ジャンプスターターを自作しよう [転載禁止]©2ch.net

27名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/13(水) 12:00:52.07ID:Xul8HwJz
>>25の逆流の充電電流対策について、
中華の分解写真("ジャンプスターターを分解"で検索すると上位にヒット)を見つけたので見てみると、
車のバッテリーに接続するケーブルの途中にダイオードを入れて対策しているらしい。
ダイオードのスペックは検索するも不明だったが、最低でも常用10Ax4で40A以上は確保しているだろう。

ジャンプスタートする時の構成と動作原理はいたって単純。
3セルLi-Poバッテリーパック(上記分解例では容量1.8Ah)の直出し出力コネクターに
逆流防止ダイオードが入ったケーブル経由で、上がった車の12Vバッテリーに接続するだけ。

3.7V x 3セルのLi-Poだと、12Vバッテリーに直接並列接続しても、放電電圧は11.1V程度以下に下がり、
さらに、逆流防止ダイオードでも電圧が下がるので、上がったバッテリーに(積極的には)充電電流が流れない
ので安全と言う設計だろう。
その意味で、空の12Vバッテリーと満タンのLi-Po 3セル11.1Vバッテリーを並列運転するのは理に適っている。
(ただし、上がった6セル12Vバッテリーの何れかのセルがショートしてしまった場合等は別途対策必要)

バッテリー容量と最大出力電流容量の関係だが、
今では常用25C、ピーク時50C程度(以上)のLi-Poがラジコン等用に多く使われているらしいので、
2Ah程度のバッテリーパックでも、常用50A、ピーク時100A程度(以上)の出力が得られるだろう。

充電に関してはラジコンのLi-PoやモバイルバッテリーのLi等と同じで、
直列充電によるセル間のバランスに気を付ければ、特に目新しい要素は無いだろう。

したがって、トータル的な安全性で重要なのは、ジャンプケーブルと、その取扱いに関する事項となる。

日立のジャンプスターターの説明には、ジャンプスターターケーブルの安全機能と取扱いに関する事項が
細かく記載されている。
http://www.hitachi-autoparts.co.jp/products/pps-18000/
何れにしても、安全性はジャンプスタートケーブル(およびLi-Po電池本体)に委ねられているので、
中華ジャンプスターター本体(と言うか、3セルLi-Poバッテリーパックそのもの)に、
例えば上記の安全対策されたケーブルを利用すると言う安全策も有るだろう。

長文失礼。

新着レスの表示
レスを投稿する