外道の独り言 8

1神も仏も名無しさん 2017/12/10(日) 16:35:46.20ID:QdzHGF9T
☆彡
「ここは誰もが好き勝手に書き込んで良い」というスレではありません
このスレの趣旨は、仏教に関する様々な論点に関して
パーピマン殿が私見、疑問点等を提示いたします
「外道がぶつぶつと独り言を書き散らしているスレ」です
極めて恣意性の強いスレであることを了解願います
上げておりますのは、別段大勢の人たちに来てほしいからではなく
(むしろその逆で過疎って欲しいくらいです)
「真摯なる碩学」が
パーピマン殿の書き込みを目に留め、その瑕疵を指摘してくれることを望むが故です
自由に好きな相手と対論したいと思う人は、このスレを覗かずに他スレに移動してください
昨今、スレ立てが大変困難であり、好き勝手にスレを消費されことは大変迷惑なのです

自由に書き込みしたい方は↓こちらへ
ひだ =^・ ・^= まり
ttp://super2ch.net/test/read.cgi/mattari/1505400181/?s2
ttps://rosie.5ch.net/test/read.cgi/siberia/1500265524

前スレ
ttps://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1491547539
ログ保管庫
ttp://houjugusya.web.fc2.com/link.html

68因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 18:28:57.60ID:jlpkNqJa
う〜〜ん^^

悟りの世界やな・・・

69因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 18:33:19.01ID:jlpkNqJa
喜怒哀楽の虚妄の世界に住んでいるおまいら・・

理解した?^^

70因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 18:39:29.39ID:jlpkNqJa
無常の故に直ちに無我が導かれるのではない。凡夫にとっては,
まず無常法によって苦法が導かれる。
凡夫はすべてのものが無常であるという真理を,生来の無知(無明)の故に
自覚することができず,わが身に執着(五執蘊〉し,さらにわが身が頼りと
するところのものを永遠でありたいと望み,執着する。しかし無常の法は,
絶対的であって凡夫の願いを容赦なく打ち砕く。
ここに苦の法(一切皆苦〉が生じて来る。したがって,苦の法は,無常の法に
依存する二次的根拠であるが,凡夫の無常なものに固執するこの習性は,
無始時来生と仏教では説明する。


凡夫すなわちおまえら^^
この世界に生命が誕生したときすでに,自

71因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 18:41:03.55ID:jlpkNqJa
無常→苦→無我か・・・^^

まさしく^^

72おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/03(水) 18:46:55.86ID:LHLjyrWh
 
仏性からの真如縁起からの観照によって
  ↓
空即是色

ttp://blog.livedoor.jp/daibakarenji/jyuugyuuzu.html
ついにの頂点に達して
さらに無の世界も超えて

大円鏡智からの → 阿頼耶識を観照して
平等性智からの → 末那識  を観照して

(移り行く世界の様を)ありのまま見つめている

円成実性から → 依他起性を観照する

(色即是空してから?そして → )空即是色?
  _  _  _

仮設としての
依他起性している世界の中で
地水火風空識に依存している
色受想行識の仮和合

ということに気づくことなく

一休さんに石を投げつけている?
>>56のリンク先を参照

73因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 19:07:09.35ID:jlpkNqJa
一休宗純 - Wikipedia
正月に杖の頭にドクロをしつらえ、「ご用心、ご用心」と叫びながら練り歩いた。

文明13年(1481年)、酬恩庵(京都府京田辺市の薪地区)おいてマラリアにより死去
享年88。臨終に際し「死にとうない」と述べたと伝わる。

臨済宗か・・

74因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 19:14:45.31ID:jlpkNqJa
臨済宗は坐禅を修行の根本に位置付けながらも、同時に師から受けた公案について考え尽くし、師と問答を繰り返すことで悟りを目指す宗派である。

なるほどね^^

75因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 19:49:11.68ID:jlpkNqJa
一切衆生は本より涅槃常楽の体にして、法身般若の智身なれども、此(この)五蘊の色心に迷ひ、ゆえに凡夫となり三界に流浪するなり。

この身は本より法身の体なれども、法身なる事を知らずして、わが身と思えるは、法身を見かくして、わが身と思い、わが身に迷いて、貪瞋煩悩をつくり、ふかく悪道にしずむなり

かかる地水火風の、仮なる身なることを知らずして、わが身と思いて、千万年も、死すまじきように思い、わが身ぞとかたく執着す。

これ一重の、凡夫のまよいなり。

76神も仏も名無しさん2018/01/03(水) 19:49:33.76ID:8grsGd2E
神智学などにおいての各段階(イニシエーション)は、非常に非常に非常に簡単にいうと

第1段階:魂による肉体の統御
第2段階:魂によるアストラル体の統御

第3段階:魂によるメンタル体の統御(ここで、肉体・アストラル体・メンタル体の低位3諸体が統御される)

第4段階:磔(コーザル体の死)

以下略(人間が肉体を持ったままうけられる最高段階は第5段階とされています)

イエス・キリストは第4段階、臨済宗の栄西で2.2段階だったとされています。

77基地子菩薩2018/01/03(水) 19:56:48.97ID:2ONPau3h

78神も仏も名無しさん2018/01/03(水) 19:59:16.29ID:jlpkNqJa
第五に、識というは、これすなち色受想行の四つのもといとなりて、三界六道を生じて人々の身より森羅万象、天地虚空までを生ずるまよいの根本なり。

この識は全体本心にて、体には差別なしといえども、無明のわずらいある故に識という。

http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20110606/1307368476

なかなかやな^^

79因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 20:12:44.89ID:jlpkNqJa
心経にいはく、五蘊みな空なりと照見すれば、一切の苦厄を度すと。

この意は、五蘊本より空にして、なきものなる事をさとりて、
その理をあきらかにてらし見れば、一切もろもろの、生死の苦患厄難を
度脱して、法身般若の体にかなふという意なり。


う〜〜ん^^

すんばらしい^^

80因縁果 ◆d........o 2018/01/03(水) 22:03:06.29ID:jlpkNqJa
三界は虚妄にしてただ一心の作なり

81基地子菩薩2018/01/03(水) 22:59:25.80ID:2ONPau3h

82神も仏も名無しさん2018/01/06(土) 14:30:57.58ID:KffQakSA

83おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/06(土) 16:48:05.55ID:q4M5Bh/L
 
ttps://www.youtube.com/watch?v=03FQLJNq5Sw
NHKスペシャル
キラーストレス 第2回 ストレスから脳を守れ

ttp://www.nhk.or.jp/special/stress/02.html
マインドフルネス
…何か雑念が出てきたことに気づいても
その辺りに漂わせておくようにして
自然に消えていくのを見届けます

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0
フォーカシング(焦点合わせ、Focusing)
…まだ言葉にならない意味のある感覚(フェルト・センス)に注意を向け、その感覚と共に過ごす
…胸の奥や腹の底など身体の中心部分にぼんやりと注意を向けながら
何かの気がかりにまつわる感じ(フェルト・センス)が感じられるのを、受容的な態度で待つ

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E8%A1%8C%E5%8B%95%E7%99%82%E6%B3%95
認知行動療法(Cognitive behavioral therapy:CBT)
マインドフルネス認知療法(MBCT)
弁証法的行動療法(Dialectical Behavior Therapy:DBT)
マインドフルネス
呼吸や、感情が生じては去っていくまでを観察する

ttp://www.geocities.jp/bodaijubunko/h/paauk.jhana.htm
第一禅定 ヴィタッカ(尋)
どこかへ飛んでいってしまう心の働きを
呼吸(を観照すること)に戻してくる要素があります
(仏性からの真如縁起からの観照に ← 戻る帰る要素があります)

84パーピマン2018/01/07(日) 02:34:20.40ID:Imi5SlZy
>>82

まあ、何ていうか、止観 の簡易版みたいなw

85おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/08(月) 18:29:36.97ID:+HCmKj3W
 
ttp://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1491547539/361
(たとえば
  上座部系とかの
  止(サマタ禅定)観(ヴィパッサナー智慧)とかの)
様々な手法で、治療や改善を試み、効果が出たとしても
その後再び、(ダイエットに於けるリバウンドの如く)
うつ病が再発する際の理由は何だと思う?

