報告 [無断転載禁止]©2ch.net

1被害者2017/08/12(土) 07:27:22.16
 
 どこまで卑劣な

 
山口市内が超音波で
 
 
超音波テロの加害者も山口市内!?
 
 

2同定不能さん2017/09/01(金) 18:12:45.31
星野道夫のアラスカ写真展09/01 12:42nhk
アラスカの自然や人々をテーマにした写真やエッセーで世界的に知られている星野道夫
の作品の展示会が江津市で開かれています。
星野道夫は、アラスカの雄大な自然やその中で生きる動物などをテーマにした写真や
エッセーで世界的に人気を集めていましたが、平成8年8月に取材で訪れていた
ロシアのカムチャツカ半島でヒグマに襲われて43歳で亡くなりました。
亡くなって20年がたった去年から、全国各地を巡回する写真展が開催されていて、
江津市の今井美術館でも170点の写真の展示が始まっています。
夕暮れ時に水しぶきを上げながら川を渡っているカリブーの群れを収めた1枚や、
雪の上で授乳しているホッキョクグマの母と子の写真からはアラスカの動物の
生き生きとした暮らしぶりがうかがえます。
また、アラスカの夜空に浮かぶ幻想的なオーロラなど自然現象の貴重な一瞬を切り
取った写真も多く展示されています。この展示会は、9月24日まで開かれています。

3同定不能さん2017/09/02(土) 19:10:19.44
愛大の研究チーム「稍深発地震」の発生メカニズム解明(8月31日19時20分)ebc
「稍(やや)深発地震」と呼ばれるプレート内で発生する地震のメカニズムを愛媛大学
の研究チームらが解明しました。
「稍深発地震」とは深さ50キロ〜300キロに沈み込んでいるプレート内部で頻発
する地震のことで、2001年の芸予地震も稍深発地震とされています。
この地震の発生メカニズムを解明したのは愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター
の研究チームで、高温高圧の状態にあるプレート内部で生まれたひずみの力が、
岩石のもろい層に集中し溶けることで岩石の強度が落ち、地震発生の原因に
つながっていることを明らかにしました。
研究チームでは将来的に地震の発生リスクの測定など防災対策に結びつく可能性
があり、今後の研究に期待がかかります。

4同定不能さん2017/09/16(土) 12:40:20.91
台風17日昼過ぎ最接近の見込み09/15 20:47nhk高松
非常に強い台風18号は、勢力を保ったまま17日日曜日の昼過ぎから夕方にかけて、
県内に最も接近する見込みで、大雨や暴風など大荒れの天気になるおそれがあります。
気象台は土砂災害や暴風、高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、非常に強い台風18号は、15日午後6時には東シナ海を
ゆっくりとした速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間
風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の
暴風が吹いています。
台風は、このあとも東よりに進み、16日の夜以降、非常に強い勢力を保ったまま
九州に接近し、県内には17日日曜日の昼過ぎから夕方にかけて最も接近する見込みです。
県内では16日未明から雨が降り始め、17日の昼過ぎから夕方にかけては、1時間
に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みで、17日の夕方までの48時間に
降る雨の量は、多いところで200ミリ前後と予想されています。
風は16日の夜遅くから強まり、海上では17日朝から、陸上では17日昼過ぎから
夕方にかけて、風速30メートル以上の猛烈な風が吹き、海上は波が高くなる見込みです。
県内では、17日午後9時半過ぎに満潮となるため、海岸や川の河口付近では高潮に
よる浸水や冠水のおそれがあります。
気象台は、土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水や氾濫、暴風、高潮、それに高波
に警戒するとともに、最新の気象情報を確認し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。

5同定不能さん2017/09/16(土) 12:43:22.08
台風18号 17日夕方最接近へ09/15 18:24nhk
非常に強い台風18号は、17日夕方に島根県に最も近づく見込みです。
17日は大雨となる見込みで、気象台は暴風や高波などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、非常に強い台風18号は、東シナ海をゆっくりとした
速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間
風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内では風速25メートル以上の
暴風が吹いています。
松江地方気象台は15日午後、自治体や報道機関向けに台風18号の説明会を開きました。
それによりますと、台風18号が予報円の中心を通った場合、島根県には17日の
夕方から夜のはじめごろにかけてもっとも近づく見込みです。
台風は勢力を維持したまま接近し、県内は17日昼前から暴風域に入る見込みで、
非常に強い風が吹いて大雨となり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水
や氾濫、そして暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。
松江地方気象台の前田潔予報官は「今回の台風は勢力を維持したまま島根県に接近
するとみられるので安全確保のために、早い段階から外出を控え、気象情報に留意
するなど台風に備えてほしい」と呼びかけています。

6同定不能さん2017/09/16(土) 12:43:45.10
台風18号 17日夕方最接近09/15 18:46nhk
非常に強い台風18号は16日の夜以降、九州にかなり接近し、鳥取県には、17日、
日曜日の夕方から夜のはじめ頃にかけて強い勢力を保ったまま最も接近する見込みです。
台風の接近に伴って県内は大荒れの天気になるおそれがあり、気象台は、土砂災害や
暴風などに警戒するとともに、早めの備えを呼びかけています。
気象庁によりますと非常に強い台風18号は、15日午後3時には東シナ海にあって
ゆっくりした速さで北北東に進んでいます。
鳥取県には17日、日曜日の夕方から夜のはじめ頃にかけて強い勢力を保ったまま
最も接近し、▼県内は17日、午前6時頃から強風域に、▼正午ごろから暴風域に
入る見込みです。
境港市の漁港では強い風や波で漁船どうしがぶつかったり流されたりしないよう漁業者
が船をロープで岸壁にしっかりと固定して台風に備えていました。
また、雨は16日昼前から降り始め、16日正午から17日正午までの24時間に降る
雨の量は、多いところで100ミリと予想されています。
その後も1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、降り始めからの雨量は多い
ところで200ミリを超える見込みです。
気象台は、土砂災害や河川の氾濫暴風、高波などに警戒するとともに、最新の台風
情報を確認して早めに備えを進めるよう呼びかけています。

7同定不能さん2017/09/16(土) 16:28:13.46
須崎市、大豊町 避難準備の情報09/16 10:31nhk
高知県須崎市は台風の接近に伴って今後、雨や風が強まるおそれがあるとして、
午前10時に、市内全域の1万1136世帯、2万2556人に「避難準備」の情報
を出して、お年寄りや体の不自由な人などに避難を始めるように呼びかけています。
「避難準備」の情報は、お年寄りや体の不自由な人など移動するのに時間がかかる
人に避難を始めるよう呼びかける情報です。
支援をする人は、この情報が出たら安全な場所に連れて行くなど力を貸してあげて下さい。
速やかに自分で避難できる人は非常用の持ち出し品の用意など準備を始めて下さい。
また、大豊町は台風の接近に伴って今後、雨や風が強まるおそれがあるとして、
正午に、町内全域の2237世帯、3877人に「避難準備」の情報を出してお年寄り
や体の不自由な人などに避難を始めるように呼びかけています。

8同定不能さん2017/09/16(土) 18:04:27.57
台風18号17日の昼から夕方に最接近19:32eat
非常に強い台風18号は、17日日曜日に四国に最も接近する見込みで、気象台が大雨や
暴風、高波などに注意を呼びかけています。
中心気圧950ヘクトパスカルと非常に強い勢力の台風18号は、この勢力を保ちながら、
東シナ海を北北東へゆっくりとした速さで進んでいて、17日日曜日にも四国に最接近
し、上陸する可能性があります。
松山地方気象台によりますと、今回の台風18号は勢力が強いことに加え、停滞する
前線の活動が活発化するため、非常に激しい雨や暴風、高波、高潮が予想され、
気象台は早めの対応を呼び掛けています。

美波町全域に避難準備の情報09月16日 16時42分nhk
徳島県南部の美波町は台風18号が接近し、水害や土砂災害などの発生が想定されるとして、
16日午後4時に町内全域の、3365世帯、7014人に、避難準備の情報を出しました。

松江・台風)交通09/16 12:35nhk
県内の交通機関に影響が出ています。
出雲空港では、日本エアコミューターの午後4時発の福岡行き1便の欠航が決まっています。
その他の便はいまのところ全便とも運行予定だということです。
隠岐空港と石見空港はいずれも通常通り運行しています。
隠岐と松江市などとを結ぶ隠岐汽船の高速船「レインボージェット」は海上のしけのため
午後3時45分に松江市の七類港を出て隠岐へ向かう1便が欠航します。
現在のところ、フェリーは通常通り運航する予定です。

9同定不能さん2017/09/16(土) 18:07:54.69
台風18号17日夜に最接近09/16 12:41nhk
大型で強い台風18号は鳥取県には17日、日曜日の夜のはじめごろから夜遅くにかけて
最も接近する見込みです。
県内は大荒れの天気になるおそれがあり、気象台は、土砂災害や暴風などに警戒すると
ともに早めの備えを呼びかけています。
気象庁の観測によりますと大型で強い台風18号は九州の南西の海上を北東へ進んで
いると見られます。
鳥取県には17日、日曜日の夜のはじめごろから夜遅くにかけて最も接近する見込みで、
あす夕方からは多いところで雷を伴い1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
17日正午までの雨量は多いところで100ミリ、17日正午から18日正午までの雨量は多い
ところで200ミリから300ミリと予想されています。
台風の接近にともなって風も強まり、17日の最大風速は陸上で25メートル、
海上で30メートル、最大瞬間風速は陸上で35メートル、海上で45メートルと予想されています。
波の高さも6メートルとしける見込みです。
台風の接近に備えて湯梨浜町では農家の人たちがまもなく出荷を迎える「王秋」
という品種の梨の木の枝を固定する作業に追われていました。
気象台は、土砂災害や河川の氾濫暴風、高波などに警戒するとともに、
最新の台風情報を確認して早めに備えを進めるよう呼びかけています。

10同定不能さん2017/09/19(火) 13:21:19.99
県中部西部に竜巻注意情報09月17日 11時53分nhk
高知地方気象台は午前11時40分に、高知県中部と西部に竜巻注意情報を発表しました。
気象台は雷や急に風が強くなるなど、積乱雲が近づく兆しがある場合、竜巻や突風に十分注意し、頑丈な建物の中で安全を確保するよう呼びかけています。
また落雷や、ひょう、それに急な強い雨に注意するよう呼びかけています。

台風 交通への影響09月17日 12時01分nhk
台風18号の接近に伴い、高知県内の交通機関に影響が出ています。
高知空港を発着する空の便は、17日と18日の一部の便のあわせて28便ですでに欠航したり、もしくは欠航が決まったりしています。
日本航空が羽田空港を結ぶ3往復6便と福岡空港を結ぶ2往復4便のあわせて10便です。
全日空は、17日の羽田空港を結ぶ7便と、伊丹空港を結ぶ9便、それに、18日の高知と羽田を結ぶ1便と高知と伊丹を結ぶ1便のあわせて18便です。
鉄道は、JR予土線が全線で終日運転を見合わせているほか、JR土讃線も正午から、区間を広げ高知駅と四万十町の窪川駅の間で終日運転を見合わせています。
「土佐くろしお鉄道」は、中村・宿毛線の全線で運転を見合わせています。
ごめん・なはり線でも、午前11時すぎから安芸駅と後免駅の間で運転を見合わせていて、午後0時半以降、全線で運転を見合わせます。
船の便は、宿毛市と大分県佐伯市を結ぶ「宿毛フェリー」が、17日の始発から欠航を決めています。
このほか宿毛市の片島と沖の島を結ぶ定期船、「沖の島航路」は、17日のすべての便の欠航を決めました。
高速バスは、高知と愛媛、徳島、それに香川の四国各地を結ぶ便のほか、大阪や岡山などを結ぶ高速バスが、17日の一部の便の運休を決めています。
路線バスは、高知県東部で運行する「高知東部交通」が、17日の始発からの運休を決めました。
高知県西部で運行する「高知西南交通」は、宿毛市と高知市を結ぶバスのほか、路線バスも17日の始発から運転を見合わせています。
須崎市や梼原町などで運行する「高知高陵交通」も、午前11時ごろからすべての路線で運転を見合わせています。
さらに高知市内の桂浜などの観光地をめぐる「とさでん交通」の『MY遊バス』は、17日のすべての便の運休を決めました。

11同定不能さん2017/09/19(火) 13:21:58.13
台風 各地で避難勧告や避難準備09月17日 12時28分nhk
台風18号の接近に伴って、今後、雨や風が強まるおそれがあるとして、高知県内では
すべての市町村に避難に関する情報が出ています。
速やかに避難するよう促す「避難勧告」が、香美市の全域の1万3006世帯と、
宿毛市の沿岸部の4535世帯。それに大豊町の全域の2237世帯に出されています。
お年寄りや体の不自由な人など移動するのに時間がかかる人に避難を始めるよう呼びかける
「避難準備」の情報も、避難勧告が出ている自治体をのぞき、高知市など、残りのすべての
市町村のいずれも全域に出されています。高知市全域の16万3143世帯。
南国市全域の2万2154世帯。須崎市全域の、1万1136世帯。安芸市全域の8463世帯。
室戸市全域の7589世帯。土佐清水市全域の7466世帯。宿毛市の沿岸部を除く5706世帯。
四万十市全域の1万6549世帯。土佐市全域の1万2431世帯。香南市全域の1万4674世帯。
いの町全域の、1万704世帯。佐川町全域の6129世帯。越知町全域の2880世帯。
大月町全域の2702世帯。黒潮町全域の5561世帯。東洋町全域1485世帯。
田野町全域の、1330世帯。中土佐町全域の3583世帯。梼原町全域1826世帯。
津野町全域の2688世帯。四万十町全域の8598世帯。仁淀川町全域の3080世帯。
安田町全域の1295世帯。奈半利町全域の1738世帯。土佐町全域の1983世帯。
本山町全域の1900世帯。日高村全域の2435世帯。大川村全域の232世帯。
芸西村全域の1744世帯。三原村全域の783世帯。馬路村全域の430世帯。
それに、北川村全域の631世帯に「避難準備情報」が出されています。

県内全域に大雨暴風高潮警報09月17日 12時32分nhk
高知地方気象台は、午後0時26分に高知県四万十町に洪水警報を出しました。
このほか、気象台は、県内全域に大雨と暴風、高潮警報を出して、暴風に厳重に警戒
するとともに土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、高潮などに警戒するよう呼びかけています。

12同定不能さん2017/09/19(火) 13:23:50.68
四万十町で非常に激しい雨観測09月17日 12時35分nhk
台風の接近にともない高知県内ではこの時間、雨が強まっています。
正午までの1時間にいずれも国土交通省が設置した雨量計で四万十町窪川で58ミリの非常に激しい雨が、
津野町船戸で41ミリの激しい雨が観測されました。

四万十町で83ミリの猛烈な雨09月17日 12時50分nhk
台風の接近にともない高知県内ではこの時間、雨が強まっています。
午後0時半までの1時間に四万十町窪川で83ミリの猛烈な雨が降ったほか、
仁淀川町鳥形山で47.5ミリの激しい雨が観測されました。

県中部・西部に竜巻注意情報09月17日 12時50分nhk
高知地方気象台は午後0時37分に、高知県中部と西部に竜巻注意情報を発表しました。
気象台は雷や急に風が強くなるなど、積乱雲が近づく兆しがある場合、竜巻や突風に十分注意し、頑丈な建物の中で安全を確保するよう呼びかけています。
また落雷や、ひょう、それに急な強い雨に注意するよう呼びかけています。

高知市や須崎市にも洪水警報09月17日 12時50分
高知地方気象台は、午後0時41分に高知市、須崎市、黒潮町、中土佐町、日高村に洪水警報を出しました。
気象台は、低い土地の浸水や河川の増水に警戒するよう呼びかけています。

台風 観光施設などに影響09月17日 13時09分nhk
台風18号が接近している影響で高知県内では17日午後1時までに、観光施設などが休館や休園しています。
休館や休園しているのは、高知市にある、高知城。高知城歴史博物館。
県立牧野植物園動物園などが入る「わんぱーくこうち」。
それに飲食店が集まる観光名所・「ひろめ市場」です。
このほか、香南市にある県立のいち動物公園。
北川村にある観光施設「モネの庭」などが休園しています。
また17日、四万十市で予定されていた祭り、「よさこい四万十」や、室戸市で予定されていた花火大会などの催しも延期や中止が決まっています。
一方、高知県香美市にある高知工科大学は17日予定されていた、書類や面接などで適性を審査するAO入試の日程を延期しました。

四万十町で床下浸水1軒09月17日 13時24分nhk
高知県四万十町によりますと、町内のパンの販売店で床下が水につかる被害が出たということです。

13同定不能さん2017/09/19(火) 13:26:18.36
台風 夕方から夜に最接近09月17日 13時28分nhk
大型の台風18号は、17日夕方から夜にかけて高知県に最も接近する見込みで、
県内全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。
17日夕方にかけて1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、気象台は、
暴風に厳重に警戒するとともに土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫、高潮などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと大型の台風18号は、午前11時半ごろ鹿児島県南九州市付近に上陸し、
午後1時には、鹿児島県霧島市付近を1時間に30キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。
このあと、しだいに速度を上げて17日夕方から夜にかけて県内に最も接近する見込みです。
県内全域が風速15メートル以上の強風域に入っていて、17日昼すぎに西部から暴風域に入ると予想されています。
今回の台風で特に警戒が必要なのは大雨と暴風、それに高潮です。
台風の接近にともない高知県内ではこの時間、雨が強まっています。
午後1時までの1時間に津野町東津野に県が設置した雨量計で88ミリ、午後0時半までの1時間に四万十町窪川で83ミリの猛烈な雨が観測されました。
四万十町によりますと、町内のパンの販売店で床下が水につかる被害が出たということです。
この後も17日夕方にかけて局地的に雷を伴って1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。
18日正午までの24時間に降る雨の量は多いところで350ミリと予想されています。
暴風にも厳重な警戒が必要です。
室戸岬では17日午前1時半すぎに24.9メートル、宿毛市で午前10時半すぎに23.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。
17日の最大風速は陸上で25メートル、海上で30メートル、最大瞬間風速は陸上で35メートル、海上で45メートルと予想されています。
海上では、18日未明にかけて波の高さが8メートルの大しけとなる見込みです。
17日の各地の満潮時刻は、高知港が午後4時39分、室戸岬港が午後4時36分。
土佐清水港が午後4時41分で、台風の接近が潮位の高い時間と重なるため高潮となるおそれがあります。

14同定不能さん2017/09/19(火) 13:55:00.62
海嵐きっい

15同定不能さん2017/10/19(木) 12:11:35.31
新燃岳の降灰 高知にも到達か10月12日 15時22分nhk高知
新燃岳の噴火に伴い、宮崎県や鹿児島県の一部では多量の降灰が予想されるほか、大分県、熊本県でも一部で火山灰が降るとみられています。さらに高知県の一部にも火山灰が到達すると予想されていて、
気象庁は降灰が多くなる地域では不要な外出をできるだけ控えるよう呼びかけています。
気象庁の降灰予報によりますと、これまでの噴火で飛散した火山灰は、宮崎県内の広い範囲のほか鹿児島県や大分県、それに熊本県の一部にも降ると予想されています。
さらに高知県の一部にも到達すると予想されています。
このうち宮崎県小林市と高原町、それに鹿児島県霧島市のそれぞれ一部では多量の降灰が予想され、気象庁は巻き上げられた火山灰で視界が悪くなるおそれがあるとして、不要な外出を控えるよう呼びかけています。
また宮崎県都城市とえびの市では、火山灰の量がやや多くなるとみられ、
気象庁は外出の際は傘やマスクをして、車は徐行運転を心がけるよう呼びかけています。

16同定不能さん2017/10/19(木) 12:12:14.33
新燃岳 降灰は九州や高知にも到達か10月12日 12時17分nhk全国
新燃岳の噴火に伴い、宮崎県や鹿児島県の一部では多量の降灰が予想されるほか、大分県、熊本県でも一部で火山灰が降るとみられています。さらに高知県の一部にも火山灰が到達すると予想されていて、
気象庁は降灰が多くなる地域では不要な外出をできるだけ控えるよう呼びかけています。
気象庁の降灰予報によりますと、これまでの噴火で飛散した火山灰は、宮崎県内の広い範囲のほか、鹿児島県や大分県、それに熊本県の一部にも降ると予想されています。さらに高知県の一部にも到達すると予想されています。
このうち宮崎県小林市と高原町、それに鹿児島県霧島市のそれぞれ一部では多量の降灰が予想され、気象庁は巻き上げられた火山灰で視界が悪くなるおそれがあるとして、不要な外出を控えるよう呼びかけています。
また宮崎県都城市とえびの市では火山灰の量がやや多くなるとみられ、
気象庁は外出の際は傘やマスクをして、車は徐行運転を心がけるよう呼びかけています。

17同定不能さん2017/11/02(木) 14:50:56.77
出雲市 日御碕の地形を学ぶ11/01 18:26nhk
特徴的な地形が残る出雲市の日御碕地区で、地元の地形の成り立ちを学ぶ研修会が開かれました。
この研修会は、松江市や出雲市などが、「国引きジオパーク」として日本ジオパークへの認定を目指している島根半島周辺の地形を地元の人たちに学んでもらおうと、出雲市の日御碕コミュニティセンターが初めて開きました。
会場には、地元の人などおよそ25人が集まり、国引きジオパーク推進室の野村律夫専門員が、日御碕地区の特徴的な地形について説明しました。
この中で、日御碕地区は、およそ1600万年前から1700万年前に、火山の噴火で出来た大地で、流紋岩という岩の溶岩ドームで出来ていることや、溶岩が固まるとき6角形の柱のように割れて固まった、「柱状節理」という特徴が、岩肌に見られることなどが説明されました。
このあと、日御碕灯台の周辺に移動し、参加者たちは、実際に岩肌を見て見学し、地元の地形の魅力を再認識していました。
日御碕で土産物店を経営する64歳の男性は、「地元に住んでいてもわからないことがあったので勉強になりました。日御碕を訪れた観光客にも説明できたらいいとな思います」と話していました。

18同定不能さん2017/11/18(土) 12:32:45.04
今季一番の冷え込み2017年11月17日(金)更新itv
県内は17日、上空に真冬並みの寒気が流れ込んだ影響で冷え込みが強まり、今シーズンの一番の寒さとなりました。
気象台によりますと17日朝の県内は、上空に真冬並みの寒気が流れ込んだ上、良く晴れて風も穏やかだったため、放射冷却の影響で気温が下がりました。
最低気温は久万でマイナス1.8℃と、16日のマイナス0.3℃からさらに下がった他、鬼北町近永で1℃、松山でも5.5℃と、ほぼ全観測地点で今シーズン一番の冷え込みとなりました。
伊予鉄道・松山市駅前では厚手のコートやマフラーでしっかりと防寒し、身をすくめながら職場や学校に急ぐ人たちが多く見られました。
18日は雨が降り一旦、寒さが緩むものの、19日以降はさらに強い寒気が流れ込む予想です。

19同定不能さん2017/11/25(土) 19:10:12.30
松山で明治の冒険家、和田氏シンポ11月18日 17時12分nhk
明治時代の愛媛出身の冒険家、和田重次郎の国際シンポジウムが松山市で開かれ、アメリカのアラスカで犬ぞりを
使って未開の地に物流ルートを切り開いたり金鉱を探しあてたりして地域に貢献した功績が紹介されました。
和田重次郎は明治8年に現在の愛媛県西条市で生まれ、17歳の時に単身でアメリカに渡り、アラスカを拠点として
犬ぞりを使って未開の地に物流ルートを切り開いたり金鉱や油田を探しあてたりした冒険家です。
シンポジウムは和田重次郎の功績を広く知ってもらおうと、松山市のNPO法人が開きました。
この中で、日系3世でアラスカ大学のトニー・中澤教授は、「彼が開拓した多くの道は現在も使われている」と述べ、
地域の発展に貢献したことを評価しました。
NPO法人によりますと、特に和田重次郎の後半生については、分かっていない部分も多いということで、シンポジウム
では、今後も、日本とアメリカの研究者などが連携して研究に取り組んでいくことを確認しました。
会場を訪れた女子中学生は「愛媛にすごい人がいたことを知って驚きました」と話していました。
主催したNPO法人・「和田重次郎顕彰会」の上岡幹夫事務局長は「若い人たちだけでなく世界に和田重次郎の偉業を
発信したい」と話していました。

新着レスの表示
レスを投稿する