エーテル場復活!? [無断転載禁止]©2ch.net

1ご冗談でしょう?名無しさん2016/12/21(水) 12:53:51.88ID:???
量子論を考える時に、エーテル場の存在は不可欠ではないか?
光はエーテル場を伝播する。そしてエーテル場の存在は決して観測
できないことが自分なりに証明できた。その証明は後で示したい。

エーテル場の存在が観測不能だとすると、エーテル場はどのような
慣性速度を持つ慣性系に対しても相対速度を持たない。静止状態。
だから全ての慣性系において光速度が一定となる。

またこのエーテル場に強い電磁波が作用すると、エーテル場に回転
方向の異なる2つの渦が発生する。その発生した渦に質量と位置と
相対速度の物理量が生じる。その2つの渦が物質と反物質として
観測される。

こんなストーリー(ポエム)は考えられないでしょうか?^^;;

57ご冗談でしょう?名無しさん2020/03/29(日) 14:18:05.94ID:1ih8+7M/
エーテルの存在は疑いようがありません。しかしながら地球上の実験室にあってはエーテル流によるいかなる影響(素粒子などへの)も観測されていないようです。エーテルはいまだに謎。

58ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/01(金) 09:48:23.65ID:ypA0wAM/
エーテルとはなにか、はおバカな問い。まずはエーテルに対しての地球の運動の時々刻々のベクトルを示すこと。アマチュアにもできることだろう。

59ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/05(火) 08:48:31.57ID:Cc75W7rG
3月の宿題で(1)のみ正解の数弱@shukudai_sujaku

昨年度の大学への数学(大数)での勝率は、

学コンBコースが 1/1 = 100% ,

宿題が 3/10 = 30% でした!

宿題の勝率が低すぎると思うので、

これからは一層精進していきたいです!

https://twitter.com/shukudai_sujaku
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

60ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/11(月) 12:58:31.88ID:AeZmW7aO
MM 実験はナンセンス

空気中では光速は c/n です。MM 実験の結果は当然。おバカ実験。もとよりエーテル否定は言えません。

61ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/11(月) 12:59:50.74ID:AeZmW7aO
MM 実験はナンセンス

空気中では光速は c/n です。MM 実験の結果は当然。おバカ実験。もとよりエーテル否定は言えません。

62ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/11(月) 19:17:58.96ID:???
キチガイの特徴は実験物理学者の実験事実さえも否定して自説を喚く。

空気中では光速がc/n (n屈折率)のことは物理学者のマイケルソンは百も承知。
光速が方向に依存しない実験事実だけなら、特殊相対性理論の証明でもない。
この実験事実は
MM実験以前から天体観測で遠方恒星からの光の光行差の事実を地球の公転運動で説明した
ガリレイ・ニュートンの相対運動と矛盾する。
ニュートン力学では光の光行差の事実とMM実験の事実を両立させて説明することができない。

それ以外にも互いに矛盾する実験事実が多数あるが、実験事実を否定するキチガイではなく
ニュートン力学を修正して実験事実間の矛盾を解決したのがアインシュタインの相対性理論。

63ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/12(火) 17:45:49.38ID:ksjkc1jY
地球の運動方向の斜め上の星はやや低く見えると。愚かな物理学者。エアリーの望遠鏡の実験結果は当然。地上で傘を傾けてるイラスト。なにも分かってない。

64ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/12(火) 18:13:42.22ID:ksjkc1jY
光行差とMM実験は無関係。MM 実験はおバカ。

65ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/12(火) 18:57:13.36ID:???
このチンピラみたいな相間は何がしたいのだろうか?

66ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/12(火) 22:46:44.97ID:???
>>62
>ニュートン力学では光の光行差の事実とMM実験の事実を両立させて説明することができない。
これが肝、恒星光行差の天体観測値は恒星と太陽系が静止してる座標系での地球の公
転速度vと他の実験による光速値cの計算とほぼ一致する。

>>63 >エアリーの望遠鏡の実験結果
キチガイのレスは意味不明だが
19世紀に望遠鏡のレンズ中などでは光速がc/nで光行差に影響すると予想されたが
水を満たした望遠鏡と同等な実験で光行差の値は変わらず!その物理説明が必要になった。

それ以前にフレネルはエーテル(光波の媒質)が恒星と太陽系に殆ど静止してると定し
物質が静止エーテルを一部引きずると解釈される「フレネルの随伴説」で観測値を説明した。
有名な式だが c' = c/n+(1-1/n^2)v から19世紀当時はエーテルが何故必要だったのかが判る。
マイケルソンとモーレーも実験で式を検証したが、後のMM実験とは別である。

以上から「フレネルの随伴説」はエーテルが恒星ー太陽系(慣性系)に静止してると
仮定することで上手く説明できることが(キチガイを除く)誰にでも解るだろう。
 MM実験は、静止したエーテル中を地球が公転運動(v)するフレネルの仮説を検証する為に計画された。
MM実験の内容を調べれば、vの1次式(フレネル)ではなくより微小なvの2次式の高精度な実験だが
現代の初心者は科学史を知らず、MM実験の結果だけ天下りにインプットされている。

補足、フレネルの随伴公式は特殊相対性理論から一次近似として導出される。

67ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 10:22:57.80ID:RCtXXvbo
水の張られた水槽を積んだ無蓋貨車が右方ヘ走行しています(月面上で)。右斜め上の
星から光波が水面ヘ入射しています。光の速度の変化は水面上部の僅かの領域で
完結します。Extinction と言われます。水の値は見つけることができていませんが
一気圧の空気では0.1ミリ、 ガラスでは0.0001ミリです。屈折、光行差も貨車の水面の
僅かの領域で完結します。現象としては。

68ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 10:57:54.53ID:???
>>67
で?

69ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 13:22:58.83ID:???
相間がよく使う手口は、自説に都合の悪い実験事実を否定するか歪曲する。
キチガイの断片的なレスからその論理を調べてみると
>>60
>空気中では光速は c/n です。MM 実験の結果は当然
>>63
>地球の運動方向の斜め上の星はやや低く見えると。愚かな物理学者。エアリーの望遠鏡実験結果は当然。
>光行差とMM実験は無関係。

断片スレから、キチガイはおそらく10年以上前から「エーテル不動の自説」?の相間と推論できる。
相対運動するどの観測者から観測してもエーテルは静止してる、媒質物質では物理的に有りえない。
という自己妄想なのが >>60 >MM 実験の結果は当然 から判る。
自説に都合の悪いのが光行差の実験結果だから、それを否定する新たな自己妄想が必要になる。

光行差の視差現象は光線だけでなく運動粒子や波動を、運動する観測者から見て起こる
普通の物理現象だが、キチガイの「エーテル不動の自説」には都合が悪い。
自説では(地球の)公転運動する観測者から見ても光線が入射する角度は変わらない
つまり光行差など無いことになる。
そこで、>>67 のような新たな珍説、地球大気か望遠鏡のレンズの効果?で角度が変化が起こる
と喚いているだけで、実験結果を否定する為だけの珍説だから運動速度vとの物理関係式が何も無い。

これが一般的な相間の手口だが、「くっくっく」のような5ch荒らしも同じ。

70ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 13:23:55.01ID:XnzCQ7hc
物理学掲示板群 ttp://x0000.net/forum.aspx?id=2

学術巨大掲示板群: アルファ・ラボ ttp://x0000.net
物理学 化学 数学 生物学 天文学 地理地学
IT 電子 工学 国語 方言 言語学 など

PS 連続と離散を統一した!
ttp://x0000.net/topic.aspx?id=3709-0

71ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 15:09:50.05ID:???
相間の拠り所は、ローレンツ変換が直感に反する、ってだけなんだろうけど、ガリレオ変換を絶対視する方が寧ろ理解不能。

僕は高校物理で、速度の合成が単なる加算、速度に上限は無いって学んだとき強烈な違和感感じたけどな、そんな単純でいいのか、て。

72ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 16:33:08.10ID:RCtXXvbo
 >>69

73ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 16:45:46.42ID:RCtXXvbo
>>69  われわれの見る星の光では星の運動の一切はキャンセルされています。射出数秒後に。
エーテルによって。エーテルは媒質です。従ってエーテル中を運動する地球にとって運動に
応じた光行差が生じます。大気上層部で。また加速、非加速の絶対的な相違はエーテルあって。

静水中でMM 実験をしたら。おバカの仕上げに。

74ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 17:00:40.67ID:RCtXXvbo
光行差

望遠鏡のレンズで?地上では起こらない。エアリーの水望遠鏡でも。宇宙空間では起こる。対物レンズの屈折率で数値は異なるが。

75ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 17:57:31.11ID:???
キーボードで日本語を入力するだけで脳のCPU使用率が100%になってそう

76ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/13(水) 20:10:39.37ID:???
>>74
日本語頑張れ

77ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 05:45:02.39ID:???
>>73 >>74
>光行差が生じます。大気上層部で >地上では起こらない。エアリーの水望遠鏡でも。
キチガイのネタはバカな誰かの英文か機械翻訳ぽいな
レスする気にもならんが、キチガイは「光行差」と「光の屈折率」の区別が付かないらしい
恒星からの光は大気上層部でわずかに「屈折」するだろがプロの天体観測では織り込み済み。

望遠鏡の前に屈折率の大きい水などを置けば、水の屈折で恒星の観測位置は大きく変わるが
(年周)光行差は不思議なことに変わらない。だから空気、水、レンズ、目玉の液体の屈折率まで
キチガイ妄想する必要はない。
これを説明するのがフレネルの随伴係数であり、マイケルソンとモーりーはそれを検証し
後に、その影響を織り込んだ上で空気中での精密なMM実験を行った。キチガイの出る幕はない。The End

一般人も光行差の図は見るが、観測方法も知らんらしいから
恒星の光行差の観測は位置の角度を一度測定しただけではできない、年周光行差のことである。
その観測値をニュートン力学の光行差の定義 a = v/c * sinθ に換算する。

78ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 07:44:37.27ID:bQPjz6oG
年周光行差(一巡365日の)は相対運動では説明不可能でしょう。無数の星が軌道運動(一巡365日の)をすることはありません。地球だけが動いています(エーテルに対して)。

星の光の伝播はエーテル系に従っています(光源の運動は無視される)。光の発出点はエーテルの座標上で固定されます。発出点はまた天球上で固定されます。

79ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 11:17:31.55ID:bQPjz6oG
惑星光行差はエーテルなくしての理解は不可能な最たる現象。

80ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 11:31:10.31ID:bQPjz6oG
ローマ法王庁はガリレオの主張に耳を傾けました。いまのブツリガクシャは物理学者ではないのでしょう。じゃなに?

81ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 11:48:20.82ID:???
>>78
キチガイはマトモな物理教育を受けてない
ニュートン力学、特殊相対性理論の運動方程式が適用できるのは慣性座標系だけなのも知らない。

物理教育を受けた学生ならば太陽系の惑星運動を求めるには全ての恒星ー太陽系全体が
静止してると仮定した慣性座標で運動問題を解き、公転・自転する地球上から観測した物体運動に換算する。
また、恒星は太陽系の大きさに比べ非常に遠方距離で静止し恒星からの光線は全て平行だと見なす。

つまり、19世紀末までの年周光行差の地上観測は全恒星ー太陽系全体に静止したエーテル(電磁波媒質)とニュートン力学を仮定して推論する。
正しい物理教育を受けた学生ならば、理想化した恒星光行差とMM実験の結果が矛盾することが解る。

82ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 12:10:10.60ID:???
>>81
年周光行差の地上観測は全恒星からの光線が全て平行だと近似しても十分正しい。

地球に最も近い恒星系ならば平行光線からの非常に小さいズレの相対角度、
「年周視差」が精密観測可能だが、学生は年周光行差と混同しなようにしよう。
さらに数十年−数百年間の精密観測を比較することで太陽系と恒星の相対運動が求まる。

83ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 12:50:35.89ID:bQPjz6oG
ブラッドレーはりゅう座の γ 星(エルタニン)によって年周光行差を見出しました。書物には楕円の
図が載っています。しかしながらこの楕円は永年光行差のために歪んでいるはずです(エルタニンに
限らず)。その歪み様によってエーテル流はベクトルとして明らかにできるでしょう。

物理学も天文学も相対論がめちゃくちゃに。分かってる人、分かってない人。

84ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 12:52:37.98ID:???
>>81
>理想化した恒星光行差とMM実験の結果が矛盾する
ローレンツとフィッツジェラルドはMM実験の結果を静止エーテル中を地球が公転運動すると
地球全体がエーテルの物理効果???で公転方向に縮小し、MM実験の目標であるエーテル地球の
相対運動をすべて打ち消す???という暫定的な仮説を提案した。

85ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/14(木) 13:23:26.32ID:???
>>83
キチガイは、実際のMM実験は補正(永年光行差)などを含んだ地球とエーテルの相対速度を観測する
目的の精密実験であることさえ知らない。

86ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/17(日) 17:26:02.62ID:???

87ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 12:09:13.01ID:CARprF4J
>>81 >理想化した恒星光行差とMM実験の結果が矛盾する

もう一度いう。矛盾しない。無関係の関係。MM 実験の結果は空気中での光速がc/nだから。おバカ実験。恒星光行差は大気上層で完結している。屈折と同じく(本の図解はおバカ図解)。

88ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 12:18:29.35ID:CARprF4J
対エーテルの光の速度は定速。光行差の値を見れば一目瞭然。つまり、エーテルがなければ光行差もない。

89ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 13:08:33.07ID:???
>>87-88
真空でのMM実験も毎日のように行われてるのに?
LIGOとか知らんか、この知障は。

90ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 13:36:08.67ID:???
宇宙観測で70%未知のダークエネルギーはネオ・エーテルのマクロ的な物理作用である。

91ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 13:56:29.55ID:???
素粒子論の自発的対称性の破れはマクロのネオ・エーテルの状態変化・相転移現象

92ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/28(木) 14:12:40.93ID:CARprF4J
>>89  だから光行差とMM実験は無関係。なお、真空中でのMM実験は射出説で完全無欠。

93ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/29(金) 07:56:53.14ID:???
>>92
気狂い、エーテルはどうすんだよ、馬鹿

94ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/29(金) 13:16:26.12ID:Qvl036KF
宇宙空間で鏡が星の光を反射しています。入射光はエーテルに対して定速、反射光は鏡に対して定速です。 

95ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/29(金) 15:27:37.34ID:Qvl036KF
惑星のスケールでMM実験したらおバカが予想してた結果がでたでしょう。

96ご冗談でしょう?名無しさん2020/05/30(土) 12:50:41.49ID:???
>>94-95
名前欄に「中山」って入れろや、知障

97ネオジム子爵2020/06/01(月) 16:29:24.76ID:BbwGwrgn
>>89 MM実験って宇宙ステーションとかでやったらどうなるのかな。
結果が知りたい。

98ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/01(月) 16:49:14.47ID:KxalSaSj
物理学掲示板群 ttp://x0000.net/forum.aspx?id=2

学術巨大掲示板群: アルファ・ラボ ttp://x0000.net
物理学 化学 数学 生物学 天文学 地理地学
IT 電子 工学 国語 方言 言語学 など

PS ペンローズの量子脳理論
ttp://x0000.net/topic.aspx?id=3702-0
連続と離散を統一した!
ttp://x0000.net/topic.aspx?id=3709-0

99ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/02(火) 07:26:37.05ID:???
>>97
L型ではなく三角形だが基線長500万kmの LISA が計画されている。NASA が撤退し、打ち上げは2034年に延期されたが、技術実証機のLISAパスファインダーは成功している。

100ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/02(火) 15:35:44.57ID:Mbshp1OB
>>99  ほう、情報ありがとう。5万キロなら射出説だろうが500万キロならエーテルの影響バッチリだろう。干渉縞の動きもバッチリ。ただし、対エーテルの地球の運動は公転運動だけではない。

101ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/02(火) 18:10:14.34ID:???
>>100
ばか

102ネオジム子爵2020/06/02(火) 22:03:24.47ID:1sxNohwM
>>99 おおー!楽しみだ。
そのころまではまだ生きてられそう。

103ひゃま2020/06/05(金) 02:38:25.20ID:Kttdyrm7
別にエーテルなんか復活しなくても真空は光だって言ってしまえばいい。
マクスウェルは波動説論者なので光の波は電磁波だといっただけ
粒子説なら、光子だし、
その両方の性質を持った量子は、光量子ね。
だから、電磁場とか重力場は光の場であって
今まで物理学で光が定義されてないだけで、
光の媒質はなんだ?とかおかしいね、光波の媒質は光なだけ

104ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/05(金) 10:56:11.37ID:???
またキチガイ涌くし

105ひゃま2020/06/06(土) 10:23:20.50ID:DNFyY296
つまり,真空を認めないギリシア的自然観にあっては,天体の世界にはアイテル(エーテル)が充満していると考えられた。https://kotobank.jp/word/エーテル-36876

の世界で、エーテルを光の媒質と考えたので、真空が光ならそもそもエーテルはいらないので、そのオブジェクトとしの波動、粒子、エネルギー量子と分けたら、意味が変わってくるね。

106ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/10(水) 14:57:19.15ID:???
>>105
近代物理学は西欧の自然哲学から分化した学問であって、ニュートンの時代はそうである。
悲し事だが東洋特に日本では古代から自然哲学と言う学問が育たず、近代西欧から輸入された
学問であるから現代でも一般日本人には自然哲学、物理学の思想は理解されず定着しない。
西欧の自然哲学の思想を理解できない日本人には「エーテル」が有るか無いかの2択でしかない。

古代ギリシャ時代の自然哲学者は、物体が運動するには「力」が必要であり
”離れた物体に直接力が働くことは無ない”と経験的事実から推論した。
例えば投げた物体がほぼ一定の速さなのは空気が後ろから押してると推論した
これは流体力学的にも間違いとではないが、空気は前からも同じ力で押している。

天体運動は天空のエーテルの力が働かなければならない、自然哲学的な結論になる。
ガリレイ・ニュートンによって慣性の法則が確立されたが、ニュートンの万有引力の法則は
遠隔作用的であり、”離れた物体に直接力が働くことは無ない”多くの自然哲学者から批判された。
ニュートン自身もエーテルによる引力説を考察したが断念した。(当時の数学では不可能)

宮崎アニメの世界が示す様に八百万の神々が自然現象を支配する日本人には自然哲学など
どうでもよい。

107ご冗談でしょう?名無しさん2020/06/11(木) 16:14:38.48ID:???
ラジオ、TV放送局の放送中の意味である ON AIR は on the air のことで
語源は on the ether で電波をエーテルに乗せる意味になる。
ロシアなどの東欧諸国では、on the ether の意味で普通に使われてる。

これは古代ギリシャ時代からの自然哲学の文化がヨーロッパに根付いてる証拠であり
明治維新で輸入した日本ではその様な意味で「エーテル」が日常使われることは全く無い。
特殊相対性論でエーテルが必要なくなった衝撃も、元から自然哲学が無い日本人に
とってどうでもよい。

新着レスの表示
レスを投稿する