 − この問いに対して −
ttp://www.onedhamma.com/?p=6455
2018/01/07のPodcast法話
仮設としての
無明に依存して
我癡・我見・我慢・我愛に依存して
『(精神的な状態が?)以前よりも悪化する場合もある』ということであるらしい

止(サマタ禅定)観(ヴィパッサナー智慧)とかの実践をする場合は
たとえば
パオ・セヤドーとかの師匠のもとで実践しないと
(精神的に?)危険な場合もあるらしい

(これは↑おじゃるの個人的な見解ではないでつ。一応、念の為… スマソ m(_ _)m )

余念を交えず、ただひたすら只管打坐も
只管打坐の師匠のもとで実践した方がよいかも?

86おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/08(月) 19:07:36.06ID:+HCmKj3W
 
仮設としての
無明している世界の中での
頼耶縁起、前提の
我癡・我見・我慢・我愛、前提の

第六意識からの観察は
(精神的な状態が?)悪化する場合がある

 − これを対処するために −

仏性そのものからの観照によって

上座部系の場合は
どこかへ飛んでいってしまう心の働きが → 呼吸(を観照すること)に戻る帰る
(仏性そのものからの観照に ← 戻る帰る)

禅宗系の場合は
余念を交えず、ただひたすら只管打坐 『仏性そのもの』
  _  _  _

師匠のもとにつくこともなく
一人だけで実践するのは危険な場合もあるらしい スマソ m(_ _)m

87パーピマン2018/01/09(火) 15:35:49.19ID:e927kYH5
佐々木閑氏・・・・彼は大方の見解は賛同できるのだが、無我輪廻論だけはどうもねえww

宮崎氏に激しく突っ込まれていたがw

この無我輪廻論をいう奴は結構いるけど、彼らは決して、「業報論」の話はしないんだよねw
一対一対応の業報(悪因悪果)の話になると、無我と矛盾ししてしまうからw
(決まって、「五蘊によって形成される『我』という仮設されたものは業のエネルギーによるものであって
それが継承されるのあり、それは不定形で、なんちゃらと・・・・」www というだけで、
業の対応関係、即ち、三世に跨る自業自得の話はしないww)

・・・・・仏教が内包する最大の矛盾の一つなんだから、いい加減論理的整合性をつけろとw
仏教学者たちはw

88おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/09(火) 18:01:15.76ID:CQdaGEpH
 
金銭的な余裕がないので、まだ読んでないけど、とりあえず
ttp://www.shinchosha.co.jp/book/603818/
ごまかさない仏教
仏・法・僧から問い直す 佐々木閑・宮崎哲弥

「無我」と「輪廻」はなぜ両立するのか?

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%AA%E5%BB%BB
仏教内における輪廻思想の否定
現代の仏教者、僧侶、仏教研究者の中に
『ブッダは輪廻を否定した』という主張が少なくない

『ブッダは輪廻を否定していたが
  その当時の人々が輪廻の観念に縛られていたために
  仮に是認した』
だからこそ
『輪廻という想念に留まるべきではないと導いていた』

輪廻否定派の場合は↑これでよいんジャマイカ?

たとえば輪廻否定の場合でも↓この現世において
ttps://www28.atwiki.jp/buddha/pages/17.html
漢訳 第一義空経
無明に縁りて → 行に縁りて → 識に縁りて → 『苦しい!』が現れる
無明滅する  → 行滅する  → 識滅する  → 『苦しい!』が滅する

89おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/09(火) 18:29:10.33ID:CQdaGEpH
 
(輪廻否定派にとっては…)
バラモン(ヒンドゥー)
…人間がこの世で行った行為(業・カルマ)が原因となって
次の世の生まれ変わりの運命(輪廻)が決まる
人々は悲惨な状態に生まれ変わる事に不安を抱き
無限に続く輪廻の運命から抜け出す解脱の道を求める

この段階で↑すでに論理的整合性は破綻している。と思われる

この論理的整合性が破綻している。と思われる
輪廻を
とりあえず仮の前提として
その当時の人々の心の働きに合わせて導いているので

今、現在の輪廻否定派にとって
完璧に納得できるような
論理的整合性による導きは難しいのかも?

縁起一代師匠なら、どのように答えたのでしょうか?

セブン僧侶なら、どのように答えまつか? ヨロ m(_ _)m

90神も仏も名無しさん2018/01/12(金) 23:30:56.16ID:3tICGAUG
20代の73%「生まれ変わっても日本人がいい」
2018/01/01 11:10
http://www.vsnp.net/archives/23253215.html

91神も仏も名無しさん2018/01/13(土) 01:41:57.05ID:J8ERxpPy
ラマナ・マハルシ師は『あるがままに』の中で輪廻転生の問題を以下のように説明している。

質問者  輪廻転生は真実でしょうか。
マハルシ 無知が存在するかぎり、輪廻転生は存在する。
本当は輪廻転生など全く存在しない。今も、今までも、そしてこれからも。これが真理である。

ということで、ラマナ・マハルシ師は輪廻転生すら無知(即ち、自身の肉体や心を真我と思いこむこと)に基づいた現象であり、
真我の立場からは存在しないと一刀両断にしている。
以下、魂やサンスカーラとの関連で次のように応じている。

質問者  ・・・魂とはヒンズー教の教義が示すように、何度も何度も生まれ変わる実体なのでしょうか、
それともそれは単なるサンスカーラ、精神的傾向の集合体にすぎないのでしょうか?

マハルシ 真我は永遠に存在し、影響を受けない。
転生する自我はより低い次元、つまり想念の次元に属している。
それは真我実現によって超越されるのである。

92亀和尚2018/01/13(土) 09:03:51.36ID:vSiNSnAO
>>90
徴兵制が無いからじゃよ。

93神も仏も名無しさん2018/01/13(土) 09:51:41.50ID:J8ERxpPy
>>92
インドや中国にも徴兵制はないぞ

94亀和尚2018/01/13(土) 10:45:56.05ID:vSiNSnAO
>>93

どちらも不正と貧困の生き地獄じゃな。

南無南無 (‐人‐)

95123師2018/01/13(土) 14:40:45.25ID:qaFPGfo2
91.
輪廻は存在の問題である。
宗教は存在の問題ではない。倫理、生活の問題ではない。
だからして、輪廻を問題とすることは、宗教以外の問題を、問題としていることになる。

96神も仏も名無しさん2018/01/14(日) 01:27:55.50ID:a2F6HanT
他化自在天(たけじざいてん、Skt:Paranirmitavasavarti-d.)
三界における欲界の最高位、且つ六道の天道(天上界)の最下部である、六欲天の第六天。
欲界の天主大魔王である第六天魔王波旬(はじゅん、Papiyas、パーピマン、パーピヤス)の住処。

六欲天は天界の最下部だが六欲天にも六欲とあるとおり六つの段階があり、最上位が波旬が住む他化自在天、最下部が四天王の住む四天王衆天である。
四天王衆天は須弥山の中腹に位置する。
四天王衆天は俗に下天といわれ、その一昼夜は人間界の五十年に相当する。

敦盛の一節
人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
とは「四天王の住む下天では一昼夜しか過ぎない間に人間界では五十年も過ぎている、下天と比べれば儚い夢のようなものだ」
という意味である。

97神も仏も名無しさん2018/01/14(日) 01:33:51.03ID:a2F6HanT

98おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/14(日) 12:22:13.07ID:/KSQRegg
サンスカーラ
形成力、形成されたもの、有為
意志作用
志向作用
例えば
桜を見て、その「枝を切って苗木を植えてみよう」と思い巡らすこと

大乗仏教(諸行無常)
現象世界の生滅変化している全存在を意味する

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AD
人は欲よりなる
欲にしたがって意志を形成し
意志の向かうところにしたがって業を実現する
その業にしたがって、その相応する結果がある
ブリハド・アーラヌヤカ・ウパニシャッド

中論 第二十六章 十二の鎖の環(十二因縁/十二縁起)の考察
無明の暗闇に覆われて、人はその者自身を未来の生へと
追いやることになる性質を持った、三種類の行為を行う(カルマを積む)

無明に依存して
渇愛(タンハー)が現れて
誤ったあり方を掴んで離さないような固執も現れて、そして

常見派の場合は
(無明に依存して)
『輪廻している!』という想いが現れ(そして滅し)ている

99神も仏も名無しさん2018/01/17(水) 01:09:11.35ID:gDM+lBuM
無我って怖すぎ?【無常・無我】前編
http://thierrybuddhist.hatenablog.com/entry/2015/04/05/050000

100神も仏も名無しさん2018/01/17(水) 07:48:44.55ID:BhjcdP7D

101パーピマン2018/01/19(金) 22:35:56.65ID:WV2XOEou
佐々木と宮崎の対談本・・・・・・まあ、初心者向けの本とは言い難いなw

しかし、仏教の論点、争点などがまとめられていて、初期から部派仏教までの
問題点をざっとおさらい人にはいいかな?

・・・・今は、がらっと変わって禅宗・・・・臨済録から碧巌録までをもう一度ww

102神も仏も名無しさん2018/01/19(金) 23:37:11.57ID:FqcAHeLZ

103パーピマン2018/01/20(土) 00:59:15.09ID:30KKAQB2
>>102
う〜〜〜んw

あれだけでは判断しかねるなあw
確かに一代っぽいがw

104おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2018/01/20(土) 14:23:11.79ID:achiX2Aw
 
密教系の越法罪(おっぽうざい)?

404

できる人でも普通は口外しないと思う
特に出家は戒律で禁じられてる
2ちゃんだからたまたま運良く聞けてる、と思った方が正解
  _  _  _

↑縁起一代師匠みたいな感じがする?

105神も仏も名無しさん2018/01/21(日) 09:59:28.74ID:PmIWM2XS
>>104
越法罪
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E6%B3%95%E7%BD%AA

灌頂や印可を受けてない者、得てない者が真言陀羅尼を唱えたり梵字を書いたりしてはいけないとある

般若心経の羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 という呪文の箇所は真言陀羅尼になるのかな?
大悲心陀羅尼や光明真言や十三仏真言は読んだり唱えたりして大丈夫?

あと一般大衆の梵字での写経とかも本来はNG?

106宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 15:13:58.23ID:6FrnNRPt
>>105
般若心経中の真言陀羅尼、大悲心陀羅尼や光明真言や十三仏真言、
そして、梵字写経...の実践については、全然、大丈夫ですよ。
基本的に寺院から唱えるよう推奨されているもののすべては、
当然、憶えて唱えた方がいいに決まっています。
写経はお絵かきではないので、正しい作法に乗っ取って行うならば良い修行になるでしょう。
梵字も問題ないです(尚、書き損じをゴミ箱へポンなどは絶対に慎むこと)。

ただし、
できるだけ間違うことなく行うべきものなのでできれば直接、寺院(僧侶)に足を運んで修得したほうがいい。
でなければ、真言陀羅尼CDを入手して、繰り返し練習をして正しく身につけることです。
特に、大悲心陀羅尼などについては深遠にして霊験あらたかとされているので、
これはより注意すべきものと思われます。うまくできないのならば清く諦めて辞めた方がいいです。
あと理趣経だけはハッキリいって止めといた方がいい。これは後期密教へと繋がる最奥秘教的な経であるので、
元々、素人が唱えるようなものではないからです。

あなたが危惧されるように、
まるですべてがダメかのように喧しく戒める的な風潮が真言宗や天台宗、
特に伝統を背負う本家であるところの高野山真言宗(他に本家を謳うのは東寺)にはあるのですが、
真言宗とて中期密教の伝承諸派に過ぎないのであって、密教の創始などではありません。

107宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 15:14:50.18ID:6FrnNRPt
もしも、本当にすべてダメだというならば真言宗の始祖である弘法大師/空海その人自身が、
密教の正式な灌頂と三昧耶を受けずに何者かにより虚空蔵求聞持法を教授されて、
これを修習したなどということが自体が歴史的にあり得ないこととなる。
当時の空海ならば、たとえ己れがそのことでもしも地獄に堕ちると聞いたとしても、
それでも本望だといって密教の法を求めて自ら修得したに違いない。

【『摂真実経』下では、「越法罪は五逆罪よりも重く、
地獄に堕して出期(しゅつご)することがない」とまで説いている。】(wikipedia)

こういうのはあくまでも脅しです。
仏教を説かれたブッダ御自身の教えには真言陀羅尼の指導などはもちろんのこと、
それを教えたり唱えただけで地獄に堕ちるなどというものはぜ接待にありませんから。
それはつまり、誰でも安易な気持ちで手を出すことなく、
こうして法が誤って流布されていくことを防ぐための方便として密教が説いたもの。
密教は確かに深遠なものとして挑むべきものであるし、その中には誤解を招くような難解かつ高度な教えもあり、
また伝承されてきた真言陀羅尼の中には、自身や周囲に霊的な危険を及ぶ類のものもあるので、
準備とその資格に達した者でなければ破滅を招くからです。

よくある何でもダメ的な風潮はすべて間違っています。
以下のリンクをよく読んで正しく理解すべきです。

参考:■越三昧耶(越法罪)について
http://www.horakuji.hello-net.info/lecture/sila/samaya-sila.htm

108宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 15:20:44.71ID:6FrnNRPt
>>107
訂正
 ×「ぜ接待にありませんから」
 ○「絶対にありませんから。」

109神も仏も名無しさん2018/01/21(日) 18:13:17.06ID:FayTd4VX
>>106
>あと理趣経だけはハッキリいって止めといた方がいい。これは後期密教へと繋がる最奥秘教的な経であるので、
>元々、素人が唱えるようなものではないからです。

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13163816383
>『般若理趣経』皆さんも読経してみませんか?
>私自身、よく読みますし、思想・信条の根本となる経典 なんです。お勧めいたします。

>漢音で発音する経文は、かなり心地よく、脳波をα波に導き、ストレス社会を生きる現代人に、仏とチャネリングが可能な、有効的手段でもあります。

と主張している方もいますが、どうなんでしょ?

110パーピマン2018/01/21(日) 19:02:29.90ID:0wtn9Y9G
理趣経ねえw

確か、空海と最澄もそれでもめたよな?w

まあ、左道に繋がる部分があり、きちんと師匠について学ばなければ
誤解が生じやすいことは、その通りなんでしょう?w

空海よりで解釈すると、決して意地悪で貸出拒否ではなくて、誤解を恐れたとw

・・・・・さて、門外漢が読んでいいものか?

