(笑) 鍼灸師は国から馬鹿にされてる (笑)

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 10:40:53.19ID:L/1mJ1jK
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師の資格を有する機能訓練指導員を配置した事業所で6月以上勤務し、機能訓練指導に従事した経験を有すること

今回の、機能訓練指導員への対象資格追加が正式に決定し、上記の条件をクリアすれば、はり師・きゅう師の有資格者が介護業界でさらに活躍できるようになります。

ナメられてるとしか言いようのない鍼灸師。今や柔道整復師と言えどもほとんど柔道を知らないヘナチョコ。理学療法士や按摩師も同じく。

なんで鍼灸師だけスポーツ未熟者?なんで鍼灸師だけが機能訓練指導員になろうと思えば、介護施設でウンコ取りの仕事を半年もしなきゃいけないの?

2名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 10:51:26.94ID:yFRTU2Oe
>>1
鍼灸柔整専門学校や鍼灸大学の鍼灸学科に入ったら
卒業間近に専任教員がニヤニヤして「柔道整復師も取れ」と
Wスクールさせて学校法人を儲けさせて税収を潤沢にする
国の政策に決まってるやん。安倍のみクスッw

3名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 10:57:16.70ID:svgZNcnB
私学の半数が赤字なのになぜ税収が増えるのか?
やはり偏差値35だな

4名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 12:05:18.55ID:yFRTU2Oe
じゃあ半数が黒字か?
残り半数の赤字の学校は税金から補助金や助成金を投入してくれて倒産せん思ってんの?
考えが甘すぎるわ偏差値30はw

5名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 13:44:14.69ID:21oRUev6
いよいよ、国連も「大麻規制」見直しへ!

万歳、万歳、万歳、万歳、万歳!

http://news.livedoor.com/article/detail/14561719/

6名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 15:52:48.47ID:DFE2wb6q
赤字ではないなら黒字
黒字なら大儲け!
やはり偏差値35だな

7名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 23:00:54.09ID:21oRUev6
抗がん剤は猛毒です。
医療関係者だけに抗がん剤の曝露の危険性と対策の注意喚起を行い、
患者と家族には全く説明しないのです。
医師、看護師が、抗がん剤の曝露によりガンを発症し、また抗がん剤、手術、放射線治療により衰弱して死ぬのも、自業自得と言えるかも知れません。
http://www.covidien.co.jp/medical/academia/chemo/chemo1
https://m.facebook.com/profile.php?id=100012776317476

一方、日本では麻薬として禁止されている大麻が、実はガンにもエイズにもテンカンにも
その他、あらゆる難病に効果があることが分かってきており、世界中で解禁されてきています。

日本も早急に大麻を解禁しましょう!
大麻は全人類を救います!
http://www.kirasienne.com/news/hemplife-2/
https://m.youtube.com/watch?v=WfOP-7ILM38

8名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/09(水) 23:01:12.18ID:21oRUev6
いよいよ、国連も「大麻規制」見直しへ!

万歳、万歳、万歳、万歳、万歳!

大麻は、ガンにもエイズにも癲癇にもパーキンソン病にも、その他あらゆる難病にも効果を発揮する事が分かっています。
日本も早急に大麻の全面解禁を推し進めましょう!

http://news.livedoor.com/article/detail/14561719/

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 06:16:14.80ID:0QZc4J/h
>>2
みんな泥棒や保険金詐欺でしか生活できないようにさせられるんだね6年間1000万以上かけさせられて。

10名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 11:44:28.18ID:krBXjc9p
正論

11名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 12:01:15.20ID:J8+ndloP
ごく一部の無能な

12名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/10(木) 12:04:09.34ID:ozUKRrgI
>>9
誰彼が皆、挙ってアホみたいに自称・高学歴www

それで悦に入って議員とか官僚になり腐るから世話ないやんwww

挙句がTVの仕込み売国コメンテーターになり下がるのがオチorz

13名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 00:32:15.54ID:XdduRTTN
浪越徳治郎と麻原彰晃のあはきコンビは立候補したけど選挙に落ちたで

14名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 10:56:20.65ID:1Io+NgbB
あと上田もな

そういえば、維新で髭のオッサンが出てなかった?ww

そういう輩ばっかりだなww

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/11(金) 11:16:52.38ID:1Io+NgbB
そのうちビッグダディとか煽てられて出たりして?www

とにかくあはき柔は、気違いと阿呆の溜り場よwww

16名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 13:10:49.25ID:nIYoGKfG
抗がん剤は猛毒です。
医療関係者だけに抗がん剤の曝露の危険性と対策の注意喚起を行い、
患者と家族には全く説明しないのです。
医師、看護師が、抗がん剤の曝露によりガンを発症し、また抗がん剤、手術、放射線治療により衰弱して死ぬのも、自業自得と言えるかも知れません。
http://www.covidien.co.jp/medical/academia/chemo/chemo1
https://m.facebook.com/profile.php?id=100012776317476

一方、日本では麻薬として禁止されている大麻が、実はガンにもエイズにもテンカンにも
その他、あらゆる難病に効果があることが分かってきており、世界中で解禁されてきています。

日本も早急に大麻を解禁しましょう!
大麻は全人類を救います!
http://www.kirasienne.com/news/hemplife-2/
https://m.youtube.com/watch?v=WfOP-7ILM38

17名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 13:11:24.01ID:nIYoGKfG
いよいよ、国連も「大麻規制」見直しへ!

万歳、万歳、万歳、万歳、万歳!

大麻は、ガンにもエイズにも癲癇にもパーキンソン病にも、その他あらゆる難病にも効果を発揮する事が分かっています。
日本も早急に大麻の全面解禁を推し進めましょう!

http://news.livedoor.com/article/detail/14561719/

18名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 13:38:56.24ID:bDJ0UOb+

19名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 20:33:53.71ID:W75pHZGc

20名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 20:59:21.53ID:bDJ0UOb+
>>19
それには一言も二言も云いたいが、要するに国に寄生するダニが居るからであってだな。

従業員は小間使い奴隷化しているように見えるだけなんだよな。

介護や雇われ柔整師、看護師やPT,OTも同様。

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 07:41:09.51ID:jEIqD4Ir
子機使われてるうちは駄目だね。

22名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 08:28:45.64ID:F0b6M8mW
>>19
結局、最終的には利用者がもっとお金を貰うしか方法はない
なんでも税金でなんとかしようとするのは間違っていると思うよ。

23名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 20:19:03.40ID:iorRZfYr
オツムの逝かれたキチガイなジジババのオムツを替えて尻のウンコを拭いてやって
「なんでこんな仕事に就いてんだ?馬鹿だからか?」言われて安月給じゃ
チビを相手して安月給のほうがまだマシかな。嫌味を言ったら往復ビンタしちゃえば良いし。

24名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 20:29:02.22ID:8PJjUsRW
イかれた爺婆は間違いなく長生きだ。ストレスないからな
その分介護人はストレスフルだろう、家族も見放した基地揃いだから

25名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/13(日) 20:45:47.01ID:tIe8xp4u
安楽死が話題になっても直ぐ消されるのは、何らかの圧力があるからでだな。

まあ要は何の事ない医師会からそれなんだが・・・口篭り

26名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 13:15:40.97ID:judHVMrh
抗がん剤は猛毒です。
医療関係者だけに抗がん剤の曝露の危険性と対策の注意喚起を行い、
患者と家族には全く説明しないのです。
医師、看護師が、抗がん剤の曝露によりガンを発症し、また抗がん剤、手術、放射線治療により衰弱して死ぬのも、自業自得と言えるかも知れません。
http://www.covidien.co.jp/medical/academia/chemo/chemo1
https://m.facebook.com/profile.php?id=100012776317476

一方、日本では麻薬として禁止されている大麻が、実はガンにもエイズにもテンカンにも
その他、あらゆる難病に効果があることが分かってきており、世界中で解禁されてきています。

日本も早急に大麻を解禁しましょう!
大麻は全人類を救います!
http://www.kirasienne.com/news/hemplife-2/
https://m.youtube.com/watch?v=WfOP-7ILM38

27名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 13:18:52.30ID:Z9qVS0xX

28名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/15(火) 13:53:28.94ID:judHVMrh
いよいよ、国連も「大麻規制」見直しへ!

万歳、万歳、万歳、万歳、万歳!

大麻は、ガンにもエイズにも癲癇にもパーキンソン病にも、その他あらゆる難病にも効果を発揮する事が分かっています。
日本も早急に大麻の全面解禁を推し進めましょう!

http://news.livedoor.com/article/detail/14561719/

29名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 03:03:13.78ID:SGFQmcF3
>>1
医師と鍼灸師は治療師だか介護の仕事なんかせんよ

30名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 15:14:46.57ID:YZkGPkBI
>>29
医師はそれでいいが、底辺の鍼灸師はそんな事言ってられないだろw

31名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 17:13:03.91ID:b0Xxrjg7
おたがい先生呼びしてる変な業界
地域包括ケアシステムに不要なやつら

32名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/16(水) 18:12:20.84ID:YZkGPkBI
>>31
頭が悪い上にプライドだけは高い鍼灸師は必要ありませんね。
仕事のじゃまにしかならないでしょう。

33名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 07:08:04.19ID:kT7GpiEL
31

「〇〇先生」って呼ぶことは不自然じゃないんだけど、
この業界のひとは郵便物とか、公開講座とか、なんかへんなタイミングに先生呼ばわりするのが昔から気色悪い。

ちなみに「〇〇先生って呼ぶのやめません?」的なテーマが、
学会シンポの真面目なお題になった時
「こいつらもうダメだな」って真剣におもった。

そんなこと公費おりたり、参加費とって議論することじゃない。

34名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 07:13:59.95ID:kT7GpiEL
プライド高いってより
総じて「頭悪い真面目バカ」って感じする。

真面目な顔して、針師の地域包括の役割について熱弁してたりする。

「お年寄りの退行性病変の機能改善につとめることで、
高齢化社会の地域活性を担うのがこの資格の一番の役目です。
そのためのエビデンスは着々と積まれています」とか言う人多い。

文面は正論なんだけども、
やっぱどっか大切なリアリティがなんか抜けてんだよね。
うまくいえないけど。

35名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 07:19:41.05ID:kT7GpiEL
「医学の一助としてまっとうする」ことよりか

「医学っぽさをどうにか身にまとう」ことに必死なんだよ、それだけ。
何かいつもそういう言葉のヴェールで覆ってるかんじ。

-------------------------------------------------------------------------------------------

それよか、針の再生医学?

通電針で腱断裂とかが再生する、とかいう報告は、どこまでまっとうなの?

ただの自己治癒システムの一部を、ミクロな成分ひろって
「針のおかげですよ」って証明して見せてるだけ?

36名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 08:30:19.52ID:AwQlTtZd
大切な真ん中の部分がすっぽり抜けてるんだよな。
きれいに包装はしてあるが、箱の中身は何もないみたいな。


悪質なタックルで監督が指示出したとこで叩かれてる大学があるけどな。
俺が行ってた学校は同等かそれ以上に悪質だったな。
狼と子羊というイソップ童話知っているか?
強硬な法的姿勢をとることがこの類の人間には正しい行動なんだよな。

37名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 10:01:13.09ID:lldZmdj9
スマホやデジカメ動画で拡散されるから迂闊なことも出来ない時代
これからアマもすべて有料入場の興行化して撮影禁止にしたら、ちょっと変わるかもな。
そうすると一番悪いのは隠し撮りしてる奴等ってことになるから。

38名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 10:32:55.57ID:kT7GpiEL
〉大切な真ん中の部分がすっぽり抜けてるんだよな。
きれいに包装はしてあるが、箱の中身は何もないみたいな。

オレの嫁か愛人にもし言ったらビンタされそうな文面でワロタw

-----------------------------------------------------

スパルタに潜むエスカレートや嫌がらせは茶飯事だったな、昔は。
そうやって名指導者だけ「全能の師匠」「父として」崇め奉られた時代は終わるんだろう。

指示どおり見境なくタックルしに行く選手には、びっくりだ。

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 18:52:29.98ID:qNyYWDhP
>>29
(1)キツい(2)きたない(3)危険
(4)ケツ拭き稼業(5)給料安い
(6)看護師にバカにされる
(7)客(呆け老人)に殴られ蹴られ噛まれて何故か逆に謝らされる不思議
(8)過去の歩みを悔やむ
(9)肝炎ウイルス蔓延した職場環境
(10)カス呼ばわり(11)彼氏彼女できない
(12)結婚できない(13)臭い
(14)クソ(うんこ)の世話に始まり「クッソォォォ!」と終わる職務
(15)子供に馬鹿にされる
(16)郷里の幼馴染みに職業言えない
(17)腰を痛めること半端ない
(18)確実に早死に
の18K職です。

特に(7)がキツい。

世耕弘成経済産業相の政策担当秘書がタクシーの男性運転手を殴ったとして昨日18日に暴行の現行犯で逮捕されましたが、
介護士はタクシー運転手にも劣る位置付けで、客から暴行を受けて施設長から「なぜ、ご利用者様を不機嫌にした?」と
叱られます。他の職業なら、たとえお客様と言えど暴行を受けて怪我したら損害賠償金を
取れるでしょ。介護士にはそれができません。「黙って殴られていなさい」と言われます。
抵抗して、もし怪我をさせちゃったらマスゴミが飛んで来て「老人虐待だ!」と騒ぎます。
メガネを割ったりなんかしただけで賠償。逆に介護士がメガネを割られたとしても自腹です。
そんな中で「むしゃくしゃ」して気が狂い、しまむらで店員を土下座させるだけならまだしも
利用者を殺すわ、訪問介護先でカネを盗むわ、職業別犯罪者率ではじゃないですか。
まあ欠格事由ってのが無いし、刑務所でも養成して出所後にすぐ就ける
仕事だから仕様がないけど。現場の経験ないワタミの渡邊はビジネス化したけど、刑務所で経験済みの
ホリエモンはもう見るの聞くのさえ懲り懲りでしょうね。ホリエモンも刑務所でやらされた課業のうち介護の課業が一番キツかった言ってました。

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:10:51.42ID:48F3Ip1c
>>34
>退行性病変の機能改善
なんて夢のまた夢
下らない夢ばかり見ていないで現実をみろよ
一体誰がそれを実現したと言うのか?いないだろ?これが現実なんだよ

41名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:37:01.45ID:kT7GpiEL
40

それは、そう熱弁してる大勢に、直接言ってやってくれんか。

真面目おバカさんたちに。

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:43:10.12ID:48F3Ip1c
>>41
本当に大勢いるのかよw

ていうか、臨床経験の少ない青二才だろw

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:47:37.00ID:kT7GpiEL
ラットの腱断裂への通電針で
万一、なんらかミクロな(通常なら検証にも値しない)効果があるにせよ。

わざわざ人がアキレス腱切って、針しに来るか?

これのどこが「資格認知を国民に広めるための研究成果の一環」なんだ

エリート研究者なら意義とテーマくらい適切なものを選べ、と言いたいし
一部公費が降りてるならなおさらだろう

針師全般は、医学を医学らしく語るべきじゃない。
壇上からすべての成員が降りるべきだ。
偉そうに講釈できる次元の奴なんてひとりもいない。
いちゃいけない、こんなレベルで。

人にも教えられない。
教える資格にすら値しない。

44名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:49:15.18ID:kT7GpiEL
42

でかい学会でも出てみりゃいいじゃん一度でも

大半がそうだと、わかるやろ。

45名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:54:39.45ID:kT7GpiEL
っていうか、まともに「臨床」て言える次元でもねえかも。

もっと無機質な単純行為としての「施術」だよ、所詮。

治療でも診療でも診断でもねえし。

あれこれウンチク付加する以前の問題な気がしてきた、最近。

46名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 23:18:36.03ID:48F3Ip1c
鍼灸師は何でも治せるかのような勘違いくんが多いよね

47名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/18(金) 23:07:11.79ID:xbY/m7l9
そもそも鍼灸は、中国古代の医学書を基礎にしているから、現代医学の基礎の科学とは違う考え方で成り立っているんだよ。

薩摩長州閥の明治政府のお役人が、鍼灸按摩をメクラの仕事にして、
理論は西洋医学、ツボは従来の経穴を少なくした改正孔穴というおかしな鍼灸をつくたったのさ。
昭和期に古典鍼灸の復興運動が起こって、経絡治療が形成されたんだから、
なにもわざわざ、また明治のメクラ鍼灸に戻す必要は無いよ。

鍼灸は健康保険とあまり関係無くやって来たんだから、そのままで良いんだよ。介護師の仕事などやらなくていい。

48名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 15:45:55.08ID:qdfpaP92
ようするに、鍼灸は妄想をこじらせただけのもので、現代医学は科学的に証明された事をやる
そういう違いなんだよね。

保険が使える使えないなんて言うのは的外れで
効果があると言うなら、根拠を示さなければならないのが今の主流の考え方。

49名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 17:36:17.67ID:U92CiV+O
鍼灸は妄想ではないでしょう。二千年来、蔵府経絡理論で実際に鍼灸をやって来たんだから。
日本では明治維新、中国では辛亥革命、文化大革命で途中断絶しているけど、
見事復活している。

現代医学は科学的に証明された事をやるというけど、科学的に証明されたからといって、患者が治っているかというとそうでもないでしょ。
俺が高校生の頃に鍼灸専門学校を志望先にしたら、鍼灸なんかメクラの仕事だ、お前はバカだ気違いだとか言って小バカにした担任の教員は、
その後、パーキンソン病になって、当時の教え子でパチンコ屋の息子の朝鮮人医師の治療を受けていたらしいが、
益々酷くなって、最後の6年間は生命維持装置を付けられての植物状態だったそうだが去年死んだよ(笑)

50名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 17:44:57.78ID:qdfpaP92
>>49
妄想だよ。
瀉血も同じ。ずーっと、根拠なく信じていただけ

復活したのは中国政府の戦略だったからでしょう。
効果があったから復活した訳じゃない。

パーキンソンの先生は気の毒だったね。
でも、鍼灸でも治らないからねw

現代医学に対して期待が大きすぎるんだよ
何でもかんでも治るわけじゃない。
だけど、だからと言って鍼灸を肯定されるものではない。

51名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 22:14:41.01ID:AP7sGHF1
>>50
おい、瀉血は鍼灸の手法じゃないぞ。お前さん、刺絡と瀉血の違いすら知らないんだなw
それで妄想とか言ってはずかしい。刺絡は抜群に効くよ。お前さんには無理だとは思うがw

52名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 23:17:47.71ID:LRH4v2Pj
本音と建前というものがあって刺絡ははりきゅう資格ではNG
抜群に効くとか経験的積み重ねでものを言っても誰も納得しない
自分だけが利口だと思っている鍼灸師に未来はない

53名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/19(土) 23:52:12.73ID:UawUmUGq
「刺絡は鍼施術に含まれるが、刺絡鍼法による出血が、瀉血と判断されるかについては、個々の事例によって判断される」

54名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 10:14:05.56ID:cvOXZ9Tg
>>51
話をそらすのに必死すぎだw
妄想と言う意味では同じだと言っているんだよ。

55名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 10:15:44.71ID:cvOXZ9Tg
>>53
わざとやったら医師法違反
偶然の事故で出たものはセーフ

56名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 23:08:17.99ID:paamyLOa
>>50

鍼灸は妄想じゃありませんよ。
鍼灸古典を復興させて、日本の経絡治療を形成させたのは、昭和の戦時中の話です。
中国の文化大革命は、戦後の話ですから、日本の経絡治療形成期はそれより前の話で、中国の政策で鍼灸を復興させたのよりも前の話です。

瀉血と刺絡が違うかどうかは兎も角、刺絡は鍼灸の手技のごく一部であって、刺絡だけで鍼灸を語れるものではありません。

パーキンソン病に限らず、癌でも他の病気でも、病院の治療は受けない方が良いと言う医者の先生は日本でも増えて来ていますよ。
現代医学の薬と言うものは、殆どが毒物なんです。
それでも、病気が治るのなら良いのですが、殆どの病気を悪化させているのです。
http://www.hibino.org/fukusayou.php
そもそも、あなたはなんで東洋医学板に来るのですか?東洋医学を否定しているんだから、鍼灸師じゃないのでしょう?

57名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 23:32:39.51ID:0v8R5juN
高齢者が入院、施設等に入るとほぼ廃人になる。
薬副作用とか色々要因はあろうが認知症になる人も多い。
なるべく健常者と対等に生活すべく自ら努力すること等、今後東洋医学が
果たす役割は大きいと思う。何事にも反発者はいるのでスルーが一番。

58名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/20(日) 23:47:22.99ID:eKVEA3Qd
>>57
薬など服用しなくても認知症になる。
入院、入所などしなくても廃人になる。
ソースは祖父母と両親。
施設入所できた祖母が一番元気で長生きした。
最後は穏やかに老衰。
東洋医学は死期の迫った高齢者には無力。

介護経験ないでしょ。

59名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 17:31:33.76ID:xQq71vJe
57が建前で、58が本音かも。

介護は現実的にさまざま問題があり、「東洋医学」範疇の諸問題をはるかに超えてる。
その自覚はあったほうが好ましいのでなく、敷居を跨ぐなら、なきゃならないと思う。

仮に介護場に東洋医学が無くても、介護は成立することは、忘れちゃならん部分。

針学者の介護領域の分野も、申し訳ないが、フワフワした現実味の乏しい教科書音読のような論が多い。
造語を駆使し、いかなる形容ができたにせよ、同じ卓上で論じれる次元ではない気がする。

そこにすら、疑問をもっていないから、正直その類いの者には呆れる。
もっともっと、そもそも無力なんだ、という自覚がいる。

個人的には、この医療的建前を全面にだして、介護役割をアピールするような面をあまり好まない。

60名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 17:52:33.40ID:xQq71vJe
介護場に果たす東洋医学の役割、ではなく。

介護場に(東洋医学の資格専門家たちが)見いだした医療価値にたいして、一般の針資格者が果たす役割、ということだ。

おわかりのように、一般資格者が応える相手は、被介護者でなく、針推進する幹部や要人達だ。

車いすやリクライニングのベッドでおこなう針がまっとうな施術と呼べるだろうか?
肌や筋骨は、すでに萎縮してるかもしれない。
残飯を投げられるかもしれない。
灸は施設のスプリンクラー付きの火炎探知機が鳴るだろう。
針などと…!言えるだろうか?

