紗椰は自殺しろ【アメ公】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1無名モデル2017/12/04(月) 14:28:47.12ID:???
語れ

193無名モデル2018/03/06(火) 15:13:12.11ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

194無名モデル2018/03/06(火) 15:13:27.41ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

195無名モデル2018/03/06(火) 15:13:42.69ID:???
.

196無名モデル2018/03/06(火) 15:13:57.96ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

197無名モデル2018/03/06(火) 15:14:13.38ID:???
.

198無名モデル2018/03/06(火) 15:14:28.62ID:???
.

199無名モデル2018/03/06(火) 15:14:43.92ID:???
.

200無名モデル2018/03/06(火) 15:14:59.12ID:???
.

201無名モデル2018/03/06(火) 15:15:14.52ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

202無名モデル2018/03/06(火) 15:15:29.75ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

203無名モデル2018/03/06(火) 15:15:44.95ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

204無名モデル2018/03/06(火) 15:16:00.23ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

205無名モデル2018/03/06(火) 15:16:15.50ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

206無名モデル2018/03/06(火) 15:16:30.73ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

207無名モデル2018/03/06(火) 15:16:55.16ID:???
.

208無名モデル2018/03/06(火) 15:17:14.63ID:???
.

209無名モデル2018/03/06(火) 15:17:30.05ID:???
.

210無名モデル2018/03/06(火) 15:17:45.56ID:???
.

211無名モデル2018/03/06(火) 15:18:00.85ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

212無名モデル2018/03/06(火) 15:18:16.14ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

213無名モデル2018/03/06(火) 15:18:31.46ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

214無名モデル2018/03/06(火) 15:18:46.93ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

215無名モデル2018/03/06(火) 15:19:02.19ID:???
.

216無名モデル2018/03/06(火) 15:19:17.61ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

217無名モデル2018/03/06(火) 15:19:33.05ID:???
.

218無名モデル2018/03/06(火) 15:19:48.59ID:???
.

219無名モデル2018/03/06(火) 15:20:03.91ID:???
.

220無名モデル2018/03/06(火) 15:20:19.18ID:???
.

221無名モデル2018/03/06(火) 15:20:34.34ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

222無名モデル2018/03/06(火) 15:20:49.72ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

223無名モデル2018/03/06(火) 15:21:04.98ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

224無名モデル2018/03/06(火) 15:21:20.30ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

225無名モデル2018/03/06(火) 15:21:35.61ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

226無名モデル2018/03/06(火) 15:22:33.75ID:???
.

227無名モデル2018/03/06(火) 15:22:49.03ID:???
.

228無名モデル2018/03/06(火) 15:23:04.38ID:???
.

229無名モデル2018/03/06(火) 15:23:19.63ID:???
.

230無名モデル2018/03/06(火) 15:23:34.84ID:???
.

231無名モデル2018/03/06(火) 15:23:50.22ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

232無名モデル2018/03/06(火) 15:24:05.47ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

233無名モデル2018/03/06(火) 15:24:20.78ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

234無名モデル2018/03/06(火) 15:24:38.10ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

235無名モデル2018/03/06(火) 15:24:53.41ID:???
.

236無名モデル2018/03/06(火) 15:25:08.65ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

237無名モデル2018/03/06(火) 15:25:24.59ID:???
.

238無名モデル2018/03/06(火) 15:25:39.39ID:???
.

239無名モデル2018/03/06(火) 15:25:54.64ID:???
.

240無名モデル2018/03/06(火) 15:26:09.97ID:???
.

241無名モデル2018/03/06(火) 15:26:25.42ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

242無名モデル2018/03/06(火) 15:26:42.94ID:???
.

