神道に目覚めた 日本人なら神道 [無断転載禁止]©2ch.net

1神も仏も名無しさん2017/04/06(木) 19:41:35.46ID:/NSbYK88
だろ?

149神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 01:41:55.12ID:wnGdtUfr
宗教・芸術にも精力的
「文明」の条件としては、「都市」以外にもこんなものがある。

「狭い意味では、人力をもっていたずらに人間の需要を増し、衣食住の虚飾を多くする」
「広い意味では、衣食住の安楽のみならず、智を研き、徳を修めて、人間高尚の地位に昇る」

これは福沢諭吉による文明の定義だ。簡単に言えば、「単なる衣食住を超え、何か知的なものや精神的なものを求めている」ということ。

その視点で見れば、上記の大型掘立構造物が神殿だと言われていることに注目できる。衣食住を超えた精神活動のために、最も高度な知識や技術をつぎ込んでいるのだ。

さらに教科書に出てくる火焔型土器や様々な土偶の造形も、高度に精神的活動である「芸術」に他ならない。

上に紹介したヒスイも、装飾品だ。この硬い石に紐を通す穴を空けるのが、また大変な技術を要するという。
「なぜ縄文人に可能だったのか」と、まるでオーパーツ扱いをされたこともあった。当時の人々は、美の追求のためにそれだけの技術をつぎ込んだのである。

こうしたことから、「縄文時代を文明と見なさない通説は間違いだ」という意見は多い。「『世界四大文明』に日本の縄文を入れて、『世界五大文明』と呼ぶべき」との声まであるほどだ。

150神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 01:47:51.93ID:wnGdtUfr
戦後の左翼史観が「縄文=原始的」のイメージを生んだ
しかし、こうした驚くべき可能性を持っている縄文時代に、なぜ原始的な時代かのようなイメージがつきまとっているのか。

大きな理由は、戦後の考古学にある。

そもそも「縄文時代」という時代区分は、先の大戦以前にはほとんど聞かれなかった。敗戦後、日本の神話や皇国史観に"偏りすぎた"歴史観を見直す流れの中で、「縄文・弥生」という区分名称が使われるようになったのだ。

というのも、これらの用語は「日本は劣った狩猟生活をしていたが(縄文)、大陸から稲作が持ち込まれ高度な農耕社会が生まれた(弥生)」という歴史観を反映しているのだ。

例えば、「縄文・弥生」という区分名称が普及する大きなきっかけになったとされる『日本の考古学』(1966年)には、次のような記述がある。

「弥生時代は、ながく停滞的な採集経済の段階にあった縄文時代の日本民族が、大陸の農耕文化の促進的な影響をうけて稲作を中心とする生産経済にうつり、米を主食とする日本人のその後をきりひらいた時代である」

つまり「縄文=原始的」というイメージの背景には、「皇国史観」を敵視し、「日本より大陸の方が進んでいる」という自虐史観があるのだ。

しかし、「すでに縄文時代において前日本に日本語系統の言語が広く流布していた」(言語学者・服部四郎)、「日本語は縄文文化とともに始まった」(言語学者・小泉保)といった指摘もあるように、
この時代に、日本人のルーツの一端がある以上、その時代の姿について曖昧にはしておけない。

「縄文ブーム」の奥には、そんな隠されたルーツを求める心理も働いているのだろう。
【参考書籍】
志村史夫『古代日本の超技術』(ブルーバックス)、西尾幹二『国民の歴史』(文春文庫)、山田 康弘『つくられた縄文時代―日本文化の原像を探る―』(新潮選書)ほか
(馬場光太郎)

151神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 06:13:53.27ID:J6i0F53H
,

152神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 10:17:28.08ID:+TA+bl8g
.

153神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 11:35:05.71ID:4vvD5rcg
/

154おてんば私立学院総長 ◆Sh04QfwaGE 2018/04/25(水) 12:56:20.22ID:UJvbD+e8
>>124
そのエピソードに関して、相曾誠治(あいそ せいじ)という名前の古神道家(故人)が、自著において面白いコメントを載せているんだよね。

昭和天皇がどこかにお出かけになるときには決まってのように天気快晴で
宮内庁関係者の間では「天皇晴れ」と呼ばれていたほどながらも、
戦時中に限れば伊勢神宮内宮の御垣内にて戦勝祈願を行なっているときや御前会議ご臨席に際しては何故か決まってのように
大雨大嵐。
「これは一体どうしたものか?」と思っていた昭和天皇、のちに「これは伊勢神宮におかれる、天照大御神を初めとする神々が
戦争を早く終結させることを朕に知らせよう気付かせようとのお示しだったのではないか」と考えるに至り、
そのことを木下侍従次長に問いかけたものであると。

155神も仏も名無しさん2018/04/25(水) 17:29:50.56ID:R/zChpE3
>>146
お、楽しみー!

156神も仏も名無しさん2018/04/29(日) 18:23:29.15ID:jQNR7JQ2
>>150
左翼系学者のすべてが縄文時代を自虐的にとらえているわけではない。
そもそも何をもって自虐と捉えるのか。縄文人が野蛮だったというのは、
日本人は偉大な天孫民族で、それが野蛮な蝦夷を追い払ったという皇国
史観を一部の左翼学者が引きずっただけだろう。
左翼学者の一部(或いは左翼から国粋主義に転向したような人)もまた
別の意味で縄文時代を持ち上げている。
彼らはルソーに影響されているのか、西洋的な「文明」社会が戦争や階級や貧富
の差、環境破壊を産みだしたと考えている。彼らが天皇をはじめ渡来人が日本列島
に押し寄せるまでは縄文人は平等で平和で自然と共存する社会を築いていた
と考えているのであって、中国人や朝鮮人が俺たちが野蛮な縄文人に文明を
授けてあげたのだからありがたく思えという見方とは全く違う。梅原猛さんとか
も縄文時代の「精神」や「文化」を自虐的に捉えてはいない。
むしろ、日本版ウリナラマンセーに近いかもね。

157神も仏も名無しさん2018/04/29(日) 19:10:54.53ID:jQNR7JQ2
「わ」の思想の源流
…十七条憲法憲法以前の和の思想… 佐倉哲
http://www.j-world.com/usr/sakura/japan/origin_of_wa.html

弥生時代は要塞機能をもった環濠集落や階級の発生、王権の誕生という点で
縄文時代と明らかに断絶が存在する。しかし、大陸からきた渡来人はアメリカ
大陸を発見したヨーロッパ人と違って縄文人を皆殺しにしないで彼らと融合していった。
渡来人たちは政治を円滑に行うために先住民の広場における衆議の思想を重要視した。
縄文時代の政治思想と弥生時代の政治思想の二つの異なる原理を十七条の憲法に見ることができる。
女王ヒミコや権力を持たない女帝が擁立された経緯や江戸時代に新井白石が将軍家宣が庶民に
よる政治批判を容認していたこと、八代将軍吉宗による目安箱設置など、いろいろ例はあるのだが、
坂本龍馬がルソーも読んだことがないのに民主制の思想を理解できたのは、こうした
和の思想・衆議主義の思想の長い伝統が日本の歴史の中に存在したからなのである。

158神も仏も名無しさん2018/04/29(日) 19:19:15.90ID:jQNR7JQ2
>>157(訂正)6〜7行目
新井白石が将軍家宣が庶民による政治批判を容認していたこと

新井白石が将軍家宣が庶民による政治批判を容認していたことを
彼の随筆に残していたこと

159神も仏も名無しさん2018/05/04(金) 15:33:37.31ID:QGo09akI
日本では明治時代に宗教としての教派神道と宗教ではないとしたいわゆる神社神道とに分けた。
戦後出来た神社本庁は新興宗教団体で、神道大教のような教派神道の方が宗教団体としては
古い。 教祖、経典、戒律の三つが存在するのが宗教の定義とすると神道はやはり宗教では
ないね!

160神も仏も名無しさん2018/05/10(木) 06:47:34.79ID:X8b4L3+H
仏教(笑)

161神も仏も名無しさん2018/05/24(木) 23:10:05.41ID:TxwmXRUL
  宗教系統の人たちが「悪」に対して勘違いしてはいけないこと

 宗教で言えば、私たちもそうです。
 前述したように、この世の人が死んで不成仏になっている場合もあります。それはよくあることではありますが、
それ以外に、(生きている人のなかで)大きな野心を持ち、この世の中を悪くしようとしている人たちが動いているときには、やはり、これを止めようとして、現実の行動を起こさなければいけないこともあります。

 そのためには、「個人の力」だけでは駄目で、多くの人たちの「集合の力」が要ります。たくさんの人の思いを集め、その悪くしようとしている「方向性」を変えていかなければならないのです。
 そのあたりを勘違いしてはいけないと思います。よく考えてください。
 「平和」や「環境保護」を訴える人たちはいますし、宗教系統の人たちも、そういうことを言うのがすごく好きです。私も、できればそれを言ってみたいと思ってはいるのです。

 しかし、その結果、最終的に卑怯な自分をつくり、他の人々の幸福についてはどうでもよく、無関心で、「ただただ自分のことだけをやっていればよい」という気持ちになるのであれば、問題があるのではないでしょうか。
 このあたりは、もうすこし賢くないといけないのではないかと思います。
Go to
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/psy/1515932070/12

162神も仏も名無しさん2018/05/25(金) 19:32:08.67ID:pe0sB8gZ
神道だよな

163神も仏も名無しさん2018/05/27(日) 18:41:56.30ID:IZrQU9ZR
昭和天皇は生物学者だったので進化論を理解していたし
国家のエリート層も天皇が神の化身などではなく
ごく普通のヒトであることを理解していた。
だが、国民の間で
「天皇陛下は俺らと同じただの人間で、血液も内臓も同じ、
先祖をたどれば、サルとかアメーバに辿り着くんだぞ」
みたいな当たり前のことを言う者は不敬者とされた。
また、アメーバから進化したはずの天皇の先祖が天孫降臨
してきたという話を、教師がきちんと神話だと断った上で
教えなかったから生物学を学んだときにショックを受けて
他の同級生たちのように天皇を尊敬できなくなり
マルクス主義に走った人もいたそうだ。

彼は教師から「天皇は万世一系だから尊い」と教わったことについて
「すべての生き物はアメーバ以来万世一系だから天皇が尊いことの
説明になっていない」みたいなことを言った。

164神も仏も名無しさん2018/05/28(月) 00:37:54.63ID:3dZJs3Wn
47神も仏も名無しさん2018/05/28(月) 00:35:50.96ID:3dZJs3Wn
山猫は眠らない








俺は寝る

165神も仏も名無しさん2018/05/28(月) 01:08:01.56ID:xhhdd9pN
『天皇制と進化論』p17より
続いて右翼系出版人・野依秀市の回想を引こう。たとえ
好意的な文脈であろうとも、公に向けて天皇家のルーツ
を進化論的見地から文章化することが出版警察にとって
許しがたい実践だったのをよく伝えている。

〔太平洋:引用者注〕戦争中(略)『世界仏教誌』に、天皇も我々臣民も、
乃至ノミでも、シラミでも、その他一切の動植物は、みなその根源が同じ
である。(略)ただ動いているだけのアミーバ―と称する単細胞生物より
進化したものである。それで居て、同じ人間に生れ乍ら天皇の御位につかれ
給うのは前世からの御因縁が余程よろしかったからである。という風に
説いたことがあつた。ところが案の条、当時の内務省の図書検閲官なるものが、
天皇もアミーバ―から生成して来たものであるということはいけないから、
その点は削除すべきである、と注意して来た。

166神も仏も名無しさん2018/05/28(月) 06:03:28.72ID:K7fFr3At

167神も仏も名無しさん2018/05/30(水) 08:44:29.76ID:lu5y2S4g
>>163

そのアメーバがどうして
人に進化できたのかを述べたまへ

168神も仏も名無しさん2018/05/30(水) 18:45:43.80ID:DijBMfzA
>>163

最新の研究でそのアメーバとやらの話しも過去の話しになりそうですよ。
科学信者さん。
米ロックフェラー大学(Rockefeller University)のマーク・ストークル
(Mark Stoeckle)氏とスイス・バーゼル大学(Basel University)の
デービッド・セイラー(David Thaler)氏の研究チームが発表した
最新の研究成果

今日地球上に生息する生物種のうち、
ヒトを含む全体の9割が20万年前〜10万年前に出現したことが明らかになった
動物種の90%が遺伝学的見地から言えばほぼ同年齢だという事実
研究チームは今回、生物10万種のDNAバーコードを解析した結果、
大半の動物がヒトとほぼ同時期に出現したことを示す明確な証拠を発見した。

169神も仏も名無しさん2018/05/30(水) 18:57:28.20ID:DijBMfzA
昭和天皇が生前、木下道雄侍従次長に言われた発言
「わたしは神様に対して過ちを犯していたのかもしれない。日本が負けた原因もそこにあるのでは
ないかと思う。
天照大御神はおまえも知っているとおり和の神様、世界平和の神様である。それなのにわたしは
参宮し、大御前で日本だけの戦勝しか祈らなかった。これは間違いだった。戦争に負けたのは
天照大御神様がお怒りになったせいではないのか」
このように昭和天皇は戦争に対する責任を自覚されていたのである。
しかし、当時の東西冷戦という世相の中、天皇の責任問題は政治的に悪用されうる
風潮があったため、このような御発言は公には公表されなかったのである。

170神も仏も名無しさん2018/05/31(木) 00:07:26.29ID:qTdQR2wV
進化論が間違ってるとしても
日本神話が歴史的にも科学的にも正しい
ことにはならんだろう

伊弉諾尊・伊弉冉尊がが日本列島を作って天照大神や月読尊を産んで
たった七世代で、縄文時代や弥生時代を乗り越えて神武天皇が
誕生するんだからな

171神も仏も名無しさん2018/05/31(木) 01:17:47.45ID:JQn95lFd
神道?
古事記読んで本当の話だと思うなら
それはキチガイだろ

172神も仏も名無しさん2018/05/31(木) 10:11:31.74ID:MREKTalu
え?

173神も仏も名無しさん2018/06/01(金) 00:20:05.80ID:+j5COChp
『天皇制と進化論』p133〜134より
奈良女子高等師範学校教員・神戸伊三郎の証言を見てみよう。
太平洋戦争の始められてから間もないことである。ある学校で
「わが国は神国なり」という演題で某大学々長の某博士の特別
講演があったことがある。(略)その一節に、

「日本人の祖先は、イザナギ・イザナミの二柱の神様である。
しかるに生物学者は、人間は猿のような獣類から進化したもので、
日本民族の遠い先祖にさかのぼれば同様であるという。そういう考えは
日本人を侮辱し、とくに皇室の尊厳をきずつけるものである。
そんなけがらわしい進化論は、この際、日本の学界から一掃してしまわ
なければならない。ただし、進化論者が一頭の猿を飼って、私の目の前で
猿を人間に進化させて見るならば、私も進化論を信ずるけれども、進化論者
がどんなに偉そうな顔をしていても、それができないではないか。」

という話があった。(略)某博士は文学者であるから、進化論が如何に深みの
あるものかを知らない。ために、こういう暴論を吐くのもあきらめがつくが、
中には科学者であつて、「今後の日本の教科書からは、生物進化に関する
記事を省いてしまう方針である」と、説明した戦時中の役人もあつた。

174神も仏も名無しさん2018/06/01(金) 00:43:20.45ID:+j5COChp
日本人が高天原から降って来たものであると真面目に考えていた
紀平正美の、一九四二年(昭和十七年)の「科学とは何ぞや」という
講演録にはこう記されているらしい。

『天皇制と進化論』p128より
「進化論見て来たような嘘をつき」と云うて非常に驚き怒られたことが
あります。この進化論が非常にインテリの頭にこびりつて居る。人間の
先祖は猿だつた、否な猿でも人間でもないものであつたとか、ともかく
更に遡つてはアメーバだつた、云々といふ議論、それは進化論の上から
言へば、それでも宜いかも知れぬが、而かもそれは単に多くの生物を分類
する上に類を本として一貫の理を認めたに過ぎない。空間に横に並べた分類で、
これを時間的の順序とすることをば其の儘では許されぬ。進化論者は昔は斯だ
といふが、汝それを見てきたことがあるか、鰻が山の芋になりつつあるある
ことを観察し実験したことがあるか…(中略)…お前のお父さんは人間であつ
たか猿であつたか、日本人である以上、猿だつたという人は居ない。それを
極限へもつて行つたとき、神とは言い得ますがアメーバではない。その神も
亦仏教やキリスト教信者がでつち上げた様な仏でも神でもない、「独神成坐て
御身を隠し給ひき」といふやうな神であります。さういふ神から出て来て居る
ものとして日本人の運命は律せられて居る。進化論の理論が如きによつて律し
られて居るのではない。

175神も仏も名無しさん2018/06/01(金) 00:56:08.31ID:+j5COChp
また、進化論は日本神話と矛盾しないと唱える人もいた。
ここでは中島固成の説を挙げる。

『天皇制と進化論』p48〜49より
進化論者は云う、人猿同祖なりと。然り、人類も猴類も、一切生物悉く
皆二柱御祖神〔イザナギノミコト・イザナミノミコト:引用者注〕の末
なり。始め御祖の神の産み給ひし生物は、其種少数なりしならんも、次第に
進化して現今の数千万種とこそはなりたるなれ。されど、人類の先祖を以て
他の哺乳類とするは誤れり。吾人の先祖は飽くまでも、二柱御祖の神ぞ。(略)

176神も仏も名無しさん2018/06/01(金) 01:19:22.28ID:+j5COChp
(神代七代についての中島の解釈)
此等の〔『記』『紀』に見える:引用者注〕神の御世に、次第に
原始的生物より人類までの生物が生じたのである。此神世七代の
有様を表解すれば、次の如くである。

国常立神 地球となる星霧が太陽星霧から分離した時に成りませる神(略)である。
豊雲野神 地球の形状がほぼ出来た時に成りませる神である。
宇比地邇神 須比智邇神 此神の御世に原始的生物が地上に生じたのである。
意富斗能地神 意富刀能弁神 此神の御世に下等生物が生じたのである。
淤母陀琉神 阿夜訶志古泥神 此神の御世に高等生物が生じたのである。
伊邪那岐神 伊邪那美神 此二柱御祖の神が吾等人類の始祖を産み給うたのである。
世界人類は悉く皆此神の御末である。(略)

右(上の)神名をよく研究すれば、神様の御伝へと、科学の進化論とが、
如何に一致せるかが知られるのである。されど、神様のお伝へは本で、
科学は末である。科学の定説と云うても、一定不変のものではない。
此事をよく弁へて、神様の御伝へが如何に正しきかを知らねばならぬ。
        

177神も仏も名無しさん2018/06/01(金) 01:25:35.44ID:+j5COChp
>>176(続き)
経典の神話的記述をそのまま史実と捉え、その神話的世界観のもとに
進化論を批判、再解釈していく。あるいは、科学的n装いを論述に施しながら、
進化論に対する皇国史観の卓越性を説いていく。一定の政治的発言権を得て
勢いづいた二十世紀はじめの国体論者は、この点でも近・現代アメリカの
創造論者と似通っていた。

178神も仏も名無しさん2018/06/03(日) 00:35:33.13ID:j5fLKrQB
要は欧米人の感覚では
「天皇は天照大神の子孫」であり
「日本神話は文字通り史実・ 科学的に正しい」なのか

「天皇も他の日本国民も他の人種・民族同様、動物から進化した、
あるいは聖書の神から創造されたアダムとエバの子孫」
なのであり「日本神話はデタラメ」

のどちらか二択しかないということ。

179神も仏も名無しさん2018/06/04(月) 12:58:32.21ID:pquuaAUQ
科学信仰なんて、今時じじいしか
いないと思うが

180神も仏も名無しさん2018/06/04(月) 13:45:55.86ID:Ct+BvK3r
男色に目覚めた、日本人なら衆道!

181神も仏も名無しさん2018/06/04(月) 13:46:14.35ID:Ct+BvK3r
男色に目覚めた、日本人なら衆道!

182神も仏も名無しさん2018/06/04(月) 18:05:56.09ID:oYJltkKT
ははは

183おてんば私立学院総長 ◆Sh04QfwaGE 2018/06/05(火) 02:12:31.86ID:w9C9VL8c
>>179
科学信仰、今以って、ちょいとばかり利用する価値は残っていると思いますよ。
もっとも、科学の発達といってみても、まだまだ低開発段階だと思われますので、
「科学万能主義」の考えには到底、賛同しかねるわけですが。

184神も仏も名無しさん2018/06/07(木) 01:03:36.47ID:lD6BosjW
『天皇制と進化論』p18〜19より
つまり近代の日本社会に見えてくるのは、皇国史観と自然科学という
本来的に立ち並びえない二つの知識体系を強引に両立させていこうとする
支配層の姿である。それは、大衆にとって困難な二元的思考を強いられていく
事態にほかならなかっただろう。一九〇九年(明治四十二年)生れの大岡昇平
が体験的に論じたように、「生殖と進化論について学びながら、近眼鏡をかけ
た天皇を「現人神」と信じるには、よほど屈折した思考の習慣がいる」からだ。

185神も仏も名無しさん2018/06/07(木) 01:07:20.17ID:lD6BosjW
具体的な例を、内海洋一(一九二一年〔大正十年〕)生れの少年時代の回想
から引こう。少年は「普通の小学生と同様に、天皇は日本国で最も偉い方だと
考えていた。しかし、年が経つに従って私の天皇への疑惑は大きくなった。その
一つの原因は私が生物進化論に興味を持ち始めた点にある」。内海少年は、
人類学者・西村真次の手による進化論書を通じてこの科学理論にはじめてふれ、
その中身に衝撃を受ける。

進化論が解ってくれば、小学校での天皇の説明に対して当然疑問が生じる。
当時の小学校では、神話であることをはっきりさせずに天孫降臨が教えら
れていた。(略)しかし、自然科学的に考えるならば、そんなことがありうる
はずがない。また、天皇は万世一系だから尊いと説明されていた。しかし、
進化論の教えるところによれば、天皇を含めてすべての人間はアメーバーから
発達してきたのである。だからすべての人間はアメーバー以来万世一系である
はずだ。こうして私は、修身や国史の時間に先生が教えることに不信を抱く
ようになたった。ほかの少年たちのように天皇に崇拝の気持ちを持つことが
できなくなった。

後(旧制高校時代)の内海が、マルクス主義に向かった遠因だという。

186神も仏も名無しさん2018/06/07(木) 01:17:06.94ID:lD6BosjW
>>169
http://www3.point.ne.jp/~ama/w27.html

これを読むと、天照大御神が皇祖だの、神々の長だの、
高天原の最高神だのいう神話はただの思い込みだと思う
ようになる。

187神も仏も名無しさん2018/06/07(木) 01:27:11.63ID:lD6BosjW
>>183
どう思いますか?天皇陛下は
「日本神話に登場するイザナギ・イザナギ、アマテラスという神々の子孫」ですか
それとも
「猿から進化したヒトという生物種」なのですか
「聖書の神YHWHが創造したアダムとエバの子孫で、ノアの
洪水で生き残った人の子孫」なのですか
私は天皇陛下の先祖は猿のような獣だったと思います。
トランプ大統領は天皇陛下をノアの子孫と思ってるのではないでしょうか。

188神も仏も名無しさん2018/06/07(木) 13:12:11.36ID:1jpmBdAO
科学信仰スレ建ててそこでやってくだはち

189神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 12:13:44.08ID:l/YQotj4
左翼科学信仰者よ、

進化論は最新科学により否定された!

神話は正しかった!

古い科学は新しい科学により否定される
宿命にある。

[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 :
かつてない大規模な生物種の遺伝子検査に
より「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、
地上に現れたのがこの20万年以内」
だと結論される。つまり、
ほぼすべての生物は「進化してきて
いない」

190神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 12:17:01.77ID:l/YQotj4
最新科学により
天皇陛下とそれを敬う日本人は
神の子であると証明されました!

アメーバやら猿が先祖だとか
言ってるのは20世紀脳の左翼
科学信仰者だけですよ。

191神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 13:45:12.19ID:xRprsVlK
>>189-190
>神話は正しかった!
>最新科学により
天皇陛下とそれを敬う日本人は
神の子であると証明されました!
etc

進化論一個否定しただけで論理が飛躍しすぎです。
神話が正しいというからには、人間の先祖とされる
イザナギとイザナミがその通り日本の島や自然を産んだ
ということ、天動説的だが日本列島より後に太陽(アマテラス)
や月(ツクヨミ)が誕生したこと、ナマコの口が切れてるのは
アメノウズメという神の仕業であること、天孫降臨という
からには、天皇の先祖は雲の上か宇宙空間かに暮らしていた
時期があること、また天皇には豊玉姫や事代主神というサメ
に化けられる神様の血が混じってるということ、
イザナギの禊やアマテラスやスサノオの誓約のように
人間の先祖は性行為によらなくても子供を作っていたこと、
あと、これは神話でなく歴史だという人もいるだろうが、
古代の天皇が百数十歳ぐらい長生きで、六十歳や八十歳で
できた子どもに跡を継がせていったらしいこと、建国の年代
が紀元前7世紀であることなど、新しい科学でちゃんと検証
してもらいたいです。「神話が正しい」とはそういう意味です。
解釈で都合よく曲げたらダメですよ。

