現代数学の系譜 工学物理雑談 古典ガロア理論も読む51

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
>>144-146

>背理法を理解できないキチガイ。題意の関数が存在しないことを示すために、
>そのような関数の存在性を仮定しているに過ぎないことが理解できないゴミクズ。

違うよ。
場合分けを曲解していることによる誤解だな

定理1.7を場合分けして、その場合分けのR-Bfが稠密で、
系1.8の「有理数=R−Bf」の場合で、この場合、「有理数=R−Bf」はR中で稠密だ(>>159より)

この場合、Bf内に開区間など取れない。
稠密な場合は、開区間には、必ず「R−Bf」が入るから、定理1.7の「開区間がリプシッツ連続だ」という主張は、もともと無理でしょ?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています