人工視覚、VRにゲームに明晰夢に

1オーバーテクナナシー2018/06/04(月) 15:05:38.31ID:3Buxcda7
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO79151860R31C14A0X11000
糖尿病で目が悪くなり眼科の待ち合い室にいるんだが
ググってると見つけたニュースがコレ

寝てても雑用こなしてる夢みてる事が多く起きるとタダ働きして
損した感じの目覚め、夢だから賃金払われないし
どうせならハーレムで豪遊してる夢見たいわな
起きても夢だから請求書は来ないし

2オーバーテクナナシー2018/06/04(月) 15:42:21.44ID:3Buxcda7
五感没入型VR にするにはディスプレイじゃなく
脳に直接コンタクトしなけりゃできないよね
ディスプレイも解像度高くなってるけど
目を使う代物は結局、目が悪くなりゃ楽しめない

神経と電子接続を研究続けて欲しい
iPS人工網膜も重篤な副作用だとか、、

元々視覚は進化の過程で海底の線虫を祖先が取り込んだもんだよな
光を電気信号に替えるOE変換、これはCCD カメラを取り込もう

3オーバーテクナナシー2018/06/05(火) 12:39:46.03ID:PYAgrDmz
5感VRはバイオテクノロジーになるんじゃないかな

4オーバーテクナナシー2018/06/05(火) 13:52:51.80ID:HyF57aXh
【開戦空振り、XDay″】 トランプが米朝戦争、回避したので、九条改憲も、説得力を失った m9(^Д^)
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1528170899/l50

5オーバーテクナナシー2018/06/05(火) 23:19:17.65ID:eFKsA8pZ
>>3
どのみちバイオだけのテクノロジーとして電子接続不可能なら
エロビデオもエロゲも脳にダイレクトに送れない

今のところ読み取りは出来てるんだよな
こないだ死んだホーキングなんかは脳波タイピングで本を出しとるし
読み込みの次は書き込みだな、脳にエロコンテンツを届けてアヘアヘ環境
を構築しなけりゃならない、人類の悲願なんだよ!

6オーバーテクナナシー2018/06/10(日) 10:08:20.62ID:AbXsvPz2
【大地震なら、W人工″】 プーチンは知っていた <46分> は、核の起爆時刻、電子制御だから、正確
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1528509829/l50

7宇野壽倫(青戸6-23-21ハイツニュー青戸202号室)の告発2018/06/10(日) 20:57:32.28ID:Rms1puNj
宇野壽倫(葛飾区青戸6)の告発
宇野壽倫「文句があったらいつでも俺にサリンをかけに来やがれっ!! そんな野郎は俺様がぶちのめしてやるぜっ!!
賞金をやるからいつでもかかって来いっ!! 待ってるぜっ!!」 (挑戦状)

■ 地下鉄サリン事件

     オウム真理教は当時「サリン」を作ることはできなかった。
     正確に言えば 「作る設備」を持っていなかった。
     神区一色村の設備で作れば 全員死んでいる。「ガラクタな設備」である。
     神区一色の設備を捜査したのが「警視庁」であるが さっさと「解体撤去」している。
     サリンは天皇権力から与えられた。
     正確に言えば オウム真理教に潜入した工作員が 「サリン」をオウムに与えた。
     オウム真理教には 多数の創価学会信者と公安警察が入り込んでいた。
     地下鉄サリン事件を起こせば オウムへの強制捜査が「遅れる」という策を授け「地下鉄サリン事件」を誘導したのは
     天皇公安警察と創価学会である。
     天皇は その体質上 大きな「事件」を欲している。
     オウム科学省のトップは 日本刀で殺された「村井」という人物だ。
     村井は「サリン」授受の経緯を知る人物なので 「日本刀」で殺された。

      http://d.hatena.ne.jp/kouhou999/20150224

8オーバーテクナナシー2018/06/14(木) 00:15:58.95ID:wnhbh9Nz
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171011
私のまわりはサイボーグ

人類は急速にサイボーグ化している?!チップやアンテナを身体に埋め込んで特殊な能力を手に入れる人々や、進化した義手・義足、医療用デバイスなど、驚きの技術を紹介する。

色覚異常があり、いつも頭に色を音で知らせるアンテナをつけているニール・ハビルソンが番組のプレゼンター。
サイボーグ化することで人体にない機能を追加したり、
失った機能を回復する技術は飛躍的に進んでいる。
脳に接続したデバイスを使って身体の部位が動かしたり、
会話ができるようになったりする医療はすでに現実だ。
「サイボーグ技術の倫理と規則」も検討されているEUの事例も紹介し、未来の社会を展望する。

原題
Cyborgs Among Us
制作
YUZU PRODUCTION / MEDIA3.14(フランス / スペイン 
2017年)

新着レスの表示
レスを投稿する