192神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 13:48:58.38ID:xRprsVlK
>>171
古事記は漫画や小説と同じ「文学」ですよね。
それにロマンを感じるのは人の自由ですが、
それを「実話」と考える人が政治を動かしたり、科学に
口出ししたりするのはどうかと思います。

193神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 14:28:29.62ID:xRprsVlK
35 :文責・名無しさん:2005/10/05(水) 12:08:00 ID:R3fO+Fzw
神様が家庭内暴力をしたり、天岩戸でひきこもりになったりする神話は魅力的ではあるが
そんな連中がご先祖様であるのと、サルがご先祖様であるのと、
そんなに違いがあるとも思えないのだが。


ハハハ、これは面白い見方ですね
しかし、人間とはせいぜい生物の一枝に過ぎないと思えば
他の動物を軽蔑して「それらと違う人間だけの尊厳」みたい
なものに特に固執する必要もないと思います。

194おてんば私立学院総長 ◆Sh04QfwaGE 2018/06/11(月) 22:30:27.75ID:coDfP3l2
>>189
神話が正しいかどうかは別物だろうね。

>[特報]ダーウィンの進化論が崩壊 :
>かつてない大規模な生物種の遺伝子検査に
>より「ヒトを含む地球の生物種の90%以上は、
> 地上に現れたのがこの20万年以内」
>だと結論される。

きっと、その頃に地球外のヒューマノイドの宇宙人が地球という”流刑地”に隔離がてら連れて来られたんだよww
彼等はそれこそ”失楽園”の思いをさせながら、この地球という捨て場惑星に追放処分とされたわけで。
宇宙法則に調和した決まり事を守れないような「不良宇宙人」の流刑場所として地球が指定されたということなんだろうね。

誰だったか、とにかく「チャネラー」を任されている人が、ヒューマノイド宇宙人のスペースブラザースから
「地球は宇宙の北朝鮮」だという状況報告を受けたと聞いたことがある。

…これが真実情報だとすれば、我々は悲しみの星の下に生まれて来たのではなく、「悲しみの星の上に生まれて来ている」と評するほうが真相に近いということになる。

195神も仏も名無しさん2018/06/11(月) 22:59:06.54ID:CH8IkyJu
https://togetter.com/li/1052127



こんな新興宗教も世の中にはあるらしい

こりゃ困った

196神も仏も名無しさん2018/06/13(水) 00:39:04.85ID:JhU5Gd6r
どうも胡散臭く思えるがこれは本当なんだろうか?
従来の歴史学者の説では、宗教は精霊信仰→多神教→拝一神教
のような過程を経て、最後に一神教ができたとされるが、
キリスト教徒やユダヤ教徒は太古の人類、そして日本人も初めは
唯一の神だけを信仰していたのが、それがだんだん多神崇拝に堕落した
と考えているらしい。
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/097kodai.htm

197神も仏も名無しさん2018/06/14(木) 21:17:24.27ID:B2iTdroM
欧米脳に汚染されすぎですな

198神も仏も名無しさん2018/06/14(木) 21:21:22.65ID:B2iTdroM
>>193

人間を貶めるのが科学信仰ということがわかりますね

199神も仏も名無しさん2018/06/18(月) 10:44:16.77ID:4pTE7jPS
https://togetter.com/li/1052127



どこの新興宗教か一切書いてないからわからないが
信者が何十時間も何日も何日も必死に祈ってなおかつ多額の献金をしないと
日本に原爆が投下されるだの
北朝鮮が攻めてくるだの
未曾有の地震や災害が日本が襲うだの脅してくるようなのは
力ノレ卜宗教と言われて世間に断罪されても仕方がないと思う

教祖が災害の予言をする
信者の祈りと献金次第でその災害は回避されるといって多額のカネ集め

災害が起きなければ教祖と信者のおかげ
災害が起きても
「本来起きるはずの災害よりはだいぶ縮小された」
などと教祖と信者のおかげ
あるいは災害が起きたら
「信者の祈りと献金額が全く足りていないせい」
と教祖が信者を叱りつける題材に回す

新着レスの表示
レスを投稿する