どうなんだ?  >承狂

111亀和尚2018/01/21(日) 19:45:22.94ID:inNUwK8S
>>110

仏教の本質が綺麗事では無い
事を理解しているなら読む巾
じゃな。 南無南無(‐人‐)

112神も仏も名無しさん2018/01/21(日) 20:56:37.37ID:clllehnl
公案・祖録を勝手読みするより、はるかにマシかも?   >>110

113宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 22:21:39.52ID:6FrnNRPt
>>109
その人のいうような、
「α波に導く」、「仏とチャネリングが可能」、「トランス状態に入りやすい」といった問題ではなくて、
理趣経というのは師匠から伝授を受けて「理趣経加行」という行を終えてから初めて読誦が許される経典なので、
要するに在家のままでは読誦することは認められていません。
地獄には堕ちませんけれども、理由としてはやはり内容的に後期密教へと流れるタントリズムの教えが説かれていて、
教えが誤解されて流布していくことを避けたいがためでしょう。
また、実際にこの経の読誦というのは、その節回しと息継ぎと音程の使い方がかなり難しいです。
私はお薦めしません。

114宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 22:26:03.86ID:6FrnNRPt
>>107
リンク訂正:

エーと、すみません。
参考サイトのリンクが変更されていましたので、訂正リンクすると共に一部のみ抜粋しておきます。
この問題に関心を持つ者であるならば、必ずこの解説の全文すべて(相当量あり)に目を通されておくことをお薦めします。
これほど深く熟考されて、的確に解説されたものは他にはなかなかないと思います。

§三昧耶戒(発菩提心戒)
■越三昧耶(越法罪)について
 『ところで、密教において厳重に戒められる行為があり、今の真言や天台でもやかましく言われることがあります。
 それは、先に示した『大日経疏』に云われる「所有祕密之法無三昧耶者。不應爲説(この秘密之法を、三昧耶なき者には、決して説いてはならない)」
という点。すなわち、三昧耶を受持していない者に対し、密教(の具体的修道法)を決して説いてはならないということです。
 これを犯すことを、特に越三昧耶法[おつさんまやほう]あるいは単に越三昧耶、もしくは「有部律」の用語を流用して、越法罪[おっぽうざい]などと
言いいます。---中略---

 この越三昧耶あるいは越法罪ということについて、これは近世からのことなのでしょうか、今の密教徒にもひどく拡大解釈して用いる者がしばしば見
られます。
 例えば、「三昧耶戒(ひいては灌頂)を受けていない者に対しては、どのような真言であれ一語たりとも教えてはいけない。解説してはいけない」であ
るとか、「それが書かれている経典や論疏・儀軌はもとより、内容を解説している書物をすら見せてはいけない」、あるいは「三昧耶戒を受けていない者
が真言・陀羅尼を唱えることも禁止されている」などと、ただ単純に言う者が比較的多くあるのです。
 笑うべし。まったく愚かな謬見であると言わざるを得ません。

115宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/21(日) 22:26:36.67ID:6FrnNRPt
 もし、であるとするならば、三昧耶戒を受けていない者に『般若心経』を読誦させると越三昧耶だということになるのでしょうか。なんとなれば、空海
の『般若心経秘鍵』によれば、『般若心経』(特に最後の真言)は密教経典であると理解されているためです。まぁ、これは我ながら少々極端な物言いであ
りましょうか。
 あるいは、空海自身、唐に渡って正式に密教を受法する以前、吉野の何者かより虚空蔵求聞持法[こくうぞうぐもんじほう]を習い、これを修習してい
ます。このとき空海がすでに三昧耶を、ましてや灌頂を受けていたなどとは到底思えず、まずありえないことです。
 また近いところで言えば、偉大なる行跡をのこした大戦前の碩学、長谷宝秀師など、悩める学生時代を送っていた上山春平に、出家だの灌頂を受けさせ
てどうこうだのすることなく求聞持法を授け、行わせています。
 (すなわち、虚空蔵求聞持法を引き合いに出して言えば、それは今いわれるような意味での秘法などではなく、灌頂を受けていないものに教えてはいけ
ないなどといったものでもない。)
 そもそも、顕教の諸経典にも広く様々に真言・陀羅尼は説かれているので、そのような単純な物言いは全く妥当性を欠いたものです。

 そもそも、そのような妥当性や根拠を欠いてではなく、越三昧耶ということを上掲の『大日経疏』ならびに『秘密三昧耶仏戒儀』に正しく従って言った
ならば、現在の日本の密教を標榜する僧尼はほとんどすべて越三昧耶に該当することになるでしょう。』
http://www.horakuji.com/lecture/sila/samaya-sila.htm

116神も仏も名無しさん2018/01/22(月) 01:44:13.96ID:T2wjw7YT
般若理趣経

第一章

この正しい法門をただ聞くだけでなく、よく身に受持し、日に日に読誦し、よく心に思惟すれば、
この世において、父母によって生まれたこの身体のままで、すべてのものの片寄らぬ本質を見極め、
金剛のごとく不壊で安らかな境地になるであろう。

第二章

金剛手菩薩よ。もしあなたたちがこの四つの悟りを生み出す法を聞いて、これを読み誦え、身に保ち持っていたならば、
たとえ今ここで数えきれない重い罪をなしたとしても、必ず一切の地獄に墮ちるという報いを超えて、そのままで無上正等覚(さとり)を証することであろう。

以下の章でも経典読誦の功徳で締められているのだが
この功徳は灌頂を受けた僧侶にのみ与えられた特権で在家の信者には無縁なものなのかな?
https://piicats.net/risukyou.htm

117宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/22(月) 04:21:08.23ID:oqTQR3dr
>>116
>以下の章でも経典読誦の功徳で締められているのだが
>この功徳は灌頂を受けた僧侶にのみ与えられた特権で在家の信者には無縁なものなのかな?

当たり前の話ですが、密教のすべてを在家のままで修得することは不可能です。
では、どこまでが在家のまま可能であり、或いは許されたものであり、
また或いは、できれば身につけた方が得策といえるものなのでしょうか?
これはあくまでも個人的な私の見解にしか過ぎないものなのですが、正直なところを述べさせてもらうと、
そもそも経の読誦によって謳われる功徳や霊験というものについては、私などは話ソコソコの話半分程度のものとして受けています。
経に書かれた意味であるとかその読誦の霊験功徳というものはすべて似たり寄ったりが多くて、
ただ唱えるだけで罪障消滅し、五逆罪も救われるだとか、殆どそんな文句ばかりです。
私はそういう文句などは殆ど信用していません。
要するに、ゴータマの説かれた基本的な真理であるところの縁起と業報の教えに反する在り得ない内容でしょう。
だから、この私は大乗諸経の意味などには最初から殆ど価値をみていないのです。
それと読誦による功徳霊験でいうならば、経文ではなくて真言陀羅尼のほうでしょう。そのためのマントラ(呪文)なのだから

118宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2018/01/22(月) 04:21:41.75ID:oqTQR3dr
経文というものは、そもそも読誦による功徳霊験などではなくて、そこに書かれてある意味を解すべきものだからです。

なので、
僧侶でなければダメだといってる理趣経の読誦なんかにそこまで拘るよりも、
私的には、伝授してくれる僧侶を見つけて正しく三部被甲の護身法を修得してきたほうが
自身の密教在家修行には役立つのではないかと思います。まっ、これも在家は一切ダメだとする僧侶も多いけれども・・・(苦笑)。

私自身は、密教の世界に身を置いてドンドン深く入っていく...といった考え方は持っていない。
けれども、護身法くらいは身につけないと密教修行としては話にならないという考え方はしています。
ただし、これを授けてくれる密教僧を見つけなければならないことが難点です...。

まずは、五体投地の礼拝と金剛合掌、
そして、光明真言などの各種真言読誦を続けることで、普通は在家修行としては殆ど問題ないものと思う。
ただし、これも考え方一つなので、どうしても理趣経の読誦したいならば自宅で大いにやればいい(寺院でやったら驚かれる...)

新着レスの表示
レスを投稿する