X



ロケット総合スレ29

0001名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/03/13(水) 15:01:30.33ID:rFeSAA4N
国産から海外、過去、現在、未来、
ありとあらゆるロケットの総合スレです。
専用スレがある話題でも、他との比較や総合的な
話題など必要な場合は適宜こちらで。
(ロケットと直接関係の無いペイロード(衛星)
そのものの話は、人工衛星スレなどで)

過去スレ
ロケット総合スレ24
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1636070319/
ロケット総合スレ25
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1647518447/
ロケット総合スレ26
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1667878926/
ロケット総合スレ27
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1679706578/
ロケット総合スレ28
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1688250306/
0676名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 12:14:37.43ID:7YnGnaPt
スペースシャトルも40年も前に再利用だったわけで
再利用だから新しくて、使い捨てが時代遅れという見かたは合ってるかどうかまだ分からない
スターリンクをやる前のファルコン9の打ち上げの内容を見てみると、NASAや軍関係の官需が大半で
アリアン5のほうが商業打ち上げの比率は高かった
ソユーズの脱落と、各国の基幹ロケットの交代時期が重なって、確かにファルコン9に受注が集中したけど
数十機のスターリンクは自社の打ち上げなので、商業打ち上げNo.1の称号を得たかどうか、まだ微妙
0679名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 12:47:12.73ID:7YnGnaPt
>>678
ウソじゃないけどな、2010年代終わりごろまでアリアン5が商業打ち上げで1位だったのは事実
ファルコン9のその当時のペイロードの内訳を見ると、官需が非常に多い、
ぱっと見たら民間からの打ち上げのように見えるが、団体名を見たらあれもこれも政府や軍の組織だったり
0680名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 14:52:41.19ID:ijeGzief
>>677
「名作」ロケットに定義など無いが、
・ライバルよりも格安である
・十分な信頼性がある
・多様な重量/形状/目的軌道のペイロードに必要な能力が提供できる
・注文から打ち上げまでそれほど時間がかからない
・外交安全保障、その他の理不尽な理由で遅れたりキャンセルにならない
・何だかんだで様々な客から注文され、長年愛される
このあたりが必要じゃないかな
H3は将来それを目指しているってわけさ

液水だから名作となる資格はない、
なんて偏見は無用かと
燃料は単なる手段
0682名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 16:48:31.67ID:9UjjQTdj
>>680
3Dプリンタ製でないとだめだね
0683名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 16:56:27.42ID:RqZQp9oH
>>676
> 再利用だから新しくて、使い捨てが時代遅れという見かたは合ってるかどうかまだ分からない

お爺ちゃん、そこはもう5年ぐらい前に結論出たのよ。
確かにファルコン9の再使用が始まった当初は、スペースシャトルのように
再使用とはいえ割に合うか分からない、という言説が大手を振って
されていたけど、打ち上げが増えるにつれ、下段再使用は本当に
コスト削減と打ち上げ頻度向上でかなり有益である、となったの。

だから宇宙ベンチャーどころか、それまでは使い捨てでも低コストとか
ぐだぐだ言ってたオールドスペースも、次世代機は全て下段再使用で検討してるのよ。
0684名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:18:57.88ID:D5MJG+z5
>>681
小型ロケットはファルコン9のライドシェアが破格で市場を荒らし回っているので、
超レッドオーシャンと化している。
市場自体は増えているが、小型ロケットで打ち上げてくれるのは、
専用の軌道が必要な一部の衛星や探査機だけに限られてる。
なので、各社とも小型ロケットを開発しても、すぐに大型ロケットの開発に移行してる。
0685名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:40:17.04ID:Zv5tdMPS
>>669
「コンステレーションのフリート契約」では、打ち上げ回数にして何回分を想定しているのですか?
0686名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:51:42.94ID:ijeGzief
例えば10回分とかさ
アマゾンカイパーなんかは、前半の3200機の契約は、欧米3(+1)社のフリート契約で済んでるけど、
残り半分はまだで、どんどん上げないとスペースXに引き離される
OneWebにも食い込もうぜ(準極軌道だから種子島からはキツいけど)
0687名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:53:14.31ID:Zv5tdMPS
>>679
2018年以降の話をしようよ。この6年間での差は圧倒的ですよ。

en.wikipedia.org/wiki/Ariane_5#Launch_history

en.wikipedia.org/wiki/List_of_Falcon_9_and_Falcon_Heavy_launches_(2010%E2%80%932019)
en.wikipedia.org/wiki/List_of_Falcon_9_and_Falcon_Heavy_launches_(2020%E2%80%932022)
en.wikipedia.org/wiki/List_of_Falcon_9_and_Falcon_Heavy_launches
0688名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:53:16.44ID:ijeGzief
ざっと調べてみた

14年   6機  (商業衛星: 4 政府衛星:2)
15年   7機  (商業衛星: 3 政府衛星:4)
16年   8機  (商業衛星: 6 政府衛星:3)
17年  18機  (商業衛星:12 政府衛星:6)
18年  20+1機 (商業衛星:14 政府衛星:6)
19年  11+2機 (商業衛星: 6 政府衛星:5)
20年  26機  (商業衛星: 6 政府衛星:9)
21年  31機  (商業衛星: 8 政府衛星:8)
22年  60+1機 (商業衛星:21 政府衛星:8)
23年  91+5機 (商業衛星:23 政府衛星:11)

*外国政府から受注した打ち上げは商業衛星にカウント(各国のロケットと受注競争なので)
政府衛星は、NASA・米軍関連・国家偵察局など米政府が発注したもの
ペイロードの一部でも商業衛星が含まれていれば、商業衛星としてカウントする
「+◯機」はファルコンヘビー
0689名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 17:56:38.14ID:Zv5tdMPS
>>686
その10回分を打ち上げるのにH3は何年かかるのでしょう?年に2回として5年はかかるのじゃないでしょうか?
0690名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:02:45.63ID:ijeGzief
H2Aの50号機が飛んだら、
すぐにH2A用の整備棟と射点をH3用に改造すれば、
年間8~10機は行けるでしょ
半分が政府衛星として、残りは商業用へ

そしてフリート契約を取れたら、
大樹町HOSPOにも射場作っちゃえ!(将来のメタン機にも対応できるやつを)
それくらいのペースで動かないと、遅れを取ってしまうぞ
0691名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:11:43.94ID:Zv5tdMPS
一般向けの報道では「H2Aは24年度に打ち上げ予定の50号機での退役が決まっている。将来的には、H3を年間6機ほど打ち上げられるよう体制を整える」となっています。年間10機の打上げとは、どこ情報ですか?
0692名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:12:48.33ID:ijeGzief
ロケットラボ社は悲鳴を上げている
小型ロケットで実験衛星とかをチマチマ打ち上げようとしてたら、
ファルコンのライドシェアミッションで全部持っていかれたでござる

spacenews.com/spacex-and-the-categorical-imperative-to-achieve-low-launch-cost/
欧州宇宙産業の業界団体の関係者がスペースXのコストについてブツブツ言ってる記事
0693名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:20:14.90ID:ijeGzief
www.nishinippon.co.jp/item/n/1180663/
三菱重工は10~15号機くらいで国際競争力を持ち始め、
年間8~10機を打ち上げる将来を見据えている。

uchubiz.com/article/new39803/
政府は、H3ロケットと、今後立ち上がるスペースワンやインターステラテクノロジズなどの民間ロケットをあわせ、
2030年代前半までに年間30回程度のロケット打ち上げ能力を国内で確保し、
宇宙開発における日本の存在感を維持したい考えだ。

-------------
2030年代前半までにって、あと10年しかない
ZEROやカイロスで少しばかり回数を稼ぐとしても、
やはりH3が頑張らないと達成できないでしょう
MHI、営業活動がんばれ!
0694名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:22:15.60ID:UNO0mclL
>>690
改造ってか、長い目で見れば種子島以外に新規で発射場を作った方がお得じゃないかい。
もはや静止衛星はメイン需要ではなくなるし。
0695名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:30:42.00ID:Zv5tdMPS
15号機は、早くても3年後ですよね?スターシップが早くも完成に近づいているのに3年後に「国際競争力を持ち始め」って、おかしいでしょ?
0697名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:40:45.51ID:ijeGzief
そうだね
ただ、大樹町は、SSO衛星やコンステレーション衛星は得意だけど、
静止衛星の打ち上げには全く向いてないので(能力が激減する)、
種子島射場自体は維持する必要があるけどね
静止衛星打ち上げ能力は、国家安全保障の要ともいえる

