【空海】弘法大師様を拝もう 同行二人【南無大師遍照金剛】

1神も仏も名無しさん2018/03/06(火) 11:22:39.96ID:Q5/h84m8
「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」
これは御宝号(ごほうごう)といい、真言宗で唱える一番短い『お経』です。
仏さまの慈悲の光は、すべてのものに及びます。そして、すべてのものに幸せを及ぼそうという智慧(ちえ)の働きは、ダイヤモンド(金剛石)のように堅固で輝きを失いません。これが「遍照金剛」の由来です。
弘法大師さまは、師の恵果(けいか)さまから真言密教の法を受継がれたとき、この「遍照金剛」をお名前の一つとして贈られました。恵果さまはお大師さまを、たぐいまれな仏さまの申し子と見抜かれたのです。
真言宗ではこの御宝号を、どんなときでも唱えます。お寺でも仏壇の前でも、亡くなった人のためにも、幸せを願うときでも...自分がピンチに立ち至ったときはなおさらです。
そして、仏さまの誓いを永遠に続けるというお大師さまの誓いを、私たちも自分の誓いとして共に進むこと。本当の幸せは、そこに開かれます。
(壽)

http://www.musubidaishi.jp/message/2007/05/post-4.html
※前スレ
【空海】弘法大師様を拝もう【南無大師遍照金剛】
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1508983286/

120神も仏も名無しさん2018/05/19(土) 18:47:10.17ID:+2QatKRo
ゆえに仏は常に現実の娑婆世界の中で戦います。泥沼の中で一切衆生の救済のために戦うのです。

『大智度論』巻40

復次慈悲心有三種。衆生縁法縁無縁。

( 復た次ぎに、慈悲心に三種有り、衆生縁、法縁、無縁なり。)

凡夫人衆生縁。声聞辟支仏及菩薩 初衆生縁後法縁。

(凡夫人は衆生縁なり。声聞、辟支仏、及び菩薩は、初は衆生縁、後は法縁なり。)

諸仏善修行畢竟空故名為無縁。

( 諸仏は、善く畢竟空を修行するが故に名づけて、無縁と為す。)


諸仏は、善く畢竟空を修行するが故に名づけて、無縁と為す・・か・・^^

121因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 18:53:56.55ID:+2QatKRo
衆生縁の慈悲

人間関係の因縁によっておこす慈悲で、父母、妻子、親族などを縁じておこす慈悲で普通には愛といわれるものである。我・法ともに有とする執着にもとずく慈悲であるから小悲という。

法縁の慈悲

あらゆる縁によって生ずるものであるから、その関係、道理によっておこす慈悲を法縁という。我という実体はないという仏教の道理は体得しているが、一切の法は空であることを体得していないので中悲という。

無縁の慈悲

迷いの世俗を超越した仏・菩薩のみにある、縁なくしておこす絶対平等の慈悲であるから無縁という。人・法の一切法は空であると体得した智慧よりおこる慈悲であるから大悲という。

この智慧を因とする無縁の大悲が浄土の法性であり根本である。

う〜〜ん^^

すんばらしい^^

122因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 18:56:48.56ID:+2QatKRo
・・・で^^

「ゆえに仏は常に現実の娑婆世界の中で戦います。泥沼の中で一切衆生の救済のために戦うのです。」

う〜〜〜ん^^

戦うのか?

自我と^^

わからん^^

123因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 18:58:52.42ID:+2QatKRo
どうも連投になる・・・^^

悪い癖や^^

スレ主ごめん^^

124因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 19:09:43.03ID:+2QatKRo
『大智度論』龍樹著とされる。鳩摩羅什(くまらじゆう)訳。

龍樹ちゃんかもしれんか・・^^

「一切の法は空であることを体得していないので中悲という。」

「人・法の一切法は空であると体得した智慧よりおこる慈悲であるから大悲という。 」

なるほどね・・^^

龍樹ちゃんらしい^^

125因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 19:21:37.26ID:+2QatKRo
涅槃とは・・・^^

簡単に言えば・・^^

すべての執着(我執も含む)がなくなった境地なんだと・・^^

まっ・・だれもその境地に達したことないのでわかんないだろうな・・^^

動画で一人だけいたな・・^^

探してみるか・・^^

126因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 19:32:54.11ID:+2QatKRo
「奇跡の脳」脳卒中体験を語る / ジル・ボルティ・テーラー
https://www.youtube.com/watch?v=BsSWaYITW4g

これやな・・・^^

127因縁果 ◆d........o 2018/05/19(土) 19:35:51.97ID:+2QatKRo
いくら言語で涅槃を語っても戯論でしかないということやな・・・^^

128神も仏も名無しさん2018/05/19(土) 19:44:39.67ID:KjYddFFT
南無大師遍照金剛
南無阿弥陀佛
南無大悲恩主釈迦牟尼佛

129桃太郎2018/05/19(土) 19:58:43.97ID:JfaHQH8K
>もしかして・・^^

あの変な団体か・・^^


>>112

は、桃太郎です。

で、バリバリの創価学会員ですが何か?(笑

創価学会というだけで糞のように嫌われるけど。全然平気!だもんね。ww





あなたは、どちらかというと、理論派、自己陶酔型の仏教オタク系なんだろうね。

日蓮仏法を学べば仏法のすばらしさがよくわかると思いますよ。

まぁ、人それぞれ自由なんですがね。



>その前の「言語道断の「不可思議の妙法」ってなんやねん^^

日本語がヘタなんだよ。 それが何か?

130神も仏も名無しさん2018/05/19(土) 23:29:06.33ID:ttVzpEvi
>>126
同じことが私に起こりましたよ。

131神も仏も名無しさん2018/05/19(土) 23:29:42.82ID:ttVzpEvi
>>113
まさしくその通りです。

132神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 04:34:27.47ID:Dri/TnDP
>>110
こんな基本的なことすら知らんかったの?
じゃあ比丘戒、大乗戒、三昧耶戒と三段重ねなことも知らんのやろうし三昧耶戒の中身もサッパリなんやろうね

133因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:02:09.46ID:uw6zhkUQ
う〜〜〜ん^^

日蓮ちゃんか・・^^

134因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:04:40.65ID:uw6zhkUQ
日蓮仏法?
法華経行者である日蓮ちゃんがあみ出したのかな・・^^

135因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:05:28.47ID:uw6zhkUQ
620因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 16:03:47.23ID:9r4TjTsy
大持国天王 大廣目天王

         大日天大王        南無天台大師

         第六天魔王         南無龍樹菩薩

南無無辺行菩薩  大梵天王    提婆達多  如来現在多怨嫉 

南無三世諸佛  南無舎利弗尊者  阿修羅王  況滅度後法華弘通
佛滅後千二百二十餘年之間

南無上行菩薩  南無藥王菩薩   轉輪聖王  之故留難事    一閻浮提之内未曾有之

南無多寶如来  南無文殊師利菩薩  鬼子母神  大曼荼羅也

南 無 妙 法 蓮 華 経 天照太神  日蓮 

南無釈迦牟尼佛 南無普賢菩薩  十羅刹女   八幡大菩薩

南無浄行菩薩  南無弥勒菩薩  阿闍世大王  佛語不虚 
文永八年太才辛未九月十二日蒙御勘気

南無分身諸佛 南無大迦葉尊者  大龍王 南無妙樂大師 也 
遠流佐渡國同十年太才癸酉七月八日

南無安立行菩薩 釈提桓因天王  南無伝教大師 以閻浮提人  日蓮始圖之

        大月天王

        明星天子

大毘沙門天王  大増長天王

136因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:09:28.49ID:uw6zhkUQ
文永八年太才辛未九月十二日蒙御勘気 ということは・・^^

623因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 16:17:56.93ID:9r4TjTsy
文永八年太才辛未九月十二日蒙御勘気

1271(文永8年) 50歳
6月18日〜7月4日 極楽寺良観と祈雨対決。
9月12日 竜の口の法難。平頼綱を諫暁する。(第二国諌)
10月10日 佐渡流罪が決定し鎌倉を出発。
10月28日 佐渡上陸。

624神も仏も名無しさん2018/04/28(土) 16:23:17.98ID:9r4TjTsy
文永八年太才辛未九月十二日蒙御勘気


佐渡始顕本尊(さどしけんのほんぞん)は、日蓮が佐渡配流中の
文永10年(1273年)7月8日に図顕したとされる法華曼荼羅。
身延山久遠寺の所蔵であったが、明治8年(1875年)の身延大火で焼失した。

137因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:12:11.25ID:uw6zhkUQ
南無天台大師 ・・南無龍樹菩薩 ^^

龍樹ちゃんおるで・・^^

でも日蓮ちゃんは「空」を多くは語らない・・・^^

138因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:13:55.00ID:uw6zhkUQ
644因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:16:51.30ID:9r4TjTsy
日蓮は、第六天の魔王を、仏道修行者を法華経から遠ざけようとして現れる魔であると説いた。しかし、純粋な法華経の強信者の祈りの前には第六天の魔王も味方すると、
日蓮は自筆の御書で説いている
。日蓮があらわした法華経の曼荼羅に第六天の魔王が含まれているのは、
第六天の魔王も、結局は法華経の味方となるという意味である。

645因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:20:37.46ID:9r4TjTsy
大梵天王
仏法守護の神で娑婆世界の主。 大梵・梵天ともいう。
色界四禅天の中の初禅天の王。 淫欲を離れているため梵(ぼん)といわれ、清浄・淨行と訳す。 名を尸棄(しき)といい、仏が出世して法を説く時には必ず出現し帝釈天と共に仏の左右に列なり
法を守護する。 バラモン教では万物の根源法である梵の神格化されたものとされ、
宇宙の造物主として崇拝された。

139因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:16:20.01ID:uw6zhkUQ
646因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:25:12.27ID:9r4TjTsy
提婆達多品のテーマは、当時大乗仏教が直面した二つの問題、悪人成仏(あくにんじょうぶつ)と女人成仏(にょにんじょうぶつ)である。まず前半において、仏伝では極悪人とされている
提婆達多が、実は釈尊にとってはかけがえのない善知識(ぜんちしき)という大切な存在で
あったとする過去世の物語が説かれる。
そして、提婆達多に天王如来(てんのうにょらい)になるという成仏の授記がなされ、
どんな悪逆な者も仏の慈悲(じひ)に漏れることはないことが明らかにされる。
これに続いて、後半においては、八歳の龍王の娘が法華経の教えによって成仏することが
できたという龍女成仏(りゅうにょじょうぶつ)を説くことによって女人成仏が示されている。

647因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:28:19.40ID:9r4TjTsy
如来現在猶多怨嫉
法華経法師品第10の文。同品に「而も此の経は、如来の現に在すすら猶怨嫉多し。
況んや滅度して後をや」(法華経362~363n)とある。
この法華経を説く時は釈尊の存命中でさえ、なお怨嫉(反発・敵対)が多いのだから、
ましてや釈尊が入滅した後において、より多くの怨嫉を受けるのは当然であるとの意。
日蓮大聖人はしばしばこの文を引かれ、御自身が法華経を身読した法華経の行者であることの根拠とされている。

140因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:18:01.85ID:uw6zhkUQ
649因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:40:42.41ID:9r4TjTsy
「されば首題の五字は中央にかかり・四大天王は宝塔の四方に坐し・釈迦・多宝・本化の
四菩薩肩を並べ普賢・文殊等・舎利弗・目連等坐を屈し・日天・月天・第六天の魔王・竜王・
阿修羅・其の外不動・愛染は南北の二方に陣を取り・悪逆の達多・愚癡の竜女一座をはり・
三千世界の人の寿命を奪ふ悪鬼たる鬼子母神・十羅刹女等・加之日本国の守護神たる
天照太神・八幡大菩薩・天神七代・地神五代の神神・総じて大小の神祇等・体の神つらなる・
其の余の用の神豈もるべきや、宝塔品に云く「諸の大衆を接して皆虚空に在り」云云、
此等の仏菩薩・大聖等・総じて序品列坐の二界八番の雑衆等一人ももれず、
此の御本尊の中に住し給い妙法五字の光明にてらされて本有の尊形となる是を本尊とは申すなり。」

650因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:43:15.03ID:9r4TjTsy
湛然(たんねん、711年 - 782年)は中国・唐代の天台宗の僧侶。
荊渓湛然(けいけい たんねん)と呼ばれ、また、妙楽大師と称された。天台宗の第6祖。

651因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:44:47.14ID:9r4TjTsy
天台宗がおおいな・・・^^

652因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:48:11.15ID:9r4TjTsy
伝教大師 ・・・^^

当然日本の天台宗の開祖である最澄ちゃんもおる^^

141因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:21:34.65ID:uw6zhkUQ
一番重要なのは・・これや^^

653因縁果 ◆d........o 2018/04/28(土) 20:53:26.75ID:9r4TjTsy
うわっ^^

晃ちゃんがおらへん^^

なんでや・・・^^

つまり・・^^

文永8年   10月28日  佐渡上陸

文永10年   7月 8日  法華曼荼羅

文永11年   3月13日  佐渡発

文永10年   7月 8日  法華曼荼羅に晃ちゃんがおらへん^^ということや^^

そしたら・・^^

654晃 ◆HOKKEvxAGE 2018/04/28(土) 20:58:16.61ID:lHuqFCR2
読んでるよ

いた^^

142因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:24:29.53ID:uw6zhkUQ
つまり・・・^^

天台を学んでから日蓮ちゃんを学べと・・^^

しかし・・^^

「南無龍樹菩薩 」は想定外だったな・・^^

143因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 06:28:25.88ID:uw6zhkUQ
「日蓮仏法を学べば仏法のすばらしさがよくわかると思いますよ。」

う〜〜ん^^

天台を学べば自ずと日蓮ちゃんの気持ちがわかると・・^^

こうゆうことや^^

南無天台大師^^

144神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 06:31:22.97ID:FYalE2qE
南無大師遍照金剛
南無阿弥陀佛
南無大悲恩主釈迦牟尼佛

145桃太郎2018/05/20(日) 11:14:57.84ID:QO38EBEX
>>139

うーん。そこいいポイントね。

要は、法華経以前には許されなかった、悪人(その中でも五逆罪という重罪を犯した者を含めて)、
女人(の即身成仏)、なかんずく、舎利弗の成仏の記別により二乗作仏が説かれる。

特に二乗(声聞・縁覚)は爾前教に於いて徹底的に呵責され成仏は許されなかったのです。

※理由は、端的にいえば、二乗の慢心を呵責。少しばかり仏法をかじり、自身の成仏だけを願い、悟ってもいないのに悟ったような気分に浸り、師(仏)の教えを素直に聞けず、
仏の教えを捻じ曲げて、独自に解釈し、それを広め衆生を惑わす。いわゆる命の根底にそうした慢心をみるゆえにである。

教主釈尊を本尊とせず、「大日如来」や「阿弥陀仏」という迹仏を本尊とする誤りも、二乗の慢心の産物といえるでしょう。


「而も此の経は、如来の現に在すすら猶怨嫉多し。況んや滅度して後をや」

そのとおりに法華経を説いて三類の強敵を呼び寄せたのは日蓮大聖人以外にないし、その大聖人の「南無妙法蓮華経」を広めるゆえに
草創期以来の創価学会は他のどの宗教よりも、悪口罵詈され迫害も受けてきた。

創価学会の宗教が正しい証拠である。

法華経には、末法に南無妙法蓮華経を広めれば、必ずの三類の強敵が迫害してくるであろう予言されている。
そうであるから、末法にこの法華経を保つことは難事中の難事であると説かれてある。(六難九易)

と、同時にそれでもなお、法華経を保ち、仏のごとく説き広めていくならば、必ず諸天善神が守護すると説かれてある。
いま、創価学会は世界192カ国に布教され、全世界の識者、平和学者、大統領、などが創価の人間主義、文化、平和主義の仏法哲学を大賞賛している。
かれらは、まさに創価学会の日蓮仏法の正しさを証明する諸天善神であり、多宝如来といえるでしょう。


法華経にいわく「若し善男子善女人、我が滅度の後に能く竊かに一人の為にも法華経の乃至一句を説かん。
当に知るべし是の人は則ち如来の使ひ如来の所遣として如来の事を行ずるなり」等云云

「法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なきやうにて終にほろびざるは候はず」

146神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 14:28:40.18ID:Dri/TnDP
女人の成仏なんか法華経は説いてない
あくまで男性の姿に生まれ変わって悟るという話
そんなもんは、初期仏教から規定されている仏の32相の中の、ちんこが隠れているという身体の特徴からして当たり前のこと
成仏イコールちんこが生えていて、しかも隠れてなければならないという謎ルールの上では、女人が成仏するためには男形に生まれ変わる必要があるってだけ
法華経で説いているのはあくまでその延長の、女でも転生男子すれば悟れるというだけの話

誰でもそのまま仏であるという密教とはまったくレベルが違う、ひっくい話

147神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 14:33:57.68ID:Dri/TnDP
女人成仏とか真顔で言ってる日蓮がいかにカスかよく分かるし、悪人なんて表現は勝義諦においては全く意味をなさないにも関わらず本気で言ってるあたり、日蓮、親鸞は仏教のことなーんも理解できなかったうんことしか言いようがない
法然や道元のようなカスがまだマシな方
日本仏教は軒並み開祖がおわってから、真言宗以外信仰する意味ないわ

148ポッタン師2018/05/20(日) 15:08:21.51ID:mvhArN3h
146.
誰でも、そのまま仏である、か。バカ丸出しである。

149桃太郎2018/05/20(日) 20:12:54.10ID:U2FTAwC6
提婆達多品(第十二章)の後半、竜女の成仏

智積菩薩と文殊師利菩薩の対話

智積が文殊に「あなたは竜宮でどのくらいの衆生を化導してきたのか」と尋ねます。

文殊は「竜宮おいて、もっぱら法華経を説いて無量の衆生を化導してきた」と言い、さらに「竜王の娘であるある八歳の竜女が法華経を聞いて即座に悟りを得た」と語ります。

しかし、智積はそれを信じようとしません。仏の悟りは菩薩が無量劫の間、難行苦行を重ねて初めて得られるものであって、竜女が短い時間に成仏したなどということは、到底信じられないというのです。

智積は、その「法華経の力」がわからなかった。だから竜女が即身成仏したといっても信じられなかった。

智積が不信の言葉を言い終わらないうちに、突然、竜女本人がその場に現れます。

竜女は、釈尊にあいさつして言います。「仏のみが自分の成仏を知ってくださっています。私は大乗の教え(法華経)を開いて、苦悩の衆生を救ってまいります」(法華経 p431 趣意)と誓うのです。

「我大乗の教を闡いて 苦の衆生を度脱せん」。有名な言葉です。素晴らしい言葉です。

“皆は自分をバカにしているかもしれない。しかし、そんなことはどうでもよい。真実は仏がわかってくれている。自分はただ、自分を救ってくれた妙法の力で、人々を救っていくだけだ”と。

即身成仏とは、「苦しむ人を救わずにはおくものか」という仏の強い心を、我が身に開くことなのです。バカにされようが、差別されようが、にっこり笑って、悠々と、不幸の人々を救っていくのです。

その人は、その身そのままで、仏と輝いていくのです。

150桃太郎2018/05/20(日) 20:13:16.79ID:U2FTAwC6
竜女の決意を聞いて、今度は、舎利弗が不信を表明するのです。舎利弗の不信の理由は二つあります。

一つは、智積と同じで、仏の悟りは長い長い間の苦行によって得られるものだという固定観念です。

もう一つは、女性は梵天・帝釈・魔王・転輪聖王・仏には成れないという「五障」の説です。

ここから、女性の身で速やかに成仏するなどということはありえない、と竜女を非難するのです。

「舎利弗、竜女に語って云く、汝久しからずして、無上道を得たりと謂えり。是の事信じ難し。所以は何ん。女身は垢穢にして、是れ法器に非ず。云何ぞ能く、無上菩提を得ん」(法華経 p431)

そこで竜女は、三千大千世界すなわち宇宙全体の価値に等しい一つの宝珠を取り出して、釈尊に奉ります。

釈尊は、これを直ちに受け取ります。

そして、竜女は、これを見ていた舎利弗に対して、自分の成仏は、この宝珠の受け渡しよりも速やかなのだと言い放ちます。

「龍女、一つの宝珠有り。価値三千大千世界なり。持って以って仏に上る。仏即ち之を受けたもう。(中略)女の言わく、汝が神力を以って、我が成仏を観よ。復、此れよりも速かならん」(法華経 p432)

151神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 20:14:05.19ID:U2FTAwC6
だれもが「性得の宝珠(仏性)」をもっている。