243無名モデル2018/03/06(火) 15:27:03.93ID:???
マーリンズからFAとなっていたイチローが、古巣マリナーズとメジャー契約で合意間近であることが5日(日本時間6日未明)、分かった。
12年7月にマリナーズからヤンキースへ移籍して以来、6シーズンぶりの復帰となる。
日米通算4358安打、メジャー通算3080安打を記録し、引退後に日米で殿堂入りすることが確実なレジェンドがメジャー18年目、プロ27年目のシーズンを踏み出す。
01年に90年ぶりのメジャー新人最多記録となるシーズン242安打、04年にジョージ・シスラーを超える年間最多記録の262安打。
数々の伝説を刻んだシアトルに、イチローが帰ってくる。開幕まで1カ月を切り、今季の所属先に決まったのはマリナーズだった。
イチローは昨季終了後、デレク・ジーター新CEOの下でチームを再建するマーリンズから契約を更新されず。
自身は44歳でオファーを待つ状況を「ペットショップで売れ残った大きな犬みたいな状態」と表現。
1月16日、大リーグ公式サイトがジョン・ボッグス代理人に取材した記事を掲載した際には、交渉が思うように進んでいない状況をボッグス氏が明かしていた。
昨年12月の「イチロー杯」表彰式に出席した際、子どもから日本球界の復帰を問われると
「可能性っていろんなことに使えるから。ゼロじゃない限りは可能性はあるけど…ややこしいなあ」と苦笑い交じりに話した。
日本球界復帰を選択した場合には、古巣オリックスの長村球団本部長が「日本でやるなら“うちでやってくれたら”ということは前々から伝えている」と獲得に乗り出す方針を表明。
地元・愛知の中日もラブコールを送っていた。しかし、イチロー自身の心はぶれなかった。
周囲には「3年前以上の覚悟を持って待つ」と、1月下旬にマーリンズとの契約が決まった15年よりも長期戦になることを覚悟。
メジャーでの現役続行へ決意を固め、神戸市内を中心に黙々とトレーニングに励んでいた。
このオフのメジャーのFA市場が歴史的なスローペースで進み、いまだに通算331本塁打の37歳バティスタ(ブルージェイズからFA)、
16年球宴選出の32歳ゴンザレス(ロッキーズからFA)らの大物の所属先も決まっていない中で、イチローの去就が決着した。
巨人を自由契約となった村田修一が、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団することが4日、分かった。5日にも正式発表される。
日本野球機構(NPB)の球団からのオファーを待ったが、進展はなく「続けるなら独立リーグで選択できれば」とプレーする場を模索していた。
メジャーの春季キャンプの招待選手としての打診や複数の独立リーグ球団からのオファーの中から新天地を決断。7月末までのNPB復帰を目指してプレーする。
男は諦めない。NPB復帰を目指す村田が、新天地としてBCリーグの栃木を選んだ。この日までに球団サイドと水面下で交渉を重ね合意に達した。
NPB球団からのオファーを待ちながら過ごした今オフは厚木市内や地元福岡市内などで自主トレを行ってきた。
今オフ中の引退を完全に否定した上で「家族もあるし、父親、大黒柱として、しっかりとした選択をして前に進みたい」と話していた。
プロ入りから15年間で1865安打、360本塁打を放ち、第一線で活躍してきた。
07年から2年連続でセ・リーグ本塁打王も獲得し、球界を代表するスラッガーまで上り詰めた。
実績は十分も現時点でNPB球団からのオファーは届かなかった。
「プレーする場所がないというのは想像しなかった。でも、これが現実なので」と村田本人も予想外だった自由契約を通達されてから、苦しい4カ月を過ごしてきた。
踏ん切りがつくまでやって、なければ辞める。今季プレーする場を確保することを最優先とし、独立リーグからNPB復帰プランへと切り替えた。
複数オファーの中から、NPB球団からオファーが来れば退団できること、NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること、
家族も理解を示してくれる球団であること、地域貢献ができること、の4点を最重視し、球団の選定を進めた。
栃木は独立リーグのルートインBCリーグ東地区に所属。昨季の前期は5チーム中最下位、後期は4位だった。
成績は低迷したが、地元での人気は高く、観客動員は西地区も含めた10チーム中2位を誇った。
絵美夫人の実家が栃木県という縁もある。今季から元ヤクルト飯原もコーチ兼任で新加入する。4つの要素を満たしているチームだ。
9日にも入団会見が行われる予定で、10日から栃木・小山市でキャンプイン。
自身初の独立リーグでのプレーに「やるからにはチームが勝つためにやる。
目の前の勝負の先にNPBというのも見えてくると思っている」と男らしく、チームのために戦う姿勢を強調した。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています