札幌で一人暮らし 【236】 ハゲヂヂイゎ苦手☆

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1774号室の住人さん 2018/04/23(月) 10:45:27.79
>>980を取った人は次スレを立てて下さい
立てられなかった場合はスレにて報告してください

本文一行目(ID非表示)
!extend:none:none:1000:512

前スレ

http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/homealone/1522545737/
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

600774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:28:15.29
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#6b0

601774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:28:20.11
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#601

602774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:28:35.32
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
602

603774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:28:40.58
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#603

604774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:28:55.92
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
604

605774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:01.03
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#605

606774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:16.30
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
606

607774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:21.21
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#607

608774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:36.74
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
608

609774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:41.15
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#609

610774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:29:56.63
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#610

611774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:30:01.79
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#6b1

612774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:30:17.20
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
612

613774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:30:21.78
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#613

614774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:30:37.12
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
614

615774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:31:01.62
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
615

616774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:31:24.35
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
616

617774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:31:29.19
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#617

618774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:31:44.52
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
618

619774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:31:49.50
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#619

620774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:04.71
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#620

621774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:09.42
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#621

622774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:34.06
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
6b2

623774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:39.10
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#623

624774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:54.31
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
624

625774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:32:59.04
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#625

626774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:14.32
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
626

627774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:19.07
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#627

628774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:34.35
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
628

629774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:38.99
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#629

630774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:54.22
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#630

631774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:33:59.28
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#631

632774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:34:14.58
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
632

633774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:34:20.24
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#6b3

634774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:34:35.61
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
634

635774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:34:40.62
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#635

636774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:34:56.00
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
636

637774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:35:01.16
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#637

638774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:35:16.45
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
638

639774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:35:21.71
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#639

640774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:35:37.14
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#640

641774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:01.89
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
641

642774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:06.90
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#642

643774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:22.36
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
643

644774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:30.99
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#6b4

645774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:46.00
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
645

646774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:36:51.07
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#646

647774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:37:06.12
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
647

648774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:37:11.26
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#648

649774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:37:26.98
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#649

650774号室の住人さん2018/11/13(火) 14:37:32.12
中日・松坂大輔投手(38)の背番号が今季の「99」から「18」に来季から変更されることが11日、分かった。
今季まで18をつけた鈴木翔太投手(23)がこの日の契約更改交渉で、背番号変更の通達を受けた。
松坂が西武時代からつけてきた愛着ある背番号で、プロ21年目のシーズンに向かう。
西武に始まり、レッドソックス、ソフトバンク、侍ジャパンでも背負ってきた背番号18について、松坂は
「これまでメッツやインディアンスで違う番号もつけたことがありますが、18は自分の番号だと思うほど体の一部となっている」と口にしてきた。
その愛着ある背番号を2年ぶりにつけることが決まった。
入団テストを経て中日入りした今季は、球団から背番号20を打診されたが固辞。
故・星野仙一氏もつけた中日のエースナンバーは「移籍した僕がつけるべきではないと思った」と話し、代わりに足すと18になる「99」を背負った。
球団はこの日の契約更改交渉で、今季まで18をつけた鈴木翔に背番号変更を通達した。
松坂はソフトバンクに在籍した昨年まで悩まされてきた右肩の不調から今季復活し、
★11試合に先発し6勝4敗、防御率3・74の成績を収めた。
ただ「今年の成績に満足はしていない」とし、今月2日に与田新監督にあいさつした際には
「変に気を使わせることがないようにできるのが一番。(来季は)今年の倍は投げられるように一からトレーニングして来年に臨めたら」と強い覚悟を口にした。
今月下旬に米国に戻るが、レギュラーシーズン終了後も合間を縫ってトレーニングを継続。
9日の日米野球第1戦でテレビのゲスト解説を務めた際には「刺激をもらいました。しっかり準備をして来季を迎えたい」とし、
日本代表についても「代表に選ばれる選手でありたいという思いは常に持っている」と話すなど、来季へ心身ともにスタートを切っている。
来年1月上旬からは米国内で本格的なトレーニングを開始する予定。2月の春季キャンプで、しっかりと動ける体づくりを行う。
「僕は復活という言葉が好きではない。今年より来年、さらにその先と新しい自分をつくっていけたらいい」
今年は杉内(巨人)、村田(栃木)、後藤(DeNA)ら同世代が現役を引退した。
世代の代表として、今後も腕を振り続ける覚悟を示すには、背番号18が一番似合う。
阪神は金本知憲前監督(50)が今季まで背負っていた背番号6を来季は空き番号とすることが分かった。
球団幹部が「ふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針」と明かした。
金本前監督を筆頭に偉大な先人たちが背負ってきた猛虎の「6」を一時凍結し、チームの大黒柱と呼べる選手が育った暁に託す構えだ。
今季まで3年間、金本前監督が背負ってきた阪神の背番号6の重みは、並大抵のものではない。
世界記録の1492試合連続フルイニング出場を筆頭に通算2539安打、通算476本塁打…。
数々の記録を打ち立て、球史にその名を刻みつけた鉄人が阪神で過ごした現役時代に10年間、監督としても3年間にわたって背負った代名詞だ。
その「6」も、今や空き番号となった。ただ、だからと言って、簡単に背負わせるものではない。
現在、球団は今秋ドラフトで指名した新入団予定選手の仮契約を進めており、背番号も内々には決まっているもよう。
だが現状、新入団予定選手に「6」を背負わせる考えはない。球団幹部は言葉に力を込めた。
「6番については、金本前監督を始め、偉大な先人たちが背負ってきた番号で、重みのある背番号だと考えています。
だから、その番号にふさわしい選手が出てくるまでは空き番号にする方針です」
今では金本前監督のイメージが強いが、歴代そうそうたる選手たちが背負ってきた番号だ。
初代「6」は「闘将」の異名を取った景浦将。その後も投手、野手として活躍し、野球殿堂入りも果たした田宮謙次郎、
通算320勝でこちらも野球殿堂入りの小山正明らが系譜をつないだ。
66年からは通算2064安打の藤田平が19年間にわたって背負い、それを元監督で現テクニカルアドバイザーの和田豊が17年間、守り続けた。
阪神では、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番となっているが、「6」はそれに匹敵する栄えある番号と言える。
球団は現時点で背番号6を、来季は空き番号とする方針を固めている。さらに来季以降も軽々しく与えるつもりは毛頭ない。
「6」を背負う条件はチームの大黒柱と呼べる選手だ。「阪神の顔」になれる選手にこそ、ふさわしい番号。
そんな選手が現れるまで、基本的には凍結する方針を固めている。理想は生え抜きのスターに――。
“準永久欠番”とも言える扱いにし、ふさわしい選手の出現を待つ構えだ。
#650

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています