C型肝炎について Part38

1病弱名無しさん2018/01/27(土) 12:27:35.94ID:d8sAM9mN0
C型肝炎に関する情報交換を自由に気軽に行いましょう。

【留意事項】
・ ここは患者、元患者、患者の家族等が自由に語らう場です。
・ 病状、治療方法、治療経過、治療の副作用の悩み等病気に関する事なら自由に書き込んで下さい。
・ 但し、専門家が答えるスレではありません。
・ ここで得られる情報には正しいものもあれば誤っているものもあります。
・ 情報の取捨選択は自己責任で行いましょう。
・ 健康食品の中には病状を悪化させてしまう有害なものもあり得るので十分注意しましょう。
・ 他人の意見を一方的に否定することは荒れる原因となるのでやめましょう。
・ 自分で情報収集する努力も忘れないようにしましょう。
・ 最終的には専門医に相談することが必要であることを認識しましょう。

C型肝炎治療ガイドライン 日本肝臓学会編
http://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/jsh_guidlines/hepatitis_c

肝炎総合対策の推進 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/

前スレ C型肝炎について part2 (実質 part 36)
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/body/1442104859/
C型肝炎について Part37
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/body/1458657514/

145病弱名無しさん2018/07/19(木) 18:12:52.06ID:M+OhU/Xj0
普通はどんなくすりでも12週だろ

146病弱名無しさん2018/08/04(土) 12:41:06.89ID:IkMOHNXz0
>>142
NHK健康chより
C型肝炎は薬で完治できる!?適切な薬の処方とのみ方のまとめ
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_631.html

147病弱名無しさん2018/08/05(日) 00:20:57.90ID:D/BF0SQH0
東京医大の女子減点問題について、いち小児科医が思うこと
http://coloco.serveusers.com/newsplus/2018041124.html

148病弱名無しさん2018/08/08(水) 19:49:04.40ID:78XeH18+0
昭和の終わりくらいだっけ
B型肝炎が輸血の血液でチェックされたの。
その後にC型もチェックされて。

149病弱名無しさん2018/08/09(木) 20:53:14.38ID:KB0+8mKS0
>>148
http://www.c-kan.net/diagnosis/qa.xhtml
には
「C型慢性肝炎は血液を介して感染する病気なので、
C型肝炎ウイルスに感染した人の血液が、他の人の血液の中に入った場合に感染します。
精度の高い検査法が導入された1999年10月以降、輸血での感染はほとんどなくなりましたが、
検査法が定まっていなかった1992年2月以前に輸血を受けた人は、
特に感染している可能性があります」
とあります
1992年(平成4年)以前は検査法が定まっていなかったということでしょう

B型の場合は
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ha/p-shigelloides/392-encyclopedia/321-hepatitis-b-intro.html

「1972年から輸血・血液製剤用血液のB型肝炎スクリーニングが開始された」
とあります

150病弱名無しさん2018/08/09(木) 21:12:14.51ID:+5EdWKq80
>>149
1992年以前 まさに俺w
当時は非A型非B型肝炎って言われてた、
数年後の1993年体調が悪くなり大きな病院で検査して初めてc型肝炎と言われた。

151病弱名無しさん2018/08/27(月) 23:50:44.53ID:ifI6dZQh0
>>55
そこにある「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤による
C型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」
に基づく給付金の支給に向けた訴訟を実際にやったとか、
弁護士に相談したことがある方はいますか?

152病弱名無しさん2018/08/28(火) 15:53:07.29ID:5r+5c7LH0
風船についた唾液で3才の子供に感染しますか?

153病弱名無しさん2018/09/01(土) 12:45:33.72ID:YSnMxro40
文春オンライン(2018/08/30)
http://bunshun.jp/articles/-/7126?page=1

> かつてC型肝炎は、輸血や注射器の使い回しで感染が広がった。
また、B型肝炎は出産時に起こる母子感染が多かった。
現在、これらに対しては予防策が進み、感染者は減りつつある。
また、C型肝炎ウイルスを高確率で駆逐する新薬も登場し、今後、肝がんは減少していくと予想されている。
 とはいえ、今でも高齢者ほど感染率が高いことがわかっている。
血液検査でいずれかの肝炎ウイルスの感染がわかった場合には、適切な治療を受けるとともに、
定期的にエコー(超音波)などによる検査を受けたほうがいいだろう。

154病弱名無しさん2018/09/01(土) 13:09:12.73ID:s8sp0OXP0
>肝がん(原発性肝細胞がん)の原因は、7、8割がC型肝炎とB型肝炎ウイルスによるものと推測されている。
これらに感染すると肝炎、肝硬変と病状が進み、やがて一部の人に肝がんが発生する。
肝臓全体が侵されて腫瘍が次々に発生するため、このような状態になった肝臓は「がんの畑」にたとえられることもある。

155病弱名無しさん2018/09/04(火) 19:08:02.49ID:PupGFYok0
NEWSポストセブン 2018年08月31日
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-080413/

>『ソバルディ』、『ハーボニー』にも高血圧のほか脳梗塞、脳出血など、脳血管障害の副作用が指摘された

156病弱名無しさん2018/09/05(水) 12:18:49.55ID:G1EamGKn0
AERAdot. 2018.9.5
https://dot.asahi.com/wa/2018082900027.html?page=1
週刊朝日9月7日号より
>2014年に飲み薬が登場して以降次々と新薬が開発され、現在はほとんどの人のウイルスが除去できる。
副作用もほぼない。
 また、C型肝炎ウイルスの感染は、輸血によるものが主だったが、現在は厳重に管理されていて、新たな感染は極めて少ない
>C型肝炎・B型肝炎に感染しているかどうかを調べる血液検査はほとんどの自治体や保健所で、無料で受けられる。
40歳以上の人は、一度は受けておきたい

157病弱名無しさん2018/09/07(金) 10:55:11.15ID:Tr2uSu8J0
>>151
今弁護人に書類を渡して相談中です

158病弱名無しさん2018/09/08(土) 23:39:21.55ID:FNBsA5eE0
>>157
ご自分のC型肝炎の感染ルートが、特定フィブリノゲン製剤なのか
特定血液凝固第IX因子製剤なのか、なんてわかりますか?

注射針の使い回し、または輸血などで感染したものは、この訴訟の対象外なのか。
感染の因果関係なんていまさら証明できそうにないと思ってしまうが…。

できたら弁護士の結果を話してください。私も相談予定です。

159病弱名無しさん2018/09/10(月) 12:59:40.15ID:4RzHcBU+0
>>158
自分はフィブリノゲンで感染です。子供の頃に手術をしてその時に感染したとの事。カルテ有り。投与した事実もカルテに記載がある為和解に期待してます。

160病弱名無しさん2018/09/10(月) 18:19:39.92ID:55IkZ0ct0
平成4年以前はC型を検出出来なかったから
国の責任は問えないべ?

161病弱名無しさん2018/09/10(月) 19:00:10.90ID:1UQ4j2Im0
>>159
私も子供の頃の手術です。1959年だから59年前。カルテなんてあるかなぁ。
あなたは何年頃ですか?
4,000円コースですか?

162病弱名無しさん2018/09/11(火) 16:34:34.74ID:ErszQRlM0
>>161
1980年です。カルテが有ると裁判所は和解勧告をすると聞き期待しています。

163病弱名無しさん2018/09/13(木) 00:01:57.51ID:mKnRkDy10
失礼、>>161ひどいミス。
× 4,000円コース
○ 4,000万円コース

>>162
決まるかもね。いいな。

164病弱名無しさん2018/09/17(月) 16:21:19.87ID:bnpizEOn0
カルテない女性も和解 C型肝炎訴訟、広島地裁
(産経9/11)
https://www.sankei.com/west/news/180911/wst1809110069-n1.html
>救済法に基づく給付金4千万円が支払われる
>担当医師がフィブリノゲンを投与したとして女性の名前に丸印を付けたメモが見つかった

薬害肝炎訴訟とは
(薬害肝炎全国弁護団)
http://www.hcv.jp/responsibility.html

165病弱名無しさん2018/09/18(火) 16:55:52.07ID:ZwjeeF/j0
>>163
4000万です。ただ訴訟までと和解までどれくらい期間がかかるか分かりません。

166病弱名無しさん2018/09/20(木) 16:10:24.10ID:8jpkUV+F0
>>165
カルテはご自分で病院に捜査を依頼したんですか?それとも弁護士が?

私も弁護士に最初の相談に行ってきました。
カルテは患者が自分で用意し、それから弁護士にバトンタッチとのこと。
病院に電話で問い合わせしても、個人情報は教えてくれないので、
身分証明できるものを持って直接伺うようにとのこと。
遠いとつらいね。

167病弱名無しさん2018/09/20(木) 18:56:45.51ID:bufmwEwf0
10年以上前に町立病院が倒産してカルテがない場合は泣き寝入り?

168病弱名無しさん2018/09/21(金) 12:01:22.14ID:7CPTbRHd0
>>167
ここでそれを答えられる人はいないので、関係機関に照会してみよう。
金額が大きいし、調べず諦めると後悔が残るし。

169病弱名無しさん2018/09/22(土) 15:36:02.73ID:/UJDCDvE0
>>166
カルテは自分で取りました。

170病弱名無しさん2018/09/23(日) 17:51:44.97ID:RGYc1rXo0
>>169
ウィキペディアによると、「カルテの20年間保存などが義務付けられている」
なので、38年目のあなたはラッキー。
私は2回目が54年目だから無理かも。
でも、義務の倍近く残してくれたのなら、20年過ぎたものはすぐ破棄される
わけじゃないことを意味しますね。

171病弱名無しさん2018/09/24(月) 15:04:02.65ID:AyXmdIN60
>>170
でもカルテがあっても和解が確実なものか分からないので不安です。

172病弱名無しさん2018/09/28(金) 21:25:53.69ID:LKXge55W0
初めての血液検査で抗体陽性
その後のウイルス検査でRNA陰性及び肝臓の数値異常なし
これは一過性の感染でウイルス除去されたということでよい?

173病弱名無しさん2018/10/02(火) 20:31:33.94ID:rnVRH/vv0

174病弱名無しさん2018/10/02(火) 20:47:30.81ID:Tj2N5+Zy0
>>172
万が一ウイルスが残ったとしても、今は飲み薬だけで簡単にウイルス消せるから

175病弱名無しさん2018/10/03(水) 12:36:01.40ID:H31H2cQI0
>>125
ミクスオンライン(10/10)
2018年版新薬採用調査 採用率トップはマヴィレット配合錠
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/62438/Default.aspx

176病弱名無しさん2018/10/10(水) 13:52:11.73ID:Xc7xKY5F0
100人の肝炎訴訟にすべて4,000万円の和解金が支払われたら、
国は40億の出費だよね。大丈夫なの?

177病弱名無しさん2018/10/11(木) 09:54:35.49ID:fuMeLyF60
>>170は分かりにくい文でしたね。
私は小学生と中学生の2回手術していて、小学生のものは時期的に対象外で
訴訟不可ですが、中学生は1964年なので製剤開始の最初の年なのです。
54年前です。そんな古いカルテが保存されているか…?

病院へカルテの開示について問い合わせの手紙を送ってみたところ、18日もかかって
「カルテ開示依頼書」が送られてきました。
私のカルテの存在はまだ不明だが、「1964年のカルテの保管はありました」
とのことです。最初の関門は突破できました。依頼書を送れば捜査開始です。

病院によって差違はあるだろうが、54年前のものが保管されている前例になるでしょう。
なおその病院は大学の附属病院なので、カルテは学術的な資料として保管されるかも。

178病弱名無しさん2018/10/11(木) 12:34:06.36ID:jTCbMsEg0
>>177
で、今はc型肝炎ウイルス消えてるの?

179病弱名無しさん2018/10/11(木) 14:18:10.24ID:fuMeLyF60
>>178
C型肝炎ウイルスはハーボニーで一旦消えたが、すぐに再燃です。

180病弱名無しさん2018/10/30(火) 22:39:44.53ID:Z38HcLgm0
「製剤」というのは要するに医薬品や農薬など、つまりは薬全般でしょう。
フィブリノゲン製剤とか血液凝固第IX因子製剤というのは、
製剤だからなんとなく医薬品の一種のように聞こえるが、
Wikipediaで「血液製剤」の項を見ていたら、
血液製剤とは、ヒトの血液を原料として製造される医薬品の総称で、
要するに「輸血」のことらしい。

181病弱名無しさん2018/11/12(月) 17:02:37.88ID:wg9altPy0
Answers News 11/07
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/15067/
国内医療用医薬品市場 18年7〜9月

>昨年11月に発売されたアッヴィのC型肝炎治療薬「マヴィレット」が299億5200億円でトップ。
同薬は18年1〜3月に334億9600万円、4〜6月に423億8600万円を売り上げており、
18年の売上高は早くも1000億円を突破した

182病弱名無しさん2018/11/14(水) 22:44:19.36ID:2q9K4YJe0
薬害肝炎全国弁護団のサイト
C型肝炎の被害者たちの活動は、現在も続いています。是非、薬害肝炎のことを知って下さい。
http://www.hcv.jp/

Q&Aのページは必読!

183病弱名無しさん2018/11/25(日) 13:33:41.29ID:MSv6U0sc0
>>181
年間販売額が1000億円を超えたマヴィレット、
初の「市場拡大特例」適用で値下げ
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/65611/Default.aspx

184177です2018/12/01(土) 22:22:00.35ID:ZLnPd9w90
54年前のカルテが手に入り、肝炎訴訟の法律事務所に送って精査してもらった。
結果、血液製剤を使ったとか輸血したという記述は確認できなかった、とのこと。
明るい未来が実にあっさりと幕を閉じ、お先真っ暗です。
希望のない悪運の人生でした。
最高額の4,000万円が見込まれるはずだったのに。やっと携帯が買えると思ったのに。

185病弱名無しさん2018/12/01(土) 22:55:48.88ID:7tJYb9jH0
最高額4000万は死ぬ直前しか貰えないのでわ?

186病弱名無しさん2018/12/01(土) 23:06:16.39ID:nNlCnvr90
提訴の手続き終わりました。和解できるかなぁ

187病弱名無しさん2018/12/01(土) 23:15:56.77ID:ZLnPd9w90
>>185
1 慢性C型肝炎の進行による肝硬変・肝がん・死亡  4,000万円
2 慢性C型肝炎                  2,000万円
3 1・2以外(無症候性キャリア)           1,200万円

こういうランクがあって、肝硬変や肝がんの元気な人はどこに属しますか?

188病弱名無しさん2018/12/01(土) 23:19:47.22ID:7tJYb9jH0
1かな?

189病弱名無しさん2018/12/02(日) 00:00:15.77ID:8TxFJ6vH0
3次感染の証明は難しいのでしょうか?
母親の記憶が曖昧で頓挫しています。

190病弱名無しさん2018/12/02(日) 13:34:39.86ID:BtyzbozN0
非代償性肝硬変の治療にも使える新薬
エプクルーサ(ソホスブビル/ベルパタスビル)
>年内にも承認が見込まれる
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/65695/Default.aspx

>C型非代償性肝硬変はエプクルーサ単剤で12週間投与により治療する。
同疾患患者に対する治療薬として国内で承認された医薬品はなかった

191病弱名無しさん2018/12/03(月) 23:52:33.65ID:7aJrkVNN0
>>190
期待してます。
これは代償性肝硬変にも使えますか?

192病弱名無しさん2018/12/04(火) 17:04:15.49ID:FVNyxv1z0
エプクルーサ配合錠について

> 「前治療歴を有するC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」
> 「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果とする
> 新有効成分含有医薬品・新医療用配合剤。
http://osaka.kanzo.org/archive/eid1013.html#sequel

これを見ると、非代償性と代償性のどちらにもいいように読める。
だがはじめに「前治療歴を有する」と付いているが、これはどういう意味ですか?
インターフェロンやハーボニーでの前歴がないとダメということ?

193病弱名無しさん2018/12/04(火) 19:57:20.44ID:RZXcpkS/0
>>192
DAAによる治療が初めての場合は
エプクルーサと同じギリアド社のハーボニー12週投与や
アッヴィ社のマヴィレットの8週投与での治癒率が99%ということなので、
エプクルーサ+レベトール(リバビリン)24週投与は、そういう治療でも治らなかった人と
これまでの治療薬の適用対象になっていなかった非代償性肝硬変の人
(この場合はリバビリンを併用しない12週投与、治験での治癒率92%)
これらの場合専用の治療薬として承認される見込みということじゃないかな

DAA前治療不成功例の場合
マヴィレット12週投与での治験での治癒率94%
エプクルーサ+レベトール24週投与での治癒率97%
どちらを選ぶかは、多分、
前にどの薬を使ったかとか、ウイルスの変異とか、
他の持病で服用している薬との飲み合わせとか
このあたりは、専門医に相談して説明きかないと難しいかも
でも選択肢が増えるのはいいことでしょう

エプクルーサ(ソホスブビル+ベルバタスビル)の治験データ
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180615/prl1806151014015-n1.htm

マヴィレットの治験データ
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP464362_X21C17A1000000/

194病弱名無しさん2018/12/04(火) 20:17:57.14ID:RZXcpkS/0
>>193 に追加です。
DAA未治療の代償性肝硬変の場合、
マヴィレット12週投与での治験での著効率100%のようです
http://chiba-kantomo.com/hepatitis-commentary/3535

未治療の場合、マヴィレットなどを使うのが普通なのでは
ただ、マヴィレットには24週のデータがないのに対して
エプクルーサは前治療不成功例の場合のリバビリン併用24週のデータがあるので
前治療不成功例の場合、新たな選択肢になるということでは

195病弱名無しさん2018/12/06(木) 10:55:52.39ID:Xxz2kgyH0
>>186
こちらも提訴手続き終わりました。ここからどれくらいの期間がかかるのか、弁護士の先生に聞きましたか?

新着レスの表示
レスを投稿する