ボランティア慈善行為ならば、まだ理解できる。

アプリオリにすでに存在する役割でなく、
受動的に高まるニーズによる新たな役割でもなく、
自発的に自分らでどっかから見つけて来たような自己存在価値だということだ。

あれこれ学者は定義するものの、現実的行為にはみずから手を染めない。
言ってるだけだ、一般資格者を一定の方向へうながすだけだ。

営業活動はわるいことではないが、介護領域で見つけてきたそれを“果たせる”んだろうか?
なにを“果たす”のだ?
資格者の自己満足を果たすのか?

61名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 18:09:59.72ID:R6LPnqCB
鍼灸師は、介護施設に出入りなんてしなくて良いんだよ。
介護は介護師の仕事。
鍼灸専門学校の同級生に介護師の人がいたけど、鍼灸師の免許は結局取れなかったね。
何年か受験したみたいだけど、諦めたみたいだね。
国は鍼灸師に介護師の手伝いをさせたいのかも知れないけど、失礼にも程があるよ(笑)
まあ、介護の手伝いしたい人は、やれば良いんじゃないの?

62名無しさん@お腹いっぱい.2018/05/21(月) 18:11:13.76ID:xQq71vJe
56
〉鍼灸は妄想じゃありませんよ。
鍼灸古典を復興させて、日本の経絡治療を形成させたのは、昭和の戦時中の話です。
中国の文化大革命は、戦後の話ですから、日本の経絡治療形成期はそれより前の話で、中国の政策で鍼灸を復興させたのよりも前の話です。


あなたのアタマのなかでは、妄想でなくとも、
現時点で物質的根拠のないものを援用しているのですから、存在の様式は妄想型です。
経絡やツボは、現実どこにも存在してないし、有るのは書物記載内なので、フィクションです。

フィクション体系なのだという前提の上で、それらを運用する者を、否定はしません。
しかし、それらがフィクションではない、と安易に述べる者らを批判します。

63名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 18:22:35.48ID:R6LPnqCB
>現時点で物質的根拠のないものを援用しているのですから、存在の様式は妄想型です。

あなたは共産主義者なのですか?
共産主義の中国が復興した中医学は、共産主義思想の影響から、気も物質と捉えているそうですね(笑) 唯物論と言うんですか?
心、魂、思考が物質だと言うなら、妄想も物質になってしまいますよ(笑)

64名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 18:30:46.07ID:xQq71vJe
いや、わたしに特定の主義や思想はありません。

しかし、何かを医学的に研究するなら、物質的根拠に基づく知見でもって医療を展開するのは、どの国々でもある程度一般的でありポピュラーな事ではないでしょうか。

21世紀の今、迷信のみで治療されたら、それは旧時代的でしょう。


ツボや経絡が、書物記載に存在するという事実以外に、現状では他にそれを定義することができません。
私は、この点しか興味がありません。
心や魂、思考のことなど、ここでは論外にしたつもりです。

65名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 18:37:38.84ID:xQq71vJe
目に見える物として存在し無い物を、有る物なのだと想定して運用していれば、それはフィクションでしょう?
しかしフィクションだからわるい、と言ってるのではないんです。

そこをごまかしたり、
言い回しレトリックのヴェールに包むなよ、
と言いたいのです。

66名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 19:10:49.78ID:xQq71vJe
ツボや経絡が、信ぴょう性があるか否か、怪しいかどうか、
それを擁護側と反対側で議論しあうことはナンセンスとおもいます。
仮にどちらの立場であれ。

ツボや経絡の存在の仕方は、
現時点の、現状、フィクションとしてのみ体系や形式が成立しています。

そのうえで、実際に運用しています。
そのうえで、実際に研究実施されています。

無いもの、目に見えないものを、有ると想定して運用しています。
いわば、そういった存在の仕方をしているものです。


例えば、

世界のどこかには有るかもしれない、
あなたに無くても私(達)にだけは有るのだ、
かつては有ったが今は無い、
いつかは有るんだ、

そういった風潮をもつような論を批判します。

67名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:15:08.18ID:hiftN44V
>>57
現代医療は老化に対して無力でしょう

しかし、これは鍼灸も同じこと

68名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:18:28.76ID:hiftN44V
>>61
鍼灸は介護に関してはド素人だから頭を下げて教えを請うのが正しい生き方

やりたくなければやらなくていいが、鍼灸が介護より立場が下だと言う自覚が必要。

なぜなら、鍼灸は医療でも何でも無く、何の効果も出せないのだからね。

69名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:22:35.96ID:hiftN44V
>>66
仮に、気の流れやツボが科学的に証明できなくても、効果さえあれば誰も疑う余地はない。

飛行機が飛ぶ原理は正確に分かっていないが、飛行機が飛ぶのは自明なので誰も疑わないのと同じ。

問題は鍼灸はプラセボ以上の効果をまったく出すことが出来ないということ。
効果も出せないくせに、意味不明の気の流れガーなんて言われても相手にされないのは自明の理

70名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:27:11.10ID:R6LPnqCB
>なぜなら、鍼灸は医療でも何でも無く、何の効果も出せないのだからね。

鍼灸は病院医療ではありませんが、東洋医学ですよ。

71名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:34:55.21ID:R6LPnqCB
>21世紀の今、迷信のみで治療されたら、それは旧時代的でしょう。

WHOでも経穴を定めている現代において、旧時代的なのはあなたの方ですよ。
世界の医療も変化してきているのです。病院医学一辺倒な日本は、世界的には遅れてきているのです。
さらに、WHOでは、大麻の規制の見直しに取りかかっています。大麻については、日本はフィリピンにも遅れを取り始めているのですよ(笑)

72名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:38:09.21ID:R6LPnqCB

73名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:55:35.81ID:hiftN44V
>>70
東洋医学なんてただのオカルトですからね。
医学でも何でもないですよ。

74名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 21:56:40.19ID:hiftN44V
>>71
政治力で無理やりWHOに認めさせた黒歴史もそろそろ終わるでしょうね

75名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 23:37:16.42ID:roknYk/V
日本鍼灸に政治力なんてあるわけないw
いまやアメリカとも肩を並べる隣国の政治力だよ

76名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/21(月) 23:56:59.90ID:XjdDrBFa
>>75
その隣国の政治力の実態って知ってる?

裏で操ってるの

77名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 02:24:39.02ID:0EjwwscR
〉鍼灸は病院医療ではありませんが、東洋医学ですよ。
〉WHOでも経穴を定めている現代において、旧時代的なのはあなたの方ですよ。


市井や巷の病院で針施術が実際にどこかの場でおこなわれている事実があるなら、当たり前ですが、それは病院医療の一環ということでしょう。

WHOが定める経穴ガイドラインは、数多あるツボを、実用に適すようコンパクトに整理しオフィシャルに定めてるだけのことです。
そこに明確になった医学的定義が付加され、定めたリストなわけではありません。

それらが現代風かどうか否かは、個々人で、ご勝手に判断なさればいいのじゃありませんか。
私には、それが時代的であろうが、非時代的であろうが、興味がありません。どっちだっていいです。

わたしがどういう施術をするか何も述べてない以上、今時代的か、旧時代的か、あなたに判断さえできないだろうと思います。

78名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 02:42:18.08ID:0EjwwscR
69

〉プラセボ以上の効果をだせない

これ何だ?どういう意味で書いてるの?
ちょっと不正確で文脈をつかめないから、もうちょい詳しく言ってくれんか。
君は、プラセボ(効果)をどういう意味合いで使ってるの?


〉飛行機うんぬん

ネットやベストセラー本の謳いなんてどうでもいいから、クッタ条件から自分で紐解いたら?
そしたらたぶんその文面変えることになると思うから、それまで待ってるね。

79名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 02:48:21.99ID:0EjwwscR


麻薬の取り締まり(?)その遅れ(?)
が、東洋医学にまつわる代替医療の実態にどういった関連性があるのか、私にはつかめませんでした。

80按摩仙人 ◆CNMtwSRook 2018/05/22(火) 06:00:14.88ID:MAveZVje
経穴には場所を指し示すものや治療点などさまざま

ω・`)治療点とするツボは筋肉に負荷がかかったり、鬱血が続いて組織が変性する場所が多い
この状態を改善することで疾病を引き起こす病因を除去できる
あとは身体の回復力頼みだが、習熟した鍼灸按摩師は治癒へ導く精度が高まる
身体の場所を表す経穴と治療点の経穴、すべて混ぜて語る、オカルトと言う、これは筋肉の緊張や組織の変性を触診できない鍼灸按摩師として致命的な段階だと思う

81名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 07:57:55.38ID:rHDtfjsz
>麻薬の取り締まり(?)その遅れ(?)
が、東洋医学にまつわる代替医療の実態にどういった関連性があるのか、私にはつかめませんでした。

大麻を覚醒剤などの薬物といっしょくたにしている人には分からないかもしれませんが、
実は大麻は神農本草経などの古典に記載されている生薬なんです。
気を益す上品の薬として。
既に中国も大麻の特許を色々取っている様です。
日本はいつの間にか、医療後進国になっているようです(笑)

82名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 09:07:02.81ID:VR4GsSIa
>日本はいつの間にか、医療後進国になっているようです(笑)

すべては、あはき法19条が足枷

盲人福祉だけで最先端医療が切り開けるはずも無く・・・orz

それにいち早く気付いて行動していた連中も

時すでに遅しで、終いに己が後期高齢者でメクラと来たwww

83名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 09:14:29.75ID:0Slh3K3X
80
〉筋肉に負荷がかかったり、鬱血が続いて組織が変性する場所が多い

残念ながらあるていど精密な医学の壇上で、きちんと東洋医学を考えようと始めた時点で、上記のことは(どのような先端技術を駆使しても)医学的に可視できることではないです。
それらは観測可能な直接的事実に寄っておらず、間接的事実の集積から「そのように考えることができるだろう」という仮説的事実への説明付けでしかないのです。
上記のことは、医学的事実でなく、医学的可能性をもった仮想的事実です。


〉身体の場所をあらわすツボ、治療のためのツボ

これはあくまで個々人の見解の差でしかないです。内経をはじめとする聖典に記載があるわけではなく、聖典の解釈をめぐった意釈の見解差の次元です。
ですから、上記が正しくとも、誤謬であろうとも、「あくまであなた個人の意見」ということです。広く一般性を持たせられる意見かどうかは意見が分かれるでしょう。

84名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 09:20:46.68ID:0Slh3K3X
〉大麻を覚醒剤などの薬物といっしょくたにしている人には分からないかもしれませんが、
実は大麻は神農本草経などの古典に記載されている生薬なんです。
気を益す上品の薬として。
既に中国も大麻の特許を色々取っている様です。

この先の話は、医療用大麻の実用化への件ということでしょうか?
そうであるなら、医師あるいは薬剤師の範疇でしょうから、そういった担当の方に意見を述べてみてください。
現時点で、法によって使用禁止されている物の効用を、針にまつわることと関連するとして、特別述べる理由が私には見当たりません。

85名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 11:58:28.29ID:rHDtfjsz
>現時点で、法によって使用禁止されている物の効用を、針にまつわることと関連するとして、特別述べる理由が私には見当たりません。

勿論、日本では未だに大麻の使用が禁止されたままですから、今、大麻を使用するという話ではありません。
ただ、あなたの鍼灸に対する認識が、世界中の流れからすると時代に逆行しているということを浮かび上がらせる為に、
大麻についての世界中の流れに逆行する日本を引き合いに出しただけの事です。

しかしながら日本でも大麻が全面的に禁止されている訳ではないんですよ。
種子は七味唐がらしの薬味の一つですし、漢方薬の麻子仁(ましにん)としても使われています。
食欲を益したり、便秘にも効くようです。
大麻の繊維は、神社の注連縄、横綱の締める綱、衣類にも利用されています。
来年、新天皇が即位しますが、即位式に使用する「あらたえ」という特別な服も大麻で織られるそうです。
その他、お祭りの松明に大麻を使用する地方もあり、その為だけに栽培しているそうです。
日本で禁止しているのは、大麻の花、葉っぱの所持、無免許での大麻の栽培です。

因みに大麻の花、葉っぱを医療に使用している海外の報告によれば、
エイズ、癌、てんかん、認知症、緑内障、パーキンソン病、リウマチなど、ありとあらゆる難病に効果があるそうです。

将来、日本でも大麻が解禁されれば、鍼灸と大麻があれば救急医療以外の医療は要らなくなるんじゃないでしょうか?(笑)

86名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 12:41:26.45ID:YyzAY2D4
↑ 正論
出来ればモミモミ柔整も仲間に入れてあげたら?

87名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 13:05:14.12ID:F4QAJG7b
実際に、完全な気の治療で(テイ鍼療法)結果を出してる者から一言。

自分が出来ないからと言って漢方理論を否定するのは止めて頂きたい。
エビデンスについては、鍼灸大学研究者の研究視点や努力が足りないだけ。

西洋医学治療で治らない・命を落とす方も多いけど東洋医学に助けられ
感謝している患者さんも少なくないという現実。又、高齢者の機能低下の改善に
も大きく貢献できますよ。
鍼灸師でありながら努力不足を気付かない方、もう少し視点を変えて
頑張ったらどうですか?

88名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 13:06:06.61ID:0Slh3K3X
85

針は日本で禁止されてません。

あなたがなにをおっしゃりたいか、私にはわかりませんでした。
意見を汲み取ることができず、申し訳ありません。

89名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 13:15:49.18ID:0Slh3K3X
87

漢方の薬剤(内丹術)の薬効は、物質的成分からの検証があるていど可能。
漢方における物理的療法(外丹術)は、物質的検証は相当にむずかしい。

この差があるので、
両者を「東洋医学」としてまとめた上で、医学検証することは(同路線扱いでは)実施できない。

前者のエビデンスは、相当分あるだろう。
後者のエビデンスは、ほぼ無い。

これが妥当な見解だろう。

前者(古くからの薬剤・薬効)と、後者(古くからの物理的刺激療法)を、
並べて論じる者達の主張には、
わたしは妥当性のなかで応じることができない。

90名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 13:20:15.98ID:0Slh3K3X
87

結局、じゃあ「気」を、なんだと捉えて、あなたは施術しているのかね?
(わたしは、ちなみに「気」なんてわからない人間だ)

要は、情に訴えかけるドラマ的な部分しかない、と言ってるようにしか思えないのだが。
87全体のその文脈からは。

91名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 13:58:21.43ID:0Slh3K3X
わたしは、
薬効+鍼灸・推拿としての「漢方」のことなんか聞いてない。
西洋医学と比べたうえでの弱点を補う「東洋医学」のことなんか聞いてない。

「針と灸」のこと。
それ自体、それ自身のことだけを聞いているんだ。


もう、種明かししようじゃないか。

針と灸、ツボや経絡は、それ自体を自身で定義できないものなのだ。
君がいう「気」とやらもしかり。

「目に見えず、無い物を、有る物なのだと想定し」定義し運用することでしか、世界に存在できないものなのだ、これらは。

漢方薬の薬効は、成分として物質的に存在している。

だから、
「針と灸」「ツボや経絡」の実態と効果を述べる時に、

わたしの実感として一人称の効果を引き合いにだす、
漢方を引き合いにだす、
西洋医学の欠点を引き合いにだす、
患者の感謝を引き合いにだす、

いわば
オリジナリティをもてない「何かを引き合いにだすことでしか存在意義が発生しないもの」それがツボであり経絡であり、はりきゅうにまつわる「気」だろうに。

92名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 14:11:12.50ID:0Slh3K3X
追記

わたしは「東洋医学」と言う時、それは通常「漢方薬処方と診断術」をさすと思う。
一般には、そこに推拿や針灸を含めるのだろう。

しかし、
巷のマッサージが効用としては、刺激量も多く、よりたしかな実感を得やすいこと。
気功や内丹術は元来、健康度の高い人間が「みずから」実践する養生であってこと。

これらをふまえれば、
誰か他者に施すような、針と灸は、それらのあいだを取り持つような「媒介物」的な役割であった可能性が高い。

よってそれ自体の効用だとか、意義だとか、
そういうことを定義することはおそらくどんな医学検証、どんな学問をもってしても不可能だろう。

何かと比較しながら
何かと対立しながら
何かを探しながら

そうしてでないと、自身を定義しきれないものが、ツボ経絡にまつわる針と灸という施術方法なのだろう。
どこまでいっても独立することが出来きらない療法であるのかもしれない。

93名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 14:21:51.99ID:0Slh3K3X
追記の追記


ツボや経絡に

たったひとつだけ誤謬があるとすれば、

「それが確かに(身体に)存在している」と真理を設定している点だ。

94名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 14:36:00.29ID:QXaK1vk8
気は見には見えないんだけど変動していれば感覚はできるんだな。

空気は見えないけど移動すれば感覚できる,透明な水も波紋がたてば視覚
できるのと似ているかもしれない。

この気の変動している感覚を感知できると古典の理解が進む、逆に感覚
できないものが古典を読んでもオカルト本で終わりだな。

95名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 15:29:28.89ID:0Slh3K3X
94

最大の問題は、それが懐疑者をはじめとする他人にわかるように伝えられるものではないということだ。

もう少しいえば、なにもツボや経絡に限局せずとも
日常に「気」はあるのではないか?

