過大評価・過小評価されている作品・映画人 3

1この子の名無しのお祝いに2013/02/27(水) 00:53:30.98ID:N9fue/jg
過大評価・過小評価されている作品・映画人 2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1148157645

666この子の名無しのお祝いに2017/08/02(水) 23:01:11.28ID:r+stUW+H
>>662
ジャニーズ以下の坊っちゃんにしか見えん

667この子の名無しのお祝いに2017/11/09(木) 22:38:58.14ID:p/4d+Pj1
ブレードランナーが好き
リヴァーフェニックスが好き
こう言う奴は見下してる

668この子の名無しのお祝いに2017/11/09(木) 22:51:39.06ID:UpV/ofQY
山田洋次様こそは、最高の監督。
ゴダール、イーストウッド、
日本には、山田洋次がいる。

669この子の名無しのお祝いに2017/11/09(木) 23:36:46.43ID:FkUYFoVC
原田眞人の「伝染歌」 
初めはとにかくセリフがほとんど聴き取れないのでつまんなかったが音声大きくして、ちゃんと
聴こえたらけっこう面白かったし、もっと評価されてもいいと思った。

670この子の名無しのお祝いに2017/11/10(金) 02:05:18.32ID:83br/lIn
たけし
「山田洋次は何処で接近しても 挨拶どころか一度も俺と目さえ合わさない
 海外映画祭出品選考で俺に負けてばっかだからか」

671この子の名無しのお祝いに2017/11/10(金) 11:47:01.75ID:XeX2b3jl
「今年の恋」で田村正和と一緒に出てる石川竜二という子はすごく上手いのに、
調べたらちょっとしか出演してなくてもったいない
田村正和の演技は棒読みなのに

672この子の名無しのお祝いに2017/11/11(土) 11:38:24.81ID:ajvIO6bp
山田洋次

673この子の名無しのお祝いに2017/11/12(日) 11:52:39.32ID:ebo+XZCz
山田洋次はちょ〜過大評価だわ

674この子の名無しのお祝いに2018/02/10(土) 23:47:17.03ID:FRtdkJMg
山田洋次が脚本かいた砂の器も過大評価だわな
悪い映画じゃないけど、穴が多すぎて絶賛されるほどじゃない

675この子の名無しのお祝いに2018/02/11(日) 09:18:56.31ID:yes5EcT4
砂の器はミステリーファンには評判がよくないね。
あれはメロドラマって言われてる。

困るのは映画を見ただけで原作を読んだのと同じだと勘違いしてる人が多いこと。
原作にはハンセン氏病のことなんかちょっとしか書かれてないし。

676この子の名無しのお祝いに2018/02/11(日) 12:59:16.61ID:NbB3HVE+
加藤大介は巧いよね。「鬼火」というサスペンスで強姦犯を演じてる
らしい(川本三郎さん談)見てみたい。
「女が階段を上がる時」のヒロインが騙される町工場の社長(偽)役もいい。
庶民なら何をやらしても巧いね。娯楽作も。

677この子の名無しのお祝いに2018/02/11(日) 20:55:25.88ID:W6l9M988
別に謎解き物として評価されてるわけじゃないんだから
「謎解きがなってないから過大評価だ」というのはピントがかなりずれてるような気がするが

678この子の名無しのお祝いに2018/02/12(月) 10:52:14.85ID:kO3EQ8c8
加藤剛が大根すぎる
ああいう指揮はド素人の指揮
ド素人が世界的作曲家って。。。

679この子の名無しのお祝いに2018/02/12(月) 11:53:10.16ID:Dd+XUD1u
野村の清張ものでは「影の車」が好き。
鈴木英夫のもタイトで良かった。

680この子の名無しのお祝いに2018/02/12(月) 22:51:31.62ID:Rj3pTS34
いろいろと役に立つ副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

BH6AM

681この子の名無しのお祝いに2018/02/22(木) 20:13:25.56ID:b3Yevi0x
内田叶夢「飢餓海峡」
前半が素晴らしいだけに後半が残念な結果

682この子の名無しのお祝いに2018/02/24(土) 06:30:13.51ID:eJ0knRlg
飢餓海峡は長過ぎて、見てて疲れる。
俺は、中盤の左幸子がメインのところをもっと短くすべきだったと思う。

683この子の名無しのお祝いに2018/02/26(月) 10:50:13.08ID:IVGeiJrz
細川俊之はいい男過ぎて損したよな。
「女囚さそり 701号怨み節」の刑事なんかなかなか良かった。
もっとプログラムピクチャーで悪役、色悪なんかを演じてもらいたかったわ。
アン・ルイスの「長い睫毛が卑猥ね、貴方」という歌詞を聴くと細川氏を思い出す。

684この子の名無しのお祝いに2018/02/28(水) 08:19:29.01ID:slwTzM2+
田中徳三監督
三隅研次と一緒に大映京都を回した両輪だったのに
今は名前さえ消えかけている
三隅はシリアス系、田中はコミカル系の担当だったが
田中がシリアス系も撮っているので三隅と比べられて分が悪いが
そもそもフィールドが違うからで
三隅にコメディとか悪名とか兵隊やくざや濡れ髪系などは絶対無理だと思う
しかもそういうジャンルを実際三隅が撮っていない(おそらく)ので
評価が定まっているのでは
監督名は知らなくても作品では「あれ面白かった」「これ面白かった」と
思っている観客は多い筈
日本はコメディ映画に対する評価が低いからね

685この子の名無しのお祝いに2018/04/01(日) 01:23:25.15ID:YeIPsdJm
>>682
もっと長いのを監督が自分は切れないと言ったので
会社が助監督に切らせたんだよな
あれでも

686この子の名無しのお祝いに2018/04/01(日) 01:24:45.28ID:YeIPsdJm
>>677
謎解きバカは仕方ない
謎解きしか興味ない

687この子の名無しのお祝いに2018/04/01(日) 01:28:00.72ID:YeIPsdJm
>>667
blade runnerって英sight & soundのall time best 100に入ってる映画だよ

688この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 16:32:01.22ID:9Aufyo2Y
「白痴」はぶった切られてるので今一つ分からないが「羅生門」はどうかな?
専門家もいい加減な評価ばかり

689この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 20:45:28.80ID:uIEZvwJb
黒沢清

690この子の名無しのお祝いに2018/05/24(木) 22:11:02.37ID:DCNJYDBv
是枝さんのパルムドール受賞は
黒沢さんを推していた蓮實さんや
その影響下の評論家、編集者、ファン等に
相当な衝撃が有ったと思いますね。

691この子の名無しのお祝いに2018/05/25(金) 02:51:09.65ID:pekfyrLE
>>690
是枝って、‘見え透いてる’よねえ。
単なる山田洋次二世じゃん。
たまには「感動させない映画」ってのも撮ってみろ、と思う。

692この子の名無しのお祝いに2018/05/25(金) 02:52:07.22ID:pekfyrLE
>>688
「羅生門」は紛れもない傑作だろ。
隙がない。

693この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 01:03:29.50ID:zBmHbLVb
黒澤明
カラーに作品になった途端にあんな風につまらなくなったの?

どですかでん
デルスウザーラ
影武者


八月の狂詩曲
まあだだよ

694この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 03:41:46.41ID:6kIHzLZT
脚本を自分だけでやるようになった。
他人が思ってるほど人間ドラマに執着がなく、映像(それも絵画的な)優先主義。
企画はあってもなかなか撮れなくなった。
スタッフや役者との力関係が一方的になり過ぎ、従順な者しか使わない。
映画界の外で活躍するタレントなどの安易な起用。

695この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 10:31:33.64ID:UAQ5RyJG
>>693
「影武者」「八月の狂詩曲」はどうしようもない愚作だと思うが、
しかし「どですかでん」「デルス・ウザーラ」は傑作だろ。
「乱」「まあだだよ」も、俺は大好きだ。
ビートたけしが「まあだだよ」を絶賛していたのは、よくわかる。
あの、映画全体が白日夢のような、ボケ老人の妄想をそのまま映像化したような狂いっぷりは「3-4X10月」に通じる。

696この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 10:37:55.48ID:UAQ5RyJG
>>694
黒澤のお笑い芸人好きは、「虎の尾を踏む男たち」のエノケンから一貫している。
「隠し砦の三悪人」の企画の際には、劇中に笑いを多く入れようとして、
森繁久弥にギャグ監修役を依頼しようとしたらしい。

697この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 10:59:54.37ID:UAQ5RyJG
結局さ、黒澤の事をリアリズムの映像作家だと思うのが間違いなんだよ。
黒澤ってのは最初から独善キチガイであったんであって、ほとんどの作品が「キチガイの夢想」だ。
黒澤の夢想癖は「夢」において突然に始まったのではなく、
それ以前の「酔いどれ天使」「影武者」でも‘夢’が重要場面として登場するし、
‘すべては夢でしたとさ’というオチで終わる展開も「まあだだよ」以前に「虎の尾を踏む男たち」でヤってる。
愚作「八月の狂詩曲」が公開された際に「黒澤は遂にボケた」という声が多く挙がったが、
何て事はない、実は黒澤はボケたんではなく、最初から狂ってたんだ。
白痴だったのは、あの男だ。

698この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 21:37:38.57ID:DqaP121s
吉永小百合と言う動物、物体が関わった全ての作品

699この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 22:33:24.81ID:UAQ5RyJG
>>698
小百合ちゃんを悪く言う奴は、この俺が許さん!

700この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 22:37:39.52ID:zBmHbLVb
>>694,695,696,697
カラーとの関連がよく分からないが、偶然とか?

701この子の名無しのお祝いに2018/05/27(日) 22:46:24.06ID:UAQ5RyJG
>>700
俺は、「黒澤はカラーになってから駄目になった」とはまったく思っていない。

702この子の名無しのお祝いに2018/05/30(水) 21:43:33.83ID:XK/yGxvw
>>693
じゃモノクロ時代の作品は皆面白いのか?
白痴とか生きものの記録とか全然面白くないだろ

703この子の名無しのお祝いに2018/05/30(水) 22:00:36.29ID:XK/yGxvw
>>697
白痴で映画なんか撮れるわけねえだろうがボケ
白痴なのは黒澤じゃなくお前だ

704この子の名無しのお祝いに2018/05/30(水) 22:07:19.48ID:XK/yGxvw
>>694
>映画界の外で活躍するタレントなどの安易な起用。

黒澤だけじゃなく他の監督だってタレント起用することはあるし
下手な役者使うよりもタレントのほうが上手い場合だってあるんだよ

705この子の名無しのお祝いに2018/05/30(水) 23:33:10.32ID:iw7haS9J
>>698
吉永小百合は団塊の世代からは人気はあるが、他からは人気はあるか。代表作はキューポラだけだし。監督クラッシャーと春日太一は呼んでいる。演技は元々アイドルだから、期待されてないな。

706この子の名無しのお祝いに2018/05/31(木) 19:28:31.05ID:mn0AjN04
>>702
>>703
>>704
おまえ、どっか行けよ。

707この子の名無しのお祝いに2018/05/31(木) 19:29:40.68ID:mn0AjN04
>>705
俺は団塊よりもずっと年下だが、小百合ちゃんは「戦後日本映画史全体のマドンナ」だと思っている。

708この子の名無しのお祝いに2018/06/01(金) 16:14:50.95ID:PlMZ/AJy
>>707
お前だけの、戦後日本映画史のヒロインね、吉永小百合。
他人はそう思ってませんから
他人はそう思って

709この子の名無しのお祝いに2018/06/01(金) 16:15:12.80ID:PlMZ/AJy
>>707
お前だけの、戦後日本映画史のヒロインね、吉永小百合。
他人はそう思ってませんから
他人はそう思って

710この子の名無しのお祝いに2018/06/01(金) 21:27:44.45ID:JbzsN6XA
過大評価=黒沢清
これは仕方がない

711この子の名無しのお祝いに2018/06/01(金) 21:47:03.31ID:WlPGDTgo
>>710
「仕方ない」っていう言葉の意味がワカラン。
「黒沢清が高評価なのは仕方がない」と言いたいの?

712この子の名無しのお祝いに2018/06/02(土) 03:02:19.04ID:b40II6OT
海外で評価が高いのが勅使河原作品
砂の女、他人の顔、燃え尽きた地図は
今も評価が高い

日本では過小評価

713独り言a.k.a元祖御用一般人 ◆rI5oCip.d6 2018/06/02(土) 04:09:46.31ID:8VdM4edn
>>690
国際的な映画の評価基準の基本は昔から現在まで一貫して「テーマ主義」「ドラマ・シナリオ主義」
「映像主義」なわけ。あとはリアルタイムの社会派的な題材への取り組みとか。
もちろん撮影・美術・俳優の芝居がちゃんと出来ているのは当たり前。
まあインディペンデント系や途上国の映画の場合は予算的・技術的にレベルが低くても
「お目こぼし」してくれるけどね。むしろその方がリアルとウケたりとか。

要するにやはり普通の事が普通に出来ているのが前提なのよ。

蓮實の表象批評は「テーマ」も「シナリオ」も結局は何も語っていない。要するにただの晦渋な屁理屈。
そんな屁理屈の下で撮られた映画が国際的に評価されるわけないだろ。
そもそもが日本映画はただでさえ低予算で画が弱い。もちろんテーマもシナリオも弱い。
俳優女優も大半はただの「CMタレント」でしかない。こんな映画を誰が観るんだよ?

黒沢清だってカンヌ傍流の「ある視点」とかその辺止まり。
たぶん蓮實はフランス辺りのシネフィルや監督が黒沢や青山真治や北野武を大袈裟に持
ち上げてくれるのを真に受けていたんだろうね。そんなのただのマニア受けに過ぎなかったのにね。

714独り言a.k.a元祖御用一般人 ◆rI5oCip.d6 2018/06/02(土) 04:10:29.06ID:8VdM4edn
>>691
是枝さんはただの海外映画祭マニアのスノッブ。
ただ「海外を狙える」と言えば出資社が集まるからその戦略を続けてきただけ。

それで今やガイジンまで騙してる。遂に海外で撮るらしい。
ただの国際的映画詐欺師だよ。
ただ新作はカンヌ効果で大ヒットするだろうなあ、、そこら辺のマチバのおっさんおばさんまで
「観たい」と言ってるんだから凄い興収が出るよ、、

715この子の名無しのお祝いに2018/06/15(金) 18:13:39.55ID:9cIPX75K
野村芳太郎「張り込み」
小林恒夫「点と線」

高峰&高峰さんの演技が素晴らしい
名作だと思いますが皆さんの評価の程は?

716この子の名無しのお祝いに2018/07/04(水) 10:41:04.30ID:pd6lu/WL
「張り込み」 は、平穏な田舎町の淡々とした描写が効いていて、とても良いのだが、
せっかく張り込んでいるのに、終盤まで何も事件が起きないのでは、観客が途中で
退屈するんじゃないかと余計な気でもまわしたのか、大木実が森を散策している所で
突然銃声が轟き(犯人は銃を持っているという設定)、大木があわてて身をかがみ、
銃を手に周囲を見回すと、猟銃を持ったハンターが現れるというあざとい場面が
減点もの。仮に犯人が森に隠れていたとしても、刑事かどうかもわからない相手に
いきなり発砲してくるとは考えにくいし、大木実の演技がまたこの頃は硬くぎこちない
為、一緒に見ていた妻もこのシーンで失笑していた。

「点と線」 は、高峰が時刻表でトリックを思いつかなければ、即バレの犯罪だから、
夫の罪をかばう為というより、あらかじめ共犯として二人で周到に計画を立てた訳で、
主役の南廣の芝居も硬いし、「張り込み」 の宮口精二のような魅力的な登場人物が
いない分だけ、地味目。

ただどちらも、後年の「砂の器」のような、客を泣かせにかかるタイプでないのは良い。

新着レスの表示
レスを投稿する