和歌山県串本は、場所はとても良いんだけど、狭いからな
射点から2km圏内に住宅や線路が
小型ロケット向けだね

JAXAの次世代メタン構想は、ヘビー型(エンジン27基)で離昇推力2700トンf級?とも言うから、
広くて使いやすい射場が欲しいね
(ちなみにファルコンヘビーで離昇推力2300トンf、ニューグレンで1700トンf)
0698名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 18:49:15.09ID:ijeGzief
スターシップの商業打ち上げは26年くらいを予定
日本のスカパーも注文してる

H3は、24年度で3~5号機(+H2Aを2基)、
来年度以降も年間5機のペースなら、26年度には15号機くらいかな

コンステレーションは、許可された期限内に予定数の打ち上げを終えないと、
締め切りになった時点での打ち上げ数が、将来に渡って免許の上限になってしまう
なので、トラブル発生での遅延等を考慮すると、とにかく1機でも多く打ち上げておく必要がある
スターリンクも、総数で4万機超を構想しており、現在の7000機?では全然足りない

全世界メガコンステレーション時代(総数10万機超)には、ロケットはいくらあっても足りることはない
あればあるだけ根こそぎ注文が来る時代がやってくる、
と俺は期待している
0699名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 19:05:38.74ID:Fu4EiqqM
H3は予算1兆円ゲット済みだからな
200機失敗したって損しない
0700名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 19:08:55.65ID:mB4xtzoz
衛星コンステレーションでスペースXと勝負できるところなんてあるのかね
制裁絡みで契約できない国を相手にする中国のところだけでは
0701名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 19:11:23.41ID:KAG4FJjB
大樹町たいしてssoに向いてないんだよ
東北東海岸や小笠原群島あるから
zeroのsso打ち上げ能力低いのもそのせいだと思ってる
やっぱ串本っしょ
0703名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 20:37:23.89ID:Zv5tdMPS
>>698
「いくらあっても足りることはない」なら、ますます大型化&再利用化が重要になる。打上げ頻度の向上、コストの削減。
コンステレーションをベースとしたサービスのコストは、設備投資の減価償却分が、ほぼすべて。つまり打ち上げコストの高いロケットを使った場合は、必然的にサービス価格は高くなり競争力を失う。なのでH3がスターシップに対してコスト競争力を持っているかどうかは、とても重要。
0704名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 21:08:58.82ID:ijeGzief
前澤友作氏 カーレースで事故 ドクターヘリ出動など騒然も命に別状なし
news.yahoo.co.jp/articles/d951d6f8cb7538dce34e115dbd9e44b9f78fd073
0705名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/09(日) 21:16:14.99ID:Fu4EiqqM
金があれば何でもできるってのは
科学技術開発分野ならではの話だな

日本人は金持っても遊ぶことしかしないし
女買ったり政治の票集めに使ったり
0707名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/10(月) 11:44:22.74ID:tmE7QWND
MZは別に宇宙開発が好きなんじゃなくて、
スリルのあるエクスペリエンスが好きなんだろう

チャンスがあればソユーズにも乗るし、
待ち疲れて退屈だと感じたらスターシップもキャンセルし、
他の刺激を求めに行く

それに一般的に言って、宇宙開発(特にロケット)に本格投資をするのは
極めてリスキーな世界
0709名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/10(月) 12:14:59.56ID:/bpdHXeK
前澤は深海も行ってみたいと言ってたし
宇宙開発に対する特別な思い入れは無し
0710名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/10(月) 16:22:42.33ID:du7ezT/M
前澤は娯楽を楽しむだけ
新しい何かを生まない
0711名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/10(月) 20:23:13.72ID:vsb1WGvR
今は再始動していろいろやってるみたいね
数多くの事業のエンジェル投資家でもある