日常的に、気まずい空気だって読むだろう。
気を揉むだろう、気を病むだろう、気休めるだろう。

なんで針と灸にだけ、それが備わる?
どういった必要性がそこにあるんだ?
人間の身体や皮膚面に何かその仕掛けでもあるんか?

誰かの援用論はいいから、君の意見を述べてくれたまえ。

96按摩仙人 ◆CNMtwSRook 2018/05/22(火) 16:55:53.66ID:MAveZVje
体制からフィードバックされる自律神経の不調が主ではないか?
ウチはそれに筋筋膜の連鎖が病因だと思う

ω・`)胃経なんて筋膜連鎖よくわかるし

97名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 17:33:23.52ID:0Slh3K3X
96

〉体制からフィードバックされる自律神経の不調が主ではないか?
ウチはそれに筋筋膜の連鎖が病因だと思う

----------------------------------------------------------------
もうその件さんざん議論済みとおもう。

ラットレベルで針療法に近い刺激を与えるような試行実験から、
そのフィードバック機構が発見されたんじゃなくて

(事実関係は正確には逆で)
もともと発見されてた物理刺激に応じるフィードバック神経機構を、
むしろ、あん摩や針灸の神経機序の説明付けに「利用した」の。

なぜなら、(自律神経にまつわる)医学・生理学的に、針灸の東洋的健康観を説明づける必要性が当時(大正期)国家を挙げてあったから。

自律神経にまつわる間接的データの集積を使って、東洋医学を、神経生理学的に「操作的に書き換えた」だけなのよ。

証拠として、それらは「直接的事実」じゃない。
いわば神経機構を間借りして「間接的事実」から迂回的に説明づけてみただけなの。
残念ながらね。。

たぶんそれらは其の理論がいうほどには、各臓器に影響を及ぼしてないし、
自律神経の変動というのは、針刺激に関係なく、刻一刻かなり動いてるものだろうと思う。

(ワッと誰かに驚かされれば、きっと心拍数や皮膚の発汗度合いだって一瞬跳ね上がる)

針やあん摩の言ってる(言って来た)自律神経全般は、じつに氷山の一角論だろうと思う。
下手したら、療法による刺激に全く関係してない無意識的な人体機構を、意識的に言語化して取り上げてきただけなのかもしれない。

※余談
ちなみに巷でなんでもかんでも「自律神経の乱れ」「自律神経の不調を予防して」みたいな
ナンデモカンデモ「自律神経心身医学」化したのは、おおもとはここからでもあるよ。

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 17:45:50.74ID:0Slh3K3X
98

だいぶ誤解も多いけど、体性自律神経反射というのは、各療法の研究から生まれたものではないの。

むしろ、あらゆる物理刺激(押したり、刺したり、つねったり)から、どうもこういう神経ルートを辿るようだね?というレールが、体内神経マップ上に何本か示されただけなの。

両者(東洋的な古典的効用と、生理医学的な意義づけ)を操作的につなぐには、基礎研究の卓上でまずは理論仮説化する必要性があったわけだよ。

だから、このルートに沿いさえすれば、逆にいえば、どうにでも針やあん摩を心身医学的なあらゆる健康観と結びつけて間接的データから、各療法の効果が実証可能だったわけ当時は。

99名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 17:57:55.32ID:0Slh3K3X
つづき

だいぶ時代を経て、
GHQが「やはり迷信の類いではないか?」と押したのもこの部分であったし。

(つまり物質的根拠に乏しいし、
間接的物質根拠から操作的に説明づけるしか方法がないんだから
針は医学でなく疑似科学だよ、という主張)

東洋医学全般は当時今よりもっと、国民の健康観や道徳を担う上で、思想的にも重要だった背景があった。
「欧米に寄らない、東洋の自国の医学を創ろう」というロマンさえあった時代。

そこに、単一自律神経による電気生理的なイヌネコラット等のデータ集積は、重要な役を果たしていたわけ。

針灸ってのは、確実にいまでもこの脈絡に沿っている部分はあるのだよ、良くも悪くも。
それらが今の世界が求めるスタンダード基準なんて言ってたら、それこそ笑われてしまうよ。

これらは、旧時代の流れをくんだまま積み上げたエビデンス主義だよ。

100名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 18:06:49.74ID:0Slh3K3X
つづきの続き

古典的な東洋医学の心身観ってのは、あくまで哲学形而上的医学観なのだよ。

神経医学にまつわる心身観ってのは、ばりばりの物質的医学観なのだよ。

両者をつなぐ物質的証拠は、存在してないのだよ。
いつの時代であれ。

何かを利用して間接的かつ操作的に、意味づけたり説明することは、可能であってもね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
筋膜のはなしになるなら、
ポリモ受容器も一緒でしょ。

「目にみえないが、あると想定され、運用される」と仮想真理で設定された物でしょ。

古典的ツボもそうだし、神経的な未知受容器もそうだし、
古典でも科学駆使でも、結局同じことなのよ。

新着レスの表示
レスを投稿する