不老不死が実現した社会について [無断転載禁止]©2ch.net

1オーバーテクナナシー2016/04/06(水) 22:03:11.47ID:dzCf6qzM
ジャンルわからなかったからとりあえずここでスレたて。

すでに不老不死関連のスレがあるのは知ってるけど、
ここではそれを目指すのではなくて実現した後の社会について考えてみようと思う。
ここで言う不老不死とは、例えばマグマに落ちたりとか細胞レベルまで分解させても死なないみたいなんじゃなく、
外的な要因以外(寿命)では死なない、という定義づけにしておく。
もちろん何もなければ千年はおろか一億年、一兆年、一垓年でも生き続けられる。
不老不死の種類は主に、
1、サイボーグ等の外部装置でのエンハンス
2、臓器交換、遺伝子操作といった生物学的なアプローチによるもの
等に分けられると思う。(不死鳥の血飲んだ、的なのはちょっとおいといて)
そんな社会が実現した場合、人は如何にして生きるのだろうか。退屈なんかを凌いだりはできるのだろうか。
精神は安定させることができるのか。
そういうことについて議論していきたいと思う。

126オーバーテクナナシー2017/09/12(火) 23:35:53.41ID:xxXMfSix
>>125
細胞の活性が落ちるから。そういった働かなくなった機能を活性化させれば良いって言ってるの。

127オーバーテクナナシー2017/09/13(水) 03:50:55.22ID:BShW49rj
>>122
子孫を残したいよりも「育てたい、可愛がりたい」という欲があると思うんだよ
ペットやロボットでも代替できるが

128オーバーテクナナシー2017/09/13(水) 04:04:58.16ID:BShW49rj
>>123
それはカネ儲け主義者の方便だな、そういう事にしておけば永久に稼げる
技術的にはタダ同然で不老不死を得られるような段階が確実に来る
儲けたい奴らはそれをいかに隠しコントロールするかだがスノーデン
のような奴がキーテクノロジーを流出させて世界を変えてしまうかもしれない

マインドアップロードにしても最初こそ上流階級や選ばれた者だけの物だが
今のスマホなんか一昔前のスパコンよりも高性能なわけだから技術が成熟して
しまえばコストは限りなく低くなり肉体を普通に維持するよりも安価になる
肉体を持ちVRではない本物の食事をする事が上流階級の最高の贅沢となるかもしれない

129オーバーテクナナシー2017/09/13(水) 04:31:08.98ID:BShW49rj
>>124
人類が元々持っている機能や能力をどんなに活性化しようが寿命がせいぜい倍になるとかその程度だろう
遺伝子操作するならナノマシンやTウィスルのような物を体内で生成するように操作することになる

>>125
テロメアが減って細胞分裂しなくなっていくからだろう、だがテロメアが減らないようにしたら
バグった細胞も無限に増殖し続ける、それを修復排除する仕組みがないから癌を切ったり放射線を
当てて殺したりしている、それを体内で自動的に行う仕組みを後付するしかないと言っている

130オーバーテクナナシー2017/09/13(水) 21:22:20.02ID:91EcmE37
> 技術的にはタダ同然で不老不死を得られるような段階が確実に来る
来るだろうがそれには少なくとも数百年はかかると思う。
それまで生き延びる方策が必要だし、そういうスーパーテクノロジーさえタダ同然となる未来という状態を
ちょっと冷静に考えてみようか?あんたの「労働の価値」がどれだけ残ってるか。
殆どの仕事は機械化されその収益はその装置群所有者のものだ。
儲けは資本家のもの。
で、資本家のみ生き残るのかというと、今度は市場が失われれば資本は利益を生み出せなくなる。
結局勝ちの交換という意味で市場的にタダ同然出回ることはないんじゃないかな。

DVDや図書なんかも今は一度作成すれば「タダ同然」のコストで販売できる理屈だがそうはなってないよね。
割れ物は話が別だが。

> マインドアップロードにしても最初こそ上流階級や選ばれた者だけの物だが
そういう人々は通常の延命処置を最良の条件で受けられる地位にいるわけだから
新たな技術に自らの生命をぶつけるには相当消極的な・保守的な態度を取ると思うがね。
例外はそれなりにいるだろうが。

>>129
新たにデザインしたゲノムに基づく幹細胞とゆっくり交換していくようなアプローチになるのかな。
ときとともに全く異なった個体に変化していくことになるが。変化がゆっくりで自覚なく起きていくなら
それもありか。それがマイクロマシンでも全く別の生物になっていくことには変わりないだろうな。
不良なゲノムは排除するなり交換するなりしなけりゃならないわけだし。

131オーバーテクナナシー2017/09/14(木) 09:16:19.26ID:lFmH18Gs
人工問題にはならないと思う。
恐らく、完全な避妊薬の登場の方がはやい。

132オーバーテクナナシー2017/09/17(日) 11:34:44.96ID:M0YAiJge
不老不死が実現した場合の人口問題
A:増える場合
 死なないので増えていく
  子作り制限みたいなのできる?
B:減る場合
 子孫を残す意味がないので増えないが、自殺者が多く減っていく
  親の居ない子供、人口出産?みたいなので対応?

さてどっちに転ぶか

133オーバーテクナナシー2017/09/17(日) 11:47:16.40ID:t8LBioEP
なんでそう人類縮小整理計画みたいになるの?
絶対つまらんでしょうが。
人類の宇宙展開を構想すれば資源問題なんぞ
無いも同然だし、
優秀な生物としての人間はそうせずにはいられないはず。〇(・_・)

134オーバーテクナナシー2017/09/17(日) 15:31:21.10ID:oEx+98Np
>>133

世界人口の推移を検索して見たら?

近年の世界人口の増加が異常だと、よ〜〜く、わかるヨ。

135オーバーテクナナシー2017/09/17(日) 16:12:00.09ID:yk3ai9vK
>>134
まさに、産めよ、増えよ、宇宙に満てよ、でしょ?

136オーバーテクナナシー2017/10/25(水) 06:03:02.20ID:JlVeVt/w
人が不老不死に出来るなら当然ペットも不老不死にするだろう
愛するペットと寿命でお別れする事なくずっと一緒にいられる
ペットが不慮の事故などで亡くなっても記憶のバックアップとクローン技術で復活できる
黎明期にビジネスとして美味しいのは所詮は動物なので言葉が話せたりするわけではなく
不完全な技術で概ねそれっぽい程度の記憶移植でも多くのユーザーが納得してしまうところだ

人が不老不死になったら精神や知識は日々成長していってしまうが例えば犬は何百年生きようが
恐らく犬のままであり子供のように手がかかり続けるため子供の代わりとしては最適だろう

だが、より人間の子供に近い存在を世話したいという欲求から獣人のようなペットが
生み出され、どこまで人化させるかというチキンレースが始まるかもしれない
当然のように裏では性的な対象にされるだろう

137オーバーテクナナシー2017/10/25(水) 11:18:39.43ID:SwDet6tf
不老不死が実現して全ての女性が毎年1人づつ子供を産んでいって100万年ぐらい経ったら人口が増えすぎて他の惑星に移住しないと居住地が足らなくなるね。

138オーバーテクナナシー2017/10/25(水) 13:56:59.86ID:C/Q42g+C
老化をコントロール可能な未来が来たとして私たちは寿命を延ばすべきなのか?
https://gigazine.net/news/20171024-end-aging-forever/

139オーバーテクナナシー2017/10/25(水) 14:04:42.49ID:AaAgKKfZ
100万年もかからんだろうけど明らかに生活にも育児にもとてつもないコストが掛かる
世になるだろうからそこまで産める女性はほとんど出ないだろうね。

140オーバーテクナナシー2017/10/28(土) 03:48:55.15ID:OpmkMVLo
不老不死が実現するのは電脳化が民間に降りてくる2080年。お前らは大人しく火葬されとけ。

141オーバーテクナナシー2017/11/01(水) 22:50:56.43ID:7jER6LB1
2050年に人間の人格を丸ごとコンピュータにコピーできる。
俺は大真面目で不老不死が実現すると考えている。
但し莫大なコストが掛かるため恩恵に授かれるのは金持ちだけ。
貧乏人は脳みその電脳化が民間に降りてくる2070〜2080年まで待て。
それまでに寿命で死ぬなら大人しく火葬されとけ。
どうせアルコー延命財団に人体冷凍保存する金ないんでしょ?

142オーバーテクナナシー2017/11/01(水) 23:34:36.21ID:zfiY2U3t
>>141
人体のハードウェアのメンテ技術が完璧になれば
電脳化しないんじゃないだろうか。
バックアップは必要だろうけど。

143加津庸介2017/11/03(金) 01:21:55.43ID:Y4uMycjj
>>141
アルコー延命財団でググったらグロ画像が出てきたじゃねーか。
お前のせいだぞ責任取れ。

144オーバーテクナナシー2017/11/03(金) 16:44:33.97ID:x/AupROm
>>141
何で電脳化でしか不老不死に成れないと思うの?技術的課題を考えて、むしろ生体での不老不死の方がまだ実現可能性があると思うよ俺は。

145オーバーテクナナシー2017/11/09(木) 13:31:23.77ID:C1K6Wn7Z
>>144
生体の方が無理だろ。心臓が止まったら死ぬだろ。脳の血管が切れたら死ぬだろ。
サイボーグになるしか不老不死にはなれない。

146オーバーテクナナシー2017/11/10(金) 20:01:26.50ID:1MXYcyns
2050年に人間の人格を丸ごとコンピュータにコピーできる。
俺は大真面目で不老不死が実現すると考えている。
但し莫大なコストが掛かるため恩恵に授かれるのは金持ちだけ。
貧乏人は脳みその電脳化が民間に降りてくる2070年まで待て。
それまでに寿命で死ぬなら大人しく火葬されとけ。

147オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 09:14:44.80ID:HgKctcA1
>>146
誰を不老不死にするかも
AIが決める様な気がするのですが?
そうしないと、資本主義も崩壊しますね。

148オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 09:16:55.85ID:HgKctcA1
>>145
不老不死の前に不老長寿だろね

149オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 09:19:16.49ID:HgKctcA1
さして優秀でもなく
特殊でもない自分を不老不死にする意味があるの?
満足するだけ不老長寿を楽しんだら
静かに無に帰りたいな!

150オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 09:45:00.03ID:HgKctcA1
プロセス
1 老化を遅らせる←今此処
2 老化を止める
3 若返らせる

AIは時間をかけて選別するだろうと想う
お金の亡者を最初に選ぶとは思えない
誰を選び、誰を切り捨てるか?

151オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 09:51:16.33ID:I98qqmMK
>>149
どのくらい長寿だったら満足するのかやってみないとわからない。
ってことはとりあえず不老長寿が必要。
必要な事があれば資本主義はついてくると思う。

152オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 11:18:28.39ID:HgKctcA1
>>151
どの位生きたら満足なのかは
私も解りませんが
少しは味わって見たいですね
取り敢えず
其れを目指し
今出来る健康法は
腹七分目
ストレッチ
メトホルミン

153オーバーテクナナシー2017/11/12(日) 11:52:58.95ID:HgKctcA1
禁酒禁煙

154オーバーテクナナシー2017/11/13(月) 05:02:15.85ID:5h2uomwk
まず不老不死社会の大前提として個々が平等かつ対等で生きること自体が苦行にならないこと
階級や階層が存在する社会で不老不死なら奴隷は永久に奴隷をやらねばならないかもしれない
個々が自分らしく好きな事をひたすら探求できるような状態でなければ生き続ける意味がない

しかし資本主義に基づく限りにおいては確実に二極化のディストピアになるだろう
独裁的にコントロールする勢力が存在しない個々の自由意思の助け合いによる
並列的な協賛主義になっていくほかないように思う

それの鍵となるのはVRで、VR上では誰もが何でも無対価で得られるようになってしまえば
コンテンツ製作者も暮らしをより良くするために利用者から対価を得る必要がない
自分が欲しいから作る、それがたまたま他人も楽しませる、その相互作用でより良くなっていく

155オーバーテクナナシー2017/11/13(月) 05:46:29.23ID:F/VBdZOp
>>154
オープンソース化だね!
其れには先ずは
教育のオープンソース化が必要だね
AIによる、無料教育
出来るけど行わない

156オーバーテクナナシー2017/11/13(月) 05:47:16.05ID:F/VBdZOp
例えばクローン技術
法律では、人には使えない
しかし、使った人は居る筈
極秘でね!w
不老長寿技術も同じかも知れない
注意深く探した者にしか
解らない様にする可能性は大きい
選別の時間稼ぎをする可能性は大きい

157オーバーテクナナシー2017/12/24(日) 08:59:44.58ID:hjyZKgB0
参考までに、未来技術というか自分で簡単にPCで収入を得られる方法など
⇒ 『山中のムロロモノス』 というブログで見ることができるらしいです。

グーグル等で検索⇒『山中のムロロモノス』

5CIX9H1WEF

158オーバーテクナナシー2018/01/23(火) 11:58:11.39ID:LwBGuFxw
2050年に人間の人格を丸ごとコンピュータにコピーできる。
俺は大真面目で不老不死が実現すると考えている。
但し莫大なコストが掛かるため恩恵に授かれるのは金持ちだけ。
貧乏人は脳みその電脳化が民間に降りてくる2070年まで待て。
それまでに寿命で死ぬなら大人しく火葬されとけ。火葬されとけ。火葬されとけ。

159オーバーテクナナシー2018/01/26(金) 13:57:37.90ID:U3mrmfAn
地球の表面が人間の頭でブツブツになる

160オーバーテクナナシー2018/02/09(金) 14:06:43.59ID:rkYLsHfz
不老不死なら人口が増えすぎて大変だな
2100年に100億人として3100年には100兆人を越えてるだろうな
不老不死だから食事をしなくても死なないなら人口が増えても大丈夫だね

161オーバーテクナナシー2018/04/18(水) 18:37:43.06ID:NaeiWFBV
不老不死のことならラエリアン♪

162オーバーテクナナシー2018/04/21(土) 20:45:36.58ID:L00PDflE
子作り禁止

163オーバーテクナナシー2018/04/21(土) 20:46:35.91ID:Z301PgJ5
死なないんなら子供いらんだろ?

164オーバーテクナナシー2018/05/17(木) 12:28:01.60ID:6koctVbj
いろいろと役に立つPCさえあれば幸せ小金持ちになれるノウハウ
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグルで検索するといいかも『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

43ADF

165オーバーテクナナシー2018/07/23(月) 12:20:23.02ID:SRlyFLVO
不老不死が実現したら出産禁止にしないと拙いと思う

166オーバーテクナナシー2018/07/23(月) 14:36:12.22ID:NVKu1JSG
>>165
アラブ首長国連邦が火星に移住する計画を進めていて
資金力があるから実現すると思う。
スペースコロニーもできるだろうから出産禁止にするより
人類がどんどん宇宙に広がるように考えた方がいいのでは。
太陽のエネルギーや物質を利用できるようになれば
資源は何十億年も心配無いはず。

167オーバーテクナナシー2018/07/25(水) 10:13:03.75ID:WPOcXC9O
確か 今の交通状況では一生の間に死亡事故に遭う確率はそんなに高くはないけれど
不老になって1000年も生きるようになれば無視できない確率になっていくと聞いたけどな
まあ自動車は今後、自動運転技術などで事故率を減らしていくだろうけど
自動車以外の不慮の事故もあるからなあ

168オーバーテクナナシー2018/07/25(水) 12:40:54.09ID:P77atEbT
機械トラブルや交通事故が寿命の上限になっていくかもしれないな。
あと天災。大地震とか台風とか対処しきれない部分は残るんじゃないかな。

169オーバーテクナナシー2018/07/25(水) 13:15:43.53ID:3PM7AE6h
不老不死よりも肉体を交換できるようにした方がメリット高そう

170オーバーテクナナシー2018/07/26(木) 19:16:48.70ID:WZXkp9a1
不老不死になると家族という概念が崩壊しそうで怖い

171オーバーテクナナシー2018/07/26(木) 20:17:03.19ID:BSaJ9m2d
崩壊というより新しい概念に移行していく必要はあるのではないか?
どれほど整合性の高いカップルといえども永遠をともにするのは無理がないか?
親子関係にしても何百年も経過したならあるべき姿は異なるのではないか?
家族というのはほんの一時(それが百年2百年に及ぶかもしれないが)
生活をともにするグループであるというあり方になっていくのではないか?

172オーバーテクナナシー2018/07/27(金) 02:09:08.98ID:b1PADoly
一般化されるわけない

173オーバーテクナナシー2018/08/05(日) 21:50:59.66ID:L7kQJQFR
不老不死かぁ・・・
それ自体僕の中ではファンタジーな話だなぁ

174オーバーテクナナシー2018/08/05(日) 21:54:09.45ID:L7kQJQFR
でファンタジーな事だけど
もし不老不死さんに時の魔法をかけて胎児にまで若返らせたら
未来永劫、永遠に退治のままなのかな?

175オーバーテクナナシー2018/08/05(日) 21:54:45.90ID:L7kQJQFR
退治じゃなくて胎児

176オーバーテクナナシー2018/08/06(月) 00:50:26.85ID:mem3sTrs
不老不死を「肉体」の上で行うとするならその生理的な代謝により組織が劣化していくことを抑制する方向だろう。
そして劣化した組織は新しい組織に置き換えられていけるような細工も追加。(あらっぽいアセンブリ交換もありえる)
つまり生理的活動は妨害しない方向で技術開発されていくのではないか。
であれば胎児から幼児 小児 児童と成長していく作用には介入しないような方向性での技術開発になるのではないか?
であれば一定の年齢相当までは成長が続けられ(幹細胞の不死化、ほっとくと早期に失われる幹細胞の休眠化、保全
というような介入は行われるのかもしれないが)概ね現在の成人に近い形状まで成長するのではないか?
組織ごとに最適な成長レベルが異なるかもしれないので現在の成人そのままのフォルムではないかもしれない。
どこまで成長させるかという部分には介入が必要かもしれないが胎児期のまま固定というような方向で
技術開発が行われるとは考えられない。

考え方として如何か?
つまり胎児期にまで若返らせる必要があるとしてもそれは再成長して意識を持ち積極的な行動を行いうる
状況に戻すための技術として開発されるのではないか?ベニクラゲをモチーフに考えているのだと思うが。

新着レスの表示
レスを投稿する