その中に宇宙関連は無いようだ
海中旅行の事業には出資してるみたいだが
0714名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/10(月) 22:50:32.60ID:miYbMPn4
地球以外の天体でなら、現実性はあるよ
0716名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/11(火) 01:50:48.79ID:Iyga4yla
>>709
中川翔子に先越されたね
番組の企画だったけど(しんかい6500に乗った)
0717名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/11(火) 10:04:51.89ID:A7vVL7xW
タイタン号の雑魚があったのに深海行きたいなんて勇気あるな
0718名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/11(火) 11:47:09.02ID:c755DDxV
海中バルーン潜水艦のベンチャーに出資してるね
水深100mくらいの遊覧航海だから深海というほどでもないが
0719名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/11(火) 23:02:10.47ID:+yiIfzrg
こいつを借りたらマリアナ海溝の底まで潜れる。
https://tritonsubs.com/subs/t36000-2/
実際に観光での実績もあるから、

しんかい6500ってそろそろ退役なんだよね、
何十年も深海探査船を作っていないから、後継は作れないらしいよ
0720名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/12(水) 09:20:01.11ID:hQNL34aN
ストークスペース社が下段用エンジンの点火試験を開始
www.stokespace.com/stoke-space-completes-first-successful-hotfire-test-of-full-flow-staged-combustion-engine/

LNG燃料のフルフロー2段燃焼サイクルで、推力は45トンf
開発中のノヴァロケット1段目に7機搭載する
フルフロー2段燃焼サイクルは高性能かつ再利用に適したポンプ駆動方式で、
現在、スペースX社のラプターエンジンのみが採用している

ノヴァは上段も帰還着陸する完全再利用型の中型ロケットで、
LEOに5トンのペイロード能力を目指す

上段エンジンは、水素燃料のエキスパンダーブリード(オープンエキスパンダー)サイクルで、
機体尾部を覆う単体のエアロスパイクノズルと、その周囲に配置された円環状の30基の燃焼室で構成
帰還時は底部から再突入する

再突入時に空力加熱するノズルの冷却はアクティブ式で、ノズルの内側は液体水素で再生冷却を、
ノズルの外側はブリードされた水素で蒸散冷却を行う。耐熱タイルやアブレータは不要
上段は昨年、上昇と着陸のホップテストに成功している
0721名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/12(水) 18:26:21.10ID:rpQxCHX3
>>720
これの再突入プラン面白いな
ガスを使って冷却するのは当初のスターシップの計画か
予定の2025年は無理だと思うけど打ち上げが楽しみ
0722名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/12(水) 20:41:19.96ID:YuxKnjPu
耐熱タイルやアブレータを使わない方式(アクティブ冷却)は、
元々高熱になり頑丈に作られる燃焼室やノズル部分を使うのが現実的と言われていた
つまり底部(尻)から再突入するわけだね

広大で薄いスターシップの機体(タンク)の半分を再生冷却・蒸散冷却するのはなかなか難しいかと
ノヴァの方式は、NASAやオールドスペース達がずっと昔に構想・研究してきた成果の応用

人類が宇宙で活躍するための画期的なアイデアは、20世紀中にはあらかた出尽くしてた
当時はそれを実現する技術も予算も無かったけど
政府ができることには限界があり、民間で(それも裕福な創業者やベンチャーキャピタル達が)やらないと進まない
そして「メガ・コンステレーション」構想により、「膨大な数のロケットを打ち上げ」しかも「採算が取れる」
という素晴らしい時代がやってきた
宇宙開発黎明期 ~ 東西宇宙冷戦の時代に生まれたアイデア・宇宙開発研究の成果は、宝の山だね

ノヴァが上手く行くといいんだけど
もしこの方式が成立すれば、次はスケーリング(大型化)が可能かどうかの問題になり、
それも可能なら、宇宙船の設計に革命を起こすことに

ちなみにブルーオリジンも、ニューグレンの再利用上段構想(ジャービス/クリッパー)で、
同じような内容の特許を出願してる
(ストークスペース社の創立者は、ブルーオリジンでBE-3/4を開発してた技術者)
0723名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/06/12(水) 23:59:16.78ID:4MHZ6ecL
>>707
その通りなんだろうけど、それでロシアのめんどくさい訓練こなしてソユーズ乗るのはよくやるなと思う
dearMoonは前澤がほのめかしてたよりも大幅に割安料金だった説があって、それならキャンセルは当たり前かも
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況