【スレイヤーズ】球団の守り神【いきものがかり】 [無断転載禁止]©2ch.net

1神様仏様名無し様2017/07/24(月) 12:00:14.16ID:QXJpOyQh
何の繋がりかわからないがこのコンテンツがもり上がるとなぜか強くなり、弱くなるとガタガタになる


オリ スレイヤーズ
中日 いきものがかり
広島 アミューズ
阪神 自民党清和会
横浜 宇多田ヒカル・神奈川大学

16神様仏様名無し様2017/10/15(日) 14:44:13.24ID:OZCNlG7R
広島は新広島の矢野博樹が逆神だったはずだ
神田が勇退した次から暗黒になり、矢野が消えたら暗黒抜けた

17神様仏様名無し様2017/10/17(火) 20:21:29.33ID:vVgHkcOb
立憲民主が台風の目か?

18神様仏様名無し様2017/10/20(金) 21:52:16.61ID:LCFgr8uV
仙台放送が今年中継した試合で楽天は全敗らしい

19神様仏様名無し様2017/10/25(水) 20:40:13.36ID:FAHVWa9l
広島敗退は小出恵介がやらかしたからか!?

20神様仏様名無し様2017/10/30(月) 02:55:52.01ID:M6GHRgY1
フジが中継したら試合が荒れる

21神様仏様名無し様2018/03/01(木) 19:52:32.03ID:+3rkyASV
負広が出世するとセラムンが映像化される法則
1992、2003、2014

22神様仏様名無し様2018/03/02(金) 12:44:43.70ID:/bSh2axe
すごくおもしろい嘘みたいに金の生る木を作れる方法
関心がある人だけ見てください。
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

PUR03

23神様仏様名無し様2018/03/08(木) 10:15:02.42ID:WLr9Jk8B
平昌→ドラ→コナン→朝ドラ


みんなアミューズが獲得。
広島はこのまま行けば2020まで連覇しまくるかもしれん
まだまだ弾があるし不祥事が少ないし

24神様仏様名無し様2018/07/11(水) 18:49:34.06ID:L1xLYHj2
横浜はやっぱり神奈川大学に左右されている気がしてきたわ

今年は山で失速したから横浜もダメダメなんだろうな

25神様仏様名無し様2018/07/25(水) 09:30:30.07ID:zDh6IpLZ
ことしの阪神はカンテレの甲子園の試合で軒並み負けてABCの甲子園の試合はバタバタ中止になってるイメージ

26神様仏様名無し様2018/08/25(土) 22:14:07.29ID:OlmdDWBu
>>23
甲子園も

27神様仏様名無し様2018/10/09(火) 16:58:12.27ID:3GuBDgKd
レベルファイブも延期続きで信頼度低下か…

28driawuisnui@wheegroodlue.info2018/11/06(火) 09:03:49.21ID:9Feo9jo4
>>1
とうとうスレ立てまでしたか
こじつけキチガイ

29神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:10:11.55ID:9Feo9jo4
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

30神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:10:40.16ID:bDB+vUZW
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

31神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:11:08.97ID:bDB+vUZW
 >>1

はキチガイ

32神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:11:28.75ID:bDB+vUZW
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

33神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:12:11.92ID:bDB+vUZW
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

34神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:12:41.58ID:bDB+vUZW
>>1



キチガイ

35神様仏様名無し様2018/11/06(火) 09:13:22.85ID:bDB+vUZW
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

36神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:16:43.78ID:9Feo9jo4
>>1

はキチガイ

>>1

はキチガイ

37神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:17:54.88ID:9Feo9jo4
>>1


はキチガイ


>>1


はキチガイ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

38神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:34:17.67ID:9Feo9jo4
>>1
はキチガイ

39神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:34:48.83ID:VIS18any
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

40神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:35:19.69ID:VIS18any
>>1

はキチガイ

41神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:35:41.57ID:VIS18any
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

42神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:36:44.40ID:9Feo9jo4
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

43神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:37:36.37ID:9Feo9jo4
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
演エらの最初の夜bヘ終わり、俺らbヘ始まりました=B

44神様仏様末シ無し様2018/11/06(火) 10:38:46.03ID:9Feo9jo4
>>1はキチガイ

45神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:39:32.99ID:VIS18any
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

46神様仏様名無し様2018/11/06(火) 10:40:16.02ID:9Feo9jo4
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

47神様仏様名無し様2018/11/06(火) 14:58:03.95ID:9Feo9jo4
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

48神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:29:27.47ID:O9S98XVj
あで

49神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:30:15.28ID:O9S98XVj

50神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:30:31.52ID:O9S98XVj

51神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:31:05.65ID:O9S98XVj
>>1
>>2
>>3
>>4
>>5
>>6-1000










100000000000000000000000000000000000

52神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:31:41.05ID:O9S98XVj
>>1
>>2
>>3
>>4
>>5
>>6-1000










100000000000000000000000000000000000









10000000000000000000000000000000

53神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:32:05.38ID:O9S98XVj
>>1
>>2
>>3
>>4
>>5
>>6-1000










100000000000000000000000000000000000









10000000000000000000000000000000

54神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:32:34.55ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

55神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:32:50.60ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

56神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:33:06.55ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

57神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:33:21.63ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

58神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:33:34.11ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

59神様仏様名無し様2018/11/06(火) 16:33:50.02ID:O9S98XVj
>>1 >>2 >>3 >>4 >>5 >>6-999
俺の中に入れたまま、ドサッと俺の上に圭介が倒れこんできました。
その重みが現実のものであるか確かめるように、
俺は圭介の背中に手を回して、ギュッと抱きしめました。
一時はめちゃくちゃ遠くに感じた背中。
それが今、自分の一番近くにあると思うと、嬉しくなって仕方がありませんでした。
「はぁ〜めちゃくちゃ気持ちよかった…」俺の耳の脇で圭介が呟きました。
「良太は? 痛なかったか?」
「ん、大丈夫。気持ちよかったで」
「そうか、ならよかった(笑)。よっと…」
圭介が俺の中から、まだ硬いままのチンポを引き抜こうとするのを、
俺は慌てて止めました。
「あ…」
「何?」
「いや、その…」
「どしたん?」
「も、もう少し、圭介を中で感じていたいかなって…」
「…おまえぇ〜かわええこと言うな〜(笑)。よっしゃ、このままにしといたろ」
「うっうっさいわぃ…」
「でもそんなカワイイこと言われると…」
グチュ。
「んっ…」
俺のケツマン汁、圭介のチンポ汁でグチョグチョになった俺のケツ穴を、
またゆっくりと圭介が突き始めたのです。
「んぁっ…イッたばっかで無理やって!」
「ならやめるか?」
「いや、それは…でも…あぁ!」
結局この日の夜、お互いの口に1発ずつ、
2本ズリで俺が1回、ケツで4回ずつ雄汁を出し、
朝方、抱き合って眠りにつきました。

次の日の朝。
ふいに目が覚めた俺は、目の前に圭介のうっすらと汗をかいた顔を見つけ、
「夢やなかったんや…」とほっと息をつきました。
すると圭介がうっすらと目を開け、
「ん〜良太こっちきい〜」と俺を軽く抱きしめ、
深く息をつくと、再び眠りにつきました。
俺も圭介の寝顔を見ているうちに眠りに落ち、
次に目が覚めたのは夕方、バイトに行く直前でした。
慌てて圭介を起こし、シャワーを浴び、2人で出かけました。
もうすぐコンビニ、という暗い路地裏で、いきなり顔を近づけられ、軽いキスをされ、
俺らの最初の夜は終わり、俺らは始まりました。

60神様仏様名無し様2018/11/06(火) 18:56:59.85ID:Qiy964V1
★★【盗聴盗撮犯罪者・高添沼田(東京都葛飾区青戸6−26−6)の激白】 ★★

宇野壽倫
東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202号室

盗聴盗撮つきまとい嫌がらせ犯罪者・宇野壽倫の愛人変態メス豚家畜清水婆婆(青戸6−23−19)の
五十路後半強制脱糞
http://img.erogazou-pinkline.com/img/2169/scatology_anal_injection-2169-027.jpg



⊂⌒ヽ            γ⌒⊃
  \ \  彡 ⌒ ミ   / /
    \ \_<(゚)д(゚)>_./ /  宇野壽倫どえーす 一族そろって低学歴どえーす 祖先も例外なく阿呆どえーす
      \ \_∩_/ /    東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202号室に住んどりマッスル
      /(  (::)(::)  )\    盗聴盗撮つきまとい嫌がらせの犯罪をしておりマッスル
    ⊂_/ ヽ_,*、_ノ \_⊃      くれぐれも警察に密告しないでくらはい お願いしまふ
 ̄][ ̄ ̄]            [ ̄ ̄][ ̄
 ̄ ̄][ ̄]            [ ̄][ ̄ ̄
 ̄][ ̄ ̄]            [ ̄ ̄][ ̄
 ̄ ̄][ ̄]            [ ̄][ ̄ ̄
 ̄][ ̄ ̄]            [ ̄ ̄][ ̄
"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~"~

61神様仏様名無し様2018/11/23(金) 07:29:51.17ID:lapXENA5
>>1
キチガイってよく言われない?

62神様仏様名無し様2018/11/23(金) 07:30:20.18ID:lapXENA5
>>1
キチガイってよく言われない?

63神様仏様名無し様2018/11/23(金) 07:30:46.26ID:lapXENA5
>>1
キチガイってよく言われない?

64神様仏様名無し様2018/11/23(金) 15:11:54.60ID:xVLUouAb
>>1
こじつけうぜえ

65神様仏様名無し様2018/11/23(金) 15:12:22.61ID:xVLUouAb
>>1
こじつけうぜえ

66神様仏様名無し様2018/11/23(金) 15:12:35.04ID:xVLUouAb
>>1
こじつけうぜえ

新着レスの表示
レスを投稿する