X



トップページハゲ・ズラ
744コメント1165KB
プロペシア(フィナステリド)の副作用や後遺症32
0001毛無しさん
垢版 |
2022/02/06(日) 12:39:02.87ID:odSJwy5c
2012年8月、アメリカでポストフィナステリド症候群財団(PFS)が設立されました。
http://www.pfsfoundation.org/

この財団の役割はフィナステリド症候群が身体に及ぼすリスクや薬の服用を中止してもなぜ発生するのか。
全世界で取り組まれているフィナステリド症候群の治療の臨床データの情報収集をおこなうことで有効性や治療方法の研究に役立てることが目的です。

EUですでに3年前に確認されていたフィナステリド症候群がイギリスに情報が伝わり問題視されたのが2010年。EUやイギリスのフィナステリドの注意書きの追記などがアメリカで話題になったのが2011年。
その後、1年をかけて2012年にアメリカで注意書きの追記やメディアで話題となりましたがフィナステリド症候群が各国に広がるきっかけとなったのは一般の方達の間での情報共有や個人や団体がフィナステリド症候群に対してのHPを開設したことがきっかけです。

日本では未だに一般の方達にもその情報が知られておらず、海外の訴訟や注意書きの追記も報道されておりません。これまで繰り返し海外のフィナステリドの事情などをご紹介して参りましたが一部の方達には医師からも説明もなく、他で報道を目にすることもないこと。
アメリカは元々訴訟大国だから裁判も大げさなのではないかというご意見をお持ちの方もおられるようですがそれであればポストフィナステリド症候群財団など設立されることがあるでしょうか?

何より、今後は各方面の医師や研究者が設立したPFS財団に各国の情報が集約されることでフィナステリドの安全使用、後遺症が出た際の治療法など今後の研究に役立つ情報が集まる事で様々な研究にも大きく役立ちます。

ひとつ心配なのがフィナステリドの後遺症や副作用の情報を全く把握していない日本の医師にどのようにしてフィナステリド症候群という症状が周知され、このような財団の存在を知るかによって日本でのPFSの患者を減らすことができるかが大きく影響すると思います。
0694毛無しさん
垢版 |
2024/03/29(金) 08:06:20.79ID:WroSii6R
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-meds-and-a-striking-increase-in-suicides/
0695毛無しさん
垢版 |
2024/03/29(金) 19:46:36.80ID:WroSii6R
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-meds-and-a-striking-increase-in-suicides/
0696毛無しさん
垢版 |
2024/03/30(土) 20:43:43.11ID:FT3tL/N9
5α還元酵素阻害薬でうつ病のリスクが上昇

70歳を超える男性のおおよそ4人に1人に、良性前立腺過形成(前立腺肥大)の症状が見られる。
欧米のガイドラインは、前立腺肥大による下部尿路症状に対する薬物療法として5α還元酵素阻害薬(5ARI)の適用を推奨している。
カナダWestern UniversityのBlayne Welk氏らは、5ARIの使用を開始した66歳以上の前立腺肥大患者と条件がマッチする男性を比較して、5ARIが自傷とうつ病のリスクを上昇させると報告した。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201704/550875.html
0697毛無しさん
垢版 |
2024/04/03(水) 09:45:19.24ID:uk+uqAGH
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0698毛無しさん
垢版 |
2024/04/04(木) 06:51:45.95ID:CI/S/eC9
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0699毛無しさん
垢版 |
2024/04/04(木) 10:34:50.73ID:CI/S/eC9
5α還元酵素阻害薬でうつ病のリスクが上昇

70歳を超える男性のおおよそ4人に1人に、良性前立腺過形成(前立腺肥大)の症状が見られる。
欧米のガイドラインは、前立腺肥大による下部尿路症状に対する薬物療法として5α還元酵素阻害薬(5ARI)の適用を推奨している。
カナダWestern UniversityのBlayne Welk氏らは、5ARIの使用を開始した66歳以上の前立腺肥大患者と条件がマッチする男性を比較して、5ARIが自傷とうつ病のリスクを上昇させると報告した。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201704/550875.html
0700毛無しさん
垢版 |
2024/04/05(金) 08:37:00.28ID:Y5ysfC/o
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0701毛無しさん
垢版 |
2024/04/05(金) 09:11:43.72ID:Y5ysfC/o
5α還元酵素阻害薬でうつ病のリスクが上昇

70歳を超える男性のおおよそ4人に1人に、良性前立腺過形成(前立腺肥大)の症状が見られる。
欧米のガイドラインは、前立腺肥大による下部尿路症状に対する薬物療法として5α還元酵素阻害薬(5ARI)の適用を推奨している。
カナダWestern UniversityのBlayne Welk氏らは、5ARIの使用を開始した66歳以上の前立腺肥大患者と条件がマッチする男性を比較して、5ARIが自傷とうつ病のリスクを上昇させると報告した。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201704/550875.html
0702毛無しさん
垢版 |
2024/04/05(金) 21:17:19.50ID:Y5ysfC/o
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0703毛無しさん
垢版 |
2024/04/07(日) 08:39:19.66ID:24XhUY3K
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0704毛無しさん
垢版 |
2024/04/08(月) 09:50:37.90ID:k+LEYevL
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0705毛無しさん
垢版 |
2024/04/09(火) 09:23:11.53ID:GkXIg0D5
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0706毛無しさん
垢版 |
2024/04/11(木) 07:57:06.61ID:ntT1PFLg
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0707毛無しさん
垢版 |
2024/04/11(木) 08:32:31.78ID:ntT1PFLg
フィナステリド製造会社オルガノンは、連邦政府が義務付けたレッドボックス警告に従うことなく、フランスのプロペシア市場から撤退した。
しかし、ジェネリック医薬品は、自社製品が「精神障害および/または性障害を引き起こす可能性がある」という正面からの開示にも動じることなく、
そのままである。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-medsand-a-striking-increase-in-suicidessays-new-research/
プロペシアの性的・精神神経的副作用を葬り去ろうとするフランスの抵抗は、どうやらこの薬の製造業者には手に負えないことが証明されたようだ。
医薬品規制当局ANSMはニュースアップデートを発表し、フィナステリド製剤の先発品であるプロペシアとプロスカーを所有するメルク・アンド・カンパニー
のスピンオフ企業であるオルガノン社(NYSE:OGN)が、"2023年1月31日をもってプロペシア1mg(84錠)の販売を中止し、2023年4月27日をもってプロペシア1mg(28錠)の販売を中止した "と発表した。
0708毛無しさん
垢版 |
2024/04/11(木) 17:44:52.75ID:ntT1PFLg
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0709毛無しさん
垢版 |
2024/04/11(木) 19:38:27.41ID:ntT1PFLg
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0710毛無しさん
垢版 |
2024/04/14(日) 08:51:53.63ID:smDT5oJa
フィナステリド製造会社オルガノンは、連邦政府が義務付けたレッドボックス警告に従うことなく、フランスのプロペシア市場から撤退した。
しかし、ジェネリック医薬品は、自社製品が「精神障害および/または性障害を引き起こす可能性がある」という正面からの開示にも動じることなく、
そのままである。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-medsand-a-striking-increase-in-suicidessays-new-research/
プロペシアの性的・精神神経的副作用を葬り去ろうとするフランスの抵抗は、どうやらこの薬の製造業者には手に負えないことが証明されたようだ。
医薬品規制当局ANSMはニュースアップデートを発表し、フィナステリド製剤の先発品であるプロペシアとプロスカーを所有するメルク・アンド・カンパニー
のスピンオフ企業であるオルガノン社(NYSE:OGN)が、"2023年1月31日をもってプロペシア1mg(84錠)の販売を中止し、2023年4月27日をもってプロペシア1mg(28錠)の販売を中止した "と発表した。
0711毛無しさん
垢版 |
2024/04/17(水) 20:17:30.92ID:Bg343cap
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0712毛無しさん
垢版 |
2024/04/19(金) 06:08:40.25ID:9ujg2zsu
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0713毛無しさん
垢版 |
2024/04/19(金) 08:40:53.13ID:9ujg2zsu
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0714毛無しさん
垢版 |
2024/04/21(日) 09:25:21.07ID:wPcmi2dl
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0715毛無しさん
垢版 |
2024/04/23(火) 09:53:33.03ID:RlzUV1jk
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0716毛無しさん
垢版 |
2024/04/25(木) 05:15:31.70ID:d8azf/za
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0717毛無しさん
垢版 |
2024/04/25(木) 09:00:21.86ID:d8azf/za
5α還元酵素阻害薬でうつ病のリスクが上昇

70歳を超える男性のおおよそ4人に1人に、良性前立腺過形成(前立腺肥大)の症状が見られる。
欧米のガイドラインは、前立腺肥大による下部尿路症状に対する薬物療法として5α還元酵素阻害薬(5ARI)の適用を推奨している。
カナダWestern UniversityのBlayne Welk氏らは、5ARIの使用を開始した66歳以上の前立腺肥大患者と条件がマッチする男性を比較して、5ARIが自傷とうつ病のリスクを上昇させると報告した。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201704/550875.html
0718毛無しさん
垢版 |
2024/04/25(木) 18:00:01.04ID:d8azf/za
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0719毛無しさん
垢版 |
2024/04/26(金) 07:20:06.16ID:sszhcsRx
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0720毛無しさん
垢版 |
2024/04/28(日) 08:17:46.51ID:ZEiYIamR
脱毛症のためにフィナステリドを使用している若い男性は、一般的な人よりも自殺しやすい可能性があると新しいファーマコビジランス研究は述べています。

新しいファーマコビジランス調査によると、脱毛のためにフィナステリドを使用している45歳以下の男性は、自殺念慮を経験したり、自殺を計画したり、自殺を試みる可能性が3倍高くなっています。
このような自殺行為のリスクは、ミノキシジルやデュタステリドを含む他の脱毛症治療薬を使用している男性の間でよりも 63 % 高かった、データが示された。
タイトル調査の自殺行為と心理的有害事象の患者の治療と題されたこの研究は JAMA 皮膚科で発表されました。
研究チームは、フィナステリドを服用している脱毛症の若い男性には、自殺行為や心理的有害事象の増加に対する統計的に有意な安全性のシグナルがあることを発見した。しかし、これらの安全性シグナルは、BPHのためにフィナステリドの高用量を服用している高齢男性には見られなかった。

"VigiBaseでフィナステリドと関連した自殺傾向と心理的有害事象の解析を行ったのは、我々の知る限りではこれが初めてである」とTrinh博士は書いている。
"ポストフィナステリド症候群の精査が進む中で、我々の探索的な知見は、若い患者のフィナステリド使用による有害事象をさらに調査する必要性を浮き彫りにしています。

http://www.pfsfoundation.org/news/young-men-using-finasteride-for-alopecia-may-be-more-suicide-prone-than-the-general-population-says-new-pharmacovigilance-research/
0721毛無しさん
垢版 |
2024/04/30(火) 20:54:30.85ID:9/TQ0QKf
脱毛症のためにフィナステリドを使用している若い男性は、一般的な人よりも自殺しやすい可能性があると新しいファーマコビジランス研究は述べています。

新しいファーマコビジランス調査によると、脱毛のためにフィナステリドを使用している45歳以下の男性は、自殺念慮を経験したり、自殺を計画したり、自殺を試みる可能性が3倍高くなっています。
このような自殺行為のリスクは、ミノキシジルやデュタステリドを含む他の脱毛症治療薬を使用している男性の間でよりも 63 % 高かった、データが示された。
タイトル調査の自殺行為と心理的有害事象の患者の治療と題されたこの研究は JAMA 皮膚科で発表されました。
研究チームは、フィナステリドを服用している脱毛症の若い男性には、自殺行為や心理的有害事象の増加に対する統計的に有意な安全性のシグナルがあることを発見した。しかし、これらの安全性シグナルは、BPHのためにフィナステリドの高用量を服用している高齢男性には見られなかった。

"VigiBaseでフィナステリドと関連した自殺傾向と心理的有害事象の解析を行ったのは、我々の知る限りではこれが初めてである」とTrinh博士は書いている。
"ポストフィナステリド症候群の精査が進む中で、我々の探索的な知見は、若い患者のフィナステリド使用による有害事象をさらに調査する必要性を浮き彫りにしています。

http://www.pfsfoundation.org/news/young-men-using-finasteride-for-alopecia-may-be-more-suicide-prone-than-the-general-population-says-new-pharmacovigilance-research/
0722毛無しさん
垢版 |
2024/05/01(水) 20:24:49.51ID:kUB7VxwL
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0723毛無しさん
垢版 |
2024/05/01(水) 21:20:04.75ID:ZUSMorKS
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0724毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 03:50:36.92ID:rkoG95KU
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0725毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 06:58:20.71ID:rkoG95KU
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0726毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 08:28:10.08ID:rkoG95KU
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0727毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 10:06:13.15ID:rkoG95KU
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0728毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 12:37:14.92ID:rkoG95KU
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0729毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 12:37:32.63ID:rkoG95KU
2018年にサウジの医療関係者にフィナステリド患者の自殺念慮を警告、機密文書で明らかに
2021年にサウジアラビアFDAからフィナステリドと糖尿病の因果関係の安全性シグナルが発出される
https://www.pfsfound...tial-document-shows/

医療従事者に向けた2018年の機密文書で、メルク・アンド・カンパニーのサウジアラビア法人は、フィナステリド患者が不安、うつ、自殺念慮を含む精神的症状に注意して観察する必要があると警告しました。
Direct Healthcare Professional Communication(DHPC)と呼ばれ、メルク・シャープ&ドーム科学事務所サウジアラビア薬事部長アブドゥイラ・アル・マリック氏(以下、同氏)が発表した警告は、
"フィナステリド含有医薬品(1mgおよび5mg用量)による性的機能不全および精神障害の可能性リスクと患者への通知に関する推奨 "と題されたものである。
0730毛無しさん
垢版 |
2024/05/02(木) 14:42:25.35ID:rkoG95KU
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-meds-and-a-striking-increase-in-suicides/
0731毛無しさん
垢版 |
2024/05/03(金) 04:48:40.12ID:XoQ7SFGl
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-meds-and-a-striking-increase-in-suicides/
0732毛無しさん
垢版 |
2024/05/03(金) 08:11:26.37ID:XoQ7SFGl
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。

http://www.pfsfoundation.org/news/in-addition-to-blocking-5%ce%b1-r-finasteride-inhibits-adrenaline-production-possibly-inducing-sexual-and-psychological-side-effects-new-research-suggests/
0733毛無しさん
垢版 |
2024/05/04(土) 09:00:11.94ID:UHD0N3Ed
PFS患者の陰茎皮膚組織における遺伝子発現調査で、3,764個の遺伝子の発現に有意な差があることが判明

このたび、ベイラー医科大学(BCM)の研究チームは、PFS患者が経験する性機能障害の原因として、遺伝子発現の違いを考慮し、実証した初めての研究結果を発表しました。
PFS患者は、対照群と比較して、1,446個の遺伝子が有意に過剰発現(アップレギュレーション)し、2,318個の遺伝子が有意に不足発現(ダウンレギュレーション)していました。
PFS患者の陰茎皮膚組織において、これらの発現量の異なる遺伝子が確認されたことで、PFSの症状の発現に関連する可能性のある生物学的経路が特定されました。

遺伝子の発現とは、DNAが複製されてRNAが生成され、そのRNAが最終的にタンパク質を生成して、人の臓器や器官系の発生や機能をつかさどるプロセスのことです。

Differential Gene Expression in Post-Finasteride Syndrome Patientsと題された本研究は、2021年7月8日にThe Journal of Sexual Medicineのオンライン版に掲載されました。

http://www.pfsfoundation.org/news/gene-expression-study-in-the-penile-skin-tissue-of-pfs-patients-finds-significant-differences-in-the-expression-of-3764-genes/
0734毛無しさん
垢版 |
2024/05/05(日) 09:44:02.58ID:sIey+cx9
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。

https://www.pfsfoundation.org/news/neuropsychiatric-side-effects-for-finasteride-housed-on-fda-database-show-disproportionate-safety-signals-compared-to-control-meds-and-a-striking-increase-in-suicides/
0735毛無しさん
垢版 |
2024/05/07(火) 10:57:02.35ID:yr5e6/IA
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。
0736毛無しさん
垢版 |
2024/05/09(木) 14:23:06.49ID:qI2oKWLT
医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトの情報をお寄せください

一般用医薬品をインターネット上で販売するためには、薬局又は店舗販売業の許可が必要です。(医薬品医療機器等法第24条)
処方せん医薬品は、医師又は歯科医師からの処方せんなしに入手することはできません。(医薬品医療機器等法第49条)
医薬品医療機器等法に基づいて承認等を受けた医薬品、医療機器でなければ、日本で販売することはできません。
※海外で承認等されている医薬品等であっても、日本で販売するためには日本の医薬品医療機器等法に基づいた承認等が必要です。
上記に違反している疑いのあるインターネットサイトを発見された方は、販売サイトの所在地のある地方自治体又は厚生労働省までご連絡ください。(ただし、動物用医薬品は除きます。)
下記のいずれかの方法でご連絡ください。

ア.「あやしいヤクブツ連絡ネット」に電話で連絡。
連絡先 : 03-5542-1865
イ.厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課にメールで連絡。
下記を参考にメールを作成してください。
メールアドレス:yakuji-net@mhlw.go.jp
件名 : 「医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトについて」 
本文 :下記のテンプレートを貼り付けて記入してください。不明部分は空欄で送付してください。
0737毛無しさん
垢版 |
2024/05/12(日) 08:36:42.85ID:rHIvlL46
医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトの情報をお寄せください

一般用医薬品をインターネット上で販売するためには、薬局又は店舗販売業の許可が必要です。(医薬品医療機器等法第24条)
処方せん医薬品は、医師又は歯科医師からの処方せんなしに入手することはできません。(医薬品医療機器等法第49条)
医薬品医療機器等法に基づいて承認等を受けた医薬品、医療機器でなければ、日本で販売することはできません。
※海外で承認等されている医薬品等であっても、日本で販売するためには日本の医薬品医療機器等法に基づいた承認等が必要です。
上記に違反している疑いのあるインターネットサイトを発見された方は、販売サイトの所在地のある地方自治体又は厚生労働省までご連絡ください。(ただし、動物用医薬品は除きます。)
下記のいずれかの方法でご連絡ください。

ア.「あやしいヤクブツ連絡ネット」に電話で連絡。
連絡先 : 03-5542-1865
イ.厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課にメールで連絡。
下記を参考にメールを作成してください。
メールアドレス:yakuji-net@mhlw.go.jp
件名 : 「医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトについて」 
本文 :下記のテンプレートを貼り付けて記入してください。不明部分は空欄で送付してください。
0738毛無しさん
垢版 |
2024/05/15(水) 11:04:47.99ID:RK5KGr40
医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトの情報をお寄せください

一般用医薬品をインターネット上で販売するためには、薬局又は店舗販売業の許可が必要です。(医薬品医療機器等法第24条)
処方せん医薬品は、医師又は歯科医師からの処方せんなしに入手することはできません。(医薬品医療機器等法第49条)
医薬品医療機器等法に基づいて承認等を受けた医薬品、医療機器でなければ、日本で販売することはできません。
※海外で承認等されている医薬品等であっても、日本で販売するためには日本の医薬品医療機器等法に基づいた承認等が必要です。
上記に違反している疑いのあるインターネットサイトを発見された方は、販売サイトの所在地のある地方自治体又は厚生労働省までご連絡ください。(ただし、動物用医薬品は除きます。)
下記のいずれかの方法でご連絡ください。

ア.「あやしいヤクブツ連絡ネット」に電話で連絡。
連絡先 : 03-5542-1865
イ.厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課にメールで連絡。
下記を参考にメールを作成してください。
メールアドレス:yakuji-net@mhlw.go.jp
件名 : 「医薬品医療機器等法違反の疑いがあるインターネットサイトについて」 
本文 :下記のテンプレートを貼り付けて記入してください。不明部分は空欄で送付してください。
0739毛無しさん
垢版 |
2024/05/16(木) 09:54:19.09ID:GE+wEpVo
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。
0740毛無しさん
垢版 |
2024/05/17(金) 04:53:01.17ID:eXxvAmME
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。
0741毛無しさん
垢版 |
2024/05/19(日) 08:38:37.14ID:kfcq9oBa
5α還元酵素阻害薬でうつ病のリスクが上昇

70歳を超える男性のおおよそ4人に1人に、良性前立腺過形成(前立腺肥大)の症状が見られる。
欧米のガイドラインは、前立腺肥大による下部尿路症状に対する薬物療法として5α還元酵素阻害薬(5ARI)の適用を推奨している。
カナダWestern UniversityのBlayne Welk氏らは、5ARIの使用を開始した66歳以上の前立腺肥大患者と条件がマッチする男性を比較して、5ARIが自傷とうつ病のリスクを上昇させると報告した。

https: //medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/201704/550875.html
0742毛無しさん
垢版 |
2024/05/23(木) 07:04:18.29ID:hc7pRF8x
デュタステリド、フィナステリドで2型糖尿病の発症リスクが約30%上昇

http: //www.carenet.com/news/journal/carenet/47868
CPRDでは、追跡期間中央値5.2年(SD 3.1年)で、2型糖尿病の新規発症は2,081例確認された(デュタステリド群368例、フィナステリド群1,207例、タムスロシン群506例)。
1万人年当たりの発症頻度は、デュタステリド群76.2(95%信頼区間[CI]:68.4〜84.0)、フィナステリド群76.6(95%CI:72.3〜80.9)、タムスロシン群60.3(95%CI:55.1〜65.5)であった。
タムスロシン群と比較し、デュタステリド群(補正後ハザード比[HR]:1.32、95%CI:1.08〜1.61)およびフィナステリド群(1.26、1.10〜1.45)は、2型糖尿病リスクの中程度の増大が確認された。
0743毛無しさん
垢版 |
2024/05/25(土) 10:46:44.70ID:yeIRUQMY
フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました

FAERS(有害事象報告システム)に基づく新しい研究によると、フィナステリドの使用は、2つの対照薬と比較して、平均して23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があることがわかりました: フィナステリドの使用は、うつ病に関連するベータ遮断薬であるインデラルと、脱毛症の治療に用いられるカリウムを節約する利尿薬であるスピロノラクトンという2つの対照薬に比べ、平均23倍もうつ病や不安症を誘発する可能性があります。

同じ指標で、フィナステリドの使用は、不眠、疲労、自殺、自殺をもたらす可能性が9倍である。

タイトルは「フィナステリドの精神神経反応: エルサレム・ヘブライ大学名誉教授であるMayer Brezis医学博士による1,100語の論文は、先月、Journal of Basic and Clinical Pharmacy誌に掲載されました。
0744毛無しさん
垢版 |
2024/05/29(水) 22:45:46.13ID:AhSW9SsO
フィナステリドは、5α-Rを阻害するだけでなく、アドレナリンの分泌を抑制し、性的および心理的な副作用を引き起こす可能性があることが、新しい研究で示唆された。
フィナステリド服用者の自殺念慮や自殺行動を起こすリスクは、一般集団と比べて51%高いことが別の研究で示された。

ミラノ大学で行われたPFS財団主催の研究のフェーズVでは、5α還元酵素(5α-R)阻害剤であるフィナステリドが、主に副腎に存在する酵素である
フェニルエタノールアミンN-メチル基転移酵素(PNMT)も阻害することが明らかになりました。
本研究は、Journal of Medicinal Chemistry誌に今月掲載された。
これとは別に、199,454人の被験者を対象とした新しいメタアナリシスでは、フィナステリドの使用が「臨床的うつ病と有意に関連」し、「自殺念慮および自殺行動のリスクが増加することを強く示唆する証拠」が示されています。

フィナステリドのPNMT阻害作用は、生きた雄ラットを用いて、副腎内のノルエピネフリンとエピネフリン(別名アドレナリン)の濃度を分析することで検証されました。
PNMTは、主にノルエピネフリンからエピネフリンへの変換を触媒し、主にストレス反応に関与しています。エピネフリンは、気分の変化やうつ状態と強い相関関係がある。
また、いくつかの研究では、このホルモンが勃起の制御に関与していることが示されている。
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況