アンテドラッグステロイドについて

1名無しさん@まいぺ〜す2006/10/25(水) 17:29:46ID:yq11kW9i
極力ステロイドには頼りたくないのですが
どうしても…という時があります。
最近アンテドラッグステロイドというものが市販されていると聞いたのですが
具体的にどのような薬名で販売されているのでしょうか?
効果や副作用についても何か知ってる方は教えてください。
よろしくおねがいします!

13名無しさん@まいぺ〜す2007/01/23(火) 19:53:11ID:tdmnE0n4
リビメックスはローションもあるから頭皮アトピにはありがたい。

14名無しさん@まいぺ〜す2007/01/24(水) 17:22:33ID:vBGjFwX0
あげ
説明書に長期使用は禁止と書いてあるので
やはり不安になる

15名無しさん@まいぺ〜す2007/01/24(水) 19:09:16ID:la5v5WKN
5〜6日で治まるかと言うと…ね。

16名無しさん@まいぺ〜す2007/01/28(日) 16:33:16ID:gZxSOut3
興味はあるよね。
あとはしかたなく使うのであれば、
少しでも副作用は少ない方がいい

17名無しさん@まいぺ〜す2007/03/11(日) 17:46:51ID:RgYFLZgv
アンテドラッグステロイド???

18名無しさん@まいぺ〜す2007/03/18(日) 10:33:08ID:f06JOi47
ムヒアルファEXもアンテドラッグ

19名無しさん@まいぺ〜す2007/04/04(水) 22:04:54ID:6lTmZsQL
ステロイドに副作用は存在しませんだってww

20名無しさん@まいぺ〜す2007/04/24(火) 07:26:04ID:ROD+K00J
ステのレベルとしては強いの三段階目。
まぁまぁ威力はあるよな
どうせ使うならアンテだな

21名無しさん@まいぺ〜す2007/04/24(火) 22:38:10ID:Ho4MfxQd
ムヒアルファEXを半年以上全身に塗りまくってて辞めて半年以上たつけどリバウンドなかったよ。でも一本千円近くするので金がかかるw

22名無しさん@まいぺ〜す2007/04/24(火) 22:45:17ID:ROD+K00J
それは一週間に一本くらい使ったの?

23名無しさん@まいぺ〜す2007/04/25(水) 00:44:07ID:WsEbokKI
一週間〜二週間で一、二本くらい。

24名無しさん@まいぺ〜す2007/04/25(水) 01:08:37ID:qHSJmZSp
オレはムヒアルファ昔よく使ってたけど
特別リバはなかったなぁ
単純に弱いステだからだろうけど、意外に効果あって使える
それからは医療用のリンデロンとか怖くて使えない
リバの大きさが比べ物にならん

25名無しさん@まいぺ〜す2007/05/02(水) 22:02:40ID:teYpyBFa
やはりステロイド

26名無しさん@まいぺ〜す2007/05/15(火) 01:19:08ID:Z8gTrAJU
ムヒアルファイイヨー

27名無しさん@まいぺ〜す2007/05/15(火) 14:20:12ID:qlhE0LmO
エラーサロンパスいいよ

28名無しさん@まいぺ〜す2007/05/29(火) 20:56:02ID:lLHnQIBo
体内に残らないで分解されるステロイドなんてない。

29名無しさん@まいぺ〜す2007/07/28(土) 23:33:16ID:pQoAERtc
最近メディストロ軟膏買ったんだけど使ってる人いる?

30名無しさん@まいぺ〜す2007/10/26(金) 18:43:07ID:k4AZPKp9
誰かAPソフト試した?今日から使ってみるよ
というか新商品にはとりあえず手を出していきたい

31名無しさん@まいぺ〜す2007/10/28(日) 04:35:12ID:go+T/f2i
>>28、>>10
本気で言ってる?
自分はステロイドで酷い目にあったアンチステ派だけど、
ステロイドホルモンだってもちろん体内で分解される。
(が、全部ではなく、少しずつ脂肪組織に残留しやすいのもまた事実だけど)
そもそもホルモンにはタンパク系と脂質系があって、
性ホルモンと成長ホルモン、副腎ホルモンなんかが脂質であるステロイド系。
基本劇的な変化を起こすホルモンはステロイド骨格をもってる。
タンパク系ホルモンは細胞膜に受容体があるが、ステロイドは細胞内に入り込み、
時に遺伝子の発現にまで関与するんだよ。

ステロイド自体の残留とかよりも、ステを塗り続け常にそこに血中に高濃度のステが存在すると、
その状態に皮膚細胞のレセプターが適応してしまう方が問題。だから止めるとリバる。
またフィードバック制御で、本来の副腎ホルモンを自力で作れなくなるし、他のホルモンのバランスをも崩してしまう。

まあ、長く常用するとロクな事ないというのは>>10に同意。

32名無しさん@まいぺ〜す2007/11/25(日) 13:10:21ID:IrGOLN5e
俺はウナコーワAを使って地獄をみた。

33名無しさん@まいぺ〜す2007/11/26(月) 00:35:13ID:TpTkSHgX
ちょっと調べてみた。
吉草酸酢酸プレドニゾロン(リドメックス、ユーメトン)
酪酸ヒドロコルチゾン(ロコイド、プランコール)

顔に酪酸ヒドロコルチゾンで体に吉草酸酢酸プレドニゾロンかな。
ヒルドイドと混ぜて貰おう。体は高いからワセリンのがいいか。

34名無しさん@まいぺ〜す2008/01/19(土) 19:55:58ID:1RBqBVh6
皮膚科医に聞いてみた
普通のステと変わらないらしい
市販されてるアンテドラッグステロイドは
病院で処方されるステの半分の濃度だってさ

35名無しさん@まいぺ〜す2008/02/11(月) 15:12:01ID:tWuLeizR
首肩に一年使ったけど(3日に一回とか)
全然副作用でるよ。
いま脱ステ始めた

ブフェキサマク系でしのいでる

36名無しさん@まいぺ〜す2008/02/12(火) 23:06:52ID:O6aCdkur

こんなニュースが、今、入って来ました。

http://www.p-kit.com/hp/skywork/default.html

商品紹介のビデオは必見です。(アトピーの方は特に。)

37名無しさん@まいぺ〜す2008/07/04(金) 00:11:05ID:SiVuRlp9
アンテドラッグって本当に体内で分解されて排出されますか?

38名無しさん@まいぺ〜す2008/07/07(月) 17:47:55ID:gtwnpjWD
昔、調べた一覧のせとく

39名無しさん@まいぺ〜す2008/07/07(月) 17:49:44ID:gtwnpjWD
アンテドラッグステロイド゙の強さ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
U群 たいへん強い 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646721.html
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
U群 たいへん強い ジフルプレドナート    http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646725.html
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
U群 たいへん強い フランカルボン酸モメタゾン http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen26/sen2646731.html
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
U群 たいへん強い 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646730.html
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
V群 強い プロピオン酸デプロドン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646729.html
V群 強い 吉草酸酢酸プレドニゾロン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646720.html
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
W群 中くらい 酪酸ヒドロコルチゾン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646717.html
W群 中くらい 酪酸クロベタゾン http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646722.html

40名無しさん@まいぺ〜す2008/07/25(金) 23:21:08ID:wIeCkom6
リンデロンはアンテドラッグですか?

41名無しさん@まいぺ〜す2008/07/28(月) 09:40:43ID:7bZCAeuO
>>40
ちがう

42名無しさん@まいぺ〜す2008/07/28(月) 22:14:14ID:9G8A0DW/
アレルギールSKは?

43名無しさん@まいぺ〜す2008/07/28(月) 23:52:33ID:mTUa/6M7
>>42
ちがう

44名無しさん@まいぺ〜す2008/07/29(火) 06:54:39ID:zphQi0bf
ロコイドとマイザーは?

45名無しさん@まいぺ〜す2008/07/29(火) 09:37:04ID:e0BJ90kd
>>44
どっちもアンテドラッグ

46名無しさん@まいぺ〜す2008/07/29(火) 21:53:19ID:/6KwohSa
サンキュー

47名無しさん@まいぺ〜す2008/09/29(月) 01:32:34ID:ShcmAX+E
age

48名無しさん@まいぺ〜す2008/09/29(月) 11:58:38ID:tkaY5k3N
無意味

49名無しさん@まいぺ〜す2008/10/02(木) 20:37:35ID:/OL95OLM
ステロイド外用剤の副作用

T細胞・繊維増生抑制作用およびDNA合成抑制・蛋白質代謝異化作用
  1皮膚萎縮
  2皮膚萎縮線条
  3乾皮症ないし魚鱗癬様変化
  4創傷修復遅延
  5ステロイド紫斑
  6毛細血管拡張
  7ステロイド潮紅
  8酒さ様皮膚炎
  9色素脱色異常
U内分泌(ホルモン)作用
  10ステロイドざ瘡
  11多毛
V免疫抑制作用
  14感染症誘発・増悪、真菌寄生性疾患の誘発及び悪化
W経皮吸収による全身的副作用
  15副腎皮質機能低下
Xその他
  16ステロイド緑内障
  17ステロイド白内障
  18ステロイド外用剤による接触皮膚炎


50名無しさん@まいぺ〜す2008/10/15(水) 20:21:05ID:IPUI64NA
マジレスすると、とりあえずステロイド使って治めてから、
ワセリン塗って皮膚を保護。
また出てきたら弱めのステロイドを使って、また治って
きたらワセリンで保護。
繰り返してステロイドを次第に弱くする。
それで次第に非ステロイド剤にシフトしていく。
これがいまの主流。

いい皮膚科にいくことが一番だ。
通ってたことあるけど、その医者はステロイドは使った
ほうがいいけど、だんだんと弱めていかなくてはならない
という治療法だった。薬もすべて病院で調合したもの。
でも診察1回500円ぐらいだった(薬込み)。

51名無しさん@まいぺ〜す2009/06/04(木) 20:10:05ID:T6W9Vw5W
リドメックス通販で買ってたんだけどついに入荷しなくなった
1年に10gの1本も使わないくらいなんだけど薬局で買うと色々説明されるのが面倒だなぁ・・
あっちも仕事でしゃーないんだろうけど

52名無しさん@まいぺ〜す2009/11/16(月) 08:19:59ID:jUdMEFy4
あげ

53名無しさん@まいぺ〜す2011/08/27(土) 09:00:09.17ID:6cmnxG8c

54名無しさん@まいぺ〜す2012/09/24(月) 15:54:06.83ID:s7+rd8rs
マイザーは抗炎症作用はデルモベート並みで副作用はリンデロン並みとされている。
リンデロン使うぐらいならマイザーでさっと火消ししちゃいましょうって感じで
処方される場合が多いね。

55名無しさん@まいぺ〜す2013/02/03(日) 20:09:54.37ID:5Wb7Xs65
OTC
ストナリニZ  10錠1880円 20錠2980円 1日1回150円
コンタック鼻炎Z 10錠1880円
アレグラFX 14錠1380円 28錠1980円 1日2回140円
アレジオン10 6錠1280円 12錠 1,980円 1日1回165円

56名無しさん@まいぺ〜す2014/11/10(月) 23:55:52.62ID:vglKsaSd
保守

57名無しさん@まいぺ〜す2015/07/29(水) 21:54:52.09ID:3y52i30t
中国S級トップモデル 李琳?(Lee LingYue)の流出猥褻画像が流出。
共産党幹部の肉奴隷でもある彼女のセックス写真を撮影流出させた男(元カレ?)は現在行方不明とのこと…。
(無修正なので閲覧に注意してください)
http://hatena2015.xyz/srank.html

58名無しさん@まいぺ〜す2015/12/29(火) 14:12:02.05ID:EdaUhryL
皆さん誤解してませんか?麻薬と大麻は全く違うものです
危険ドラッグは大麻で減らすことができます
そもそも、大麻ってどうして禁止なんでしょうか?理由は下記の動画で!

