奇数の完全数の存在に関する証明2

1 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 10:23:39.75ID:/mfMsHqn
2000年以上前からある奇数の完全数が存在するのかという
数学上の未解決問題の証明が完成しました。

(証明論文)
Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7093904937668/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7093905702201/

(前スレ)
奇数の完全数の存在に関する証明
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1537333971/

(それより前のスレ)
最古の未解決問題が解決されたのか
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1522147912/
奇数の完全数の存在に関する証明は正しいはず
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1530434042/
奇数の完全数の存在に関する証明が完成しました
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1533414338/
奇数の完全数の存在に関する証明が完成しました2
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1534900374/

(関連スレ)
奇数の完全数の有無について [無断転載禁止](c)2ch.net
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1483900653/
奇数の完全数の有無について2
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/math/1523602627/

2132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:29:28.68ID:ZAvXqrAz
にげつ

3132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:31:08.58ID:qHvM5DjI
次スレは要らないって読めなかったんですか?

4重要テンプレ2018/10/05(金) 10:35:32.76ID:eaKM1RFk
>1はこの手の間違いを前スレから何度も繰り返している。AB = CD という等式があったときに、

「 A が C を割り切らないなら、A は D を割り切る 」

という間違った論法である。AとCが互いに素なら正しく使えるテクニックだが、
互いに素とは限らないケースでは全く使えないのである。

にも関わらず、>1は条件反射的に何度もこのミスを繰り返している。
>1がこのミスをしたのは、俺が見かけた範囲だけでも3回程度はあったはず(今回を含めて)。

おそらく、>1の中でこの間違え方は「クセ」になっている。
>1の反応を見る限り、>1はこの間違え方を全く克服できていない。
他人からその都度指摘されなければ、間違っていることが理解できない。
となれば、今後もこの間違え方を繰り返すものと思われる。

5重要テンプレ2018/10/05(金) 10:35:49.60ID:eaKM1RFk
いつもの流れ

1.「間違いが見つかりました、撤回します」

2.「(今論点じゃないところ)を修正しました。完成です」

3.(論点について聞かれても)「もうすでに直しました(←直ってない)。読んでから言ってください」

6未更新のテンプレ2018/10/05(金) 10:36:28.41ID:eaKM1RFk
・1による奇数芸人ネタ

>pは定数でありかつ変数である。
>奇数÷奇数は整数かつ奇数に決まってる。そんな簡単なこともわからないのですか。
>wは整数であり同時に整数でない。
>2m+1は因数だが2m+1の倍数ではない。
>a=b/3なら、aはbを因数に含む。
>変数は数値に置き換えてはダメ。
>(A×B)/C:整数かつ B/C:非整数 ⇒ A/C:整数は当然。
>27/5 は 3 で割り切れる。
>定義はしていますが、値は定めていません。
>少なくとも一つはそうなる、ということで全てに対して成り立たなければならない。
>式の形から1つのkで成り立てば、全てのkでも成り立つ。
>自明なことを証明することは難しい。
>この論理は正しさが証明することができません。
>証明を見つけましたので、未解明ということにしたい。
>定理を導出した。その定理の証明が難しく完成が困難になっている。
>最後の命題は、他者が家の外からその命題を確認したと聞こえてきた。
>無限に約分可能。つまり、公約数が無限にある。
>計算間違いをしないと証明終了にならない。

7未更新のテンプレ2018/10/05(金) 10:37:16.84ID:eaKM1RFk
・1の発言集 前々スレ末のみ

>みのもんたが朝スバという番組で私を馬鹿にする発言をした

>Q様で「これじゃ奇数芸人みたいじゃないですか?」発言

>政治的な怨念による嫌がらせがあるかもしれない

>政治勢力には私に独り言で批判されるのが嫌い
>それで、交通事故に見せかけた暗殺を企てたり、
>盗聴していると考えられます。

>テレビ朝日で、首相を馬鹿にすると三代祟られるというのを放送していた。
>私の例からすると強ち虚構とも思えない。

>事故に見せかける暗殺は多くあるんじゃないの?
>信号無視して横断歩道を渡っていたら、
>50kmの道路で加速して60km超ぐらいのスピードで私を轢こうとした車があった。

8132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:37:35.68ID:eaKM1RFk
・1が病院を拒否する理由

>病気のレッテルを張られるのは非常に不愉快ですので、
>止めていただきたい。それは精神科医の誤診なので。
>しかもこの診断をされたのは、18年も前のことだ。


>会社のリストラと親が田舎に住むことを決めたので、
>不本意に全く働くことができなくなって何年も経っている。
>こちらに移住してから親がしつこく進めるので精神科医に一回だけ見てもらったが
>「天才薄明といいますからね。」
>と言われました。

>このことからも、非常に私の過去の診断が怪しいものだと考えられます。
>私が精神科医にかかることは二度とないと思います。

9132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:37:54.54ID:eaKM1RFk
・TVが1を知っている理由

>テレビに出演する芸能人や大臣、総理までよくこんな田舎に現れますから、
>何が目的かは知りませんが。

>それから、イギリス女王も2回ほど散歩をしているときに見かけました。

10132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:38:41.31ID:eaKM1RFk
<1の特徴>

・1の書いたものが、あまりにも汚い。
・明らかな間違いだらけなのに、1は正しいと言い張る。
・親切なスレ住人たちを1が罵倒する。
・明らかな間違いを指摘しても1が理解しない。
・書き込みが少し数学的なだけで1は、理解できないと言って逃げる。
・A→BとB→Aの区別ができない。
・∀∃の区別ができない。
・背理法もわかってない。
・頑張って数学っぽい言葉使いをしようと精一杯背伸びしてるのが痛々しい
・テレビから自分の悪口が聞こえると発言する。
・常軌を逸した奇数芸人ネタが1から出ても、スレ住人に相手にされなくなってきた。

11132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:38:56.31ID:eaKM1RFk
1の思考方法

受験に失敗する → イカサマだ!学校が悪い!
会社をクビになる → 不当だ!会社が悪い!
再就職に失敗する → 政治家が人生を妨害している!
病気と診断される → 誤診だ!医者が悪い!
論文が完成しない → 誰かが研究を妨害している!

121の自己紹介2018/10/05(金) 10:39:26.52ID:eaKM1RFk
284132人目の素数さん2018/06/02(土) 10:17:52.81ID:TEM3NzFy
自己紹介 高木宏兒
・無勉強で5科目平均偏差値75なのにも関わらす、教師の「私立が全部だめだった場合
に両国だと心配だから。」というわけの分からない理由で、学区4位の偏差値56の
都立城東高校の進学を進められる。
・意味不明に国立・私立に全滅し、通う気のさらさらない都立高校に進学、そこで担任に
「この成績(473点/500点、問題の難易度のわりには点数はよくなかった)だっらら両国に行けたね。」
と言われうんざり。
・浪人時代に予備校で5科目平均偏差値66なのにも関わらず、模試で全てA判定だった
青山学院大学理工学部物理学科にも落ちる。意味不明に2浪になる。
・96点/180点で合格できる早稲田の物理学科に135点ぐらいとって合格する。
・IT業界に就職し、4年目でリーダーになったが、せまい、うるさい、仕事ない、ネットつながって
ない、椅子が固いにさいなまれて、それがストレスとなり寝不足で、精神錯乱状態になり
通勤できなくなると、ただの寝不足なのにも関わらず、精神病のレッテルを張られて
ていよく解雇される。
・そのあとはIT業界で理系の頂点の人間に対し失礼極まりない低レベルの仕事を使い捨てで
たらい回しにされ、35才のときのリーマンショックで不当に解雇される。
・上司を馬鹿にしたことはないと思うが、寄ってくる糞ガキに何度も「上司を馬鹿にしやがって。」
と「毎日定時で帰りやがって。」と不当な誹謗を受けうんざり。
・その後、私の人生を全く考慮していない親がド田舎祖母の住む鹿児島に移住を決定。
・当然、SEの私には仕事がない。
・最速・最強の数独解析システムを独自研究開発しても泥棒よばわり。
・午後三時に散歩していると、次の日にKKBのニュースで痴漢が三時に散歩していると
報道。ふざけるのもいい加減にしろと言いたい。
・最古の未解決問題を完全に独力で解決したが、社会的に完全に無反応。

13132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:40:44.41ID:eaKM1RFk
・オオカミ中年 ( ウルフマン )
嘘をつきまくる1の事。
また、1はwolframを間違えてwolfmanと言っていたため。


・奇数芸人
1がTVから聞こえてきた自分を指す言葉。
また奇数芸人のみでなく、統失芸人としての活動も多い。

14132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:41:57.11ID:eaKM1RFk
このスレのテンプレ>>4-13

15132人目の素数さん2018/10/05(金) 10:48:21.30ID:1svaQcZx

16132人目の素数さん2018/10/05(金) 11:24:18.77ID:gfzn0wN1
なにこれ久しぶりの大物?

17132人目の素数さん2018/10/05(金) 11:48:06.86ID:l0ge0Nci
この1、すでに7つのスレを無駄に消費している
さすがに勘弁して欲しいw

なお、分からないスレでときどきテレビから聞こえる悪口の話をするのもこの1

18132人目の素数さん2018/10/05(金) 11:50:50.31ID:oDR3bdLp
6440811

19132人目の素数さん2018/10/05(金) 12:09:36.54ID:6KerDUuT
>>6
奇数芸人ネタってまだなかったか?
>2に約数はない
>2の約数は2しかない
>0p=0がどう導かれたのかわからない
>数学と言語が反転しているように考えられる
>x=√(2-x^2)に解がないことは証明できるが、解はある

20132人目の素数さん2018/10/05(金) 12:59:50.55ID:Thwvrkvy
>>19
テンプレが前スレ冒頭のままで全然更新されてない

更新したらすごい数増えそうだけど、どうなるだろ?

21132人目の素数さん2018/10/05(金) 13:09:21.73ID:gfzn0wN1
テンプレ見たらクソワロタ

22132人目の素数さん2018/10/05(金) 13:17:26.45ID:Thwvrkvy
分からない問題はここに書いてねスレとその過去ログ見てみたらびっくり!

1がやたら「聞こえてくる」などと書き込みまくり!荒しまくり!
スレを選ばず容赦がない!危険すぎる!

23132人目の素数さん2018/10/05(金) 13:30:32.35ID:qHvM5DjI
>>20
前スレは「0p=0は不適なpを解に含んでるから矛盾」論法しか話題がなかったから、芸は>>19くらいしか面白いのなかったよ

24132人目の素数さん2018/10/05(金) 14:00:59.61ID:vUo/2ef4
この発言の決着つけましょ。

936 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/04(木) 23:29:11.43ID:QdnMakfF>>937>>940
>>934
>5|「D=0 のとき Dp^2-D=0 の p は不定となる」と
>6|「yが完全数のとき yの素因数となる p は不定となる」
何故これが同値でないと言えるのか?

yが奇数の完全数であるならばD=0のときは
D=0かつD(p^2-1)=0
が成立するので、pは任意の値をとることができるから不定になる。

他の条件として
yが奇数の完全数であるならばp=4q+1が成立しなければならない。

しかし、数学では
D=0かつD(p^2-1)⇒p=4q+1
は成立しない。
p=4q+1でなければならないから、pが不定になるD=0は不適となる。

これのどこが間違っているのか?

25132人目の素数さん2018/10/05(金) 14:48:30.55ID:OyQWyWyU
不定という命題はないらしいから、
1はどの命題についてpが不定かを明示しないと始まらないのだが、
1はそれを明らかにせず逃げまわっているだけなのでいつまでも決着はつかない

26132人目の素数さん2018/10/05(金) 15:07:22.69ID:21JluQRX
なぜ皆さんは荒らしの相手をするんですか?
放置しなければ>>1はいつまでも荒らし続けると思うんですが

27132人目の素数さん2018/10/05(金) 17:07:46.46ID:GcWHrk5j
この1には、板住人に放置され完全に無視され続けても延々と1人で
妄想統失書き込みを続けた数独スレがあるよ。

VBAしか書けないのに世界最速なんだって。

28132人目の素数さん2018/10/05(金) 17:19:50.34ID:7pW1olVW
アラン・コンヌとエドガー・ダイクストラはどっちの方が賢いの?

29 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 18:37:35.74ID:/mfMsHqn
>>24
その内容は間違っていると分かった。
「D=0かつD(p^2-1)=0⇒p=4q+1」が成り立たない
は正しいが
「D=0かつD(p^2-1)=0」⇒「p=4q+1が成り立たない」
が誤りだということで。

だが、以下の疑問には答えが得られていないと思われる。
D=0かつD(p^2-1)=0のときに、p≠4q+1の奇数が存在しない値も解に
なってしまう。これは、D=0が不適になるという理由になるのではない
かと考えられる。

後論文に書いている、pが不定になる場合には式Dの係数が全て0
になると考えられることに対する反論もあまりないと思います。

>>25
当然、pが不定というのは
D=0のとき、D(p^2-1)=0がpが全ての値で成立すること
を言っている。

>>26
嵐ではありません。公開証明活動ですから、私の書いた内容が誤りである
か公式に認定されるまでは続くと思います。

>>27
スレ違いですが、C/C++/VC++/Javaでは書けます。言語はwikiを見れば
誰でも使えるものではないのでしょうか?

30132人目の素数さん2018/10/05(金) 18:53:06.64ID:ZKW0aBXh
1はSEだっただのと大ウソついてるけどプログラミング能力が皆無なので。

31132人目の素数さん2018/10/05(金) 18:59:22.95ID:qHvM5DjI
「言語はwikiを見れば誰でも使える」とかいう、超天才かバカのどちらかしか発しない言葉

32132人目の素数さん2018/10/05(金) 19:01:07.03ID:cPn2/Yjq
つまりwifiで分かる程度の知識しか無いということで

33132人目の素数さん2018/10/05(金) 19:01:48.57ID:cPn2/Yjq
>>32
ミスタイプスマソ

34132人目の素数さん2018/10/05(金) 19:12:58.64ID:wjKsqxAa
誤りが公式に認定されるまで
ってなんだよ
5ちゃんでの指摘は意味がないとでもいうのか?
なら初めから来んなや

35132人目の素数さん2018/10/05(金) 19:55:15.20ID:n2ydST3E
誤りなら1自身も認めまくって116版に。
何度やっても指摘されたミスは修正できないまま。

版番号を毎回隠すのは詐欺がバレるのがマズイからかね。

36 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 19:59:56.68ID:/mfMsHqn
>>30
SEはSEですね。今でもスカウトのメールがきますから
数独解析でGNLを実装することは困難を極めますので、作ってみられたら
いかがでしょうか?

>>31
言語にたいした知識が必要なのでしょうか?誰でも使えるように作られたものに
使えるとか使えないというのはナンセンスだと思いますけど。

>>34
日本語が不自由な方でしょうか?
>誤りが公式に認定されるまで
などとは書いていません。

公式にこの証明が正しいと認定されるまではこのスレにいるということを書いています

37 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 20:02:07.84ID:/mfMsHqn
>>35
どこに詐欺があるのでしょうか?すぐに、ネット上にあるものは盗んだものと決めつける
馬鹿っぷりは止めた方がいいのではないのでしょうか?

38132人目の素数さん2018/10/05(金) 20:22:20.91ID:n2ydST3E
1は自分の書いたプログラムが誰からも認められないので発狂してしまい
その数独解析は5億、7億、13億、17億と適当なことを誰だか分からない人間に言われている
って5chに書き込むようになってしまった。

可哀そうに。

39 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 20:58:08.53ID:/mfMsHqn
それはよかったね。事実を書いたまで、その数字を言っている方が
発狂しているようなものだと考えられる。

40132人目の素数さん2018/10/05(金) 21:04:55.36ID:wD4OxM4l
それ幻聴だろ
というツッコミも最早空しい

41 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/05(金) 21:16:06.35ID:/mfMsHqn
当然、幻聴ではない

42132人目の素数さん2018/10/05(金) 22:05:32.49ID:oZs4Fh25
証拠を挙げろ
と言ったら証拠を捏造するかな

43132人目の素数さん2018/10/05(金) 22:38:23.73ID:n2ydST3E
>>42
挙げたことはない。
何も。

44132人目の素数さん2018/10/05(金) 22:56:33.91ID:mAME8Qvk
テレビから自分の悪口が聞こえたような気がした
未解決の数学の問題が解けたような気がした
最速の数独プログラムが組めたような気がした
声を上げない自分の支持者がいるような気がした
自分はかつてエンジニアだったような気がした
受験が常に操作されているような気がした
部屋に盗聴器が仕掛けられているような気がした
不定だから何でも証明できるような気がした
近所を著名人が歩いていたような気がした
数学と言語が逆の意味になったような気がした
自分の考えはすべて正しいような気がした

45132人目の素数さん2018/10/05(金) 23:24:43.32ID:mt59JFVr
>>37
じゃあ版数は書こうね

46132人目の素数さん2018/10/06(土) 10:15:17.69ID:I2XXpBLZ
>>29

>後論文に書いている、pが不定になる場合には式Dの係数が全て0
>になると考えられることに対する反論もあまりないと思います。

まさかとは思いますが、
「D(p^2-1)=0が任意のpで成り立つ」ならば「式Dは任意のpで成り立つ」
とおっしゃるので?

47132人目の素数さん2018/10/06(土) 11:07:49.26ID:d9r+tM1d
>反論もあまりないと思います。

これって正しいことの根拠にするつもり???
なんと数学との縁が1ミリもない脳みそ

48132人目の素数さん2018/10/06(土) 11:43:12.42ID:MTXRO4hl
反論の数で真偽が決まる

49132人目の素数さん2018/10/06(土) 12:01:05.88ID:LyHpdhKg
反論しかないぞ

50132人目の素数さん2018/10/06(土) 13:38:56.48ID:BnIg6Xqc
>>29
>だが、以下の疑問には答えが得られていないと思われる。
>D=0かつD(p^2-1)=0のときに、p≠4q+1の奇数が存在しない値も解に
>なってしまう。これは、D=0が不適になるという理由になるのではない
>かと考えられる。

これって結局、>>24の主張と本質的に一緒でないかい…?

51132人目の素数さん2018/10/06(土) 18:11:13.64ID:m2GNmx3Y
>公式にこの証明が正しいと認定されるまではこのスレにいるということを書いています

死ぬまで常駐されるじゃん、クソ迷惑だな

52 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/06(土) 18:32:19.20ID:3xNiJw3x
>>50
>>24の場合は
「D=0かつD(p^2-1)」⇒「p=4q+1が成立しない」
というふうに間違えたときに正しくなるということだから違います。

53132人目の素数さん2018/10/06(土) 18:54:04.91ID:BnIg6Xqc
>>52 どう変わってるのかイマイチよくわからんけど、まぁその点はどうでもいいや。
次のことについて、貴方に尋ねてみたい。

x=3…@であるとする。
@の両辺にDをかけると、Dx=3D…A。
ここで、D=0であるとすると、0x=0…B。
Bは任意のxについて成り立つので、前提のx=3以外も解になる。
よってD=0とすることは不適である。

こういう結論を導くのは正しいんですか?

54 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/06(土) 19:03:25.62ID:3xNiJw3x
>>53
その場合は不適にならないと思います。

>>24とは違う根拠でD=0が不適になるのは
p≠4q+1のときには、そのpに対応するyが奇数の完全数にならないのに
yが奇数の完全数であれば、pはどうなるのかという方程式
D=0のときは、D(p^2-1)=0が、そのp≠4q+1のときにも成立するから
不適ではないのかという考えがあります。

論文では、この論理も正しいか分からないので
D=0のときは、D(p^2-1)=0でpが不定になる場合は
式Dが恒等的に成立するという条件から
a=0、b=0となることから、D=0を不適としています。

55132人目の素数さん2018/10/06(土) 19:13:21.74ID:BnIg6Xqc
>>53が不適にならないのに、>>54の第二段落のD=0が不適になる理由がわかんない。

56 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/06(土) 20:20:18.89ID:3xNiJw3x
>>55
p≠4q+1では奇数の完全数が存在しないから、yが奇数の完全数が存在すると
すればy=bp^nとなるpをどう求めるかという方程式の解になってはならないので
D=0は不適になる。

57132人目の素数さん2018/10/06(土) 20:33:19.45ID:5qmzZ4gj
するとこうか

yを偶数の完全数とする。
yは偶数なので、整数をqとしてy=2qとならなければならない。
yは方程式0y=0の解なので、0y=0の解はすべて偶数の完全数でなければならない。
しかし方程式0y=0は、整数をqとしてy≠2qであるyについても成立するので不適となる。
以上のことから、偶数の完全数は存在しない。

58 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/06(土) 20:44:40.92ID:3xNiJw3x
その種の0p=0は飽きた

59132人目の素数さん2018/10/06(土) 21:00:44.12ID:5qmzZ4gj
うむ

スレの住民もとっくに1の「不定だから不適」には飽き飽きしてると思うぞ

1の「不定だから不適」は100%誤りであり、これが論文に含まれる限り公式にも私的にも正しいと認められることは一切ない
理由は百出しているから書かない。ひとことで言うと「もっと数学を勉強してから来い」
以上。

60132人目の素数さん2018/10/06(土) 21:05:54.00ID:I2XXpBLZ
>>54
>D=0のときは、D(p^2-1)=0でpが不定になる場合は
>式Dが恒等的に成立するという条件から
>a=0、b=0となることから、D=0を不適としています。
「式Dが恒等的に成立する」ってのは
「∀p,「∃a,∃b,s.t.式Dが成立する」」
かな、それとも
「∃a,∃b,s.t.「∀p, 式Dが成立する」」
こうだろうか。

61132人目の素数さん2018/10/06(土) 21:28:42.81ID:LyHpdhKg
前スレは最初から最後まで全部「不定だから不適」の話だったからな
結局>>57みたいな話も何故誤りかは1は指摘できてなかったし

62ずっと前のスレからのコピペ2018/10/06(土) 22:04:53.94ID:d9r+tM1d
<1の高木時空では0以外の数は存在しない>

p を0以外の任意の数とする

0 * p = 0 成立

この方程式では p は不定

よって矛盾

数は偶数0以外には存在しないことが証明された!

よって奇数は存在しない!
よって奇数の完全数も存在しない!

高木時空証明終わり

63132人目の素数さん2018/10/06(土) 22:17:56.81ID:5qmzZ4gj
>>60
いや、もっと簡単な話。
∀p[a(1+…+p^n)=bp^n ⇒ (a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D]ということ。

つまり、1が最初に設定したa,bが満たすべき条件 a(1+…+p^n)=bp^n において、(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…Dは初めから「すべてのpで成立する式」である。
pが完全数の素因数であるかどうか、p≡1(mod 4)であるかどうかには係わりなく、式Dはa(1+…+p^n)=bp^n という条件だけをもって、すべてのpで成立してしまうのである。

そして、「すべてのpで成立する式」である式Dから、D=0において「すべてのpで成立する式」である Dp^2-D=0 が導かれも何等の矛盾もないし、D=0が不適という話も大嘘である。

64132人目の素数さん2018/10/06(土) 22:24:01.39ID:5qmzZ4gj
>>63 補足と訂正
×∀p[a(1+…+p^n)=bp^n ⇒ (a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D]
○∀p[a(1+…+p^n)=2bp^n ⇒ (a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D]

なお、この逆である

∀p[(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0 ⇒ a(1+…+p^n)=2bp^n]

は成立しないので、この推論を逆にたどって仮定「yが奇数の完全数である」を否定することはできない。

65132人目の素数さん2018/10/07(日) 00:04:27.05ID:ebrBkTdp
前スレで

A と B が矛盾する とは “Aの解の集合” ∩ “Bの解の集合” = ∅

は認めるといい、そのうえ

“Dp^2 - D = 0の解” ∩ “p ≡ 1 (mod 4)” は∅でない

なのも認めながらも、”やっぱり矛盾する” って言われちゃうともはやどうしようもない。
“数学のとりきめ” に従うつもりはサラサラないっていってるようなもんだもん。
だったらスレタイも “ココが変だよ現代数学” とかにすればいいのに。

66132人目の素数さん2018/10/07(日) 00:18:29.57ID:xkBA3BEu
ココが変だよ高木時空
ってスレタイが合いそう。

67 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 02:52:43.56ID:IvQ4mrLs
>>59
0p=0
ではなく
D(p^2-1)=0かつD=0
だから。
それから、これがp≠4q+1で成り立つということ自体がおかしいわけだけれど。

>>60
上の方です。

>>61
0y=0をはじめから、考えることがおかしいというだけ。

>>63
p≠4q+1で成り立つことがおかしいのではないのか?
ということと
全てのpで成立するのであれば、式Dの係数は全て0にならなければならない
から矛盾すると考えられますけど。

>>65
p=4q+1とは矛盾していないけれども、p≠4q+1でも式の論理値が真になること
がおかしいと書いているのにそれは理解できないのですか?
こちらの書く内容を理解できないくせに、よくそのようなことが言えたものだ。

68132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:02:01.40ID:LvQNtwMQ
>>67
>上の方です。

「∀p,「∃a,∃b,s.t.式Dが成立する」」
であるなら, 異なるpに対し, aやbは異なることが許されますね。
式Dの係数が0となるべき理由はありません。

69132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:06:25.35ID:fa6Jg2kI
>>67
a と b の意味が途中で変わってるのはどうなったん?
p3 の中段で

(a − 2b)p^(n+1) + 2bp^n − a = 0 … D

って書いてあって “ああ、確かに a = 2y/(1+p+…+p^n)、b = y/p^n なら成り立つね。” と思わせといて
あとでp7中段

>D = 0のときは、全ての p に対して成り立つので、式Dの係数が全て 0 にならなければならないので

とは何事なん?
なんでここから a,b が p に無関係な定数の如く扱われてるん?

70 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 03:07:47.91ID:IvQ4mrLs
>>68
整式の方程式が恒等的に成立する場合は、その係数は全て00だというのは
高校数学で習うと思いますが

71 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 03:10:35.97ID:IvQ4mrLs
>>69
方程式の関数の違いが分からないのですね。
前スレの693はaとbがpの関数ですが、この問題は違います。
>a = 2y/(1+p+…+p^n)、b = y/p^n
これは方程式であり、pに依存する関数ではありません。
aとbはpkとqkに依存する関数です。

72132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:10:46.52ID:fa6Jg2kI
>>68

そうそう。
結局>>1
「∀p,「∃a,∃b,s.t.式Dが成立する」」

「∃a,∃b,「∀p ,s.t.式Dが成立する」」
の区別がついてないんだよね。

73 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 03:17:35.01ID:IvQ4mrLs
>>72
妄言を書いている方が記号の意味を逆転させているだけでしょ。
何の目的で意味不明なことを書くのかは分からないが。

74132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:21:36.67ID:fa6Jg2kI
>>69

じゃあさ、君の論文どうりに計算してみるよ?

y = 54928125 のとき r = 1, p1 = 3,q1 = 2, a = 28125, b = 17577
y = 1866833357025 のとき r = 1, p1 = 5, q1 = 2, a = 9282325, b = 5027925

a,b変化しますけど?

75132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:23:23.57ID:fa6Jg2kI
>>73
これが意味不明だから間違いがわかんないんだよ。
しかも実質高1の数学の範囲だよ?∃、∀の記号使わないだけで。

76 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 03:30:12.18ID:IvQ4mrLs
>>74
a=Π[k=1,r](1+pk+…+pk^qk)
b=Π[k=1,r]pk^qk
だから、pには依存しないと書いているんですけど。

77132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:37:59.61ID:fa6Jg2kI
数Uもだめみたいだからついでにそれも書いとく。
数Uの教科書には

 「(a − 2b)p^(n+1) + 2bp^n − a = 0… D が a,b についての恒等式のとき全ての係数は0」

ってかいてあったよね?
これなんでそうなるかわかって書いてる?
授業でやったよね?
それはDの場合係数についての方程式とみなしたとき、係数は3個、成立してる式は3個、なので逆に解くことができて(←これもあたりまえではないけど)全ての係数が0になる必要があるんだったよね?
覚えてる?
じゃあ、Dからa-2b=0、2b=0、-a=0がでるにはDが成立する p が最低でも3個必要だよね?
じゃあ君の立場なら最低でも異なる完全数が3個必要だよ?
しかもそれだけじゃダメだ。
その違う完全数 y1 y2 y3 から計算した a,b がピッタリ同じ値にならないとダメだよね?
そんな保証がどこにあるん?

78 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 03:39:32.35ID:IvQ4mrLs

79132人目の素数さん2018/10/07(日) 03:50:03.03ID:LvQNtwMQ
>>70
>>68
>整式の方程式が恒等的に成立する場合は、その係数は全て00だというのは
>高校数学で習うと思いますが

「係数が変数と無関係な定数である」
ならば
「整式の方程式が恒等的に成立する場合は、その係数は全て0」
は真ですが、
「∀p,「∃a,∃b,s.t.式Dが成立する」」
は「a,bはpに依存する」という宣言です。
依存しないと言うのであれば
「pに依存せず式Dが成立するa,bを選ぶことができる」
を証明しないといけません。

80132人目の素数さん2018/10/07(日) 04:12:24.47ID:BFYeYjrZ
はい、皆様。今日の「ココが変だよ高木時空」のお時間がやって参りました。
今日も偶数の完全数についてお送りします。お楽しみください。

偶数の完全数をyとし、そのうち一つの素因数をp、pの指数を整数n(n≧1),p以外の素因数をp1,…,pkとし、prの指数をqkとします。

a=Π[k=1..r](1+pk+pk^2+..+pk^qk)
b=Π[k=1..r]pk^qk

とすると、完全数の定義より a(1+p+p^2+..+p^n)=2y=2bp^n です。
辺々(p-1)を掛けて整理すると (a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D となりますので、(a-2b)=2b=-a=0 でなければなりません。理由は高校で習いましたよね?
これを解くと a=b=0 となりますが、このとき上記の条件を満たす pk が存在しないのは明らかです。

以上のことから、偶数の完全数は存在しません。

お楽しみいたたけたでしょうか?

81 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 04:35:39.94ID:IvQ4mrLs
>>79
>は「a,bはpに依存する」という宣言です。
これが正しいのかは分かりませんが、そうであるのであれば、それは違います。
前にも書きましたが
a(pk,qk)、b(pk,qk)でpには依存しません。

>>80
全然面白くありません

82 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 04:38:27.77ID:IvQ4mrLs
>>80
そこまで長文のつまらないレスをして、私の証明を馬鹿にする意図は何だ?

83132人目の素数さん2018/10/07(日) 04:47:35.95ID:K8EV3y/a
>>81

> a(pk,qk)、b(pk,qk)でpには依存しません。

じゃ変数じゃんwww

84132人目の素数さん2018/10/07(日) 04:50:17.85ID:LvQNtwMQ
>>81
>a(pk,qk)、b(pk,qk)でpには依存しません。
pk,qkは「完全数yの素因数分解からpを除いて」得られます。
これを「pに依存していない」という理由はなんでしょうか。

85 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 04:55:18.61ID:IvQ4mrLs
>>83
何がおかしいのでしょうか?a,bはpk,qkにのみ依存し、pには依存しない

>>84
yは式Dから得られたpにより、一意に決定されるというだけです

86132人目の素数さん2018/10/07(日) 05:11:29.00ID:7+1HnbCd
>>85

>何がおかしいのでしょうか?a,bはpk,qkにのみ依存し、pには依存しない

pできまるかどうかなんて関係ない。
定数じゃないとダメ。
てかホントに分かってんの?係数比較法が使える理由?
たとえば
ax^2 + bx + c = 0
が恒等式としてなんでa=b=c=0になるん?
恒等式だから x=1,2,3 とか代入して
a + b + c = 0
4a + 2b + c = 0
9a + 3b + c = 0
になって解いて a=b=c=0 になるんでしょ?
a とか b とか n とか変化してどうするん?
仮に y1 y2 y3 とか完全数が3個あったとして、それに応じてp1,n1,a1,b1,p2,n2,a2,b2,p3,n3,a3,b3 となったとして
(a1 − 2b1)p^(n1+1) + 2b1 p1^n1 − a1 = 0
(a2 − 2b2)p^(n2+1) + 2b2 p2^n2 − a2 = 0
(a3 − 2b3)p^(n3+1) + 2b3 p3^n3 − a3 = 0
とa1,a2,a3,b1,b2,b3の方程式として式3つしかないやん。
完全数がN個見つかってもa,bは2N個、式はN個しかないからa,bが0になるなんていえてないじゃん。
てか上の方でみんなに定数でないとダメって教えてもらっててなんでわかんないの?
係数比較法使っていい理由わかんないで丸暗記して使った派?

87132人目の素数さん2018/10/07(日) 05:44:33.36ID:kRlhjeI7
奇数芸人がボケをかますと、すかさず偶数芸人がツッコむスタイルが確立したな
どちらも可笑しいが、個人的には偶数芸人を応援したいw

88132人目の素数さん2018/10/07(日) 05:52:03.15ID:lxU0YLY2
>>78のように「?」とだけ書けば認められると思ってるらしい

89132人目の素数さん2018/10/07(日) 05:56:36.93ID:lxU0YLY2
>>67
「0p=0はダメだけど0(p^2-1)=0はいい」
とか
「0y=0ははじめから考えるのはダメ」
とか、もう数学の話じゃないじゃん
具体的に>>57のどこが間違ってるか、数学の範疇で指摘してごらん?

90132人目の素数さん2018/10/07(日) 05:59:39.95ID:K8EV3y/a
一を聞いて十を知る天才ってなかなかいないけど、百聞いてひとつもわからん人ってのはいるもんなんだなぁ。

91132人目の素数さん2018/10/07(日) 07:46:22.31ID:LfF8BmUl
こういうのを分からず屋っていうんだ

92132人目の素数さん2018/10/07(日) 09:26:51.55ID:xkBA3BEu
先生「高木君の証明は、ここで間違ってます。先生の説明が分かりますか?」

高木くん(いかん!さっぱり分からない!数学を使ってくるので理解できん!)
高木くん(こうなったら、いつも通りの必殺技を連発だ!)
高木くん(都合のいい解説が出て、改訂が思いつくまで繰り返すぞ!)

高木くん「このような簡単な内容に証明もへったくれもないでしょ!自明です!」
高木くん「論文は完全に正しい!そんな簡単なこともわからないのですか。」
高木くん「?」

93132人目の素数さん2018/10/07(日) 09:29:08.50ID:xkBA3BEu
いつもの流れ

1.「間違いが見つかりました、撤回します」

2.「(今論点じゃないところ)を修正しました。完成です」

3.(論点について聞かれても)「もうすでに直しました(←直ってない)。読んでから言ってください」

94 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 09:45:40.65ID:IvQ4mrLs

95 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 09:53:11.91ID:IvQ4mrLs
>>86
係数比較という考え方もあるだろうけど
整式が恒等的に0が成立する場合は、その整式の係数が全て0というのもある。
これは、二次、三次、四次関数等のグラフを考えれば当たり前。

これらの関数f(x)=0は、最大で次数の数だけ実数解を持つ。
それが任意の点で解が成立するのであれば
f(x)=a[n]x^n+a[n-1]x^(n-1)+…a[1]x+a[0]
であれば
a[n]=0、a[n-1]=0、…、a[1]=0,a[0]=0
とならなければならない。

この内容を知らないで長文を書いているので「?」です。

96132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:10:40.98ID:xdgkeRnH

97132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:13:06.89ID:foGSZlh7
>>95

> >>86
> 係数比較という考え方もあるだろうけど
> 整式が恒等的に0が成立する場合は、その整式の係数が全て0というのもある。

それを係数比較法というのだよ。
そしてそれを使っていい理由が>>86なのだよ。
やっぱり理由も知らんで丸暗記してた派か。

98132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:19:37.47ID:SfIHcSqH
>>95
>係数比較という考え方もあるだろうけど
>整式が恒等的に0が成立する場合は、その整式の係数が全て0というのもある。

wwwww

99 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 10:29:45.16ID:IvQ4mrLs
>>97-98
式Dに、n=5として、p=5とp=9を代入し、どちらも成立するとすれば
a=0、b=0
は出てきますけど

100132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:38:43.06ID:LvQNtwMQ
「∃y:奇数の完全数」
「∃p:yの素因数, s.t. 指数が奇数」
「∃a:正整数, ∃b:正整数,
s.t. f(X)=(a-2b)X^(n+1)+2bX^n-a, f(p)=0」

まさかとは思いますが
「任意のf(X)=0の根から完全数が計算できる」
なんて考えてないでしょうね?

101132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:45:05.53ID:SfIHcSqH
>>95
a や b は y ごとに変わる変数なんでしょ?
じゃあp = 5, p=9 (なんで素数じゃない数字いれれるん?) 代入したときの a, b が同じとしちゃダメじゃん。

(a-2b)5^(5+1)+2bp^5-a=0
(a’-2b’)5^(5+1)+2b’p^5-a’=0

未知変数 a,b,a’,b’ で4つ、式2つ。
0 じゃない解いっぱいあるじゃん。
そもそも n も y ごとに変わる変数だし。

102132人目の素数さん2018/10/07(日) 10:59:46.83ID:SfIHcSqH
y ごとに a b n 全部かわっていいなら
たとえば y1 y2 に対して対応する a b p nをそれぞれ a1 b1 p1 n1, a2 b2 p2 n2 で仮に p1 = 5, p2 = 13 n1 = n2 = 5 になったとして

(a1-2b1)5^(5+1)+2b1 5^5-a1=0
(a2-2b2)13^(5+1)+2b2 13^5-a2=0

これ0じゃない解いっぱいあるよ?

a1 = 3125, b1 =1953
a2 = 371293, b2 = 201117

とか。

103 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 11:09:54.06ID:IvQ4mrLs
>>100
D=0のときはD(p^2-1)=0はpが全ての値で成立するから、p=5やp=9を代入しても
いいということになります。

>>101
何度も書いていますが、pが計算されたときに
y=bp^n
によって、yがpに対して一意に決定されます。

pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→y=bp^nによりyが決定する
という流れになります。

>>102
証明はできませんが、基本的にはDはp=1以外の整数解を持たないと考えられる
と思います。

104132人目の素数さん2018/10/07(日) 11:16:18.87ID:SfIHcSqH
>>103

論文で qk rk は y で一意に決まるんだったよね?
そしてa = a(qk,rk) と qk, rk で a は一意に決まるんだよね?
その y が p で一意にきまるんだったら結局 a が p で一意に決まることを認めることになるよ?
なに話振り出しに戻してんの?
君が a とか b とかの話するときには qk rk まで戻らないといけないと言い出したんだよ?

105132人目の素数さん2018/10/07(日) 11:45:27.91ID:oBODs7FI
>>103

> >>102
> 証明はできませんが、基本的にはDはp=1以外の整数解を持たないと考えられる
> と思います。

無限に解があるってみんな何度も指摘してるのに。

106 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 12:04:54.04ID:IvQ4mrLs
>>104
それはyが定まった場合ですが、定まりません。

>>105
>>103は正しいレスではありませんでした。
a,bを固定したときに
(a-2b)5^(5+1)+2b5^5-a=0
(a-2b)13^(5+1)+2b13^5-a=0
が成り立つということだから、a=b=0になります。

107132人目の素数さん2018/10/07(日) 12:14:00.93ID:UB6OZsfg
出たよ、「yは置いているが定めていない」論法

108132人目の素数さん2018/10/07(日) 12:16:16.67ID:LFhf5Qe4
もはや論ではない

109132人目の素数さん2018/10/07(日) 12:21:51.60ID:UB6OZsfg
∃yが理解できていないというのも以前からずっと話題になってましたが、「0p=0は不適な解を含むから矛盾」論法と併せて何も成長してないんじゃないですかね?

ところで>>57が数学の範疇でどこがおかしいか1さんはわかりましたか?

110132人目の素数さん2018/10/07(日) 12:25:59.31ID:oBODs7FI
>>106
何で固定する?
>>81で変数だって自分でも認めてるじゃん。

111132人目の素数さん2018/10/07(日) 15:44:45.03ID:yPNxSsaB
>>87
素数芸人の出現が待たれるな

112 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 16:14:51.47ID:IvQ4mrLs
>>107,109
pが定まったときに、yがy=bp^nにより決定されるということです。

>>110
固定するというのは、aとbはpの関数ではないので、pの変化に影響を受けないという意味です。
aとbは
a=Π[k=1,r](1+pk+…+pk^qk)
b=Π[k=1,r]pk^qk
だから、pkとqkにしか依存しません。

113132人目の素数さん2018/10/07(日) 16:31:34.59ID:BFYeYjrZ
違うな

a(1+p+p^2+..+p^n)=2bp^n でなければならないから、少なくともaとbの比はpに依存している
このことは論文にも明示されていることであり、それを忘れてaとbをpに依存しないとすることはできない。

114132人目の素数さん2018/10/07(日) 16:50:54.45ID:lxU0YLY2
>>112
>>57が数学の範疇でどこがおかしいかわかりましたか?

115 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 16:55:50.20ID:IvQ4mrLs
>>113
それは方程式だから
ax^2+bx+c=0
という関係があるから、a,b,cはxの関数と言っているのと同じように思えますけど。

>>114
0を数学的な式変形せずに、掛けているのがおかしい

116132人目の素数さん2018/10/07(日) 16:57:32.27ID:lxU0YLY2
>>115
何故ですか?
0y=0は正しい式ですよね
それとも、0(y^2-1)=0とかのほうがいいですか?

117132人目の素数さん2018/10/07(日) 16:59:08.61ID:oBODs7FI
>>112
pの変化に影響を受けるか、受けないかなんてどこで証明したん?
yを変化させたとかにpだけ変化してaやbやnが変化しない事なんかどこにも証明してないでしょ?
pの関数ではない、そのようには考えてない、なんて通用しないよ?
俺は関数と考えてないから変化しないハズなんて考え通じると思う?

118 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 17:51:58.61ID:IvQ4mrLs
>>116
0p=0は正しい式だが、0を掛ける意味がない。それが計算で求まれば意味があるのかも
しれないが、しかし0p=0型は
p=p
からも求められるため、今まで否定されてきたのではないかと考えられる。

>>117
通じない方がおかしい。
pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→y=bp^nによりyが決定する
ということでしかないから。
pが求まれば、それによりyが定まるというだけ。

>>115に書いてある内容以外の何物でもないのだが、何故理解できないのだろうか?
pは方程式の変数であって、a,bを変化させるものではない。

119132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:03:18.28ID:xkBA3BEu
統失芸人は無敵だねぇ。

この芸で金を稼げばいいのに。

120132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:03:26.39ID:LvQNtwMQ
>>118
>pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→y=bp^nによりyが決定する

そのpk,qkはどこから湧いてくるのかな。

121132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:15:21.82ID:h/c73D5o
・0p=0は正しいが、0をかける数学的な意味がないため正しくない(New!)

122132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:23:56.41ID:K8EV3y/a
>>118

>>117
> 通じない方がおかしい。
> pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→y=bp^nによりyが決定する
> ということでしかないから。
> pが求まれば、それによりyが定まるというだけ。

じゃあ、そのqk、、rkに応じてa、bは変化するじゃん。
変化させなくても対応するpが見つかることの保証は何にも証明してないでしょ?
証明したのは

もしaやbが奇数の完全数yから構成されたものの場合にはDの解としてyに対応するpが取れる。

だけど、これだと元のyの値に応じてa.bの値は変化してしまう。
D=0なら解の集合は任意だけど、Dの解の範囲とD=0の範囲が一致するためにはa〜Dについての種々の関係式を利用せねばならず、結局はa.bは変化せざるを得ない。
固定したa,bに対してDが無数の解を持つ事なんか証明されてない。
証明されてるのは少なくとも一個はあるというだけ。
係数比較法なんか使えるハズない。

123132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:40:20.39ID:BFYeYjrZ
1にこれを理解しろというのは無理と思われるが、
>a(1+p+p^2+..+p^n)=2bp^n でなければならないから、少なくともaとbの比はpに依存している
aとbの比がpに依存しているので、pが変化するとき、aを固定すればbは変化するし、bを固定すればaが変化する
式Dにおいてpが変化してもaとbの両方が定数だと仮定すると、奇数の完全数が存在するために必要なaとbの条件である a(1+p+p^2+..+p^n)=2bp^n の関係式を満たさないのだから、
必要とする条件を外れたそのような仮定から求められる a=b=0 の結論は、奇数の完全数の非存在の証拠にはなりえない

124132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:43:10.62ID:LFhf5Qe4
2を掛ける意味は?pで割る意味は?約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は?

125132人目の素数さん2018/10/07(日) 19:00:11.54ID:zlW2V58t
もはや(現代数学に限らず)数学そのものを否定しに来てるな

126132人目の素数さん2018/10/07(日) 19:11:27.14ID:lxU0YLY2
>>118
0を掛けるのは、そう式変形することで証明ができるからです
そもそも意味なんてなくとも数学的には正しいので、>>57の誤りはそこじゃありません
どこが間違ってるかちゃんと考えてみましょう

127132人目の素数さん2018/10/07(日) 19:47:16.96ID:E2eTj7PJ
任意の p で成立 ⇒ おお、なんか恒等式ってあったな!
…で、終わりなんだろな。前提条件とかおかまいなし。

128 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 20:20:09.49ID:IvQ4mrLs
>>120
人が任意の値を与える

>>122
>だけど、これだと元のyの値に応じてa.bの値は変化してしまう。
pに対してはa,bは定数だからpに対しては変化しない。

D=0のときは不定であり、これを導くときに何らaやbが変化するような
操作はしていない。

>>123
aとbはpからすると定数であり、変化はしない。pはただ方程式の解だというだけ。
任意のpk、qkを設定したときにa,bが定まり、式Dにより、pが決定される。

>>126
さももっともらしく、荒唐無稽なことを書くのはやめてください。
その証明が正しいという人間が希少だというだけでしょう。

>>127
任意のpで成立するという結果が正しいのであれば、それが式Dの解にならない
のはおかしいのではないでしょうか?

129132人目の素数さん2018/10/07(日) 20:45:33.69ID:vtlFnQU8
>>128
>pに対してはa,bは定数だからpに対しては変化しない。

だから、pにたいして変化しない定数a,bでDの解が無限に存在することの証明はどこにあるん?
君が証明してるのは

もしaやbが奇数の完全数yから構成されたものの場合にはDの解としてyに対応するpが取れる。

のみ。
D=0のときDp^2 -D =0の解はもちろん無限に存在するけど、しかし

Dp^2 - D = 0 ⇒ Dが成立するa,bが存在

の証明はない。
やってないの認めてるよね?以前?実際ないし。
つまりこのルートでもDの解が無限に存在することも証明されてない。
ちなみに論文中の必要性の証明を逆にたどればa,bは再構成できるけどそれでつくったa,bはpに応じて変化する変数になるので使えません。
よって論文でもこのスレ中でもDがpによらない定数a,bにおいて無限に解を持つ証明はありません。

130132人目の素数さん2018/10/07(日) 21:35:41.37ID:lxU0YLY2
>>128
数学の話をしましょう

0を掛けるのは、そう式変形することで証明ができるからです
そもそも意味なんてなくとも数学的には正しいので、>>57の誤りはそこじゃありません
どこが間違ってるかちゃんと考えてみましょう

あとあなたの証明が正しいと思ってる人間も極めて稀少ですよ

131132人目の素数さん2018/10/07(日) 21:41:02.48ID:BFYeYjrZ
>aとbはpからすると定数であり、変化はしない。
論文中で a(1+p+p^2+..+p^n)/(2p^n)=b の式を使わずに式Dを導くことができたら、そういう戯言をきいても構わんよ

132 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 21:41:47.06ID:IvQ4mrLs
>>129
だから、pk、qkを定めることによってa,bを任意に設定したときに式Dが成立します。

>Dp^2 - D = 0 ⇒ Dが成立するa,bが存在
この証明をする必要はありません。それは式Dから得られる式を用いて
D(p^2-1)=0を導いているからです。

D=0の場合は任意のpで成立するということになります。このとき、a,bは任意に設定
したものであって、全くpに依存してはいません。任意のpが解になるということは、D=0の場合
には、式Dが任意のpで成立しなければなりません。

>つまりこのルートでもDの解が無限に存在することも証明されてない。
何故元の式から得られる解を元の式にその解が成立することを確認することが許されないのか?

>a,bはpに応じて変化する変数
これが間違っています。何度同じことを書かせるのでしょうか?

pはpに依存しない定数a,bを係数に含む方程式Dの解であって、a,bがpに依存することはありません。
a=cp^n
2b=c(p^n+…+1)
もa,bがpの関数であることを示しているのではなく、pを求めるためのpのn次方程式です。

133 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 21:45:45.87ID:IvQ4mrLs
>>130
私が完全に正しいのは明らかです。
私に反論している人は方程式と関数の差が分からないというだけでしょう。

>>131
その式もa,bからpを求めるためのn次方程式です。
pがa,bを決定するものではありません。

a,bがpにより決定されることはないと何故考えることができないのでしょうか?
ax^2+bx+c=0の解はa,b,cを変化させるのでしょうか?
普通a.b.cはxに依存しない定数だと考えて方程式を扱いますよね。

134132人目の素数さん2018/10/07(日) 21:51:16.08ID:vtlFnQU8
>>132
>だから、pk、qkを定めることによってa,bを任意に設定したときに式Dが成立します。

自分で好き勝手にpk、qkを選んだとしよう。
そしてn ≡ 1 (mod 4)である n を好き勝手に選んだとしよう。
そして a=Π(1+pk+…pk^qk)、b=Πpk^qkとおいたとしよう。
そのときDが奇素数解 p を無限に持つ証明はどこにあるん?
もしこの pk、qk が奇数の完全数 y から構成したものなら、y に対応する素因子 p はDの解だ。
それの証明はある。
が、しかし、それしかない。
その一個のみだ。
そしてそうでないデタラメなpk, qkからつくったa,bではその一個すらない。
なんで他にもいっぱいあるん?

135 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 21:55:21.83ID:IvQ4mrLs
>>134
>が、しかし、それしかない。
>その一個のみだ。
>そしてそうでないデタラメなpk, qkからつくったa,bではその一個すらない。
何を書いているのか分からない。
式Dから得られる式から、最終的にD(p^2-1)=0となる式がでてきますけど。

136132人目の素数さん2018/10/07(日) 22:00:24.91ID:lxU0YLY2
>>133
>>57について、0を掛けるのは、そう式変形することで証明ができるからです
そもそも意味なんてなくとも数学的には正しいので、>>57の誤りはそこじゃありません
どこが間違ってるかちゃんと考えてみましょう

あなたの論文と同じロジックが使われてるのでちゃんと答えてくださいね

137132人目の素数さん2018/10/07(日) 22:00:48.29ID:vtlFnQU8
>>135
今DからDp^2 - D=0を導いてどうすんの?
反対でしょ?
Dp^2 - D = 0の方からDを導くんでしょ?
DからDp^2 - D=0を導いた時解の集合が大きいのはどっちだった?
Dp^2 - D = 0の方が大きいんだよね?
逆は証明してないよね?
その証明必要ないっていったよね?
でもそれだとDp^2 - D = 0が無限個解もっててもDが無限に解もつとは言えないよね?
だって世の中無限集合にふくまれる有限集合なんかいくらでもあるよ?
君が証明したのはDの解の集合がDp^2 - D = 0の解の集合の部分集合であることのみ。
一致してるかどうかなんかわかりません。
この時点でDの解の集合が無限集合かどうかなんかわかりません。

138132人目の素数さん2018/10/07(日) 23:48:38.69ID:BFYeYjrZ
>pがa,bを決定するものではありません。
そう主張するなら、6ページで 2b=cu(p+1) の関係式を使うのもやめることだな
a や b と p の依存関係を使わなければ導けない結論を使っている限り、a や b と p に依存関係はないという主張は嘘になる

139 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/07(日) 23:57:10.92ID:IvQ4mrLs
>>136
しつこい、0を掛けること自体が間違っている、その問題と一緒にするな。

>>137
>Dp^2 - D = 0の方からDを導くんでしょ?
これをする必要はありません。式Dを使った式変形により、D(p^2-1)=0が成り立つわけですから
その解が、元の式で成立しないとはどういうことでしょうか?
方程式を解いているときに、解の数が増えるような方程式があるのでしょうか?
D=0かつD(p^2-1)=0の解の部分集合が式Dの解であるのかの証明はできるのでしょうか?

私は、式Dから数学的に正しい式の変形をして、解を求めているのでその解の集合が変化
するということはないと考えています。

>>138
何度も同じことですが、pは方程式の解です。
ax^2+bx+c=0の解xはa,b,cを変化させるのでしょうか?

140 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:01:13.18ID:t3A1vy02
pが整数として存在するという仮定が間違っているから、pが不定というおかしい結果が
でてくるのではないのですか?

141132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:11:22.31ID:dfy3kBi6
おかしいのは最初から最後まで1だけ。
テレビから悪口が聞こえる奴の発言がおかしくない筈がない。

142 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:15:32.46ID:t3A1vy02
おかしいのは、式Dを解くときは、a,bは固定されていてpにより変動することはありません。
その結果として、D=0の場合にはpが不定と出てくるわけですから、元の方程式の係数が
全て0になるのは当然です。

方程式を解くときに定数部分が未知数により影響を受けるからと考えることがあるのでしょうか?

143132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:16:31.83ID:y06pxrNb
>>139
なんで0をかけることが間違いなんですか?
0y=0が間違いなんですか?

144 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:17:25.95ID:t3A1vy02
私の証明が正しくないとしたい人間が意味不明な工作活動を延々としているんでしょうよ。
それに何の利益があるのかは分かりませんが。

145132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:20:20.84ID:y06pxrNb
正しくないとしたい、じゃなくて、正しくないんですよ
そんなこともわからないんですか?

本当は正しいんだけど、何らかの理由で妨害されてる、なんてないから
現実見よう

146 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:20:52.36ID:t3A1vy02
>>143
意味不明に0を掛けることがおかしいと言っています。
その後にyが不定だからといって、それで何かを証明することはできません。

147 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:22:59.08ID:t3A1vy02
>>145
ただ、根拠が希薄で間違っていると言っているだけのようにしか思えませんけど。

それではこの質問に答えて下さい。
何故、n+1次の方程式で、複素数解の数はn+1個になりますが、その方程式の解が不定に
なるのでしょうか?

148132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:25:54.94ID:y06pxrNb
>>146
式変形における「意味」とは何でしょうか?
「yが完全数である⇒0y=0」は真ですよね?

>>147
0(p^2-1)=0はn+1次方程式じゃないですね

149132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:27:07.24ID:y06pxrNb
根拠が理解できてないだけなんですね、あなたは
18年間も病気やってれば仕方ないとは思いますが...

150132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:27:40.10ID:1+upM2Fe
0を掛ける意味とか、バカ丸出しだな
>>124が的確だわ

124132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:43:10.62ID:LFhf5Qe4
2を掛ける意味は?pで割る意味は?約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は?

151132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:28:10.45ID:9iR8Vtyr
>>139
>私は、式Dから数学的に正しい式の変形をして、解を求めているのでその解の集合が変化
>するということはないと考えています。

あなたがどう考えようと知りません。
A ⇒ B はあくまで A の解の集合がBの解の集合に含まれる証明にしかなりません。
それに従えないならもはやそれは数学ではありません。

>方程式を解いているときに、解の数が増えるような方程式があるのでしょうか?

前に √(2-x^2) = x の例をあげたでしょ?
私は2乗してないから大丈夫なんて言い分は通用しません。
同値性が崩れる変形なんて山のようにあります。
Dp^2 - D = 0 からスタートしてDを導出して下さい。
もし本当にDの解の集合がDp^2 - D = 0の解の集合に等しいならできるハズです。
それが数学のルールです。
そこに文句を言っても始まりません。

152 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:28:51.43ID:t3A1vy02
>>148
「0y≠0⇒yが完全数でない」
対偶をとるとこうなりますから、正しいとはいえない命題だと思います。

論文を読んでいれば書かないような内容だと思いますが
式Dはpのn+1次方程式です。

153 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:29:17.06ID:t3A1vy02
>>149
敗北宣言お疲れ、失せろ

154132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:31:07.78ID:y06pxrNb
・「yが完全数⇒0y=0」は偽(NEW!)

155 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:31:51.86ID:t3A1vy02
>>151
方程式を解くということは、条件文とは異なると思いますが。

156132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:31:57.06ID:1+upM2Fe
>「0y≠0⇒yが完全数でない」
>対偶をとるとこうなりますから、正しいとはいえない命題だと思います。

正しいでしょ

「 偽 ⇒ Q 」の形をした命題は必ず真であり、今の場合 0y≠0 は偽であり、
「0y≠0⇒yが完全数でない」は「 偽 ⇒ Q 」の形をしているから、この命題は真

157 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:32:57.43ID:t3A1vy02
>>154
「0y≠0⇒yが完全数でない」
が正しいのであれば、yは完全数になり得ないな

158 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:33:31.98ID:t3A1vy02

159132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:35:13.05ID:y06pxrNb
>>152,157
>>148が偽なら、どんな完全数をもってくると0y≠0になるんですか?
あと式変形の「意味」とは何か、教えてください

論文には式Dの解が不定だとは書いていませんね
論文を読んでから書き込んでください

160132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:36:30.49ID:1+upM2Fe
>>158
「0y≠0⇒yが完全数でない」は正しく、しかも、yは完全数になり得る

「0y≠0⇒yが完全数でない」という命題から「yは完全数になり得ない」と
断言できるのであれば、そのことを証明してみろ

161132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:36:53.90ID:L+0ouie3
>>152
>「0y≠0⇒yが完全数でない」
>対偶をとるとこうなりますから、正しいとはいえない命題だと思います。

キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

162132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:37:31.63ID:1+upM2Fe
よほど都合が悪いのか、>>1>>124を完全に無視しているな

124132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:43:10.62ID:LFhf5Qe4
2を掛ける意味は?pで割る意味は?約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は?

163 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:39:52.77ID:t3A1vy02
>>159
書いた人間に読めとは…
式Dから、D(p^2-1)=0が導かれます。
D=0のときは、pが不定になります。

対偶から考えれば、yが完全数でないときにだけその命題が真になる
ということではないのでしょうか?

164 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:42:37.71ID:t3A1vy02
>>160
>「0y≠0⇒yが完全数でない」は正しく、しかも、yは完全数になり得る
これが真であるというのだったら
yは完全数ではない。
偽であるというのであれば
yは完全数になる。

正しいって何w

165132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:43:05.99ID:9iR8Vtyr
>>155

とにもかくにもあなた以前

A ⇒ B とは “Aの解の集合” ⊂ “Bの解の集合”

は認めるといったでしょ?
それが数学のルールです。
“Dp^2 - D = 0の解の集合” ⊂ “Dの解の集合” を示すには Dp^2 - D = 0 ⇒ D を示す以外の方法は一切ありません。
あるいはできそうにないと思ってるんですか?

166 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:46:13.70ID:t3A1vy02
>>165
方程式を解いているだけですから、その解が初めの方程式の解にならない
理由がないと思うのですが。

167 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:47:25.79ID:t3A1vy02
>>165
方程式を解いたときに、初めの方程式で解にならない解が求まるという問題があるのですか?
あるのであれば、例をあげてもらいたいのですけど。

168132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:47:41.14ID:zZ0s7TH2
・「0y≠0⇒yが完全数でない」が正しいって何w (new!)

169132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:49:36.80ID:1+upM2Fe
>>164
>これが真であるというのだったら
>yは完全数ではない。

間違っている

「0y≠0⇒yが完全数でない」という命題は
「P⇒Q」という形をした命題にすぎない
ここから「Q」を導くには、「P⇒Q」のほかに「P」が必要
つまり、「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ、「Q」を導出できない

今の場合だと、もし「0y≠0」と「0y≠0⇒yが完全数でない」が
ともに真ならば、「yが完全数でない」も真ということになる
しかし、「0y≠0」は偽なので、この論法は使えない
それでもなお、「0y≠0⇒yが完全数でない」という命題の方は正しいまま

170132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:50:18.00ID:9iR8Vtyr
>>166

あなたが数学のルールに従うつもりがないならそれも一向に構いません。
気に食わないルールに従わない自由はありますよ。
ただそれならその論文は数学の論文として認めてもらえないだけです。
ルールに従うのか、認めてもらうのを諦めるかの2択です。
強いて云うなら数学のルールの方が変だという主張をするという手もありますが。
それなら好きにやってください。

171 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:52:39.17ID:t3A1vy02
>>169
あなたが、条件文を正しく理解していないということが分かりました。
>>156とは同一人物とは思えず、面白い限りですね。

172 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:54:20.64ID:t3A1vy02
>>170
何故方程式を解くということをすると、解の集合が変化するのですか?
変化すること自体おかしいことなのではないですか?

>>167に答えて下さい。

173132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:55:02.22ID:1+upM2Fe
>>171
条件分を正しく理解してないのは君だけっすよ

P「0y≠0」
Q「が完全数でない」

と置けば、「0y≠0⇒yが完全数でない」という命題は「P⇒Q」と表せる
今の場合、「P」は偽なので、「P⇒Q」は真である
つまり、「P」は偽だが「P⇒Q」は真という状況になっている
>>1はそこで、

・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真となり、つまり「yが完全数でない」となって矛盾する

と言っているが、それは間違っている
なぜなら、「P⇒Q」だけでは「Q」を導けないからだ
「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない
今の場合、「P」は偽だが「P⇒Q」は真という状況になっているので、
「P⇒Q」が真であっても、それだけでは「Q」は出てこない

つまり、>>1は「P⇒Q」が偽であることの証明に失敗している
実際には「P⇒Q」は真なので、偽であることは証明できない

174132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:56:08.82ID:TjnTzaPn
>>172
>>151に例があるけど

175132人目の素数さん2018/10/08(月) 00:57:33.30ID:9iR8Vtyr
>>172

解くというのは必要十分であることを確認して初めて解いたといえます。
つまり十分性の確認が終わってないのであなたはDをといた結果がDp^2 - D = 0であるとは主張できません。
十分性の確認しないとダメだって数Aで習ったでしょ?

176 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 00:59:10.48ID:t3A1vy02
>>173
>・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真となり、つまり「yが完全数でない」となって矛盾する
このようなことは言っていない。

この命題が真であるとすると
yが完全数でないということが確定するからおかしいと書いた。

>なぜなら、「P⇒Q」だけでは「Q」を導けないからだ
>「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない
意味不明な文章を披露するのはやめた方がいいのでは?

>「Q」が出ない
って何?

177 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 01:01:29.63ID:t3A1vy02
>>174
それは、解のうち一つが条件を満たさないということで解が一つ減るということであるけど
この論文の場合は逆で、解が増えるのですけど。

>>175
十分性の確認ということは求めた解がもとの方程式で成立するかを確認するという作業では
ないのですか?

178132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:02:56.72ID:1+upM2Fe
>>176
>このようなことは言っていない。

>この命題が真であるとすると
>yが完全数でないということが確定するからおかしいと書いた。

いやいや、まんま言ってるじゃんw
「この命題が真であるとすると」とは

・「P⇒Q」という命題が真であるとすると

という意味だろ?
で、「yが完全数でないということが確定するからおかしい」とは

・「Q」が真であることが確定するからおかしい

という意味だろ?つまり、全体として君が言ってることは

・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真であることが確定、つまり
  yが完全数でないことが確定するからおかしい

ということだろ?でも、君のその論法は間違ってると言ってるんだよ
「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ、「Q」が導出できないからね

179132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:04:26.71ID:1+upM2Fe
>>176
> >なぜなら、「P⇒Q」だけでは「Q」を導けないからだ
> >「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない
> 意味不明な文章を披露するのはやめた方がいいのでは?
つまり君は、

・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真である

と勘違いしているわけか?

180132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:05:14.49ID:NwaLLcnQ
1が次々と論理学の無知を披露するからテンプレが捗る捗る
・「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない 、って何?

181132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:06:05.18ID:9iR8Vtyr
>>177
違います。
十分性の確認とはDp^2 - D = 0を仮定してDを導出することです。
{Dの解 }⊂{Dp^2 - D=0} と {Dの解 }⊃{Dp^2 - D=0} の両方の確認をして初めてこの2つは同値であると主張できます。
このルールに文句があって従うつもりがないなら、数学の論文としては永遠に認めてもらえません。

182 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 01:06:37.11ID:t3A1vy02
>>178
もともとの命題が
>yが完全数⇒0y=0
だったから、yが完全数でないという結論はおかしいのではないかというだけ。

183 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 01:10:41.92ID:t3A1vy02
>>179
してない、以上。

>>181
何故、方程式を解くというときに同値性を担保しなければならないのでしょうか?
数学の正しい式変形をしていれば、同値にならないことはないと思いますけど。

ルール、ルールうるさいですけど、逆演算ができるのは当然ではないですか?
mod演算と割り算しかしていないのですから?

184132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:10:43.92ID:WnpOazRJ
論理包含
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%96%E7%90%86%E5%8C%85%E5%90%AB

yに関する次の命題を考える。
「「0y≠0」⇒「yが完全数でない」」
「0y≠0」は偽である。
よって、「yは完全数でない」の真偽に関わらず
「「0y≠0」⇒「yが完全数でない」」
は真である。

185132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:11:16.53ID:1+upM2Fe
>>182
もともとの命題である「yが完全数⇒0y=0 」は正しいし、
対偶を取った「0y≠0⇒yは完全数でない」も正しいよ

君は両方とも正しくないと言った
特に、「0y≠0⇒yは完全数でない」という命題については、
君は次のような論法で、正しくないことを証明しようとした

・「0y≠0⇒yは完全数でない」がもし正しいなら、yが完全数でないことが確定しておかしい

しかし、この論法は間違っていることを既に指摘した。君のこの論法は

・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真であることが確定しておかしい

というものであり、これは間違った論法だからだ

186132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:13:44.99ID:9iR8Vtyr
>>183
>何故、方程式を解くというときに同値性を担保しなければならないのでしょうか?
>数学の正しい式変形をしていれば、同値にならないことはないと思いますけど。

それは数Aの教科書でも読んで下さい。

>ルール、ルールうるさいですけど、

ルールは絶対です。

>逆演算ができるのは当然ではないですか?
>mod演算と割り算しかしていないのですから?

じゃやって下さい。

187132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:14:27.21ID:1+upM2Fe
>>183
>してない、以上。
いやいや、勘違いしてるでしょw

「0y≠0⇒yは完全数でない」という正しい命題について、
君は次のような論法で、正しくないことを証明しようとした

・「0y≠0⇒yは完全数でない」がもし正しいなら、yが完全数でないことが確定しておかしい

しかし、この論法は間違っていることを既に指摘した。君のこの論法は

・「P⇒Q」が真なら、「Q」も真であることが確定しておかしい

というものであり、これは間違った論法だからだ
君はこのような勘違いを「してない」と言い放ったが、
実際にぴったりこの書き方で反論を繰り返していたのだから、
勘違いしていたことは明白である

188132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:16:44.85ID:zCTCWSCj
命題 「yが完全数 ⇒ 0y=0」 はすべてのyで真である
その対偶 「0y≠0 ⇒ yが完全数でない」 はすべてのyで真である

何もおかしくないぞ

189 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 01:19:46.11ID:t3A1vy02
>>184,185
「偽⇒真」も「偽⇒真」も知っているけれども、間違いがあった。

>>186
数学の式変形は同値だから、変形が行えるのではないのでしょうか?
逆算する意味がないと思います。

190132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:22:38.33ID:Nmy/1YoZ
・mod演算は逆演算が可能(new)

これ以上腹筋壊さんでくれww

191132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:24:37.42ID:9iR8Vtyr
>>189
>逆算する意味がないと思います。

こんなバカバカしいルールは無意味で従うつもりないというならいいですよ。
数学の論文として認めてもらえないだけです。
どうぞご勝手に。

192132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:25:05.72ID:1+upM2Fe
「0y≠0⇒yは完全数でない」が正しい命題であることは>>1も納得したようだから
これでいいとして、>>124については未だに何のコメントもないですね

124132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:43:10.62ID:LFhf5Qe4
2を掛ける意味は?pで割る意味は?約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は?

193132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:25:41.96ID:/9nwaznJ
・1による奇数芸人ネタ

>pは定数でありかつ変数である。
>奇数÷奇数は整数かつ奇数に決まってる。そんな簡単なこともわからないのですか。
>wは整数であり同時に整数でない。
>2m+1は因数だが2m+1の倍数ではない。
>a=b/3なら、aはbを因数に含む。
>変数は数値に置き換えてはダメ。
>(A×B)/C:整数かつ B/C:非整数 ⇒ A/C:整数は当然。
>27/5 は 3 で割り切れる。
>定義はしていますが、値は定めていません。
>少なくとも一つはそうなる、ということで全てに対して成り立たなければならない。
>式の形から1つのkで成り立てば、全てのkでも成り立つ。
>自明なことを証明することは難しい。
>この論理は正しさが証明することができません。
>証明を見つけましたので、未解明ということにしたい。
>定理を導出した。その定理の証明が難しく完成が困難になっている。
>最後の命題は、他者が家の外からその命題を確認したと聞こえてきた。
>無限に約分可能。つまり、公約数が無限にある。
>計算間違いをしないと証明終了にならない。
>2に約数はない
>2の約数は2しかない
>0p=0がどう導かれたのかわからない
>数学と言語が反転しているように考えられる
>x=√(2-x^2)に解がないことは証明できるが、解はある
>0p=0は正しいが、0をかける数学的な意味がないため正しくない(new!)
>「yが完全数⇒0y=0」は偽(new!)
>「0y≠0⇒yが完全数でない」が正しいって何w (new!)
>「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない 、って何?(new!)

194132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:36:48.54ID:1+upM2Fe
>>1>>57を気に入らない理由は、文章の途中で唐突に0y=0という式があって、
「なぜそこでいきなり0を掛けるんだ?」という唐突感が消えないからだろう
実際に>>1は「0を掛ける理由がない」「意味不明に0を掛けることがおかしい」
という発言をしている

195132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:40:56.30ID:1+upM2Fe
しかし、唐突でない文章なんて、証明の先頭の文以外にはあり得ない。たとえば、

「奇数の完全数が存在したとして、その中の1つをyと置く」

という文章から始まる証明があったとせよ。この証明の中で、唐突でない文は
この文以外にあり得ない。なぜなら、たとえば、次の文が

「yの素因数を任意に取ってqと置く」

となっていたとせよ。どうだ、唐突だろうw

196132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:42:23.38ID:1+upM2Fe
なぜそこでいきなりyの素因数qを考えたがるのか?
「0を掛ける理由がない」「意味不明に0を掛けることがおかしい」
という>>1の発言に習えば、

「qを考える理由がない」
「意味不明にqという素因数を考えることがおかしい」

と言えてしまうだろう

197132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:46:44.55ID:1+upM2Fe
実際には、qを考えることには理由がある

「qを考えることで最終的に矛盾が示せるから」

これが理由だ。というか、これ以外の理由は存在しない
なぜなら、矛盾を導けない操作は証明の中で邪魔でしかないからだ(今は背理法が念頭にあるので)。
もし矛盾が示せない操作が証明の中に紛れ込んでいたら、
その操作は邪魔なので削除してよく、
残った操作は全て矛盾を導くための操作となり、ゆえに

「そういう操作を考えると矛盾が示せるから」

という理由だけが残る
唐突かどうかではなく、矛盾を導ける操作であるかどうかだけが重要なのだ

198132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:50:34.42ID:1+upM2Fe
「唐突かどうかは問題ではなく、矛盾を導ける操作であるかどうかだけが重要なのだ」
という観点に立つと、>>57でいきなり0を掛ける理由も明らかである。つまり、

「そういう操作を考えると矛盾が示せるから」

というのが、いきなり0を掛ける理由である
唐突かどうかは問題ではない
0y=0を考えることで矛盾が示せるから、こういう操作を考えているのだ

199132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:56:40.41ID:1+upM2Fe
しかし、>>1はこのような

「唐突かどうかは問題ではなく、矛盾を導ける操作であるかどうかだけが重要なのだ」

という観点を認めるわけにはいかない。
なぜなら、これを認めたら、>>57を認めるしかなくなり、
よって偶数の完全数が存在しないことを認めることになってしまうからだw
だから、>>1は「唐突感」を全面に押し出して「唐突感」を過大に問題にするしかなく、

「0を掛ける理由がない」「意味不明に0を掛けることがおかしい」

という苦し紛れの言い訳をするしかないのだろう

200132人目の素数さん2018/10/08(月) 01:59:39.67ID:1+upM2Fe
しかし、そのような「唐突感」あるいは「操作の意味」を問題にするなら、

「だったらお前のpdfはどのくらい唐突ではないのだ?
 唐突かどうかの線引きはどうなっているのだ?
 お前のpdfの1つ1つの操作にはどのような 意 味 があるんだ?」

といったツッコミが当然くるわけで、
一番鋭いのが>>124の指摘であり、>>1は124から逃げている

124132人目の素数さん2018/10/07(日) 18:43:10.62ID:LFhf5Qe4
2を掛ける意味は?pで割る意味は?約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は?

201132人目の素数さん2018/10/08(月) 02:22:29.02ID:WnpOazRJ
「定数」であるaやbを「変数」であるpを使った式で置き換えていますが、この操作で解は保たれるんですかねー

202132人目の素数さん2018/10/08(月) 02:32:09.92ID:WnpOazRJ
pの式でとしての次数が変わっているのに、解は変わらない、ということがはたしてあるだろうか。

203132人目の素数さん2018/10/08(月) 03:36:48.84ID:D3Cxx89E
・1による奇数芸人ネタ

>pは定数でありかつ変数である。
>奇数÷奇数は整数かつ奇数に決まってる。そんな簡単なこともわからないのですか。
>wは整数であり同時に整数でない。
>2m+1は因数だが2m+1の倍数ではない。
>a=b/3なら、aはbを因数に含む。
>変数は数値に置き換えてはダメ。
>(A×B)/C:整数かつ B/C:非整数 ⇒ A/C:整数は当然。
>27/5 は 3 で割り切れる。
>定義はしていますが、値は定めていません。
>少なくとも一つはそうなる、ということで全てに対して成り立たなければならない。
>式の形から1つのkで成り立てば、全てのkでも成り立つ。
>自明なことを証明することは難しい。
>この論理は正しさが証明することができません。
>証明を見つけましたので、未解明ということにしたい。
>定理を導出した。その定理の証明が難しく完成が困難になっている。
>最後の命題は、他者が家の外からその命題を確認したと聞こえてきた。
>無限に約分可能。つまり、公約数が無限にある。
>計算間違いをしないと証明終了にならない。
>2に約数はない
>2の約数は2しかない
>0p=0がどう導かれたのかわからない
>数学と言語が反転しているように考えられる
>x=√(2-x^2)に解がないことは証明できるが、解はある
>0p=0は正しいが、0をかける数学的な意味がないため正しくない
>「yが完全数⇒0y=0」は偽
>「0y≠0⇒yが完全数でない」が正しいって何w
>「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない 、って何?
>mod演算は逆演算が可能!(new!)

204132人目の素数さん2018/10/08(月) 04:00:23.68ID:tg2KUs28
問題. 1次方程式x/3=5を解きなさい。

先生「与えられた方程式の両辺に3を掛けることで、x=15となります。」
高木「意味不明に3を掛けている。式自体は正しいが、3を掛ける数学的な意味がない。だからその解答はおかしい。」

205132人目の素数さん2018/10/08(月) 07:43:34.15ID:y3kA1Bo2
ある命題が"真"であることを"出る"とは言わないので>>176の1の指摘
「Q」が出ないって何
は的を射ている。

ネタリストの
>「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない 、って何?
この行は
>「P⇒Q」が真ならば「Q」は真だ
に変えよう。

206 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 07:54:29.24ID:t3A1vy02
>>190
a÷b=cあまりd
でモード演算を
a≡d, c(mod b)
とでも表記するように拡張すれば可能ですね。

>>191
ルール馬鹿は頭がおかしいと思う。どこに数学の問題で式変形をして答えが
でた後それを全て逆にトレースして、はじめの式に一致するかを確認しなければ
ならないという問題があるのか?

>>192
それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?

>>195
論文の内容とは全く異なるが。意味不明な長文発狂お疲れ様です。
qはyの素因数ではなく、p=4q+1と表されるということにしかでてこない。

>>197
>もし矛盾が示せない操作が証明の中に紛れ込んでいたら、
>その操作は邪魔なので削除してよく、
無駄で意味のない式変形は論文に書く必要がないのは当たり前だと思うが。

207 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 07:54:53.37ID:t3A1vy02
>>198
>>57でいきなり0を掛けたのは>>1ではない。

>>199
>「唐突かどうかは問題ではなく、矛盾を導ける操作であるかどうかだけが重要なのだ」
このようなことは書いていないし、それは>>57を書いた人間の立場だろう。

>「0を掛ける理由がない」「意味不明に0を掛けることがおかしい」
レスの前半で、無意味に0を掛けることがおかしいと言っておきながら、この内容を否定しているのは
矛盾している。

>>201
置き換えてはいない。ただpの方程式になっているだけだ。しつこすぎ。

208132人目の素数さん2018/10/08(月) 08:07:21.65ID:l9HGTmtI
まとめWikiを誰か作らないかな。

209 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 08:11:30.17ID:t3A1vy02
>>205
Pが偽であれば、Qが偽であっても「P⇒Q」は真となるから、Qが真とは言えない

A⇒BをA⊆B
とすると
偽がφ(空集合)であろうから
偽⇒真 は φ⊆A
偽⇒偽 は φ⊆φ
というのが分かりずらい気もする。

A⇒BをA∩B=A
とすれば
偽⇒真 は φ∩A=φとなり真
偽⇒偽 は φ∩φ=φとなり真
となるので分かりやすいと思う。

210132人目の素数さん2018/10/08(月) 08:31:41.77ID:WnpOazRJ
>>207
>置き換えてはいない。ただpの方程式になっているだけだ。しつこすぎ。

> D を偶数として、C = Dpとすると
これは置き換えていないのか、そうか。

211132人目の素数さん2018/10/08(月) 08:40:12.64ID:y06pxrNb
>>163
>>148が偽なら、どんな完全数をもってくると0y≠0になるんですか?
あと式変形の「意味」とは何か、教えてください

↑に答えてください


論文には0(p^2-1)=0の解が不定だとは書いてありますが、式Dの解が不定だとは書いていませんね
論文を読んでから書き込んでください

あと>>124に答えてあげたら?

212 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 09:00:33.95ID:t3A1vy02
>>210
その部分であれば、pで割り切られなければならないのでそうなるでしょう

>>211
「D=0のとき全てのpに対して成り立つので、式Dの係数は全て0になならければならない」
と書いています。式Dの解が不定でなければならないということですけど。

>「yが完全数である⇒0y=0」は真ですよね?
これは間違いを書きましたが真です。

対偶に関して訂正しておくと
「0y≠0⇒yが完全数でない」
となりますが、0y≠0が偽なので、yが完全数であろうとなかろうとこの命題は真になります。

213 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 09:01:31.27ID:t3A1vy02
>>211
>あと>>124に答えてあげたら?

>>206
>それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?

214132人目の素数さん2018/10/08(月) 09:08:24.30ID:y06pxrNb
>>212
そうですよね真ですよね
なんでこんな簡単な命題の真偽にこれだけのレスが必要だったか意味不明ですが
で、それを受けて>>57の数学的な誤りはどこか考えてみましょう


論文には0(p^2-1)=0の解が不定だとは書いてありますが、式Dの解が不定だという証明がありませんね
論文を読んでから書き込んでください

>>213
だから>>124の各操作の意味を教えてください?

215132人目の素数さん2018/10/08(月) 09:56:18.41ID:h5k8Sngu
>>206

>ルール馬鹿は頭がおかしいと思う。どこに数学の問題で式変形をして答えが
>でた後それを全て逆にトレースして、はじめの式に一致するかを確認しなければ
>ならないという問題があるのか?

だからそれは数Aの教科書よめって。
できるんでしょ?十分性の確認?
逆にたどっていけばいいだけなんだよね?
逆にたどっていけば a と b が p に無関係な定数にとれる事が確認出来るんだよね?
ちなみに n=5 のとき p5 2行目まで戻ってみようか?

Dp^2 - Dp = 0, D=0
(Cp + 1)p − p − C = 0, C=0
Bp^2 − p^2 − B + 1 = 0, B=1
(Ap + 1)p^2 − p^4 − Ap = 0, A=p

あらあら、A は p になったねぇ?
果たして a b は p に無関係な定数になるかねぇ?

216132人目の素数さん2018/10/08(月) 11:21:48.14ID:ewEbmc8u
>>208
wikiができて多くのスレの書き込みがまとめられたら、
高木氏のような精神病の医学の研究に貢献できるだろう。

1でも社会の役に立つかもしれない。

217132人目の素数さん2018/10/08(月) 12:04:02.77ID:y3kA1Bo2
>>209>>212
自分の間違いをよく認めた。偉いぞ。
人間なら誰だって間違えることはある。
その間違いによって他人を不快にさせたり迷惑をかけることもある。だから、>>171のようなさも自分が正しいという態度は普段とらず、間違えた時は謝るのが一般的な礼儀だ。

ネタリストの
>「yが完全数⇒0y=0」は偽
>「0y≠0⇒yが完全数でない」が正しいって何w
>「P」と「P⇒Q」がともに真でなければ「Q」が出ない 、って何?
を取り消そう。

218132人目の素数さん2018/10/08(月) 13:13:09.28ID:1OvsCMFe
この調子で不定ならば不適、も間違いと認めてくれるといいのにね。

完全数が存在すると仮定するとpの集合Pがφになることを示すなら、
4q+1の集合をQとして、P⊆Qが示せるんだから、Qの補集合を¬Qとして
P⊆¬Qが示せればよい。そしたらp=φと言える。

でも、「pは不定」というのはP⊆(Q∪¬Q)なのであってP⊆¬Qとは異なる。
Q⊆(Q∪¬Q)なんだから、P⊆QとP⊆(Q∪¬Q)は同時に成立し、矛盾はしない。

1には「pは不定」つまりP⊆(Q∪¬Q)ではなくて、ぜひP⊆¬Qのほうを示していただきたい。

219132人目の素数さん2018/10/08(月) 16:46:44.35ID:of/Ye1o6
>>217
残念ながら奇数÷奇数=奇数のくだりも>>1は間違いを認めたが消されてないからそれはないと思う

220132人目の素数さん2018/10/08(月) 17:25:45.29ID:w8oyNBVK
間違いを認めるまで相当暴れまわった。

更に、その後もこれと同じ間違いを延々と繰り返してる。

重要テンプレに入ってしまったのにね>>4

221 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 18:33:11.62ID:t3A1vy02
>>214
>論文には0(p^2-1)=0の解が不定だとは書いてありますが、式Dの解が不定だという証明がありませんね
変数変換とpでの割り算しか行っていないので、同値なのではないでしょうか?
逆に辿っても、同じ方程式がでてくるだけだと思います。

>>215
a,bがpの関数だというのであれば、D=0の場合はpが不定だという結果がでてきているのですから
pを任意に定めて、題意を満たすa,b,cの組を一つでも見つけてもらえますか?

>>219
それは、割った答えが整数の場合にはということだ。

>>220
それは大分前の間違いだ。この問題は背理法だから、間違わないと答えにならないという性質があるからね。

222132人目の素数さん2018/10/08(月) 18:38:23.56ID:71IsQTNJ
>この問題は背理法だから、間違わないと答えにならないという性質があるからね。

ずっと指摘されバカにされ続けているのに懲りずに連投。
これで小学生以下の間違い連発を正当化できると本当に信じてるからたちが悪い。

223132人目の素数さん2018/10/08(月) 18:47:20.18ID:z08NjjoC
>>221
>a,bがpの関数だというのであれば、
>pを任意に定めて、題意を満たすa,b,cの組を一つでも見つけてもらえますか?
ほいよ

a=cp^n
b=c(1+…+p^n)/2
のとき
(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D
は任意のpで成立する

224 ◆QZaw55cn4c 2018/10/08(月) 18:49:04.14ID:gUNQu6bt
>>220
いや >>4 は難しい部類だと思います。
我々は「素因数分解は一通り」感覚を頼りに >>4 をなんとか理解しているのですが、
「互いに素」という言葉は素因数分解以前の世界感でも機能するもの、そういうふうに、つまり素因数分解を抜きに「互いに素」を理解するのは非常に難易度が高いと思います

225132人目の素数さん2018/10/08(月) 18:51:54.64ID:ZAcNu568
>>221

なにいってんの?
私は十分性のcheckしないと論文として認められないよと言ってるだけ。
その相手に十分条件でない事を示してくださいって何?
十分性が成り立つといってるのはそっちなんだから自分で示しなさいよ。
ま、一応途中まではこうなる。
D = 1+p^2+…+p^(n-7)
このあと条件式
C = Dp
B = Cp + 1
A=Bp
2z=(Ap+1)
2w=2zp
s=p^n
2v=2wp
s=a/c
u=2v+1
2b = cu(p+1)
を使ってaとb出してみなよ。
条件式一個足りないから(不定性があるから)
a/c =…、b/c=…
までしか確定しないけど。
cに適当な値設定して両方定数に出来るかやってみりゃいいじゃん。

226 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 19:01:44.41ID:t3A1vy02
>>223
いや、下の式が成立するa,bとpの組み合わせを。
a=Π[k=1,r](1+pk+…+pk^qk)
b=Π[k=1,r]pk^qk
aとbはpkとqkのみに依存し、pには依存しないと何度も言っているでしょう。

>>225
それは
a=cp^n
2b=c(p^n+…+1)
だから
a/c=p^n
b/c=(p^n+…+1)
だろうけど。
しかし、これは方程式であってaとbがpの関数であるということではない。

227132人目の素数さん2018/10/08(月) 19:14:32.40ID:ZAcNu568
>>226
a/c = p^n
b/c = (p^n + … + 1)
じゃないんでしょ?
君の主張ではD式
(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0
のa , b はあくまで
a = Π(1+…+pk^qk)、b = Πpk^qk
と p に無関係だから恒等式のテクニックを使えるって主張なんでしょ?
じゃあそこで止まっちゃだめじゃん。
そこから任意の p で a = Π(1+…+pk^qk)、b = Πpk^qk が成立することが示せるって言ったんだよね?逆にたどっていけば?
この式が最初にyから作ったp以外の任意のpでも成立することが示せるって言ったんだよね?
示して下さい。

228132人目の素数さん2018/10/08(月) 19:27:19.57ID:z08NjjoC
>>226
>aとbがpの関数であるということではない。
a=cp^n
b=c(1+…+p^n)/2
なので、aとbはれっきとしたpの関数ですよ。cは定数ですし何の不満があるのでしょうか?

229132人目の素数さん2018/10/08(月) 19:30:14.45ID:IDgUsSVi
せっかくテンプレが減ったのにね
・p^nはpの関数ではない(new!)

230132人目の素数さん2018/10/08(月) 19:47:03.11ID:ZAcNu568
言い訳考え中。考え中♪♫🎵

231132人目の素数さん2018/10/08(月) 19:58:53.85ID:l9HGTmtI
>>224
「互いに素」なら最大公約数をもとめればOK
ユークリッドの時代でも簡単

232 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 20:49:08.25ID:t3A1vy02
>>227
だから、pには依存しないで、pの次方程式だというだけのこと。

何度も書いているがax^2+bx+c=0の方程式を解いた解があったときに
その解がaやbに影響するかということで
a=f(x)、b=g(x)、c=h(x)
となるかということだ。

>>228
それが方程式だというだけだ。しつこすぎ。

>>229
p^nはpの関数だが
この問題の
a=cp^n
aを定めたときの、pのn次方程式

>>230
読んで書くのに考える時間はほとんどいらないから、それをしつこく書かなくて結構。

関数と方程式の違いも分からないとはどういうことでしょうか?
以下の順序があるんです。
pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→nとpが求まれば
y=bp^nによりyが決定する

233 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 20:55:14.05ID:t3A1vy02
>>221
>a,bがpの関数だというのであれば、D=0の場合はpが不定だという結果がでてきているのですから
>pを任意に定めて、題意を満たすa,b,cの組を一つでも見つけてもらえますか?

a,bがpの関数だと言ってこの論文が間違っていると主張する人たちはこの質問に答えてよ。
a,bが以下の素数pk、偶数pk、整数rとして
a=Π[k=1,r](1+pk+…+pk^qk)
b=Π[k=1,r]pk^qk
のように表されかつ
a=cp^n
2b=c(p^n+…+1)
を満たす、具体的な値としてのp,n,a,b,pkqk,rの組み合わせを。

234132人目の素数さん2018/10/08(月) 21:10:35.43ID:NmDS+Lyh
反論の日本語が全く理解できん

235132人目の素数さん2018/10/08(月) 21:34:49.61ID:WnpOazRJ
それ「奇数の完全数を見つけろ」って言ってるだけでは?

236132人目の素数さん2018/10/08(月) 21:39:57.56ID:tg2KUs28
高木「この論文が間違っていると言うのなら、奇数の完全数を見つけてみろ」

237132人目の素数さん2018/10/08(月) 21:48:35.72ID:1+upM2Fe
>>206
>それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?
1が>>57に反論するときには、
「0を掛ける理由がない」「意味不明に0を掛けることがおかしい」
というふざけた論法を使うのに、

「では、1のpdfにおいて2を掛ける意味は?pで割る意味は?
 約分する意味は?展開する意味は?代入する意味は?計算する意味は? 」

と問われると、「それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか? 」
という、これまたふざけた返答しかしない。こんなので答えになってるなら、>>57だって、

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか? 」

と答えればいいだけであって、それで>>57は通用してしまい、1は>>57を認めるしかなくなる
つまり、1は偶数の完全数が存在しないことを認めるしかなくなる

238 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/08(月) 22:05:31.52ID:t3A1vy02
>>235
実際にはそういうことになりますけど。

このスレで方程式と関数の違いが分からない人間がレスをしている意図が分からない。
実際にそう思って書いているのか?ただ、人を馬鹿にするためだけにわざと書いているのか?

>>237
>>57は理由なく0を掛けてyが不定だということにいているのは数学的に誤っている。
ただそれだけだ。
0を掛ける合理的な理由が示されていないということに証明もどきの欠陥がある。
そんな下らない内容でしつこく、私を批判するのは間違えているのではないですか?

239132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:10:03.34ID:cTN63gp0
>>1が推論規則を無視したことを書き続けるからツッコミが入るんだろ

240132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:15:14.24ID:hE+w+HDk
0って合理的な理由がなきゃ掛けちゃだめなのかー
おたくの証明も合理的な理由が無いから止めたほうがいいよ

241132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:34:03.15ID:1+upM2Fe
>>238
>>57は理由なく0を掛けてyが不定だということにいているのは数学的に誤っている。

理由はあるよ

「0を掛けることで矛盾が示せるから0を掛けている」

これが理由だよ
もっかい詳しく説明しようか?

242132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:35:39.31ID:1+upM2Fe
背理法が念頭にある場合、矛盾を導けない操作は証明の中で邪魔でしかないので、
もし矛盾が示せない操作が証明の中に紛れ込んでいたら、その操作は必要ないので削除してよい
すると、残った操作は全て矛盾を導くための操作となるので、証明の中のどの操作も、
その操作をする意味や理由は全て

「そういう操作を考えると矛盾が示せるから」

というものになる
もちろん、>>57でいきなり0を掛ける理由も同じ
つまり、

「そういう操作を考えると矛盾が示せるから」

というのが、いきなり0を掛ける理由である

243132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:38:15.35ID:WnpOazRJ
>>221
>変数変換とpでの割り算しか行っていないので、同値なのではないでしょうか?

p.6〜7で係数に対して「…とおくと」と書きながら次々に代入してますが、
ここでの「変数」はpですよね。
それは「変数変換」と言えますか?
また、「定数」である係数に「変数」pを含む式を代入することは方程式の「同値な変換」と言えますか?

244132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:38:28.70ID:1+upM2Fe
このような理由が気に入らないなら、

「では、1のpdfにおいて2を掛ける理由は?pで割る理由は?
 約分する理由は?展開する理由は?代入する理由は?計算する理由は? 」

1はこの質問にきちんと答えられるの?言っとくが、

「それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか? 」

という返答はもうナシだぞ。>>237で潰してあるからな

245132人目の素数さん2018/10/08(月) 22:39:40.13ID:1+upM2Fe
では、改めて質問する

1のpdfにおいて2を掛ける理由は?pで割る理由は?
約分する理由は?展開する理由は?代入する理由は?計算する理由は?

246132人目の素数さん2018/10/08(月) 23:22:22.30ID:ZAcNu568
>>232
>だから、pには依存しないで、pの次方程式だというだけのこと。

あなたが

a = p^nc、b = (p^n + … + 1)c…(※)

を関数と呼ぼうが、方程式と呼ぼうがそれはあなたの勝手だし自由に呼べばいいでしょう。
問題はこのようにa,bがpの値に応じて変化する場合

(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D

がpについての恒等式になっていたとしても

a-2b = 0、2b=0、-a = 0

としてはいけません。
そのことを以前に指摘した時の反論が

a = Π(a+pk+…+pk)^qk、b=Πpk^qk…(*)

であり、これらは p の値に依らない定数だから大丈夫だといいましたよね?
そして(※)から(*)を導出するのは逆にトレースするだけだと言いましたよね?
じゃあやってください。
(※)から逆にたどって任意の p で(*)が成立することを示して下さい。
少なくとも

>ルール馬鹿は頭がおかしい

とまで言ったんだからやってくださいよ。

247 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 03:38:14.84ID:zxHeoS3K
>>239
何を無視しているのですか?明確に書いてください。

>>241
間違った証明の説明は要らない。

>p.6〜7で係数に対して「…とおくと」と書きながら次々に代入してますが、
>ここでの「変数」はpですよね。
>それは「変数変換」と言えますか?
例えばu=2v+1は、変数uを変数vに置き換えていますが、これを変数変換と
言わないのはおかしいですね。

>また、「定数」である係数に「変数」pを含む式を代入することは方程式の「同値な変換」と言えますか?
(2v+1)p^2-sp-2v=0
のときに、変数(s,vを含めて)は全て整数だから
2v≡0 (mod p)
が成立します。だから、v=wpとすることがどうして同値ではないのでしょうか?同値でない証明を書いて
下さい。

>>244
幼稚な哲学問答は結構だ。
>という返答はもうナシだぞ。>>237で潰してあるからな
よく、このような内容を書けたものだ。

みなさんここは>>244を笑うところですよ。

248 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 03:44:58.22ID:zxHeoS3K
>>246
>そして(※)から(*)を導出するのは逆にトレースするだけだと言いましたよね?
全然こんなことは書いてないんですけど。
逆にトレースができると書いたのは
D(p^2-1)=0から(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D
同値変換しかしていないので、逆にトレースすると言っても式の順番が全て逆になるだけだが。

何度もしつこいですけど。
pk,qkを決定する→a,bが定まる→方程式Dの解としてnとpが求まる→nとpが求まれば
y=bp^nによりyが決定する

249132人目の素数さん2018/10/09(火) 04:01:01.24ID:52nF0ECj
自分の他に244を笑う者がいると考えていると思うと
まったくもって1が不憫でならない

250132人目の素数さん2018/10/09(火) 04:03:35.22ID:pemfXkya
>>248
同値変形してもどってきたのは

((cp^n)-c(p^n+…+1))p^(n+1)+c(p^n+…+1)p^n-(cp^n)=0…(※)

までは戻ってきましたね?
それはお互い確認しましたよね?
たしかにこれは全ての p で成立しますよ?
でもあなたの主張は

(Π(1+pk+…+pk^qk) - 2(Πpk^qk))p^(n+1)+2(Πpk^qk)p^n-Π(1+pk+…+pk)^qk=0…D

まで戻れる、でしたよね?
あなたの主張通りのa,bを代入した式です。
もちろん p が元の y から作った p ならコレも成立しますよ。
それは認めてます。
でもあなたの主張はコレが任意の p でも(※)からDに戻れるでしたよね?
でこの係数
(Π(1+pk+…+pk^qk) - 2(Πpk^qk))
2(Πpk^qk)
-Π(1+pk+…+pk^qk)
は p について定数だから全部 0 というのがあなたの主張でしたよね?
(※)からDを導いて下さい。

251132人目の素数さん2018/10/09(火) 06:08:43.17ID:Y61kl45z
ここは糖質芸人1を笑うスレ。

252132人目の素数さん2018/10/09(火) 08:58:35.93ID:KiZvLA+R
>>247
推論規則にどういうものがあるか知ってるのか?
以前のスレでも散々指摘されてたけど
どうせ>>1はググることすらしてないだろう?

253 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 09:14:46.76ID:zxHeoS3K
>>250
>たしかにこれは全ての p で成立しますよ?
>でもあなたの主張は
>(Π(1+pk+…+pk^qk) - 2(Πpk^qk))p^(n+1)+2(Πpk^qk)p^n-Π(1+pk+…+pk)^qk=0…D
>>248
>逆にトレースができると書いたのは
>D(p^2-1)=0から(a-2b)p^(n+1)+2bp^n-a=0…D
こう書いてありますよね。読めないのですか?

だから、pに依存しないpに対しては定数のa,bを係数とする方程式Dが
不定の解を持つのであれば、その係数は全て0にならなければならない。

>>251
お前らをな。あなたたちがまともな数学関係の職についていたら滑稽だな。

254132人目の素数さん2018/10/09(火) 09:33:13.94ID:uw6i5E0N
無職が1人で笑ってるぞ、怖いな

255132人目の素数さん2018/10/09(火) 09:37:18.41ID:q5DFH8P/
1はブログでもYoutuberでもやって金を稼げばいいのに。

無職なんてダメダメ。

256132人目の素数さん2018/10/09(火) 09:59:23.26ID:UxDxe0tz
aiueo700も復活したことだし、糖質系Youtuberやってほしい
儲かるよ

257132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:03:31.88ID:UxDxe0tz
無職「あなたたちがまともな数学関係の職についていたら滑稽だな。」


疑問なんだけど、
 0(p^2-1)=0
は不適な解を含むから矛盾、ってのが間違ってるのは明らかだけど、そもそもDってpに依存してるんだから、
 D(p^2-1)=0
を解いたらD=0のときのpが出てくるんじゃないの?
不定って何?

258132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:10:43.56ID:9A561BHq
こんな初歩の間違いは、普通なら鼻で笑われて終わり
そこをわざわざ細かく説明して貰ってるんだから、1はいくら感謝しても足りないぞ

259132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:21:07.02ID:NdueLvM2
>>257
例えばn=5のとき、u=p^4+p^2+1から始めて、
 1を引いて、pで割って、またpで割って、
という操作を何度か繰り返すと、いつかは0になる
そうやってDが0になったとき、
 D(p^2-1)=0
を評価したら確かに正しいね、ってことにはなる

260132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:25:48.93ID:q5DFH8P/
aiueo700知らなかったけど、やってることはここの1高木にそっくり。
1もネットで儲けることができるかもしれない。

でもそのために周辺住民の被害はさらに拡大するが。

261132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:40:21.88ID:UxDxe0tz
>>259
よくわかんないんだけど、結局
 (u-1-p^2-p^4)/p^4=0
が出てきて、ここからどうするの?

262132人目の素数さん2018/10/09(火) 10:45:08.08ID:pemfXkya
>>248

>だから、pに依存しないpに対しては定数のa,bを係数とする方程式Dが
>不定の解を持つのであれば、その係数は全て0にならなければならない。

”pに依存しないpに対しては定数のa,bを係数とする方程式D”

とは

(Π(1+pk+…+pk^qk) - 2(Πpk^qk))p^(n+1)+2(Πpk^qk)p^n-Π(1+pk+…+pk^qk)=0…D

ですね?
“が不定の解を持つ”
とは任意の p がDの解になるの意味ですね?
これは証明されてませんね?
証明されているのは

Dp^2 -D = 0…(X)

が任意の p を解にもつことです。
それはあなたも以前認めました。
そしてそこから任意の p がDの解になることを示すためには(X)がDの十分条件であることを示さないとダメであることを指摘した折にそれは(X)を導出したときの変形を逆にたどればDが得られるというのがあなたの主張でしたね?
しかしその作業をして実際にえられるのは

((cp^n)-c(p^n+…+1))p^(n+1)+c(p^n+…+1)p^n-(cp^n)=0…(※)

であることもあなたは認めましたね?
つまり現時点あなたの主張

“pに依存しないpに対しては定数のa,bを係数とする方程式Dが不定の解を持つ”

が示せるというあなたの主張は全く証明されていません。
証明して下さい。

263132人目の素数さん2018/10/09(火) 11:10:19.75ID:NdueLvM2
式Dを扱うのは方程式ax^2+bx+c=0を解くのと同じ、と言っていたので、試しに同じ方法で素数解を持つ二次方程式を解いてみる

例題:p^2-(5+1)p+5=0 ただしpは奇素数
5≡0 (mod p) なので、整数Aが存在して Ap=5
5をApで置き換えて p^2-(Ap+1)p+Ap=0
辺々pで割って p-(Ap+1)+A=0
整理して p-Ap-1+A=0

-1+A≡0 (mod p) なので、整数Bが存在して Bp=-1+A
AをBp+1で置き換えて p-(Bp+1)p+Bp=0
整理して
辺々pで割って 1-(Bp+1)+B=0
整理して -Bp+B=0

B≠0 とすると、p=1 となり不適となる
B=0 とすると、pは不定となり不適となる
よって題意に沿ったこの例題の解はない。−−−

さて、このやり方で例題の正しい解p=5が導かれないのはなーんでだ?

264132人目の素数さん2018/10/09(火) 11:40:16.24ID:pemfXkya
>>263
GJ! 素晴らしい❗

265132人目の素数さん2018/10/09(火) 11:43:08.37ID:6fHF/7vK
高木流を着実にマスターしている!

266132人目の素数さん2018/10/09(火) 11:45:47.99ID:mn7g2X6D
高木流が新たな学問分野として発展するかも

267132人目の素数さん2018/10/09(火) 12:30:25.12ID:pemfXkya
高木変形が同値変形でもなんでもない事を示す好例だな

268132人目の素数さん2018/10/09(火) 12:40:52.53ID:DuwMYmI/
>>263
これ面白いな
pが奇素数のときB(D)=0であるという高木時空の正体が浮き彫りになっているね

269132人目の素数さん2018/10/09(火) 12:45:10.98ID:2OpQNLzi
「お前らをな。あなたたちがまともな数学関係の職についていたら滑稽だな。」 見ず知らずの人に自分のオ○ニーの結果を見てもらっているのにこんなこと言ってもいいんですかね...

270 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:20:35.81ID:zxHeoS3K
>>262
>((cp^n)-c(p^n+…+1))p^(n+1)+c(p^n+…+1)p^n-(cp^n)=0…(※)

>であることもあなたは認めましたね?
認めていません。

>>263
p=5のときはA=1で、B=0

271132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:21:34.02ID:GjGCO5m+
予想される1の反応
「お前らは数学を分かってない。世紀の大発見になぜ難癖をつけるのか分からない」

272 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:23:24.99ID:zxHeoS3K
>>263
>p^2-(5+1)p+5=0
この方程式はpが不定にはなりえないところも違う。
1=0、-5+1=0、5=0
ですか?

273132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:23:33.04ID:NdueLvM2
>>270
>B=0 とすると、pは不定となり不適となる
というのが、あなたのやり方ではないのですか?

274 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:24:03.95ID:zxHeoS3K
>>271
そうは書きませんでしたね、残念でした

275 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:24:47.01ID:zxHeoS3K
>>273
式Dは不定になり得ますよね、a=b=0の場合には

276132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:26:57.52ID:NdueLvM2
>>272
>1=0、-5+1=0、5=0 ですか?
もちろんどれも違いますが。
それで、何が言いたいのでしょう?

277 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:27:52.87ID:zxHeoS3K

278132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:32:29.77ID:UxDxe0tz
>>277
疑問なんだけど、
 0(p^2-1)=0
は不適な解を含むから矛盾、ってのが間違ってるのは明らかだけど、そもそもDってpに依存してるんだから、
 D(p^2-1)=0
を解いたらD=0のときのpが出てくるんじゃないの?
不定って何?

279132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:32:39.20ID:NdueLvM2
>>275
>式Dは不定になり得ますよね、a=b=0の場合には
それがどうかしましたか?
あなたの論文にはaは奇数でなければならないと明記されているではないですか?
0は奇数ですか?

280132人目の素数さん2018/10/09(火) 13:51:44.01ID:mn7g2X6D
>>274
いつも>>271 書きまくってるじゃん。
そのうち書くだろ。

281 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 13:54:46.91ID:zxHeoS3K
>>278
D=0のときのpがあるのであれば、それを示してもらえますか?

>>279
だから、D=0が不適と書いていますが

>>280
>>274

282132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:00:08.32ID:NdueLvM2
>>281
>だから、D=0が不適と書いていますが
では、>>263の例題も、B=0は不適なので「p^2-(5+1)p+5=0 ただしpは奇素数」には解がないということでよいですね?

283 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 14:04:02.90ID:zxHeoS3K

284132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:14:34.87ID:NdueLvM2
>>283
ではあなたはaは奇数でなければならないと言いつつ、同時にa=0といいはるのですか?
何度でも聞きますが、0は奇数ですか?

285132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:16:41.23ID:UxDxe0tz
>>281
まずDがpによることは認めますか?

286132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:17:43.19ID:mn7g2X6D
0は奇数 (New!)

287132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:19:51.45ID:mn7g2X6D
1は、はよYoutuberやれ。
まだか。

288 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 14:20:50.71ID:zxHeoS3K
>>284
D=0は不適と書いてるだろう

>>285
それは反論するが方が示してください

289132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:21:20.40ID:NdueLvM2
>p^2-(5+1)p+5=0 この方程式はpが不定にはなりえない
この主張は認めても良いですよ。
この式を、論文と同じ方法で変形すると、-Bp+B=0 という形の式が導かれます。
変形におかしなところはありません。

もちろん、B=0のとき、-Bp+B=0でpが不定になります。これも認めてもよいです。
1の論文が正しいならば、>>263の推論にもおかしなところはないはずですが。

290132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:22:02.72ID:UxDxe0tz
>>288
いや、あなたが定めたDはpによっているかどうかという質問ですが

291132人目の素数さん2018/10/09(火) 14:23:42.46ID:NdueLvM2
>>288
>D=0は不適と書いてるだろう
不思議ですねえ。
>>263のB=0が不適となるということは認めてくださらないのてすか?

292132人目の素数さん2018/10/09(火) 15:10:53.98ID:R7ubVYJG
>>263
これが>>1の論文と同じかどうかはともかく

例題:p^2-(5+1)p+5=0 ただしpは奇素数
 1|5≡0 (mod p) なので、整数Aが存在して Ap=5
 2|5をApで置き換えて p^2-(Ap+1)p+Ap=0
 3|辺々pで割って p-(Ap+1)+A=0
 4|整理して p-Ap-1+A=0
 5|-1+A≡0 (mod p) なので、整数Bが存在して Bp=-1+A
 6|AをBp+1で置き換えて p-(Bp+1)p+Bp=0
 7|整理して
 8|辺々pで割って 1-(Bp+1)+B=0
 9|整理して -Bp+B=0
10|B≠0 とすると、p=1 となり不適となる
11|B=0 とすると、pは不定となり不適となる
12|よって題意に沿ったこの例題の解はない。−−−

>>1さんに質問

1)間違ってるのは何行目?
2)p^2-(5+1)p+5=0、p-(Ap+1)+A=0 と -Bp+B=0 は同値変形?

293132人目の素数さん2018/10/09(火) 15:28:57.81ID:R7ubVYJG
>>292

追加
3)結局正しい A B の値は何?

294132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:14:17.45ID:UxDxe0tz
無職なのにレスが遅い

295132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:28:53.16ID:7PsFteo9
お母さんに怒られてるんじゃないの

296132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:29:40.50ID:xGOsfDH5
答えたくないんでしょ?

297132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:33:00.17ID:mn7g2X6D
逮捕でもされちゃった?

298132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:39:01.41ID:pemfXkya
なんとかナンクセつけられるロジック開発中ww
まぁオレの論文とは関係ないとか言って逃げ出すんだろうけど。

299132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:40:48.61ID:Apin2vst
>>247
>幼稚な哲学問答は結構だ。
「0を掛ける理由がない」などと哲学問答を始めたのは君の方だよw
そういう哲学問答がもう結構なのであれば、君は>>57を認めるしかなくなるぞ
そこで>>57を認めずに、あくまでも「0を掛ける理由がない」などと
哲学問答を続けるのであれば、こちらも同じ質問を続けさせてもらうよ

300132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:42:45.70ID:Apin2vst
>>247
整理しよう。まず君は

(1)「0を掛ける理由がない」

と書いた。つまり君は、「0を掛けたければ理由が必要である」
という立場を取っていることになる。だったら、同じように、

(2) 1のpdfにおいて、2を掛けたければ理由が必要だし、pで割りたければ理由が必要だし、
  約分したければ理由が必要だし、展開したければ理由が必要だし、
  代入したければ理由が必要だし、計算したければ理由が必要だ

…ということになる

301132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:44:26.20ID:Apin2vst
つまり、(1)と(2)は同じ行為になっていて、矛先が>>57か1のpdfかの違いしかない
言い換えれば、君が>>57に対して(1)のような発言をすることと、
こちらが1のpdfに対して(2)または>>244の質問をすることは、同じ行為である

君は(2)のような質問を「哲学問答は結構」と一蹴したわけだが、
(1)と(2)が同じ行為である以上、もし(2)が哲学問答なのであれば、
君が書いた(1)がそもそも哲学問答になる

つまり、哲学問答を始めたのは君自身ということになる

302132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:46:05.03ID:Apin2vst
で、「哲学問答はもう結構」と言って(2)から逃げるのであれば、
(2)と同じ行為である(1)を、君は撤回しなければならない。
この場合、君は>>57に反論できなくなる
逆に、君が(1)を撤回する気がないなら、君は(2)にきちんと返答しなければならない
だから、君に取れる選択は次の2つしかない

・「0を掛ける理由がない」という発言を撤回し、>>57を認める
・「0を掛ける理由がない」という発言を撤回せずに、(2)もしくは>>244の質問に答える

どちらでも構わない。どちらかを選べ

303132人目の素数さん2018/10/09(火) 16:47:20.30ID:Apin2vst
先に釘を刺しておくが、(2)もしくは>>244に対して

「それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

と返答するのは許されないからな
いや、そう返答したければそう返答しても構わないが、その場合、こっちだって

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

と返答させてもらうよ
もしこの返答が気に食わないなら、君だってこのような返答はできない
でなければ二枚舌だからね

そして、このやり取りそのものを「哲学問答はもう結構」と一蹴するのであれば、
(1)と(2)が同じ行為である以上、「0を掛ける理由がない」という意見を
君は撤回しなければならない。そして、その場合、君は>>57に反論できなくなる

304132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:02:17.04ID:/lEA/B+o
  −−
   (馬^ェ^)    ーー
  f´     ,.}     (鹿^ェ^ )
  ,ム ィ´_}._.小. / .`     `ヽ     ーーー
  Y.ゝ‐´   |. ∨ーfト. __ . 、 廴}|    ( ★^ェ^  )   
  :| ヽ阪 .ノ!゙1 /:|       ト._リ  ,。-"       ~ヽ
 .弋._ノ`{:  | 弋リ f、   。  |   /            }
       }、.ノ     ! ` 、_ .ノ!   |   {_ .-、      f: メ.
     {. リ    ‘.   京__ノ    l  / 三! .  ノ|´ l
     弋_)      マ リ       マ   ア~    ̄ !、 ‘.
               { ー'|       〉r‐'       l! マ 〉
             }: {       i |    o    ハ `´
              { ヘ         | } 、      ノ !
              ̄       l   `::禿   :!
                    ゝ==イ `|    ,'

305132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:27:00.92ID:2OpQNLzi
つみです。

306 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:32:34.55ID:zxHeoS3K
>>291
不定にはなり得ないから

>>292-293
pを解くことができるという点で考えると以下になる。
1)5
2)p-(Ap+1)+A=0
3)(p,A,B)=(1,5,4),(5,1,0)

>>295-297
もう書くな

>>300
哲学的問答を始めたのはあなたで、それに答えたのが私。

>>303
>「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

>と返答させてもらうよ
そうしたければそうすればいいだろう。それを正しい証明だと思う人間がどれほどいるのかは分からないが。

307 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:35:17.53ID:zxHeoS3K
進路妨害」

308 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:42:17.18ID:zxHeoS3K
>>290
n=5のとき
u=2v+1
u=2wp+1
u=2zp^2+1
u=(Ap+1)p^2+1
u=(Bp^2+1)p^2+1
u=((Cp+1)p^2+1)p^2+1
u=((Dp^2+1)p^2+1)p^2+1

u=((Dp^2+1)p^2+1)p^2+1=p^4+p^2+1
∴D=0

Dはpに依存していません

309 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:44:14.49ID:zxHeoS3K
進路妨害とテレビから聞こえてきましたが
また、私を馬鹿にする発言ではないのでしょうか?

対向車線の車との距離を判断して、私は無理のないところで右折しましたが。

その前に無理に直進の私の車の前で右折していく車がありましたが。

あー嫌がらせが面白い。

310132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:46:13.88ID:Apin2vst
>>306
>そうしたければそうすればいいだろう
つまり君は、あくまでも>>244の質問には

「それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

と返答するわけだな。で、こちらが同じように

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

と返答しても構わないと。
だったら、君が主張する「0を掛ける理由がない」という意見には

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

という論法で論破できていることになる(君がそれを認めた)のだから、
君は>>57への反論を失った状態になり、君は>>57を認めたことになるよ

どうするの?

311 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:48:10.45ID:zxHeoS3K
もの凄くタイミングの遅い右折だったので急ブレーキを掛けさせていただきました。

本当に低レベルな人間ですね。いい年したじじーがそんなことしていて恥ずかしくないのでしょうか?

312132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:50:07.93ID:Apin2vst
整理して書こう

>>310により、君は>>57への反論を失った状態であり、
君は>>57を認めたことになる

もちろん君は、実際には>>57を認めていない

だから、君は>>57のどこが間違っているのかを指摘しなければならない。
君の指摘は「0を掛ける理由がない」というものだったが、
その指摘は>>310で論破されているので、君はもうこの指摘を使えない

では、>>57のどこが間違っているのかを、改めて指摘せよ

313 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 17:50:57.01ID:zxHeoS3K
>>310
私の論文はD=0が条件として出てくるというだけであり、>>57は意味不明に掛けている
全く同じではありませんけど。

314132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:56:33.45ID:A+065VNb
>>306
-1+A≡0 (mod p) なので、整数Bが存在して Bp=-1+A
これ間違ってるんですか?
 X≡Y (mod d) :⇔ 整数Nが存在して X-Y = dN
が定義ですよね?
ならば
 -1+A ≡ 0 (mod p) ⇔ ある整数Bが存在して -1+A-0 = Bp
は成立しますけど?
5行はあってますよね?

315132人目の素数さん2018/10/09(火) 17:57:51.32ID:Apin2vst
>>313
内容が同じであるかどうかを聞いているのではなくて、
>>57のどこが間違っているのかを聞いているのである

>>57は意味不明に掛けている

どうやら君は、今回も「>>57では意味不明に0を掛けているから間違っている」
という論法を使っているようだが、その指摘はもう使えないと言っているだろう

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

君の指摘はこれで論破済みであるから、君はその指摘をもう使えないのだ

では改めて聞く
>>57のどこが間違っているのかを指摘せよ

316 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 18:02:13.70ID:zxHeoS3K
>>314
そこまでは合っていると書いていますけど。

>>315
それでは、何故見ず知らずのあなたの命令に従わなければならない道理は何ですか?

私は意味不明に0を掛けるということをしていないと言っていますけど。
>>310が論理的に正しいのかも甚だ疑問だ。

317132人目の素数さん2018/10/09(火) 18:04:06.15ID:A+065VNb
>>316
聞いているのは間違ってる行です。
間違ってる行は何行目ですか?
まさか合ってるとはいいませんよね?

318132人目の素数さん2018/10/09(火) 18:06:23.97ID:Apin2vst
>>316
>私は意味不明に0を掛けるということをしていないと言っていますけど。
つまり君は、次のように言いたいのだろう?

「私は意味不明に0を掛けるという操作をしていないが、
 >>57ではそのような操作をしている。だから>>57は間違っているのだ」

しかし、これは

>>57では意味不明に0を掛けているから間違っている」

と言っているのとまんま同じことである
そして、その指摘はもう使えないと言っているだろう

「0を掛ける理由ですか?それは、その文字で表されていること以外に意味があるのか?」

君の指摘はこれで論破済みであるから、君はその指摘をもう使えないのだ

では改めて聞く
>>57のどこが間違っているのかを指摘せよ

319132人目の素数さん2018/10/09(火) 18:23:32.66ID:NdueLvM2
>>306
>不定にはなり得ないから
>>263でも「B=0 とすると、pは不定となり不適となる」と書いています。B=0 は不適と言っているのですが、何が違うんですか?

320学術2018/10/09(火) 18:51:56.55ID:6vzJPfKZ
prefucture だよな。

321132人目の素数さん2018/10/09(火) 18:54:26.04ID:jEoEKPKA
1が自動車を運転するなんて、危険!危険!危険!

警察は1の免許を取り上げなくちゃ。

322学術2018/10/09(火) 19:13:31.62ID:6vzJPfKZ
数学に寄稿するのが数学であってはならない。数学者は下仕えだよ。
数学者の集合なんていらねえさ。

323132人目の素数さん2018/10/09(火) 19:27:33.87ID:+5pGLS4e
旗色悪くなると糖質芸始めるの本当不愉快なんだが

324学術2018/10/09(火) 19:31:37.12ID:6vzJPfKZ
糖質より技芸科。技芸科より。工匠。

325学術2018/10/09(火) 19:32:13.32ID:6vzJPfKZ
ジントニックなんてもうベタな酒じゃないの?

326学術2018/10/09(火) 19:32:34.75ID:6vzJPfKZ
ブリザトンが使えるか?

327132人目の素数さん2018/10/09(火) 19:44:36.10ID:pemfXkya
来るか?必殺

 >>263 はあってる❗

328132人目の素数さん2018/10/09(火) 19:49:02.61ID:pemfXkya
来るか?必殺

 >>263 はあってる❗

329 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 19:52:14.95ID:zxHeoS3K
>>263
私の証明は不定の場合にはa=b=0となるから不適だという理由になります。

>>263の場合には不定になっても解p=5は含んでいるので矛盾にはなりません。
しかし、はじめの二次方程式の係数から不定の解になることはありません。

330132人目の素数さん2018/10/09(火) 19:57:42.85ID:pemfXkya
>>329
で間違ってるのは>>292の何行目?
5行目まではあってるんだよね?

331132人目の素数さん2018/10/09(火) 20:03:53.76ID:Y61kl45z
「学術」って名乗ってスレに関係無いことばっか書いてる奴

同じ統失芸人としては、このスレの1の方が稼げるだろう。

332 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 20:12:04.27ID:zxHeoS3K
>>330
何故何度も同じことを書かせるのですか?

0を掛けるから不定という考えの方に書いておきますが、7ページに
A(p+1)p-p^(n-2)-A=0
がありますが、n=5のときA=pなので
p^3-p^3=0
がでてきて不定になります。

333学術2018/10/09(火) 20:28:15.76ID:6vzJPfKZ
ビットコイン?

334132人目の素数さん2018/10/09(火) 21:00:40.86ID:+5pGLS4e
聞かれたことに答えないなら査読なんてお願いしても無駄だよ

335132人目の素数さん2018/10/09(火) 21:03:46.96ID:NdueLvM2
>>329
>私の証明は不定の場合にはa=b=0となるから不適だという理由になります。
はい。aもbも奇数ですから、a=b=0だと不適ですね。
故に、Dでpが不定になるのは間違いとはなりませんか?

336132人目の素数さん2018/10/09(火) 21:38:46.52ID:BouQjfss
>>332
なぜ何回も同じことを聞くかというと、そこがまさにポイントだからだよ。
数学は全体をモヤっと理解してもダメ。
間違ってるなら間違ってるで

・間違っているところはピンポイントでどこなのか?
・間違っている理由はなにか?

を完全に明らかにしないと、次に活かせる間違いにならない。
12行からなる >>292 の論述のどこが違うのかをまず明らかにしないと。
もう、面倒なので答え書くと >>292 の論述で間違っているのは11行目です。
では、言及

B=0 とすると、pは不定となり不適となる

の何が間違っているのでしょう?

Q1) “pは不定となりとは”何が不定となると言っているのでしょう?
Q2) それは何に反するから不適だといっているのでしょう?
Q3) そしてそれは何が間違っているのでしょう?

それを正確に指摘できないと>>292の間違いはオレの論文とは違うとは言えませんよ?

337132人目の素数さん2018/10/09(火) 22:22:16.87ID:lPvqlnwY
1が>>270で咄嗟に答えてしまっているが、>>263のp^2-(5+1)p+5=0に奇素数の解pがあるとすると、A=1 しかありえない。すると、B=0とならざるを得ない。

同様に、例えば n=5 のとき、論文で up^2-sp-u+1=0 ..(A) を方程式として解くと、
u=p^4+p^2+1, s=p^4 となる(論文にそう書いてある)のだから、
(なお、u=p^4+p^2+1>0なので、式(A)のpが不定とはならないことは言うまでもない)

u=2v+1 より v=(p^4+p^2)/2
v=wp より w=(p^3+p)/2
w=zp より z=(p^2+1)/2
2z-1=Ap より A=p
A=Bp より B=1
B-1=Cp より C=0
C=Dp より D=0 とならざるを得ない。

以上のように、題意を満たす解釈は D=0 しかありえないのだから、D=0 が不適だなどとはとんでもない話。

263が、pが不定でない方程式p^2-(5+1)p+5=0から、pが不定となる式-Bp+B=0を導いたのと同じように、
1も、pが不定ではない式(A)から、pが不定となる式 Dp^2-D=0 を導いて見せただけ。

263で、式-Bp+B=0がB=0でpが不定であっても、元の式 p^2-(5+1)p+5=0 の p が不定になることはないように、
1の論文でも、Dp^2-D=0 がD=0でpが不定となっても、式(A)でpが不定となることはない。

Dp^2-D=0 でpが不定となるから、式(A)でもpが不定であると、1が短絡的に結び付けたことが結局のところ誤りである。

ということで、1以外の皆はよろしいかな? 
(1がこれを認めるとはハナから思っていない)

338 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/09(火) 23:15:00.21ID:zxHeoS3K
>>336
Q1)B=0のときはpが全ての値で成り立つので、pは不定になります
Q2)不定のときは、元の方程式の係数が全て0でなければならないからだと考えられます
Q3)分かりません

>>337
D=0から逆にたどっていくとA=pになりますから
>>332のようになりますよ。
p^3-p^3=0
であれば、明確に不定ではないのですか?

339132人目の素数さん2018/10/09(火) 23:48:49.13ID:5Mq85MfU
ひとつ爆弾を落としてみようか

・7ページの Dp^2-D=0 を導く出発点は、じつは式Dではなく、6ページ目の式 u=p^(n-1)+p^(n-3)+…+1 である。
 この式は、a,b,c のいずれにも依存していない。u は定数ではなく、p に依存する変数である。

6ページで、形式上、aやbやcを使っているように見えるが、途中で両辺にcを掛けて、その後cで割っているので、
結果として、式(A)は aやbやcに依存してはいない。

式(A)は、u=p^(n-1)+p^(n-3)+…+1 の両辺に(p^2-1)を掛けて整理したものと同じである。

【導出】u=p^(n-1)+p^(n-3)+…+1 の両辺に (p^2-1) を掛ける
(p^2-1)u=(p^2-1)(p^(n-1)+p^(n-3)+…+1)=p^(n+1)-1
s=p^n を使って右辺を変形すると sp-1 になるので、
移項すると up^2-sp-u+1=0…(A) と同じになる。

ここで注意したいのは、この式(A)は、u=p^(n-1)+p^(n-3)+…+1 と s=p^n の下では恒等式であるということ。
つまりは、式(A)の段階で「pは不定」なのであるよ。

この u と s については、これまで展開してきた「p に依存しない」などという言い訳は通用しない。
なぜなら u の定義が u=p^(n-1)+p^(n-3)+…+1 であり、s=a/c は cの定義が c=a/p^n だから、p^n に他ならない。
u と s は、p と n にしか依存しないのだ。p と n の関数であるといってもよい。

結局、1は、6ページ以降では、p についての恒等式(A)をいじって、Dp^2-D=0 という p の恒等式に変形したうえで、
例の「不定だから〜」という持論を展開しているだけに過ぎないのである。

もともと p について不定である式を変形して、p について不定な式が導出されても、何の矛盾もない。不適でもない。

そのような aやbやcに依存していない式を、これまで「aはpに依存しない定数だから〜」等と誤魔化し続け、
さも最初は不定ではないのに不定となったなどと偽装したことは悪質極まりないといえる。

340132人目の素数さん2018/10/09(火) 23:59:46.91ID:NdueLvM2
>>339
>最初は不定ではないのに不定となったなどと偽装した
ふむ。その主張はなかなか興味深いね
だけど、1のやり方をすれば、不定でない方程式を変形して不定であるように見せかける(偽装する、と言えないこともない)ことは造作もないことが示されているから、最初が不定であったかなかったかはあまり意味がないんじゃないかな

341132人目の素数さん2018/10/10(水) 00:03:27.31ID:HqrJ5Hsp
>>338
>Q1)B=0のときはpが全ての値で成り立つので、pは不定になります
おそらくそういう意味ですね。
つまり方程式
-Bp + B = 0 … A
が任意の p で成立するという意味でしょう。

>Q2)不定のときは、元の方程式の係数が全て0でなければならないからだと考えられます
それは一足とびに飛びすぎですね。
もう少し細かく言えば与式
p^2 - (5+1)p + 5 = 0 … @
の方は解が不定でない、すべての p で成立するわけではない事に反するという意味でしょう。

> Q3)分かりません
結局、問題は果たしてAが@の十分条件でない、すなわち@がAの解を完全に含んではいないのに、”含まないとおかしい” と断じている点が間違っています。
実際Aの解は “全ての奇素数 p” であり、@の解は p=5 のみです。(注:変数 p は大前提として奇素数値しかとらないとしておきます。)
Aは@の十分条件となっていません。

するとここで疑問が発生します。
なぜAは@の必要十分条件でないのでしょう?
2乗するような危ない式変形などおこなっていません。
文字を設定し代入しているだけです。
この、”同値性の崩れ” は何が発生させたものでしょう?
何に注意すればこれは防げたのでしょう?

とても示唆に富む問題です。
ご意見ありますか?

342132人目の素数さん2018/10/10(水) 00:12:40.32ID:ai/uXSZV
おまえ、あちこちにフェルマー予想の簡単な証明見つけました、ってメールしてるキチと同一人物?

343132人目の素数さん2018/10/10(水) 08:15:37.56ID:FTHk6Svc
1は、あちこちにTVから声が聞こえるって書きまくってるキチと同一人物

344 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/10(水) 14:17:03.16ID:bCO/XxzF
変更点 117版
・6ページの証明を修正しました
・別証明1を削除しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7094703842598/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7094703905505/

345132人目の素数さん2018/10/10(水) 14:25:53.38ID:PCIJu1lB
>>5のフェイズ2ですね

346132人目の素数さん2018/10/10(水) 14:26:07.13ID:zV5OfPHS
汚いゴミPDFは何度出しても廃棄物。

347132人目の素数さん2018/10/10(水) 14:38:09.23ID:TkCab6E1
不定の2文字が入ってる限りNG
理由は1がアホだから

348132人目の素数さん2018/10/10(水) 16:13:11.67ID:H2Q7m9TT
>>1>>263 の十分性が崩れた理由はわかった?
新しい論文で十分性が担保されてる確認はやった?

349132人目の素数さん2018/10/10(水) 16:33:21.34ID:zV5OfPHS
このスレでの論点は、何も直すことができないのが1なので。

350132人目の素数さん2018/10/10(水) 16:49:57.26ID:H2Q7m9TT
じゃむしろ直さないといけない所を敢えて避けていくと直って行ったりしてww

351132人目の素数さん2018/10/10(水) 16:58:22.09ID:Y04wo2I3
たとえばn=1のときの証明がダメダメだ、とか

352132人目の素数さん2018/10/10(水) 18:23:07.58ID:CXG/ybMh
式を変形してできた式を元の式に代入したら全部打ち消しあって消えた、ってだけじゃねえかなあ、これ。

353132人目の素数さん2018/10/10(水) 18:38:29.54ID:M3kYyEtT
>>350
誰も何も相手しないと改変されてくよ
トンデモ度が更にレベルアップするだけだけどww

354132人目の素数さん2018/10/10(水) 18:59:20.66ID:CXG/ybMh
後、さすがに「0=0の恒等式」から新たな知見は出てこないと思うぞ。

355132人目の素数さん2018/10/10(水) 19:02:05.68ID:5ymtDRo5
相手するわけじゃないが

二次方程式ax^2+bx+c=0があるとする。
このとき、c=-(ax^2+bx)でなければならないが、これを上式に代入すると
(ax^2+bx)-(ax^2+bx)=0となる。
この式はあらゆるxで成立するから、二次方程式ax^2+bx+c=0はすべての値を解に持つ。

ということらしいね。

数学をかじった小学生がやりそう

356132人目の素数さん2018/10/10(水) 19:16:06.00ID:rdbi3u3l
↓もうこれでいいんじゃね?

yを完全数とすると、y=yとなるから、すべての数が完全数になる。
それはありえないので、完全数は存在しない。
以上、完 全 終 了。

357132人目の素数さん2018/10/10(水) 20:19:10.87ID:FTHk6Svc
先生「a, b は定数で ( a > 0 )」
先生「x は次の一次式を満たすと仮定します。解けますか?」
    a*x=b

高木くん「両辺に0を掛けて。」
   0*a*x=0*b
    0*x=0

高木くん「x は不定なので矛盾。」
高木くん「最初の仮定が誤り。」
高木くん「a*x=b を満たす x の不存在が証明された!」

358132人目の素数さん2018/10/13(土) 08:46:44.93ID:V9wVcpeb
ここ数日、まるっきり音沙汰がないけど…

359132人目の素数さん2018/10/13(土) 09:13:38.37ID:gR+6bL46
いつものこと

360132人目の素数さん2018/10/13(土) 09:18:24.30ID:/GuZhhtv
総合的研究 記述式答案の書き方――数学I・A・II・B (旺文社)
>>1には立ち読みでもいいからこの本かその他書き方を指南している本を見てもらいたい

361132人目の素数さん2018/10/13(土) 18:09:30.34ID:gR+6bL46
高校数学となると1の能力では、ハイレベル過ぎてさっぱり理解が及ばず・・・

362132人目の素数さん2018/10/13(土) 20:01:05.42ID:5gv94w4Z
ワンチャン1がやっと理解したため謝罪文を書いている説

363132人目の素数さん2018/10/13(土) 20:27:47.65ID:3KoaMlxT
理解できないハイレベルな言い訳を考えている説

364 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/13(土) 23:23:07.29ID:0sFw2WCx
理系の頂点の偏差値の学科出身者によく変な悪態をつけたものだ。
今日もの凄い発見があったが証明が完成しないので書くことはない。
以前に2点あると書いたうちの1点が解決したようだ。

この問題をよく考えてみると、もう一点証明しなければならない命題が現れた。
これでこの問題の証明すべき内容は2点になった。

365132人目の素数さん2018/10/14(日) 05:50:47.21ID:WPYBkgj1
フェイズ2の手前宣言

366132人目の素数さん2018/10/14(日) 06:06:53.54ID:M+JpTxOi
「私はこの定理について真に驚くべき証明を発見したが、ここに記すには余白が狭すぎる」っぽく書いてかっこよく見せようとするな

367132人目の素数さん2018/10/14(日) 08:22:40.49ID:tRxDjXmR
>理系の頂点の偏差値の学科出身者

小学生以下の知能しかないアホがよくこんな妄想に陥ったものだ。
さっさと算数を勉強しろ。

368 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 11:00:28.20ID:BbIuo1Gd
>>364 訂正
と思ったが、よく見たら間違いだった...

369132人目の素数さん2018/10/14(日) 12:23:08.18ID:gDQWHd+c
・理系の頂点の偏差値の学科出身者と思ったが間違いだった(new!)

370132人目の素数さん2018/10/14(日) 13:03:13.88ID:0HdmnhGA
理系の頂点の偏差値?
「早稲田大学の先進理工学部の応用系学科」の中での頂点かな?

371 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 13:13:17.86ID:BbIuo1Gd
>>370
その当時は、早稲田大学理工学部物理学科が偏差値では日本で一番高いと思われる

372132人目の素数さん2018/10/14(日) 13:18:37.69ID:9MgocoS7
>>371
具体的に西暦何年受験?

373132人目の素数さん2018/10/14(日) 13:34:07.31ID:ifnUdqXf
3科目でしたっけ、早稲田って?

374132人目の素数さん2018/10/14(日) 13:39:18.18ID:0HdmnhGA
あれ、応用物理卒じゃなかったっけ
まあいいか

まさか偏差値の数字そのまま比較してるんじゃ……
ちょっと調べたけど、東北大が67で理科大が69なんだけど、これから東北大よりも理科大の方が上位のランクだと結論づけますか?

375132人目の素数さん2018/10/14(日) 14:15:15.48ID:52yUFGCp
どうでもいいからさっさと発見とやらを見せてよ

376132人目の素数さん2018/10/14(日) 17:09:20.58ID:tRxDjXmR
・理系の頂点の偏差値の学科出身者と思ったが間違いだった(new!)

これみんな知ってた。

377132人目の素数さん2018/10/14(日) 18:02:14.12ID:obbD/tK3
高校数学あれだけボロボロでよく受かったよな……

378 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 18:46:12.56ID:BbIuo1Gd
>>372
1993年

>>373
そうです

>>374
転科しました。偏差値の違いは母集団の違いがあるから比較をするのは難しいですが、1993年の
早稲田の物理は東大理科T類より、上の可能性はあると思います。

>>375
>>368

>>377
2浪のときには、センター試験は満点ですよ。慶応の数学は後一問で満点でした。

379132人目の素数さん2018/10/14(日) 18:50:18.04ID:j9XW6VD0
1993年頃はセンターは簡単だったから満点とっても自慢にはならんだろ
2003年の問題で満点取れる?

380 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 19:05:40.11ID:BbIuo1Gd
>>379
自慢ではありません、事実です。私が数学ができないようにいうからそう書いただけです。
数Tをみたけれども簡単だと思う。

381132人目の素数さん2018/10/14(日) 19:07:41.39ID:L60YTSbQ
東大より上だったらなんで東大行かなかったん?

それと、過去がどうであれ今のあなたはただの無職だからね

382132人目の素数さん2018/10/14(日) 19:29:56.50ID:Z78QTRrU
いや、数学板的には無職のほうもどうでもいいんだが
これまでの発言や書いたものから考えて
数学や論理がまともに扱える状態ではないのは明らか

こんなところに出入りしている暇があったら
さっさと診察を受けることをオススメするよ

383132人目の素数さん2018/10/14(日) 19:36:18.05ID:vE7mvizw
数TA間違いまくっとりますがな。

384132人目の素数さん2018/10/14(日) 19:59:13.59ID:wwldB/XR
数学板的には過去のセンターの点数なんかもどうでもいい件

385132人目の素数さん2018/10/14(日) 20:18:51.78ID:52yUFGCp
>>nは理解したの?って言いたいんだけどどれ指定すれば良いか分かんないや

386 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 20:31:25.95ID:BbIuo1Gd
>>381
東大には落ちたから。以上。

>過去がどうであれ今のあなたはただの無職だからね
それがどうした?

地方では金を稼ぐ手段がないから、就職活動さえできない。

>>382
問題の答えが出ない未解決問題に取り組んでみれば、いいよ。周りに一人も数学ができる
人間がいない環境で。

診断は必要ない、至って健康であるから。

>>384
人の過去の得点なんてどうでもいいですよね。

387132人目の素数さん2018/10/14(日) 20:36:22.29ID:L60YTSbQ
ご両親が鹿児島に移住するときに都会に残れば仕事はあっただろうね

388132人目の素数さん2018/10/14(日) 21:24:01.94ID:pz5RNqdL
>>1の証明は全て正しい
おめでとう!
安らかに眠れ

389 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 21:35:25.87ID:BbIuo1Gd
証明で正しいのはcr≠qr-1のときに
2m+1=wpr^(qr-cr-1)
が成り立つということとn=1のときに奇数の完全数が存在しないことだけ。

390 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/14(日) 21:37:54.05ID:BbIuo1Gd
>>389
これは(p+1)/2が平方数である場合を除かなければならない

391132人目の素数さん2018/10/14(日) 21:55:52.00ID:dngT2BC9
>>389
またか

言っておくが、n=1の証明は間違ってたぞ

392132人目の素数さん2018/10/14(日) 22:27:12.51ID:RPfJW+Db
祭りの伊予柑
♪ワクワク o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o ワクワク ♫

393132人目の素数さん2018/10/14(日) 23:08:07.51ID:L60YTSbQ
「不定だから矛盾」の間違いには気づけたのかな?

394132人目の素数さん2018/10/14(日) 23:47:49.60ID:tRxDjXmR
ホラ話の妄想ばかりが際限なく拡大しまくりの1

情けない奴

395132人目の素数さん2018/10/15(月) 00:24:21.73ID:Pc7AwjLQ
>数Tをみたけれども簡単だと思う。

1に数Tが理解できるような知性があったら
117連続でごみをUpしたりしない。

396 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/16(火) 07:53:33.14ID:uVYwO1gq
>>391
どこが間違っているんですか?書いてください。合っているから、書けないでしょうけど。

>>393
そうですね。mode演算の方は二次方程式だったら、二回この方法をすると不定になる
ことが分かりました。

>>394
数学は間違いだからホラではない。それ以外は全て事実しか書いていない。

>>395
その中におそらく人類未知の数学的成果が含まれていたと思うけどな。

397132人目の素数さん2018/10/16(火) 08:02:12.28ID:S3g57NTz
池沼芸人がきた

>その中におそらく人類未知の数学的成果が含まれていたと思う (New!)

398132人目の素数さん2018/10/16(火) 08:02:51.50ID:kVPqLlYe
(mode演算って何なの)

399 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/16(火) 08:26:49.56ID:uVYwO1gq
>>398
a=b*c+dのとき、a≡d (mod b)

400132人目の素数さん2018/10/16(火) 09:52:03.88ID:djFXjBF8
>周りに一人も数学ができる人間がいない環境で。

1の周りにいる人間は、算数ができる。
周りには1よりも知能の高い人間ばかりだ。

ただ、1のレベルが低すぎるので相手にされないだけの事。

401132人目の素数さん2018/10/16(火) 10:21:20.26ID:Hxb4xgZc
単に無職だからそもそも周りに人がいないだけだろ

402132人目の素数さん2018/10/16(火) 10:30:01.44ID:9Iy8NhYm
俺もお前らと一緒に>>1いじめたいし誰か証明要約して

403132人目の素数さん2018/10/16(火) 10:35:14.21ID:djFXjBF8
1の証明は>>6 にあるようにトンデモなので読む価値なし。

404132人目の素数さん2018/10/16(火) 10:50:20.77ID:r/pz5Ynt
お、芸人活動再開か?
がんばれよ

405132人目の素数さん2018/10/16(火) 11:29:49.13ID:y+h0lfUa
modeて…
英語も出来ないのか

406132人目の素数さん2018/10/16(火) 12:17:35.37ID:NQlbbffW
「不定だから矛盾」の間違いに気付いたということは1は新しい証明を開発中?

407132人目の素数さん2018/10/16(火) 12:19:14.61ID:kVPqLlYe
>>399
それmodulo

408132人目の素数さん2018/10/16(火) 16:11:15.67ID:YAlN7PT5
1は進歩ないからな。

1は、数学板に来てからの半年間も学生時代と同じで
寝てばかりいたから記憶が一切無いかも知れない。

409132人目の素数さん2018/10/16(火) 18:55:23.60ID:Dw9ZKdvF
記憶が一切無いなんてのも病気だから病院にかなくちゃ。

410132人目の素数さん2018/10/16(火) 23:01:12.75ID:/AD3ucpN
わい早大応物在籍、こんなのがOBと知って涙

411132人目の素数さん2018/10/17(水) 02:28:51.42ID:RkkcdSW0
>>1の卒研のテーマ何?

412132人目の素数さん2018/10/17(水) 06:59:42.19ID:MyVbyD5W
高木くん「理系の頂点の偏差値の学科出身者によく変な悪態をつけたものだ。」
先生「数学も英語もダメダメなのはなぜ?中学校では何を習いましたか?」
高木くん「ずっと寝ていたので記憶はない。」

413 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/17(水) 09:56:31.47ID:EMse7VjN
>>400+401
鹿児島の田舎だからな、理系の頂点がいる必要はない。

>>404
全く違う。テレビに勘違いされていたような気しかしないが。

>>405
モード演算かと思ったが、モジュラー演算なのか。
modはモード演算だと勘違いしていた。

>>406
cが(p+1)/2の倍数にならないことを証明しようとしたが、無理だと判明した。

>>410
最年少主任昇格者(5年目に会社にいれば)に失礼だ。

>>411
ペトリネットのクラスを変更するアルゴリズムを作った。

>>412
寝ていたのは高校だ。合わないからね、偏差値20ぐらい下の高校は。

414132人目の素数さん2018/10/17(水) 10:12:09.23ID:eJdKPP+A
高木時空においては、完全数の未解決問題は偏差値20ぐらい下の問題なので
合わないからね。

415132人目の素数さん2018/10/17(水) 10:51:36.95ID:K65r/mWB
数学板は、1が学歴の自慢をしたり妄想を披露する場所ではない

間違いでもインチキでも何でも、スレタイ通りの証明が発表されるなら良いが
そのつもりがないんなら他所でやってくれないか

416132人目の素数さん2018/10/17(水) 10:54:33.07ID:rmbMwrXm
>>413
>ペトリネットのクラスを変更するアルゴリズムを作った。

タイトルは?
何年卒?
ソッチのほうがよっぽど興味深いんだけど

417 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/17(水) 12:38:49.78ID:EMse7VjN
>>416
何故それが興味深いのですか?

タイトルは「あるクラス」と「ペトリネット」という言葉が入っているものですが
何年も前のことなので、正確に記憶ていません。卒業年は1997年。

418 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/17(水) 12:42:01.72ID:EMse7VjN
>>415
以前に証明論文を公開していたのは事実だ。限定した一部の証明が完成した。
全体の証明はできていなく、最近のものは間違っていたので公開するのをやめた。

419132人目の素数さん2018/10/17(水) 13:44:18.81ID:dO/7BxxT
言い訳イラネ

最近以外は正しかったような言い種だが
正しいものはひとつたりともなかった
これからも正しくなることはない

420132人目の素数さん2018/10/17(水) 13:45:46.93ID:F1BHCeBJ
ペトリネットってなに?

421 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/17(水) 14:17:12.86ID:EMse7VjN
>>419
>>389は数学的な成果だと思われる。

正しいことが一つもないなんてよく言えたものだ。この証明は研究していくうちに分かったが
20年以上前に予備校で習ったものが含まれている。
それが
(2b-a)p^(n+1)-bp^n+a=0

p=(2b-c)/(2b-a)
だ。

>>420
システムを評価するためのグラフ理論。

422132人目の素数さん2018/10/17(水) 14:48:11.25ID:0tcTzRCF
>>417
>何故それが興味深いのですか?
いや、純粋に野次馬根性でみてみたいなと。

早稲田って卒研ってネットでは読めないのかな。
まぁ普通無理か。
>>1の手元には残ってないんだよね?

423132人目の素数さん2018/10/17(水) 14:49:25.06ID:qE4iSToV
よくいるよね、一つもないって言って一つはあったって返しちゃう人

424132人目の素数さん2018/10/17(水) 15:09:35.85ID:hNY1Y5dn
正しい証明がひとつもなかった事実は変わらない
これ以上恥を上塗りしてどうする

425132人目の素数さん2018/10/17(水) 15:24:33.64ID:0ZDGqohh
>>415
>数学板は、1が学歴の自慢をしたり妄想を披露する場所ではない

>間違いでもインチキでも何でも、スレタイ通りの証明が発表されるなら良いが
>そのつもりがないんなら他所でやってくれないか

まったくだ!
1は早くメンヘル板に移転しろ

426 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/17(水) 18:39:09.38ID:EMse7VjN
>>422
紙しかない。

>>424
部分的には正しい。n=1の場合は
2b=c(p^n+…+1)
から、bは因数(p+1)/2を持つ。奇数をdとして
d=(p+1)/2
とすると
2b=c(p+1)
b=cd
a=cp
p=a/b×d
a/bが2以上の整数になる場合には、pが合成数になるから不適になる。
a=Π[k=1,r](1+pk+…+pk^qk)

b=Π[k=1,r]pk^qk
からa>bとなるから、a/bは1にならない。ゆえに、a/bは整数にならない。また、c=1のときは
a=pとなるが、r=1のときは不適であるからaは合成数でなければならないことに反して
不適になるので、a/bにdを掛けると分母に奇数が残る。よって、n=1のときにa/b×dは
整数にならないので不適になる。

427132人目の素数さん2018/10/17(水) 18:48:28.64ID:v6zxGIeR
さてここで皆さまに問題
>>426はどこが間違っているでしょう?

428学術2018/10/17(水) 19:09:39.73ID:CyhT+5ts
完全 パーフェクト 数 スコア は相性がよくないかもね。パーフェクトフェイスのほうが
ひびきや韻がよろしい。

429132人目の素数さん2018/10/17(水) 19:35:01.26ID:2xwIzaJ8
>>426
え!?紙のは残ってんの?
スキャンしてうpしてちょんまげ!!

430132人目の素数さん2018/10/17(水) 19:48:43.61ID:MyVbyD5W
面白くない方の統失芸人
学術は出てくんな

431132人目の素数さん2018/10/18(木) 07:32:23.21ID:wx+tdQ00
芸人になれない方の統失
学術は出てくんな

だな

432132人目の素数さん2018/10/18(木) 11:18:26.74ID:BNyvSFA8
いつの間にか1の(芸人としての)評価が上がっているww

433学術2018/10/18(木) 12:22:28.45ID:X/1WtQOV
human gay

434132人目の素数さん2018/10/18(木) 12:39:35.80ID:9Zf/KZqH
>>433
はよ数学板を引退しる

435132人目の素数さん2018/10/23(火) 12:47:16.02ID:da2dBjIT
あとちょっとで1周年くらいか?
人生の80分の1くらいがもったいないなぁ

436 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 19:08:18.70ID:S3N0yQUn
解けました

437132人目の素数さん2018/10/23(火) 20:27:08.17ID:zxHZ2rqW
ゴミはいらないから、そのまま一生引きこもってろ。

438 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 21:18:41.01ID:S3N0yQUn
と思いましたが、間違いでした

439132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:36:29.63ID:ljdAx7ri

440132人目の素数さん2018/10/23(火) 21:43:24.96ID:fmMV2Qp8
「未解決問題を解決した私に何という口の聞き方をするのでしょうか!」
〜間違えを理解する〜
「と思ったら間違いでした」
萌える

441 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 22:37:47.13ID:S3N0yQUn
変更点
・n≧5のときの証明を修正しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7095857200876/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7095857266366/

442132人目の素数さん2018/10/23(火) 22:44:30.99ID:ElTAaqzH
え?もう消えてる?

443 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 22:50:55.35ID:S3N0yQUn
変更点 118版
・n≧5のときの証明を修正しました
・英語の式記号を修正しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7095858001325/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7095858063414/

444 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 23:09:34.37ID:S3N0yQUn
間違いでした

445132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:13:50.29ID:fmMV2Qp8
草草の草

446 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 23:16:40.74ID:S3N0yQUn
>>443
と思いましたが、そうはないかもしれないので、同じファイルです

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7095859535224/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7095859641504/

447132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:20:20.51ID:xS8rsyai
慎重なのは良い事だ

448132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:32:38.94ID:fmMV2Qp8
無限に約分可能ってことは、超限順序数のωになるってことなのかな

449132人目の素数さん2018/10/23(火) 23:36:10.74ID:zxHZ2rqW
>無限に約分可能

ずっと前から奇数芸人ネタになってるのに・・・・

450 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/23(火) 23:37:45.33ID:S3N0yQUn
やはり間違いでした

451132人目の素数さん2018/10/24(水) 07:16:40.62ID:0WQsyeEx
草草の草of草

452132人目の素数さん2018/10/24(水) 07:21:46.27ID:ujNVgao4
「無」に勝るものなどありませんか?

453132人目の素数さん2018/10/24(水) 12:20:40.48ID:avrcgEHy
アップロードする前に紙に穴が空くくらい確認しろよ。

それを何度もやって査読が受け付けてもらえなくなった経験が何も生かされてないね。

454 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 00:37:08.43ID:z2LgCFnW
3つの命題がありましたが、そのうち2つの証明が完成したので、残り一つになりましたが
恐らく、私には証明不可能だと思います。

455 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 07:07:00.04ID:z2LgCFnW
変更点 119版
・6ページの証明を修正しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7096060513113/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7096060631877/

456132人目の素数さん2018/10/26(金) 07:28:24.87ID:mJP3KJQ0
>私には証明不可能だと思います。

さっさと消えろ。
ゴミPDFは無価値の廃棄物。

457 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 13:01:47.10ID:z2LgCFnW
そう書くのであれば、この問題はどうやっても完全に解決することはできないので
どの証明も無価値

458132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:04:10.56ID:8NP8T3zT
あなたの自称証明についてならその通り

459132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:04:24.79ID:ui2P9cjN
>この問題はどうやっても完全に解決することはできない

1は数学板とは縁が無いんだから
さっさと消えろ。

460 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 13:07:14.37ID:z2LgCFnW
三すくみで解決ということでしょうか?

461 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 13:09:24.50ID:z2LgCFnW
>>458
自称証明とは何ですか?私が何か詐称しているとでもいうのでしょうか?

462132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:10:02.60ID:yjXRgdE/
解決とは?

463 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 13:14:48.72ID:z2LgCFnW
>>462
奇数の完全数が存在しないという問題がです

464132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:17:28.28ID:yjXRgdE/
>>463
証明できてないんですよね?

465132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:29:39.83ID:8NP8T3zT
>>461
数学では証明とは言えないポエムを何度も証明だと言い張っては結局間違いを指摘され撤回するを繰り返している自覚もないのか
前から言ってるけど形式的証明検証システムを通してから発表すれば誰も文句言わないし無駄も省けるからそうしなさいよ
まあ正しい証明になっていなければ通らないけどね

466132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:30:48.11ID:OxSLIgo/
高木「俺が解けない問題は他の誰にも解けない」

467132人目の素数さん2018/10/26(金) 13:40:30.34ID:SSnDeqIC
ジャイアニズムの類型だな

468132人目の素数さん2018/10/26(金) 18:22:57.70ID:wXzPQj84
高木くんが解ける問題なら、小学生が解けるでしょう。

469 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 19:42:34.80ID:z2LgCFnW
今個人的には解決しましたが、それが正しいのか当然分かりません

470132人目の素数さん2018/10/26(金) 19:55:11.09ID:mJP3KJQ0
それは解決したとは言わない。

高木くんの個人的解決は全く数学的じゃない。

471132人目の素数さん2018/10/26(金) 20:25:00.60ID:OxSLIgo/
よかったじゃん、解決したなら消えな

472 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/26(金) 21:48:08.29ID:z2LgCFnW
変更点 120版
・6ページの証明を修正しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7096113337895/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7096113431171/

473132人目の素数さん2018/10/27(土) 07:45:41.31ID:hEsX4VZo
さっさと消えろ。
少なくとも算数を勉強してから出直してこい。

勉強は1には無理だから一生出てくるな。
ずっと寝てろ。

474132人目の素数さん2018/10/27(土) 14:41:55.73ID:MJZcwLkt
よかった、一年近く経って、完全ではないにせよ、自分が証明だと言い張るものが世間では証明とは言わないことに気づいたんだね。

475132人目の素数さん2018/10/27(土) 20:32:34.70ID:IFUz3txF
病気の人を一年もただ見続けるのは辛いな
僕たちにはこの人を病院に連れて行くことすらできない

476 ◆7Movmgnk/o 2018/10/27(土) 20:53:36.35ID:fPsxH0Lw
正しい証明に対して、工作活動は無駄だと思います

477 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/27(土) 20:54:08.07ID:fPsxH0Lw
>>476
トリップを間違えました

478132人目の素数さん2018/10/27(土) 20:57:44.56ID:Ik3rzdWR
>今個人的には解決しましたが、それが正しいのか当然分かりません
>正しい証明に対して、工作活動は無駄だと思います


479132人目の素数さん2018/10/27(土) 21:53:30.41ID:7Al8fwEA
高木時空用語だな

正しい証明 = それが正しいのか当然分かりません

480 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/27(土) 23:05:09.16ID:fPsxH0Lw
今個人的には解決しましたが、それが数学的に正しいのか当然分かりません
ということで、このロジックが一般的に正しいとされるか分からないということです

481132人目の素数さん2018/10/28(日) 09:15:29.79ID:Vuj+XMYP
470 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2018/10/26(金) 19:55:11.09 ID:mJP3KJQ0 [2/2]
それは解決したとは言わない。

高木くんの個人的解決は全く数学的じゃない。

482132人目の素数さん2018/10/30(火) 05:24:10.59ID:oVqepi6V
あれ?
今回のはもう消えてるね。
自分で間違いに気づいたのやら、もうどうせ間違ってんだろうと見切りをつけたのか。
どっちにしても正解だろうね。

483132人目の素数さん2018/10/30(火) 19:01:47.09ID:C3yqp0ad
このまま引退するのなら彼にとって正解なのだが。

484 ◆RK0hxWxT6Q 2018/10/31(水) 12:14:57.16ID:8CbjyM5J
この問題は難しいから、これを研究することは諦めた方がいいかもしれない

485132人目の素数さん2018/10/31(水) 12:29:23.96ID:T8Bh/bdJ
数学科入るのが一番の近道だよ

486132人目の素数さん2018/10/31(水) 13:03:28.87ID:PV8c43pY
1は、算数を勉強することが難しいからって諦めちゃったんだな。

さすが統失芸人。

487132人目の素数さん2018/10/31(水) 15:54:41.93ID:9Qo1JK33
半年前から分かってたぞ

488 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/02(金) 15:53:27.95ID:yqujMLlh
変更点 121版
・6ページの証明を修正しました

Pdf文書 日本語
http://fast-uploader.com/file/7096696905149/
Pdf文書 英語
http://fast-uploader.com/file/7096696988844/

489132人目の素数さん2018/11/02(金) 18:42:52.22ID:XbfwWRDc
ゴミいらね。

証明あきらめたくせに、
しつこい。

490132人目の素数さん2018/11/06(火) 05:29:55.09ID:L5OqW8l+
あれ?また消えてる。
もう完全に撤退したのかな?
良かった。
それが正解。
数学を楽しむならもっと別の方向が吉。

491132人目の素数さん2018/11/06(火) 09:16:49.14ID:FXUX0HWI
完全撤退めでたし!めでたし!

1は、この1年で少し知恵をつけたのでした。
おしまい。

492 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/09(金) 01:17:41.05ID:dF/gCMPu
フェルマーの小定理の拡張定理から
s1(q1+1)=(p-1)p^n
s2(q2+1)=(p-1)p^n
sr(qr+1)=(p-1)p^n

s(q1+1)(q2+1)…(qr+1)=(p-1)^m×p^(n-m)


2b=c(p^n+…+1)
2b(p-1)=c(p^(n+1)-1)

cr≠qrのとき
フェルマーの小定理の拡張定理から
tr(n+1)=(pr-1)pr^(qr-cr-1)
(pr-1)/2=p-1だから
tr(2m+1)=(p-1)pr^(qr-cr-1)
2m+1=(p-1)/tr×pr^(qr-cr-1)
2m+1=4q/tr×pr^(qr-cr-1)
trは4の倍数でtを奇数としてt=tr/4とすると
2m+1=q/t×pr^(qr-cr-1)
w=q/tとすると
2m+1=w×pr^(qr-cr-1)

c1≠q1のとき
t1(n+1)=(p1-1)pr^(q1-c1-1)
2m+1=(p1-1)/(2t1)×p1^(q1-c1-1)


2t1(2m+1)=(p1-1)p1^(q1-c1-1)
2t2(2m+1)=(p2-1)p2^(q2-c2-1)
2tr(2m+1)=(pr-1)pr^(qr-cr-1)


2^r×t×(2m+1)^r=Π[k=1,r](pk-1)pk^(qk-ck-1)
t×(2m+1)^r=Π[k=1,r]((pk-1)/2)pk^(qk-ck-1)
t×(2m+1)^r×Π[k=1,r]pk^(ck+1)=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×b
t'×(2m+1)^r=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×b
t'×(w×pr^(qr-cr-1))^r=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×b
t'×w^r×pr^(r*(qr-cr-1))=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×b
t'×w^r×pr^(r*(qr-cr-1)-qk)=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×Π[k=1,r-1]pk^qk

w=(p-1)/tr=2(pr-1)/tr
となるから、wは(pr-1)/2の約数になる。

ジープふざけんな。
マイクロふざけんな、私のOSのライセンスはどうなっているんだ、 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

493 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/09(金) 01:31:22.18ID:dF/gCMPu
>>492 訂正
>s(q1+1)(q2+1)…(qr+1)=(p-1)^m×p^(n-m)
この行は削除

494132人目の素数さん2018/11/09(金) 05:19:52.18ID:sizQC/zv
スレを完全に間違えてるだろ。

495 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/09(金) 11:16:16.50ID:dF/gCMPu
>>492 訂正
×t'×w^r×pr^(r*(qr-cr-1)-qk)=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×Π[k=1,r-1]pk^qk
〇t'×w^r×pr^(r*(qr-cr-1)-qr)=Π[k=1,r]((pk-1)/2)×Π[k=1,r-1]pk^qk

c1≠q1かつc2≠q2かつ…かつcr≠qrのとき
r(qr-cr-1)-qr>0
cr<(r-1)qr/r-1のとき、左辺にのみprが存在するので不適になる。

496132人目の素数さん2018/11/10(土) 15:03:59.46ID:Z3PXrgvm
白痴の高木
さっさと完全撤退するぐいらいの知恵をつけろや。

497 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 18:28:44.76ID:a8aqp/Sv
多分世界最速の数独解析のエンジンは作ったけどな

498 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 18:35:36.92ID:a8aqp/Sv
ついでに、国内にはあまりないと考えられるAHSも完全に実装した

499 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 18:57:59.01ID:a8aqp/Sv
研究した内容が間違っているにせよ、公開したらたかりだとかゆすりだとか
いうのは、間違いもいいところだ。

500 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 19:05:07.01ID:4YDuu/sg
>>497
>世界最速の数独解析のエンジン
>>498
>AHSも完全に実装

どこで公開されていますか?

501 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 19:12:11.99ID:a8aqp/Sv
見えないところから、絶対に自分が誰だか把握されないところから
遠くからスピーカーごしに、侮辱語を吐く人間。

何がしたいのだろうか?迷惑だから、失せてくれればいいいんだけど。

502 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 19:17:25.23ID:a8aqp/Sv
>>500
ttps://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win95/game/puzzle/num

503 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 19:52:19.01ID:4YDuu/sg
>>502
そのなかのどれですか?

504 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 19:54:05.42ID:a8aqp/Sv
>>503
そのページで上から22番目あたりです

505132人目の素数さん2018/11/10(土) 20:00:19.80ID:70iDxgBe
作者:かるかん
の「数独アナライザー」???

のろまなExcel VBAのくせに世界最速って書くような
おバカな点が1と共通するのだが???

506 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 20:00:42.54ID:4YDuu/sg
>>504
「あたり」とかいう曖昧な言葉を使わないで、直接リンクを示すことはできませんか?

507 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 20:05:01.78ID:a8aqp/Sv
>>505
アルゴリズムが最速と書いていますが?

何年間もほぼ無視されて馬鹿みたいですけど。

508 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 20:17:15.38ID:4YDuu/sg
>>507
「あたり」とかいう曖昧な言葉を使わないで、直接リンクを示すことはできませんか?

509 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 20:20:45.90ID:a8aqp/Sv
>>508
ttps://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se514819.html

510132人目の素数さん2018/11/10(土) 20:22:14.15ID:70iDxgBe
>何年間もほぼ無視されて馬鹿みたいですけど。

どうしようもないバカなのですよ。
1は、自覚することが必要。

511 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 20:24:07.60ID:a8aqp/Sv
ぱくったものでどうのこうの、外からヤジが聞こえてきていますが

戦術は同じものも当然ありますし、私が拡張した仕様もあります。

0 か ら 実 装 す る の も 非 常 に 困 難 を 極 め ま し た が

「0を1にしてはいけない。」

4年間のタダ働きを幼稚極まりない言葉で侮辱されるのは不愉快極まりありません。

512 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 20:31:29.32ID:a8aqp/Sv
sを1≦s≦r-1の任意の整数として、cs≠qsのとき
cr≠qrであるから、フェルマーの小定理の拡張定理から
ts、trを整数として
2ts(2m+1)=(ps-1)ps^(qs-cs-1)
2tr(2m+1)=(pr-1)pr^(qr-cr-1)

4trts(2m+1)^2=(pr-1)(ps-1)pr^(qr-cr-1)ps^(qs-cs-1)
4trts(wpr^(qr-cr-1))^2=(pr-1)(ps-1)pr^(qr-cr-1)ps^(qs-cs-1)
4trtsw^2pr^(qr-cr-1)=(pr-1)(ps-1)ps^(qs-cs-1)
trtsw^2pr^(qr-cr-1)=(pr-1)/2×(ps-1)/2×ps^(qs-cs-1)


w=(pr-1)/(2tr)
となるから、wは(pr-1)/2の約数になる

wがprの倍数であるとすると、vを整数として
(pr-1)/2=vpr
pr-1=2vpr
(1-2v)pr=1
となり、pr>2に反するので、wはprの倍数にならない。


tr(ps-1)ps^(qs-cs-1)=ts(pr-1)pr^(qr-cr-1)

@. qr-cr-1>0のとき
・pr>psのとき
tr=tr'pr^(qr-cr-1)とすると
2trw=pr-1
2tr'pr^(qr-cr-1)w=pr-1
0≡-1 (mod pr)となるので不適になる。

513132人目の素数さん2018/11/10(土) 20:32:30.49ID:70iDxgBe
>ぱくったものでどうのこうの、外からヤジが聞こえてきていますが

外でヤジってる奴に言ってやれ

514 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 21:18:14.26ID:a8aqp/Sv
最近、しょっちゅう夜中でも馬鹿にしにくるので、家の中から絶叫して文句をいうのに疲れています

外でヤジる連中は窓を開けて外を見ても、隠れていない場合がほとんど

515132人目の素数さん2018/11/10(土) 21:20:35.54ID:JAtDAnFZ
ご家族はいるの?

516132人目の素数さん2018/11/10(土) 21:23:47.52ID:gjD6TDtn
音声や映像などの客観的な証拠がないなら
人はそれを妄想と呼ぶ

517 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 21:31:43.12ID:4YDuu/sg
>>516
>客観的な
「客観的」を客観的に定義してください

518 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 21:34:26.98ID:a8aqp/Sv
>>515
います

>>516
私は耳がいいので、妄想ではありません。私を侮辱する内容ですし、「○○お休み」
○○の部分は侮辱する言葉で、総理だとか、何とか大臣とかです。
「毎日定時で帰りやがって。」だとか、「人の言葉で調子に乗りやがって。」だとか
「アニキを馬鹿にしやがって。」とかです。

私に兄はいないのですが。小学生程度の男子の声で「女の顔は見たくない。」というのも
最近聞こえてきました。
子供の声もよく聞こえてきますが、それがそのように聞こえるアプリ等で発せられているのか
は分かりません。自分の声を隠すために、そういうものを使っている可能性もあると思います。

519132人目の素数さん2018/11/10(土) 21:47:02.28ID:gjD6TDtn
では「客観的な証拠」を
「第三者が検証できる録音・録画などの記録媒体」
と言い換えよう

520132人目の素数さん2018/11/10(土) 21:58:46.30ID:70iDxgBe
>総理だとか、何とか大臣

なぜこれが1になるのかね。

521132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:01:32.01ID:qGa0UXpw
典型的な糖質じゃん…精神病院行けよ…

522 ◆QZaw55cn4c 2018/11/10(土) 22:02:05.41ID:4YDuu/sg
>>519
第三者が間違っていたら意味がないのでは?第三者の判断が常に正しいという仮定の根拠は何ですか?

523 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 22:02:18.85ID:a8aqp/Sv
>>520
何を書いているのか意味が分かりませんけが

524132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:09:53.77ID:70iDxgBe
>夜中でも馬鹿にしにくるので、家の中から絶叫して文句をいうのに疲れています

夜中に絶叫して文句なんて1は逮捕されて当然

525 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 22:13:59.62ID:a8aqp/Sv
>>524
夜中に外から、誹謗中傷する輩が逮捕されるべきだろうけどな

526132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:21:57.66ID:JAtDAnFZ
>>518
ご家族の迷惑だから家の中で絶叫するのはやめた方がいいよ

527132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:24:39.58ID:mTWMtUrF
聴力が高いから聴こえてるという解釈なのね

528 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/10(土) 22:25:05.08ID:a8aqp/Sv
>>526
この連中は家を盗聴していので、怒りを伝える手段としてそうしている

529132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:26:02.58ID:JAtDAnFZ
>>528
でもご家族の迷惑だよ
可哀想だよ

530132人目の素数さん2018/11/10(土) 22:29:22.07ID:mTWMtUrF
耳に綿詰めとけば聴こえないんじゃないか?

531132人目の素数さん2018/11/10(土) 23:21:28.05ID:AawPgB9t
スレが延びてるからなにか進展があるのかと思ったがやはり何もなかった
1の異常性がまたひとつ明らかになったに過ぎなかった
つまらん

532132人目の素数さん2018/11/11(日) 01:14:57.42ID:hcoylbbD
お前を盗聴しているぞ!

533 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 10:46:29.92ID:WeaR8bb/
>>530
聞いても意味のなり言葉ばかりなので、そうしていることもある

>>531
>>512は、部分的解決だけど分からないの?

>>532
そうだろうね。で誰?

今、スピーカーで
「ものを言うな。」と完全に聞こえました。

何の権限で、そういうことが言えるのでしょうか?
誰だか分からない人間に、命令される覚えはない。
言論の自由を否定する、暴言をスピーカーで聞かせた馬鹿を逮捕して下さい。

それから、この国には言論の自由はないのですね。
本当にいい国ですね。
受験ではイカサマをするし、医者の誤診で人生はメチャクチャになるし。

534132人目の素数さん2018/11/11(日) 11:38:35.31ID:g4ma1ygT
医者は君の人生がメチャクチャになるのを防ごうとしたのにね
医者の言う通りにしなかった結果、君の人生はどうなった?

535 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 11:47:55.56ID:WeaR8bb/
>>534
寝不足を統合失調症とされたことは迷惑でしかありませんでした

その間違いのおかげで、会社を辞めたあとIT業界に復帰したら、低レベルな仕事を
使い捨てで、よりひどいものになりましたが。

536132人目の素数さん2018/11/11(日) 11:52:36.61ID:g4ma1ygT
>>535
医者に従ってたらよかったのに
少なくとも今とは違う人生だったんじゃないかな

537132人目の素数さん2018/11/11(日) 13:09:05.93ID:Lmh5pVXo

538 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 13:54:11.25ID:WeaR8bb/
>>537
>>7-9に書かれていることは事実で、特にテレビで起きた発言は明確に証拠がテレビ局に
残っているのではないのでしょうか?

「テレビを馬鹿にしがって。」という糞ガキの声も聞こえてきていますが。

今日も「猿知恵を見せびらかしやがって。」という声も聞こえてきています。
このような子供じみた誹謗をまともな数学者がするとは思えません。

なにかしらの数学マニアなりがきれているのでしょうか?

今しがた「俺の言葉だ。」とも聞こえてきました。俺とは誰でしょうか?
スター気取りですね。声だけで、自分が誰だか分かると思っているんですから。

539132人目の素数さん2018/11/11(日) 14:08:48.67ID:hJ/WcZ2V
自問自答してるように聞こえるんだが

540132人目の素数さん2018/11/11(日) 15:10:55.47ID:R4oRHL/W
>>538
医者の言うこと聞いてたらそんな声を聞くこともなかったのにね

541 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 18:38:20.61ID:WeaR8bb/
>>540
何故医者の言うことを聞いていないと決めることができるんですか?

542132人目の素数さん2018/11/11(日) 19:26:04.43ID:R4oRHL/W
>>541
聞いたんですか?

543132人目の素数さん2018/11/11(日) 20:39:31.33ID:0cRXUC9O
医者の言うことを聞いていたら、社会復帰できただろうに。

算数・数学も理解が可能となり、今の害基地1では到底想像できないような
すばらしい完全数の世界を知ることができたのに。

544 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 21:52:46.55ID:WeaR8bb/
>>543
>>512が読めないのか、以前に公開していたPdfファイルを読んでいないのか?
n=1でもr=1でもない部分で不適になる部分を見つけたのに何を書いているのでしょうか?

それと、私が仕事ができない状態にあるのは、田舎では仕事がなく、金がないから
就職活動ができないためで、病気では全くない。

アホなこと書かなくていいよ。

545 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 22:00:05.71ID:WeaR8bb/
会社がリーマンショックで私をリストラした後、田舎で10年間飼い殺しになっています。
何故、F1の被害にあった人には保証が得られて、同じようなものなのにも関わらず
会社の身勝手で解雇された人間には保証がないのでしょうか?

10年間も労働と住居選択の自由が侵害されて、憲法違反極まりない。

546132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:10:02.53ID:R4oRHL/W
>>545
じゃあ裁判しなきゃ

547 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 22:24:56.17ID:WeaR8bb/
>>546
誰に何を訴えるのですか?

548132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:34:30.26ID:R4oRHL/W
>>547
まず会社でしょ
不当解雇なんでしょ?

549 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/11(日) 22:39:15.60ID:WeaR8bb/
>>548
3ヵ月で300時間もサービス残業をさせる会社とは何の関わりも持ちたくありませんけれども

550132人目の素数さん2018/11/11(日) 22:56:47.97ID:R4oRHL/W
>>549
弁護士通して訴えればいいじゃん
直接やり取りしなくてすむんじゃない?
慰謝料か賠償金か知らんけど、君の言ってることが本当だったらお金もらえるよ

551132人目の素数さん2018/11/12(月) 00:49:28.19ID:6P9VqbJI
>>512
2wtr = pr - 1
2wtr = 2w・(ts(pr - 1))/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1)
なので
2w・ts/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1) = 1
だから、分子の pr^(qr-cr-1) は消えて、
2wtr ≡ -1 mod pr
となって、不適にはならないのでは……

552132人目の素数さん2018/11/12(月) 01:34:18.02ID:eY2BYYcw
>>538
俺の言葉だ。

553 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 08:19:37.43ID:oxVoWOt5
>>552
俺は一人称だから、誰だか確定しないわけですが?

554 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 08:22:59.80ID:oxVoWOt5
>>551
>2wtr = 2w・(ts(pr - 1))/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1)
これは違うと思います。

555132人目の素数さん2018/11/12(月) 08:30:56.50ID:Ya8NSOuR
>>553
誰だか確定してるから俺だって言ったんだろ
思い当たる節は無いのか

556132人目の素数さん2018/11/12(月) 08:46:32.71ID:R4YpxiV5
>>554
あれ、違うっけ?
>>512
>tr(ps-1)ps^(qs-cs-1)=ts(pr-1)pr^(qr-cr-1)
から
tr = (ts(pr - 1))/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1)
にならないかな?
(pr^(qr-cr-1)は分子)

557 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 09:22:14.66ID:oxVoWOt5
>>556
それはあっていました。

>2w・ts/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1) = 1
これは何故出てくるのか分かりません。

558 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 09:28:32.20ID:oxVoWOt5
>>555
何の心当たりもない

559132人目の素数さん2018/11/12(月) 09:47:28.42ID:49pYGxBi
>>558
なるほど
やっぱり3かもね

1.君が知らない誰か
俺だと言っている時点で君が知ってる事を相手が知っていることになるので1はありえない
2.君の知る誰か
思い当たる節がないため2もあり得ない
3.君自身

560132人目の素数さん2018/11/12(月) 09:56:37.61ID:R4YpxiV5
>>557
2wtr = pr - 1
なので
2wtr = 2w・(ts(pr - 1))/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1)
の右辺は、pr - 1を除いて、分母分子全て消えなくてはならない。

よって
2w・ts/((ps - 1)ps^(qs-cs-1))・pr^(qr-cr-1) = 1
が出てくる。

561 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 10:20:27.91ID:oxVoWOt5
>>559
1と2が矛盾しています。1では私が「俺」を知っていることになっています。

>>560
なるほど、それは確認しました。
2wtr=2w×(ts(pr-1))/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1)

2w×ts/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1)=1
を代入しても、2wtr=pr-1に戻るだけだと思いますけど。

562132人目の素数さん2018/11/12(月) 10:31:03.99ID:49pYGxBi
>>561
そりゃそうだ
1が成り立ったら2は成り立たないし
両方成り立ったら矛盾するだろ

563132人目の素数さん2018/11/12(月) 12:31:53.21ID:mdRIvuu3
>>559
糖質に対してもっともやってはいけない追い込み方
聞こえてくる声が自分の内なる声だと認めることができるなら、
そもそも糖質にはなっていない

564132人目の素数さん2018/11/12(月) 12:37:33.42ID:B2WKdMef
>>563
最も最適な追い込み条件しらぬ
それに、自分自身の声が他人の声だと勘違いするのって病気なの?

565132人目の素数さん2018/11/12(月) 20:29:24.88ID:ojUSDx1M
>自分自身の声が他人の声だと勘違いするのって

病気ですね。高木くんは重症患者。

566132人目の素数さん2018/11/12(月) 20:44:14.18ID:aqxr+qAA
>>561
そうですね。しかし、代入するのではなく
2w×ts/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1)=1
から、
pr^(qr-cr-1)は約分で消える事が分かったので、現時点では
2wtr ≡ 0 mod pr
とは言えないと思います。

567 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/12(月) 21:22:25.87ID:oxVoWOt5
>>566
tr(ps-1)ps^(qs-cs-1)=ts(pr-1)pr^(qr-cr-1)

pr>psのときは
ps-1はprで割り切られないので、tr'を整数として
tr=tr'pr^(qr-cr-1)
となるから
2wtr≡0 (mod pr)
となります

568132人目の素数さん2018/11/13(火) 02:52:47.51ID:/PLTY/Dg
>>567
(1さんのやり方とは違うかもしれませんが)
> tr(ps-1)ps^(qs-cs-1)=ts(pr-1)pr^(qr-cr-1)
を変形して
tr = (ts(pr-1))/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1)
で、
tr' = (ts(pr-1))/((ps-1)ps^(qs-cs-1))
とおいて、これが整数という事で良いですか?

569132人目の素数さん2018/11/13(火) 05:41:24.04ID:qxU1/pgW
その箇所は、これまで何遍も何遍も誤りを指摘されていながら1がいまだに理解していない箇所なので、指摘する人は丁寧に説明してあげて欲しい

570132人目の素数さん2018/11/13(火) 07:03:25.31ID:mOL/qXJ0
>指摘する人は丁寧に説明してあげて欲しい

1は極度の算数音痴なので、ここのスレ住人の1年間に及ぶ親切で丁寧な説明が
1には全く習得できないまま。

1が、お医者さんの言うことを聞かないのと同じ。

571 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 07:53:51.53ID:5+2vdzMY
>>568
はい、そうです

572132人目の素数さん2018/11/13(火) 10:58:59.61ID:/PLTY/Dg
>>571

>>560で導出した
> 2w×ts/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1)=1
を変形した
ts/((ps-1)ps^(qs-cs-1)) = 1/(2wpr^(qr-cr-1))
は、明らかに分数です。
これにpr-1をかけたものも、少なくとも分母のprが残るので、分数です。
よって、
> tr' = (ts(pr-1))/((ps-1)ps^(qs-cs-1))
は、整数ではなく、分数になります。
(そしてpr^(qr-cr-1)はtr'との約分で消えます)

573132人目の素数さん2018/11/13(火) 11:12:07.11ID:JNdaZsfz
>整数ではなく、分数になります。

1は害基地なので、これ1年続けてる。

574132人目の素数さん2018/11/13(火) 11:29:43.83ID:OaiUiuEp
神とか仏になるにはどうすれば良いのでしょうか?

575 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 12:38:41.66ID:5+2vdzMY
>>572
こっちにも書いておきます。何故2箇所になっているのか分かりませんが。

pr>psの場合にはps-1はprの倍数にはなり得ません

576132人目の素数さん2018/11/13(火) 13:18:00.35ID:/AFRY8Xr
誰から見ても1が間違ってるのに一向に1は認めることはないんだな
そのうち1が理解したふりをして引っ込めたあと何ヶ月か後に蒸し返す未来が見えるw

577132人目の素数さん2018/11/13(火) 14:33:15.00ID:vapJFrre
もう今更かもしれないけど数学セミナーって所に送ってみたら?

578 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 18:39:48.16ID:5+2vdzMY
この数式は前にも書きましたが、私が個人的に発見した、フェルマーの小定理の拡張定理?
と名前を付けた式を以下に示します。
pを素数とし、aをpの倍数でない整数とすると
a^((p-1) p^(n-1) )≡1 (mod p^n)
という式になります。この式は、wolfram alphaで値を代入して計算すると正しい式であると
思われます。証明はできていません。そかれから、これが既知のものかは分かりません。

579132人目の素数さん2018/11/13(火) 18:45:51.95ID:uE6hbm4P
>証明はできていません。そかれから、これが既知のものかは分かりません。

バカはすっこんでろ。
見苦しい。

580132人目の素数さん2018/11/13(火) 19:09:30.80ID:/uXd0fJd
>この数式は前にも書きましたが、私が個人的に発見した、フェルマーの小定理の拡張定理?

わかってるようですがオイラーの時代から既に知られています。

581132人目の素数さん2018/11/13(火) 19:10:30.96ID:R6bALX7M
>>578
φ(n)をオイラーのφ関数とし、a を n と互いに素な整数とすると、a^φ(n)≡1 (mod n)
これを「オイラーの定理」という。なお、φ(p^n)=(p-1)p^(n-1)である。

よって既知。

582 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 19:52:00.84ID:5+2vdzMY
>>579-581
そうですか、それは知りませんでした

583 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 22:25:23.21ID:5+2vdzMY
未解決の場合分け (pr=(p+1)/2のとき)
T.sを1≦s≦r-1の任意の整数として、cs≠qsのとき
T.@ cr<qr-1のとき
pr<psかつps-1がpr^(qr-cr-1)の倍数になるとき
T.A cr=qr-1のとき

U.1≦s≦r-1の全てのsに対して、ck=qkとなるとき

584 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 22:26:26.00ID:5+2vdzMY
>>583
×U.1≦s≦r-1の全てのsに対して、ck=qkとなるとき
〇U.1≦k≦r-1の全てのkに対して、ck=qkとなるとき

585132人目の素数さん2018/11/13(火) 22:30:41.28ID:QkM65nli
>>575
>>567 を詳細に言うと、
> tr(ps-1)ps^(qs-cs-1) = ts(pr-1)pr^(qr-cr-1)
において、
D = tr
C = (ps-1)ps^(qs-cs-1)
B = ts(pr-1)
A = pr^(qr-cr-1)
とおいて、
「 A が C を割り切らないなら、A は D を割り切る 」
という>>4の論法を使っていると思うのですが、合ってますか?

586 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/13(火) 23:10:28.14ID:5+2vdzMY
>>585
合っています

587132人目の素数さん2018/11/13(火) 23:29:03.23ID:QkM65nli
>>586
>>560の 2w×ts/((ps-1)ps^(qs-cs-1))×pr^(qr-cr-1) = 1
より
pr^(qr-cr-1) は (ps-1)ps^(qs-cs-1) を割り切ります。
ただちに pr は (ps-1)ps^(qs-cs-1) を割り切る事が分かります。
そして
・(1さんも言っている通り)pr は ps-1 を割り切らない
→ pr は ps^(qs-cs-1) を割り切る
→ pr と ps は互いに素ではない
>>4 の論法は使えない
が言えます。

588 ◆RK0hxWxT6Q 2018/11/14(水) 07:22:38.06ID:UowEzDLM
>>587
prとpsは両方素数だから互いに素です

589132人目の素数さん2018/11/14(水) 10:11:29.39ID:ORXUmXl2
1年もグダグダ繰り返すのはイクナイ。永久ループ!
いい加減に1は、算数なり数学なり勉強すべき。

あまりにも不毛。

590132人目の素数さん2018/11/14(水) 11:14:19.43ID:JcjVtY0Z
>>588
>>572,587 は自分の間違いでした。すみません。

1さんの言う通り、tr'を整数として
tr=tr'pr^(qr-cr-1)
となるのだと思います。
しかし、これに2wをかけるので、
2wtr = 2×((pr-1)/(2tr))×tr'pr^(qr-cr-1)
で、pr^(qr-cr-1)はtrを割り切るので、
>>585の「 A は D を割り切る 」)
pr^(qr-cr-1)はどうしても消えます。

よって現時点では
2wtr ≡ 0 mod pr
とは言えないと思うのですが、どうでしょうか。

新着レスの表示
レスを投稿する