一切衆生が平等に「宝珠」を生命にもっているのです。そう見るのが十界互具であり、一念三千であり、法華経です。

十界の中には畜生界もある。 竜女は畜身ですが、当然、畜生界にも仏界が具わっている。しかし、差別観にとらわれた目には、それが見えない。

生きとし生けるものに仏界を観る法華経です。女性への差別など、微塵もありようがない。女性は成仏できないなどというなら、それは一念三千ではありえない。

一念三千を否定するならば、自分自身の成仏もない。

ゆえに、竜女の成仏は、全女性の成仏を表すだけでなく、じつは男性の成仏をも表しているのです。女性の成仏を否定する男性は、自分の成仏を否定しているのです。皆、そこが、なかなかわからない。

人ごとだと思っていたのです。

しかし、どんな差別でも、だれかを差別するということは、自分自身の生命を差別することなのです。

だから竜女は、この時、舎利弗や智積に向かって、こう叫びます。「汝が神力を以って、我が成仏を観よ」(法華経 p433)

「我が成仏を観よ」と叫ぶや、竜女は、人々の見ている前で男性に変わります。「変成男子(変じて男子と成って)」(法華経 p433)

152神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 20:14:38.41ID:U2FTAwC6
この「変成男子」について、成仏するために男性の姿に変わらなければならないというのであれは、やはり女性はまだ差別されているのではないか、という意見があります。

しかし、それは違う。竜女の成仏は、あくまでも「即身成仏」です。

女性の身のままで成仏したのです。

変成男子は、舎利弗をはじめ、成仏は男性に限られると思いかんでいた人々に対して、竜女が成仏したことを、わかりやすく示すための方便にすぎない

なぜなら、一番初めに文殊菩薩が竜女のことを紹介するくだりで、すでに明確です。竜女がすでに成仏していると文殊菩薩は語っているのです。

「娑竭羅龍王の娘は、年はやっと八歳である。智慧にすぐれ、衆生のさまざまな素質がどのように現われるかを知っている。法の精髄を記憶して忘れずに、悪を防ぐ力を得ている。
多くの仏が説いた奥深い秘蔵の法を、ことごとく受持できている。深く禅定に入って、諸法を完全に会得し、悟りを求める心をおこして、もはや退くことのない境地を一瞬のうちに得た。
その弁舌の才能は自由自在であり、衆生を慈しみ、常に思っていることは、あたかも母が赤子に対するようである。
あらゆる修行の功徳を具え、心に思い、口に述べることは、深遠で素晴らしく、また広大である。慈悲があり、情けは深く、心は穏やかで優雅で、よく悟りに到達した」(法華経 p429)

まさに仏の姿です。また理想の女性像、人間像とも言ってよいと思う。

153神も仏も名無しさん2018/05/20(日) 20:14:54.42ID:U2FTAwC6
変成男子」は、他の大乗仏典の中でも多く出てきます。これも、本来、大乗仏教の「空」の立場から言えば、男性・女性という違いにこだわること自体、おかしな話だし、理論上はまったく必要がない。

しかし、それが説かれた時代に、「女性がその身そのままで仏に成る」という思想には、大きな抵抗が予想されたのでしょう。

当時のインド社会は女性差別の社会ですから − 。

また仏教においても、それまでの小乗教においては、女性は強く差別されてきました。

だから、たしかに、「いったん男性に成ってから成仏する」と説いたほうが、クッションがあって、受け入れられやすかったと思います。

本来、仏教は、生きとし生けるものを、ひとつの黄金の大生命の個々の現れと観る。

それが釈尊の悟りです。それを「縁起」とも言い、「空」とも言い、「妙法」とも言うのです。

その悟りの眼から見れば、男女間の上下の差別など、ありえない。

ただ、その「法」を社会に広め、定着させていくには、どう説けば受け入れられるかを考えなければならない。

「随自意(悟りそのものを、そのまま示すこと)」の信念の上に、「隋他意(人々の機根や傾向に従って説き、次第に悟りに導くこと)」の智慧が必要な場合がある。

法華経以前の大乗仏教の「変成男子」説も、よく言えば、“女性は永遠に成仏できない”としていた小乗の思想を打ち破る革命的な教えだったとも言える。

154桃太郎2018/05/20(日) 20:18:43.17ID:U2FTAwC6
以上 池田大作著 法華経の智慧三巻より抜粋。

「変成男子」って別に男に生まれなければ成仏できないという偏った教えではないのです。

155因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 21:05:01.61ID:uw6zhkUQ
一念三千

この一念三千の教理が完成するまでには背景がある。

天台宗の実質的な開祖は智であるが、龍樹を開祖とし、第二祖を慧文禅師、
第三祖を南岳慧思禅師とする場合もある。
そしてその第二祖といわれる慧文が竜樹の中論を読み、一心三観を会得したといわれる。
一念三千は、この一心三観がベースとなっている。

一心三観とは、凡夫・衆生の心にはつねに一瞬一瞬で変化するが、
その中に「空・仮・中」の三諦で観ずることをいう。

竜樹の中論を読み、一心三観会得した・・・^^

それで^^

南無天台大師 南無龍樹菩薩 か・・・^^

南無龍樹菩薩が中心に近いもんな^^

でも・・日蓮ちゃんは一念三千は説いてるけど・・

「空」を説かなかった^^

なんでだろう・・・^^

156因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 21:21:13.04ID:uw6zhkUQ
法華経の「空」ね・・・^^

奥が深そうだ^^

寝る^^

157因縁果 ◆d........o 2018/05/20(日) 21:27:47.81ID:uw6zhkUQ
「日蓮の遺文では龍樹菩薩の大智度論や中論を引用する割に
大乗仏教の中心しそうである「空」については、
かなり偏向した批判的論述の仕方になっています。」

おなじや^^

みんなこう考えるよな^^

158神も仏も名無しさん2018/05/21(月) 02:54:45.14ID:ADNH+9Aw
創価が正しいならなぜ衆生を苦しめる消費税増税やインフレ誘導などに賛成するのだろう
低減税率などと言っても対象外にされた飲食業など最も厳しい状況なのに

159因縁果 ◆d........o 2018/05/21(月) 03:50:33.96ID:5sroTnwd
大智度論か^ ^

160因縁果 ◆d........o 2018/05/21(月) 03:53:25.95ID:5sroTnwd
>>121
>衆生縁の慈悲

>人間関係の因縁によっておこす慈悲で、父母、妻子、親族などを縁じておこす慈悲で普通には愛といわれるものである。我・法ともに有とする執着にもとずく慈悲であるから小悲という。

>法縁の慈悲

>あらゆる縁によって生ずるものであるから、その関係、道理によっておこす慈悲を法縁という。我という実体はないという仏教の道理は体得しているが、一切の法は空であることを体得していないので中悲という。

>無縁の慈悲

>迷いの世俗を超越した仏・菩薩のみにある、縁なくしておこす絶対平等の慈悲であるから無縁という。人・法の一切法は空であると体得した智慧よりおこる慈悲であるから大悲という。

>この智慧を因とする無縁の大悲が浄土の法性であり根本である。

>う〜〜ん^^

>すんばらしい^^


これやな^ ^

161神も仏も名無しさん2018/05/21(月) 11:10:12.26ID:YqcMKvoW
南無大師遍照金剛
南無阿弥陀佛
南無大悲恩主釈迦牟尼佛

162神も仏も名無しさん2018/05/22(火) 07:06:56.69ID:pUsAKkBJ
変成男子すらまともに理解できないとは。
原本を読みなさい。

163ポッタン師2018/05/22(火) 07:27:45.60ID:E/jUs9v4
162.迷信である。
法華経は、釈迦のバカ弟子が作ったバカお経である。

164神も仏も名無しさん2018/05/22(火) 18:12:46.39ID:dzUeDU4x
南無大師遍照金剛
南無虚空蔵菩薩
南無大悲恩主釈迦牟尼佛

165日本鬼子 ◆3yNEHqeJlglY 2018/05/22(火) 19:52:31.84ID:AVHstBPG
>>112
無明を悪とすると縁起が壊れるから止めた方がいいね。

166神も仏も名無しさん2018/05/22(火) 22:48:32.54ID:SSLhKZZI
>>165

確かにね。

無明=悪というわけではないよね。

無明とは「真理に暗いこと、智慧の光に照らされていない状態をいう」なのだから、悪行の要因とはなるけれでも、イコールという訳ではないね。

反対に仏の悟りを得られれば、一切衆生は本来皆仏と悟るのだから、悪心を起こして人々を苦しめるような愚かな行いはしないだろうね。

何が善で、何が悪なのか。わかっているようで実は皆まじめに考えている人は少ないようだ。



法華経 提婆達多品には悪人の成仏が説かれてある。

善とは何か?悪とは何か? 非常に興味深い教えが説かれてある。

167桃太郎2018/05/22(火) 22:48:52.25ID:SSLhKZZI
法華経の一念三千は、究極の内省の哲学です。自分は特別に尊いのだ、などという傲りをだれ人にも許さない平等の哲学です。

人間尊厳の哲学です。

極善の仏にも、悪の生命が具わり、極悪の提婆にも、仏の生命が具わると見る。

その上で、「悪との戦い」を続けているか否かによって、現実は、善と悪の軌道に、遠く正反対に分かれてしまう。

そして、じつは、この一点に、提婆達多品を読むカギがある。結論を先に言えば、悪との「限りなき闘争」こそ、提婆品を貫く魂なのです。

(法華経の智慧より)

提婆品で、釈尊が成仏したのは「皆提婆達多が善知識に因るが故なり」(法華経 p424)と説かれていることです。

提婆達多がいなければ、釈尊も仏にはなれなかったと。

天台大師も『法華玄義』で「悪によって善あり、悪を離れて善なし」(巻五)、また「悪は是れ善の資(善を助けるもの)なり。

悪なければ、また善もなし」と述べています。


そこだね。善と悪とは「実体」ではない。どこまでも「関係」の概念です。

ゆえに、一人の人間がはじめから善人であるとか、悪人であるとか決めることはできない。

牧口先生は、「善人でも大善に反対すれば直ちに大悪に陥り、悪人でも大悪に反対すれば忽に大善になる」と言われていた。

また、わかりやすく例えて次のようにも言われている。

「顔回がもしも孔子に反対したとすれば、亜聖が直ちに大悪人に陥らなければならず、この孔子がもしも釈尊に反対したとすれば、直ちに極悪の果報を結ばなければなるまい」と。

遠藤: 顔回とは孔子の弟子で、亜聖、つまり孔子に次ぐ聖人と言われていました。

その顔回が孔子に背くのは、中善が大善に背き、一転して大悪になる。その孔子も極善の仏に背けば極悪になる。

なるほど、善悪は関係性ですね。

168日本鬼子 ◆3yNEHqeJlglY 2018/05/23(水) 04:07:02.23ID:F9KG5Lt4
>>166
縁起を変な風に解釈してますね。
無明は事象に興味を持って無いだけですよ?

169桃太郎2018/05/23(水) 09:37:26.90ID:8BVYfJhM
「無明」とは、端的にいえば、仏の教えに対する不信であり、もっと言えば、我胸中の仏界の生命を信じられないことなんですよ。

世の中の不幸は「不信」によるものが大きい。 ゆえに仏法は一対一の誠実の対話を重視します。


仏の教え(悟り)とは、極論していうならば、万物根源の法である「大宇宙の生命」が「我が生命」に一塵もかけず備わっているということなんです。

いわば、私たちの生命は「小宇宙」ともいえるでしょう。


(三世諸仏総勘文教相廃立)

「釈迦如来・五百塵点劫の当初・凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき」


ところが、凡夫の私たちは本来、自分自身が「仏」の当体ということをなかなか信じられない。

同じように、他者の中に尊き仏の生命が内在していることを信じられないのです。

これを悟るを「仏」といい、迷うを「凡夫」というのであり、決して九界を離れて仏が存在するわけではないのです。

仏法は生命尊厳の哲学なのです。ゆえに、この法を広めることが、他者の生命の尊厳につながり、ひいては世界の平和へつながっていくのです。


ゆえに、九界から離れたところに仏を求める「灰身滅智」などというのは、まだ低い随他意の教えといえるでしょう。


法華経に説かれる、九界の衆生の成仏は、まさに一切衆生が平等に成仏できるということを教えているのです。

170日本鬼子 ◆3yNEHqeJlglY 2018/05/23(水) 14:29:00.92ID:BlIfgecy
>>169
あほう。

新着レスの表示
レスを投稿する