野村芳太郎監督

1この子の名無しのお祝いに2008/08/22(金) 13:21:39ID:b5hKeD98
なぜこの人のスレがない

http://movie.goo.ne.jp/cast/87946/

242この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 10:13:17.78ID:2iYbgvCX
脚本家の橋本忍さん死去
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6290507

243この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 11:50:56.58ID:cMQWL+7g

244この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 19:38:27.98ID:SIQJGJv+
田舎の元警察官の老人を金に目がくらんだ強欲極悪人に仕立て上げた脚本は見事だったな。

245この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 20:28:05.11ID:fIsQOWV4
こいつまだ粘着してるのか?
熱っ苦しい奴だなあ。熱中症になって死ねよ。

246この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 20:30:29.21ID:to4kLp58
すでお!

247この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 20:37:09.87ID:cMQWL+7g
肺病の療養中に隣に寝ていた患者から借りた映画雑誌で脚本を初めて読み、これくらいなら書けそうだと、「一番偉い脚本家」と教えられた伊丹万作に師事して修業に10年、「羅生門」で世に出る。偶然の出合いが、日本映画界を支える屋台骨を生んだ。
映画量産時代、映画は社会の不正を告発するジャーナリズムの役割も担っていた。「生きる」「生きものの記録」など黒沢明監督の作品ばかりでなく、渋谷実、今井正、
野村芳太郎、山本薩夫といった大監督と組んで、社会の矛盾や不正を暴く脚本を書いた。一方で映画がヒットすることを重視し
、観客を引き付ける技巧を凝らした。社会性と娯楽性を見事に両立させた、職人芸だった。
じっくりと取材して対象をつかみ、短いせりふをテンポ良く重ね、時間を前後させてサスペンスを高める。ナレーションを効果的に使って物語を進めていく。実際の冤罪(えんざい)事件を描いた「真昼の暗黒」(今井監督)では、担当した正木ひろし弁護士に取材した。
原作者の山崎豊子の指名で手がけた「白い巨塔」(山本監督)は、主人公の後ろから付いていくつもりで脚本を書いたという。
門下生の脚本家、中島丈博さんは「ロジックにのっとった緻密な構成」と評する。共に「砂の器」の脚本を手がけた映画監督の山田洋次さんは「シナリオの根幹は骨組みにあるとたたきこまれるよう
に教わった」とコメントした。ワープロに替えるまで、執筆はカナタイプ。手書きより速く効率的、せりふは簡潔でシャープになった。
中島さんや山田さんは、橋本さんのカナ書きの原稿を清書して脚本術の粋を学んだ。日本映画界は太い柱を失ったが、橋本さんは伝統を受け継ぎ次世代に渡し、多くの作品も残してくれた。

248この子の名無しのお祝いに2018/07/20(金) 22:45:02.84ID:nXF3n3GX
ヒデオ!カネだ!カネを出せ!

249この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 03:02:04.82ID:C5+TLdhv
https://www.youtube.com/watch?v=S9zwHD3soGg
張込み, - Harikomi - Stakeout (1958

250この子の名無しのお祝いに2018/07/22(日) 03:40:02.06ID:fhN1AckT
砂の器は田舎のしがない警官の復讐物語

251この子の名無しのお祝いに2018/07/23(月) 18:11:19.47ID:lo9FDNgj
乞食の子どもを拾ってやって食わせてやったのに、勝手に逃げ出して、
さらに数十年ぶりに再会したその恩人に養育費を返すどころか、
逆ギレして殴り殺すとは、とんでもない恩知らず、極悪非道だな

252この子の名無しのお祝いに2018/07/28(土) 03:19:45.60ID:dLbXOf6O
強欲老人VS恩知らず青年

253この子の名無しのお祝いに2018/07/28(土) 07:44:14.34ID:ExPgRIHK
ノムヨシ

254この子の名無しのお祝いに2018/07/28(土) 14:12:28.69ID:mjtTIh49
>>252
今村昌平のほうが合いそうだ

255この子の名無しのお祝いに2018/07/29(日) 01:04:18.90ID:ZHscrB+F
『キネマ旬報』最新号の「1970年代日本映画ベスト10」特集で「砂の器」見てみようかと思ったんですけど、
このスレではメチャクチャ叩かれてますね。
どうしようかな・・・

256この子の名無しのお祝いに2018/07/29(日) 02:22:27.95ID:udmiEGwd
>>255
いや、見る価値はあるって。
傑作かどうかはともかく、「昭和時代の日本映画」らしい匂いがプンプンしてる。
アレを見ておかないと何も始まらないと言っても過言ではない。
傑作かどうかはともかくとして。

257この子の名無しのお祝いに2018/07/29(日) 22:57:44.85ID:qh/tCQNL
>>255
べつに叩いてるのは必死な一人だけ
めちゃくちゃとか印象操作してるお前がその一人かもな、頭隠して尻隠さず

258この子の名無しのお祝いに2018/07/30(月) 15:27:57.18ID:4Vq6V+ps
砂の器じゃなくて野村芳太郎について語るスレだって言ってんだろーが!
砂の器の話題はとにかく荒れるから独立スレ立ててそっちでやれ!

259この子の名無しのお祝いに2018/07/30(月) 15:36:12.59ID:UyU86VJh
野村砂太郎

260この子の名無しのお祝いに2018/07/30(月) 20:05:53.74ID:8nOtX+9t
丹波哲郎監督の砂の小舟の方が名作

261この子の名無しのお祝いに2018/07/30(月) 22:13:15.75ID:EkEVJyph
丹波砂郎

262この子の名無しのお祝いに2018/07/31(火) 19:50:57.84ID:crZgztFB
砂形拳

263この子の名無しのお祝いに2018/07/31(火) 20:05:04.52ID:FxCKe8Ka
京浜東北の蒲田止まりを「砂の器号」にしろ

264この子の名無しのお祝いに2018/07/31(火) 20:08:17.52ID:ivJNPuih
「砂の器」伝説の名子役、春田和秀さん 43年を経て語る子役という“宿命”

265この子の名無しのお祝いに2018/07/31(火) 20:36:29.71ID:xSInZ/2/
しでお?

266この子の名無しのお祝いに2018/07/31(火) 22:21:13.98ID:ivJNPuih

267この子の名無しのお祝いに2018/08/01(水) 01:37:27.67ID:0mRsoF8C
でも砂の器は原作読むとよくこんなトンでもストーリーをあそこまで日本情緒たっぷりの話に改変したと関心する。
森田健作のカツ丼もやたら美味そうだし。

268この子の名無しのお祝いに2018/08/01(水) 16:22:59.81ID:ESbGYRtB
>>266
うおーーーっ!そのまんまやんw

269この子の名無しのお祝いに2018/08/01(水) 17:00:04.20ID:QNCt9Xem
>>267
原作では顔が見えない不気味なキャラでしかなかった三木謙一を
映画では人間臭い強欲ジジイとして描いたのにも感心する

270この子の名無しのお祝いに2018/08/01(水) 17:09:42.14ID:Y8DOL44Q
おまえ、いい加減にしろよ。
三木がいつ和賀に金品をねだったってんだ?
本当に事件起こさないうちに病院に行けや。

271この子の名無しのお祝いに2018/08/01(水) 19:06:54.62ID:qd0PO/Bp
カネでないとしたら、アレか?ホモ関係か?

272この子の名無しのお祝いに2018/08/02(木) 23:54:35.94ID:RSKMT+JD
案の定、砂の器ネタのせいでスレがぶっ壊れた

273この子の名無しのお祝いに2018/08/03(金) 07:41:52.25ID:mrh/5b6a
配達されない三通の手紙の邦画感も捨てがたい。

274この子の名無しのお祝いに2018/08/03(金) 10:59:39.97ID:xXjpZTGD
>>273
わしも配達されない〜結構好き
土曜ワイドぽい雰囲気とか
ただちょっと長過ぎるかな

275この子の名無しのお祝いに2018/08/03(金) 13:11:27.63ID:AHCB13tS
配達されない三通の千代吉の手紙

276この子の名無しのお祝いに2018/08/03(金) 19:25:28.79ID:YTyth9uQ
エラリー・クイーンの「災厄の町」を原作とする「配達されない三通の手紙」は
一般に公募して映画のタイトルが決められた。
「砂の器」も一般に公募すれば
「強欲老人殺人事件」とかのタイトルになったであろう。

277この子の名無しのお祝いに2018/08/03(金) 21:04:24.18ID:SEAo0MgO
>>276
「英雄の生涯」

278この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 00:11:40.38ID:oiFReer5
「ある年老いた田舎巡査の死」の方がいいだろう

279この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 09:06:10.91ID:cnH/YUQJ
「蒲田で会いましょう」

280この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 10:38:49.99ID:KAnOkHrN
「紙吹雪の女」

281この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 11:19:46.26ID:47YHjyZA
>>280
わざわざ千切って紙吹雪にして、それを電車の窓から吹き飛ばす意味が不明だし、
それを目撃した人がわざわざ新聞に投書して、
その投書欄が刑事の目に留まるとは、天文学的確率だと思う。

282この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 11:25:18.59ID:KAnOkHrN
>>281
穂積隆信の声を聞くと「荒野の七人」のカルベラしか出てこないわ

283この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 11:26:24.38ID:KAnOkHrN
投書じゃなくてコラムニストでは?

284この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 11:41:05.18ID:6m79uXbZ
>>282
「激突!」のデニス・ウィーバーとか「幻魔大戦」のカフーを思い出す俺は異端児

285この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 11:54:31.69ID:8IijuVve
チャリ屋の夫婦が亡くなって天涯孤独になったあと作曲家として見いだされるまでがどう考えても無理がある。
生活は?学費は?何で音楽?
チャリ屋から何らかの資産でも相続したのだろうか。

286この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 12:50:33.96ID:47YHjyZA
>>283
あ、そうだった。ごめん。
コラムニストがその光景を目撃するという偶然も、有り得ないが。

287この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 14:30:12.38ID:8IijuVve
影の車で加藤剛が牛肉の味噌漬けを買ったショッピングモールが東急藤が丘駅前にいまでも雰囲気を残してる。

288この子の名無しのお祝いに2018/08/04(土) 17:18:04.34ID:KAnOkHrN
羽後亀田駅に行ったが食堂はなかった

289この子の名無しのお祝いに2018/08/05(日) 01:46:34.39ID:H2IXwXq9
>>274
2時間サスペンステイストということであれば、遺作の「危険な女たち」。
よくこんなものを金払って見る劇場で公開したな、というレベル。

290この子の名無しのお祝いに2018/08/08(水) 23:00:37.65ID:J0m9wq1U
配達されない三通の手紙のアメリカの親戚からきた青年はモッコリすぎる姿でジョギングする

291この子の名無しのお祝いに2018/08/08(水) 23:16:20.39ID:+Pej+eU8
震えるタマ

292この子の名無しのお祝いに2018/08/09(木) 22:04:16.00ID:Azfh5J/I
大岡昇平原作の「事件」

厚木を中心にした地域。
神奈川のあのあたりの気が滅入るような田舎を舞台にした映画って非常に貴重では?
あ、成瀬の「鰯雲」があったか。

新着レスの表示
レスを投稿する