EMCEMCEMCEMCEMCEMCEMCEMC 2 [無断転載禁止]©2ch.net

1ACT45L2017/09/30(土) 01:26:41.91ID:N/Zeviu2
字をみるのも嫌になる

・ローデ テクニカ LabViewで ボタン1発 自動測定。
・フェライトコア 祈る想いで もう1つ。
・銅テープ アルミテープに ガムテープ

語ってください

88774ワット発電中さん2017/11/23(木) 19:45:56.83ID:70YleTy/
おめでとう

89774ワット発電中さん2017/12/11(月) 13:57:17.40ID:5+HmGT9R
iNARTEの合否届き始めているみたいね。

90774ワット発電中さん2017/12/12(火) 00:45:10.20ID:do/2brUw
電話じゃなかったっけ。

91774ワット発電中さん2017/12/27(水) 13:15:34.97ID:22mySsTl
家で不労所得的に稼げる方法など
参考までに、
⇒ 『武藤のムロイエウレ』 というHPで見ることができるらしいです。

グーグル検索⇒『武藤のムロイエウレ』"

95MODT0RA4

92774ワット発電中さん2017/12/30(土) 03:34:48.12ID:qrigCvJE
基板間の同軸ケーブルを フェライトコアに巻けば、試験通る。
しかし基板間でコアをブラブラというわけにはいかない。
なので基板の上に置きたい。でも、基板用の同軸型のコモンチョークがないんですよね。

93774ワット発電中さん2017/12/30(土) 03:52:26.49ID:xErfBx7c
SI的に許せる範囲で波形を鈍らせるか
同軸ケーブルの片側のシールドを繋がないかC結合にしてみたら
そもそもそんなラインなら差動信号にしてツイストシールド使うべき

94774ワット発電中さん2017/12/30(土) 07:45:34.90ID:1u7t/k8t
バイファイラのチョークが使えると思うけどいろいろ検証しなおしになってしまうよね。
基板上に「コアを固定する」プラ部品をつけていったん引き出したケーブルのコアを縛り付けるという手段がある。

95774ワット発電中さん2017/12/30(土) 10:35:57.75ID:cm+CCd/+
基板間の同軸という言い方だと、同一ケース内で同軸渡しをしてるのかな

いずれにせよコアが効くということは外皮に電流が流れて
その影響が見えてるので、侵入経路を確認したい。

両基板のコネクタ直近でフレームに基板GNDを落としてるなら、
ケーブル長が長くて共振してる可能性を確認した方がいいな。
同軸外皮を何点かフレームに押し付けて治まれば嬉しい。

すくなくとも片方のGNDが浮いてるなら(芯線と外皮をペア線使いしてるなど)、
そっちの基板上にコモンモードチョークを入れてから同軸に繋ぐとか

96774ワット発電中さん2017/12/30(土) 12:51:16.56ID:qrigCvJE
同軸を通る信号が10nsとかのパルス波で、泣いたことがある。
電源の帰り道が同軸の外皮を伝って戻っていた。

97774ワット発電中さん2018/01/05(金) 11:35:38.28ID:zuVJ9tJu
教えてください。

コモンモードの対策に、電源線と筐体間にコンデンサを2つ入れたいです。
また、筐体と電源線との間に300V、2万回のサージ試験があります。
この場合、コンデンサの耐圧も300V以上を使う必要があるのでしょうか?
コンデンサがとても大きくなって困っています。

信号線のほうは さらに深刻で、コンデンサが大きくてとても入りません。

98774ワット発電中さん2018/01/05(金) 15:06:03.13ID:zQVXCFy1
>>97
300V耐圧のコンデンサ使っておけば問題起きた時は部品メーカーの所為にできる。
部品の定格を超えた実力で試験を通すのなら製品として自分のところで保証する必要がある。

前者なら楽だけど高コスト
後者で試験条件が製品のライフエンドまで想定されたものであれば基本的に大丈夫だろうけど
心配があるなら2万回を超えてor300Vを超えて限界を見極めたり、社内が納得するまで評価してみれば
コンデンサメーカーもサージ試験くらいしてるだろうし、保証はしないまでも頼めば単体での試験結果はくれると思う。
メーカーとのチャネルがあればだけど。

実際の製品状態では繋がってる色々な部品でサージが吸収されるから実際にコンデンサに掛かる電圧はもっと低いかもしれないので
オシロとかで見てみるのも一つの手

どんな製品かによって対応も変わるけど安全性が最重要視されるような製品であれば前者の方がいいかもね

99774ワット発電中さん2018/01/05(金) 15:21:45.52ID:H6ltpWZl
そんなに大きなC入れられるのか
漏洩の規定で対地容量を大きくできずに困った記憶が。
結局コモンモードチョークに頼ることになったなあ

100774ワット発電中さん2018/01/05(金) 20:10:35.17ID:jmLdLCKe
>筐体と電源線との間

そこは絶縁耐圧試験で1500V掛ける箇所じゃねえの?

101774ワット発電中さん2018/01/06(土) 17:57:23.22ID:vbliPogh
そうすると1500V耐圧のコンデンサを使用のこと、って感じかな

102774ワット発電中さん2018/01/08(月) 23:27:10.99ID:48SUcnUq
コンセントプラグの残留電圧試験もあるから
Cは大きくできないんだよな。

103774ワット発電中さん2018/01/31(水) 02:10:48.93ID:4l/YBWZV
泣いてます。

104774ワット発電中さん2018/01/31(水) 06:59:56.65ID:ak+9L3VU
>>97
すでに検討ずみならすみません。

電源に入れるコンデンサは、安全規格を通ったものを使います。
この種のコンデンサは耐サージも考慮されてます。
http://www.kyocera.co.jp/prdct/electro/product/capacitor/ceramic/mlcc-handling/safety-standard/contents01.html

105774ワット発電中さん2018/01/31(水) 07:00:25.61ID:ak+9L3VU
って、ずいぶん亀レスだったw

106774ワット発電中さん2018/02/26(月) 13:42:52.82ID:+HLnAJxP
質問です

差動信号電線にコモンモードノイズが乗ったら、端部でコモンモードチョークを入れると効果があります。
でもそれは「乗った物を除去」しているので、初めから乗らないようにすれば良いと思うのですが、
どのようにすれば防止できるでしょうか?

・ツイストかける (普通差動信号だからツイストかかってる)
・ツイストをさらにシールドする (シールド網シールド箔にコモンモードが乗りそう)
・二重シールドにする
・3重シールドにする
・4重シールドにする  (誰か止めてください)

107774ワット発電中さん2018/02/26(月) 14:50:16.32ID:GRKZITvw
>>106
端部というのはTX側のコネクタ近くという理解でいいのかな

配線が不等長、電源GNDがノイジーだとか
信号のスイッチング特性が揃ってないとか
信号配線の近くにノイズ源があるとか

108774ワット発電中さん2018/02/26(月) 16:07:39.36ID:g7UzOfo3
>>106
ツイスト+シールドでいいんじゃ?

> (シールド網シールド箔にコモンモードが乗りそう)
乗ったものを安定なとこにつなげて吸収させるのが目的じゃないの?

109774ワット発電中さん2018/02/26(月) 21:09:18.88ID:ZC+GCVvm
うんまんボルトのコモンモードノイズが入ってきても、機器全体が同じ電圧で上下する分には
ノイズとして認識できないよ。

110774ワット発電中さん2018/03/01(木) 14:13:20.71ID:24rJGZWW
前も話に出ていましたが、
同軸用のコモンモードチョークってないですよね? 基板上でハンダ付けできるタイプ。
同軸に何か入れるのは御法度でしょうか

111774ワット発電中さん2018/03/01(木) 19:48:54.70ID:SA5ZEIgE
>>110
フェライトコア
はんだ付けはできないけど

112774ワット発電中さん2018/03/01(木) 19:56:17.03ID:DKA3p4Gh
回路次第だけどご法度ってことはないかな
そもそも非平衡のラインに入れて効くかどうかはわからんが

その前に同軸のシールドをGND直結でなくC結合にしたりを試すけど

フェライトコア入れるならビーズコアを数珠のように入れるのがいいな

113774ワット発電中さん2018/03/02(金) 17:57:40.18ID:j+Dwx4b6
>>112
そうなんですよ、数珠つなぎのコアで、良い感じなんです。
だったら基板上に顧問モードコイル置けばいいじゃん、って。

114774ワット発電中さん2018/03/02(金) 20:33:13.08ID:maB3O4Iq
横からすまん >>113 読んで一気にわからなくなったんだけど
1) 同軸の芯導体と被覆導体を一緒にコアに通す (コモンモード)
2) 芯導体だけをコアに通す (コモンモードにあらず)
3) 被覆導体だけをコアに通す (コモンモードにあらず)
(あるいは2,3の組み合わせ?)
どれの話をしてるの?良い感じ、とは何で見てるの?

115774ワット発電中さん2018/03/02(金) 20:44:15.38ID:JFuI7Wz3
1でしょ

116774ワット発電中さん2018/03/02(金) 20:48:17.02ID:rEn9x0vT
数珠の造りを見たら分かるやろ。

1171142018/03/02(金) 22:05:55.09ID:maB3O4Iq
1のはなしでokなら…
ttps://www.minicircuits.com/app/AN20-002.pdf
のconfiguration G/H/Jか
自作の同軸コモンチョークを基板に固定するか
(たしか山村英穂 isbn4789830675 に例が)

118774ワット発電中さん2018/03/04(日) 05:43:44.77ID:VAihGLUA
いつも思うんですが、バランとかDBMって、50Ωで整合が取れるのでしょうか?
思いっきり反射が帰ってくるように思うんですが。

119774ワット発電中さん2018/03/08(木) 13:10:49.53ID:nE5TzlV7
やっぱり反射波出ると思うけどね。
同軸で来たものが、直接平衡ものに接続されるから

120774ワット発電中さん2018/03/09(金) 01:47:40.11ID:L2A80sen
純抵抗50Ωが 平衡なのか不平衡なのか?定義できるんかな?

121774ワット発電中さん2018/03/09(金) 03:11:03.85ID:wA2tlSPl
純抵抗なら、オーケーでしょう。
DBMの内部がれとても純抵抗には見えないからね

122774ワット発電中さん2018/03/09(金) 03:11:57.98ID:ml/s9SS0
平衡二線路と同軸を繋いで、反射も外皮への漏洩も無いように調整するだけのこと。
完全無反射にはならないとか、完全に漏洩をゼロには出来ないとか、周波数が限られるとか、当たり前の事を言ってるだけなのかな。

それがどの程度かはつまりバランの性能を言ってる訳で

123774ワット発電中さん2018/04/28(土) 05:15:57.81ID:6TqoXEJs
終端抵抗がズレていると反射が起き、行きと帰りの周波数が同じだと、
線路の中で山と谷ができます。
しかし、
線路中で山が移動してしまう場合と、一定の位置に止まって見える場合があると思います。

質問ですが、定在波というのは、後者の止まっている場合を言うのでしょうか?
それともどちらでも言うのでしょうか?
定在ということからすると、後者のような気がするのですが。

124774ワット発電中さん2018/04/28(土) 08:11:27.14ID:bzO49v+n
>>123
終端抵抗へ向かう進行波とそこから返ってくる反射波の合成が定在波じゃないのか?

125774ワット発電中さん2018/04/28(土) 13:55:21.03ID:Mq0+A8cp
時間的に振幅の山谷が移動するってことは、行き帰りで周波数が違ってることになるから
それはあり得ないだろ。

126774ワット発電中さん2018/04/28(土) 15:44:31.75ID:Y6RfzNA6
単一周波数で高周波伝送線路の話だね。
定在波の原義云々は置いておいて、我々がとりあつかう定在波はどちらでも。

大元の話を理解するために、伝送線路上に進行波と反射波が振幅0〜1でそれぞれ存在するとして、
完全整合していたら進行1反射0の理想的な進行波、完全反射したら進行1反射1となる。
完全反射すると、後ろから次々と押し寄せる進行波と、不連続部で反射する反射波が重なりあって固定の位置で山と谷を形成する定在波を生じる。

123はこれだけが定在波と言いたいのだろう。
ところで完全整合でも完全反射でも無い場合(例えばほぼ整合)の場合は、進行波が脈動しながら進んでいくように見える。
いわば進行波と定在波が混在しているような状態で、「電圧定在波比」と呼んで、これで性能を云々する。

これを見たことあるかな?
http://www.takuichi.net/hobby/edu/em/standing/onedim_eh/index-j.html

127774ワット発電中さん2018/04/28(土) 16:31:50.46ID:Mq0+A8cp
>>126
その点線のとこ見るんじゃないの?
X軸(position)に対して固定して山谷できてるだろ。

128774ワット発電中さん2018/04/28(土) 20:35:46.86ID:lDdwXlgf
SWRのはなしなら適当な解説が山ほどある、だよな

129774ワット発電中さん2018/05/08(火) 22:41:42.97ID:GneodRor
最初は理屈で対策したけど、最近はとにかくコア、フィルタ、シールドで
脊髄反射みたいな仕事になっている。

130774ワット発電中さん2018/05/08(火) 23:49:17.30ID:xaPNoQhW
>>129
ていうか、気がついたら対策の殆どが、コモンモード対策だった。

131774ワット発電中さん2018/05/09(水) 16:02:37.61ID:Vu+bvUh4
FCC15Bで、REのGHz帯域を測定するときのアンテナ距離って3mじゃなくてもOK?
ターンテーブル外周からアンテナ距離が5mじゃないとSVSWRが入らないんだけど、ANSI C63.4を読むとSVSWRは3mで検証せよ的な事が書いてあるのよねー。
FCC15Bだけ見るとくらすBでも10m距離で測ってOKみたいな文言もあるし、、、、わかんないっす!

132774ワット発電中さん2018/05/09(水) 21:55:18.78ID:+lqjNlkQ
>>131
FCCのG帯は外周縁から3m固定だ
それにSVSWRがG帯のサイト校正だぞ?
ClassBの10m測定の方法はM帯の話でGには適用されないぞ

133774ワット発電中さん2018/05/09(水) 22:07:33.41ID:mNiC/pQa
FCCの代替方法はクラスAの話じゃなかったか

1341312018/05/10(木) 11:01:14.86ID:kEq6lET0
132さん
ANSI C 63.4の2009以前は最外周から3mという認識だけど、2014以降はGHz帯域の測定に関してはCISPR16のSVSWRで検証したサイトを使えというような文言になっています。
SVSWRはテストボリュームの外周からと言う話ではあるけど、CISPR32や22の場合はEUTシステムがテストボリュームより小さい場合、距離補正を測定データに加算する流れだと思うけど、FCC15BもCISPR32と同じ考え方だったと思うけど違いましたっけ?
BSMIはSVSWR使うくせにEUTからアンテナ距離間は3mですけどね。

133さん
https://www.ecfr.gov/cgi-bin/text-idx?SID=6cc83958e494f5a0558053d61ec9f497&mc=true&node=se47.1.15_1109&rgn=div8
上のサイトのg(2)を見る限りだと、1000MHzを超えたクラスB機器は10mで測定しても問題ないようなきがします。

135774ワット発電中さん2018/05/10(木) 23:45:26.26ID:/MWM88kJ
新入社員が先輩に宿題でも渡されたか?

1マイルのuVリミットを10mのdBuVに換算させるのが恒例の
課題だな。

GHz帯で10mはリミットラインがノイズレベルに埋もれるんじゃないか?

136774ワット発電中さん2018/05/11(金) 00:40:00.04ID:grjwmoMB
>>134
サイトの検証方法はCISPRで検証するけど実測定時の測定距離は外周円のままだったような
CISPR系の測定方法は距離補正するので合ってるけど

1G超の10m測定は22に規定がないから結局3mで測定するのでは?

22、32、FCCで測定方法結構違うけどそこは大丈夫なのか

137774ワット発電中さん2018/05/21(月) 09:39:27.09ID:+YPLsCwK
ユニークで個性的な確実稼げるガイダンス
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグルで検索するといいかも『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

BDK4O

138774ワット発電中さん2018/07/04(水) 00:12:15.35ID:G5Rx91hb
L5Z

新着レスの表示
レスを投稿する