酒・大麻をめぐる黒歴史
https://www.youtube.com/watch?v=aaOTAdp0TX8

なぜ大麻は禁止?有識者が議論した動画
https://www.youtube.com/watch?v=tE7vkcpRBDo

59名無しさん@まいぺ〜す2016/06/19(日) 14:37:48.60ID:tqzdWXRl
皆さん、これが良い、これが効いたという議論はそこそこにして、
生活を構成している要素、口に入れているもの全部について、
自分で調べ、分析しましょう。

もっと多角的に考えましょう。

例えば、自分が使っているシャンプーについて検索してみる。
界面活性剤だけみても、十分に、アレルギー・アトピーの原因になりえますからね。

いま使っているのがAというシャンプーなら、
『A 健康』『A アトピー』などで検索してみましょう。

その結果、どうも健康に悪いようだと分かった場合、
『天然素材 シャンプー』『アトピー シャンプー』などで検索してみます。
すると複数、健康に良さそうなシャンプーが見つかります。

B、Cというシャンプーが良さそうだと分かります。

その中から、いくつか通販で取り寄せて、実際に使ってみて、しばらく具合を見てみます。
合わなければ、さらに合うものを探す。
さらに情報収集も継続する・・・、といった感じです。
(経皮毒、界面活性剤の害に関する記事は、いくらでもネットで見つかります)

また油が悪いのではないかと疑えた場合、『油 健康』などで検索してみて、
同じような手順を繰り返すわけです。

プラスチック(ビニール)の容器が悪い、材料が悪い、製造方法が悪い
とすぐに分かります。

そこで取り敢えず、ビンに入った油で健康に良さそうなものを探します。
D、Eという油が良さそうだと分かります。
そこで、D、Eについての情報をさらに集めます。
それで大丈夫そうなら、取り寄せて実際に使ってみる、という手順です。

もっと調べましょう!

60名無しさん@まいぺ〜す2016/06/23(木) 02:10:25.86ID:swXyrqe3
ステはなんだろうとステ
使ってる時点で依存が始まってる

61名無しさん@まいぺ〜す2016/09/24(土) 00:43:28.28ID:iMMLFzrj
アンテドラッグとは、使用患部で作用を発揮した後
体内に吸収されると分解して、作用が減弱する成分のことです。

OTC医薬品でよく用いられるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)は、
塗布された患部ではミディアムの作用を示し、分解後はウィークのプレドニゾロンになります。
このため、アンテドラッグステロイドは安全性が高いステロイド外用剤と言われることがありますが、
あらためて、ステロイド外用剤による副作用について考えてみましょう。

ステロイド外用剤の副作用には、体内に吸収されて起こる全身性のものと、使用患部で起こる局所性のものとがあります。

医療用では、ステロイド外用剤を広範囲に用いる場合、体内への吸収量が増えるため、
全身性副作用の軽減を期待して、アンテドラッグステロイドが用いられることがあります。
しかし、OTC医薬品のように、局所に用いる量では、成分の吸収量が微量なため、全身性の副作用は起こりません。

また、アンテドラッグステロイドは患部での薬理作用は減弱していないわけですから
「アンテドラッグだから安全性が高い」とは言えないのです。

62名無しさん@まいぺ〜す2018/04/30(月) 12:58:20.70ID:TCZIApYa
ユニークで個性的な確実稼げるガイダンス
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグルで検索するといいかも『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

84LNO

63名無しさん@まいぺ〜す2018/09/14(金) 03:26:25.47ID:IC4b/xTp
「5億円稼いだら辞めると決めていた」カカクコムを創業し、28歳でリタイアした男の今
http://gonewskabu.lixipuio.online/news/20180911000020222422

新着レスの表示
レスを投稿する