ロケット総合スレ23

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 16:07:38.09ID:7xvNGHJH
国産から海外、過去、現在、未来、ありとあらゆるロケットの総合スレです。
専用スレがある話題でも、他との比較や総合的な話題など必要な場合は適宜こちらで。
(ロケットと直接関係の無いペイロード(衛星)そのものの話は、人工衛星スレなどで)

過去スレ
ロケット総合スレ21
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/galileo/1503317677/

※前スレ22
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1514467325/

2名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 16:08:10.84ID:7xvNGHJH
一物

3名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 16:10:43.49ID:7xvNGHJH
関連スレ 早く埋めろ馬鹿w
ロケット総合スレ20
http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1494209820/

4名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/24(火) 18:19:59.79ID:j16vOuvn
酸化剤に液体酸素じゃなくて液体フッ素使ったほうが高性能化するのでは?
推力も比推力もフッ素のほうが上がるはず

5名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/25(水) 23:46:01.75ID:Csy2eeNr
人類はいつになったら
宇宙船を作るのだろうか。
現在の技術でも製造は可能でしょう?
まずは宇宙船一号機を製造しないと進化しないよ

6名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 01:21:05.04ID:bH7VI2Pl
>>4
> 酸化剤に液体酸素じゃなくて液体フッ素使ったほうが高性能化するのでは?

フッ素は腐蝕性・反応性が非常に強く猛毒で液体酸素よりも桁違いに扱いが難しい
水素を燃料とする場合に発生する燃焼ガスのフッ化水素も強い毒性があり人体に対する腐蝕性もある(骨を蝕み強烈な痛みを生ずる)

従って、種子島のような有人の島でのロケット発射など全く論外になり陸地から遠く離れた完全な無人の孤島でしかロケット発射できない
発射管制も遠く離れた地からのリモートでやらざるを得ないしロケット発射の準備も最低でも燃料・酸化剤注入の段階からは発射島全体を完全無人化しロボット化せねばならない

発射島は完全無人でロボットが遠隔操作によって準備作業をする、こりゃまた全く現実味のない与太話になっちゃうね

「液体フッ素」なんて簡単に書く奴は技術的な問題について何も知らないということが丸分かり

7名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 01:46:16.09ID:bH7VI2Pl
>>6補足

フッ素がどれほど反応性が高い(酸化力が強い)かを分かり易く示す典型的な例は、
水にフッ素ガスを吹きかけると水が燃える(酸素が追い出されてフッ化水素が生成される)という燃焼反応だ

またフッ化水素は二酸化ケイ素つまりガラスやケイ酸系のセラミックスを容易に腐蝕するので
わずかでも水分があるとフッ素ガスは水分と反応してフッ化水素を作りガラスを腐蝕するのでガラスやセラミック容器も危険で使えない
もちろんほとんどの金属もフッ素の腐蝕性に耐えることはできないし金や白金でさえ少し高温になるとフッ素と反応してしまう

8名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 08:28:11.91ID:W1mUU0aN
ロシアはソ連時代に研究してみたことがあるという話も聞くが、
有毒燃料大型推進系の経験において並ぶものがなく
原子力利用にもより積極的だったあそこが研究室レベルで止めたということは…ね。

9名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 12:27:07.28ID:sqs+mfIU
宇宙船ってのがスターシップ(恒星間航行船)を指してるなら、まだまだ・・
惑星間なら、スペースXが今作ってるし。

10名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 15:28:02.25ID:bH7VI2Pl
>>8
> ロシアはソ連時代に研究してみたことがあるという話も聞くが、

さすがソ連w という冗談はともかく、現実問題として液体フッ素を酸化剤として使おうとしたら
ロケットエンジンに使える素材はないんじゃないのか?という根本的な問題があるんだよね

液体フッ素を詰める酸化剤タンクは実現性や安全性はともかく原理的にはフッ化炭素樹脂つまりテフロンで完全にコーティングしておけば
フッ素の腐蝕性に耐えられるだろう(でもごく僅かでもコーティングに傷や隙間が生じたらそこからフッ素がタンク構造材である金属を腐蝕してアウト)

でも燃焼で高温に晒されるエンジン部分はフッ素樹脂では耐熱性が全く不足して燃焼の高温で樹脂が分解してしまうから
金属を使わざるを得ないんだが、そんな高温でフッ素の酸化力に耐えられる金属など存在しないんだよね
といって、脆さの問題を何らかの形で解決した上でセラミックをエンジン使おうにも燃焼で生じるフッ化水素でボロボロに溶かされてアウト

というわけで真面目な話、毒性とかの問題を無視したとしても、フッ素を酸化剤として使うロケットってエンジン素材が存在しないんじゃないかと思うんだが
(まあ、窒化硼素BNでロケットエンジンのような巨大な構造物を作れるようになれば可能になるかも知れないが・・・と書いた理由はBNの耐フッ素性を私は知らないからに過ぎない。
CNTは明らかにフッ素の反応性に耐えられないからNG、実際、CNTは酸素を含む通常の空気の雰囲気下でさえ高温になると燃えてしまうので、フッ素ロケットのエンジン素材としては論外)


実用とは関係なく純粋な思考実験として、水素−フッ素ロケットのエンジン素材として「これなら使えそう」って思いついた人がいるなら、アイデアを書いてくれると楽しいんだが

11名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 21:58:25.04ID:E2B8BFAf
>>5
ISSって構成次第で火星にも行けるんじゃなかった?

12名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/26(木) 23:03:25.85ID:UfOOPUac
>>11
無理。
地球低軌道でしかつかえない。

13名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 07:28:36.05ID:qQbaDKpx
ホリエモン号どうよ

14名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 09:59:32.24ID:JLeZVBND
打ち上げ明日だっけ?
成功してほしいな。

15名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 19:23:02.74ID:zkSI062F
>>6
>>7
>>10

アルミは(固体ロケットなどでは)酸素と強く反応するが、
常温ではアルミ表面の酸化被膜が強固なので反応が進まない。

フッ素でも、金属表面のフッ化皮膜が強固なら、使える可能性がある。

https://ci.nii.ac.jp/naid/110003310680/

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcorr1991/42/12/42_12_762/_pdf


ただ、生成物の毒性も高いので、ヒドラジン燃料よりもずっと扱いが大変。

16名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/27(金) 19:41:46.13ID:iyW1Hf3f
理論上は可能でも実用化は不可能

17名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 01:54:14.36ID:7/h99X2m
>>15
> アルミは(固体ロケットなどでは)酸素と強く反応するが、
> 常温ではアルミ表面の酸化被膜が強固なので反応が進まない。
>
> フッ素でも、金属表面のフッ化皮膜が強固なら、使える可能性がある。

レスありがとうなんだが、一つ質問させてくれ

ロケットエンジンの素材としてアルミニウムを使用する場合は、ロケットの燃焼熱による高温に耐えられるのか?
ターボジェットエンジンでさえアルミニウム製のジェットエンジンという例は聞かないし、
ロケットエンジンはジェットエンジンよりも更に高温に晒されると思うんだが(運転時間はずっと短いけれど)

18名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 02:30:40.63ID:aZSOH0tr
>>17

アルミはエンジンには使わないけど,
ロケットのタンクなどの構造材には使われている.
液体酸素タンクに使うためには,アルミの酸化被膜が強固であるという性質が重要.

19名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 03:53:32.07ID:Dwi7LgQp
Chinese Long March 11 Launches Five Video & Hyperspectral Satellites for Zhuhai Constellation
https://spaceflight101.com/long-march-11-launches-satellites-for-zhuhai-constellation/

長征11号による5地球観測衛星の打ち上げ
http://www.sed.co.jp/contents/news-list/2018/04/0426-1.html

長征11号4号機打ち上げ成功
長征11号は、これで4回連続打ち上げ成功

ちなみに長征11号は、固体3段+PBSっていうイプシロンみたいなロケット

20名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 04:05:20.38ID:7/h99X2m
>>18
うん、タンクなら酸化やフッ素化で生ずる被膜が不働態であれば使える可能性が高いから、ご指摘の通りアルミニウムも使えそうだが
>>10で思考実験として質問したのは、水素−フッ素ロケットのタンクではなくてエンジン用の素材は存在するか?という問題

タンクに関してはフッ化物が不働態になり低温脆性のない金属ならば使えるだろうし、テフロンによる完全な内貼りを使う方法も可能だろう
問題はフッ素酸化剤を使うロケットエンジンの素材は存在するか? 水素−フッ素ロケットのエンジンは素材的な実現可能性はあるのか? ということ

21名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 09:45:29.43ID:aZSOH0tr
>>30

インコネルとかハステロイ等なら条件満たすんじゃないか?

http://www.tokkin.co.jp/materials/high_parformance/alloy

HAYNES ®*1 242® *1
705℃までの温度範囲で優れた強度をもつ時効硬化合金。他にも815℃までの
耐酸化特性、低い熱膨張特性、高成形性、さらに高温のフッ素と耐フッ化物環境での
優れた抵抗性を持つ。


他にも金属表面にフッ化物皮膜で腐食の進行が食い止められるものがあるらしい.
ただし,案外水分などありふれたもので,フッ化物皮膜の腐食が進行することがある

http://www.klchem.co.jp/blog/2011/06/post_1499.php

水分が存在すると、フッ化水素酸の生成
により金属の腐食が加速され、ごく微量であっても空気中の水分と反応

22名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 10:17:34.45ID:7i05gAXV
NK-33のターボポンプはアルミだったような

23名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 11:01:55.78ID:cfbtBhFQ
980 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2018/04/28(土) 09:33:43.50 ID:Fbw9eoc3
観測ロケット 「MOMO」2号機打ち上げ延期 29日に
https://mainichi.jp/articles/20180428/k00/00e/040/231000c

ぶはw

24名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 12:50:41.49ID:mqTkjIAF
そんな事態になること自体がトラブルだろ

2510 & 202018/04/28(土) 16:13:53.42ID:7/h99X2m
>>21
ありがとう
ハステロイやインコネルは耐熱合金として有名だから知っていましたが
フッ素やフッ化物に対する耐性もあるのですか、それは知りませんでした

>>22
なるほど、一口にロケットエンジンといえどもターボポンプあたりだと耐熱性の要求は低いということですか

アルミニウムやマグネシウムなどを主体とする軽合金は(例えばスチールなどと比べて)耐熱性に難があるので
超音速機でも例えばマッハ3クラスになると空力加熱による高温で強度が保てなくなるので
そういう高マッハ機の機体外板にはチタン(SR-71など)やスチール(XB-70など)を使うというのは知っていたので
空力加熱より更に高温になるロケットエンジンのノズルなどはフッ素を使う場合にはどういう素材が可能性があるのか
それともそもそも可能性がない(素材が存在し得ない)のか実用を離れて純粋に知的な好奇心からの興味があったのです

お二人とも御教示ありがとうございました
他の方も何か御存知なら教えて下さると幸いです

26名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 17:58:18.85ID:LKuUd3eX
ガソリンスタンドみたいな感じで
中継基地みたいなものを
宇宙空間にいくつか作らないとね。

地球を出たところに
宇宙ステーションを用意して
そこで燃料や酸素や食料を補充して
火星に向かって宇宙航行
火星のそばにも宇宙ステーションがあって
そこでも燃料や食料を補充して地球に帰ってくる

27名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/28(土) 18:18:51.47ID:aZSOH0tr
ロケットエンジンの主燃焼室が再生冷却される場合,
そこに使われる材料は耐熱性が不十分でも熱伝導度が高ければよい.

たとえば LE-7/LE-7A では銅合金が使われている.
銅の融点は1084.62 °C で金属でも低融点だが,熱伝導度の高さがこれを補っている.
なお,冷却溝と主燃焼室の内側の壁は薄く,1-3 mm 程度


次世代の RL10 でも銅合金が使われている.

3Dプリントでロケットエンジンを改良——部品数を90%以上削減、数カ月の期間短縮に
https://fabcross.jp/news/2017/20170519_aerojet_rocketdyne.html


3Dプリンタで製造されたRL10の推力室は、現行のモデルRL10C-1の後継品として
利用される見込みだ。RL10C-1は、複数のステンレスの鋼鉄管を非常に複雑に
組み合わせており、製造に数カ月かかる。一方、3Dプリンタで作るRL10は2つの
銅合金パーツだけで作られており、1カ月以内に製造可能だ。部品点数を比べると、
90%以上削減することになるという。

[中略]

3Dプリンタのもう一つの利点は、熱伝導率の向上だ。3Dプリンタの使用により、
熱伝導率が高いロケットエンジンの設計と製造ができる。

========================

この記事の後半はおかしい.
熱伝導率の向上は銅合金の採用の為だろう.

28名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 05:12:48.56ID:jkEZK3JX
https://twitter.com/natsuroke/status/990319543024214016
機体搭載バルブ駆動用窒素ガスの圧力が異常値を示したため、
打上げ準備手順を中止し逆行手順に入ります。

29名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 06:24:31.20ID:KV7mcDzq
こっちもEA充填するか

30名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 06:37:48.99ID:AbaUHqQU
984 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2018/04/29(日) 04:59:00.83 ID:ZCAhxeeT
燃料系トラブル
延期....
次は11:00〜12:30の打ち上げ予定....
堀江モモw

31名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 09:11:08.04ID:AbaUHqQU
988 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/04/29(日) 08:22:52.47 ID:rarVL2Hw
30日以降に延期
いろいろとあるよね

32名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 09:32:21.20ID:KV7mcDzq
飛ばないことが検知できるだけでも大したもんだ

33名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 09:39:59.35ID:AbaUHqQU
543210123で飛ばない場合もw
発射って実は数日前の予定で
手順をこなしつつ実際の予定日を待つのだろうなw

34名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 10:34:35.93ID:/FJR601F
>>30
マルチポストうぜえ。大人しく応援できんのか?

35名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 13:40:40.91ID:AbaUHqQU
あんたがうぜー

36名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 16:09:11.01ID:H1JKQIiL
>>35
また「いつもの人」か。
消えなさい。

37名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 18:22:26.00ID:aIFXmbxR
毎回レス番や名前をコピペしてるのもガイジ特有の拘りだろうな
http://hissi.org/read.php/galileo/20180429/QWJhVUhxUVU.html

38名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 19:16:43.26ID:/FJR601F
>>36
は?マルチポストこそいつもの人だろ工作してんじゃねーぞ消えろ。

39名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 19:18:32.97ID:AbaUHqQU
喧嘩しててワロタw

40名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 21:48:07.91ID:BUD5dTUH
ぼくちんのロケットぶっぱなしてやる

41名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/29(日) 22:23:58.26ID:KV7mcDzq
ホリエモンにはロケットマンの称号を授けよう

42名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 08:10:46.12ID:DZEIXcwA
モモ続報w
996 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2018/04/30(月) 06:58:28.39 ID:CZDIyZ9q
なつのロケット団公式@natsuroke

本日23時に行ったGo/NoGo判断の結果、
4月30日に目指していた打上げ実験はNoGoとなりました。
次回の打上げウィンドウは5月3日以降を目指します。
詳細は追って発表いたします

43名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 12:49:49.70ID:8PdVVSlW
いつもの人は毎日朝から晩まで軍板荒しまくってあっちで基地外認定受けてる

44名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 14:45:14.02ID:aomvWYcB
Blue OriginのNew Shepardが有人カプセルを載せて最高高度を達成
https://japanese.engadget.com/2018/04/30/blue-origin-new-shepard/

45名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 15:06:29.74ID:xmt0T9pD
元記事のタイトルがその通りだから仕方ないが"ダミーの.."(原文
"dummy-equipped Crew Capsule .."が反映されないと有人でやったみたいに
錯覚する

46名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 15:27:29.85ID:tZQGR9+2
>>43
常駐監視してるのバレバレっすよvw
誰と勘違いしてるのかな?

兵器なんて一次ソースはほとんどないから、質問サラダでお腹一杯。

47名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 15:56:53.96ID:wZADYNec
わかりやすいなぁいつもの人

48名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 20:30:40.38ID:CZDIyZ9q
なつのロケット団公式@natsuroke

5月3日〜5月5日での実施を目指していた観測ロケット「MOMO」2号機の打上げ実験は、
打上げ準備状況から、本ウィンドウでの実施を見送ることといたしました。
次のウィンドウは夏以降を目指しておりますが、詳細が決まり次第改めて発表いたします。

49名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 20:31:31.07ID:cswNXj2z
ロケットMOMO、打ち上げ夏以降に 「機体万全に」

https://www.asahi.com/articles/ASL4Z1T36L4ZULBJ001.html

50名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 21:14:45.58ID:mX6vHVga
インターステラテクノロジズは修験道の世界だな
小型衛星の軌道投入で本格的商用化する頃には中東か中国のベンチャー
或いは北朝鮮の国営ビジネスに追い抜かれてるんじゃないかと

51名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 21:47:04.07ID:vWbCXa0z
“無駄金”をたくさん使って技術者を育ててきたアメリカとの差が如実に出てるな。

52名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 22:07:38.67ID:CZDIyZ9q
時間はかかるが、最も正しい、正攻法だと思うが。
がんばれMOMO

53名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 22:15:08.46ID:DZEIXcwA
何もしないよりいいw
モモw

54名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 22:31:31.99ID:nkHNYCBu
MOMOは弾道飛行ロケットで商売するらしいが、はたして商売になるのかどうか。
あとCAMUIとかどうなったんだろ?

55名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 23:01:49.92ID:cswNXj2z
インターステラテクノロジーのライバルなら
日本国内でも,
キヤノン電子の SS520 改
九工大の有翼ロケット(サブオービタル,エンジンは JAXA/IHI)
JAXA の再使用観測ロケット(サブオービタル)
とあるな.

あえていえば,JAXA とは独立に開発をしていることだが,
それがメリットになるかデメリットになるか?

56名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 23:27:48.84ID:itYvCnQp
公費を使うと必ず何かしらのしがらみが発生するから、そういうのに囚われにくい手段があってもいいじゃない

57名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/30(月) 23:48:28.21ID:cswNXj2z
SpaceX はベンチャー企業ではあるけど,NASA 他から公費を受け取ってはいる.
その種のしがらみとは一番遠いのは,Blue Origin というところか.

だが,両社とも,投資規模が違いすぎて適切な比較にならないか.

58名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:21:51.22ID:G9MJLk2b
自動車会社作るときに、馬車から始める人はいないのに、
なんでホリエモンロケットは馬車から始めるようなことやってるんだ?

いきなり自動車作ればいいのに

59名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:26:45.17ID:m1acfPBq
>>58
弾道ロケットMOMOではなく、いきなり衛星打ち上げロケットZEROを打ち上げるべきだと?
さすがにそれは無理だろ。

60名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:28:41.10ID:ZK1B1/7U
>>58
マスクやベソス程金が無いからだろう。
小さいロケットで実績作って投資を呼び込むんじゃね?
マスクもベソス程金無いからファルコン1から始めてるしね。

61名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:29:29.20ID:m1acfPBq
>>55
> キヤノン電子の SS520 改
> 九工大の有翼ロケット(サブオービタル,エンジンは JAXA/IHI)

この二つはどれだけ本気なのかいまいちわからん。
九工大のやつは大学の研究として研究費もらいながらこつこつやるのはわかるが、本気でなにか商業的なものをめざしているのだろうか?

62名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:29:41.86ID:ZK1B1/7U
ベソスじゃなくてベゾスだ

63名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:32:04.41ID:RUXDchfB
>>58
慎重なんだよw堀江ってw

64名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:38:41.07ID:m1acfPBq
CAMUI型ハイブリッドロケットの 開発と事業化計画
http://www8.cao.go.jp/space/comittee/27-housei/housei-dai2/siryou6-1.pdf

CAMUIロケットの一番新しい資料。
2015年作成。
とりあえず続いているのかな?

65名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:41:23.58ID:m1acfPBq
MOMO2に関しては打ち上げが一ヶ月伸びるのは特に問題じゃない。
問題は、MOMO2の打ち上げが失敗した場合。
資金が続かないんじゃないだろうか。

66名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 00:43:31.33ID:kcYFgGP5
>>61

>> キヤノン電子の SS520 改

串本町など,自前の射場の手当てから始めているところから結構本気かも.
日本の既存の射場では SSO 不利

ロケット自体については,固体ロケットで 10 t クラスなら
TR-1A
等実績はある.簡便な誘導制御としてラムライン姿勢制御
また,キヤノン電子の他のパートナーとして IHI が入っているので
ロケット本体開発の算段はつけているのだろう.

アビオニクスの軽量化,低価格化はキヤノン電子担当

67名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 01:21:33.73ID:DnkzAgYc
MOMO2号機現地取材 - 不具合原因はレギュレータまわりの設計ミス、30日の再打ち上げへ https://news.mynavi.jp/article/20180429-624206/

試験し続けてても
実際に打ち上げ直前でないと
わからないことってあるんだなあ


なお続報で今回のウィンドウでは難しいかもと報道

MOMO2号機現地取材 - 打ち上げは「万全の態勢を整えてから」、6月以降への延期の可能性も https://news.mynavi.jp/article/20180430-624423/

68名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 01:25:35.38ID:3T/srkDr
>>65
後ろについてる資本家をみるに資金面は大丈夫じゃないかな
MOMOシリーズは打ち上げ頻度・機体生産速度の低さが難だけれど
機体単体を見れば商用化に相当近い完成度になっていそう

TWRが低いおかげでペイロード側に求められる能力がそれほど高くない点がSS-520とは異なる武器だね

69名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 02:05:35.68ID:kcYFgGP5
>>61

九工大の有翼ロケットについては,
今後サブオービタルでも高度 100km 到達で再使用できるものが実証されれば,
企業側からビジネスにしようと申し出があるんじゃないか?

大学発ベンチャービジネスも珍しくないし.

なお,エンジンは過去 CAMUI タイプハイブリッドロケットエンジン使ったとかで,
こだわりはないみたい.

70名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 02:19:41.38ID:fqzyx/cT
>>67
情報が古い

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000016-asahi-soci

71名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 02:25:38.85ID:fqzyx/cT
古いと言うか同じ一次ソースなのになぜか結論が違うのか
と言うか朝日が「6月」を「夏」と評価したのか
まあ朝日だからなあ…

72名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 02:49:06.84ID:3T/srkDr
朝日の肩を持つ気は毛頭ないけれどニュースのWebページはどこも同じ
以前違うメディア二社に対して記事の誤りを指摘したら一応メールで返信があったものの
記事自体はサイレント修正されたことがあった
言い回しレベルのサイレント修正なら読者の指摘を待つまでもなく日常的に行われているし
内容が少し変わる程度でも訂正の断りなんて付けない
記者や編集者は記事作成に期してソース性なんて意識してないし
誤りもまた誤りという事実なのだとは到底考えていない
後から修正が効かない分、便所の落書きの方がソース性高いんじゃないかな?w

どうしてもWebページをソースとして使いたいのならURLだけでなく
撮影日時込みのスクリーンショットを撮っておかないとダメ
基本的にWebページは1次ソースになりえないと思った方がいいよ

73名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 04:04:10.58ID:G9MJLk2b
提携する通信社や報道機関から仕入れて報道する場合、
どこも似たような内容になる

日本の場合、通信社や提携報道機関から仕入れて報道した記事の多くに、
元の会社のクレジットが入ってないために、自社記事と区別がつかない

74名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 07:33:37.99ID:he6C7btq
>>68
MOMO2の打ち上げに失敗したらその資本家が怒りださないかな、と。
ホリエモンだって昔ほど潤沢な資金をもっているわけでもないし、今回の打ち上げのレオスみたいな投資家がどこまでついてくるか。

75名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 07:36:19.56ID:he6C7btq
>>69
> 九工大の有翼ロケットについては,
> 今後サブオービタルでも高度 100km 到達で再使用できるものが実証されれば,

これだな。
日本でもシャトル型が生き残ってほしいから頑張ってほしい。
ただ、大学の研究室の場合、研究費が長期間にわたって出るように進捗を急がない傾向がある。

76名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 08:08:50.00ID:f3ADabVD
>>71
公式ツイッターには、夏となってる

77名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 08:29:03.37ID:toykmqPW
中国は2020年にも再使用ロケットを目指す
http://spacenews.com/china-to-test-rocket-reusability-with-planned-long-march-8-launcher/

長征8型は、SSOに4.5トンを打ち上げる新型ロケットだ。
コアに直径3.35mの長征7型と同じものを使い、
SRBとして、長征11型のコアである(直径2mの)固体燃料ロケットを使う。
上段には直径3mの長征3A型の液水エンジンを使う。

コアはグリッドフィンと着陸脚を装備し、ファルコン9と同様の垂直着陸を行う。
SRBはスペースシャトルのように、パラシュートで回収を目指す。

コアのYF-100ケロシンエンジンは、スロットリングや再利用のために再設計が必要だ。
再利用の経済性には、未だに懐疑的な声が多い。
再利用を実現しているのがスペースX社だけなので、それを検証することも難しい。
昨年の発表によると、中国は2035年までに完全再利用を目指すとも言われる。
激しくなっていく世界での競争を勝ち抜くには、ロケットの打ち上げコストの低減が重要だ。

----------------
http://spacenews.com/wp-content/uploads/2018/04/China-resuable-powerpoint-879x485.png
グリッドフィンとランディングレッグのイラストが見て取れる。
長征6型と7型の能力に差がありすぎるので、その間を埋めるロケットのようだね。
7型の半分〜1/3程度の性能のようだ。
別の資料では、長征8型はLEOに7.6トン、SSOに4.5トン、GTOに2.5トンと、
H3-30型とほぼ同じような性能のようだ。

78名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 08:29:18.04ID:fqzyx/cT
>>58
何をもって「馬車」としてるのかわからんが馬車は自動車の車体に通じるものがあるし
イギリスでは今でも車体だけ作ってエンジンは他メーカーから購入してるところはあるぞ

79名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 08:38:36.18ID:toykmqPW
町工場がいきなりトヨタ自動車と同じものを作るのは無理だろ。
スペースXだって、最初はファルコン1からスタートし、何度も失敗した。
身の丈に合わない無理すると、H-IIみたいになっちゃうよ。

80名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 08:56:46.10ID:h/Yw+uhc
H-2をディスりたいだけ。
中共まで基幹ロケットの再使用を言い出したから、日本も米に遠慮する必要は無くなったな。

81名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 09:07:02.92ID:28T8Riti
いつかは自動車を、と思ってる訳じゃない
それでは金がかかって意味がない

ちょっと移動するなら自転車で十分
でも移動手段が自動車しかない、というシチュエーションで
自転車を作ろうとしている

82名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 11:40:13.61ID:JFIxmMf7
>>81
例えがよくわからん。
衛星打ち上げロケットを目指すのに弾道ロケット作るのは意味がないってこと?

83名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 12:02:56.85ID:RUXDchfB
ミサイルとロケットは名称が違うだけw

84名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 12:27:27.18ID:EhAfWk9y
使用目的が違う

85名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 12:55:58.01ID:3T/srkDr
観測ロケットと軌道投入ロケット共に既にニーズがあるが
圧倒的安さという要素が加われば新しいニーズが生まれる可能性がある
そこに賭けてる会社なんよ
既存市場での競争力は副次的作用でしかない

86名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:02:05.63ID:gd0oTlYv
>>82
ZEROの規模がゴールで、そこからの改良はあっても
国内既存機と競合するようなサイズへの大型化は
考えていないということ。

日本の既存機ではH系が大型トラック、Eが普通車トラックに相当するだろう。
国産機には現状この2ラインしかない。
ISTとNGSRDPは二輪車の国産化を目指していて、
MOMOはISTが技術習得のために作った自転車といったところ。

87名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:08:59.55ID:3T/srkDr
>>84
WW II時代のP-47やベトナム戦争のUH-1が搭載していた空対地ロケットと
AH-64が搭載している空対地ミサイルの使用目的の違いについてkwsk

マジレスすると
ロケットは推進システムの種類を指し
ミサイルは飛ぶ無生物全般を指す
だから
ジェット推進の巡航ミサイルはロケットじゃないし
ロケット推進の車両はミサイルじゃない

88名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:16:35.31ID:gd0oTlYv
ロケットとミサイルの定義は分野や言語ごとにバラバラで統一基準はないし
そこを掘り下げるのは最近の流れからは脱線しているような気がする

89名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:20:47.18ID:28T8Riti
そういう語義も無いことはない、というだけの話で、
一般社会で使いたいならミサイルは軍用だ

90名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:26:18.29ID:3T/srkDr
一般社会という馬鹿のコンテキストを基準にしたら
何の話にもならないだろ

91名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:33:00.26ID:3T/srkDr
トランプ大統領が金正恩を「ミサイルマン」ではなく「ロケットマン」と揶揄したのは
米国は北が開発している物を軍用とみなしていないというメッセージだったのだよ
ΩΩ Ω〈ナ、ナンダッテー

92名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 13:49:01.48ID:RUXDchfB
餅だw

93名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 15:36:53.00ID:LjDrq0hA
>>86
> ZEROの規模がゴールで、そこからの改良はあっても
> 国内既存機と競合するようなサイズへの大型化は
> 考えていないということ。

いいんじゃないの?
競合したら辛いだろ。

94名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 17:14:49.21ID:Yxl02ACD
>>86

NGSRDP ってなに?
もしかして、新世代小型ロケット開発企画株式会社(キヤノン電子,IHI 他出資)の英語略称?

新世代小型ロケット開発企画株式会社は、
事業化の検討を進めて実現性が高くなると、事業会社へ移行の予定らしいから、
会社名称,資本金や出資比率なども変わるはずで、今から略称を使っても何だかなあ。

95名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 17:27:34.75ID:hSkGkQLz
>>85
> 圧倒的安さという要素が加われば新しいニーズが生まれる可能性がある
> そこに賭けてる会社なんよ

ISTの主張は分からんでもないが、肝心の圧倒的安さを実現する手段が示されてない気が…

ライバルに目をやると、JAXAの再使用観測ロケットやランチャーワンは再使用で圧倒的安さを目指しており、
一方エレクトロンなんかは使い捨てでも最新技術でコスト削減を謳っている。
開発が進まないCAMUIですら、お題目としては新技術でコスト削減を謳っている。

それに対して、ISTは枯れた技術でコスト削減しか謳っていない。
新技術系の連中が失敗続きならまだしも、エレクトロンとかが既に実用化されてしまった段階で、
どうやって賭けに勝つ気なのか、全然わからんわ。

96名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 19:54:46.27ID:7A/mRzXK
宇宙用機器は特殊と言われるから普通の民生品主体で作ろうってのがISTのコンセプトでしょ
同じコンセプトで作ったロケットがないから低コスト化が出来るかは未知数なだけで

97名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 20:06:32.94ID:3T/srkDr
>>95
それな
だからライバルがしっかり回りだす前に参入して売り上げ立てないと
どんどん雲行きが怪しくなるのに
失敗を恐れて打ち上げ実験日程を延ばさねばならないほど投資が少ないってのが大問題
まぁライバル同士の潰しあいも自由競争の一面ではあるわけだけども

枯れた技術とは言っても
今回の打ち上げ実験延期はまさに民生品の寄せ集め故に起こったと
いまのところ考えられているね

98名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 20:19:21.40ID:28T8Riti
そうか?
民生品だからって簡単に漏れたりしないだろ
締め忘れとかそんなんじゃないの?

99名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 20:22:33.13ID:nmuj/+gp
>>97
設計ミス、と判断されたのだから打ち上げを中止するのは妥当だろう。
どんなに資金があっても設計ミスと知りながらとりあえず打ち上げるというのはないわ。
打ち上げ中止は躊躇すべきではない。
MOMOがどうやってコストダウンしようとしてるのかはよくわからない。

100名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/01(火) 20:28:08.23ID:7A/mRzXK
H-IIAだって去年コンタミでヘリウムのリークしたから…

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています